上達に悩む40代、50代のアマゴルファーに無料プレゼント!

効果的で簡単なビハインドザボールの意識方法!

【目標80切りゴルフ】ビハインドザボール!頭を残せ!と言われても、ついついヘッドアップしちゃうのがアマチュアゴルファーのサガ。正しいビハインドザボールの方法、頭を残す効果的な方法は?その時の体の回転は?左股関節を軸に右腰を回転!左膝、左足首はベッタリ我慢汁!これが出来たら飛距離・方向性ともに格段にアップするぞ!

 

今はスマホで簡単に動画が取れるから、

是非、自分のスイングを撮って、じっくり見て欲しい。

 

そして頭の動きを見て欲しいのだが、

95%のアマチュアゴルファー(管理人含む)は、

 

スイング中に頭が動いているのだ!

 

頭を残せ!ビハインドザボール!

そんなことは重々分かっているんだけど、

やっぱり私のデカイ頭は動いてしまうのだ・・・。

 

 

切り返しで前にツッコム2

これは2016年2月頃(半年前)のスイングだが・・・今、見るとヒドイな(笑)

 

この記事を真面目に見てる貴方の頭も

くわわわっ!と動いてしまってるのだと思う。

 

で、どうやっても頭が残らないアマチュアゴルファーに

是非試して貰いたいのが、

 

・右を向いたままスイング。

・インパクトの瞬間に右を向く(という意識)。

 

という方法である。

これは、ヒジョーに簡単かつ効果的なのであるが、

この意識だけだと体重が右に残ったままになり、

プッシュアウトやチーピンのミスが出やすいのである。

 

じゃあどうすればいいのか?

この動画がとても分かりやすいのでご覧頂きたい。

 

 

何度見ても、ナイスな太ももである。

 

何度見ても、ナイスなスイングである。

 

スイング中の正しい頭の残り方と軸回転

 

「スイング中の正しい頭の残り方と回転軸の関係について」

まさしく私の為の動画であるなー。

 

スイング中の正しい頭の残り方と軸回転5

 

アゴを上げて、右足の踵を見ながら左肩を回すと・・・

 

スイング中の正しい頭の残り方と軸回転4

 

左の首筋がピーーーン!と伸びるのが分かる。

 

この感覚がヒジョーに大事!

 

トップからダウンに掛けて、

頭を残しつつ、

左の首筋をピーン!と伸ばすのだ!

 

頭が残らないと首筋は伸びない!

首筋を伸ばす意識が、頭を残すのだ!

 

ドリルとしては、動画にあったとおり、

 

・頭を誰かに押さえてもらう。

・壁に頭を付けてシャドースイングする。

 

のが効果的だ!

 

これは片山晋呉のリオ五輪での練習風景。

 

リオ五輪片山晋呉の練習風景

 

見よ!

 

トッププロだって、

頭を残す練習をしているのだ!

 

ガーン・・・

 

そう、プロのスイングは頭が残ってて滅茶苦茶かっこいいが、

あれは練習に練習を重ねて体得したものであり、

油断すればプロだって頭が上がってしまうのである!

 

頭が上がる癖はなかなか治らない。

私も未だに治らない。

 

しかし、ビハインドザボールはゴルフの極意である。

首筋が伸びる感覚を是非体に覚えこませよう!

 

スポンサードリンク

 

次、

 

これも非常に大事なポイントである。

 

スイング中の正しい頭の残り方と軸回転2

 

左脇を締めて、右腰を回す!

 

これが大事。

何故かと言うと、頭が残っただけだと・・・

右足に体重が残ってしまいやすいからだ!

 

上手く体重移動が出来ればいいのだが、

回転を伴わない体重移動は

プッシュアウトや引掛けチーピンの大きな原因である。

(手首を上手く使えれば、それでもいいのだけど)

 

当たりはいいのに、プッシュ!チーピン!

という経験は誰しもあると思うが・・・

その原因は「回転不足」「回転停止」であることが多い。

 

この「左脇を締めて、右腰を回す」という感覚は、

 

・野球のアンダースロー

・水切り(石投げ)

 

を意識するといいかもしれん。

 

■正しいビハインドザボール(頭を残す)まとめ。

・頭を残したまま、左の首筋を伸ばす!

・左脇を締めて、右腰を回す!

 

是非、練習の時に試して頂きたい。

(本番でいきなりやらないでね。笑)

 

スイング中の正しい頭の残り方と軸回転3

 

以下、補足である。

 

右腰を回転させるときに大事なのが、回転の軸となる左腰(左股関節)である。これがブレると回転軸もブレるの球が荒れる。上の画像のように、左腰を軸にして回った後、左足は地面ベッタリ(直角)、左足一本で立てるフィニッシュが理想であるな。

 

私の場合は、

 

浅次郎アドレス20160504フィニッシュ

 

股関節が鬼固のため、

左足首は進行方向に向いてしまい、足裏がめくれてしまう。

(じゃないと体が回らない)

 

今、この矯正に励んでいるのであるが・・・

 

今日のスイングを見てみよう。

 

 

おお、我ながらナイスボール。

 

今回からガラッとスイングの考え方を変えたみた。どう変えたかというと、上半身の意識を捨てたのである。上半身は脱力。そしてバックスイングでは右膝(右股関節)を意識。そしてダウンスイングでは左膝(左股関節)を意識。単純に、

 

右膝→左膝

 

スイング中は、これだけを意識してみたのだ。

 

下半身がブレなきゃ、

真っ直ぐ飛ぶんじゃね?

 

という単純な理論である。

 

あとは今回記事にしたビハインドザボールの正しい方法だけ。

(これはスイング前のルーティン時にチェック)

 

で、どうなったかというと・・・

 

浅次郎20160808アドレス1

アドレス。前傾、アライメント(体の向き)もかなり良くなったような気がする。もうちょっとグリップを真下に持ってきたいが・・・今は無理ぽ。

 

浅次郎20160808バックスイング2

バックスイング9時。右膝、我慢汁。

膝が流れたら・・・ママ友の会で「ウチノダンナ早漏なの」って言われるぜぇぇぇ!

 

浅次郎20160808トップ

トップ。かなり浅くなった。前回と較べてみよう。

 

浅次郎20160804トップ

画像でみると微妙な差だが、本人からすると大違いである。今まではトップの「間」とか「タメ」とか「切り返しのタイミング」とか色々と意識していたが・・・今回は何も考えていない。

 

浅次郎20160808インパクト

インパクト。もうちょい左ケツが見えるように右腰を回転させたいが・・・これが限界なのかなあ。ダウンに掛けては左股関節を中心に右腰を回転。左膝で我慢。左足首も我慢。ベタ足で我慢。ココで逝ったら今までの頑張りが台無し。「あれ?イッタの?」と言われてしまうぞ!

 

浅次郎20160808フォロー1

フォロー。まだ左膝、左足首ともに我慢!ケツは締める!

 

浅次郎20160808フォロー2

男は我慢。

 

浅次郎20160808フィニッシュ

逝ってよし(笑)。左足裏はめくれず、ほぼベタ足。前回のフィニッシュと比較してみよう。

 

浅次郎20160804フィニッシュ

べ、別人のようだな(わずか4日前である)。前回は左足裏がめくれ、つま先は45度以上進行方向にズレている。ケツの締り・・・悪し。これは左膝で我慢出来ていない証拠である。

 

スポンサードリンク

 

というわけで、

 

今回ドライバーは絶好調。8割方フェアウェイを捉え、ミスショットもラフ止まり。飛距離も230~250ヤードは飛んでいたと思う。しかし、ドライバーが良くてもアイアンが悪いとまとまらないのが・・・ゴルフなんだよねえ・・・(笑)。

 

チサンカントリー御船20160808スコア

 

OUT43、IN44の87!

 

ドライバーは絶好調。

残りはウェッジ、ショートアイアンの距離。

 

なのに・・・

 

グリーンを外したり、

グリーンに乗っても端っこの方だったりで、

ビッグスコアにはならず。

 

うーむ、せめて80前半で回りたかったが・・・しょうがなし。

あと・・・短いパットをどげんかせんば(笑)。

もう短いパットは全部真っ直ぐで打つか!

 

■今後の課題

・アイアンの精度を上げる。

・寄せワンアプローチ。

・ショートパットを確実に入れる。

 

スコア分析20160808

 

これで4連続80台。

ついに、2016年の平均スコアが90.1まで来た。

 

この調子で行けば、

「平均スコア80台!」の目標は達成できそうだが・・・

問題は「70台を出す!」の目標だなあ。この目標は辛すぎたか・・・。

 

とりあえず、

上半身の意識を捨てた膝膝スイングで、

アイアンの練習に励もう。

 

(パターの練習をしろ!)

 

 

おまけ動画。

 

 

アプローチで悩んでいる方は多いと思うが・・・

 

この動画で言ってる通り、

アプローチも体の回転で打たねばならん。

手打ちはミスの元である。

 

この件はまた次回にでも。

 

 

 

スイングを変えずに上手くなる?10日間ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

    スポンサードリンク

    一緒に読みたい関連記事

    ■練習しても全然上手くならない40代、50代のアマゴルファーへ!

    コメントを残す