【80切りを目指すゴルフ】ゴルフのスイングにおいては「ヘッドを走らせる」ことが超重要。そのためには「ナチュラルアンコック(グリップスピードの減速率)」を意識するべきなのだが、これをアマチュアが実践するのは難しい。そこで浅次郎が閃いたのが「トゥダウンインパクト」スイング。横ではなく縦(地面方向)にヘッドを走らせるのだ。

 

ゴルフから帰って来た日曜日の夜・・・

 

「私とゴルフとドッチが大事なの?」

 

 

と言われた時に、

 

「そんなのお前に決まってるだろ!」

 

即答出来ないゴルフバカの皆さん浅次郎ですこんちは。

 

こんな時はね。

 

迷ったり考えたりしちゃダメ。

 

文字通り、

 

一瞬の躊躇が命取り。

 

とりあえずでも建前でも何でもいいから、

 

「お前が一番大事だ!」

 

即答しなければならないのである。

 

女性はその一瞬の躊躇で男の心の葛藤を見抜くから、

即答出来ないと怒り3倍界王拳なのである。

 

しかし男はバカチンだから、

 

「ドッチが大事か?」

 

と問われると、

 

ついつい股間に手をやって考えてしまうのである。

 

しかし考える必要はない。

 

そして本音を言う必要もない。

 

ニコッと笑って、

 

 

「お前が一番に決まってるじゃないか」

 

と言っておけば、女性は安心するのである。

 

これはゴルフに限らず、

 

「仕事」でも

「釣り」でも

「麻雀」でも

「競馬」でも何でも一緒だ。

 

「ドッチが大事なの?」

 

と問われたら即答出来るように常に準備しておこう。

(準備しておかないと即答出来ないぞ)

 

また、

 

「私とドッチが大事なの?」

 

と言葉にはせずとも・・・

 

「態度」で示してくることもある。

 

 

・冷たい態度を取る。

・キッと睨んでくる。

・ネチネチと嫌味を言ってくる。

・ゴルフが楽しかったか聞いてくる。

 

これはドリカムが言う所の

「オ・コ・ッ・テ・ル」のサインなので、

爆発する前に先手を打つようにしよう。

 

具体的には、

 

「今日は何をしたのか?最近何があったのか?」

 

をにっこり微笑んで聞いてあげればOKだ。

(決してゴルフの話をしてはいけない。笑)

 

女性は「話をするとスッキリする生き物」なのである。

(男はウルトラマン、女はシンデレラである)

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

奥様の怒りの収め方を勉強したところで、

 

気持ちよく昇天ゴルフの話をしよう(笑)。

 

よく、

 

「ヘッドが走っていない」

 

と言われますな(笑)。

 

スライス系の球を打つアマチュアの9割は、

「ヘッドが走っていない」と思って頂いてオーケー。

 

 

なんでヘッドが走らないかと言えば、

 

フェースが開いたままスイングしているからであり、

 

なんでフェースが開いたままなのかと言えば、

 

シャフトを上手く使えていないからである。

(フェースを閉じる動きが必要)

 

スライサーは、

アウトサイドインだからフェースが開くのではない。

シャフトを上手く使えずにフェースが開くから

アウトサイドインで打たざるを得ないのである。

 

じゃあ、

どうやったらシャフトが上手く使えるようになるのか?

 

これは個人の感覚によって色々あると思うが、

 

基本的には、

ナチュラルアンコック

(グリップスピードの減速率)

 

が大事なのである。

(復習必須→ナチュラルアンコックについて

 

要は、スイング中に

どれだけグリップスピードを落とせるか?

ってことなんだが、

(ヘッドスピードとグリップスピードは全く違う)

 

多くのアマチュアはグリップを減速させることなく

そのまま力任せにボールを打ってるわけだ。

 

私のナニも、

 

減速させないとスグ逝っちゃうわけだが(笑)、

 

ゴルフでも同じで、

トップスピードのままスイングすると・・・

必ずフェースが開き、

ヘッドは走らず、

ボールはアサッテの方に逝っちゃうのである。

 

まあ、この件は・・・

口で言うほど簡単な話ではないのは私も重々承知。

 

で、

 

何かヒントはないのか?

 

へっぽこアマチュアでもイメージする方法はないのか?

 

と色々試していたわけだが、

 

最近閃いたのがこれだ!

 

「トゥダウンインパクト!」

 

である。

 

トゥダウンってなに?って方はこちら。

トゥダウン現象について

 

 

このトゥダウン現象は、

 

遠心力によってシャフトがしなる時に

自然と発生するわけであるが・・・

 

「シャフトが上手く使えれば、トゥダウンして球が捕まるけんね」

 

みたいなことを、

鬼ヤンベがラウンド中にボソっと言ったわけだ。

 

ん?

 

じゃあ、逆に言うと・・・

 

「トゥダウンさせれば、シャフトを上手に使えるってことか?」

 

と私は考えたわけだ。

 

逆転の発想。

 

で、トゥダウンを意識しながらダウンスイングすると・・・

キレイに球が捕まって飛んでいくのである。

 

どう意識するかというと、

 

ヘッドを横(飛球方向)に走らせる意識じゃなく、

ヘッドを縦(地面方向)に走らせる意識でスイングするのだ。

 

ファッ?

 

何を言ってるのかさっぱりわからないっ!

 

 

という毒者多数だと思うが(笑)、

 

ヘッドを横(飛球方向)に走らせようとすると、

どうしても手首を返す動きが入ってしまうよね?

あるいは右手を過剰に使う動きに繋がるわけだ。

(手首は結果的に返るのが正解)

 

これは、確かにヘッドは走る。

当たれば超ナイスショットも出る。

しかし、ちょっとでもフェースが被れば引っ掛けチーピン。

閉じるのが遅くなればプッシュスライス・・・となるのだ。

 

しかし、トゥダウンを意識しつつ、

ヘッドを縦(地面方向)に走らせるイメージだと、

フェースの向きが安定する上に(手首を返したりしなくていい)、

見事に「グリップスピードが減速」して

ヘッドがビュン!と走るんですな。

 

シャフトを地面方向にしならせるイメージ。

 

 

シャフトをこういう風に

タワませてインパクトするイメージで打つのだ。

 

そうすると勝手にグリップスピードは落ちるのである。

 

そして、大事なのは、

「ボールを打って終わり」とならずに、

そのまま最後まで振り抜くこと。

スイングの通過点にボールがあるイメージで打つといい

 

これはアイアンでもドライバーでも一緒。

 

トゥダウンすれば必ずヘッドは走る!

そして、軽く振っても普通に飛んで行くぞ。

 

スイングの基本は体の回転である。

 

しかし、身体の回転だけだと・・・

開いたままインパクトしちゃうからね。

どっかでフェースを閉じる動きが必要なのだ。

 

そのキーポイントが「ナチュラルアンコック」であり、

今回の「トゥダウンインパクト」に繋がるのである。

 

「球が捕まらないなあ・・・」

「どうしてもフェースが開いちゃうなあ・・・」

 

という方は是非一度試して頂きたい。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

久しぶりに、

 

あつまる阿蘇赤水ゴルフ倶楽部に行ってきたぞ!

 

今回は白ティーでのお遊びラウンド。

 

 

OUT41、IN41の82。

 

先日の試合とは打って変わって好調。

 

ショットはほぼノーミス。

(大きなミスが無かったって意味)

 

シャンクも出なかったしね(笑)。

 

パットのミスは2~3あったが・・・

ま、これはしゃーないわね。

 

しかし、試合に出るようになって・・・

 

・長いPAR3があまり苦にならなくなった。

・PAR4でのボギーマネジメントが出来るうようになった。

・寄せワンが増えた。

 

という点で成長したかな、と思う。

 

試合だとショートホールは大概180~200ヤードだからねー。

以前はヒィィィ!ムリー!と思ってたんだが、

人間、回数こなせば慣れるもんですな。

 

もちろん、

今でも長いPAR3は嫌いだが、

苦手意識はほとんどなくなったと思う。

 

長いPAR4なんかもボギー狙いに徹することで

ダボ・トリを防げるからね。

 

ムリしてグリーン狙って、

バンカー・池・深いラフ・OBってのは、

ある意味・・・アマチュアにとって必然の結果。

 

とにかく我らヘッポコゴルファーは

素ダボ・素トリを打たないことに注力せねばならんのだ。

 

偉そうなこと言ってるが、

私もすぐ素ダボ・素トリ打つけどね(笑)。

 

 

今年の目標はもう絶望的なんで諦めてるんだが、

せめて今年中にもう一回70台を出したい。

来年につなげるためにもねー。

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

 

【80切りを目指すゴルフ】2018年11月2日、阿蘇地区オープンゴルフ大会(阿蘇グリーンヒルカントリークラブ)に参加して来たぜ!意気揚々として臨んだが、シャンク地獄に陥ってズブズブのスコア。予選は通ったのか?足切りラインは?シャンクってラウンド中そう簡単に治らないよねー。ま、こんな日もあるか。

 

「浅次郎さん、最近ブログの更新サボってたでしょ?」

 

という声が聞こえて来るんだが、

 

全くもって、

 

その通りである(笑)。

 

 

なぜサボっていたかというと、

 

仕事が忙しかったから。

 

・・・というのは、

 

本音と建前で言えば建前の方で、

 

本音を言うと、

 

スコアが悪かったんで

 

ブログ書く気が失せていたのである。

 

スコアが悪いと・・・

 

「うえーん。ブログで公開したくないよー!」

 

と思ってしまうのだ。

(記録は全てちゃんとしている)

 

なぜスコアが悪いのかと言えば、

 

スイング改造を始めてから、

色んなことが噛み合ってないからなのだが、

(最近やっと良くなって来た感があるのだが)

 

そんな中、

 

今年最後の試合、

 

「阿蘇地区オープンゴルフ大会」

(熊本地震復興支援ゴルフ競技)

 

に出場して来たぜ!

(熊本県アマは失意の予選落ち)

 

スポンサードリンク

 

予選の会場は阿蘇グリーンヒルCC

 

熊本地震で大きな被害が出た南阿蘇地区にあるゴルフ場だっ!

(とっても苦手なゴルフ場だっ!)

 

ティーグラウンドは青ティー(表示はレギュラー)。

ロングと一部ミドルはフルバック。

(総距離は6700ヤードくらい?)

 

グリーンは最高の状態。

かなり速いんだが、そこまで固いわけではなく、

ボールはちゃんと止まる感じ。

 

結果は・・・

 

 

ズブズブの51、49。

 

なんと・・・

 

よりによって・・・

 

大会当日に・・・

 

シャンク獄長に出会ってしまったのだ。

 

 

前半のハーフで合計・・・

 

6シャンク。

 

1回や2回ではない。

 

6回シャンクが出たのだ。

 

シャンクが出るのは

ウェッジの9時-3時ショット。

(40~60ヤードショット)

 

バックティーから回る場合の私の基本戦略は、

「残り50ヤード地点に刻む」

なのである。

 

グリーンを直接狙うケースは160ヤード以下でライが良い場合のみ。

(ティーショットがとても上手く行った場合)

 

ゴルフはグリーンに近づけば近づくほど危険が潜んでいるのであり、

(バンカー、深いラフ、OBなど)

 

セカンドが200ヤード以上ある場合はもちろん、

170ヤード以上残った場合も、

基本的に残り40~50ヤード地点を狙うのである。

(残り40~50ヤード地点には危険が少ない)

 

我々へっぽこアマチュアが、

170ヤードをアイアンで打ってグリーンに乗る確率なんて、

鬼のように低いからね。

 

つまり、パーオン逃しのボギーオンではなく、

ハナからボギーオンを狙う戦略。

 

この戦略の基本は当然、

50ヤード前後のショットである。

 

50ヤード前後にボールを置くんだから当たり前だよね。

 

このショットに自信があるからこそ、

この戦略が成り立つわけであるが、

 

その自信のあるショットが・・・

シャンクしてしまうのである。

 

ほぼ全てで、である(涙)。

 

シャンク地獄に陥ったことがある方は

「分かる!分かるわー!」

と言って頂けると思うが、

 

この状態になったら、

どう打っても、何度でもシャンクが出るのだ。

 

まず、スタートホールでシャンクが2発。

OB打ってないのにロングでトリプルボギー・・・

という最悪のスタート。

 

しかし、この時はまだ

 

「たまたま出ただけさ~」

 

と軽く思っていたのである。

 

たまたまシャンクが出てトリ打っただけ・・・

とアッサリ気持ちを切り替えていたのだ。

 

だけんどもしかし。。。

 

3ホール目の12番、残り50ヤード、

 

絶好のライから・・・・

 

3打目シャンク。

 

「えっ!まじでっ?」

 

さらに、

 

十分気をつけながら打った・・・

 

4打目もシャンク。

 

「やめろ、やめてくれっ!」

 

 

と、

 

ゴルフ場の真ん中で獄長に懇願した浅次郎。

 

しかし

 

シャンク獄長は厳しい。

 

 

当然だが、

シャンクするとグリーンに乗らねえのである。

 

グリーンに乗らねえどころか

アサッテの方に球が逝くのである。

 

そして今日は遊びラウンドではなく、

 

試合なのだ!

 

結局このホール、素でトリプルボギー。

 

続く13番、残り40ヤード地点・・・

つま先上がりのシャンクが出にくいライで・・・

 

見事にシャンク(OBギリギリ)。

 

奇跡的にワンパットのボギーだったが・・・

 

もう、こうなると恐怖以外のナニモノでもない。

 

当然、シャンク対策の基本は知識として知っている。

原因不明のアプローチシャンクを治す方法

シャンクの原因は何?改善方法は?

アプローチシャンクの原因は手打ち。

 

右足を引いて(クローズドスタンス)で打ったり、

ボール位置をトゥ寄りにしたりしたのである。

 

それでもシャンクが出るのだ。

 

幸い、20ヤード前後のグリーン周りのアプローチは問題なかったので、

 

14番以降は・・・

「50ヤード地点にボールを置く」から、

「ムリしてでも、バンカーに入れてでもグリーンに近づける」

という戦略に変更。

 

14番・15番は比較的短いホールだったんでボギーで切り抜けられたが、

 

16番は425ヤードと長いミドル。

 

必然的に50ヤード前後が残ってしまうわけだが、

 

ものの見事に

 

3打目シャンク。。。

 

ボールは非情にもバンカーへ。。。

 

誰か・・・

 

だれか助けて下さいっ!

 

 

ここはキセキのバンイチで切り抜けたものの・・・

(スペシャルボギー)

 

シャンクが収まる気配、

まるでなしっ!

 

最後のロングホールの3打目・・・

アプローチを打ちたくないばっかりにムリをした浅次郎は、

5番アイアンのショットで左に引っ掛け、、、

OBを打ってしまったのだ。

 

これで前半3個目のトリプルボギー。

 

パーなし(笑)。

 

スポンサードリンク

 

 

結局シャンクの原因は分からずじまいだったのだが、

昼休憩にアプローチ練習場でウェッジを打ってみると・・・

 

全くシャンク出ず。

 

へ?

 

出ないじゃん!

 

治ったのかどうか分からんが、

不安を抱えたまま後半開始。

 

しかし今度はシャンクと関係無い所でミスが出てしまったのだ。

 

1番でティーショット左OB。

2番でバンカーからホームランOB。

 

ぐへえ。

 

悪い時には悪いことが重なるもんで、

この2ホールでチンコシボンヌ。

 

その後はシャンクも出ず、

(何だったんだ一体!)

 

なんとか立て直したものの49。

 

久しぶりに100打っちゃったよまどかー。

 

 

幸い、

 

今回の大会は「予選落ち」「足切り」などは無いらしく、

 

決勝には全員行けるらしい(ほっ)。

 

これは途中経過。結構100打ってる人いるね(笑)。鬼ヤンベはさすがの80。

 

ま、

 

こんな日もあるか(笑)

 

 

ひええ。ココ1年の平均スコアが90超えちゃったよー。

(一応今年の目標は84だったんだが。笑)

 

まあ、言い訳をするなら、

ここんとこずっと青ティーから回っているから・・・

スコアが悪くなるのはしょうがない!

 

と、自分で自分を慰めておく。

 

しかし、

 

もう二度と、

 

シャンク獄長には会いたくないものであるな。

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc