上達に悩む40代、50代のアマゴルファーに無料プレゼント!

ゴルフで原因不明の不調に陥ったらまずコレを疑え!

【80切りを目指すゴルフ】ゴルフの調子はいつも同じではない。原因不明の不調に陥ることだって多々ある。アドレスも、バックスイングも、トップの位置も問題ない・・・なのにトップしたりダフったり、引っ掛けたり、スライス球が出たり・・・そして変な球が出たり、一体何が原因なのだ?まず疑うのは「ヘッドアップ」と「上半身のツッコミ」である。

 

いつもと同じスイングをしているはず!

練習の時は調子良かった!

 

なのに、

 

ダフったりトップしたり・・・

引っ掛けたりスライスしたり・・・

はたまたシャンクしたり、「変な球」が出たり・・・

 

 

原因不明の不調に陥ることは誰にだってある。

原因がはっきりしてるミスはいいのだ。

原因を改善してやればいいのだから。

 

問題は、原因がわからない時である。

 

アドレスも問題ない。

グリップも問題ない。

テークバックもトップの位置も問題ない。

 

原因は一体なんなのだ?

 

私の経験上・・・その原因は大きく2つ!

 

・ヘッドアップ!

・上半身の突っ込み!

 

原因不明のミスが連発する時は、

大概このどっちかが原因であることが多い!

 

特に本コースに出て頻発するのが

ヘッドアップ。

練習場だと気にならないけど、

本番だとボールの行方がどうしても気になってしまう・・・

これが乙女心ならぬゴルフオヤジ心。

原因不明のトップ・スライスは、8~9割方ヘッドアップが原因である。

 

 

また、

意外と気付きにくい原因が、

上半身の突っ込み。

上半身が突っ込むと軸がブレてしまうんですなー。

特に、「球を捕まえよう」「体の回転」といった意識が強くなって

上半身が突っ込んで左にスライドしてしまうと。。。

全然飛ばないし、引っ掛けのミスが多くなる。

 

これは上半身が前に突っ込んだスイングの切り返し。

上半身が左にスライドすると回転軸が「くの字」になってしまい、巻き込む感じで引っ掛けが出やすくなる。そしてヘッドが走らないので全然飛ばない。それを嫌がってインパクト時に体重を右足に乗っけるとギッタンバッコンスイングになる。

 

上半身が残ったスイングの切り返し。

回転軸は左膝~左股関節~背骨~首の骨のイメージ。その回転軸を中心にして、でんでん太鼓みたいにクルッと回るのが正解。ちなみに、イボミは「背骨が軸」のイメージでスイングしているのだとか。「ビハインド・ザ・ボール」の形が出来ると、ヘッドが走って真っ直ぐ飛ぶ。下半身(左腰)は回転とともにちょっと左にスライドしてOK。ただし、左股関節で回転を受け止める必要有り。ドライバーの場合はこのくらいアッパーブロー気味でもOKだ。

 

イボミのスロー動画集。

 

 

いいケツ・・・

 

じゃなかった(笑)、

 

出来る限りマネしたいスイングである。

 

自分自身の最近のスイングをよくよく見直すと・・・

上半身が突っ込みはやはり要チェックですな。

 

 

この上半身の突っ込みがヒドイと、ミスショットが連発してしまうのだ。

 

ま、

 

ミスの原因、不調の原因なんてのは人それぞれではあるが、

 

どうしてもカミさんが怒っている理由が分からん!

 

 

じゃなかった(笑)、

 

どうしても不調の原因が分からん!

 

って時にはこの2つを疑ってみるのをオススメする。

 

さて、

 

今年最後のラウンドは高遊原CC

 

スコアは、

 

OUT45、IN44の89。

 

ドライバーの調子はそう悪くなかったのだが、

微妙に左に引っ掛けることが多く・・・

ラフやバンカー、林に打ち込み・・・ダボ行進の原因となってしまった。

 

それから相変わらずアイアンのキレが悪く、

パーオンしたのはわずか3回。

今回は相当「寄せワン」に助けられたなー。

 

もうちょいパーオン出来るようになりたいものである。

 

というわけで2016年も終わり。

 

総括はまた後日やるが・・・

 

とうとう目標であった80切りは達成出来ずじまいであった。

 

 

ただ、2016年の平均スコアは89.7!

もう一つの目標であった「平均スコア90切り」は達成出来たので良かったと思う。

 

来年の目標はどうすっかな~(笑)

 

 

 

    スポンサードリンク

    一緒に読みたい関連記事

    ■練習しても全然上手くならない40代、50代のアマゴルファーへ!

    コメントを残す