【80切りを目指すゴルフ】アマチュアゴルフのスコアの3~4割を占めるのがパットである。上に行くためにはパター上達は必須。そのためには何が必要かまとめておく。ロングパットの距離感、パッティング文字盤、フォールライン、ショートパットの極意、振り子パット、パットの強弱などなど・・・勉強することは沢山あるぞ!

 

このところ連続で、

 

「浅次郎のアマチュア用パター講座」

 

をしてきたのだが、

 

そろそろズリネタが尽きたので、

違うDVDを借りに行こうと思う。

 

・・・じゃなかった(笑)、

 

一旦まとめておこうと思う。

 

■アマチュアのパッティング上達講座まとめ

・ロングパットの距離感を磨け!

・パッティング文字盤を思い浮かべるべし!

・フォールラインを見極めろ!

・ショートパットは強め、真っ直ぐ、順回転!

・同伴者のパットからフォールラインを見つけろ!

・振り子パットがオススメ!

・パットの強弱は状況によって違う!

・距離感は強さよりも振り幅で合わせる方が簡単!

 

それぞれの内容は「サブメニュー」の「パターが上手くなりたい方へ」の中にあるので、今一度ご覧いただきたい。最初から見るのであればこちらからどぞ。

 

 

また気付いたことがあったら記事にするな!

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

偉そうなこと言ってるくせに、

前回は41パットしたわけだが(笑)、

今回はどうだったかな?

 

ブログ毒者の喜代ちゃんがまた熊本に来てくれてね。

デリタンク3号改めSW帝王鬼ヤンベと一緒に、

肥後サンバレーカントリークラブに行ってきたぞ!

 

結果は・・・

 

 

OUT41、IN39の80!

 

惜しい!実に惜しい!

 

この日は熊本名物のカーチャン風が非常に強くてね。

 

風向きによっては1~2番手飛距離が変わる感じだったんだが・・・

 

久しぶりに、

ドライバーが超・絶好調で。

 

飛ぶわ、曲がらねーわで、

なんとフェアウェイを外したのは2回だけ。

フェアウェイキープ率は驚異の85.7%である。

 

んで、アイアンの調子はそこまでよくなかったんだが、

ドライバーが良いと多少アイアンがブレてもボギーオンは容易なわけで。

前半は無難にまとめて41。

 

ハイライトはINの14番。

 

 

410ヤードと距離がある上に、左ドックレック(左は林)。

2打目地点からは打ち下ろしとなる超難関ホールである(HC2)。

 

ここで今日イチのドローボールが炸裂。

コースなりに飛んでフォローに乗り、

傾斜を転がって推定飛距離は300ヤード。フェアウェイど真ん中。

 

残り100ヤード弱を52度で打ったんだが、

引っ掛けてグリーン左奥のエッジ。

ピンまで約20ヤードの上り。

 

パターで打つか?ウェッジで打つか?でちょっと迷ったが、

パターで距離感を出す自信なく(笑)、

52度でピッチエンドラン。

これがラインに乗ってコロコロコロンとカップイン。

 

イエーイ!

 

その後、15番のボギーは仕方ないとしても・・・

16番のスダボはアプローチのトッピングが原因で・・・

結局INは3オーバーの39。

ここをボギーで押さえておけば70台も見えただけに

ちょっと残念だったね。

 

本日のパット数は31。

 

チップインバーディがあったにせよ、

3パットなしだし、

2m前後のパットもよく入ったし、

自分で言うのも何だが結構安定してたと思う。

 

喜代ちゃん、有難うございましたー!

 

 

80で回っても、借金チョビッとしか減らんな(笑)。

(今年の目標は平均スコア84)

 

しかし、出来ることをやりつつ、前に進むのみ。

次は70台出したいなー。

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

 

【80切りを目指すゴルフ】今まで、パターで悩んだことはほとんどないのだが、最近3パットが多いのである。パーオンして3パットボギー、ボギーオンして3パットダボ・・・これらを減らさないと上には行けぬ。というわけで、3パット撲滅シリーズ!第一回は「ロングパットの距離感を磨く」である。そのための練習法は?

 

せっかくパーオンしたのに・・・

3パットでボギー!

 

あるいは、

 

必死でボギーオンしたのに

3パットでダボ・・・

 

これは、

 

「俺んとこ・・・来ないの?」

 

って気分になりますな?

 

 

元ネタ

 

パーオン率が上がるということは、

グリーンの端っこに乗る確率も上がるわけで、

比例してロングパットを打つことも多くなるわけだが、

 

巧いヤツはそのロングパットを

確実に1m以内につけてパーを取る。

 

私みたいなヘッポコなアマチュアは

2~3m残して3パットしてしまう(笑)。

 

ちなみに、

 

PGAツアープロが、

約1mを決める確率は約95%

約2mを決める確率は約60%

 

※1フィートは約30cm。

 

え?

 

1mと2mでこんなに違うの?

 

と思ったことだろう。

 

 

そう。こんなに違うのだ。

 

もちろん我々ヘッポコアマチュアは

プロに比べてもっと数字が落ちるわけだが、

(1mを決める確率は70~90%と言われている)

 

この1mと2mの関係性はプロと一緒で。

 

1m→2mになるとガクンと入る確率が落ちるのである。

 

もちろんショートパットはとても大事だが、

それよりもまず・・・

 

ファーストパット

できるだけ近くに寄せること!

 

がとってもとってもとっても大事なのだ。

入れてから1分以内に逝かないのと同じくらい大事だよマイダーリン。

 

そのために必要なのは何よりまず

ロングパットの距離感!

極端な上り下りがない限り10m以内はそう外れることもあるまい。

大事なのは10m以上、15m以上、20m以上の距離感である。

 

 

さっきの表と同じものだが、今度は長い距離を見てみよう。30フィート(約9m)を超えると急激に1パットの確率が落ち、3パットの確率が増える。PGAプロでも15mを超えると5回に一回は3パットしちゃうんだね。

 

今まで私は、

「パターはで大事なのはショートパットっしょ!」

という考えであったため、

パッティング練習場でも

ショートパットの練習ばかりしていた。

もちろんショートパットも重要である!

 

「いかにして穴に入れるか?」

 

というスケベなことばかり考えて練習していたのである。

(モテないわけだ。笑)

 

そして思い返せば、

10m以上の距離感の練習なんぞしたことがない。

一応10m、15m、20mの基準は持っているが、

じゃあ「17mは?」と言われるとほとんど勘・・・

「25mは?」と言われるともうサッパリである。

 

で、

 

ロングパットの練習法だが、

・10歩、15歩、20歩といった距離の目印を作る。

・芯で打つことを心掛ける。

・距離感を掴むまでひたすら練習。

 

 

距離感の出し方は、ストロークの振り幅でも、インパクトの強弱でもどっちでもいい(2つを併せてもいい)。個人的にはストロークの振り幅で調節した方がいいと思うが(→振り幅で打つ方法はこちら)、勘で打つ青木タイプの人は強弱の方がいいだろう。

 

最初は、平らなラインで。

次に、上りと下りで。

 

特に距離感が狂うのは傾斜がある場合であるが、一般的に上りの場合は110~130%増し。下りの場合は30~70%で打つ感じでいいと思う(グリーンの速さや芝目や傾斜の角度によって変わる)。

 

10歩、15歩、20歩の距離感が分かって来たら、その中間もやる。つまり12.5歩、17.5歩・・・といった具合だ。あと、打つ機会は少ないが25歩や30歩もやっておく。この距離を2m以内に寄せられると大きい。

 

後は、延々と繰り返しである。

 

残念ながら、パターの距離感ばかりは、

反復練習によって掴むしかない。

 

ロングパットは経験である程度までは寄せられるが、

1~2m以内に寄せるには+努力が必要である。

 

今年はパターの練習を重点的にしたいと思う。

 

(お、遅いわ!)

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

今回は不知火カントリークラブに行ってきた。

 

距離は短いが非常に狭くてアップダウンが激しいコース。

名物の9番ショートホールは、

なんと高低差100ヤードの打ち下ろし(日本一らしい)。

 

海岸沿いのコースで風も強く・・・

コースを知っとかないと結構難しいんだよねココ。

 

 

OUT43、IN47の90。

 

この日は暖かくて美風。

言い訳出来ないコンディションだったけど、

OB3発も打っちゃった(テヘペロ)。

 

後半のINは何かを企画している友人が

私の全てのショットを撮影したので、

後日動画で公開するかもしれん。

スコア的にもショット的にもイマイチだったので恥ずかしいのだけど(笑)。

 

 

借金が増えていくなぁ(笑)

 

しかしこれは上に行くための必要経費。

 

絶対諦めないぜ!

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【80切りを目指すゴルフ】今日は、ゴルフ初心者による大爆笑おもしろゴルフスイング動画をお届けしよう!人生初のラウンド、人生初のティーショット。OBだった!チョロだった!空振りだった!という人は沢山いると思うが・・・驚愕の結末はいかに?尚、スインガーは管理人のリアル同級生。ああ、ゴルフって面白い!

 

この動画に映っているのは、

 

管理人のリアル友達である。

 

人生初ラウンド、初ティーショット。

 

その時、奇跡が起きた。

 

 

な、

 

何度観ても・・・奇跡(爆)。

 

モジモジ・・・モジモジ・・・から始まって、

 

 

ドライバーのフルスイングであわや自打球。

 

「チーン!」

 

ってオチまでついて、

 

42秒の完璧な物語が完成(爆)。

 

 

何回観ても面白いわ~~~

 

と思ったら、

 

あなたのゴルフ友達にも見せて上げてねー(笑)。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

今回は、

 

楽天GORA一人予約で、

菊池カントリークラブに行って来たぜ!

 

 

スコアはIN42、OUT42の84。

 

スタートホールのOBを防ぐには、

ラウンド前の練習・・・。

 

分かっちゃいるけどやらないんだよね(笑)。

 

それとも・・・喜代ちゃんみたいに

6割ショットの練習するか。

 

バーディ取った15番はね・・・打ち下ろしだけど、

ドッグレッグの上に404ヤードと長い距離のPAR4。

ドライバーがかっ飛んで残りはPW。

乗ったのは左の端っこだったんだけど・・・

長いパットがマグレで入ってバーディーいえーい!

 

それからドライバー、アイアン共に好調で。

3番ロングではツーオンチャンスだったんだけど・・・

セカンドの5Wが当たり過ぎてグリーンオーバー。

うーむ。惜しかったなあ。

 

6番のミスは

グリーン手前ガードバンカーからのホームラン。

グリーン奥に打ち込んで(OBの方がマシ)、大トラブル。

ま、しょうがない。

 

それより、2~3m前後のバーディパットを

何度か外したのが痛かった。

 

ショットが好調な時はハイスコア出すチャンスなんだけどなあ。

 

 

さて、今年中に、

もう一回70台出したいー!

 

あ、鬼ヤンベ先生、

熊本県アマ20位タイおめでとさん。

あんたスゴイよ。

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【80切りを目指すゴルフ】スイングにおける切り返しのタイミングは人それぞれであり、正解はない。ただ、人によっては間違ったタイミングで切り返してる場合があり、その場合は直した方がいいと思われる。あなたは「1.2.3!」?それとも「1.2の3!」?多くのアマチュアは切り返しのタイミングが遅すぎる?

 

あなたの切り返しのタイミングは、

 

「イチ、ニッ、サン!」

 

それとも・・・

 

「イチ、ニーの、サン!」

 

どっち?

 

 

もちろんどっちだって正解なのだが、

人には「合う」「合わない」があると同時に、

「間違ったままスイングしている」可能性がある。

 

例えば、ずっと

「イチ、ニーの、サン!」

で切り替えしてたんだけど、

実は、

「イチ、ニッ、サン!」

の方が自分に合ってた!と言うパターンである。

 

これは、

フォトショップでチョチョイと修正するだけで、

劇的に顔が変わるのと同じで(ぇ)、

 

 

切り返しのタイミングを変えるだけで

劇的にスイングが変わる!

というパターンであるぞ。

 

特に・・・ヘッポコアマチュアの多くは

「オーバースイング」「イチ、ニーの、サン!」

であることが多く、

「コンパクト」「イチ、ニッ、サン!」

にするだけで劇的にスイングが変わる人は多いんだぜ~~!

 

切り返しのタイミングを変えるのは・・・

難しそうであるが、

実はそんなに難しくない。

 

グリップやアドレスを変える方がよっぽど難しく、

何度かスイングすれば

結構簡単にアジャスト出来るのである。

 

コツは一つだけ。

「手」で切り返すのではなく、

「体」で切り返すこと。

(下半身、膝を意識してもいいかもしれない)

 

是非一度試してみて貰いたい。

 

ちなみに、

 

浅次郎は以前

「イチ、ニーの、サン!」

でスイングしていたが・・・

 

えーーーーと、

 

これは約2年前のスイングだな。懐かしい。

 

「イチ、ニーの、サン!」

トップで一つ「間」を取ってスイングしているのが分かるな。

 

しかし、今は

「イチ、ニッ、サン!」

のイメージでスイングしている。

 

これは今回のラウンドで撮影したスイング。

 

比べると・・・我ながら上達ぶりが際立つね。

 

アドレス。いいんじゃないの?

 

トップで頭が突っ込む悪癖は今もそのまま(笑)。

 

もうちょいクラブが立って降りてくるといいんだけどね。

 

インパクト。ビハインド・ザ・ボール。

 

だいぶアームローテーションが出来るようになってきた。左肘も曲がってないし、腕が伸びるようになってきたし、ちょっとずつ良くなってきたと思うんだけど、もうちょい自然と手首が返るようになりたいね。

 

首に巻き付くようにフィニッシュ。一本足で立ててるし。あとは左足首だねー。

 

良くなってきたけど、

 

色々ともうちょいやね。

 

切り返しのタイミングの件は、

是非貴方も色々と試してみて欲しい。

 

総じて切り返しのタイミングが早い方が、

球筋が安定し、強い球が打てるようになるぞ。

(最大飛距離は落ちるかもしれんが、平均飛距離は伸びる!)

 

まあ、タイミングは人それぞれだけんな。

合わないと思ったら元に戻せばよろしい。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

最近は天気が悪かったり、

めちゃくちゃ忙しかったりで、

なかなかゴルフに行けなかったのだが、

 

無理やり時間を作って、

菊池CCの午後スルーに行ってきたぜ~~~!

 

 

OUT42、IN39の81!

 

スタート1番のティーショットを左に曲げてOB。

2番のティーショットは慎重に5Wを選んだんだけど、

なんか変なとこに当って右崖OB。

(アイアンがベタッと寄ってボギーで済んだけど)

 

いや~~~面目次第もない。

 

その後、ドライバーはすぐに復活し、

ナイスショット連発。

パターがこれまたコロコロと良く入って42。

 

後半は難しい11番でミスが出て素ダボを打ったが、

14番からは5ホール連続パーオン。

しかも全てバーディトライ。

結果入ったのは1個だけだったけど、

他はすべてタップインパー。

 

特に15番は404ヤードと長いパー4。

ドライバーでフェアウェイ真ん中に270ヤード飛ばし、

8番アイアンでピン横2mズドンの完璧な内容であった。

 

ゾーンに入るとミスが無くなり、

簡単にパーが取れるようなる・・・

 

これは76で回った時もそうだったなあ・・・。

こういう状態を長く継続出来るようになりたいなあ。

 

 

とうとう平均スコアが85.6まで来た。

FWキープ率も52%まで来たし、

パーオン率も32%まで来た。

 

今年の目標(平均スコア86)はもう達成しそうだけども、

ついでだから、

平均スコア85切りを目指そうっと。

 

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

【80切りを目指すゴルフ】ゴルフにおいてアドレスは非常に大事!ってのは皆知ってるけど、ヘッポコアマチュアの多くが変則的なアドレスであり、皆それを放置して練習している。これでは上手くなるはずもないぞ!まずは自分のアドレスの写真や動画を取ろう!そして前傾角度、背筋、お尻、頭、膝、腕などをチェックするのだ!

 

「アドレスを見れば、上手いか下手か分かる」

「アドレスでスイングの8割が決まる」

 

と言われている通り、

ゴルフにおいて、

アドレスは最も重要なポイントである。

 

練習場に行ったら、是非周りの人達を見て欲しい。

アドレスがカッコイイ人は大概美しいスイングであるし、

アドレスがカッコ悪い人は大概スイングもヘッポコである。

 

前傾が出来ておらず、上半身が立っている人はとても多い。

 

背中が丸まっている人も多い。

 

がに股の人も結構いるよね。

 

腕とシャフトがほぼ一直線の人。

 

まあ、例外的な人もいるが、

 

美しいスイングは美しいアドレスに宿る!

 

と言っても過言ではないと思う。

 

だけんどもしかし!

 

 

多くのヘッポコなアマチュアゴルファーは、

自分のアドレスがどんな形なのかを知らない。

 

写真や動画を撮り、客観的に見てみればいいだけだが、

 

ショックを受けるのが嫌なのか?

それとも面倒臭いのか?

多くの人はヘッポコアドレスのまま、黙々と練習している。

 

ヘッポコアドレスのままで、

上手くなるはずがない。

上手くなるはずがないんだジョー!

 

 

やることは簡単である。

今時は誰だってスマホや携帯を持っているだろう。

そしたら、スマホを固定するためのフレキシブルアームを買って来よう。

 

私の経験上、このタイプが使いやすい。

 

これを、打席後方の椅子などに設置し、

タイマーで写真を撮るなり、

動画を撮るなりして、

自分のアドレスをチェックすれば良い。

 

あるいは、

 

コースに出た時に、

同伴者に写真や動画を撮ってもらう。

 

今時のスマホはスロー再生なんかも出来るし、

アプリを使えば、

プロのスイングとの比較や、

過去スイングとの比較なんかも出来る。

 

この一手間だけで、

ゴルフ上達スピードが全然違ってくると思うぜー!

 

で、

 

これは前回、熊本空港カントリークラブで

早朝ラウンドした時のスイング動画。

 

 

久しぶりに後ろからのアングルで動画を撮ったのだが、

(最近は正面からばかり撮っていた)

 

これを見て、

 

一大決心。

 

アドレスを大幅に弄ることにしたのである。

 

最近の調子は決して悪くなく、生まれて初めての70台も出たし、80台前半を連発しているので・・・ここでアドレスを弄るのは嫁に嘘を付く時と同じくらい勇気がいるわけだが、

 

チェンジなくして上達なし。

 

 

多少スコアを落としたとしても、

更に上を目指すために私はチェンジを続けていく!

 

さて、

アドレスのどこを直すか?

であるが、ちょっと色々とチェックしてみよう。

 

フェアウェイセンター狙い。画像の通り、アライメントはばっちりですな。

 

前傾角度・・・いいんじゃないの?

ケツプリ感・・・いいと思う。

背筋の伸び・・・真っ直ぐ。

頭の位置、視線の高さ・・・悪くないと思う。

 

イ・ボミのアドレスと比べて見よう。

 

 

ふむ。こうやって改めて見ると気づくことが多いな。

 

さて、

 

直した方がいいのはどこかというと・・・

 

 

・腕とシャフトの角度!

・膝の角度!

 

まず腕とシャフトの角度。

私の場合、いわゆる「ハンドアップ」である。

ハンドアップの弊害についてはこちら)

 

以前より大分マシになっているが・・・

 

あ、これはちょうど一年前のアドレス。

 

うおっ・・・こうやって見ると1年前とは全然違うな~。

 

理想のアドレスは左腕が真下。

 

これである。

 

 

こうなるとどうなるのか?

 

・グリップが、より身体の近くを通るようになる。

・脇が締まり、スイングが安定する。

・インサイドインの理想的なスイングが出来る!

 

なんか良いことづくめに見えるが・・・

これが実際やるとなると難しいのである。

 

窮屈なところを通す必要があるし、

リリースが早いとダフってしまうし、

なにより引っ掛け気味にヒットすることが多くなるのである。

(だからインサイドアタックが大事)

 

今までとは全く違うタイトなスイングプレーンが要求されるのであり、

ダフリや引っ掛けといった大きいミスに繋がる・・・

 

だから今まで、この課題はスルーしていたのだが(笑)、

 

直すことに決めた。

 

これは今回撮ったアドレス。幾分良くなったように見えるが・・・あんまり変わらんか(笑)。

 

あ、あと膝の角度は

この記事を書くまで気付かなかったが、

 

 

ボミちゃんのアドレスを見る限り、

足首から膝まではほぼ垂直だな。

 

 

でも、松山英樹のアドレスを見ると多少曲がっている。

プロによって違うのかな?

いずれにせよ、ちょっと私の場合は曲げ過ぎのようだ。

 

膝の角度はちょっと研究材料だな。

 

ま、アドレスをいきなり変えるのはムリ。

 

徐々に変えて行き、

 

一年後にまた

 

「うおっ・・・こうやって見ると1年前とは全然違うな~」

 

と書けるように取り組んで行きたいと思う。

 

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

今回は高遊原カントリークラブの早朝ラウンドに行って来たぜ!

 

スコアは、

 

 

43、44の87。

 

この日はドライバーが全部左。ミスショットではなく、ナイスショットが左に真っ直ぐ・・・あるいはドローしながら飛んでいく感じ。こうなると、2打目を深いラフや林の中から打つ羽目になるわけで・・・パーオンするのはとても難しくなるわな。11番のOBもショット的にはナイスだったんだが・・・方向悪く、球が見つからずにOBとなってしまった。

 

左に抜けてしまう理由はただ一つ。

 

アウトサイドイン軌道である。

 

おそらく、アドレスを弄ったがために、

ダウンスイングが窮屈になり、

ヘッドが外から降りて来てしまったのだろう。

 

まあ、しょうがねえよジョー。

 

アドレスの問題は、

 

いずれ乗り越えねばならん壁だ。

 

窮屈なところを通し、インサイドから振り抜く・・・

非常に難しいのはわかっているが、

 

 

あしたのために、私はやるぜ。

 

 

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

 

【80切りを目指すゴルフ】男は哀しい生き物である。若くてカワイイゴルフ女子と一緒にラウンドすると、「いいところを見せよう」と知らず知らずに力が入ってしまうのだ!結果、ドライバーは曲がり、アイアンはオーバーし、アプローチはダフリ、強気のパットは入らず3パット(笑)。まあ、最高に楽しかったけど!

 

久しぶりに、

 

久しぶりに、

 

若くてカワイイゴルフ女子と一緒にラウンドしてきたのだ。

 

 

マジで、楽しかった!

(ありがとう~)

 

いつもはよ、

脂ぎったエロオヤジや

キャバ好きオヤジや

外人パブ好きオヤジや

ブッカケ好きなムサイスケベ野郎ども・・・

 

とばっかり回ってるけんなあ(笑)。

 

今回は、

よく行くゴルフ場の仲の良いキャディさん達とのコンペ。

 

一緒に回ったミッチーは、

キャピキャピ系ゴルフ女子ではなく、

趣味系ゴルフ女子でもなく、

セミアスリート系ゴルフ女子である。

 

カワイイだけじゃなく、

真っ白な生足が眩しいだけじゃなく・・・

ゴルフも上手いのだ!

(つい生足チラ見してしまう)

 

ドライバーは飛ぶし、

アイアンは真っ直ぐ飛ぶし、

ライン読みは正確だし、

なにより決断・行動がめちゃ早いのである。

(素振りしないし、ライン読みも一瞬。私の倍以上早い)

 

オ、

 

オ、

 

オジサン、いいところ見せなくっちゃ!

 

 

と思ったつもりはなかったのだが、

 

きっと私のチンコは敏感に反応してしまったのだろう(笑)。

 

ドライバーは全引っ掛け。

スプーンを持てばフック。

アイアンも左ズレ。

アプローチはダフるし、

パットは入らねーわで、

 

久しぶりに叩いちゃったよトホホ。

 

 

OUT48、IN46の94。

 

前半・・・朝イチのティーショットを左に引っ掛けた時点で悪い予感がしてたんだが・・・ティーショットがフェアウェイを捕らえたのは2番だけ。後は左曲がりのダンディーよろしく全弾左へ左へ。当然深いラフからセカンドを打つ羽目に。まあ、それでも上手くリカバーせんといかんのだが、アイアンがこれまた左に行ってしまい、グリーンを捕らえきれず。さらに、前後の距離感も合わずにショートしたりオーバーしたりの繰り返し(最近アイアンの飛距離がよく分からん・・・)。

5番のショートホールは145ヤードを8番で打ったのだが、捕まり過ぎてグリーンオーバーのOB。打ち直しを軽めに打ったら手前のバンカーへ。そこから寄らず、入らず、返しも入らずで3パット。痛恨の7点。最近この手の大叩きを良くやっちゃうわ~(涙)。

 

後半はいきなり右プッシュOBを打ってしまい、チンコ消沈・・・じゃなかった意気消沈。ティーショットをドライバーから3W中心に変えて延命してたんだが・・・ミッチーの生足を見つめながら、はたと気づく。

 

「あ、もしかしたら・・・ずっとスウェーしてたかも」

 

バックスイングでの右膝ロックを意識すると全体的にショットが復活。なるほどね・・・「いいとこ見せたい」「飛ばしたい」って気持ちがスウェーを生み、オーバースイング気味になり、そしてインサイドから下ろせずにずっと外から入ってたんだ・・・。ダフリ気味だったのもスウェーが原因だなきっと。

 

最終18番は、大きな池がグリーン手前までせり出している超難ホール。

 

ピン位置は手前。エッジから10ヤード。

 

今日イチのドライバーショット(遅えわ!)でピンまで残り125ヤード地点に付けた私は、セカンドに9番アイアンでのコントロールショットを選択。感覚的にはPWのフルショット・・・キャリー120ヤードでピッタリだったんだけど、ちょっとでも噛んだり、右に曲げたりしたら池。9番だとオーバーしちゃうかもしれんので(奥からは超下り)、スリークォーター気味で打ったわけさ。

 

 

「あ、ちょっと噛んだかも?」と思ったのだが、それもほんのチョットの話で、いい感じのストレートボールが真っ直ぐピン方向へ。隣で見ていたミッチーも「ナイスショット!」の掛け声。池を超えればナイスオン・・・と思ったのだが、無情にも途中で失速し、ギリギリのところに落ちて・・・

 

池ポチャ。

 

あと2ヤード足らんかったな(笑)。

結局4打目はグリーンオーバーして、寄らず、入らずの5オン2パット。

 

「浅次郎さん、池が手前の時は大きめに打つ・・・あるいは池を避けて左から攻めるのがマネジメントの基本でしょ!」

 

う、

 

う、

 

うるせい!

 

いいところ、見せたかったんだい!

 

 

男が見栄張らねえで

何張るんだ。

テントか?

 

byマイト竿崎

 

私はこの名言が大好きである。

 

今後も堂々と

 

テントを張って生きて行きたいと思う。

 

スポンサードリンク

 

今日の教訓。

・カワイイゴルフ女子と回るとスコアが落ちる。

・男は見栄を張るべからず。テントを張るべし。

 

ちゃんちゃん。

 

次回は挽回しないとね。

 

 

遠ざかったなー。目標。

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc