上達に悩む40代、50代のアマゴルファーに無料プレゼント!

原因不明のアプローチシャンクを直す方法は?

【シャンクの原因は何?原因不明のアプローチシャンク改善法】アプローチ時、急に飛び出す原因不明のシャンク。一度出ると連続してシャンクすることが多く、実戦で飛び出すとスコアが崩れるのはもちろん、精神的なダメージが大きい。なぜならシャンクは原因が分からないと連続して発生するからだ!つ、次もシャンクするかも・・・?

 

私は、

バカな上に仕事が出来ない会社の上司より、

嘘ばっかりの売国反日マスコミより、

怒って目が真っ赤になった我が家の王蟲より、

 

シャンクが嫌いだ。

 

%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%82%af1

 

(好きな奴ァいねえわ!)

 

シャンクはボールがクラブのネック(ホーゼル)に当たり、

激しく右に飛び出す最悪のミスショット。

 

普段は温和な浅次郎も・・・

シャンクが出たら、

呪いの言葉を吐きつつ舌打ち2回して天を仰ぐ。

(練習場で出ると非常に恥ずかしい。笑)

 

私の場合、

普通のアイアンショットでシャンクが出ることは滅多にないのだが、

30ヤード以内のアプローチで時々シャンクが出るのだ。

 

そしてこのシャンク・・・一度出たら止まらないのが甘栗ゴルファーの常。

 

どんなに注意しても、

いや、注意すればするほどシャンクが出るのだ。

 

素振りは問題ない。

ヘッドアップもしてないし、

ちゃんと身体の回転で打てている。

 

なのに、何度打ってもシャンクする。

 

何故だ!何故シャンクする!

 

これはアイアン、ウェッジで発生する

一般的な「シャンクの原因」である。

 

■シャンクの一般的な原因

・ボールとの距離が近すぎる

・スイング時、遠心力で腕が体から離れ過ぎてしまう

・ダウンスイング時、身体が前に突っ込む。

・真横からボールを打ってしまう。

・極端なアウトサイドイン軌道

・手打ち

 

■シャンクの一般的な解決方法。

 

いろんな解決法があるが、

どの方法が合うかは個人によって違うと思う。

 

ちなみに、

 

「アドレス時にボールを遠くに置く」

 

というのはシャンクの解決にはならない。

むしろシャンクが酷くなる可能性があるので止めた方がいい。

 

ま、以上のように、

普通のシャンクにはいろんな原因があるのだが、

 

短いアプローチでシャンク!

が出る場合の原因はちょっと違う!

 

なんせ短いアプローチのバックスイングはチョビっとなのであり、

ボールとの距離とか

スイング軌道がどうこうって問題じゃないからだ。

 

その証拠に、短いアプローチのシャンクは、

スイングがキレイな・・・

ゴルフの中級者、上級者でも良く出るミスなのだ。

 

では、その原因はなんなのか?

 

%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%82%af2

 

■アプローチシャンクの原因

・右肩が突っ込む。

・インパクト時、右膝が前に出る。

 

これである!

もちろん、これだけが原因とは限らないし、

いろんな原因が複合して起きることもあるだろう。

 

しかし、中級者、上級者に発生する原因不明のシャンクは、

右肩、右膝の余計な動きが原因であることが多い!

 

回転で打とうとするあまり、

右肩が突っ込み、右膝が前に出てしまうのだ。

 

%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%82%af3

 

この右膝のせいでヘッドの軌道が数cm外になってしまい、

ネックに当ってしまうわけ。

 

アプローチシャンクに悩む方は・・・この動画必見である。

 

 

■アプローチシャンクを直す方法

・ターゲットより少し左を向く(フェースを開いてもOK)。

・右肩は前に突っ込まないように、左に押し込みながら回転。

・右膝は左膝にぶつけるイメージ。前に出さない。

 

ダウン軌道が変わるのは「右膝」のせいであるからして、

「右膝を前に出さない」

というイメージだけでも多くのシャンクは防げるぞ!

 

本番でいきなりシャンクが出る場合の原因も大概これだ!

 

是非、この点に注意してアプローチ練習にハゲんで頂きたい。

 

さて、

 

ハゲんでないけどハゲかかった友人に誘われて、

池だらけの沼コース・・・ワールドカントリー倶楽部に行ってきたぞ。

 

このコース・・・はっきり言って嫌い苦手なんだよねー。

 

スコアは・・・

%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89cc20161013%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%82%a21

 

OUT46、IN44の90。

 

毎度毎度言い訳をするわけだが(笑)、この日のピン位置は、

 

「プロのトーナメント中か!」

 

とツッコミたくなるほど厳しく、

ほとんどのホールで、一番奥か一番手前。

 

「奥はともかく、手前ならいいじゃーん」

 

と思うかもしれんが、ピンが手前な時は・・・すぐ手前がアゴバンカーや池ってパターンなのである。つまりちょっとでもショートしたらバンカー地獄or池ポチャ。そんなもんピン方向を外すか、大きく打つしかないではないか!

 

というわけで、パーオン3パットのボギーが4回。アプローチミス絡みのダボが3回。さらには、打たなくていい2打目OBが一発あって(7Wを過信してしまった)スコアが崩れてしまったのである。

 

ま、こんだけミスって90なら良しかもしれんが・・・

この日はドライバーがとても安定していただけに、

せめて80台前半で回りたかった。

 

この日のドライバー。正面から。このショットはストレートボールでフェアウェイど真ん中へ。推定飛距離240~250ヤード。

 

このショットは・・・後ろから見ると、明らかに右のバンカー向いてますな(笑)。

自分は真っ直ぐ立ってるつもりなのに、これだけアライメントがズレるのだ!アライメントはめっちゃ大事だぞ~。ちなみに、このショットもナイスだったのだが・・・当然の如くバンカーの中へ(笑)。

 

早く次のステージに行きたいのだが、

 

ゴルフは、

1歩進んで、2歩下がっての繰り返し。

 

開眼した!と思った次の週に、

ボロボロになるのがゴルフである。

 

ちょっとずつでも前へ。

 

%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%82%a2%e5%88%86%e6%9e%9020161013

 

パーオン率33%(6回)なのに、

パーはたったの3個・・・寄せワンも取れなかったんやなあ。

 

ま、頑張って練習するのみ。

 

スイングを変えずに上手くなる?甘ゴルファーが10日間で学ぶゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

 

 

    スポンサードリンク

    一緒に読みたい関連記事

    ■練習しても全然上手くならない40代、50代のアマゴルファーへ!

    コメントを残す