【80切りを目指すゴルフ】アマチュアゴルファーのスイングはインパクトの瞬間に両肘が伸び切ってることが多いのだが、それではインパクトが点になり安定しない。フックもスライスも出る。だからインパクトでは「肘ゆるインパクト」が大事。肘が伸び切るのはインパクトのはるか先!これで点が線になり、飛距離・方向性ともに伸びる。

 

今日は、

 

まず、

 

この動画を見て欲しい。

 

 

この男にならヤラれてもいいかもランキング堂々1位(浅次郎調べ)、

ジェイソン・デイのスイング動画であるが、

 

このインパクトの瞬間を見てみよう。

 

 

長い足、ぶっとい腕、体重配分、前傾角度、

ビハインド・ザ・ボールでグリップは胸の中心、

力強いのに力みがない!

 

もう惚れ惚れするようなインパクトだが、

 

私が注目したのは・・・

 

である。

 

画像はインパクト直後を捉えたものだが、

肘が緩やかに曲がったままなのが分かると思う。

 

 

右手だけじゃなく、左手も・・・である。

 

明らかにまだ伸び切ってないのだ・・・

私はこの事実を発見した時に衝撃を受けた。

 

あれれ?

 

左肘って・・・

曲げたらダメ!

って教わらなかったけ?

 

これは11月に撮った私のスイングであるが・・・

 

 

インパクトを見てみると・・・

 

 

右肘もほとんど曲がっていないわけだが、

左肘はさらにもうガチガチで・・・

ピーンと伸びてますな。

 

しかし私はずっと・・・これでいいのだと思っていたのだ。

 

これは松山英樹のインパクト。

 

 

ジェイソン・デイに比べれば左肘は真っ直ぐ目であるが、

私のようにピーンと伸びてはおらず・・・

肘の内側がハッキリと見えている。

左右の肘ともに余裕があるのが分かると思う。

 

 

これはイ・ボミのインパクト。

やっぱり左肘は真っ直ぐ目だが、ぴーんと伸びてはおらず、

体に巻き付くような感じ。

右肘はもう明らかに曲がっているのが分かると思う。

(ほとんど体にくっついている)

 

私を含め、

 

多くのアマチュアは・・・

 

・インパクトはアドレスの腕の形に戻す!

・インパクトで両肘が伸びた形になる!

 

といった勘違いをしているのだ!

 

しかしプロの画像を見れば分かる通り、

アドレスの形とインパクトの形は全然違うし、

インパクトで両肘は伸びていないのである。

 

じゃあ、どこで伸びるのか?

 

 

 

 

ここだ!

 

なんと両肘が完全に伸びてしまうのは、

 

インパクトのはるか先!

 

なのだ。つまり、

 

ゴルフのスイングは・・・

インパクトのはるか先で

両肘が伸びるように、

振らなければならない!

 

のである。

 

 

多くの男子プロ、

女子プロのスイングをチェックしたが、

 

例外はない!(私が見た限り)

 

インパクトの時は両肘に余裕があり(左右に差はあるけど)、

肘が伸びきるのはインパクト後!である。

 

これを、

 

「肘ゆるインパクト」

 

と勝手に名付ける。

 

なんか馬の名前みたいだな(笑)

 

肘ゆるインパクトが出来る様になるとどうなるか?

 

・インパクトを線で捕らえられるようになる!

・加速しながらインパクト出来る!

・方向性が抜群に良くなる!

 

といった素晴らしい効果が期待出来るのだ!

 

アマチュアの球が散らばって安定しないのは、「インパクトが点」だからであり、「インパクトを線」にすれば飛距離も方向性も抜群に良くなるわけだが、そのためには「フォローを長く出せ!」と教わって来たと思う(あるいはゴルフ雑誌にそう書いてあると思う)。

 

しかし「フォローを長く出せ」って・・・

どうやって???

 

アマチュアがフォローを長く出そうとすると・・・手打ちになったり、インサイドアウト(あるいはアウトサイドイン)になったり、体が突っ込んだりしてしまうのだ。なぜなら、インパクトの瞬間に腕が伸び切ってしまっているから。

 

伸び切った後に

さらに伸ばす事はできないよね?

 

つまり・・・

 

「インパクト後に長くフォローを出す」

 

のではなく、

 

「インパクトのはるか先で打つ!」

(インパクトの先で肘を伸ばす)

 

というイメージが正解なのだ。

 

こうすることで、ヘッドが加速しながらインパクトすることが出来るし、方向性も格段に良くなるのである。

 

ただし!

 

肘ゆるインパクトは、難しい!

 

特に・・・今まで肘を伸ばしてスイングしてきた

 

ヘッポコオヤジにとって(浅次郎含む。笑)、

 

巨熊赤カブトに単身で挑む・・・

リキの心境である。

(スイングが一度壊れてしまう)

 

 

個人的見解だが、プロのスイングとアマチュアのスイングの一番の違いだと思う(これが出来るから女子プロは飛距離が出る)。プロのフォロースルーが長いのは、インパクトでまだ肘が伸び切ってないからであり、アマチュアのフォロースルーが短いのはインパクトで肘が伸び切っているからなのだ。

 

肘ゆるインパクトが出来る様になるためには、

 

・インサイドイン

・切り返しストン

・シフトウェイト

・回転スイング

・ビハインド・ザ・ボール

 

といったことを組み合わせる必要がある上に、

緩み過ぎてもダメなのである。

 

私の最近のスコアが崩れている原因はこれであるが(言い訳)、

 

絶対に諦めないぜ!

 

一年でも二年でも掛けてでもマスターしようと思っている。

 

これが出来ねば鬼ヤンベとは戦えぬ。

そして、競技の道へ行くためにも絶対必要だと思うのだ!

 

「え?浅次郎さん、競技始めるんですか?」

 

うむ。すぐにという話ではないが、

将来的な目標の一つである。

 

なんでもそうだが・・・

目標は大きく高い方がいい!

 

さて、

 

今回は予告もしていたことだし、

 

デリタンク3号改めSWマスター3号のスイング動画を載せておこう。

(本人の希望により改名。ちなみにSWはサンドウェッジの略ではない)

 

このSWマスター3号は、典型的な中年太りのオッサンで、頭のデカさと態度のデカさとチンコのデカさはトランプ大統領並み。どこにでもいるアマチュアのヘッポコスライサー・・・だったのであるが、最近は球が捕まるようになって飛距離もグンと伸びた(この日のスコアは48・43であった。80台近し)。

 

このスイングのインパクトを見てみよう。

 

 

うん。前に比べりゃメチャクチャ良くなった!

しかしやっぱり右肘が完全に伸び切ってますなぁ。

 

 

ここでは左肘が伸びないとイケないルナ先生なんだが、

外側に折れてしまっている。

 

それじゃあルナ先生も満足しない。

 

ま、どっちもスライサー時代の名残だが、

こういうインパクトになっているアマチュアはとても多いと思うぞ。

あと・・・下半身の体重がもっと左足に乗るといいね。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

今回はあつまるレークCCに行ってきたぜ!

 

 

OUT47、IN40の87。

 

前半のダボ行進はほとんどアプローチのミスで。

距離感が合わずにショートしてズブズブ。

後半持ち直したんだが、

パーオンからの3パットがもったいなかったね。

30台出せたなあ・・・。

 

※この数字は「過去30回」のものである。

 

さて、

 

今から、

 

今年最後のラウンドに行って来るぜ!

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【80切りを目指すゴルフ】グリーン周りの逆目のラフ。SWで普通に打つとラフに刺さってザックリになりやすく、実は非常に難しい。逆目かどうかはどう判断する?どうやって打てばいい?簡単な方法ある?SWじゃなく、9番アイアンやPWを使う方法を知っておくべし!そのコツ・ポイントは?アプローチの引出しは沢山持っておけ!

 

仕事、環境、人間関係・・・

 

何かを変えようと思ったら、

大きな痛みを伴う。

 

それはゴルフも同じで、

 

スイングを変える時には

激しい痛みを伴うのである。

 

これはプロだって同じで、

石川遼の5戦連続予選落ちは

「スイング改造」

が原因だという話。

 

この記事、興味深いので是非読んで欲しい。

5連続予選落ちは必要な犠牲だった

 

そう。

 

痛みなくして進化なし。

 

スイングを固めるのは・・・

 

20年後で十分だ!

(言い訳完了。笑)

 

 

さて、

 

今日はグリーン周りのアプローチについて触れよう。

 

スコアの肝はアプローチとパット。

 

そんなことは百も承知。

 

で、練習場や自宅で

アプローチの練習をしている人は結構いると思うが、

 

練習場や自宅ではなかなか出来ないのが、

 

「逆目のラフ」

 

からのアプローチである。

 

逆目ってなに?

 

 

こういうライを「逆目」と言うわけだけどね。この画像のように分かりやすいケースもあるが、わかりにくい場合もある。手打ち素振りをしてみて「グサッ!」と芝に刺さったり、「抜け」が悪い場合はほぼ「逆目」だ。日本のコースは「砲台グリーン」が多いんだが、砲台の傾斜に止まってるライもほぼ「逆目」だと思っていいぞ。

「逆目」の場合は「ザックリ」になる可能性が高く、見た目以上に難しいので注意が必要なのだ。特に・・・

 

・逆目のラフから10~30ヤード。

・逆目のラフからバンカー超え。

 

これらはヒジョーに難しい。

 

もちろんハーフショットやフルショットの距離でも難しいのだが、

グリーン周りだと体重移動やバックスイングが小さくなるからね。

どうしてもザックリになりやすくなるわけ。

 

大事なのは、

 

「逆目のラフは難しい」

 

ということを知っておくこと。

 

「難しい」ということを知っておけば、慎重になるし、対策を取れるし、寄らなくて当たり前!と思えるし、これはプロでも難しい!と思えるのである。

 

ダメゴルファーは、「難しい」ということを知らずにミスり、「ダフったぁ!」とショックを受け、同じミスを何度も何度も繰り返してしまう。なんでも同じだが、無知は罪である。

 

まず、この動画を見て欲しい。

 

 

ポイントは、

・使うのは9番アイアン(PWでもOK)。

・フェースを開く。ノーコックでゆっくり。体で打つ。

・絶対頭を上げない。フォロースルーでさらにフェースを開く。

 

9番アイアンやPWを使うが、

打ち方としては「ロブショット」と基本同じだね。

 

一つ言っておくが、

この打ち方が貴方に合っているとは限らない。

 

また、

9番アイアンだとどんなにフェースを開いても距離が出るし、

ラフの深さやボールの埋まり具合によっても変わるので、

練習経験が必要である。

 

つまり、この打ち方は、

簡単ではない。

 

ま、「逆目のラフ」から簡単に寄せる方法なんぞないわけだが、

(あったら教えて欲しい。笑)

 

こういった引出しを幾つ持っているか?

 

が、「寄せワン」「ダボ防止」に欠かせないのであり、

練習する価値は十分あると思う。

 

ちなみに、

逆目のラフでもボールがある程度浮いている場合は、

絶対ダフらないような打ち方で転がすのも有効である。

ヒールアップアプローチ

 

また、

逆目のラフに沈んでしまった場合は、

「1打罰」と思って脱出を優先するべし!である。

これはプロだって難しいのであるからして、

「ピンに寄せよう」などと思わない方がいい。

(このくらいの感覚の方がミスが減る)

 

というわけで、

 

逆目ラフを想定したアプローチを練習しておくと、

また一つ、ゴルフが楽しくなるかもしれないね。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

冒頭の言い訳から・・・

 

「今回はかなり打ったな!浅次郎!」

 

とニヤついてる毒者が大勢いると思うが、

 

危うく100を打つところであった(笑)。

 

 

in49、out48の97(ボソッ)

 

日々スイング改造。

 

だからこそ進化出来るのであり、

私が停滞することは・・・今後20年ない。

 

今はね。

インサイドアタックのための右肩・右脇。

そしてインパクト時の右肘、フォローの左肘を直しているのである。

(この件は後日記事にする)

 

これがまた難しくてね。

 

なかなか上手く行かないわけだが、

この日はアイアンとアプローチが・・・

トップしまくりだったのである。

 

パーオンチャンスでピンまで120ヤード!

って状況でカツン!(ヤメてー!)

 

ふかふかフェアウェイから40ヤードのアプローチ!

って状況からカツン!(逝かないでー!)

 

しかもこの日は難コースの熊本南CC。

グリーン奥からのアプローチはもう最悪で。

 

パーオンチャンスだったのに、

一転ダボピンチ!

 

無理せず刻んだのに、

アプローチミス!

 

ってホールが多々あったのである。

 

あと、素のダブルパーとか、

4パットとかも久しぶりにやっちゃった(テヘッ)。

 

 

しかし、アイアンやアプローチが悪いと

パーってなかなか取れないんやねー。

 

反省。反省。

 

次は挽回するぞー!

 

【浅次郎のひとりごと】

スコアの書き換えか・・・

スコア1打書き換え、10年出場停止 ゴルフ20歳選手

 

きっと魔が差したんだろうけど・・・

一番やっちゃいかんことをやってもーたなあ。

 

今一度自分にも言い聞かせておくべし。

スコア誤魔化すべからず。

例え誰にもバレずとも、

自分だけは知っているからね。

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

【80切りを目指すゴルフ】ゴルフ中級者に多い悩み「引っ掛け」「チーピン」だが、この原因は何?アウトサイドイン軌道でフェースが閉じてるのが原因なのだが、じゃあ、そもそも何故アマチュアは「アウトサイドイン」になりやすく「インサイドイン」のスイングが出来ないのか?その秘密は右肩にあった?右肩は下に落とせ?

 

スライスが直ったあとの段階で・・・

引っ掛け!

で悩むアマチュアゴルファーは多いと思う。

 

あるいは、

 

ナイスショット連発していたのに、

急に引っ掛けが止まらなくなった!

という中級者も多いと思う。

(私もよくそうなってしまう。笑)

 

その原因は、

「アウトサイドイン軌道」+「シャットフェース」

なのであるが、

 

もちろん、捕まった球を打つためには

「シャットフェース(閉じたフェース)」は必須である。

 

「インサイドイン軌道」+「シャットフェース」

 

がゴルフの理想なのであり、

球が捕まるようになってやっと

ゴルフの面白さが分かってくるのである。

 

なので引っ掛けの原因は、

「アウトサイドイン軌道」にあるわけだが・・・

 

では何故、我々のスイングは

 

「アウトサイドイン軌道」

 

になってしまうのだろうか?

 

もちろんこれには色んな原因があるわけだが、

 

もしかしたら、

 

この動画があなたの役に立つかもしれない。

 

 

この動画は「飛ばすための秘訣」というコンセプトであるが、

インサイドイン軌道のスイングを作る上で、

非常に大事なことを教えてくれる。

 

そう、アウトサイドイン軌道になる大きな原因が・・・

 

「右肩」

 

にあるのだ。

 

え?

 

マジっすか?

 

マジっす。

 

多くのアマチュアは、

 

・頭を動かさない

・脇を締める

・スイング軌道

 

といったことには気をつけるが、

切り返しの「右肩の動き」には

全く無頓着である。

(私もこの動画を見るまで無頓着であった。笑)

 

しかし考えてみれば当然の話で、

 

切り返しで右肩が先に前に出てしまえば、

当たり前のように

クラブも「アウトサイド」から降りてしまうのである。

 

 

だから、

右肩は前に出すべからず!

 

 

右肩は下に落とすべし!

 

である。

 

は、はうあ!

 

 

と叫んだゴルフオヤジ多数だと思うが(笑)、

 

これは「頭を動かさない」というポイントと似て非なるもので、

仮に頭が動かなくても

右肩が前に出ればアウトサイドインになっちゃうのだ。

 

いや・・・おそらくだが、

右肩が前に出るスイングで、

頭を動かさないってのは無理なんじゃないか?

 

また、「上半身のツッコミ」と

「右肩」も連動しているような気がするな。

 

つまり、

 

右肩を前に出さず、下に落とせば、

自動的に頭も残りやすいし、

上半身のツッコミも改善されるのではないかと。

 

もしかしたら、

私の長年のスイングの懸念である・・・

「切り返し時の若干のツッコミ」

もこれが原因かもしれん。

 

じゃあ、具体的にどうすればいいか・・・?

 

動画でもあった通り、

 

胸の真ん中が、右足首の上にあるイメージで切り返す!

 

右肩は前じゃなく下へ!ゆっくりでOK!

 

この2つを意識して練習するべし。

 

そう言えば2年ほど前、松山くんのスイングを見ていて、

 

「右向いたままスイング!」

 

という技?を編み出したのだが(→その時の記事はこちら)、

理論的にはこれと物凄く近いものがあるな。

 

ただ「右向いたまま」というイメージだけだと、

右肩が前に出た場合にどうしようもなく・・・

引っ掛けが出てしまったわけだ。

 

今回の話は、

スライス脱却したばかりの中級者や

謎の引っ掛けに悩む諸兄にとって

「復活の呪文」になるかもしれんぞ。

 

まとめておこう。

 

■引っ掛けを直す方法

・インサイドイン軌道をマスターすべし!

・右肩は前に出すべからず!

・胸は右足の上!右肩は下へ!

 

あ、一応言っておくが、胸は右に残したままだとダメだよん。そのままだと右に体重が残っちゃうからね。グリップと同調してクルンと回してやろう(グリップは常に胸の前の意識)。また、「右肩は下へ」というのはイメージの問題であり、実際に右肩をガクンと落とすわけではない。これをやってしまうとクラブが落ちてダフってしまうぞ。

 

しかしこれ・・・難しいわ・・・。

半年~1年レベルで取り組まんといかんな。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

今回は、高遊原カントリークラブに行ってきたぞ!

 

スコアの方は・・・

 

 

IN44、OUT41の85。

 

相変わらず出鼻ホールでトラブってしまうんだが(笑)、

この日のミスは全部引っ掛けで。

 

しかも運が悪いことに、

木の真下が3回ほどあったのである。

 

普通、どんなにアンラッキーでも

「ちょいと出すだけでも超むず!」という状態は少ないわけだけど、

最初のトラブルがまさにこれで。

パターを使って10ヤード打つのが精一杯。

結局乗らず寄らずでダボ。

 

次のホールも全く同じ状況で大木の真下。

 

右打ちではどうやっても無理だったので、

左打ちにチャレンジ(笑)。

7番アイアンをひっくり返してチョン。

15ヤードほどコロコロと転がって大成功。

おお、意外と上手く行くもんだな~。

しかしこれも練習しておいた方がいいな。

左打ちで30ヤード飛ばせればトラブル時の武器になり得る。

 

前半は初っ端のダボダボが響いて44。

 

後半の3番でもまたもや木の根元に打ち込み・・・

出すだけ→乗らず→寄らず→3パットでストリ。

まあこれはこれでしょうがないんだが、

成長したのはその後をまとめて41で上がったことやな。

 

この日の圧巻は5番ショート。

175ヤードと長め。

左は崖下即OBの難ホールである。

いつもなら手前にショートするか、

右のサブグリーンにナイスオンしちゃうのであるが・・・(笑)

5番アイアンで放ったショットは

カシュッ!という心地いいインパクト音と共に

軽いドローでピンと重なり・・・

 

根本に着弾!

 

右チクビから左チクビまでの距離。

 

いわゆる、オッパイバーディであった。

 

 

いや、このショットに限らず、

この日はアイアンが好調で・・・パーオン9回。

惜しいバーディーパットも結構あったのである。

 

アイアンは6割ショット。

喜代ちゃん実践してまっせー!

 

 

 

優作、賞金王おめでとう。

読売で8アンダーって・・・最終日強かったなあ。

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc