【80切りを目指すゴルフ】ゴルフが上手くなりたいんだったら、一年の最初にゴルフの目標を立てるべし!そして形にして誰かに公言しよう!これだけで人間頑張れるのである!さて、2018年の目標は達成出来たのか?2019年の目標はどうする?試合に出るのが増えるだろうからな~。現実的な目標にしようっと。

 

ああ、

おっぱい揉みたい・・・と思っている

ヘッポコゴルファーのみんな!

 

明けまして

おめでとうございまっす!

 

 

今年もシモネタ満載で元気に更新して行くんでねー。

変わらぬご愛毒のほど宜しくお願いしまっす!

(オッパイはオッパブで)

 

さて、

 

色々と言われておるが、

 

今回の紅白のMVPは、

 

サザンの桑田でもなく、

 

ユーミンでもなく、

 

米津玄師でもなく、

 

ウッチャンじゃね?

 

 

と思いつつ、

 

2019年の目標を考えていたのであるが、

 

まず、

 

昨年2018年の成績を振り返っておこう。

 

前回更新してから・・・

いつの間にやら3回ラウンドしたんだが、

その分のスコアをまだアップしてなかったな。

(忙しくてサボってた。笑)

 

熊本南カントリークラブが43、43の86。

 

阿蘇東急ゴルフ倶楽部が51、47の98(あぶねえ)。

 

肥後サンバレーCCが48、44の92。

 

ココ最近・・・

ティーショットは悪くないのであるが(覚醒しつつある)、

ショートアイアンの距離が合わず、

また1~2m前後のショートパットが全く入らず、

スコアを落としている次第である。

 

白パンティーなら

余裕で80台前半で回れるようになりたい・・・

という思いと裏腹に100近く打つこともあるからドモナランわ。

 

で、2018年の総合成績は・・・

 

 

平均スコア 89.6(一昨年85.6)

平均パット 34.0(一昨年33.7)

FWキープ率 51.9%(一昨年54.5%)

パーオン率 24.0%(一昨年35.7%)

OB発生率 5.4%(一昨年4.8%)

ベストスコア 79(一昨年76)

ワーストスコア 100(一昨年98)

 

なんと・・・全ての数字で一昨年前よりダウン。

 

 

ただしこれは、2018年から試合に出始めたことが大きく、

全ラウンドの1/3くらいは青ティーからのラウンドだったのである。

(夏~秋頃はほとんど青ティーで回ってたからね)

 

特にパーオン率の下落が半端ないのは

青パンツラウンドが多くなったせいだと思う。

 

2018年の年初に、

このブログで書いた目標は二つ。

 

・平均スコア84切り!

・ベストスコア76更新!

 

どちらも全く届かずに目標達成ならず。

 

もちろん、ringolfに出演するという野望も未達成(笑)。

 

 

ま、当初の目標が高すぎる感もあったが、

2018年は大きくスイングも変えたし、

しょうがないと割り切って考えよう。

 

で、2019年の目標は、

 

・平均スコア88切り!

・70台のスコアを3回出す!

・試合で予選突破!

 

にしようと思う。

 

2019年は間違いなくさらに試合に出ることが増える。

(とりあえず出られる試合は全部出る。笑)

その練習ラウンドも間違いなく増えるし、

確実に2018年より青ティーで回る機会が増えるだろう。

 

そうなると・・・平均スコア88がギリギリの線。

 

俗に、バックティーだと4~6打変わるというからね。

(上手い人はあまり変わらない、下手な人ほど大きく変わる)

 

人間、高すぎる目標だと

「途中で諦めてしまう」というのがよーくわかったしな(笑)。

 

それからベストスコアの更新ももちろん目指すわけだが、

よく考えりゃ76を更新するのは至難の業だからねー。

それより70台を複数回出すことを目標にしたい。

 

あ、そうそう。

2019年からはゴルフのルールが大きく変わるぞ!

 

 

細かい点はこっちがわかりやすいかな?

 

結構変わるなあ・・・

 

・偶然ボールを蹴ってもノーペナ。

・自打球もノーペナ。

・二度打ちノーペナ。

・スパイクマークの修理OK。

・バンカー内の葉・石・木などは取り除いてOK。

・バンカーから2打罰救済有り。

・赤杭内でもソールOK。

・ドロップは膝の高さから(肩の高さから落としたら1ペナ!)。

・柔らかくなった地面に食い込んだ球は救済可(ラフでもOK)。

 

特に試合に出る方は、

予習しておくことをオススメする。

 

さて、

 

これを見ているゴルフオヤジどもへ告ぐ。

 

今年のゴルフ目標は立てたかな?

 

そして、

それを紙に書いたり、

だれかに公言したりしたかな?

 

目標は、自分の心の中で立てても意味ないけんな。

形にした上で、誰かに公言することが大事。

 

一番良いのは、

ブログやSNSで公開してしまうことですな。

 

これをやっておくと、

頑張るしかなくなるからだ。

 

何となくゴルフをやる・・・のはもったいないぜ!

 

明確な目標を決め、

そのスコアはもちろん、

気付いたことやポイントなどを記録していくことが大事。

 

2018年は結果こそ悪かったが、

競技ゴルフチャレンジの年になったので非常に良かったと思う。

 

さて、

 

2019年はどんなゴルフが待ってるかな?

 

変わらずブログを更新していくつもりなんでね。

応援してくれると嬉しい。

 

 

今年もよろ乳っ!

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

【80切りを目指すゴルフ】「球筋が安定しない」「狙った方向に行かない」というアマチュアゴルファーは多い。なぜ球筋が安定しないのか?方向性が悪いのか?まず一番の原因はアライメント。次に「左膝スウェー」による腰スウェーに原因がある可能性が高い。またこの腰スウェーは「球が上がらない」といった原因にも繋がるぞ。

 

「ドライバーの出球が左右にブレる」

「スライスが出たり、フックが出たりする」

「狙ったところと逆の方向に行く」

 

というアマチュアは多いと思う。

 

かくいう私もよく逆球を打ってOBを打つのだが(笑)、

 

その原因は何か?

 

まず第一に疑うべきなのが、

 

アライメントである。

 

 

ゴルフで言う所のアライメントとは

「アドレスが向いている方向」

といった感じの意味である。

 

あなたもきっと同伴者のアドレスを見て、

「え?ずいぶん右を向いてるけど大丈夫?」

と思ったことがあるはずだ。

 

そして、あなたもきっと・・・

同伴者から同じように思われているわけだが(笑)、

 

「アマチュアの9割は右を向いてアドレスしている」

 

と言われている通り、

放っておけば右を向いてアドレスするのが

アマチュアゴルファーなのである(私もそうだ。笑)。

 

ゴルフ場は錯覚だらけ。

スタンスラインと飛球線は違うからね。

(目標に向かって真っ直ぐ立つと必ず右を向いてしまう)

 

試しに、普通にアドレスしたあと、

足の爪先にクラブを置いて、

後ろからアライメントを確認してみるといい。

簡単に自分がどの方向を向いているのかが分かるぞ。

 

スポンサードリンク

 

ま、今日はアライメントの話じゃないんでね。

このくらいにしておいて本題に行こう。

 

今日の話は、

アライメントとは関係なく、

球が左右にブレる時の話。

 

あるいは球筋が一定じゃない・・・

あるいは球が上がらない・・・

あるいは天プラがよく出てしまう・・・といったケースの話。

 

上手い人のショットは、

球筋が安定しているよね?

 

プッシュ出たー!とか

鬼フックが出たー!とか

テンプラー!とか

うぎゃートップー!とか・・・

 

 

ほとんどないわけだ。

 

だから、多少ブレたとしても、

打てる範囲内で済むことが多いし、

OBゾーンまで行くことは滅多にない。

 

試合に出て思ったのだが、

上手い人は皆、球筋が安定しているのである。

 

飛距離が出る出ないってのは二の次なのだ。

 

じゃあ、なぜヘッポコアマチュアの我々は

球筋が安定しないのか?

 

なんで右OBのホールで鬼スライスが出るのか?

なんで右に出たり、左に出たりするのか?

なんでテンプラが出たり、トップが出たりするのか?

 

もちろん、人それぞれ色んな原因があるわけだが、

 

その原因の多くは、

スウェーである。

 

要は、スイング軸がブレることによって、

ヘッド軌道が不安定になり、

外から入ったり、上から入ったり、

開いて入ったり閉じて入ったりするわけだ。

 

スウェーというと・・・

 

こんな感じの

体重移動スウェー

を思い浮かべる人が多いと思う。

 

 

これはもちろん厳重注意ポイントなのだが、

 

スウェーには、

 

右→左の「体重移動スウェー」の他に

「腰スウェー」があるのだ(浅次郎的に)。

 

久しぶりに、

 

デリタンク2号(SW帝王)に登場願おう。

 

 

デリタンク2号はスコア90~105付近をウロウロしている典型的なアベレージゴルファー。かなりメタボ気味ではあるが、ただのデブではない。得意技はSWであるが、それはサンドウェッジではない(自らSWの帝王とか名乗っている)。

 

昔の動画を見たことある人は、おお~と思うかもしれんね。

以前は「完全スライサー」だったが、

最近は低いフック気味の球が持ち球だ。

 

で、この日も「球はドロー気味で捕まった球」を打ってたんだが、

 

「球が上がらない」

「低い引っ掛け気味の球が出る」

「右に真っ直ぐ出ることもある」

 

という感じで苦戦していたわけ。

ナイスショットの時はかなりいい球が出てたんだけどね。

 

で、スイングを分析したわけであるが、

 

気になるのはココ。

 

 

左膝である。

 

左膝が「く」の字なってますな。

 

それと同時に、

 

左腰が前に出て、右腰が後方に引けてるよね。

これが「腰スウェー」である。

 

ゴルフの回転パワーの源は何か?

 

 

下半身と上半身の捻転差である。

 

上半身はネジル!(出来る限りネジル)

下半身はドッシリ!(出来る限り固定)

 

この捻転差があればあるほどパワーが出るわけよ。

 

しかし、

 

上半身はネジル!

下半身もネジれちゃう!

 

だとパワーが半減しちゃうわけ。

 

デリタンク2号のトップはその典型例。

 

さらに!

 

ネジッた下半身は

元に戻さんといかんわけよ。

 

でしょ?

 

その「元に戻す」時に、

スイング軸もブレるわけ。

 

浮気した下半身が、

元に戻る時にブレるのと同じ(笑)。

 

スイング軸がブレるとどうなるか?

 

当然、球が荒れる原因になるわけ。

 

外から入ればチーピンになるし、

フェースが開けばスライスになるし、

上半身が突っ込めば当然球は上がらないよね。

 

プロのスイングを見てみよう。

 

いつもイ・ボミのオッパイばっかりみてるので、

 

今日は原英莉花プロの脚線美で。

 

 

ヒギィィィ!

 

なんてUryyyなふともも!

 

じゃなくて、

 

なんて豪快かつ美しいスイング!

 

これはとてもマネ出来んな。

 

しかし・・・

トップをチェックしてみると・・・

 

 

左膝はほとんど曲がっておらず、ベタ足。

左腰(左股関節)もほぼアドレスの位置に残っているよね。

デリタンクと並べると分かりやすいかな。

 

 

ね。完全に腰がスウェーしてるのが分かるっしょ?

上半身は同じようでも下半身がまるで違う。

 

右膝はキープ出来てるから

「左右」のスウェーはしてないんだけど、

 

左膝がキープ出来てないから

「腰」がスウェーしちゃってるんだね。

(下半身もねじれてしまっている)

 

ただし!

絶対に「腰スウェー」がダメ!というわけではない。

左膝を曲げながら(あるいはヒールアップしながら)、

上手く回転して打つ方もいる。

 

しかし、一般的なアマチュアであれば・・・

左膝は出来るだけキープし、

下半身ドッシリの方が

遥かに球筋は安定すると思う。

(捻転差も大きくなるので飛距離も出る)

 

やり方は簡単。

 

アドレスからトップまで、

左膝の位置を変えずにキープするだけ。

(左膝が前に出るのはオッケー)

(やってみると分かるがかなりキツイ)

 

思い当たる方は、

今一度左膝をチェックしてみるべし。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

今回は、

名古屋から来てくれた喜代ちゃんと一緒に、

熊本空港カントリークラブに行って来たぞ!

ご存知、バンテリンレディースが行われる名門コース。

 

快晴美風。白ティー。

 

メインのベントグリーン(最高)。

 

11月なのに半袖のポカポカ陽気。

 

 

IN39、OUT42の81。

 

前半・・・ドライバーもアイアンも好調で、

5m前後のパターが入りまくり。

3パット以外はほぼノーミス。

ダボなしボギー3つで39という素晴らしい内容。

 

うひー!

 

80切りチャァァンス!

 

しかし・・・

 

後半、4番ロングでティーショットを林に打ち込んでしまい、

リカバリーにも失敗して素トリ。

 

前半あれだけ入ったパターも全然入らなくなり・・・

5番終わった時点で6オーバー。

 

そこから奮起してバーディー2個取ったんだが、

7番の素ダボが致命傷でジ・エンド。

 

しかしまあ・・・

素トリと素ダボ以外は大きなミスなく、

ナイスラウンドだったねー。

 

 

青ティーと白ティーの差が激しいな(笑)。

しかし、後ろから回っていると・・・

前から回るのが簡単に感じるのは気のせいじゃないね。

 

なるほど試合に出るとレベルアップする・・・

というのはこういう意味もあるのかも。

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

 

【80切りを目指すゴルフ】「最後まで体を回せ」「フィニッシュまで振り切れ」とよく言われるが、多くのアマチュアゴルファーは「打って終わり」になっていて振り切れていない。では、どうすれば振り切れるようになるのか?その多くはスイングの構造が問題なのだが、まずは、素振りで自分の左側でビュン!と音が鳴るかどうかチェック!

 

よく、

 

「最後まで体を回せ」

「フィニッシュまで振り切れ!」

 

などと言われますな。

 

「いやいや、浅次郎さん、私は最後まで振り切ってますよ!」

 

と言うアマチュアゴルファーの9割が、

 

インパクトして終わり!

 

のスイングになっており、

 

実は、最後までちゃんと振り切れていないのである。

(だから球が大きく曲がるのである)

 

体を回してるつもりでも途中で緩んでしまっていたり、

あるいは、

スイングの途中で体が止まってしまったり。

 

打った後にバランスを崩す方は、

大概、最後までちゃんと振り切れていない。

 

かく言う私自身も、

打って終わり!になることが多く、その度に、

 

「ちゃんと振り切れ」

 

と鬼ヤンベに怒られるのである。

 

 

だけんどもしかし、

 

ちゃんと最後まで振り切るって・・・難しいよね。

 

眼の前にボールがあると尚更である。

 

ちゃんと振り切るスイングをするためには、

 

素振りの音でチェックするのが一番良い。

 

打って終わりのスイングの人の多くは、

右サイド(ダウン)でビュン!と音が鳴り、

 

最後までちゃんと振り切れてる人は、

左サイド(フォロー)でビュン!と音が鳴るのである。

 

(右利きの場合ね)

(自分じゃわかりにくいので、誰かにチェックして貰おう)

 

これを意識するだけで

スイングが変わる!

 

・・・かもしれんので、

 

とりあえずこれを意識して

素振り練習をするといいと思う。

これなら球を打たなくても練習出来るしね。

 

さて。

 

今回はくまもと中央カントリークラブに行って来たぞ。

 

この日はレギュラーティーから。

 

スコアの方は・・・

 

 

OUT43、IN39の82。

 

実は、この日は27ホール回ってね。

INは2回ラウンドしたわけだが・・・

良い方のスコアを掲載している。

 

30台とかなかなか出ないしぃぃぃ(口笛)。

 

 

ま、この日は快晴美風。

ピンポジは結構厳しかったが、

グリーンは柔らかく、速さも普通だったからね。

 

ティーショットが安定し、

2~3mのパットが入ると・・・良いスコアが出るねー。

 

毎回このくらいで回れるようになりたいもんだが・・・

 

ゴルフは難しいわ。

 

ラストの3パットは反省。。。

 

 

いよいよ、今週は熊本県民アマチュアゴルフ選手権大会。

3会場で予選が行われる大きな大会でね。

予選突破ラインは86~89と言われており(バックティー)、

多分、私の今の実力では難しい。

 

しかし、何事も経験だからね。

 

予選突破目指して頑張りたいと思う。

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

 

【80切りを目指すゴルフ】体重移動について勘違いしているアマチュアゴルファーはとても多い。バックスイングで大きく右に動く人、切り返しから大きく左に移動する人がそうで、その多くは飛距離不足やスライスに悩んでいると思う。正しい体重移動はどうしたらいいの?マッスルパガタのスイングを見ながら分析してみよう。

 

今日は、

潜在能力は鬼ヤンベをも凌駕するかという・・・

アスリート系マッチョゴルファー、

マッスルパガタの話をしようと思う。

 

 

マッスルパガタは齢30代中盤にして

100mを11秒フラットで走ってしまいそうな

強靭な肉体と堅固なチンコを持つ私のゴルフ仲間である。

 

スライス系のライナー球で300ヤード近く飛ばす!

という必殺技「スライスレーザービーム」を持っており、

そのポテンシャルはホントに羨ましい限りである。

 

「マッスル」はいいとして・・・

なんで「パガタ」?

 

というのが気になる毒者もいるかもしれんが、

 

それはまあ今回は置いておいて(え)、

 

今日はこのマッスルパガタの

1ヶ月前のスイングを見てみることにしよう。

 

 

マッスルパガタのスイングは、典型的な

「体重移動スイング」であり、

 

体の回転ではなく、

右→左の体重移動

によって飛ばそうとするスイングである。

 

もちろん、スイングもチンコも人それぞれ。

真っ直ぐ飛べば何だっていいのであるが(え)、

この右→左の体重移動スイングで真っ直ぐ飛ばすのは非常に難しい。

 

シャフトが重く短く、ヘッドが小さいパーシモン・メタルの時代は

「体重移動スイング」が主流だったという。

 

私はその時代を知らんので何とも言えんが、

現代のクラブはシャフトが長く軽く、剛性良くしなり、

ヘッドはチタンで大きく高反発である。

 

現代のクラブに合ったスイング理論からすると、

「体重移動スイング」はベクトルが逆。

 

現代のクラブに合うスイング理論は・・・

 

左右の体重移動は極力控え、

体の回転(捻転力・遠心力)によって飛ばす

「回転スイング」が正解なのだ。

 

ちなみにこれはアマチュアの回転スイングの見本。

ブッカケコースケのスイング。

 

 

もちろん、体重は右から左に移動するよ。

 

ただ、それはスイングの結果そうなるのであって、

体重移動をエンジンにして

ボールを飛ばすわけではないのである。

 

「(左に)体重を移動させてから、ボールを打つんだと思ってました」

 

マッスルパガタが先日のラウンドでこう言ったのが、

この言葉こそ

「アマチュアが陥る大いなる勘違い」

を表してますな。

 

かくいう私も、

以前はパガタと同じ様に考えていたのである(笑)。

 

そう、これはマッスルパガタだけの問題ではない。

 

飛距離不足スライスに悩むアマチュアの多くは、

多かれ少なかれ「体重移動の勘違い」をしているのである。

(あるいは無意識の内にそうなっている)

 

あなたがもし、

飛距離不足やスライスで悩んでいるなら・・・

その可能性は、ヒジョーに高いぞ。

 

■アマチュアが陥りやすい2つの勘違い。

・バックスイング時、大きく右サイドに体重移動する。

・切り返し以降、左サイドに体重移動する。

 

もちろんこれでもタイミングが合えば真っ直ぐ飛ぶこともある。しかし、これだと・・・基本的にヘッドスピードは上がらないし、フェースは開きやすいし、芯に当たる確率も非常に低くなる。つまり、飛ばないし、スライスしやすい。

ただし、バックスイング時の右への体重移動は、多少は問題ない(やり過ぎると戻すのが大変なので出来るだけ少ない方がいい)。それより問題なのは、切り返してからの左へ突っ込みで。知らず知らずの内に、上半身が左に移動してから・・・あるいは移動しつつ・・・スイングしてしまうアマチュアは本当に多いのである。

 

偉そうなことを言ってる私も、切り返しで若干左に突っ込んでしまう癖が中々直らず・・・ずっと苦労しているのだ。

 

これはイ・ボミのスロー動画だが・・・

オッパイやフトモモに目が行くのは我慢しつつ、

体重移動に注目して見て欲しい。

 

 

ね。右サイドへの体重移動なんてほとんどないし、

切り返しからも上半身はほとんど移動してないでしょ?

(頭の位置そのまま)。

 

もちろん、下半身はちょっとずつ左に体重移動するんだけど、

(下半身が右サイドに残ると、ギッタンバッコンになる)

 

完全に左足に体重が乗るのは打ってしまったあと!

あくまでも結果的に、左足の上に体重が乗るのである。

 

是非あなたも自分のスイングを動画で撮って、

確認してみて欲しい。

 

そうそう。

 

今日紹介したのはマッスルパガタの1ヶ月前のスイングでね。

 

ゴルフを初めて10年・・・

やっとこの大いなる勘違いに気づいたらしく、

現在は色々と修正しているところである。

 

進化したスイングはいずれまた記事にしたいと思うんで楽しみにしておいてくれ。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

今回は、高遊原カントリークラブに行ってきたぞ。

 

絶好の天気・絶好のコンディションだったんだが、

だからスコアが出るとは限らないんだよなあ(笑)。

 

 

OUT48、IN41の89。

 

OUT・・・5番までは悪くないゴルフしてたんだが、

6番、7番で連続素トリ。

 

ティーショットのミスで林に入れたんだが、

やっぱボギーで上がりたい!

って欲が出るんでしょうな(笑)。

 

フェアウェイに出すショットは問題なかったのだが、

サードショット、アプローチでミス。

さらにパターも入らず・・・。

 

やはり、「リカバーしたい!」って気持ちが強いと

ミスが重なるんでね。

 

「林に入れたらダボでOK」

 

の基本を忘れないようにしようっと。

(結果的にボギーで上がれたらラッキー)

 

9番の簡単なロングでもダボ打って前半48・・・。

 

こりゃ90打ってしまうかも・・・

と密かに思いながら後半スタート。

 

いきなり3mについてバーディスタート。

しかし14番でまた林に入れて素トリ。

崩れかけたが16番でチップインバーディ。

18番では3mのバーディパットを見事に沈めて41。

 

うーむ。

 

バーディ3個取って89・・・。

 

何とも情けない(笑)。

 

ちなみにマッスルパガタはこの日覚醒したかのようにナイスショットを連発して86。グロスで初敗北を喫したナリよ・・・とほほ。

 

 

このままだと、今年の目標(平均84)どころか、

去年の平均(86)も危ういな!

 

まあしかし良くなって来てる予感はあるんでね。

そろそろ爆発的なスコア連発するだろ!

と思ったり、

思わなかったりしつつ、

女子ゴルフ見ながらオークス観戦だ!

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【80切りを目指すゴルフ】ゴルフで飛距離を出すのに必要なのは回転スイングと体重移動とヘッドコントロール。ヘッドスピードが遅くてもヘッドが走れば球は飛ぶ!今回は、小太り・ゴルフ歴2年・ゆったりスイングで250ヤード飛ばす熊本のアマチュアゴルファー・ブッカケコースケのスイング動画を解析してその秘密を探ってみよう。

 

今日登場してもらうのは、

 

小柄でぷよぷよ体型、

ゴルフ歴2年ちょいのブッカケコースケ。

 

なにを「ブッカケ」るかはまあ置いておいて(笑)、

 

前回初登場した時のスイングがコレ。

 

 

ええと、撮影したのが2017年7月だから、

約9ヶ月前のスイングだね。

 

で、これが今回のスイング

 

 

おお!

 

ジョジョで言えば、

 

 

「オラオラ」からの・・・

 

 

「おれが時を止めた・・・」

 

的な進化だね。

 

どうやらコースケは新しいスタンド能力

「体重移動」を身につけたらしい(笑)。

 

私はこのブログの中で、

「回転スイング」の大事さを口酸っぱく言ってるのだが、

もちろん「体重移動」も大事な大事なポイントで。

 

この2つが合わさると・・・

大きなエネルギーである「遠心力」と「重力」が掛け算となって

飛距離を生むことになるのである。

 

 

元々、コースケは体の回転を使うのが上手くてね。

ヘッドコントロールのセンス抜群だったんだけど、

これに下半身の体重移動が加わると・・・

やはり格段に飛距離が伸びますな。

 

以前は「MAX240~250ヤード」だったんだが、

最近は「普通に240~250ヤード」飛ばしてくるからね。

(もちろんミスショットもあるから平均飛距離じゃないよ)

 

しかも全然曲がらねえし、ランが出るしよ。

 

小憎たらしいったらありゃしねえんだが、

ゴルフ歴2年でここ迄来たのは素直に凄いと思う。

 

しかし動画を比較してもらえば一目瞭然なんだが、

以前はほとんど体重移動なしスイングだったんだよね。

 

これが以前のトップ。

 

これが今回のトップ。

 

手の位置が高くなってることより(これはちょっと深すぎかもしれない)、右股関節のところのズボンのシワに注目。いい感じに体重が右足に乗ってる証拠だね。

 

よくもまあ・・・この短期間で

上手く体重移動出来るようになったもんだと思う。

(ま、結構な苦労があったと思う)

 

ブッカケコースケ:

「あれ?カッキー(浅次郎)?オレに負けたことブログに書いてないよ?」

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

じ、

 

じ、

 

実は・・・・

 

前回のラウンドでね・・・

 

ブッカケコースケに

 

ガチ対決で

 

初敗北を喫し(苦)、

 

辛酸を嘗めさせられたのである。

 

 

チキショー!だずげでー!

 

でも、

 

周りが上手くなるのって何かいいね!

 

ケツに火が着くぜ!

 

今回のブッカケ動画はヒジョーに参考になると思うので、

飛距離に悩むヘッポコゴルファーのみんなは

是非参考にしてほしい。

 

アマチュアのエンジョイゴルフに

パワーやスピードは要らないんだぜ!

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

今回はKAOゴルフ倶楽部に行ってきたぜ!

 

エアレーションの最中でグリーンは穴だらけ。

 

 

・・・のおかげだと思うけど、

 

なんと1ラウンド料金4000円(メシ別)。

 

都会の人からしたらびっくり仰天料金だろうけど、

これはさすがに熊本でもかなり安い価格。

(平日セルフだと6,000~8,000円くらいが相場)

平日直前予約のメリットですな。

 

ちなみに、グリーンのエアレーションは、

芝の育成・維持(酸素・肥料を奥まで届ける)の為に

春先や秋口に行われることが多い。

 

これをキッチリ行わないと

ハゲハゲのボロボログリーンになってしまうのだ。

 

これを知らずに、

「何だこのグリーン!穴だらけじゃん!もう来ねえ!」

なんて言うと恥かくぞ(笑)。

 

ちなちなみに、

エアレーションが行われているグリーンは基本的に重い。

(砂が撒かれて速くなることもある)

 

また、開いた穴によって

アサッテの方向に曲がることがあるので注意が必要。

カップ際で「え?」って方向に曲がることもある。

曲げたくないなら強めに打つしかない。

 

というわけで、

 

今回パターが入らなかったのは、

グリーンのせいにしておく(笑)。

 

 

OUT43、IN46の89。

 

今回ドライバーの調子は良かったんだけどね。

アイアンがイマイチで中々パーオン出来なかった上に、

ほんとにパターが入らなくて。

 

1~2mの入れゴロ外しゴロのやつをことごとく外しちゃったのよ。

3パット5回も情けないんだが、

2パットの中にも結構短いの外してるのがあってね。

 

まあ、何と言うか・・・

 

「短いパットは真っ直ぐ強め!」

 

 

草太パットが、9割方正解ってことですな。

 

ピッタリで打つとフニャッと曲がっちゃうからね。

 

ちなみに、この日はブッカケコースケも89でイーブン。

 

あ、あぶねえ(笑)。

 

 

PAR4のダボ以上が多いのはOBを打つことが多いからだろうね。

もっとPAR4の成績を上げんとな~~~~!

 

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

【80切りを目指すゴルフ】体が早く開いてしまい、そのせいでスライスになるアマチュアはとても多い。スイング中、体は回転させないといけないわけだが、ダウンスイングで体が早く開いてしまうとフェースも開いてしまうのだ。ではどうすれば体の開きを押さえられるのか?この稿では「右向いたままスイング」の意識をオススメする。

 

哀しいかな・・・

 

ゴルフは、

開眼したり閉眼したりの繰り返しで。

 

「ドライバー開眼したコレ!」

 

 

と思った翌日のラウンドで、

OB連発なんてもう日常茶飯事。

 

私も今まで何度、

「ドライバー開眼したコレ!」

と思ったことか(笑)。

 

その度に、

勘違いだったと気付かされるわけだが、

(その日はたまたま全てのピースが合っただけの話)

 

その不毛とも思える繰り返しこそ!

上達への一番の近道であると思っている。

 

で、

 

これまた哀しいことに、

 

昔「開眼した!」と思った時に気をつけていたことなんて・・・

 

すぐ忘れちゃうわけよ。

 

昔好きだったのことは忘れないくせに、

 

 

ゴルフの重要ポイント

すぐ忘れちゃうのである。

 

だからゴルフは

「過去に戻る」

ことが大事。

 

同窓会に何度行っても過去に戻れないけれど、

ゴルフは何度だって過去に戻っていい。

 

 

思い出はキレイなまま

 

の方がいいってことも多々あるけどね(笑)。

 

あと、

 

昔好きだった女が今もいい女とは限らないのと一緒で、

過去に開眼したことが今も正しいとは限らない。

 

久しぶり詐欺には重々気をつけて。

 

 

ぶっ!

 

100万円お買い上げ(笑)。

 

スポンサードリンク

 

 

さて、

 

今回私が「過去に戻った」のは、これ。

 

体を右に向けたままスイング!

 

松山英樹のマネを!腰を切らず、体を右に向けたままスイング!

 

鬼ヤンベに

「体が開くのが早い」と言われて思い出したよ。

 

しかしこの記事は約2年前に書いたものだが、

 

今とは全然スイング違うねー。

 

恥ずかしいけどぜひ見比べてみて欲しい。

 

これは2年前のスイング。

 

これは今回撮影した私のスイング。

 

あれ?

 

なんかインパクト音がズレてる?

 

ま、いっか(笑)。

 

2年前と比べてみよう。

 

アドレス。何が違うのかよく分からんが、今の方がカッコいいね。多分、前傾角度が違うと思う。

 

トップで頭が突っ込む癖は相変わらずだが(なかなか治らない。涙)、2年前はもっと酷かったんやね(笑)。スウェーも酷い。左足のヒールも浮いてる感じで・・・伸び上がって・・・前に突っ込むみたいなね。

 

コックが早く解けてしまうのも相変わらずだが、2年前よりだいぶマシ。

 

インパクト。下半身の使い方、上半身の使い方・・・今の方が断然いいね。もう少し両肘に余裕が欲しい。

 

フォロー。ちょっと見にくいが2年前は左肘が外側に折れる典型的な「チキンウイング」になってますな。現在もなかなかアームローテーション出来ないんだが(課題)、2年前より大分マシだと思う。頭が残って体重が左足に乗ってる感じはアマチュアにしちゃきれいな方だろう。色々と・・・もうちょいやね。左肘・右手首がなあ・・・うーむ。

 

ぶっかけ!一番違うのはフィニッシュかな。2年前は静止出来ていない。体の回転で打てていないんだろうね。

 

とまあ・・・

2年でこんなに変わるもんやねー・・・

と思いながらチェックしてたわけだが、

 

今回は、2年前に開眼したつもり(笑)の

右向いたままスイングの話。

 

 

要は、

上半身を右側に向けたままダウンスイング!

(一番左の松山くんの感じ。胸は右を向いたまま)

 

そして、

インパクトまで体を開かないイメージ!

(実際には回転して行くんだけど)

 

・・・することによって、

 

ダウンスイング段階での体の開きを押さえ、

インサイドからクラブを降ろしやすくするんですな。

このポイントが超重要で。

 

これが出来ないと、どんなに球を捕まえても・・・

外からクラブが降りて引っ掛け!

あるいは

体が早く開きすぎてスライス!

となるのだ。

 

つまり、

「引っ掛け」も「スライス」もどっちも出る!

という方(私もね)はコレが原因である可能性が高い。

 

これが出来るようになると、

憧れの捕まった力強いドローボールが打てるようになるぞ。

 

しかし、

2年前はまだスイングのことがよく分かってなかったね(笑)

 

体の開きが原因でスライスしちゃう人や、

アウトサイドインでお悩みの方は、

ぜひ参考にされたし。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

今回は高遊原CCに行ってきたぞ!

 

2月までは寒かったけど・・・

晴天ポカポカ陽気で、半袖ラウンド!

 

 

IN44、OUT40の84!

 

いやー、前半からドライバーは良かったんだけど、

アイアンがヘボくて。

 

絶好の位置からトップしたり、

左に引っ掛けたり、

ショートしたりしてスコアに繋がらず。

 

18番は短いPAR5でね。

ティーショットが不二子ちゃ~んで残り180ヤードの上り。

7Wでツーオン狙ったんだけどチョイ足りずでグリーンエッジ。

そこから寄せてバーディいえーい。

 

後半のOUTでミスったのは

4番と8番の3パット、あと7番のトラブルくらいで。

最終9番は5mくらいのパットをねじ込んでバーディいえーい。

とてもいいゴルフが出来たと思う。

 

この調子が続けば70台出ると思うけどねー。

 

 

PAR4の成績をもっと上げないとね。

ダボ以上を叩かないようにしないと!

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc