【80切りを目指すゴルフ】スイングの基本はインサイドイン軌道。しかし多くのアマチュアがアウトサイドインもしくはインサイドアウトになっててインサイドインで綺麗にスイング出来ている人は少ない。インサイドインでスイングするためのコツは?左脇を締めるべし!左肘を伸ばすべし!頭を残すべし!

 

もし、

 

自分のスイング軌道に自信がないのなら、

 

「俺、インサイドインでスイング出来てる?」

 

 

と親しいゴルフ仲間に聞いてみよう!

 

「いや、インサイドアウトになってるよ」

「いや、アウトサイドインになってるよ」

 

という返答があったら話は簡単だ。

 

おそらく極端なインサイドアウト・・・

もしくは極端なアウトサイドインになってるはずで、

その軌道を直すべく努力すればよろしい。

 

問題は、

 

「うーん。わかんない」

「なってると思うけど・・・」

 

って返答の場合である。

 

この場合、

 

・インサイドストレート

・アウトサイドストレート

 

になってることが多いと思うが、

 

多くの場合、

 

「理想的なインサイドイン」

 

のスイング軌道にはなってないのである。

 

そう、

 

「私ちょっとポッチャリなのよねー」

 

って言う女性の9割が、

 

 

実際はポッチャリどころではなく、

限りなく渡辺直美に近い豊満オッパイなのと同じように、

 

「おれ、インサイドイン出来てるんじゃね?」

 

と思ってるアマチュアの多くも、

 

理想のインサイドインのスイング

 

なんて・・・全然出来ていないのである。

 

理想のスイング(ムリだけど笑)。

 

きっと、

 

これを見ているあなたも出来ていない(笑)。

(上級者はこのブログ見てないよね)

 

ゴルフスイングの基本はインサイドイン。

 

 

まず、これをマスターせねばならんのであるが、

難しいのはインパクト後の「イン」である。

 

はじめに言っておくが、

 

「アウトサイドイン」の「イン」

「インサイドイン」の「イン」

 

全く質が違うのである。

 

同じ巨パイでも、

 

渡辺直美のパイと杉原杏璃のパイくらい違うのである。

 

 

ごくり(笑)。

 

か、簡単に言えば、

 

アウトサイド「イン」はフェースが開いている。

インサイド「イン」はフェースが閉じている。

 

というわけ。

 

つまり、同じ「イン」でもスイング的には全く違うのだ。

今日はこの件について詳しく解説しようと思う。

 

ちなみに、

「インサイドイン」の「イン」が出来ないと、

「インサイドストレート軌道」となる。

 

これは、上手くフェースが閉じれば飛ぶけど、

フェースが閉じきれない場合は薄い球、

あるいはスライス球となる。

 

これは、

 

何を隠そう・・・

 

私のことである(笑)。

 

 

これは私のスイングのフォローであるが、

微妙に、

フォローで左脇が開き、

左肘が外側に曲がり、

右手甲が下になってますな。

 

ということは、

クラブヘッドはイン側に抜けずに

インサイドイン軌道の外側に抜けているってこと。

 

これが私のフェースが開く原因であり、

スライスの原因である。

 

このスライスを防ごうと手首を返したり

アウトサイドからヘッドを入れてしまう・・・

これが、

引っ掛けの原因である。

 

人間って器用ですなあ・・・

 

スライスが酷いとアウトサイドイン軌道に、

フックが酷いとインサイドアウト軌道に、

勝手に反応してスイングしてしまうのである。

 

ま、安定してフェードを打ちたいのであれば、

「インサイドストレート」でもいいのだが、

この軌道はプッシュの危険性もあり(←これがOBの原因)、

捕まらない時は全く飛ばないのだ・・・。

 

で、

 

考えたのである。

 

新しいエロDVDの隠し場所を!

 

じゃなかった(笑)、

 

どうやったら、

理想のインサイドインが

出来るようになるかを!

 

スポンサードリンク

 

まず、

私の友人のスイングをチェックしてみた。

 

 

これは典型的なスライス持ちの友人・・・

デリタンク3号のスイングである。

(ちょっと前のものである。平均スコアは100くらい)

 

さて、この動画を見て、

スライスの原因はわかるだろうか?

(分からん人は何度か見てみるべし)

 

以前は極端なアウトサイドイン軌道のカット打ちだったのだが、

現在はかなり改善されている。

少なくとも球の出は真っ直ぐで、

真っ直ぐ出た後に大きく右にスライスしていくのである。

 

スイングは一瞬なので、

打った本人はもちろん、見てる方も良く分からん(笑)。

 

なので、

 

スローでもう一回見てみよう。

 

 

分かっただろうか?

 

インパクトからフォローに掛けて、

左脇が開き、

左肘が大きく外に曲がっているのである。

 

 

この動きはフェースを閉じるインサイド「イン」の動きと真逆で、

アウトサイド「イン」のフェースを開く動き。

 

つまりこのスイングは・・・

常にインパクトの瞬間フェースが開くわけで、

何発打ってもスライスにしかならないのである。

(タイミングが合えば真っ直ぐ行くこともある)

 

もうひとり、

飛ばし屋ガッちゃん(スライス持ち)のフォローも見てみよう。

 

 

体型が違い過ぎるのでアレだが(笑)、

デリタンク3号のフォローと驚くほどそっくりである。

 

ちなみにガッチャンは、

真っ直ぐ飛べば300ヤード近く飛ぶハンパなしの飛ばし屋である。

しかし毎度スライスしてしまうのが悩みのタネ。

このスライスはどうやったら治る?

 

・・・

 

もしかしてだけどー

 

もしかしてだけどー

 

アマチュアのスライスの原因は・・・

コレが一番多いんじゃないの?

 

コレ!

 

多くのアマチュアは、

バックスイング

切り返し

ダウンスイングは細かくチェックするのであるが、

 

インパクト~フォローのチェックは全然しない!

(私もほとんどしない!)

 

というか、

一瞬のことなので自分ではよく分からないのである。

 

スライスの原因は確かに色々ある。

 

・アウトサイドインのカット軌道

・ヘッドアップ

・上体のツッコミ

 

しかし、実は・・・

 

 

「左脇・左肘」の方が

大事なのではないだろうか?

 

卵と鶏とどっちが先?って話だが、

 

左脇が開いて肘が曲がればフェースが開く。

フェースが開けばスライスになる。

スライスになるからボールは左サイドに出さねばならん。

結果アウトサイドインのスイングになる!

 

そして、

 

アウトサイドインのスイングが固まれば、

左脇を開けたスイングでスライスを打つしかなく、

もう左脇を閉じたスイングは出来なくなるわけ。

左脇を閉じると豪快に引っ掛けちゃうからね。

 

デリタンク3号が陥ってる状態はコレだな。

アウトサイドインでスイングしてた時代の名残で、

左脇を閉じて打てないのである。

 

じゃあ、どうすればいいか?

 

 

徹底して、

左脇を締めるべし!

左肘を伸ばすべし!

 

そして・・・

 

フォローでは自然と右手の甲が上を向くのが、

本物のインサイド「イン」!

 

是非その場でフォローを作ってみてほしいのだが、

左脇が締まると自然と右手甲が上を向くのである。

 

(しかし松山英樹のフォローはかっこええな!)

 

インサイドに振り抜こうとか思わなくていい。

 

とにかくフォローの3時まで

左脇を締めて左肘を伸ばすこと。

 

これだけで相当

インサイド「イン」

が出来るようになると思うぞ。

 

スポンサードリンク

 

「浅次郎さん、私、典型的なアウトサイドイン型スイングなのですが、やはり左脇を締めた方がいいですか?」

 

ふむ。

 

アウトサイドイン型スイングの方は、

ムリに左脇を締めると

「捕まった引っ掛け」になるわな。

 

ただ、

私はそれでいいと思う。

 

なぜなら、「捕まった引っ掛け」を

徐々に正面方向の打球に変えて行けばいいわけで、

そうするにはインサイドから降ろさないとムリなわけで、

そうして行く内に

「アウトサイドイン」も改善して行くはず!

だからである。

 

「アウトサイドイン」では永久に捕まった球は打てない。

上手くなりたいのであれば、スイングを改造するべきである。

 

このフォローを頭に叩き込め!

 

■インサイドインまとめ

・インサイド「イン」が大事(難しい)

・徹底して左脇を締めろ!

・左肘を伸ばせ!

 

 

というわけで、

 

インサイドインを意識して回って来たぜ!

 

これは今回のスイング。

 

自分的にはかなり良くなったと思うのだが、

 

これが以前のスイングのフォロー。

 

これが今回のスイングのフォロー。

 

まだ脇が甘いし、左肘も若干曲がってるが、

右手甲が上を向いてるってことは、

以前より脇が締まっている証拠である。

 

美しいスイングは、

必ず脇が締まっている!

 

 

みなも参考にされたし。

 

さて、

 

スコアはどうだっかというと・・・

 

 

out47、in46の93。

 

ドライバーの感触はとても良かったのである。

しかしインサイドインを意識したラウンドは今回が初めてであり、

当たるとドローでかっ飛んで行くもんだから、

結構振り回しちゃったのよ(笑)。

で、結構右に左にバラけてしまったのだ。

 

アイアンは相変わらず、

ハーフショット、クォーターショットである。

掴んできた感はあるがもうちょいだな。

 

私のチンコの余った皮が、

完全にムケそうな予感はあるんだが(笑)、

 

スコアに繋がらないのが悔しい・・・。

 

精進あるのみ。

 

 

ここんとこ90台が多い・・・

平均86の目標が霞んでいくわ・・・(涙目)。

 

 

スイングを変えずに上手くなる?10日間で学ぶゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

【80切りを目指すゴルフ】マグレ無しで80切りを達成するためには、アイアンショットの上達が不可欠!そのためにはまずハーフショットやスリークォーターショットで方向性を出し、距離を合わせるべし!本番で出るミスの原因は、打ち急ぎ・バックスイング上げすぎ、ヘッドアップである。一旦スコアを落とすことになっても習得するぜ!

 

ココ最近、

 

アイアン中心の練習をしているのである。

 

 

特に、ハーフショットや

スリークォーターショットの練習をしているのであるが、

 

練習動画。

 

当然ながら

 

そう簡単ではない。

(と言ってもフルショットより数段簡単である)

 

練習場では結構上手く行くのだが、

 

本番だと・・・

 

・力んでタイミングが速くなってしまう。

・トップが深くなってしまう。

・ヘッドアップしてしまう。

 

というミスが出てしまのだ。

 

本番だと上手く行かないのは、

ナニやアレと同じであるな(笑)。

 

この動画は、

今回のラウンドでのアイアンショット。

150ヤードのショートホールである。

 

 

150ヤードを6番アイアンでのスリークォーターショット。

 

右を向いてるのはご愛嬌だとして、

練習場でのハーフスイングと全然違うのである・・・。

さっきの動画と比べてビックリ!

 

もちろんハーフショットと

スリークォーターショットの違いはあるが、

本人は練習と同じ感覚で

スイングしているつもりなのである。

(バックスイングを9時から10時にしただけのつもり)

 

 

アライメントで右を向いてしまうと、

体が勝手に反応して

アウトサイドからクラブが入ってしまう事が多い。

 

 

本人はスリークォーターのつもりだが、

フルショットのトップの位置とあまり変わらんな(笑)。

これだとちょっと飛び過ぎる。

それから右脇が開いてフライングエルボー気味。

このまま下ろすとアウトサイドインの軌道になりやすい。

 

 

やっぱり外から降りて来てるな。

 

 

イ・ボミのケ・・・

 

イ・ボミのダウンスイングと比べると一目瞭然やー(笑)。

(タメすげえな~!リリースまだかよ)

 

 

インパクト。体が回転しておらず止まっている。

 

 

これが正しいパンティラインだ!

 

じゃなかった(笑)、

 

正しいインパクトだ!

 

 

ん・・・フォローもなんだかなあ。

 

結果オーライでグリーン左サイド奥に乗ったが、

アウトサイドイン軌道(出球が左)、

ハーフトップ気味で、

ちょっと飛び過ぎであった。

 

本番で多い私のミス・・・

 

タイミングが速くなる→捕まらない!

トップが深くなる→飛び過ぎる!

ヘッドアップしてしまう→トップ気味になる!

 

と、こうなるわけで、

なかなか思ったように行かない。

 

なかなか思ったように行かないんだけど、

ハーフショット、

クォーターショットのメリットは大きい。

 

劇的に方向性が良いからだ。

 

もうね。

 

一旦、スコアが悪くなるのは覚悟して、

取り組む他ないと思っている。

 

なんせ20年以上フルショットで打ってきたわけで、

ちょっとハーフショットの練習をしたからといって、

急に上手くなるはずもないけんな。

 

そうそう。

ハーフショット、クォーターショットには、

もう一つ大きなメリットがあるぞ。

 

 

これは170ヤードのショートホール。

 

左は絶壁の崖で、引っ掛けは即OB。

何が何でも右から攻めたいところだが、

今回のグリーンはその絶壁の上。ホールの左サイド。

 

 

5番アイアンのマン振りなら届くかもしれん。

しかし引っ掛けやフックが出たらお終い。

 

今までの私なら、

 

5番アイアンで男気ショット!

 

 

であったが(笑)、

 

今回握ったのは

4番アイアン。そして、

スリークォーターショットである。

 

 

私の場合、

4番アイアンのハーフショットが約150ヤード。

スリークォーターだと160~165ヤード。

 

ピンまで170ヤードであるからして、

キレイに当たったとしても乗るか乗らないか?

 

でも、乗らなくていい。

グリーン近くまで行けばオーライ。

 

いずれにせよ170ヤードと距離が長く、

ヘッポコにグリーンオンは至難。

だったら一つ大きいクラブで花道狙い・・・

 

ってわけ。

 

今まで・・・

4番アイアンは難しすぎて

全然使わなかった(使えなかった)のであるが、

スリークォーターなら問題なく打てるようになった。

 

そう。

ハーフショットの練習をすると、

ロングアイアンが打てるようになるのだ!

 

 

このボールはまあまあの当たり。

チョイスラしてグリーン横のラフだったが、

170ヤードのショートホールでグリーン横まで行けば・・・

アベレージゴルファーとしては万々歳である。

 

さて、

 

動画を撮って、

気がついた点が2つ。

 

 

「ダウンブローに打ててない!」

 

じゃなかった(それもそうだけど。笑)、

 

「アイアンってこんなにしなるんだ!」

 

ってこと。

 

(ちなみにシャフトはNS950のS)

 

多くのアマチュアは、

「アイアンはボールを叩いて打つ!」

そんなイメージだと思うけど、

 

こんだけしなるのであれば、

「しならせて(ヘッドを走らせて)打つ!」

のが正解なのではないだろうか?

 

これが出来ないから

薄い球になったり、

ロングアイアンが難しかったりするのでは?

 

ちょっとアイアンに対するイメージ変わったわ。

 

もう一つ。

 

 

フォローでの左肘である。

 

ずっと気になってはいたのだが(笑)、

直そうとすると引っ掛けが出るので・・・

 

道端で困ってるおじいちゃんを無視する感じで、

見て見ぬふりをしてたのだ(わはは)。

 

これは大袈裟に言うと、

黄色いラインのようにならねばならず、

左脇が開いているのが原因。

 

美しいフォローだな~。これが理想。

 

しかし、左脇も直すとなると・・・

 

またスイングが壊れるなあ(笑)。

 

ま、しょうがねえや。

 

今回のスコアは、

 

 

OUT48、IN46の94・・・

 

ぶえーん。

 

今回、ドライバーが荒れてて

林の中にツッコミまくり。

スコアをまとめることが出来んかったなー。

 

しかし高遊原CCはメイングリーンだと6453ヤード。

400ヤード前後のPAR4が多く、

短いミドルはトリッキーだし・・・なかなか難しいな。

 

ま、下手なのも、スコアが悪いのも、

 

全部自分のせい。

 

次は良いスコアで回りたい!

 

 

平均スコア89台はなんとか保ってるが・・・

今年の目標である平均スコア86が霞んで行くなあ(笑)。

 

【マスターズ2017予想】2017年4月6日~9日、PGAグランドスラム第1戦「マスターズ」が行われる。現在絶好調!われらが松山英樹のオッズ・人気は?日本人初のPGAツアー4大大会制覇なるか?ブックメーカーによると1番人気はジョーダン・スピース。個人的には松山英樹とジャスティン・トーマスの優勝に小銭を賭けておく!

 

先日、PGAツアー通算4勝目を挙げた松山英樹。

【米・フェニックスOP】松山 連覇で日本人最多の4勝

 

いえーい!祝!4勝目!

 

海外メディアもこぞって松山君に注目している。

松山を海外メディアも絶賛 “メジャーで勝つであろう5つの理由”

 

もう、

 

すげえ・・・

 

としか言いようがないのだが(笑)、

 

確か1年ほど前に

 

「松山くんのマネしてみよ~っと!」

 

と思ったのがスイング上達の始まり。

松山英樹のマネを!腰を切らず、体を右に向けたままスイング!

(昔のスイングを見るのは恥ずかしいな。笑)

 

右向いたままスイングってのは、

上半身のツッコミを防ぎ、

強制的にビハインドザボールを作り出す上で

とても役に立つ意識である。

 

とても簡単に出来るスイング改革であるからして、

チンポコポコなアマゴルファーには是非とも試していただきたい。

 

で、

 

我らが松山英樹である。

 

世界ランキング

 

現在の世界ランキングは5位!であり(しかも僅差)、

 

 

現在の賞金ランクは1位である。

 

ま、2017年シーズンはまだ始まったばかりであるから、賞金ランキングの方は何とも言えんが、世界ランキングはこの1年の実力である。

 

つまり、

松山英樹は世界でトップ5の実力があるのであり、

しかも上位のビッグネームとだってそう差がないのである!

 

「今年はマジで4大大会勝てるんじゃね?」

 

と思ってるゴルフオヤジは多いと思うが、

すでに世界中のメディアが、

多くのトッププレイヤーが、

そしてブックメーカーが松山くんの実力を認めているのである。

 

もう・・・第一戦マスターズの開催まであと僅かであるが、

 

なんと松山くんは4番人気なのだ。

 

■マスターズ2017ブックメーカーオッズ

 

1番人気 ジョーダン・スピース 7.50倍

2番人気 ジェイソン・デイ 9.00倍

2番人気 ロリー・マキロイ 9.00倍

4番人気 ダスティン・ジョンソン 11.0倍

4番人気 松山英樹 11.0倍

6番人気 アダム・スコット 21.0倍

6番人気 ジャスティン・ローズ 21.0倍

6番人気 バッバ・ワトソン 21.0倍

9番人気 ジャスティン・トーマス 26.0倍

9番人気 ヘンリック・ステンソン 26.0倍

9番人気 リッキー・ファウラー 26.0倍

 

もちろん、まだ本番まで時間があるけん・・・

オッズはある程度変わるだろう。

 

しかし、今の松山くんの調子からすると、

そうそう大崩れするとも思えん。

おそらく4~5番人気を維持するのではないだろうか。

 

さらに言えば、

マスターズが行われるオーガスタは、

ショットメーカーである松山君向きのコースである。

(最近は飛距離も遜色ないけどね)

 

2016年 7位

2015年 5位

2014年 予選落ち

2013年 未出場

2012年 54位

2011年 27位(ローアマ)

 

さて2017年は・・・?

 

というわけで、

 

松山くんの優勝に小銭を賭けておくことにする。

 

 

松山英樹の優勝に10ドル。

1~5位フィニッシュ(EachWay)に10ドル(←保険)。

 

合計20ドル。

 

 

優勝したら145ドル(約16,000円)で、

2~5位だったら35ドル(3,800円)の払い戻し(←保険)。

 

頼むぜ英樹!

 

 

それから、

 

もう一人、気になる選手がいるのである。

 

ドライバーはタイトリスト915D4。

 

松山くんより年下23歳のジャスティン・トーマスである。

 

この男、先日のフェニックスオープンは予選落ちであったが、

 

ソニー・オープンINハワイでは

なんと27アンダーという驚愕のスコアでブッチギリ優勝。

 

その前のSBSトーナメントオブチャンピオンズでは

松山くんに3打差を付ける22アンダーで優勝。

 

 

現在、松山くんとともに注目を浴びる若手。

爆発力はハンパなし。

 

もしかしたら、

今年は松山英樹とジャスティン・トーマスの年になるかもしれん・・・

と思っているのだ。

 

というわけで、

 

この男の馬券も買っておく。

 

 

ジャスティン・トーマスの優勝に10ドル。

1~5位(EachWay)に10ドル。

合計20ドル。

 

優勝したら332.50ドル(約36,000円)

2~5位なら72ドル(約8,000円)←保険

 

 

どっちかが5位以内入れば元金は回収出来るな(笑)。

 

しかし多くのビッグネームがマスターズに向けて調整してくるわけで、

そうそう甘くないのは承知のスケ。

 

それでもやっぱり、

 

熱烈応援しながらテレビ観戦したいのが、

ゴルフオヤジのサガ。

 

10ドルでも賭けておくと・・・楽しさ10倍であるぞ!

 

頼む!入れェェェ!

 

 

・・・

 

 

松山くんに賭けて遊ぶ!

宮里藍バナー

 

【80切りを目指すゴルフ】2017年2月9日、前日の雨で芝がグチャグチャの上に寒風吹きすさぶ中での極寒ラウンド。今日のテーマは「アイアンのトップ」。アマチュアがトップする原因は何?改善するためにはどうしたらいい?ダウンブローで打つイメージより左主導の回転で払い打つイメージの方がいい?

 

今日のお題は

 

アイアンの「トップ」である。

 

 

あなたも絶好のライから鬼トップして・・・

 

涙したことがあるはずだ。

(私はしょっちゅうである。笑)

 

干からび王ならいざしらず、

多くのアマチュアにとってトップは避けたいミスだわな。

 

さて、

ではあなたのトップの原因はなんなのか?

真面目に考えたことはあるだろうか?

 

 

一般的には、

①と②の間をヒットするのがナイスショットで、

 

①の上だとトップ。

②の下だとダフリ。

 

みたいなイメージのアマチュアゴルファーが多いと思う。

私もそう思っていたのだが・・・

 

本当にそうなのだろうか?

 

ティーアップしたドライバーやウッドならそうかもしれんが、

地面のボールをアイアンで打つ場合に、

①の上にヘッドを落とせるアマチュアが果たしている???

 

 

いや、いない!

 

そう・・・実は、

アマチュアアイアンのトップのほとんどは・・・

ダフリと同じ原因だったのだ!

 

 

黄緑のラインがダフってしまう軌道。

青のラインがトップしてしまう軌道。

 

どちらもヘッドの最下点がボールの手前

ダフリとトップの違いは、

地面に当たるか?当たらないか?だけである。

(その多くは「ヘッドアップ」が原因である)

 

つまり、

いつもダフリ気味の人ほどトップしやすいのであり、

トップ気味の人がトップしないように打ち込もうとすると・・・

大ダフリするのである。

 

ほらほら!

 

そこのあなた!

 

身に覚えがあるんじゃねいかい?

 

目から鱗が落ちてるぜ!

 

 

なので、

トップ球を改善するためには、

まずヘッドの最下点を改善せねばならん。

 

 

最下点はボールの先。いわゆるダウンブローの軌道。

 

しかし「ダウンブロー」という言葉はあまり気にしない方がいい。

あまり気にすると「鋭角」に打ち込んでしまうからだ。

 

そうではなく、

・左肩支点、左サイドのスイング

・左軸(左腰、左股関節)の回転

を意識した方がいい。

 

ダウンブローを意識して打ち込むのではなく、

左サイド主導でクルッと回転して払い打つイメージ。

 

その際大事なのは、

頭は残すこと(ビハインドザボール)。

下半身は左に移動しても上半身は残す!

ヘッドアップは当然厳禁である!

 

最後に、

松山英樹プロのスイングを見てみよう。

 

 

テイクバックからトップまで・・・

ほとんど下半身(特に右膝)は動いていない!

しかしトップからの切り返しで

若干左腰が左に動いているのが分かると思う。

 

これが理想。

 

これが出来ればスイングの最下点がボールの先になり、

トップやダフリとはオサラバ出来るはず・・・である。

(簡単にできたら苦労せんわ!)

 

ダフりやすい方、トップしやすい方は、

是非参考にしてもらいたい。

 

さて、

 

偉そうなことを色々と書いたが、

 

今回のラウンドは・・・

 

トップしまくりであった!

(わはは!)

 

 

OUT45、IN44の89!

 

前日の雨でフェアウェイもラフもグッチョリのユルユル。

そんな女の子の知り合いが居ればいいのだが、

残念ながらそんな女の子は知らない(笑)。

 

そんなわけでランはほとんど出ない状態の上、

(フェアウェイにボールが埋まる。笑)

この冬一番の寒気が舞い降りてて強風極寒厚着ラウンド。

 

それでもドライバーはまあまあだったのだが、

アイアンのハーフショットが手打ちになってて、

 

ハーフトップ連発・・・

 

まさに「アイアンがトップ」する原因であるところの

ヘッドの最下点が手前になってしまっていたのだ。

 

こうなると距離が合わずにとても苦労する。

(ショートやオーバーが多かった・・とほほ)

(後半、クルッと回転で打つようにして復活した)

 

この日のパーオンはたったの1回・・・(ぐえー)

 

その代わり、グリーン周りのアプローチがキレキレで、

なんとパット数26。

 

決してパットが良かったわけじゃないけど・・・

こんな日もあるんやねえ。

 

しかし「トップの原因」は理解したぜ~!

 

クルッと回転して、ビシっと打てばいい!

 

絶対次に活かす!

 

 

目標である平均86から遠ざかるばかりだが、

気にせず練習と研究に励む。

いつか蝶になる時が来ると信じて。

 

 

スイングを変えずに上手くなる?甘ゴルファーが10日間で学ぶゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【80切りを目指すゴルフ】ハーフショット(ハーフスイング)でピンを狙う方法って?ハーフショットの飛距離は?スピンは掛かるの?ランの計算は?ハーフショットがキレイに打てるようになれば・・・ピンをデッドに狙って行ける!ピンを狙えればバーディを狙える!90切りには必要ないが・・・80切りには絶対的に必要なテクニックである!

 

ずっと、

 

ずっと勘違いをしていたのである。

 

「ハーフショットは飛ばない」

「ハーフショットは球が低い」

「ハーフショットは止まらない」

 

 

あなたもそう思ってないだろうか?

 

しかし、このところずっと

「ハーフショット」の練習をしていて気付いたのだ。

 

浅次郎のハーフショット練習風景。

 

「ハーフショットでもそう飛距離は落ちない」

「ハーフショットは方向性が抜群にいい」

「ハーフショットはグリーンで止まりやすい」

 

え?

 

マジっすか浅次郎さん?

 

という声が聞こえてくるので解説しよう。

 

■ハーフショットでも飛距離はそんなに落ちない。

私の場合、7Iのフルショットの飛距離は150ヤード位である。で、ハーフショットの飛距離がどのくらいになるかというと・・・120~125ヤードである。つまり、落ちるのは2~3番手であり、そこまで大きく飛距離が落ちるわけではないのだ。

まあ・・・実際25~30ヤード飛距離が落ちるわけだが、「150ヤード」は真芯ヒットした時の飛距離であって、実際はダフったり、薄かったりして120~140ヤード位しか飛ばない。さらに言えば、トップしたらオーバーしてしまうし、左右に大きく曲がることもしばしばである。

 

つまり、

25~30ヤード落ちるのは「MAX飛距離」であって、

「平均飛距離」で言えばあまり変わらない!

と言っても過言ではない。

 

そして・・・これが肝心の話だが、

飛距離を上げたければ

番手を上げればいい!のである。

 

ちなみに・・・私のハーフショットのキャリー飛距離はこうだ。

4I・・・150~155ヤード
5I・・・140~145ヤード
6I・・・130~135ヤード
7I・・・120~125ヤード
8I・・・110~115ヤード
9I・・・100~105ヤード
PW・・・80~85ヤード
52度・・・65~70ヤード
58度・・・50ヤード

150ヤード打ちたければ、5アイアンや4アイアンでハーフショットをすればいいのである(ロングアイアンは多少ランが出やすい)。ハッキリ言って、7番のフルショットより5番のハーフショットの方が簡単である。

 

 

■ハーフショットは方向性が抜群にいい。

で、方向性の話である。ハーフショットはフルショットに較べて方向性が抜群にいい。これはあなたも激しく同意してくれると思うが、これがハーフショットの最大のメリットである。当たり前の話であるのに・・・ほとんどのアマチュアは気付いていない(だからみんなフルショット)!

 

左右のブレが少ないほど・・・

ピンに絡みやすいのである!

 

「ラインが出しやすい」と言えば分かりやすいな!ハーフショットだとピンと球のラインが重なりやすいのである。仮に左右にブレたとしても大スライス、大フックが掛かることはない。チョイスラ、チョイフックで済む。だから大事故に繋がることもない。

 

正直言って、

アマチュアがフルスイングでピンを狙うのはヒジョーに難しいと思う。

 

もちろん、ナイスショットでピンに寄ることもある。

 

しかしそれは・・・

確率的にとても低く・・・

「偶然」であることが多いように思う。

 

しかし、自分が思ってるよりずっと・・・バックスイングは上がってるもんである(笑)。

 

 

■ハーフショットはグリーンで止まりやすい!

「スピンコントロール」という言葉を聞いたことがあると思う。プロやトップアマは回転数をコントロールしてスピンで戻したり、あまりスピンを掛けずに転がしたりするわけだが、

アマチュアには無理な話だろ!

と私も思っていたのだ。

 

アマチュアにとってスピンが掛かるかどうか?

なんてのは運次第であり、

スピンが掛かったとしてもコントロールなんて出来ない!

と思っていたのだ。

 

しかし、

ハーフショットでクリーンにヒットするとどうなると思う?

 

適度なスピンが掛かって・・・

グリーン上でビタ止まり!

 

するのである。文字通り、落ちた場所にピタッと止まる。

意外とランは出ないのである。

 

あなたも見たことがあるはずだ!

上級者が低面の球でビタっと止める姿を!

 

確かに球はフルショットより低目に出やすい。

しかし、ほとんどランは出ずに(番手や傾斜やグリーンの硬さにもよるが)、

その場で止まりやすいのである。

 

つまり、ハーフショットは

縦の距離が非常に合わせやすいのだ!

 

もちろんクラブが長くなればなるほどスピンは掛かりにくく、

ランが出やすくなる。しかし、

ショートアイアン以下であればほとんどランは出ないと思っていい。

ウェッジであればほぼキャリー=飛距離である。

 

なぜ、

ハーフショットはスピンが掛かりやすいか?

それはフルショットに比べて、

「球にクリーンにヒットしやすいから」である。

 

ダフったりトップしたりというミスが少ないハーフショットであるが、

実は、スピンが掛かりやすい!

というメリットもあるのだ!

 

さっき・・・私のハーフショットの距離を書いたが、

4I・・・150~155ヤード
5I・・・140~145ヤード
6I・・・130~135ヤード
7I・・・120~125ヤード
8I・・・110~115ヤード
9I・・・100~105ヤード
PW・・・80~85ヤード
52度・・・65~70ヤード
58度・・・50ヤード

 

例えば・・・ピンまでの距離が120~125ヤードなら

7Iのハーフショットでキャリー120~125ヤード。

 

ランで出ずにビタ止まりすると仮定すれば・・・

文字通りピッタリ!

 

つまり、

クリーンなハーフショットなら、

何も考えずにピンまでビシッと打てる!

のである。

 

(もちろん、クリーンに当たらないとビタ止まりしない。また、グリーンの硬さや傾斜にもよるし、マネジメント的に避けねばならんもんは避けなければならんぞ!)

 

フォォォ!浅次郎さんマジっすか?

 

 

■ハーフショットまとめ

・ミスが少なく、横のブレが非常に少ない。

・スピンが掛かりやすく縦の距離が合わせやすい。

・デメリットはMAX距離が落ちるだけ。

 

時々・・・鬼ヤンベが、

「ハーフトップみたいな棒球でビタッと止める球」

を打っていたのだが、これがその正体だったのか・・・?

 

 

いや、また他に違う打ち方があるのかもしれんな(笑)。

 

・・・

 

さて、

ハーフショットの基本的な打ち方

を記載しておこう。

 

あなたのスイングはそのままいい。

9時から3時のスイングをすればOK。

 

 

練習方法。

 

ただし!

 

単なる9時~3時スイングだとビタ止まりスピンは掛からない。

 

腰のキレ(回転)でスパン!と打つのが大事!

 

腰のキレでハーフショット。

 

その際、ダウンブローとか体重移動とか難しいことは考えなくていい。

 

左足体重で、

頭が突っ込まないようにしつつ、

腰の回転で打てばOK。

 

もう一回、浅次郎の7番アイアンハーフショット動画。

 

これはウェッジでのハーフショット動画。

 

全ての番手でハーフショットが使えるようになれば・・・

今の3倍緻密なゴルフが出来るようになる!

 

 

と思うぞ。

 

ちなみに・・・

 

グリップの位置を「10時」まで上げると

「スリークォーターショット」となるわな。

 

この場合、多少ミスが増えるが、

MAX距離は10~15ヤードほど伸びるので使い分けるといいだろう。

(これもキレイに当たればビタ止まりする)

 

 

もう・・・フルショットで打つのは止めようと思っている。

(前にも書いた気がするが今度こそ。笑)

 

で、今回のスコアは・・・

 

 

IN45、OUT41の86!

 

この日はハーフショットアイアンがキレッキレで・・・

パーオンなんと8回!

 

ワンピン以内のバーディチャンスも4回ほどあったんだが、

どれも決めれず(笑)。

気分的にはバーディ3つくらい取った感じなんだけどな~。

 

ゴルフ的にはココ最近で一番内容が良かったんだが、

13番の素ダブルパーが痛かった。

グリーン周りで行ったり来たり・・・トホホ。

 

ま、しかし手応え十分。

 

後はハーフショット・スリークォーターショットの精度を上げること。

それからやっぱりアプローチとパターだな(笑)。

 

 

今年の目標は平均スコア86!そして80切り!

 

 

スイングを変えずに上手くなる?甘ゴルファーが10日間で学ぶゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc