【80切りを目指すゴルフ】スコアを手っ取り早く縮めるには、ドライバーの練習よりアプローチの練習をするべし!アプローチの極意は距離感・ライ読み・リズム。距離感はまず30ヤードを会得しよう!それから実はアプローチで大事なのはスイングリズムとルーティン。素振りをしたらそのまま間をおかずにスパン!と打ってしまえ!

 

ゴルフの上級者は、

 

ドライバー・アイアンの練習はそこそこで、

 

アプローチ・パターの練習ばっかりやっているのである。

 

茜ちゃん、これは難しいわ(笑)。

 

言うまでもないが、

 

家庭平和の肝は、お金とセックスと許す心。

ゴルフのスコアの肝は、アプローチとパター。

 

パーオン2パットのゴルフはそりゃ理想であるが、

現実にはセックスレスの仮面夫婦が沢山いるのであって、

子供が独立したら熟年離婚・・・

なんてケースは今からどんどん増えていくと思う。

 

何の話かって?

 

例えグリーンをハズしたとしても、

例えカチカチのバンカーに入れてしまったとしても、

寄せワンパーを取りに行くが如く、

 

奥様にもアプローチしなさい!

 

って話である。

 

家庭が平和じゃないとゴルフにも行けないしね(笑)。

 

スポンサードリンク

 

・・・というわけで(どんなわけだ)、

 

今日は、

 

アプローチの極意。

 

について話をしようと思う。

 

寄せワンパー、

寄せワンボギー、

無難に乗せて2パットのボギー・・・

 

これが出来るようになれば、

スコアは大幅にアップするのだ!

 

極意と書いたが、アプローチを極めるには膨大な練習と、膨大な実戦での経験が必要であり、そう簡単に上手くなるもんではない。理想は、

 

「手で投げるが如く、感覚で打てる」

 

ようになることである。手でボールを投げる時に「このくらいの強さだな!」とか「このくらいの振り幅だな!」とか考える人はいない。どんな距離だろうと、どんな高低差があろうと、ある程度「勘」で投げることが出来るはずである。

 

アプローチもこういう状態で打てるようになるが理想であるが、実際問題ココまで到達するのは難しい。なぜなら、手とボールとの間には「クラブ」があるのであり、ボールは複雑な「ライ」の上に載っているのであり、人間には「欲」が発生するからである。

 

寄せたい・・・

 

寄せたい・・・

 

寄せて入れたい・・・

 

穴に入れたい!

 

その気持が、

 

浮気心を呼ぶ!

 

・・・じゃなかった(笑)、

 

ザックリを呼ぶのだ!

 

以下は管理人が考える

「アプローチの極意」である。

 

尚、今回の話はグリーン周りの短い10~20ヤードの話ではなく、

ある程度距離がある30~50ヤードのアプローチの話。

 

アプローチの基本を知りたい方はコチラを見てね。

 

参考になれば幸いだ。

 

■アプローチの極意

・距離感(キャリー&ラン)

・ライ読み

・リズム

 

大事なのはこの3つである。もちろん、ヘッドアップするな!とか、スウェー厳禁!とか、グリップは固定せよ!とか、体重移動は極力するな!とか、ボールの位置!とか、フェースの開き方とか・・・注意せねばならんことや技術的なことは山ほどある。それらは置いておいて、まず練習場でやるべきことは「距離感の軸を持つこと」である。

 

【距離感(キャリー&ラン)】

30~50ヤードのアプローチは難しい。フルショットとは違い中途半端なスイングしか出来ないわけで、スピンは掛かりにくいし、高さも出しにくいし、まさに「手で投げる」ような微妙なサジ加減が必要となる。ゴルフ勘で打てればそれが一番いいが、その域に達していないのであれば、やはり距離感の軸を持っておくべきである。

 

・キャリー30ヤード

 

まず、オススメなのが「キャリー30ヤード」の距離感(他に軸となる距離があれば30ヤードじゃなくてもいいが、30ヤードがオススメである)。使うクラブはSWかAWかPW。人によって打ち方も違うし、コックの入れ方も違うし、スイングスピードも違うから一概には言えないが、例えば、

 

・AW、左腕7時の振り幅→キャリー30ヤード

 

 

といった距離感を一つだけ作っておくのである。もちろんSWでもいいし、PWでもいい。スイング幅の基準は、左腕の位置ではなく、シャフトの位置でもいいが、実際に打つ時にシャフトが何時方向を向いてるなんて分からんから、左腕の位置で加減することをおすすめする。左腕ってのはスイング中も視界の中にあるから分かりやすいのである。アマチュアのアプローチのミスの大半は「オーバースイング→打つ時に緩む」のが原因。振り幅を決めてしっかり身体で打つようにしよう。

 

で、この「キャリー30ヤード」の練習を徹底的にする。練習場には大概30ヤードのフラッグがあると思うが、その30ヤードにキャリーするように練習を重ねるのだ。ランの計算はとりあえずしなくていい。とにかく「キャリー30ヤード」。これをキッチリ打てるようになるまで練習しよう。

 

「キャリー30ヤード」が正確に打てるようになれば後はそう難しくない。

 

同じ振り幅でAW→PWにすればキャリーが伸びるし、

同じ振り幅でAW→SWにすればキャリーは落ちる。

フェースを開けば止まりやすくなるし、

フェースを立て気味にするとランが出やすくなる。

 

ボールの位置でも変わるぞ。

 

要は、「30~50ヤード」の距離は、

同じ振り幅・同じ打ち方で、打ち分けが可能だってこと。

 

例えば、エッジまで23ヤード、ピンまで7ヤードなんてケースでは

同じ振り幅、SW、フェースを若干開く・・・打ち方は一緒。

と言った感じで対応出来るのである。

 

もちろん、同じクラブで

振り幅を変えて打ち分けしてもオッケー。

(この練習も平行してやった方がいい)

 

しかし、まずは、

軸となる距離感を持っておくのが第一である。

 

【ライ読み】

距離感とともに大事なのが「ライ読み」である。まずボールのある場所のライ。それからボールを落とす場所のライ。同じフェアウェイでも花道からのアプローチとバンカー超えのアプローチでは全く違うわけで、同じラフからでもその深さによって使うクラブを変えなければならないし、ランの距離も変わるし、落とし場所の傾斜によっても全く違うアプローチになるよね。

しかしこれは千差万別で、全てのパターンをココで記載するのはムリ。こればっかりは経験を積み、そのパターンを一つ一つインプットしていく他なし。大事なのは「考える」ということである。アプローチがなかなか上手くならない人は、どんなライでも、同じアプローチをし、同じミスを繰り返し、反省することがない。

 

ミスしてもいい。

反省して次に活かせばいいのである。

 

ポイントは「落とし所」。30~50ヤードのアプローチでは、ピンの位置や傾斜を大体において把握出来るわけだから、落とす場所を明確にイメージしておこう。そして球の高さや落ちてからの転がりまでイメージして打つといいぞ。

 

【リズム】

実は、アプローチで最も大事なのはリズムである。距離感オッケー!ライの確認オッケー!あとは素振りと同じように打つだけ・・・ってところで、

 

チラッとピンを見る・・・

目線をボールに戻す・・・

そしてアドレスを確認して・・・

もう一回ワッグル・・・

 

多くのアマチュアはこうやって打つわけだが、そうすると多くの人が素振りよりもオーバースイングになってピンをオーバーしてしまうのである。あるいは、インパクト時に緩んで大ショート。あるいは、手前に突き刺さって痛恨ザックリ。あるいは、カツン!と当ってしまって涙のドトップ。

 

これらの多くは・・・「リズムがおかしくなった」せいで起きるミスである。ある程度バックスイング出来るドライバーやアイアンのショットはリズムが取りやすいのであるが、ちょっとしかバックスイングできないアプローチは、実はリズムを取るのがヒジョーに難しく、手打ちになりやすいのである。さらには「寄せなければ・・・寄せたい・・・」という欲が発生するため、素振りよりもバックスイングが大きくなりやすいのだ。

 

「そ、そう言われれば・・・」

 

と思ったゴルフオヤジ多数だと思うが、

 

ココでおすすめなのが、

 

 

素振りをしたら、

 

 

何も考えずにさっさと打つ!

 

という黄金のラフ的思考方法である。2~3回シュッ!シュッ!と素振りをするわな?そしたらもうピンは見ずに、そのままボールの前に立ち、素振りのイメージのまま、迷わずスパン!と打ってしまうのである。

 

「シュッ!シュッ!(構えて)スパン!」

 

イチ、にぃ、の~(構えて)、さん!って感じのリズムね。アドレスに入るまでは時間を掛けてもいいけど、アドレスして素振りをしたら、素振りの残像が消えない内にさっさと打つのだ。この方法だと素振りと同じようにスイング出来るので、ダフったり、トップしたり・・・ってミスはほぼ出ない。もし、これで距離が合わなかったら距離感のミスだし、方向が違えばアライメントのミス。このリズムで打つと、致命的なミスは出ない。おすすめの方法である(一応言っておくが、ミスしない人は普通のルーティンで打っていいからね)。

 

一旦、間をおくから

素振りと違うリズム・違う振り幅になってしまうのである。

 

素振りのイメージのまま、

リズムよく打つように心がけよう。

 

アプローチのルーティンは決まっているから変えられない!って方もいると思うが、是非一度試して見て欲しい。

 

というわけで、

 

アプローチの極意は、

 

・距離感(キャリー&ラン)

・ライ読み

・リズム

 

である。距離感とライ読みは練習と経験が必要であるが、リズムの取り方はすぐにでも実践出来る方法である。まずは練習場で試してみてくれ。

 

それから、

 

奥さんへのアプローチも忘れずに(笑)。

 

 

さて、

 

今回は熊本空港カントリークラブの早朝ラウンドに行って来たぜ!

毎年バンテリンレディースが開催されてるトーナメントコースだが、

夏の早朝は格安ウッシッシ!でラウンド出来るのである。

(ロッカーなし、セルフで6,700円)

 

この日はスタートしてすぐ雷+大雨。

サイレンが鳴ったので中断し、クラブハウスに戻る。

もうダメかと思ったが30分後に回復し再開。

 

ものすごい雨だったが、さすがは熊本空港CC・・・

水はけ最高でグリーン上はほぼ雨の影響なしであった。

ラフやバンカーはヌレヌレのグチョグチョだったけどね。

 

 

OUT43、IN42の85。

 

今回も高麗グリーン。前回は剛毛激遅であったが、この日はジュニアの大会があったため、多少速めの設定だったようである。個人的にはちょうどよい速さ。打った分だけキレイに転がる感じでパット数は27は我ながらスゴイ(セカンドが乗らなかっただけとも言えるが。笑)。アプローチも非常に良くて寄せワンパーが6発。

 

反省は14番の素トリ。水たまり際のバンカーショットを2回ミスしたんだが(バンカーの多くは水たまりになっていた)、こういうミスは出来るだけ減らしていかねばならんな。締まった固いバンカーは普通にフェース開いて打つと跳ねちゃうな。しかしピン近かったからなあ・・・いずれにせよ脱出優先で打つべきだった。

 

名物18番はティーが前で、実質460ヤードくらいの短いPAR5。ドライバーがナイスショットだったため、ツーオンチャレンジ。残りはエッジまで170ヤード、ピンま190ヤードちょい。ただしグリーンの手前には池。7Wを振り抜いたのだが・・・ベントグリーンの奥にナイスオン。そっちじゃねーし(笑)。

 

まあ、空港で85なら上出来か。

 

 

アプローチは結果に直結するけんな。

練習の半分くらいアプローチで良いと思うぞ。

(自分に言い聞かせる。笑)

 

しかし、目標平均スコア(86)まであと少しのところまで来たな・・・

 

モウチョイ。頑張ろう。

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

【80切りを目指すゴルフ】冬の枯れた薄い芝でのアプローチは、ザックリ、トップのミスが出やすい・・・対処法、対策はある?最も簡単なのはヒールを浮かせたヒールアップアプローチ!短く持ってヒールを浮かせてパターみたいに打つだけ!問題は距離感だが、これはアプローチ練習場で練習あるのみ!

 

今回、久しぶりに熊本南カントリークラブに行ってきたのである。

 

そしたらもう・・・

コース内の至る所で修理地だらけ。

 

 

2016年4月の熊本地震の影響かと思ったら、2016年6月の土砂災害の影響らしい。

 

フェアウェイはディボットだらけ、砂だらけの上に、

 

芝が枯れて薄々。

 

コンドームが薄々のヌルヌルなのは大歓迎であるが、

芝の薄々と髪の薄々は勘弁してほしいズラよ。

 

で、序盤はアプローチのミスが続発。

トップしたりダフったり・・・。

 

そんな私に鬼やんべが一言。

 

「こういう時こそ、ヒールを上げて転がすべし」

 

あ・・・!

 

あれか・・・!

 

ヒールアップアプローチ

 

そう、思い出した!

 

私がまだアプローチの本格的練習を始める前に頼っていたアプローチ術。

 

・ヒールを浮かせてハンドアップ。

・短く持つ。

・後はパターのように打つだけ!

 

というマジで簡単なアプローチ術である。

 

このヒールアップアプローチは、

こういった枯れた冬の芝に最適。

 

なんせ接地面がソールのトゥ側のみになるので、

ほとんどダフルことがない。

(ヘッドアップに注意するだけでOK)

 

距離感が難しいと言えば難しいのだが、

52度なら1:1、PWなら1:2でいい感じ。

 

スコアは・・・

 

 

IN49、OUT43の92!

 

も、もう90台は打てないって書いたそばから。。。(涙)

前半はアプローチのミスが響いてストリが2回・・・。

またアンラッキーなOBもあってスコアを崩してしまった。

 

後半はなんとか持ち直して43。

大プッスラOBを打ってしまったのが反省点。

 

この日のスイング。これはOUTの1番。

 

 

推定飛距離260ヤードのナイスショットがフェアウェイ中央へ。

残りは上りの200ヤード。

5Wでツーオンを狙ったが、引っ掛けてトラブル・・・orz(反省)。

 

最近、ドライバーが安定して飛ぶもんだから、

短いロングだとツーオンを狙うことも多くなったが、

欲が出るとロクな結果になりませんなー。

 

でもツーオン狙いたいし・・・(笑)。

 

スイングチェック。

 

ちょっと右を向いてるような気がするが(笑)、軽いドローを打つつもりのアライメント。しかし、いつの間にかハンドアップ気味になってるやんけー!(←すぐ元に戻ろうとする)

 

トップはまあいいんじゃね?

 

もっとクラブを立てて降ろしたいのだが・・・難しいなあ。

 

インパクト。頭は残ってるし、右肘はちゃんと曲がってるし、なかなかいい感じ。ただ、もうちょい回転出来るようになりたい!

 

このくらいね(いつ見てもすげー!)。

 

フィニッシュ。まあまあかな。

 

最近、ドライバーの調子がいいんだが、

同時に、OBも1~2発打ってしまう。

 

毎ホール同じように打つことの・・・なんと難しいことよ。

 

さて、

 

平均86を目指して頑張るぜ!

 

 

厳しィィィ!

 

 

スイングを変えずに上手くなる?甘ゴルファーが10日間で学ぶゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【80切り目標ゴルフ!】70台を出すために必要なのはアプローチ!ドライバー、アイアンが良くなって来ると・・・次のステップはアプローチに移るわけだが、10ヤード、20ヤードのグリーン周りアプローチの距離感の出し方は?手打ちでいいのか?体重移動は?ザックリ、トップを防ぐには?体の回転を使って打つべし!

 

今まで、アプローチの練習は、

練習場の打席でグリコのオマケ程度にやってたわけだ。

 

オマケ程度の練習量・・・

その上、当然人工芝の上にあるボールを打つわけで、

これはフェアウェイからの距離感(キャリー)を養う上では役に立つが、

 

実際に打つ事が多い・・・・

 

ラフからのアプローチ

 

・ラフからのアプローチ

・グリーン周りからのアプローチ

 

には、全く役に立たんことが判明。

(気付くの遅いわ!)

 

特に!

 

グリーン回りの10ヤード、20ヤードのアプローチは、

練習場の打席でいくら練習しても、

全くと言っていいほど上達しない。

 

なぜなら、

グリーン周りのアプローチでは、

平らなライというのはほとんどないのであり、

ランがどのくらい出るか?が最重要なのであり、

打席からは一切これが分からんからだ。

 

そしてランがどのくらい出るか?は、

 

・ライの状態(芝の深さ、傾斜)

・使用クラブ

・打ち方

・落下地点の傾斜

・グリーンの速さ

 

で大きく変わるのであるからして、

実際のグリーンを使って練習しないと上達しないのである。

 

で、

 

行きつけの託麻インターゴルフ練習場には、

ネットの裏にアプローチ練習専用のグリーンがある。

 

託麻インターゴルフ練習場アプローチグリーン

 

お世辞にも綺麗なグリーンとは言えないが、

練習場利用者は無料で利用出来るので亀仙人パフパフである。

 

パフパフ

 

目標は、

 

・10ヤードアプローチを1m以内の距離に寄せる!

・15ヤードアプローチを2m以内の距離に寄せる!

・20ヤードアプローチを3m以内の距離に寄せる!

 

これが出来るようになれば、

寄せワンの確率がチュミミーン!と上がるわけだ。

 

今まで、寄せはテキトーであった。

テキトーな寄せが寄るわけもなく、

ザックリ、トップ・・・結果大オーバーして3パットなんてこともザラ。

 

これが寄せワンになれば・・・・

いや、せめてワンパット圏内に寄れば・・・

3パットは失くなる(はず)、

スコアは大幅に改善される(はず)なのである。

 

というわけで、

80切りを果たすために、

今後はグリーン回りのアプローチの練習に重点をおこうと思う。

 

まず距離感(キャリー&ラン)なのだが・・・

 

みんな、グリーン回りの10ヤード、20ヤードアプローチは、

 

手打ち?

体重移動させる?

体の回転で打つ?

 

まあ、人によって色々だろうけど、

私は「手打ち」で打ってたわけよ。

パターで打つみたいに、体はほとんど動かさずにササッと払う感じ。

体重移動もほとんどなし。

これは、そう難しくない上に、ライが良ければ上手く行くことも多々ある。

大怪我の少ない打ち方である。

 

しかし!

 

手打ちはラフや傾斜地からのアプローチだと、

 

ザックリで大ショート!

強く入って大オーバー!

 

というミスが度々起きるわけ。ヘッドが抜けずにダフリ・・・ラフに負けまいと力が入ると大オーバー。そしてスピンは全くかからない。上手く行ったとしてもマグレなのだ。

 

理由は、腕や手首で力の調節をしているから。

 

アイアンもパターも同じであるが、距離感を腕の力の調整でするのは難しい。出来ることなら、距離は振り幅で調整したいところ。そのために必要なのは「腕の力を抜いて一定のスピードで振る」である。

 

しかしそうすると逆目のライに突き刺さったり、深いラフに負けて緩んでしまったりして・・・インパクトが一定しない。で、色々と調べて「これだ!」と思ったのが、

 

体の回転でアプローチ!

アプローチは体の回転量を意識するのが極意

 

アプローチの大原則は、

いつも体の正面に

クラブヘッドがあるように振ること!

 

 

これだー!

 

アプローチも回転で打つイ・ボミ

 

これはグリーン横の鬼ラフ逆目の例であるが、

グリーン回りのアプローチで・・・

これだけ体が回転しているのである。

 

アプローチも回転で打つイ・ボミ2

(手打ちだと打って終わりになりやすいけど、体が回転するとヘッドが抜ける!)

 

体の回転で打ってるから・・・

「鬼ラフ」にも負けずに柔らかい球が打てるのだ!

動画の中でイ・ボミも言ってるのは、

 

・バックスイング大きめ(ラフが深い場合)

・ゆっくり(←これが重要)

・グリップはしっかり(でも固まらないように)

 

あとは、短く持ってフェイスを開いて体の回転で打つ!

 

打つべし!

 

体の回転で打つべし!

体の回転で打つべし!

体の回転で打つべし!

 

体の回転で打てれば、

インパクトの強さ・角度が安定するため・・・

距離も一定になるし、

ラフにも負けないし、

当然、ザックリ・トップのミスが激減する!

 

上から見てみる。アドレスはこう。

アプローチも回転で打つイ・ボミ5

 

インパクト後はこう。

アプローチも回転で打つイ・ボミ6

 

正面から見てみよう。

 

アドレスがこう。

アプローチも回転で打つイ・ボミ7

 

インパクト後がこう。

アプローチも回転で打つイ・ボミ8

 

オッパイも回転している・・・

 

体の回転でアプローチしているのがよく分かる。膝の向き、胸の向き、非常に参考になるな!あとフォローのフェース面は上ですな。体重移動はほとんどなし。

 

この「体の回転で打つ」というのは

5ヤードのアプローチでも50ヤードのアプローチでも、

ラフでもフェアウェイでも一緒。

(もちろん、ドライバーでもアイアンでも一緒)

 

距離感は人それぞれ違うだろうけど、

基本は同じなのである!

 

じゃあ、ランニングアプローチだと?

 

 

アドレスがこう。

アプローチも回転で打つイ・ボミ4

 

インパクトがこう。

アプローチも回転で打つイ・ボミ3

大きくは回転していないが、膝の角度、肩の位置、体の向きがアドレス時と違っているのが分かると思う。パターの打ち方とは全然違う。そして、左肘の角度に注目!グリーン周りで引っ掛ける!という方は多いと思うが(私もそうだがインに振りぬいてしまったり、ラフの絡んでフェイスが返ってしまう。笑)、短いアプローチでは左肘を抜いて、目標方向に真っ直ぐ出した方がミスが少ない・・・。

 

アプローチも回転で打つ藤田光里

藤田光里選手のアプローチ。インパクトでこれだけ体が回転している。

 

しかし、手打ちに慣れてる自分としては・・・

短い距離で体を回転させるのは、

キャバクラにハマってるのがバレて怒った嫁と同じくらい恐ろしいのである。

 

ま、練習して克服するのみだな!

(嫁には謝るしかないな!)

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

前置きはこのくらいにして、

 

(前置きだったんかいィィィ!)

 

今日は、熊本地震で被害を受け・・・

やっと仮オープンした阿蘇大津ゴルフクラブに行ってきた。

OUTはまだ修理中・・・この日はINラウンドを2回。

 

残念なことに、辛い梅雨のずぶ濡れ雨ゴルフ。

 

阿蘇大津ゴルフクラブ20160703スコア

 

IN48、IN46の94。

 

うーむ。前回のパーオン9回はなんだったのだろうか(笑)。

 

まあ、今日もショットは悪くなかったのだが、

ドライバーはちょっとフェアウェイを外れ(今日のラフは雨+鬼で辛かった)、

アイアンもグリーンを外れ、

もちろんアプローチは寄らず(笑)、

パターはズンドコ外れで38パット(ヒィィィ!)。

 

普通に短い距離のパターが入れば4~5打は縮まったと思うのだが・・・

ま、こういう日もある。しょーがなし(パターの練習をしろっ!)。

 

あと、ショートアイアンで引っ掛けトッピングOB打ったのが痛かったな。

打ち直しがベタピンだったので尚更(反省)。

 

今日のスイング。

 

 

このショットは出球は良かったのだが、フックが掛かり過ぎて左のバンカー手前ラフへ・・・。今日はラフからのショットばっかりであった(笑)。

 

インパクト・・・ドライバーもまだまだ手打ちであるな(笑)。

浅次郎20160703インパクト

 

イ・ボミのインパクト2

これが理想のインパクト。イメージを頭の中に叩き込んでおく。

 

ま、課題はやはりグリーン回りである。

 

鬼やんベから秘伝のウェッジを奪い取った譲り受けたので、

 

鬼やんベウェッジ

ClevelandのCG15(58度)、CG17(52度)。

 

これを用いてアプローチの練習に励みたいと思う。

 

スコア分析20160703

 

平均80台の道は険しい・・・。

ここから平均スコア2下げるのは並大抵じゃない。

 

が、絶対諦めないぜ!

 

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

【アプローチ練習法】スコアアップの秘訣はパターとアプローチ!分かっちゃいるけどドライバーの練習ばかりしているそこのアナタ!(私も含め)今日は、目からウロコのアプローチを紹介します。超簡単!必殺ヒールアップアプローチ!これで花道からのダフリ、深いラフからのザックリ解消!

 

分かっちゃいるけどヤメラレナイ!

 

今日も明日も明後日も、

 

ドライバーの練習ばっか。

 

託麻インター練習場

最近は練習場の250ヤード表示に届くようになりました~

 

これは私のことでありますが(笑)、

きっと似たような方多いと思います。

 

私の練習の比率は・・・

 

ドライバー・・・50%
アイアン・・・30%
ウッド・・・5~10%
アプローチ・・・5~10%
パター・・・0%(笑)

 

という感じ。

 

いや、

 

ドライバーなんて

チョビっとでいいのは分かっているのです。

アプローチこそ練習せなアカンのは分かっているのです。

でも気付けば・・・

ドライバーの練習をしているのです(笑)。

やっぱ皆が見ているティーショットは、

真っ直ぐビシっと、かっ飛ばしたいですもんねえ。

 

だけんどもしかし!

 

スコアアップに必要なのはドライバーじゃなく、

パターとアプローチ!

 

何故かといえば、

我々アベレージゴルファーは

パーオンなんてそう簡単にしないのだから、

必然的に毎ホールアプローチをする羽目になるからです。

 

パターが大事なのは言うまでもありませんが、

じゃあ練習しろ!

 

我々アマチュアゴルファーに取っては

アプローチの上手さがゴルフの上手さだったりするわけです。

 

よくいるでしょ?

ドライバーもそこそこ。

アイアンもそこそこなのに、軽々と80台前半で回る年配の方とか。

そういう人って例外なくアプローチが上手いですよね!

 

で!

 

浅次郎も本格的にアプローチの練習を始めたわけです。

 

ドライバー・・・20%
アイアン・・・30%
ウッド・・・5%
アプローチ・・・50%
パター・・・0%(笑)

 

今の練習比率はこのくらい。

 

で、私のアプローチの一番の悩みは、

 

「ザックリ」

 

ザックリ

 

花道の絶好のライからザックリ。

グリーン周りからザックリ。

逆目のラフからザックリ。

 

特に、寄せパーが狙える所からのザックリはホントガックリですよ。

 

で、色々とアプローチ法を探していたのですが・・・

 

いや、ケンゴ本田・・・コレマジでいいわ!

 

 

この動画で説明しているアプローチは3種類ですが、

 

最初に説明しているランニングアプローチは、

 

マジで簡単。

そしてダフりません!

 

ランニングアプローチ1

 

ポイントは一つだけ。

・ヒールを浮かして短く持つ!

後はパターみたいな感じで、真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出すだけ!

 

すると、

接地面がトゥ側のみになるので(線から点になる)、

ソールの抜けが半端なく良くなり、

ダフることがほとんどないのでーす!

 

ランニングアプローチ2

 

しかも真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出すだけなので・・・

方向性が抜群に良い!

 

コツは、

接地面のトゥ側で、

ボールの先の芝をシュパッと刈り取る感じ。

(つまりダウンブローにヘッドを入れる。これでトップの心配もない)

 

アプローチのダフリを防ぐ

ボールの先に置いたコインを刈り取るイメージ。

 

何でも名付けるのが好きな私は、

ヒールアップアプローチ!

と勝手に呼ぶことにします。

 

ただし!

このショット、ダフりませんが・・・

距離感が難しいです。

 

この動画では距離感については解説ありませんが、

 

バックスイングを

9時まで上げると・・・キャリー30ヤード

8時まで上げると・・・キャリー20ヤード

7時半まで上げると・・・キャリー10ヤード

 

という感じになりました(PWです。私の練習場での感覚です)。

この距離はフェースの「芯」でヒットした場合。

 

ちなみに、フェースの「芯」を外して打つと

力のない球になり、距離も若干落ちますし、

ボールが止まりやすくなります。

この「芯外し」もトゥ側にボールをセットするだけ。

マジで簡単に出来ます!

 

ランがどのくらい出るか・・・これが難しいのですが、

グリーンや傾斜によって違いますので何とも言えませんが、

芯に当たると結構転がります。

 

9時ショットで普通のグリーン面に落ちれば、

キャリーで30ヤード、ランで20~30ヤードは行くと思います。

(普通のグリーンだとオーバーする)

ピンが奥の時とか、上りの時に使えそうですけどね。

 

ランの距離感については

練習場では分かりませんので実践あるのみ。

良かったらランの距離も測っておくといいでしょう。

 

ランをあまり出したくない場合は、

SWやAWで打つと転がりが押さえられます。

(それでも結構転がります)

 

グリーン周りとかピンが近い場合はSWがいいです。

そしてSWで芯外しをすると・・・スピンが効いたかのように球足が遅くなります。

(テクニシャンみたいに見えるけど簡単です)

 

とにかく!

グリーン周りでダフるのが怖い方は、

このヒールアップアプローチを一度お試しあれ!

めっちゃ簡単ですから!

 

これダフるな。

 

って思われることも減りますよ・・・きっと(笑)。

 

次のラウンドで実践するぜー!

 

スイングを変えずに上手くなる?10日間ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc