【80切りを目指すゴルフ】スイングにおける切り返しのタイミングは人それぞれであり、正解はない。ただ、人によっては間違ったタイミングで切り返してる場合があり、その場合は直した方がいいと思われる。あなたは「1.2.3!」?それとも「1.2の3!」?多くのアマチュアは切り返しのタイミングが遅すぎる?

 

あなたの切り返しのタイミングは、

 

「イチ、ニッ、サン!」

 

それとも・・・

 

「イチ、ニーの、サン!」

 

どっち?

 

 

もちろんどっちだって正解なのだが、

人には「合う」「合わない」があると同時に、

「間違ったままスイングしている」可能性がある。

 

例えば、ずっと

「イチ、ニーの、サン!」

で切り替えしてたんだけど、

実は、

「イチ、ニッ、サン!」

の方が自分に合ってた!と言うパターンである。

 

これは、

フォトショップでチョチョイと修正するだけで、

劇的に顔が変わるのと同じで(ぇ)、

 

 

切り返しのタイミングを変えるだけで

劇的にスイングが変わる!

というパターンであるぞ。

 

特に・・・ヘッポコアマチュアの多くは

「オーバースイング」「イチ、ニーの、サン!」

であることが多く、

「コンパクト」「イチ、ニッ、サン!」

にするだけで劇的にスイングが変わる人は多いんだぜ~~!

 

切り返しのタイミングを変えるのは・・・

難しそうであるが、

実はそんなに難しくない。

 

グリップやアドレスを変える方がよっぽど難しく、

何度かスイングすれば

結構簡単にアジャスト出来るのである。

 

コツは一つだけ。

「手」で切り返すのではなく、

「体」で切り返すこと。

(下半身、膝を意識してもいいかもしれない)

 

是非一度試してみて貰いたい。

 

ちなみに、

 

浅次郎は以前

「イチ、ニーの、サン!」

でスイングしていたが・・・

 

えーーーーと、

 

これは約2年前のスイングだな。懐かしい。

 

「イチ、ニーの、サン!」

トップで一つ「間」を取ってスイングしているのが分かるな。

 

しかし、今は

「イチ、ニッ、サン!」

のイメージでスイングしている。

 

これは今回のラウンドで撮影したスイング。

 

比べると・・・我ながら上達ぶりが際立つね。

 

アドレス。いいんじゃないの?

 

トップで頭が突っ込む悪癖は今もそのまま(笑)。

 

もうちょいクラブが立って降りてくるといいんだけどね。

 

インパクト。ビハインド・ザ・ボール。

 

だいぶアームローテーションが出来るようになってきた。左肘も曲がってないし、腕が伸びるようになってきたし、ちょっとずつ良くなってきたと思うんだけど、もうちょい自然と手首が返るようになりたいね。

 

首に巻き付くようにフィニッシュ。一本足で立ててるし。あとは左足首だねー。

 

良くなってきたけど、

 

色々ともうちょいやね。

 

切り返しのタイミングの件は、

是非貴方も色々と試してみて欲しい。

 

総じて切り返しのタイミングが早い方が、

球筋が安定し、強い球が打てるようになるぞ。

(最大飛距離は落ちるかもしれんが、平均飛距離は伸びる!)

 

まあ、タイミングは人それぞれだけんな。

合わないと思ったら元に戻せばよろしい。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

最近は天気が悪かったり、

めちゃくちゃ忙しかったりで、

なかなかゴルフに行けなかったのだが、

 

無理やり時間を作って、

菊池CCの午後スルーに行ってきたぜ~~~!

 

 

OUT42、IN39の81!

 

スタート1番のティーショットを左に曲げてOB。

2番のティーショットは慎重に5Wを選んだんだけど、

なんか変なとこに当って右崖OB。

(アイアンがベタッと寄ってボギーで済んだけど)

 

いや~~~面目次第もない。

 

その後、ドライバーはすぐに復活し、

ナイスショット連発。

パターがこれまたコロコロと良く入って42。

 

後半は難しい11番でミスが出て素ダボを打ったが、

14番からは5ホール連続パーオン。

しかも全てバーディトライ。

結果入ったのは1個だけだったけど、

他はすべてタップインパー。

 

特に15番は404ヤードと長いパー4。

ドライバーでフェアウェイ真ん中に270ヤード飛ばし、

8番アイアンでピン横2mズドンの完璧な内容であった。

 

ゾーンに入るとミスが無くなり、

簡単にパーが取れるようなる・・・

 

これは76で回った時もそうだったなあ・・・。

こういう状態を長く継続出来るようになりたいなあ。

 

 

とうとう平均スコアが85.6まで来た。

FWキープ率も52%まで来たし、

パーオン率も32%まで来た。

 

今年の目標(平均スコア86)はもう達成しそうだけども、

ついでだから、

平均スコア85切りを目指そうっと。

 

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

【80切りを目指すゴルフ】グリップは軽く握るべし!ユルユルグリップで!と教えられた方は多いと思う。その方が「ヘッドが走るから」と。しかし実際「ソフトグリップ」でスイングすると引っ掛けたり、スライスしたりないだろうか?実は、ゆるゆるグリップで飛ばすためには「遠心力スイング」がセットで必要だったのだ。

 

「グリップは軽く握りなさい!」

 

と教えられたゴルフオヤジは多いと思う。

あるいはゴルフ雑誌を見れば必ずそう書いてありますな。

 

どんだけ軽く握るかといえば、

 

「小鳥を生かさず殺さず握るように」とか

「クラブを引っ張られてもギリギリ抜けない程度」とか

「チンコを握る時のように」と・・・

 

言われたり、書かれたりしますな。

グリップ「ユルユル」or「ギュッ」、どっち?/教えて武藤俊憲編

(最後のはあんたのブログだけだろ!)

 

これはこれで間違いない。

 

グリップはギチギチに握るより、

ゆるゆるに握った方が良い。

 

だけんどもしかし!

 

 

果たして、

 

そんな「ちんこゆるゆるグリップ」で、

 

ちゃんと真っ直ぐ飛ぶだろうか?

引っ掛けたり、スライスしたりしないだろうか?

ダフったり、トップしたりしないだろうか?

 

いつの間にか、

 

元のチン痛グリップに戻ってないだろうか?

 

普通にしっかり握ったグリップの方が、

球筋は安定するんじゃないだろうか?

 

確かに、

「グリップゆるゆる」だと飛ぶ。

 

ヘッドが走るから、

当たるとメチャクチャ気持ちいい。

 

 

上級者はそれで問題ない。

 

しかし、問題は

スイングが安定してない初級者・中級者であり、

そのグリップがゆるゆるだと、

テイクバック時や切り返しのタイミングが安定せず、

またインパクトのタイミングがずれたりして、

 

ミスも多くなるのである。

 

特にフックやスライスのミスが多発して、

 

「ゆるゆるチンコグリップ・・・もうやーめた」

 

となるゴルフオヤジがヒジョーに多いのだ。

(あるいは無意識の内に元のチンポジに戻ってしまう)

 

・・・かくいう私もその一人である(笑)。

 

しかしこれには、

 

実は裏があったのだ。

 

誰も教えてくれないが、

「グリップゆるゆる」だけじゃダメだったのである。

 

前回書いた・・・

「遠心力を利用したスイング」「グリップゆるゆる」

をセットにしないとダメだったのだ。

 

遠心力を利用したスイングの話はこちら

 

考えてみりゃ当たり前の話で、

何のためにグリップをゆるゆるにするかといえば、

クラブの遠心力を最大限に高めるため!

なのである。

 

つまり、

ヘッドが走るのは、

「遠心力」のおかげであり、

「グリップゆるゆる」のおかげではない。

 

「グリップゆるゆる」は加速装置のような存在であり、

まずは「遠心力」を上手く使ったスイングが必要なのだ。

 

しかし多くのレッスンでは、

とにかく「グリップゆるゆるにしなさい」と言う。

 

これは順番が逆で、

先に遠心力を活かすスイングを身につけるべきだと思うのだ。

 

アウトサイドイン軌道の人がグリップゆるゆるにして、

ヘッドが走るようになったらどうなるか?

そりゃ引っ掛けが多発するわな。

 

インサイドアウトでフックを打ってた人は

ドンピシャで当たると凄い球が行くようになるだろう。

しかしチョットでもフェースが開けばプッシュスライスOB一直線。

あるいは鬼フック。

 

極端な話、

「手打ちスイング」の人にとっては、

「グリップゆるゆる」は弊害でしかないと思う。

 

「遠心力スイング」なしで

「グリップゆるゆる」にすると・・・

飛距離は出るけど、大きなミスにつながりやすいのだ。

 

プロのグリップにも「緩め」「キツめ」の差はあれど、ギチギチグリップは一人もいない。

 

「遠心力スイング」と「ゆるゆるグリップ」はセット。

 

そのことに気付いた私は、

今までチンコが圧死するかの如く握りしめていた指を解き、

色々と試してみたのである。

 

しかし、

 

返す返す、

「ゆるゆるグリップ」は難しい。

 

いつの間にか力が入ってしまうのである。

スイングの途中でムギュっと握りしめてしまうのだ。

 

そこで、

 

ちょっと考え方を変えた。

 

「グリップをオッパイだと思え!」

 

 

じゃなかった(笑)、

 

「力を入れる指を限定する」

 

・・・これだ。

 

この効果は絶大で、

一瞬で「ゆるゆるグリップ」が完成。

 

力を入れるその指は・・・

 

「左手、小指一本」

 

「左手指3本(2本)」という人もいるかと思うが、私の場合「左手小指一本」で十分。つか「左手指3本」じゃ力が入りすぎる。アドレス、テイクバック、切り返し、ダウンスイング、インパクト、フォロー(←大事)・・・全てのシーンで、

 

「左手、小指一本」

 

にだけ力を入れてスイングするのだ。

 

そうするとどうだ!

 

驚くほど力が抜けて、

ヘッドが走るじゃないか!

 

なるほど・・・

遠心力を活かすには、ゆるゆるグリップが必須。

そうするとヘッドが走るから、

頭を残したままスイングが出来るわけだ・・・。

(頭とグリップが引っ張り合うようなイメージになる)

 

皆も一度、

「左手小指一本」スイングを試してみて欲しい。

インサイドから振り抜くと・・・

ヘッドが走って気持ちええぞ~!

 

次回、スイングが変わったかどうか

動画でチェックしてみようと思う。

 

さて、

今回は先週と同じく阿蘇大津ゴルフクラブへ。

 

スポンサードリンク

 

今回は無風快晴の上、距離が短い方のBグリーン。

 

言い訳は出来ん(笑)。

 

 

OUT41、IN40の81!

 

パーオンからの3パット4発が情けない限りだが、

OBなく、

大きなミスなく、

久しぶりのダボなしラウンド。

 

ドライバーは曲がっても左右の浅いラフまで。

アイアンのダフリ、トップといったイージーミスもなし。

 

5m程度のバーディチャンスも結構あったし、

ほんとパターさえもうちょい入れば・・・

というナイスラウンドであった。

 

37パットで81は嬉しいな。

 

 

なんと・・・平均スコア86.2まで前進。

こりゃ今年の目標(平均スコア86)は達成出来そうだな!

フェアウェイキープ率、

パーオン率もじわじわ上がってきているし!

 

しかし、私の野望はもっと先である。

まず「遠心力スイング」+「ゆるゆるグリップ」を完成させねば!

(パッティングの練習もしなさい!)

 

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

【80切りを目指すゴルフ】多くのアマチュアはスイングアーク(クラブヘッドの軌道)について勘違いをしている。バックスイングの軌道とダウンスイングの軌道は同じだと考えているアマゴルファーが多いのだ。しかしスイングには必ず遠心力が働くのであり、グリップ軌道は「内側」「下側」を通し、直線的なイメージでスイングするのが大事。

 

今日は、

多くのアマチュアが盛大に勘違いしている、

スイングアークの話をしよう。

 

最初、この動画を見て、

 

「え?まじで?」

 

と思ったのである。

 

 

この動画ね。

 

このブログでも、

 

何度も何度も紹介してるんだけどね。

 

2:00過ぎからもう一回見て欲しい。

 

 

この右側のスイング解析の、

水色のラインがバックスイングの軌道。

紺色のラインが切り返してからダウンスイングの軌道。

内側の小さい円弧がグリップ軌道で、

外側の大きい円弧がヘッド軌道である。

 

ご覧の通り、

バックスイングの軌道とダウンスイングの軌道は、

全然違う!のである。

 

グリップ軌道の違いはわずかに見えるけれども、

実際は10cm以上違うと思われる。

ヘッド軌道の違いはもう劇的だよね。

 

今度は後ろから見たヤツね。

 

 

どう?

 

やっぱり、バックスイングとダウンスイングの軌道は、

全然違うわな。

ヘッド軌道はバックスイング軌道のはるか下を通っており、

「8の字」を描いているのがよく分かると思う。

 

しかし、多くのアマチュアは、

「バックスイングとダウンスイングの軌道は同じ」

のイメージでスイングしていると思う。

(私もそう思っていた。笑)

 

「同じ軌道を行って帰って来れば、キレイに当たるんじゃね?」

 

という・・・

至極単純な小学生レベルのロジックでグリップを動かしているのだ。

(私もそう思いつつ動かしていた。笑)

 

しかしこれは間違っている。

 

なぜなら、

シャフトはしなるのであり、

クラブヘッドには「遠心力」が働くからだ。

「グリップ軌道とバックスイング軌道は違う」

 

遠心力とは、

物体が回転運動をする際にその外側に行こうとする力。

 

つまり、

同じ軌道で打とうとしても、

遠心力によってクラブヘッドは遠くに行こうとするわけだから、

同じ軌道にはならず、

自然とその外側の軌道になるわけだ。

 

 

ドライバーで

ボールをトゥ寄り(先寄り)にセットするアマチュアは、

かなりの数いる(練習場でも良く見かける)。

 

ドライバーでシャンクが出るわけでもないのに、

なぜトゥ寄りにセットするのか?

 

これはクラブヘッドが遠心力で遠くに行ってしまうので、

こうしないと芯に当たらないからだと思われる。

 

しかし、この打ち方はクラブが体から離れてしまうので、

(脇が空き、肘が伸びてしまう)

手打ちになりやすく、

飛距離が出ず、

コントロールがヒジョーに難しい。

 

野球で、肘を伸ばしたままバットを振るイメージ。

これ、全然飛ばないしコントロールも出来ないよね(笑)。

 

あるいは、クラブヘッドが遠くに行こうとするのを

手で制御している人もいるかもしれない。

 

この場合、手で引きつけるような動きになるため、

軌道は「アウトサイドイン」になりやすいわな。

(そして遠心力を殺してしまうため、全然飛ばない)

 

もしかしてだけどー

 

もしかしてだけどー

 

これらが理由で、

・手打ち

・アウトサイドイン

になってしまうアマチュアが多いのかもしれんな。

 

 

今までの記事を読んで、

キンタマが縮こまった諸兄

も沢山いると思うが(笑)、

 

ココから先は「難しい話」になる。

 

我々より非力で体格に劣る女子プロが

いとも簡単に250ヤード飛ばすのは、

「回転力」「遠心力」を上手く使っているから。

 

じゃあ、どうやれば、

遠心力を上手く使ったスイングになるのか?

どうやれば、

ボミちゃんのようなスイングアークで打てるのか?

 

注意するのは

ヘッド軌道ではなく、グリップ軌道である。

 

グリップ軌道が変わることによって、

ヘッド軌道も変わるんだからね。

 

・バックスイングより内側を通して降ろす!

正面から見た場合、バックスイングの内側を通してグリップを降ろすべし。その為には右足→左足の下半身の動き(体重移動)が必須。手でやっちゃダメ(手でやると引っ掛けるぞ!)。ただし、グリップ軌道のイメージは持つこと。

 

・バックスイングより低い所を通す!

後ろから見た場合、グリップはバックスイングの軌道より低いところ(右脇に近い所)を通すイメージ。簡単に言うと、アウトサイドに上げてインサイドから降ろすイメージ。多くのアマチュアは「アウトサイドイン」になりたくない・・・というイメージのため、バックスイングで「インサイド」に上げてしまうんだがこれは逆効果である(アウトサイドから降りてしまう)。「アウトサイドに上げて、インサイドから降ろす」イメージの方が内側からヒットしやすい。

 

池田勇太のスイングはちょっと極端であるが・・・「外に上げて内側から降ろす」の例としては非常に分かりやすい。

 

・グリップはボールに対して直線的な動きでOK!

グリップで弧を描こうとしなくていい。これは「外側→外側」の動きであり、これをやるとスイングの途中でタメが解けてインパクトが薄くなってしまうし、ダフる原因にもなる。グリップはボールに対して直線的なイメージで動かそう(実際は直線的な動きにはならない)。そうすることによって遠心力が「内側から外側」に向かうことになる。

 

手でボールを投げる時に、

肘を伸ばしたまま投げる人はいないよな?

 

必ず肘を曲げて

「内側から外側へ」遠心力が働くように投げるはず。

 

ゴルフのスイングも一緒で

遠心力は「内側から外側へ」働くようにスイングしなければならん。

 

内側、低い所を通して、

直線的にスイング!

 

これが出来るようになれば、

遠心力が打球方向に加わり、

捕まった力強い球が出るようになるのである。

 

また、よく「ダウンブローで打て!」と言われるが、

ダウンブローはこの内側を通すスイングアークの結果、

自然とそうなるのが正しい。

 

ボールの前に置いたコインを打つつもりで・・・

なんつっても、体が突っ込むだけだと思うけどな。

(結果左右に球が散らばる)

 

ただ、

今回の話は本当に難しい。

 

私も今、フルボッキで練習中なのだが、

本当に難しいのである。

 

もちろんこのスイング中も、

「スウェーしない」
「頭は残す」
「力は抜く」
「背骨軸」
「体は回す」
「左股関節で受け止める」
「脇は締める」
「シャットフェース」

といった数々のチェックも怠らないようにせねばならんけんな~。

 

池田勇太くらい極端にやってみるのも一つか・・・

 

スイングアークまとめ。

・バックスイングとダウンスイングの軌道は違う。

・スイングには必ず遠心力が働く。

・内側、低い所を通し、ボールに対し直線的にスイング。

 

今回の話は、

知っているのと知らないのは大違い。

 

あなたのゴルフライフの参考になれば幸いだ。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

今回は約2週間ぶりのゴルフ。

ちょっと忙しかった&風邪を引いてたので、

ゴルフに行けなかったのだ。

今年に入って2週間ゴルフに行かなかったのは初めてだなあ(笑)。

 

行ってきたのは阿蘇大津ゴルフクラブ

 

天気は良かったのだが・・・

 

まれに見る強風であった。

 

 

 

OUT49、IN41の90。

 

いやもうね。以下、言い訳ですよ。言い訳なんだけど、この日はマジ顔で風が強かったのである。どのくらい強いかというと・・・言葉で言っても伝わらんと思うので動画を載せておこう。

 

 

旗がバタバタとなびき、ピンが曲がるほどの強風。阿蘇大津ゴルフクラブは元々風が強い傾向にはあるが、それにしてもこんなに風が強いとゴルフは難しい。

 

なんせアゲインストだと全然飛ばんのである。

 

ドライバーが普通に当たっても200ヤードとか。

鬼ヤンベのガチ当たりでも230ヤードとかしか飛んでなかったけんな。

(鬼ヤンベのガチ当たりは270~280ヤードくらい普通に飛ぶ)

 

で、この日は遠い方のAグリーン。

 

400ヤード近くあるミドルが沢山あるわけだが、

アゲインストだと論理的にパーオン不可能なわけ。

 

逆にフォローだとどこまでも飛んでいくわけで・・・

これはこれでまた難しいよな。

 

前半はアゲインストで大ショート。

フォローで大オーバーの繰り返し。

 

6番アイアンのガチ当たりで130ヤードも飛ばねえ・・・とか、

残り115ヤードを52度で打ったら大オーバー・・・とか。

 

非常に難しいゴルフだったのである。

 

10番ショートなんて190ヤードのフォローだったのであるが、

5番アイアンで打ったら大オーバーだったし。

 

後半は、マグレのチップインパーがあったり(笑)、

フォローのロングでバーディ取ったりとかして、

なんとか持ち直したんだけど、

 

個人的には「風ハンデ6」くらい見ていい強風だったと思う。

(鬼ヤンベも80だったし。笑)

 

ま、全部言い訳だけどな。

 

 

目標の「平均86」までもうちょっとなんだけど・・・

90とか打ってたらアカンわ・・・

あと、年内にもう一回70台出したいな~。

 

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc