【80切りを目指す浅次郎のアマチュアゴルフ講座】アプローチでダフったり、トップしたりするアマチュアはとても多い。そのミスの原因のほとんどは「手打ち」。じゃあ、手打ちにならないようにアプローチをする方法は?短い距離でスピンを掛ける方法は?大事なのはヘッドの重さとリズム。ピュアヘッドスイングでユックリと振ろう!

 

グリーン周りのアプローチで、

ダフったりトップしたりするアマチュアは

とても多いですな。

 

せっかく花道まで来たのに・・・

 

カツン!とやって奥のバンカー(最悪)。

 

あるいは、

 

バンカー越えのアプローチで・・・

 

ビビってダフってバンカー(涙)。

 

なんてことは日常茶飯事。

 

1ラウンドに2~3回はやっちゃう(てへっ)!

 

 

って方はとても多いと思う。

 

ってことはだよ?

 

これを改善するだけで、

 

1Rあたり2~3打・・・

 

いや、

 

ミスってトラブルになることも考えたら、

 

4~5打は変わる!

 

ってわけだよ。

 

日頃から・・・

 

日頃から嫁さんの機嫌を取っていれば、

 

いざという時に助かるのと同じだ(何が)。

 

スポンサードリンク

 

アプローチの基本は・・・

 

この動画が分かりやすいな。

 

 

①安全策を取る(ダフリ・トップを避ける)

②距離感(適当でいい)

③テンポ(リズム)

 

うん。これだけでアプローチの大きなミスは防げると思うねー。

 

しかし、実際のラウンドでは、

 

鬼ラフだったり、

急傾斜があったり、

バンカーやハザードのプレッシャーがあったり・・・

 

で、そう簡単には行かないよね。

 

そして、

 

「浅次郎さん、基本的なことは分かってます!それでも・・・なんか知らんけど時々ミスが出るんです!」

 

という中級者の方も沢山いると思う。

 

そういう方の原因はおそらく・・・

 

「手打ち」である。

 

「いや、私は手打ちじゃありません!」

 

という方もほぼほぼ・・・

 

「手打ち」が原因である(キビシー!)。

 

なぜなら、

手打ちこそ大ミスの原因なのであり、

手打ちじゃない人はそもそもミスをほとんどしないのだ。

 

プロや上級者が大ダフリや大トップをするか?

 

 

いや、しないっ!

 

我がゴル友の鬼ヤンベ(ハンデ5)などは・・・

アプローチでトップしたりダフったりするミスなんぞ、

ほとんど見たことない(年に2~3回あるかな)。

 

トップしたぁぁ!!!

 

と思って喜んでたら(←性格悪い)、

 

キュキュキュ!っと止まってベタピン・・・

なんてのばっかりである。

 

今年は沢山試合に出たが、

やっぱり上手い人はアプローチも上手くて、

トップしたりダフったりする人なんてほとんどいないのである。

 

いや、

手打ちは絶対ダメ!

ってことではないよ?

 

特にグリーン周りのアプローチなら

手打ちで十分対応可能である。

 

しかし、

手打ちだと、時に重大なミス(ダフリ・トップ)が出るし、

柔らかい球やスピンの効いた球を打つのも難しいのである。

(特にライが悪いとミスが出易い)

 

手前にバンカーなどがあると、

急に怖くなるのが手打ちの人の特徴(笑)。

 

手打ちだとフワッとした球が打てないからね。

 

 

じゃあ、どうやったら

アプローチの手打ちが改善出来るのか?

 

色んな方法があると思うが、

(人によって合う合わないがあると思うが)

 

私のオススメは、

 

「ゆっくり振る」

 

である。それも、

 

「極限までゆっくり振る」

 

である。

 

極限ってのはどういうことかと言うと、

 

「ヘッドの重さだけで振る」

 

ってこと。

 

ヘッドの重さを感じながらバックスイング。

ヘッドの重さを感じながら切り返し。

あとは慣性と重力でヘッドを戻すだけ。

 

何も足さない。何も引かない。

 

 

ピュアヘッドスイング。

 

グリーン周りのアプローチは飛ばす必要ないよね?

 

せいぜい30ヤード程度の話だから、

 

力も要らないし、

ヘッドスピードも要らないのである。

 

ヘッドの重量と、

位置エネルギー(振り幅)だけで十分。

 

これだと、手打ちになりようがないでしょ?

 

あとは、振り幅とリズム

フェースの開き具合ボールの位置

 

これだけ。

 

しかしこれは言うほど簡単じゃない。

 

やっぱりボールが目の前にあると・・・

タイミングが早くなったり、振り幅を上げ過ぎたり・・・

そして手で打ちに行ってしまうのだ。

 

これは浅次郎の練習風景。

 

 

これでも自分ではユックリ振ってるつもり(笑)。

 

そしてボールを打つとなるとやっぱり・・・

色んなものが邪魔をするんですな。

 

しかし、この打ち方に変えてから、

アプローチのミスはほとんどしなくなったと思う。

(以前は狭い振り幅でパターみたいな打ち方をしていた)

 

いや、正確に言うと、ミスはあるのだが、

多少トップしてもそんなに転がらないし、

多少ダフっても飛んでいくから・・・

大怪我にならないんですな。

 

なにより、上手く打てた時は

ビタッとピンに寄るようになったし、

ロブショットも簡単に打てるようになった。

今ではフワッとした球は得意球である。

 

まあ、アプローチで悩んでる諸兄は

参考にするといいと思う。

 

スポンサードリンク

 

さて、今回は・・・

大好きなくまもと中央カントリークラブに行ってきたゾ!

 

もう今年は試合ないからねー。

普通にレギュラーティーからエンジョイラウンド。

 

 

OUT46、IN41の87。

 

前半はドライバーが荒れて我慢のゴルフ。

こういう時はまさにアプローチが生命線だよねー。

4番でダブルパー打っちゃったんだが、

なんとか耐えて46。

 

後半からショットが良くなってナイスラウンド。

3パットのところでパーが取れてりゃ最高だったんだけど。

ま、こんなもんか。

 

 

もうちょっとOB率を下げんと行かんなあ。

5.6%ってことは1ラウンドに1発打ってる計算(笑)。

来年は3%代にしたい。

 

さて、今年はあと何回ゴルフ出来るかなー。

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

【80切りを目指すゴルフ】グリーン周りの簡単なアプローチで、大ダフリ、カツントップなどの大ミスに涙するアマチュアゴルファーは多いと思う。ミスを防ぐために注意する点は多々あるが、一度「フェース面と右手の平をリンクさせる」を試して頂きたい。リンクさせたらアドレス時のフェース角を意識して打つだけ!

 

花道からの15ヤードアプローチ。

 

あるいは、

 

なんの障害もない、

ふかふかフェアウェイからの

30ヤードショット。

 

こういった、

絶好の寄せワンチャンスで、

 

カツン!とトップしたり、

 

 

思いっきりダフったり・・・

 

 

「ああっ!なんでこんなミスをっ!」

 

と、己を責めた経験は、

 

だれにでもあると思う。

 

 

もちろんミスは誰にだってある。

 

プロだってミスする(たまに)。

 

しかし、

 

「どれだけミスを少なくするか」

 

が、ゴルフという競技の本質であるからして、

 

何の障害もない・・・

比較的簡単なアプローチでのミスは、

最も犯したくないミスの一つである。

 

ワンピン以内にビタッと寄せたい!

 

なんて贅沢は言わない(言いたいけど)。

 

せめて2パット確実圏内に寄せたいよね。

 

では、

 

なぜ、簡単なはずのアプローチでミスが出るのか?

 

ヘッドアップ(打ったボールを追いかける)

手打ち

ボールの位置が悪い

打ち急ぎ(リズムが速い)

距離感が悪い(インパクトで緩む)

 

と色々な原因があるわけだが、

 

そういった技術面の話は置いておいて、

 

私が今気をつけているのは・・・

 

感覚面の話。

 

「右手の平とクラブのフェース面をリンクさせる」

 

 

これである。

 

ボールを実際にヒットするのはクラブフェースなんだけど、

右手の平でボールをヒットするイメージでスイングするわけ。

 

人間の利き手(私の場合右手)って

物凄く器用でね。

 

利き手をフェース面とリンクさせることで、

大幅にミスが減る上に、

狙ったところに打てるようになるわけ。

 

プラス・・・

 

低めに出して転がしたいとか、

スピンを掛けて止めたいとか、

フワッと上げて落としたいとか、

 

そういうことまで器用に出来るようになる・・・

 

かどうかはわからんが(え)、

 

アプローチの理想は、

手でヒョイッ!と投げるように、

打てるようになることである。

 

手でボールを投げるとして、

それが5mであれ10mであれ20mであれ・・・

深く考えて投げる人はいない。

 

大体の感覚で、

ヒョイッ!と投げることが出来るはずだ。

(で、大体その通りの距離になる)

 

それがゴルフボールであれ、ソフトボールであれ、硬球であれ・・・

大体の勘で投げることが出来るのだ。

 

しかし・・・

 

これが利き手とは逆の手(私の場合左手)だと

そうは行かない。

 

距離感も方向性も・・・右手とは比べ物にならん。

 

右手はとても器用なのである。

 

例えば、おな・・・

 

卓球。

 

あれってさ。何も考えずとも、

勝手に右手がフェース面をコントロールして、

スパーン!と打ち返すことが出来るわけよ。

時にスピンを掛けたり、

隅っこを狙ったりも出来るわけ。

 

だけど、左手じゃそうはいかないよね?

 

右手はそれだけ器用だってこと。

 

それを、

 

アプローチに利用しようよ!

 

って話。

 

でも、何故かゴルフでは、

右手の器用さを活かしてない人が多いのだ。

 

これは・・・

 

「右手を使うな」

「左手リードでスイングしろ」

「下半身で打て」

 

といった一般的なゴルフ知識を持っているからだと思われる。

 

もちろんそれはそれで間違っているわけではないが、

 

飛ばすことより正確性が必要なアプローチにおいては、

「右手の器用さ」を利用するべきなのだ。

 

「このくらいの高さで、あの辺にフワッと落とす!」

 

なんてのが

 

手で投げるような感覚

 

で出来るようになったら・・・

 

めちゃくちゃいいよね。

 

 

コツは、

「アドレス時のフェース角度」を意識しつつ、

右手の平でインパクトするイメージ。

 

適当にボールに当てるのではなく、

精密に、全く同じ角度で、

ボールにヒットさせるイメージで打つのだ。

(右手はこれが出来る!)

 

もちろん、

全く同じ角度で当てることなんて不可能だけど、

それに限りなく近づけることで、

 

トップしたりダフったり、

あるいは、高く上がり過ぎたり、

低い球になったりするのを防ぐことが出来るのだ。

 

ま、今回の話をまとめると・・・

 

 

右手の平とフェース面をリンクさせる・・・

 

って感覚的な話だけ、なんでね。

 

是非これを意識して練習してみてちょうだい。

 

スポンサードリンク

 

さて。

 

今回は熊本空港カントリークラブに行ってきたぞ。

 

 

IN45、OUT43の88。

 

高速高麗グリーン。白ティー。

 

ご覧の通り・・・この日はドライバーが左右に散ってねー。

左右に散るとバンカーや林の餌食になるのがこのコース。

 

さらにアイアンの調子もイマイチで、

パーオンどころかボギーオン出来ないことも芝芝。

 

なんとかアプローチとパターで凌いで

ボギーボギーボギー・・・

 

という我慢汁ゴルフ。

 

しかし大きなミスは全然なくてね。

 

ミスったのは・・・

8番で50cmのパットを外したのくらい。

(下りだったんでソロっと打ったら切れた。笑)

 

うーん。

 

大人になったのか、

 

小さくまとまってるのか、

 

よく分からんが、

 

万里の道も一歩一歩進んでいく他ないですな。

 

 

今年も残り3ヶ月・・・もう、「今年の目標:平均スコア84」は不可能な数字になってしまったが(涙)、パット数が徐々に減りつつあるのは良い傾向ですな。平均パット32~33にしたいね。

 

さて、練習行こうっと。

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

【80切りを目指すゴルフ】本格的なスイング改造に取り組み始めて2ヶ月。以前と大きく変わったのは「グリップ」「リズム」「踵体重」。9時-3時のリズムショット(ビジネスゾーン)を徹底して練習してるんだが、劇的に変わったのが50ヤード前後のショット。いわゆる「死んだ球」(棒球)がホワーっと飛んで寄せワン連発!距離もバッチリ!

 

今日、早朝ゴルフに行ってきたんだけどね。

 

バンカーが大の苦手のブッカケコースケがね。

(↑バンカーに入ったら2ペナ笑)

 

 

「カッキー(浅次郎)のブログでバンカーの打ち方見たよ!」

 

って言うわけよ。この記事のことね。

アマチュア用簡単なバンカーショットの打ち方

 

て、てめえ!

 

これは・・・

 

テメエのために書いた・・・

 

4ヶ月前の記事じゃねえか!

 

 

このやろう・・・

 

今になってやっと読みやがったわけか・・・

 

怒りのあまり亀頭がプルプルと震えたんでね。

 

晒し動画を作ってやった(笑)。

 

 

うへー!カッコ悪っ!

 

もう一回記事読んで練習しとけいー!

 

さてと。

 

話は変わるんだが、

 

大幅なスイング改造を始めて2ヶ月。

 

この間、KATOリュウケン師範に教えて貰ったのは、3点。

 

・グリップ(右手の親指は添えるだけ)

・スイングリズム

・アドレス(踵重心)

 

細かいことは何も教えてくれんのだが(笑)、

大事なのは基本ってこと(多分)。

 

で、

 

来る日も来る日も、

 

シャフト9時-3時のリズムショットの練習。

9時-3時のビジネスゾーンの重要性はこちら

 

「手は一切使わない」

「一定のリズムで」

「スイングは一つしかない」

 

ということをケツの穴に銘じつつ、

 

9時-3時のリズムショットの練習。

 

コツは、

限りなくゆったり。

グリップエンドは常にヘソを指す。

右足→左足と足踏みするイメージ。

 

これで劇的に変わったのが・・・

 

50ヤード前後のショットの精度である。

(アイアンもかなり良くなったけどね)

 

私の場合、

シャフト9時-3時のリズムショットで・・・

 

PWだとキャリー60~65ヤード

52度だとキャリー50~55ヤード

58度だとキャリー40~45ヤード

 

になるんだが、

(この練習ばっかりやってた)

 

これがほぼほぼ正確で、

高さも強さもほぼほぼ同じ。

しかもランがあまり出ずに止まりやすいのである。

 

いわゆる死んだ球(棒球)ってやつさね。

 

ゆっくりホワーっと飛んでトンッと落ちる球。

劇的にスピンが掛かってるわけじゃないのに止まりやすい球。

 

これだと、左右のブレもほとんどなく、

どんどんピンを狙って行けるのだ。

(トップやダフリといったミスもほとんど出ない)

 

まだ、他の距離に広げられていないのだが・・・

30ヤード以内や、

70~100ヤードの距離もこれで打てるようになったら、

さらにムキムキなんじゃないかと思っている。

 

死んだ球についてはまだ謎も多く・・・

私自身よく分かっていない(笑)。

 

・・・ので、また後日改めて記事にしようと思う。

 

スポンサードリンク

 

さて、今回は、

空港周辺地区オープンゴルフ大会の、

決勝第2ラウンドが行われる、

高遊原カントリークラブへ練習ラウンド!

 

当然バックティーからである。

 

メイングリーンだと総距離6870ヤード。

 

へっぽこアマチュアの私には辛い距離なんだが・・・

 

ちょっとずつ慣れて来たかな?

 

 

OUT47、IN46・・・93。

 

このコースで初バックティーだったのだが・・・

 

ショートは長えし、

 

ミドルも大概400ヤード超えだしよぉ・・・

 

やっぱり辛いね。

 

ミスが一つ出ると簡単にダボになるわ。

 

パーを狙うホール、

ボギーで良しとするホールを完全に分け・・・

 

コースマネジメントを徹底する必要アリ。

 

続けて早朝もう一回じゃあ!

 

 

OUT42、IN41・・・83!

(この日はサブグリーンで6692ヤード)

 

ドライバーは7割気分。

 

徹底して林やOBを避け・・・

 

危険なホールは最初からボギー狙い。

 

最も苦手な14番ミドルはもう・・・5番アイアンでティーショット!

(今回ダボだったのは3rdショットのミス)

 

取れそうなホールでパーを狙い・・・

厳しいコースは徹底してボギーオン狙い、あるいは寄せワン狙い。

 

ミスが出たホールはダボになっているが、

寄せワンパーが4つも取れて納得のラウンド。

 

本番決勝でもこんなラウンドが出来ればいいんだけどなあ・・・。

 

 

うん?

 

バックティーから83は今までのベストかもしれんな。

 

本番は緊張するんでこうはいかんだろうけど・・・

あと2回は練習ラウンドやりたいなー。

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【80切りを目指すゴルフ】アベレージゴルファーが苦手とするショット1位は「バンカーショット」じゃないかと思う。というわけで、アマチュアゴルファー用の簡単なバンカーショットの打ち方をおさらいしておこう。バンカーでのフェースの開き方は?距離感の出し方は?打つ時のイメージは?これが出来れば簡単にバンカーを脱出出来る!

 

「バンカーなんて嫌いだァ!」

 

というヘッポコなアマチュアゴルファーは多いと思う。

 

特に、

 

こういう状況だともうお手上げだよね。

 

 

ブッカケコースケ:「見てよカッキーこれぇ!」

浅次郎(カッキー):「ぶほっ!それはムリ!アンプレアブルした方がいいかも」

ブッカケコースケ:「いや、出ないだろうけど、打ったら後ろに転がるんじゃね?」

浅次郎:「う、埋まるかもよ???」

 

これ、画像だと分かりにくいが、

2mくらいある鬼高アゴバンカーの頂上付近なのである。

 

当然出ずに大叩き。

 

チーン。

 

これは別のシーンでのブッカケコースケのバンカーショット。

 

 

コースケにとってバンカーは2打罰のハザードである(笑)。

 

まあ、浅次郎も以前はバンカー大嫌いだったのだが、

 

今はむしろバンカー得意である。

 

何故得意かと言えば、

一定期間バンカーの練習をしたからであり、

 

何故バンカーが苦手な人が多いかと言えば、

バンカーの練習をほとんどしてない

からである(確信)。

 

そう、練習さえすれば

バンカーからの脱出はたいして難しくないのだ。

(ピンに寄せるのはまた別の話ね。笑)

 

もちろん、

 

「バンカーの打ち方を知らないから」

 

という方も多くいる。

 

バンカーの打ち方を知らずに練習するのは、

北斗神拳の修行から逃げ出したジャギがケンシロウの名を騙るようなもので、

 

 

闇雲に練習したって

決してケンシロウは倒せないのである。

 

というわけで、

基本的なバンカーの打ち方

をおさらいしておこう。

(その上で練習に行こう!)

 

コースケ君、ちゃんと見ておくように(笑)。

 

なお、この場合のバンカーショットとは、グリーン周りのガードバンカーからのエクスプロージョンショットのことを指し、フェアウェイバンカーや目玉からの打ち方じゃないけん注意してくれな。

 

■バンカーショットの簡単な打ち方ポイント。

・正しくフェースを開く。

・距離感は1/3。

・ダフらせて、振り抜く。

 

まあ、他にも、荷重位置とか、ボールの位置とか、スタンスとか、打ち方とか・・・色々とポイントはあるんだが、とりあえずヘッポコアマチュア用のポイントはこの3つ。

 

まず、バンカーショットが成功するか否かは、

アドレスが9割!

だと思っておいていい。

 

そして多くのアマチュアが勘違いしているのが、

フェースの開き方である。

 

「浅次郎さん!私、ちゃんとフェース開いてます!」

 

という方も沢山いると思うが、

 

それなのにバンカーが苦手って方の場合は、

「正しくフェースを開いていない」

可能性がヒジョーに高い。

 

ええと・・・この動画が分かりやすいかな。

 

 

そう、

グリップしてからフェースを開くのではなく、

フェースが開いた状態でグリップするのである。

 

グリップしてからフェースを開くと、自然と・・・

 

 

こんな感じのハンドファーストになってしまうのだが、

 

これじゃダメぇ!!

 

 

いや、普通のアプローチならこれでもオッケーよ?

基本直接ボールを打つわけだからね?

 

でもバンカーショットでこのアドレスはダメ!

 

このままだと・・・

 

・直接ボールに当たる(大オーバー)!

・ヘッドが抜けずに全然飛ばない(もう一回バンカー)!

 

ということになりがち。

 

もちろん偶然上手く行くこともあるよ。

でも上手く行かないことの方が圧倒的に多いのは間違いない。

高さも出ないしコントロールも全然出来ないからね。

 

バンカーでこういうアドレスになってるアマチュアがどんだけ多いか・・・。

 

じゃあ、具体的にどうやったらいいのか?

 

ってのはこの動画が分かりやすいね。

 

 

もちろん、バンカーではヘッドを地面にソール出来ないからね。

実際のラウンドではこの手順でアドレスは出来ないわけだが・・・

練習場でなら全然オッケーだからね。

 

是非この流れに沿って

バンカーでのフェースの開き方をマスターしよう。

 

慣れてくるとね。わざわざこの手順を踏まずとも、

サッとフェースを開けるようになるよ。

 

 

正しくフェースを開くとこんな感じのアドレスになる。

 

さっきのアドレスと比べてみて欲しいのだが、

 

 

正しいバンカーショットのアドレスは、

 

「ハンドスクエア(あるいはハンドレイト)」

 

で、フェースが開いている状態でなければならない。

 

真上から見るともっと分かりやすいかな?

 

これは、私の部屋で、今撮った画像だが・・・

 

これがバンカーでNGなフェースの開き方。

 

これがバンカーで正解のフェースの開き方。

 

ね、全然違うっしょ?

 

やってみると分かるが、この開き方だとバンスが立って

リーディングエッジが浮くのである。

 

この状態じゃないと、バンスは上手く使えないのだ!

 

あとは、

 

・膝を若干落とす(重心を落とす)

・左足に多く体重を掛ける

・ボール位置は左足寄り

 

ってところに注意すればよく(個人差があるので程度は一概に言えないが)、

 

このアドレスが出来れば・・・

バンカーショットは成功したも同然!

 

次回ラウンドする時にね。

同伴者のバンカーショットを注目して見てみて欲しい。

 

上手い人と下手な人の差はアドレスを見れば一目瞭然だぞ。

(下手な人はハンドファーストになってしまってる人がとても多い)

(雨で固く締まったバンカーや目玉の時はまた別)

 

あ、あとスタンスの向きだが・・・

オープン目でもスクエア目でもどっちでもいいと思うぞ。

 

フェースが開ける人はオープンでいいし、

あまり開かない人はスクエア気味でいいし・・・

スイングによっても変わるんでね。

これは練習で確認した方がいいと思う。

 

ちなみに私はちょっとだけオープン派。

 

スポンサードリンク

 

次に、バンカーショットで大事なのが

 

距離感

 

「バンカーから出したい!」

 

という一心で、

 

オーバー気味にバックスイングするアマチュアはとても多い。

 

あるいは、

 

「どんだけ飛ぶかサッパリ分からん!」

 

というアマチュアも多いだろう。

(だからビビって緩むんだが、緩むとまず出ない)

 

そういう方に簡単な距離の測り方を教えておこう。

 

「バンカーショットの距離感は1/3!」

 

例えば、SWのフルショットが75ヤードの人は、

75÷3=25

つまりバンカーショットのフルショットが25ヤードってこと。

 

例えば、SWのハーフショットが50ヤードって人は、

50÷3=16~17

つまり、バンカーショットのハーフショットは16~17ヤードってこと。

 

これは大体の目安であるが、

(フェースの開き方、砂の取り方、スピン量、スイングスピードなどで変わる)

 

これを知っておくだけで、

自信を持って振り幅を決められるだろ?

 

まあ、バンカーの距離感なんて大体でオッケイなんだけどね。

普通のグリーン周りのアプローチみたいに、

1~2ヤード単位で打ち分けるなんて無理だし。

 

しかしアマチュアの多くが陥ってしまうのが、

距離感が分からずビビってインパクトで緩むパターン。

バンカーでインパクトが緩んだら絶対ダメだからね。

 

 

あと、個人的には、フルショットで打つのはヤメた方がいいと思う(距離を出したいのならAWやPWを使えばいい)。なぜなら、フルショットにはミスが付き物。フルショットでホームランが出たら大惨事だしね。

 

我らはヘッポコなアマチュア。

バンカーは脱出が最優先である。

 

スポンサードリンク

 

そして、

 

バンカーショットで最もシンプルな打ち方がこれ。

 

「ダフッて、振り抜くこと」である。

 

リーディングエッジを砂に突き刺すのではなく、

バンスを砂に落とすイメージ。

 

打ち急ぐ必要は全く無い。

むしろゆ~~ったりでOK。

 

私の場合、

ボールの下にティーが埋まってるとイメージしてね。

そのティーを打ち抜く感じで打つようにしている。

 

ボールの5cm手前を打て!

 

とか言われても難しいと思うのよ。

しかも打って終わりになりがちなんだよこれ。

「5cm手前を打つ!」のが目的になっちゃうからね。

 

しかし、

ボールの下のティーを撃ち抜くイメージだと狙いが明確。

必ずダフる感じになるし、フォロースルーも取れるのである。

 

そう、バンカーショットで大事なのはフォロースルー。

振り抜くことが大事なのだ!

 

振り抜かないと砂は爆発しないし、球は上がらないのである。

(その際、フェースは返さないように注意)

 

フルショットなら最後まで。

9時まで上げたら3時まででいい。

 

スイングはゆったりでも、

必ず振り抜くようにしよう。

 

最後に。

 

バンカーショットで一番大事なことは、

 

ケンシロウの名を騙ることではなく、

 

 

バンカーショットの練習をすることである。

 

バンカーショットが上手くなる為には、

何度も何度もバンカーから打ってみるしかないのである。

 

以上、今回は「バンカーショットの基本」の話をしたが、

これを元にバンカーの練習に励んでくれたら嬉しい。

 

ちなみに、練習場にバンカーがない場合は、

ボールを1~2cmティーアップしてね。

ボールじゃなく、ティーをSWで打つ!

という練習が効果的だぜ!

 

バンカーから上手く打てるようになれば、

ダボピンチが一転パーチャンスになったりするからね。

1ラウンドに付き2~3打は簡単に縮まると思うぞ!

 

いつか、

 

バンカーショット上級編をやろうと思う。

 

(上級者になってから言えや!)

 

スポンサードリンク

 

さて、今回は2日連続でゴルフに行って来たので、

まとめてスコアを公開しておく。

 

OUT44、IN46の90。

 

この日の阿蘇大津GCは、

グリーン鬼速グリーン鬼固で。

 

直接グリーンに落ちたら

コーンと跳ねてグリーン奥までこぼれるハード設定。

(凍ってんのか!と思うくらい)

 

だから花道狙いに徹してたんだが、

 

グリーンに乗らないからチャンスもなく・・・

寄せワンのパーを取るのが精一杯。

 

鬼ヤンベが78で「上出来だった」って言ってたからね。

スコアはイマイチだったが、内容は悪くなかったんだと思う。

最後のトリトリがハラニエだったけど(笑)。

 

喜代ちゃん、遠くから有難うございましたー!

 

翌日はグラチャン。

 

OUT44、IN43の87。

 

このコース・・・

平日はいつも厳しい位置にピンが切られるんだが、

この日も「1番奥」or「バンカーの真上」ってピン位置ばっかり。

(しかも打ち上げのホールが多くマジで難しい)

 

こうなるとね。

 

「バンカーに入るのを覚悟でピンを狙うか?」

「バンカーを徹底して避けるか?」

 

の2択になるわけだけど、

バンカーの苦手意識がないとピンを狙って行けるわけでね。

 

で、バンカー上等!の私は

今回都合7回バンカーに入れたわけだが(アイアンが下手なだけだが)、

 

この内の4発はグリーン周りのガードバンカーで。

そのうち・・・ビタッと1m以内に寄せてバンイチパーが2発。

 

こういうのが増えてくるといいなあ。

 

 

うへえ。借金だらけやー。

(平均スコア84を目指しているのに現在の平均スコア88)

 

借金を返すには・・・

80台前半とか70台を連発するしかない!

 

現状難しいけどね。

 

決して諦めないぜ!

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【80切りを目指すゴルフ】グリーン周りの逆目のラフ。SWで普通に打つとラフに刺さってザックリになりやすく、実は非常に難しい。逆目かどうかはどう判断する?どうやって打てばいい?簡単な方法ある?SWじゃなく、9番アイアンやPWを使う方法を知っておくべし!そのコツ・ポイントは?アプローチの引出しは沢山持っておけ!

 

仕事、環境、人間関係・・・

 

何かを変えようと思ったら、

大きな痛みを伴う。

 

それはゴルフも同じで、

 

スイングを変える時には

激しい痛みを伴うのである。

 

これはプロだって同じで、

石川遼の5戦連続予選落ちは

「スイング改造」

が原因だという話。

 

この記事、興味深いので是非読んで欲しい。

5連続予選落ちは必要な犠牲だった

 

そう。

 

痛みなくして進化なし。

 

スイングを固めるのは・・・

 

20年後で十分だ!

(言い訳完了。笑)

 

 

さて、

 

今日はグリーン周りのアプローチについて触れよう。

 

スコアの肝はアプローチとパット。

 

そんなことは百も承知。

 

で、練習場や自宅で

アプローチの練習をしている人は結構いると思うが、

 

練習場や自宅ではなかなか出来ないのが、

 

「逆目のラフ」

 

からのアプローチである。

 

逆目ってなに?

 

 

こういうライを「逆目」と言うわけだけどね。この画像のように分かりやすいケースもあるが、わかりにくい場合もある。手打ち素振りをしてみて「グサッ!」と芝に刺さったり、「抜け」が悪い場合はほぼ「逆目」だ。日本のコースは「砲台グリーン」が多いんだが、砲台の傾斜に止まってるライもほぼ「逆目」だと思っていいぞ。

「逆目」の場合は「ザックリ」になる可能性が高く、見た目以上に難しいので注意が必要なのだ。特に・・・

 

・逆目のラフから10~30ヤード。

・逆目のラフからバンカー超え。

 

これらはヒジョーに難しい。

 

もちろんハーフショットやフルショットの距離でも難しいのだが、

グリーン周りだと体重移動やバックスイングが小さくなるからね。

どうしてもザックリになりやすくなるわけ。

 

大事なのは、

 

「逆目のラフは難しい」

 

ということを知っておくこと。

 

「難しい」ということを知っておけば、慎重になるし、対策を取れるし、寄らなくて当たり前!と思えるし、これはプロでも難しい!と思えるのである。

 

ダメゴルファーは、「難しい」ということを知らずにミスり、「ダフったぁ!」とショックを受け、同じミスを何度も何度も繰り返してしまう。なんでも同じだが、無知は罪である。

 

まず、この動画を見て欲しい。

 

 

ポイントは、

・使うのは9番アイアン(PWでもOK)。

・フェースを開く。ノーコックでゆっくり。体で打つ。

・絶対頭を上げない。フォロースルーでさらにフェースを開く。

 

9番アイアンやPWを使うが、

打ち方としては「ロブショット」と基本同じだね。

 

一つ言っておくが、

この打ち方が貴方に合っているとは限らない。

 

また、

9番アイアンだとどんなにフェースを開いても距離が出るし、

ラフの深さやボールの埋まり具合によっても変わるので、

練習経験が必要である。

 

つまり、この打ち方は、

簡単ではない。

 

ま、「逆目のラフ」から簡単に寄せる方法なんぞないわけだが、

(あったら教えて欲しい。笑)

 

こういった引出しを幾つ持っているか?

 

が、「寄せワン」「ダボ防止」に欠かせないのであり、

練習する価値は十分あると思う。

 

ちなみに、

逆目のラフでもボールがある程度浮いている場合は、

絶対ダフらないような打ち方で転がすのも有効である。

ヒールアップアプローチ

 

また、

逆目のラフに沈んでしまった場合は、

「1打罰」と思って脱出を優先するべし!である。

これはプロだって難しいのであるからして、

「ピンに寄せよう」などと思わない方がいい。

(このくらいの感覚の方がミスが減る)

 

というわけで、

 

逆目ラフを想定したアプローチを練習しておくと、

また一つ、ゴルフが楽しくなるかもしれないね。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

冒頭の言い訳から・・・

 

「今回はかなり打ったな!浅次郎!」

 

とニヤついてる毒者が大勢いると思うが、

 

危うく100を打つところであった(笑)。

 

 

in49、out48の97(ボソッ)

 

日々スイング改造。

 

だからこそ進化出来るのであり、

私が停滞することは・・・今後20年ない。

 

今はね。

インサイドアタックのための右肩・右脇。

そしてインパクト時の右肘、フォローの左肘を直しているのである。

(この件は後日記事にする)

 

これがまた難しくてね。

 

なかなか上手く行かないわけだが、

この日はアイアンとアプローチが・・・

トップしまくりだったのである。

 

パーオンチャンスでピンまで120ヤード!

って状況でカツン!(ヤメてー!)

 

ふかふかフェアウェイから40ヤードのアプローチ!

って状況からカツン!(逝かないでー!)

 

しかもこの日は難コースの熊本南CC。

グリーン奥からのアプローチはもう最悪で。

 

パーオンチャンスだったのに、

一転ダボピンチ!

 

無理せず刻んだのに、

アプローチミス!

 

ってホールが多々あったのである。

 

あと、素のダブルパーとか、

4パットとかも久しぶりにやっちゃった(テヘッ)。

 

 

しかし、アイアンやアプローチが悪いと

パーってなかなか取れないんやねー。

 

反省。反省。

 

次は挽回するぞー!

 

【浅次郎のひとりごと】

スコアの書き換えか・・・

スコア1打書き換え、10年出場停止 ゴルフ20歳選手

 

きっと魔が差したんだろうけど・・・

一番やっちゃいかんことをやってもーたなあ。

 

今一度自分にも言い聞かせておくべし。

スコア誤魔化すべからず。

例え誰にもバレずとも、

自分だけは知っているからね。

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

【80切りを目指すゴルフ】シャンクは何故、10~30ヤードといった短いアプローチでも出るのだろうか?フルスイングだと出ないのになんで?その原因は「手打ち」である。手打ちのせいで脇が空き、スイング軌道が2cmほどズレるのだ!アプローチシャンクの対処法は、脇を締め、肘をくっつけて身体で打て!である。

 

最近、

 

練習場で、

 

アプローチシャンクが出るのである。

 

 

カツーーーン!(右斜め45度)

 

うげえ・・・!

 

またか!

 

(多分アドレスを変えたせいである)

 

本番で出ないのが救いであるが、

 

いつ出るか・・・

いつ出るか・・・

いつ出るか・・・

 

私のチンコと同じで、

いつ出るのか、いつも不安で一杯である(笑)。

 

以前にシャンクの原因についての記事を書いたが、

(→シャンクの原因は何?直し方・改善方法は?

今回は短いグリーン周りアプローチでのシャンクの話。

 

以前の記事で、シャンクの主な原因は

「右肩or右膝。あるいはその両方」と書いた。

 

だけんどもしかし、

体重移動やバックスイングがほとんどない

10~30ヤードのアプローチの場合、

なんでシャンクするのだろう?

ちょこっとスイングなのになぜシャンクするのだろう?

 

右肩や右膝が前に出ないように注意してもシャンク・・・

 

真っ直ぐ引いて真っ直ぐ戻す感じでもシャンカー・・・

 

「オレってばもしかしてシャンケスト?」

 

と思ってしまうよな(笑)。

 

しかし、別にあなたが生まれつきのシャンケストなわけなく、

これは誰にでも起こり得ることである。

 

アプローチシャンクの原因は、

単純な話で、

アドレスした位置にクラブヘッドが戻っておらず、

アドレスから2~3cm離れたポイントにヘッドが降りているせいである。

(2cmずれるとシャンクする)

 

では、

 

なんでヘッドが身体から離れて行くのか?

 

それは、

 

「手打ち」が原因である。

 

バックスイングが小さいアプローチの場合、

例えばキャリーで10ヤード、20ヤード、30ヤードを打つ場合・・・ってのは

 

「手打ち」でも十分だし、

「手打ち」になりがちである。

 

要はパターのような打ち方でも

経験と練習によって上手く打てちゃうのだ!

 

これはパッティングの画像であるが、多少の違いはあれどこんな感じでアプローチするアマチュアはとても多い。あなたも是非自分のアプローチをチェックしてみるといい。

 

これでも結構上手く打てるもんだから、

「グリーン周りは、手打ちアプローチ」

ってヘッポコなアマゴルファーは非常に多いわけだがしかし、

(浅次郎含む。笑)

 

これは初心者、

あるいは中級者のアプローチであり、

さらに上に行くためには、

 

「短いアプローチも身体で打つ」

 

を身に着けなければならん。

 

手打ちだと

ダフリ・トップのミスが発生しやすく、

さらにはラフや傾斜に負けやすく、

そしてシャンクのミスも出やすいのである。

 

 

これはちょっと極端な手打ちの例だが(笑)、

今にもシャンクが出そうなバックスイングだよね?

 

手打ちだと、

・右脇が空いてアウトサイドイン軌道

・左脇が空いてインサイドアウト軌道

になりやすいのである。

 

どちらもアプローチシャンクの原因。

わずか2cmずれればシャンクしてしまうぞ。

 

 

直し方は至って簡単。

・右肘を右脇に付けたままバック→ダウンスイング。

・左肘を左脇に付けたままフォロースイング。

・そして、身体で打つ。

 

肘が脇に付いている限り、

クラブヘッドが遠くに行けるはずもなし。

 

肘が脇から離れるから、

クラブヘッドも遠くに行くのである。

 

ちなみに、

浅次郎のシャンクの場合は、

右脇が空いていたのが原因であった。

 

右肘をくっつける感じで降ろすと・・・

あっと言う間にシャンク直ったアルヨ!

 

「短いアプローチも身体で打つ!」

 

を体得するには・・・この動画が分かりやすい。

 

距離感は「時計」で。

 

手・腕で打つのではなく、

胸で打つのである。

(あるいは膝で打つ)

 

この際、手や腕をガチガチに固定してしまうより、

「身体と同調させて手も動かす」

というくらいのイメージの方がいいかもしれない。

(個人差あり)

 

ただし、

 

肘を脇にくっつける話は「短いアプローチ」の話。

 

まあ、フルスイングでもこのイメージを持っておいていいのだが、

このイメージが強過ぎると

ヒジョーに窮屈なスイングになるけんな。

 

 

適度な距離感が大事である。

 

アプローチの練習は家でも出来る。

練習マットとスポンジボールを買ってくればいい。

 

短いアプローチは、

肘を脇にくっつけて胸で打つ!

 

是非練習してみて欲しい。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

今回はチサンカントリークラブ御船に行って来たぞ。

 

このゴルフ場は、

 

レストランのウェイトレスが

揃いも揃ってスタイル抜群のミニスカ美人であることで有名であるが、

(ただし、年齢不詳である。笑)

面と向かっていうとセクハラになると思われるので、

いつも黙って後ろ姿を見つめている。

 

わざわざミニスカを履かせるのは

支配人の趣味なんだろうか?という疑問はさておき、

このゴルフ場がとてもナイスなゴルフ場であるのは確かである。

 

距離が短い割に、

ハマったら大叩きしてしまう難コース。

 

また・・・魔の5番ロングでハマってしまった(笑)。

 

 

OUT43、IN39の82。

 

終日パラパララと雨。

ただ、ゴルフに影響するレベルではなく、

フェアウェイもグリーンもとてもいい状態であった。

ただ、ラフとバンカーは重かったけどな。

 

大失敗したのは天敵ホールの5番ロング(509ヤード)。

ティーショットは打ち下ろし。フェアウェイ左サイドの220ヤード地点がえぐれており、ドライバー握ってちょっとでも左に行くと即OBである。

 

 

右が広いので、思い切り右を向いて打てばいいわけだが、右を向けば向くほどフックするのがアマチュアゴルファーの哀しいサガ。今まで幾度となく、このえぐれたOBゾーンに球を打ち込んできたのである(笑)。

 

なので、絶対OBゾーンに届かないように5Wを握ったわけだが(これは正解)、どトップして飛距離が出ず(これは下手なだけ)・・・残り340ヤード(しかも上り)近く残ってしまったのだ。この時点で選択肢は2つ。

 

・リスクを負ってFWを握り3オンを目指すか。

・アイアンで刻んで4オンで良しとするか。

 

ちなみにこのホール、セカンド地点からは右サイドが大きくエグレており、ずっとOBゾーン。しかし左サイドは広くて受けてるため、狭いわけではない。ボールはフェアウェイにあるが・・・左足下がりのライ。スライスしやすい。ここは3オンを諦め、4オン狙いに切り替えるべき。

 

・・・と思ったのもつかの間、

 

この日、比較的ショットの調子が良かった私は、

直前のティーショットでミスしたことも忘れ(←バカ)、

5Wを抜いてしまったのである。

 

結果は見るも無残なセカンドOB。

 

お約束のナイスショットが

右のOBゾーンにブシュー!と飛んで行ったわい(笑)。

 

猛省。

 

反省後のゴルフはなかなかに素晴らしく、

後半は6連続パーもあって39。

 

しかし、なかなか揃わないね~。

 

 

平均スコア86.7・・・目標まであとチョイ!

 

しかし、なかなか70台出ないなあ。

片方は39とか出るんだけどね~。

 

 

もうちょっと寄せワンを増やさねば・・・

 

アプローチの練習しようっと。

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

スポンサードリンク