上達に悩む40代、50代のアマゴルファーに無料プレゼント!

チサンカントリークラブ御船のレストランが好きだ。

【チサンカントリークラブ御船】2015年10月23日、気候もいいし、天気もいいし、仕事してちゃ勿体無い!ってんで・・・ゴルフバカの友人と二人で平日ゴルフに行ってきました。そこで指摘されたのがまさかの「ハンドファースト」。え?ハンドファーストじゃなくてハンドレイト?

 

チサンカントリークラブ御船は、

今年になって度々行ってるゴルフ場ですが、

 

非常に良いです。

 

レストランのウェイトレスが(笑)。

 

チサンカントリークラブ御船のレストラン

 

いや、ほんとに、

 

「え?なんでゴルフ場のレストランで働いているの?」

 

と思われるモデルみたいなスタッフの方達が

「ご注文は?」

とニッコリ笑顔で注文を取りに来られるわけですよ。

(年齢不詳の美魔女含む)

 

みなさんスタイルがいい上に、

何故かひざ上10cmくらいのタイトなユニホームなので、

わざとだろー!

ついつい目が行ってしまうのが悲しい男のサガ。

脚フェチにオススメ

 

今度行く時に、

「ブログにアップするので写真撮らせて下さい」

って言ってみようかと思っています。

(期待しないでね)

(チキン南蛮食べましたが、タルタルソースタップリで美味しかったですよ)

 

・・・というゴルフと関係ない裏話はさておき、

 

チサンカントリー御船は

熊本市内から近い上に料金が安く、

コースもグリーンも非常に良いゴルフ場です。

 

チサンカントリークラブ御船

 

フェアウェイもキレイだし、

ラフもきちんと刈ってあるし、

バンカーはフカフカだし、

グリーンはキレキレです(速かったです)。

 

若干距離は短めでありますが、

(Aグリーンのレギュラーティーで6202ヤード)

まあ、アベレージゴルファーにはちょうどいいですな。

 

ドライバー厳禁のホールが何個かあるから、

ティーショットは毎回ドライバーでかっ飛ばしたい!

って方には向かないかも。

距離は短いですが、

OBゾーンは結構シビアですからね~。

 

で、スコアはどうだったかというと、

 

チサンカントリークラブ御船20151023

 

IN49、OUT45の94でした!

 

スタートホールでいきなり左フック(球は悪くなかったんだけど)でOB。

スタートホールのドライバーって難しいよね~。

 

んで、この日はドライバーはまあまあだったのですが、

アイアンが左へ左へと行ってしまう悪い癖が出てしまい、

前半は全くパーオン出来ず。

 

「原因はフライングエルボーじゃね?」

(バックスイングで右脇が開いてしまう)

 

フライングエルボー

 

と気付いてからは

 

右脇を締めてトップを浅く!

 

これでボールが真っ直ぐ出るようになって挽回。

outの4番で会心のバーディを取って気を良くしてんですが・・・

 

次の5番ロングで9の大叩きorz。

しかもティーショットはナイスショットだったにも関わらず、

セカンドで握った5WでOB打ってしまったのですよ・・・。

 

チサンカントリークラブ御船5番レイアウト

 

うお、

「遠回りでも左サイド狙え!」

ってちゃんと書いてあるやんけ!

 

セカンド地点のアングルはこう。

 

チサンカントリークラブ御船5番セカンド地点

 

この日はAグリーン。ちょっとでも右に曲げたら即OB。

こういうシチュエーションでは

ムリせずアイアンで遠回りが正解ですなー(反省)。

 

ボギーオンだっていいじゃないか

アマチュアだもの

 

人間だもの

 

難しいホール、リスクがあるホールでは

 

「ボギーオンを狙う」

 

ってのも考えて行こうと思います。

 

(今まで考えてなかったのか?というと、ティーショットが失敗した場合はもちろん考えていたのですが、ティーショットがナイスショットだった場合は絶対的にパーオン狙いだったわけですよ・・・特にドッグレッグや打ち上げのパー5は罠が多いので気をつけたいと思います。)

 

で、一緒に回った友人は39、39で回ったのですが、

(それでもショートパットを何度も外していた。笑)

 

「おまえハンドファースト強すぎ」

 

って言われました。

 

「え?ゴルフは基本ハンドファーストだろ」

「実際のインパクトはそうなんだけど、そのイメージが強すぎるとポイントが点になる」

「は?」

「おまえ鋭角に打ち込み過ぎ。だから右も左も(ミスが)出る」

「確かに・・・」

「俺らプロじゃねえんだから。もっと手前から」

「そうすっとダフるだろ」

「お前の場合ダフるくらいでいい。滑るから大丈夫」

「まじか?」

「ハンドレート気味で」

「それだと引っ掛けない?」

「頭を残して腕を伸ばしてやれば真っ直ぐ行くよ。線で捉えた方がミス出ないよ」

 

という会話をしていたのでした。

 

ラウンド中・・・

バンカーショットのレクチャーも受けたのですが、

 

その時も

 

「もっとハンドレートで

エッジを砂に打ち込むんじゃなくて、

バンスを使ってボール2~3個手前にドカン」

 

ハンドレート

 

と言われて、即実戦。

 

ビックリのバンカーショットが炸裂。

フワっと上がってピタッと止まって寄せワン。

 

今までのバンカーショットはまぐれだったことが判明(笑)。

 

彼に言わせれば、

私のアプローチもアイアンショットもハンドファースト過ぎなのだそうです。

 

マジか・・・

 

確かに・・・

上手く行くときはナイスショット連発だけど、

ちょっと何かがずれると右に左にミスが出るんですよ。

 

練習してみようっと。

 

スコア分析20151023

 

    スポンサードリンク

    一緒に読みたい関連記事

    ■練習しても全然上手くならない40代、50代のアマゴルファーへ!

    コメントを残す