【80切りを目指すゴルフ】今日は、ゴルフ初心者による大爆笑おもしろゴルフスイング動画をお届けしよう!人生初のラウンド、人生初のティーショット。OBだった!チョロだった!空振りだった!という人は沢山いると思うが・・・驚愕の結末はいかに?尚、スインガーは管理人のリアル同級生。ああ、ゴルフって面白い!

 

この動画に映っているのは、

 

管理人のリアル友達である。

 

人生初ラウンド、初ティーショット。

 

その時、奇跡が起きた。

 

 

な、

 

何度観ても・・・奇跡(爆)。

 

モジモジ・・・モジモジ・・・から始まって、

 

 

ドライバーのフルスイングであわや自打球。

 

「チーン!」

 

ってオチまでついて、

 

42秒の完璧な物語が完成(爆)。

 

 

何回観ても面白いわ~~~

 

と思ったら、

 

あなたのゴルフ友達にも見せて上げてねー(笑)。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

今回は、

 

楽天GORA一人予約で、

菊池カントリークラブに行って来たぜ!

 

 

スコアはIN42、OUT42の84。

 

スタートホールのOBを防ぐには、

ラウンド前の練習・・・。

 

分かっちゃいるけどやらないんだよね(笑)。

 

それとも・・・喜代ちゃんみたいに

6割ショットの練習するか。

 

バーディ取った15番はね・・・打ち下ろしだけど、

ドッグレッグの上に404ヤードと長い距離のPAR4。

ドライバーがかっ飛んで残りはPW。

乗ったのは左の端っこだったんだけど・・・

長いパットがマグレで入ってバーディーいえーい!

 

それからドライバー、アイアン共に好調で。

3番ロングではツーオンチャンスだったんだけど・・・

セカンドの5Wが当たり過ぎてグリーンオーバー。

うーむ。惜しかったなあ。

 

6番のミスは

グリーン手前ガードバンカーからのホームラン。

グリーン奥に打ち込んで(OBの方がマシ)、大トラブル。

ま、しょうがない。

 

それより、2~3m前後のバーディパットを

何度か外したのが痛かった。

 

ショットが好調な時はハイスコア出すチャンスなんだけどなあ。

 

 

さて、今年中に、

もう一回70台出したいー!

 

あ、鬼ヤンベ先生、

熊本県アマ20位タイおめでとさん。

あんたスゴイよ。

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【80切りを目指すゴルフ】スイングは変えてないのになんか曲がる、なんか距離が出ない・・・って時は、いつのまにか「手打ち」になってる可能性大。ゴルフの基本は「手」じゃなく「体」で打つということ。特に大事なのは「下半身」。スイング中の意識は、細かいことより大きいことに注意を向けた方が良いぞ!

 

ゴルフでアドレスに入ると・・・

あれこれ考えるよね?

 

「右膝キープ!」

「グリゆる(グリップゆるゆる)!」

「シャットフェース!」

 

とりあえず私が今、

アドレス→バックスイング時に注意してるのはこの3つであり、

ブツブツと念じながらスイングを始動するわけだ。

 

しかしこれは・・・

あまり良くないですな!

 

どのくらい良くないかといえば、

 

 

ジャージの上からスカートをはく!

 

ってくらい良くないですな。

 

いや、ジャージは悪くないぜ?

 

ジャージは悪くないんだが、

 

何故その上からミニスカをはくのか?

ということである。

 

ジャージだけ、

あるいは

ミニスカだけにしてくれ!

 

と思うわけだ。

(出来ればミニスカで)

 

それと同じで(ぇ?)、

 

凡人は複数の事を同時に出来ないんだから、

2つ3つのことに注意すると、

全部おざなりになってしまうのである。

 

だからスイング中に集中する注意点は、

 

一つだけ!

 

にすることをオススメする。

(女子はミニスカだけでよろしく)

 

そして、

 

その一つは、

スイングの全体的なこと!

 

がいいと思う。例えば、

 

・力を抜く!

・体の回転で打つ!

・体重移動!

 

といったことである。

 

右膝をキープする!とか

シャットフェースにする!とか

脇を締める!とか、

頭は残す!とか、

フォローは左肘を伸ばす!とか

フィニッシュは左足一本で立つ!とか・・・

 

そういうことも大事なんだけど、

そういう細かい点は素振りの時にチェックして、

 

本番スイングでは

「スイング全体のこと」

のみに集中するのである。

 

こっちの方が圧倒的にミスが少なくなるんじゃないか・・・

と、気付くのに20年以上掛かったわけだ(笑)。

 

ゴルフのスイングは複雑である。

 

この複雑さを紐解き、

体に覚えさせるのが練習で、

 

練習で覚えた動きを

再現させるのが本番なのだ。

 

というわけで、

 

脚が細すぎるミニスカは毒。

 

 

これ・・・チンコ反応しないんだよねー。

 

じゃなかった(笑)、

 

本番で考え過ぎるのは毒!

 

アドレスに入ったら、

スイング全体の大きなことだけを考え、

他のことは考えずにスイングを完遂しよう!

 

へっぽこアマチュアへのオススメは、

下半身で打つイメージである。

 

右足から左足!

右膝から左膝!

右股関節から左股関節!

 

イメージは人それぞれでいいのだが、

これに集中するだけで、かなりミスは減ると思うぞ。

(ダフリ・トップの主な原因は右足体重スイングである)

 

あと、下半身で打つイメージがすでに出来ている人は、

「胸で打つイメージ」がオススメ。

(→浅次郎流心臓打ち

 

これによって体とグリップが同調し、

物凄くインパクトが安定するのである。

 

多くのミスは「手打ち」が原因。

小手先の細かいことより、

全体の大きいことを考えるようにしよう!

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

今回は、

 

くまもと中央CCに行ってきたぜ!

 

 

OUT45、IN41の86。

 

曇り、美風、グリーンは速いが適度に止まるベストコンディション。

 

前半はドライバーの調子が悪く、

ショボ~~~いフックボールが多発。

 

実は今、トップ位置のグリップを微妙にイジっており、

スイング時の意識もそこに集中しちゃっててね。

結果・・・手打ちになってたんだと思う。

 

で、後半からはもう難しく考えるのはヤメて、

「心臓打ち」に集中。

 

これで、球の捕まりも飛距離も方向性も回復し、

ダボなし41のナイスラウンド。

 

やはり、本番では小手先のことより、

全体の大きいことにのみ集中した方がいいと思うな。

 

しかし今年中にもう一回80切りをしたかったのだが・・・

年内にゴルフ出来るのも数回か・・・

 

 

やはり、PAR5の成績が良いんだねぇ。

それに比べてPAR4の成績がイマイチ・・・

パー率はともかく、ダボ以上率を下げないと!

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【80切りを目指すゴルフ】なんか球の捕まりが悪い?なんか飛距離が合わない?ちょっとだけスライスが掛かる?そんな時は「フェースの開き」が原因かも?バックスイング、トップで「シャットフェース」になっているかを確認しよう。フェースはいつのまにか開くもの。あなたのスライスも「シャットフェース」で治るかもよ?

 

先日、鬼ヤンベにも指摘されたのだが、

(↑熊本県アマ決勝進出おめでとう)

 

私には、いつのまにか

「フェースが開く」

というクセがあるらしい。

 

 

というか、

 

これはきっと私だけじゃなく、

多くのアマチュアのクセなんだと思う。

 

そもそもゴルフクラブをそのまま振れば

フェースが開いて当たり前

 

だからアマチュアの8割はスライスに悩んでいるのである。

(スライスの原因はフェースの開きが100%である)

 

で、

 

私はいつもフェースが開かないように、

つまり「シャットフェース」となるように意識しているのであるが、

(特にトップの左手首)

 

時々これをスカッと忘れてしまうわけですな。

(体は楽をしたがるからね)

 

 

これは本当に微妙な差で・・・

 

仮にスイング自体が何の問題もなくても、

ちょっとでもフェースが開けば、

 

・球が捕まらない

・飛距離が出ない

・ちょっとスライスする

(フェードとは違う)

 

ということになるのだ。

 

スライスする場合は分かりやすいんだけどね。

ストレートボールでも・・・

フェースが開いて当たってることがあるので要注意である。

(スライスの原因は100%フェースの開きだが、フェースが開いてるからスライスするとは限らない。特にアイアンやウェッジね。分かりやすいのがロブショット。フェースを開いて打ってもスライスしないでしょ?)

 

フェースの開きによる距離損は、私の感覚では

ドライバーで20~40ヤード。

アイアンで5~20ヤードくらい変わると思う。

 

「あれ?芯食ったはずだけど、全然飛んでないな・・・」

「あれ?グリーン乗ったと思ったけど、こんなに手前???」

 

って時は、風とか登り下りを疑う前に、

「フェースが開いてないか」をチェックすべし。

 

今回は菊地絵理香ちゃんのスイング見ながらチェックしてみよう。

 

 

生足が眩しいなあ・・・

 

アマチュアが注意すればいいのは・・・

以下の2点のみ!

 

■腰の高さで、フェースの面の向きをチェック

アイアンでもドライバーでもいい。腰の高さまでクラブを上げた時に、フェース面が12時~1時方向になっていたら・・・それはフェースが開いていると思っていい。そのまま振り下ろせば・・・かなりの確率でフェースが開く。正しいフェースの向きは11時前後。フェース面は地面方向に向いていなければならん。

中には「バックスイングでフェースを開き、ダウンスイングでフェースを閉じる動きが大事」と教えるプロもいるようだが、これははっきり言って至難の技である。閉じ損なえばフェースが開いてしまうし、閉じすぎると引っ掛けてしまう。フェースを閉じたままスイングするのが最も簡単だと思う。

 

トップで、左手首をチェック!

トップの位置で、左手首が甲側に折れると・・・フェースが開いてしまうぞ。絵理香ちゃんのように左手首は真っ直ぐになるのがシャットフェースの基本。この時、右手首は「出前持ち」の形で甲側に折れていなければならない。

 

この手首の角度は本当に微妙で、

5mmズレたらフェースが開く!

と思っていいと思う。

 

アマチュアはとりあえずこの2点に注意すれば、

「フェースの開き」を防げる!

と思うぞ。

 

ちなみに、

典型的なスライサーの人が「シャットフェース」を実践すると、

ことごとく「引っ掛けチーピン」になってしまうと思う。

 

なぜなら、

典型的なスライサーは

アウトサイドインじゃないとフェアウェイ方向に飛ばないのであり、

アウトサイドインでフェースが閉じると、

当然打球は左に出て、フックが掛かってしまうのだ。

(アウトサイドインがスライスの原因ではないからね?)

 

つまり「シャットフェース」で捕まった球を打ちたいなら、

「インサイドイン」軌道のスイングが必須。

 

つまり、

「シャットフェース」と「インサイドイン」はセット。

「オープンフェース」と「アウトサイドイン」もセットなのである。

 

インサイドインに関してはこちらの記事をご覧あれ

アウトサイドインの典型的スライスが劇的に改善した例

スイングアークと遠心力とグリップ軌道の考察

 

スポンサードリンク

 

さて。

 

今回、チサンカントリークラブ御船に行ってきたのであるが、

久しぶりに酷いスコアであった。

 

男らしく言い訳をすると(ぇ)、

 

 

最初の数ホールは霧でほとんど視界がなかったのである。

 

それから、県アマシニアが行われるとかで、

グリーンが鬼速であったのである。

 

あ、いや、

 

言い訳になってないな(笑)。

 

 

out49,in49の98(ボソッ)

 

前半・・・とにかくパターが全然寄らず入らずでね。

 

ここ最近は1m前後の距離はほとんど外してなかったのであるが、

最初のパットで引っ掛けたのが運の尽き。

その後ことごとく左に外してしまったのだ。

 

さらにグリーンが鬼速なもんで、

超弱めに打ったつもりが大オーバーしたり、

意識し過ぎてショートしたり、芝目に食われたり・・・

 

で、パットが入らないと悪循環でね。

なんとかスコアを挽回しようと、

スイングが雑になるわけよ。

 

普段やらないようなチョロとかトップとかミスが多発。

 

そしてアイアンは全部ショート。

ピンまで残り160ヤード、6番アイアンで普通に真っ直ぐ飛んで。

 

こりゃ乗ったわ!

と思ってグリーンに行ったら手前なわけ。

 

 

か、

 

か、

 

風かな???

 

(全然ないわっ!)

 

(そっからアプローチが寄らず、入らず、返しも入らず。笑)

 

で、ドライバーもなんだか飛ばない上に、

ショートアイアンもウェッジも

全部10ヤードくらいショートするわけよ。

 

原因は冒頭で書いた「フェースの開き」だったわけだが、

気付いたのは最後の18番で(笑)。

(ティーショットが大きくスライスしたのを見て気付いた)

 

時すでに遅し。

 

ガクっ・・・

 

 

私もガッカリだ・・・

 

だけんどもしかし!

 

ゴルフのいいところは、

 

こうやって「反省」出来るところなのである。

 

悪いスコアが出ても、

ミスショットをしても、

酷いOBを打っても、

 

反省して次に活かせばヨロシイ。

 

ヨロシクないのは、

勘、適当、反省なしのラウンド。

 

これはなかなか上手くならないよね。

 

というわけで、

 

次は挽回するぞー!

 

 

98とか打ったら挽回するのが大変だな。

平均85はもうムリか・・・

せめて今年中にもう一回70台出したい!

 

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc