【80切りを目指すゴルフ】2018年11月2日、阿蘇地区オープンゴルフ大会(阿蘇グリーンヒルカントリークラブ)に参加して来たぜ!意気揚々として臨んだが、シャンク地獄に陥ってズブズブのスコア。予選は通ったのか?足切りラインは?シャンクってラウンド中そう簡単に治らないよねー。ま、こんな日もあるか。

 

「浅次郎さん、最近ブログの更新サボってたでしょ?」

 

という声が聞こえて来るんだが、

 

全くもって、

 

その通りである(笑)。

 

 

なぜサボっていたかというと、

 

仕事が忙しかったから。

 

・・・というのは、

 

本音と建前で言えば建前の方で、

 

本音を言うと、

 

スコアが悪かったんで

 

ブログ書く気が失せていたのである。

 

スコアが悪いと・・・

 

「うえーん。ブログで公開したくないよー!」

 

と思ってしまうのだ。

(記録は全てちゃんとしている)

 

なぜスコアが悪いのかと言えば、

 

スイング改造を始めてから、

色んなことが噛み合ってないからなのだが、

(最近やっと良くなって来た感があるのだが)

 

そんな中、

 

今年最後の試合、

 

「阿蘇地区オープンゴルフ大会」

(熊本地震復興支援ゴルフ競技)

 

に出場して来たぜ!

(熊本県アマは失意の予選落ち)

 

スポンサードリンク

 

予選の会場は阿蘇グリーンヒルCC

 

熊本地震で大きな被害が出た南阿蘇地区にあるゴルフ場だっ!

(とっても苦手なゴルフ場だっ!)

 

ティーグラウンドは青ティー(表示はレギュラー)。

ロングと一部ミドルはフルバック。

(総距離は6700ヤードくらい?)

 

グリーンは最高の状態。

かなり速いんだが、そこまで固いわけではなく、

ボールはちゃんと止まる感じ。

 

結果は・・・

 

 

ズブズブの51、49。

 

なんと・・・

 

よりによって・・・

 

大会当日に・・・

 

シャンク獄長に出会ってしまったのだ。

 

 

前半のハーフで合計・・・

 

6シャンク。

 

1回や2回ではない。

 

6回シャンクが出たのだ。

 

シャンクが出るのは

ウェッジの9時-3時ショット。

(40~60ヤードショット)

 

バックティーから回る場合の私の基本戦略は、

「残り50ヤード地点に刻む」

なのである。

 

グリーンを直接狙うケースは160ヤード以下でライが良い場合のみ。

(ティーショットがとても上手く行った場合)

 

ゴルフはグリーンに近づけば近づくほど危険が潜んでいるのであり、

(バンカー、深いラフ、OBなど)

 

セカンドが200ヤード以上ある場合はもちろん、

170ヤード以上残った場合も、

基本的に残り40~50ヤード地点を狙うのである。

(残り40~50ヤード地点には危険が少ない)

 

我々へっぽこアマチュアが、

170ヤードをアイアンで打ってグリーンに乗る確率なんて、

鬼のように低いからね。

 

つまり、パーオン逃しのボギーオンではなく、

ハナからボギーオンを狙う戦略。

 

この戦略の基本は当然、

50ヤード前後のショットである。

 

50ヤード前後にボールを置くんだから当たり前だよね。

 

このショットに自信があるからこそ、

この戦略が成り立つわけであるが、

 

その自信のあるショットが・・・

シャンクしてしまうのである。

 

ほぼ全てで、である(涙)。

 

シャンク地獄に陥ったことがある方は

「分かる!分かるわー!」

と言って頂けると思うが、

 

この状態になったら、

どう打っても、何度でもシャンクが出るのだ。

 

まず、スタートホールでシャンクが2発。

OB打ってないのにロングでトリプルボギー・・・

という最悪のスタート。

 

しかし、この時はまだ

 

「たまたま出ただけさ~」

 

と軽く思っていたのである。

 

たまたまシャンクが出てトリ打っただけ・・・

とアッサリ気持ちを切り替えていたのだ。

 

だけんどもしかし。。。

 

3ホール目の12番、残り50ヤード、

 

絶好のライから・・・・

 

3打目シャンク。

 

「えっ!まじでっ?」

 

さらに、

 

十分気をつけながら打った・・・

 

4打目もシャンク。

 

「やめろ、やめてくれっ!」

 

 

と、

 

ゴルフ場の真ん中で獄長に懇願した浅次郎。

 

しかし

 

シャンク獄長は厳しい。

 

 

当然だが、

シャンクするとグリーンに乗らねえのである。

 

グリーンに乗らねえどころか

アサッテの方に球が逝くのである。

 

そして今日は遊びラウンドではなく、

 

試合なのだ!

 

結局このホール、素でトリプルボギー。

 

続く13番、残り40ヤード地点・・・

つま先上がりのシャンクが出にくいライで・・・

 

見事にシャンク(OBギリギリ)。

 

奇跡的にワンパットのボギーだったが・・・

 

もう、こうなると恐怖以外のナニモノでもない。

 

当然、シャンク対策の基本は知識として知っている。

原因不明のアプローチシャンクを治す方法

シャンクの原因は何?改善方法は?

アプローチシャンクの原因は手打ち。

 

右足を引いて(クローズドスタンス)で打ったり、

ボール位置をトゥ寄りにしたりしたのである。

 

それでもシャンクが出るのだ。

 

幸い、20ヤード前後のグリーン周りのアプローチは問題なかったので、

 

14番以降は・・・

「50ヤード地点にボールを置く」から、

「ムリしてでも、バンカーに入れてでもグリーンに近づける」

という戦略に変更。

 

14番・15番は比較的短いホールだったんでボギーで切り抜けられたが、

 

16番は425ヤードと長いミドル。

 

必然的に50ヤード前後が残ってしまうわけだが、

 

ものの見事に

 

3打目シャンク。。。

 

ボールは非情にもバンカーへ。。。

 

誰か・・・

 

だれか助けて下さいっ!

 

 

ここはキセキのバンイチで切り抜けたものの・・・

(スペシャルボギー)

 

シャンクが収まる気配、

まるでなしっ!

 

最後のロングホールの3打目・・・

アプローチを打ちたくないばっかりにムリをした浅次郎は、

5番アイアンのショットで左に引っ掛け、、、

OBを打ってしまったのだ。

 

これで前半3個目のトリプルボギー。

 

パーなし(笑)。

 

スポンサードリンク

 

 

結局シャンクの原因は分からずじまいだったのだが、

昼休憩にアプローチ練習場でウェッジを打ってみると・・・

 

全くシャンク出ず。

 

へ?

 

出ないじゃん!

 

治ったのかどうか分からんが、

不安を抱えたまま後半開始。

 

しかし今度はシャンクと関係無い所でミスが出てしまったのだ。

 

1番でティーショット左OB。

2番でバンカーからホームランOB。

 

ぐへえ。

 

悪い時には悪いことが重なるもんで、

この2ホールでチンコシボンヌ。

 

その後はシャンクも出ず、

(何だったんだ一体!)

 

なんとか立て直したものの49。

 

久しぶりに100打っちゃったよまどかー。

 

 

幸い、

 

今回の大会は「予選落ち」「足切り」などは無いらしく、

 

決勝には全員行けるらしい(ほっ)。

 

これは途中経過。結構100打ってる人いるね(笑)。鬼ヤンベはさすがの80。

 

ま、

 

こんな日もあるか(笑)

 

 

ひええ。ココ1年の平均スコアが90超えちゃったよー。

(一応今年の目標は84だったんだが。笑)

 

まあ、言い訳をするなら、

ここんとこずっと青ティーから回っているから・・・

スコアが悪くなるのはしょうがない!

 

と、自分で自分を慰めておく。

 

しかし、

 

もう二度と、

 

シャンク獄長には会いたくないものであるな。

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

 

【80切りを目指すゴルフ】平成30年度、熊本県民アマチュアゴルフ選手権、一般男子の部の予選(高遊原カントリークラブ、バックティー)に出場して来たぜ!熊本県の強豪アマチュアが数多く参戦する大きな大会。予選は3会場で行われたが・・・浅次郎予選突破なったか?予選カットラインのスコアはいくつだった?次のチャレンジは?

 

おっす!浅次郎でっす!

 

「熊本県民アマチュアゴルフ選手権(平成30年度)」

 

に出場して来たぜ!

 

熊本県ゴルフ協会のHP

 

3会場で予選が行われるのだが、

私は「中地区」の高遊原カントリークラブにて予選に出場。

 

前回の「空港周辺オープンゴルフ大会」の時は、

120人中90位までが予選通過だったのだが、

今回の予選突破は102人中57位まで。

 

前回、89位でギリギリ予選突破だった・・・

ビギナー浅次郎にとってはレベル的に非常に厳しい試合である。

 

予選カットラインは87~89くらい?

 

ただ、

グリーンは試合仕様の鬼速

ピンポジはいずれもかなり厳しいところに切ってあり、

 

「予選突破ラインは90前半まで上がるんじゃね?」

 

と否妻ユッキーナが言っていたのだ。

 

私の高遊原CCのメイングリーン青ティー(6,870ヤード)の

 

ベストスコアは88。

 

これはノープレッシャーの練習ラウンド、

しかも通常グリーン・通常ピンポジでの話であるが、

 

全てが上手く行けば、

もしかしたら予選突破出来るかもしれん・・・

 

そういう淡い期待を抱き締めつつ頑張ったんだが・・・

 

結果は、

 

 

OUT46、IN49の95・・・

 

ドライバーの調子は悪くなかったのである。

 

距離はまあまあ出ていたし、

 

曲がってもラフまでって感じでね。

(鬼門の14番・15番・16番も全部ドライバー抜いた。笑)

 

しかしこの日は・・・

アイアン・ウェッジが良くなかった・・・

致命的に悪いわけではなかったのだが、

 

10~15ヤードほど左右に散るわけ。

 

絶好のライから・・・バンカー!

 

とか、

 

捕まりすぎて・・・グリーン回りの深いラフ!

 

とかね。

 

原因はヘッドアップか、オーバースイングか・・・

あるいはリズムが速くなってたか・・・。

 

PAR5でパーオン

PAR3・PAR4でボギーオン

 

させなきゃならんところで出来なかったわけだ。

 

そして、PAR4でボギーオン出来ないと焦るわけ(笑)。

 

 

そうは言ってもね。

 

ダボは打ちたくないわけよ。

 

「ボギーで上がるタメには・・・寄せなきゃ!」

 

と思ってしまうわけだ。

 

ここで「超速グリーン」という意識に

かなりヤラれたんだよね。

 

実際にグリーンはめちゃくちゃ速かったわけだが、

(1番ホールは真横から7m程度のバーディパットを打ったんだが・・・手前で切れたボールがグリーンの外まで転がって行った)

 

これを意識し過ぎるのも良くなくてね。

 

「手前から転がさなければ!」

「ギリギリに落とさなければ!」

「よ、寄せたいィィィ!」

 

と考えてしまうわけですな。

 

結果、緩んで大ショート・・・

あるいはヘッドアップしてトップ・・・

といった普段やらないミスを連発しちゃったのである。

(良いアプローチも沢山あったけどね)

 

ストリやスダボはほとんどそういうイージーミスでね。

特にダボを嫌がってトリプル・・・

という絶対やってはいけない最悪のパターンにハマってしまったのだ。

 

ドライバーが良かっただけに・・・

 

悔やまれるラウンドであった。

 

そして・・・

 

 

予選通過には3打足らずに

 

予選落ち。

 

 

 

 

なんか、

 

チャオズの気持ちが分かった気がするぜ・・・(笑)

 

まあしかしね。

 

これで試合に出るのも4回目(試合的には2試合目)。

 

まあ、緊張したっちゃしたけど、

 

心臓バクバクした初戦とは違って、

 

大分慣れて来た感がありますな。

 

ちなみに、師匠の否妻ユッキーは85でラクラク予選突破(たまたま同じ組だったのだが、前日2時半まで飲んでいたらしく、ショットはズタボロであった。それでも余裕の85だもんなあ)。ゴル友の鬼ヤンベは82だったらしいが、まさかの誤申告で失格。アマチュアの試合で誤申告ってなんだよ?と思ったがマーカーの方がスコアを間違って記載していたらしい。確認しなかった自分が悪いんだろうけど。ほか、初試合だったシャンケストコースケは105で圧倒的予選落ち。めちゃくちゃ緊張したらしい(笑)。

 

 

今週は、県アマの練習ラウンドにも行っててね。その時も鬼速グリーンだったんだが・・・スコアは96。やはりバックティーで試合仕様のグリーンだと難しいね。

 

次は・・・

 

「阿蘇地区オープンゴルフ大会」に出場予定。

 

今までに比べたら小さめの試合だけど、

 

目指せ予選突破っ!

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc