【80切りを目指すゴルフ】2016年8月27日。晴れ。熊本高遊原カントリークラブ。スイングに悩む若者と一緒にラウンドしたのだが・・・手打ちのアマチュアゴルファーが何故飛ばないのか?頭を残せのイメージが深く、右足軸の右足体重になっていたのだ。これでは回転出来ずにプッシュやスライスしか出ない。解決方法はあるの?

 

最近、管理人のショットの調子はまあまあ良い。

 

たまにプッシュアウトが出てしまうが(←ヘッドアップ)、

概ねドローかストレートで飛距離も出る。

 

これは今回のドライバーの動画だ。

 

 

狙いよりちょいと右に飛んだが、

これは多分アライメントのせいだろう。

 

私はいつも、右を向いてアドレスしてしまうのだ!

(ナニは左曲がりなのだが。笑)

 

どうやったら真っ直ぐ立てるか?

 

って話はまた今度しようと思う。

 

さて、

 

今回は私の話ではない。

 

一緒に回った若者、キャバキチ三平君のスイングの話である。

 

 

三平とは今日初めて一緒に回ったのだが、

ムキムキな体で爽やか風のアラサーイケメン。

しかも誰もが知ってる超一流企業のエリート社員(羨)。

 

その上、とてもキレイなアドレスをするので、

 

「こいつぁキャバクラでモテるだろうな!」

「こいつぁ強敵だな!」

 

と思っていたのだ。

 

しかし、実際に回ってみると・・・

どうも手打ちっぽくて、飛距離は出ないし、

右プッシュ、スライス球が多く、

とてもスイングに悩んでいる感じであった。

(小技はめちゃくちゃ上手い。笑)

 

私も、そういう時期があったなあ・・・(遠い目)。

 

さて、

 

手打ちのアマチュアゴルファーは

何が理由で「飛ばないスライス球」になるのだろうか?

その解決方法はあるのだろうか?

 

私のスイングと比べていいものかどうか分からんが、

スイングで悩むアマチュアの方には参考になると思うので、

 

比較してみることにする。

 

あ、やっぱイ・ボミも一緒に並べてみる(笑)。

 

三平のスイング

 

浅次郎のスイング

 

イ・ボミのスイング(何度も見るべし)

 

さて、

 

静止画像で見てみよう。

 

三平のアドレスは非常に良い。ちょっと前傾がキツイような気もするが、背筋はまっすぐだし、下半身はどっしりしてるし、ケツプリだし、腕は真下。

三平20160830アドレス1

浅次郎20160825アドレス1

 

バックスイング。よく見るとこの時点でフェースが開いてますな。

三平20160830バックスイング2

バックスイングでは、フェースは閉じてなければならん。シャットフェースが基本である。フェースが開いてバックスイングするとスライスの大きな原因となる。

浅次郎20160825バックスイング2

 

トップ・・・三平はかなりインサイドに上げてるな(私もだが。笑)。そんで左手甲が折れてるのでドライバーのフェイスが完全にコッチを向いてる。このままクラブを降ろすと高い確率でフェースが開いてしまう。スライサーに多い特徴である。

三平20160830トップ2

浅次郎20160825トップ

私と一緒にイ・ボミと較べてみよう。

イ・ボミ、ドライバーのトップ

腕の高さ、角度にもよるが、トップではフェースが上斜め方向を向く。

 

インパクト。頭が残っているのは素晴らしいが、腰が引け、回転軸が右、そして、体重が右足に残ったまんま!これでは体を回転出来るわけもなく、完全に手打ち。これでインサイドからクラブを下ろせば・・・右にしか行かんわな。

三平20160830インパクト2

左肩、左腰、左膝は、左足の上の線(黄色の線※これは分かりやすく引いた線であり軸ではない)に向かって移動しなければならない。特に腰の位置に注目。ベルトを見ると分かりやすい。

浅次郎20160825インパクト2

イ・ボミ、ドライバーのインパクト2

 

フォロー。上半身だけ見るととてもいいのだが、回転軸が右足なので腰が引け、体重が右に残り、完全に体が開いた状態。これだと当然スライス球になる(これを避けようと腕・手首を返すとチーピンになる)。腰の位置、ベルトの位置を比較すると分かりやすいな。

三平20160830フォロー2

浅次郎20160825フォロー2

イ・ボミ、ドライバーのフォロー2

 

フィニッシュが良く見えるのは、手打ちでスイングした後に、体を回転させているからである。順番が逆で、体の回転が先。腕・グリップ・シャフト・ヘッドは体の回転から遅れて来なければならん。

三平20160830フィニッシュ2

「腕・クラブが遅れたら、振り遅れるんじゃないの?」と思うかもしれんが、大丈夫。頭が残っていればビュン!とヘッドは走る。そしてヘッドは自動的に返るのだ。

浅次郎20160825フィニッシュ

 

さて。

 

こうやって見ると、欠点が一発でわかるな!

 

三平くんの一番の問題は、

回転軸が「右足軸」になってて

スムーズに回転出来てないことである。

全く体を使えておらず、完全に手打ちである。

 

ゴルフは右足軸ではなく、

左足軸が正解である。

 

イ・ボミ、回転軸のイメージ

回転軸のイメージはこんな感じ。首骨~背骨~左股関節~左足が一直線になるイメージ。頭は軸の後ろで、腰は左腰(左股関節)を軸に回転せねばならない。この軸を中心とした「でんでん太鼓」のイメージである。首の骨を支点にして回転させると安定するぞ。

 

おそらく、

三平は「頭を残す(ビハインドザボール)」をイメージするあまり、

「下半身も右に残ってしまった」のだろう。

 

これは多くのアマチュアに見られる欠点であるが、

こうなるとプッシュアウトかスライスしか出ない(もしくはチーピン)。

 

これをそのまま克服しようとすれば・・・クラブを

アウトサイドインに入れるしかなくなるのだ。

 

練習場でよく見かけるスイングであるが(私も昔そうであったが)、

このスイングは全く飛ばないし、方向性も不安定である。

(たまにこのスイングを極めている人もいるけど)

 

じゃあ、

 

どうやったら改善出来るかというと、

 

トップからインパクトに掛けて、

左肩・腰・左膝を

左足の軸の上に移動させるのだ!

三平20160830トップ3

ただし、頭は絶対に残さないといけない。左肩・左腰・左膝を左足の軸上に持って来たら(実際は黄ライン上までは行かない。そういうイメージ)、左肩は後方へ。左腰(左股関節)は回転軸となるのでそこで固定。左腰を軸にクルンと右腰を回転。

三平20160830インパクト3

頭は残しつつ、左腰(左股関節)を中心に回転!

三平20160830フォロー3

フィニッシュでは左足の上に全体重が乗り、右足は支えるだけとなる。

 

ポイントは、「左肩、左腰、左膝を左足の軸の上に移動させる」だけじゃなく、「左腰を軸にして回転させること」である(もちろん頭は残さないといけない)。体重移動だけだとフェースを返す動きが必要になるし(これはとても難しい)、回転のパワーがあった方が圧倒的に飛ぶ。特に最近のクラブは回転で打つように設計されているのだ。

 

というわけで、

 

三平くん、この記事は君のために書いた。

 

参考にして欲しい。

 

しかし、スライスで悩んでいるゴルファーは沢山いると思うが、動画を取ってチェックすれば一発だな。

 

「いやいや!おれもスライス持ちだけど、こんなん違うわ!」

 

オレだけは違う

 

という方も是非、自分のスイングをスマホで取ってチェックしてみて欲しい。程度の差こそあれ・・・同じようなスイングになっているかもしれないぞ?

 

さて、今日のスコアはどうだったかというと・・・

 

高遊原CC20160830スコア2

 

44、44の88!

 

行って来たのは先週に引き続き高遊原カントリークラブ。熊本地震の影響で、お世辞にも抜群な状態とは言えんのだが(特にグリーン)・・・

 

反省は、プッシュOBと素トリ。後はやはりパットである。チップインがあるので33で済んでいるが、このところずっと排卵日・・・じゃなくて、入らん日。せっかくアプローチで1~2mに寄っても2パット。ショートパットが入らんと台無しである。もうちょい寄せワンパーが取れるようにならんと。

 

しかしこの日は強風が吹いたり止んだりで・・・アゲインストだと2クラブ長いアイアンで打たねばならず難しかった。7Iと5Iじゃ大違いだもんなあ(風が止んだと思っても上空は吹いていたり)。ピン真っ直ぐのナイスショットがグリーンに届かないとショックだわ。

 

あと、アゲインストで高い球を打つとランが全く出ない!という点も気をつけんといかんな(←高い球しか打てない)。グリーン手前からという意識が強すぎて大ショートすることが多かった。低い球を打つ練習もせねばならんな。

 

しかし、ショット、アプローチともに良くなってきた感あり。17番のチップインはグリーン横のセミラフから12ヤードの距離(エッジまで6ヤード)であったが、散々52度で練習した距離で、狙い通りバッチリであった。まあ入ったのはマグレにしても練習したからこそのマグレである。グリーン周りの練習は今後も続けて行く。

 

さて・・・次のラウンドはいつだ!

 

スコア分析20160830

 

現在の平均スコア90.2。

 

平均80台にするためには・・・連続80台が必要であるなあ。

 

今年中の80切りは厳しいか・・・

 

 

【80切りを目指すゴルフ】平均的な体格のアマチュアゴルファーが、ドライバーで250ヤード以上の飛距離を出す為に必要なのは何?飛ぶ人と飛ばない人の違いは何?なんで自分は飛ばないの?その答えは「ビハインドザボール」と「体の回転」と「回転軸(左の股関節)」である!ヘッドスピードはあんまり関係ない!分かりやすく説明しよう!

 

最近、

 

ドライバーがマジ飛びするようになったのである。

 

これは今日のドライバーショット。

 

 

中弾道の軽いドローでフェアウェイど真ん中。

(使用ドライバーはタイトリスト913D3

 

高遊原カントリークラブの18番ロングは464ヤードと短い。

セカンドの残りが180~190ヤードくらいだったので、

 

この動画のドライバー推定飛距離は・・・

270~280ヤードである。

 

こんなチャンスは滅多にない!

 

鼻息荒く、7wでツーオン狙ったが・・・

 

右の林へ!

 

ズコー

 

ズコー!

 

も、もったいなーい!

(3打目は林脱出、4打目で寄せてパー)

 

もちろん、毎回280ヤードとか飛ぶわけじゃないし、

飛んだとしてもフェアウェイを捕らえるわけではない。

 

しかし、

 

中肉中背、運動神経並、腰痛持ちのアラフォーゴルファーが、

250ヤード真っ直ぐ飛ばせれば立派なもんだろう。

 

最近は、練習場でも、

250ヤードの看板の・・・さらにその上にビシバシ行くのである。

 

250ヤードの看板の上に

 

マジで?

 

マジである。

 

隣の席のオヤジが、

グローレを握りしめて恨めしそうに私を見ているのである(笑)。

 

だけんどもしかし。

 

つい半年ほど前までは、

私も、目一杯飛んで220~230ヤードくらいだったのである。

 

200~230ヤードしか飛ばなかった

 

何が変わったのだろうか?

 

以前のスイングと比べてみよう。

 

面白いぞ!

 

半年前のスイング。

 

今日のスイング。

 

うヒィィ!

 

こんなにも違うもんか・・・・!

 

もうアドレスからして違うわけだが・・・

我ながら良くなったなあ。

 

画像を切り取って較べてみよう。

 

浅次郎20160825アドレス比較1

浅次郎20160825アドレス1

半年前は、猫背で、肩も窮屈そう。正面からだと分かりにくいが、グリップの位置も体から遠く、ボールとの距離も遠いと思う。別人みたいだな(笑)。

 

浅次郎20160825バックスイング比較

浅次郎20160825バックスイング

バックスイングは変わらず内側に引いてるな(笑)。しかし、下半身のどっしり感が全然違う。この時右膝が流れないようにめちゃくちゃ意識している。

 

浅次郎20160825トップ比較

浅次郎20160825トップ

トップの位置は今の方がかなり浅くなってますな。アマチュアにとって、飛距離とトップの深さはあんまり関係ないと思う。それより大事なのは軸がブレないようにすること。半年前はブレブレで頭が大きく突っ込んでいる。これでは飛距離アップの為に最も最も大事な「ビハインドザボール」が出来ない。

 

浅次郎20160825切り返し比較2

浅次郎20160825切り返し

切り返し。半年前はこの時点で大きく左に突っ込んでしまっている。全く頭が残っていない(ビハインドザボールが出来ていない)。これが「飛ばない一番の原因」である!ベルトの位置を見れば、すでに捻転が解けてしまっているのが分かる。ここからインパクト、フォローに掛けて捻転を開放し、体を回転させねばならん。飛距離の源は、ビハインドザボールと体の回転なのだ!

 

浅次郎20160825インパクト比較

浅次郎20160825インパクト

インパクト。こうやって見るとマダマダであるが、半年前より大分サマになってきたな!当然インパクトでは何が何でもビハインドザボール!比べてみれば、頭の残り方が全然違うと思う。あと、半年前は下半身が全然使えてないな。全く回転を意識してなかったけん・・・ほぼ棒立ちである。

 

浅次郎20160825フォロー比較2

浅次郎20160825フォロー

フォロー。当然、フォローでもビハインドザボールは鉄板キープである!比べて見れば一目瞭然。腰から背中、頭のラインが全然違うな。半年前はほとんど棒立ち。今はかなり反っている。願わくばもう少し下半身が回転出来ればいいのだが・・・今はこれが精一杯。それから・・・「これ同じ人?」ってくらい手の長さが違うな!気持よく両腕の肘がビーンと伸びてるし、自然と手首が返っている(もうちょいだけど)。半年前は左肘が全然伸びてない。

 

浅次郎20160825フィニッシュ比較2

浅次郎20160825フィニッシュ

フィニッシュ。半年前は左足より頭が前に出ちゃってるなあ(笑)。それよりなにより左足首。我慢が出来ずにほぼ打球方向に向いてしまっているのが分かる。これは、実は足首の問題ではなく、左股関節の問題である。左股関節の柔軟性がないと我慢できずに開いてしまうのだ。そして、この左股関節がスイングの回転軸である!回転軸が固定されずに動いてしまったらどうなるか?当然クラブヘッドに全くパワーが伝わらないのだ。

 

この左股関節を少しでも柔らかくするため、日々股関節のストレッチをしている。・・・体が鬼のように硬い私であるが(立位体前屈-20cmくらいである笑)、ちょっとずつ効果が出ていると思う。最終的には、左足首がアドレス時の形のままでフィニッシュ出来るようになりたい(今は数cmずれる)。

 

スポンサードリンク

 

私が見本にしているのは、イ・ボミのスイングである。

 

 

何度も、何度も見ながら練習しているのであるが・・・

 

浅次郎20160825インパクト

イ・ボミ、ドライバーのインパクト

 

浅次郎20160825フォロー

イ・ボミ、ドライバーのフォロー

 

まだまだだな(笑)。

 

 

■私のドライバーが飛ぶようになった理由まとめ

・ビハインドザボールが出来るようになった

・回転で打てるようになった

・回転軸(左股関節)が動かないようになった

 

練習場で、他のゴルフバカオヤジのスイングを見てる限り、これが出来ているオヤジはほとんどいない。だからMAX220~230くらいしか飛ばないのだ(飛ぶ人は多少変則でもこの3つが必ず出来ている!)。しかし、これが出来るようになれば、250ヤード以上飛ばすことも可能だ。力は要らない。スイングスピードも関係ない。ゆったり力を抜いて振っても飛んで行くようになるぞ(我々より体が小さい女子プロだって250ヤード飛ばすのだから)。

 

しかし飛ぶようになると、違う悩みが出てくる。

 

方向性である。

 

飛距離が出るようになると、

ちょっとアライメントを間違えれば・・・

ちょっと曲がれば・・・即、バンカー・林・OBである。

 

ゴルフは飛距離より方向性。

 

コッチの方がはるかに大事である。

アマチュアが方向性を良くするために必要なこと

(でも、飛ばしたい。笑)

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

今日は熊本高遊原カントリークラブに行って来たのだが・・・

 

高遊原CC20160825スコア

 

IN45、OUT47の92・・・。

 

このところ4回連続で80台だったのだが・・・がっくり。

 

まあ、何が悪いってパターが悪かったのである。トータル40パット(涙)。前半など3パット5発(嗚咽!)。ファーストが寄らずに1~3メートル残しになり、そのセカンドパットをハズしまくり。グリーンが激重で、強く打たねばならなかったのであるが・・・そう意識しててもショートしてしまう悲しきゴルファーのサガ。パンチ入ると大オーバーだしよー(ブツブツ)。短いヤツもクルリンパ。

 

ゴルフパットが入らない

 

パターの練習もせんといかんなあ。

 

今はオデッセイのピン型を使っているんだが、これ・・・自分でガツンと打たないと転がらないわけよ。全部勘でやってた時(インパクトの強さで距離を合わせる)はそれで良かったんだが・・・ネオマレット型に変えてみるか・・・。あれ、楽に転がるんだよなあ。

 

ホワイトホット RX #7

ゴルフ5で転がしてみた感じ、「ホワイトホットRX#7」が一番いいなあ。結構安くなってるし・・・。

 

まあ、しかし、ドライバー・アイアンともに良くなって来た感あり。

 

後はやっぱり・・・アプローチだな!

 

(パターの練習をしろ!)

 

スコア分析20160825

 

現在2016年の平均スコアは90.2。

 

果たして目標の「平均80台」はクリア出来るか?

70台は出るのか?

とりあえず、1回でいいからハーフで40切りたい!

 

がんばるぜ!

 

 

【スプーン試打】タイトリスト(Titleist)913Fフェアウェイウッドのスプーン(15度)をアマチュアゴルファーの浅次郎が試打してきたぜ!抜群の飛距離と操作性を誇る名スプーン。捕まえやすく直進性が高い!スライサーよりフッカー向け。弱点はコスト感(中古でも結構高い)であったが、917シリーズの販売開始とともに型落ち!

 

ゴルフは道具より腕である。

 

その証拠に、

上級者はどんなクラブでも簡単に使いこなすし、

初心者が最新のクラブを振っても・・・曲がるし、飛ばない。

 

確かにゴルフクラブは日進月歩。

日々飛んで曲がらないクラブが開発されているが、

3~4年の差はあまり関係ないと・・・私は思っている。

 

というわけで、

 

管理人は新品のクラブは買わない。

 

お小遣いが少ないからではなく、

 

根がセコビッチだからだ(笑)。

 

例えば、私が使っているタイトリストの913D3ドライバーだが、

 

タイトリスト913D3ドライバー浅次郎

中古で買ったのだが、相当年季が入っている。

 

タイトリスト913D3ドライバーシャフト

シャフトはランバックス55のS。

 

買うときに、(最新の915D3と較べて)相当試打したのだが・・・

飛距離、方向性ともに差がほとんど分からんかった。

※詳しくはこちら→タイトリスト915D2試打してみました!

 

しかし、915と913では、値段が倍近く違うのである。

 

じゃあ、型落ちの913D3でいいんじゃね?

と、思ってしまうセコビッチな私。

 

(個人的にタイトリスト913D3は名器だと思う。917Dの発売は楽しみだが、今んとこは変える必要はないかな・・・試打はしたいけど)

 

・・・で!

 

スプーン(3W)を買おうと思っているのだ。

 

今までは3Wを入れずに1W、5W、7Wのウッドセッティング。

5W(18度)の飛距離は約200~210ヤード。

7W(21度)の飛距離はは約190~200ヤード。

 

5Wを結構得意としており、

3Wで打っても結局飛距離は同じくらいであり(笑)、

以前は1Wの飛距離が220~230ヤードくらいだったので、

スプーンの必要性がなかったのである。

 

だけんどもしかし!

 

だけんどもしかし!

 

ドライバーの飛距離が240~250ヤード・・・と伸びるにつれ、

スプーンの必要性が増してきたのだ。

 

フロントティーからだと、

・240~250ヤード飛んだらOB

というケースが多々あるのであり、

 

短いロングでドライバーの超ナイスショットが出た場合に、

・ピンまで残り220~230ヤード

ってケースも(たまにだけど)発生するのだ!

 

ちなみに、

 

多くのアマチュアゴルファーは、

ロングの2打目はウッド(又はユーティリティ)で打つ!

と決めてかかっているな。

(ウッドが上手い人はもちろんそれでいい!)

 

しかし、私は、

グリーンに届く可能性が無ければウッドは握らない!

と決めている。仮にナイスショットだったとしてもグリーンに乗らないわけだし、グリーン回りにはワナが沢山あるし、ちょっと曲がれば大トラブルになるからだ。それより3打目フェアウェイ確保がパーの近道である。そういえば、最近、ロングで大叩きはしてないと思う。

 

ゴルフはスイングや道具も大事だが、

こういう「マイルール作り」も意外と大事である。

 

例えば、

 

・ラフからウッドは使わない。

・アイアンはマン振りしない(番手を上げて軽く)。

・林に入ったら脱出優先。ダボで良し。

・暫定球は違うクラブで。

 

などなど。自分なりのルールを作り、書いて貼っておくといい。

ゴルフはミスをいかに少なくするかの競技である。

ルールを作っておくと、確実にミスは減るぞ!

 

ダッフンダ。

 

ダッフンダ

 

話を戻そう。

 

スプーンを購入しようと思っているのだが、

まずは試打!である。

 

ドライバーに合わせて、

タイトリスト913Fフェアウェイウッドを試打してみたぜ!

タイトリスト913Fのメーカーホームページ

 

タイトリスト913Fスプーン_ヘッド

タイトリスト913Fのスプーン(15度)。

 

タイトリスト913Fスプーン_シャフト

シャフトはATTAS 4Uの7S(72g、中調子)。結構重い。

 

タイトリスト913Fスプーン_顔

顔はこんな感じ。振り切れそうだし、捕まえやすそう~!

 

早速打ってみたのだが、

 

まー・・・・

 

飛びますな!

 

ナイスショットが出るとドライバーと変わらんぐらい飛ぶわ。

キレイなドローで力強く中弾道で飛んで行く感じ。

練習場の感じだと220~230ヤードくらい飛んでるんじゃないかなー・・・。

 

託麻インター練習場

200ヤードの看板と250ヤードの看板の間くらいにズドン。

 

打感も良いし、方向性もよろしい。

インパクト音も最高。

 

ただし、捕まえ損なうと・・・

ショボいスライス球が出る(笑)。

これがネックで、捕まりの薄いスライサーには向かないと思う。

 

あと、球を上げたいって人にも向かないかなぁ。

中弾道でランが出る感じの球筋である。

 

オススメなのは、フッカーもしくはドローヒッター。

左のミスはほとんど出ないので、

思い切りグルン!と回転スイング出来ると思うぞ。

 

金谷多一郎プロの評価は、こんな感じ。

タイトリスト913Fスプーン_評価

金谷多一郎プロのタイトリスト913F試打

 

やはり、飛距離・操作性・打感は満点やな。

 

これは発売当時のもので「コスト感」がイマイチになってるが、

今はかなり価格も落ちているぞ。

私が試打したスプーンは12,980円であった。やすーい。

 

今秋には新モデルの917が発売されるので・・・

915モデルはもちろん、913モデルも安くなると思う。

この秋が買いか?

 

今度はシャフトを変えて試打してみようっと。

あとタイトリスト915Fも打ってみないとね。

他にも試打したいスプーンが沢山あるわ~。

 

 

【中古】タイトリストTITLEIST913F 3W
by カエレバ

 

 

 

スイングを変えずに上手くなる?10日間ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【リオオリンピック男子ゴルフ予想】オリンピック112年ぶりのゴルフ競技。各国代表60人が出場し、4日間72ホールのストロークプレーで金メダルを争う。予選落ちはない。日本からは片山晋呉と池田勇太が出場。ランキング上位選手の辞退が相次ぐ中、金メダルは誰の手に?オッズは何倍?賞金は出るの?マーカス・フレイザーに20ドル賭けてみる!

 

毎日リオ五輪漬けで寝不足であるが、

いよいよリオ五輪のゴルフ競技が始まった。

 

リオ五輪片山晋呉

 

日本からは片山晋呉、池田勇太が参戦しているが、

残念ながら初日3オーバーとなり・・・メダル獲得は厳しい状況に。

片山晋呉、池田勇太は3オーバー出遅れ…

 

ちなみに、オリンピックで金メダルを取っても賞金は出ない(笑)。

 

ただ、日本の場合は、日本ゴルフ協会から

 

金メダル 報奨金1000万円+「1年シード権」10年分

銀メダル 報奨金500万円+「1年シード権」5年分

銅メダル 報奨金300万円+「1年シード権」3年分

 

が与えられるんだそうな。

ゴルフ金メダルに報奨金1000万円+「1年シード権」10年分

 

PGA(米国男子)ツアーなら優勝賞金は1億円を超えるし、予選さえ通れば50~60位でも相当額の賞金が出る(200万円くらい)。ちなみに全米プロ4位タイだった松山英樹の賞金は約36万ドル(約3700万円)である。米ツアーが主戦場の松山からすれば・・・日本のシード権なんて要らないし、ランキングにも影響しないし、そりゃ・・・オリンピックに出る価値ないよなー(笑)。ジカ熱がどうのと言い訳してるけど、本当は「治安」とか「選手村」とか「食事」とか「体調」とか・・・リスクが大きくてリターンがほとんどないのが原因なんだと思う。

 

しかしシード権が要らないのは片山晋呉も同じ。なんせ永久シード持ってるからね。池田勇太もシード権にこだわるタイプじゃなさそうだし(10年シードは欲しいかもだけど)、この2人は完全に「名誉」を獲りに来たんじゃないかな?日本ゴルフ協会も1000万円とかせこいこと言わず、もっとドーンと出せばいいのねー。

 

リオ五輪池田勇太

池田勇太はJOC側の不手際があったらしく、自費でリオ入りしたとか・・・

 

他の国はどうなってんだろうね?

 

まあ、PGA上位ランクの選手はほとんど出てないから、

どの国も似たようなもんなんだろう。

 

というわけで、

 

オリンピックと言っても、

PGAツアーより遥かにレベルが低い争いである。

 

誰が金メダル取っても不思議なし!

 

で、初日の結果は、

 

【初日の順位】
1位(-8):マーカス・フレイザー(豪州)
2位T(-5):グラハム・デラート(カナダ)
2位T(-5):ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)
4位T(-4):トーマス・ピータース(ベルギー)
4位T(-4):グレゴリー・ボーディ(フランス)
4位T(-4):アレックス・チェイカ(ドイツ)
4位T(-4):ジャスティン・ローズ(英国)
4位T(-4):ラファエル・カブレラ・ベロカブレラ(スペイン)

42位T(+2):バッバ・ワトソン(米国)
50位T(+3):片山晋呉(日本)
50位T(+3):池田勇太(日本)
56位T(+4):リッキー・ファウラー(米国)

ALBA「リオ五輪リーダーズボード」

 

マ、マーカス・フレイザーって誰?(笑)

 

マーカス・フレイザー画像

 

世界ランク90位。

欧州男子の賞金ランキング35位。

 

うーむ。正直、全然知らん(笑)。

 

ビッグネームは2位タイのヘンリック・ステンソン(世界ランク5位)、4位タイのジャスティン・ローズ(世界ランク12位)、11位タイのセルヒオ・ガルシア(世界ランク11位)、同じく11位タイのマット・クーチャー(世界ランク20位)くらいか。

 

それにしても、

聞いたことのない選手が沢山いるなあ・・・。

 

現時点(1日目終了時)でのオッズがどうなっているかというと、

 

リオ五輪男子ゴルフオッズ

ウィリアムヒルから抜粋

 

ヘンリック・ステンソン 3.0倍

ジャスティン・ローズ 7.0倍

マーカス・フレイザー 11.0倍

ラファエル・カブレラ 13.0倍

セルヒオ・ガルシア 13.0倍

マルティン・カイマー 17.0倍

マット・クーチャー 21.0倍

 

あれ?

 

片山晋呉、池田勇太の名前が・・・ない(笑)。

予選落ちはないけん、まだ可能性ゼロではないのだが・・・。

 

いずれにせよ、

現時点での注目は3打差を付け-8でトップに立つ

マーカス・フレイザーである。

初日は鬼のように調子が良かっただけで、

2日目から失速するのかもしれんが・・・

 

3打差のアドバンテージはデカイんじゃね?

 

本命派であれば、ヘンリック・ステンソンやジャスティン・ローズに賭けるのも良かろうと思う。しかし、管理人は穴党である(笑)。先日の全米プロでは、穴馬ジミー・ウォーカーが初日首位から逃げ切ったではないか。やはりゴルフは先行逃げ切りが有利(これはもしや・・・ゴルフベッティングの必勝法では?)。このメンツなら無名選手の金メダルの可能性もあるのではないか?

 

ってわけで、

 

このマーカス・フレイザーに軽く賭けてみたぜ!

 

リオ五輪男子ゴルフ金メダルベット

 

金メダルオッズは11.0倍。

銅メダル以上で3.5倍。

 

これに10ドルずつ。

マーカス・フレイザーが金メダルなら145ドル(約14,800円)。

銅メダル以上なら35ドル(約3,600円)。

 

これで、リオ五輪のゴルフ観戦が断然楽しみになったぜ!

 

逃げ切ってしまえー!マーカス!

 

 

3日目終了時点での結果。

リオ五輪男子ゴルフオッズ最終日順位

 

2日目まで首位だったマーカス・フレイザーだが、3日目は1オーバーで3位に後退。本命のヘンリック・ステンソンとジャスティン・ローズが1歩抜け出たな。

 

3日目終了時点でのオッズはこう。

 

リオ五輪男子ゴルフオッズ最終日オッズ

 

こうなったら・・・

マーカス・フレイザーには3位死守をお願いしたーい!

(ここから逆転ももちろん期待するけど!)

 

4日目、楽しみやな!

 

ゴルフやオリンピックで儲けたい!お金を賭けて楽しみたい!って奇特な方はこちらを参考に。

宮里藍バナー

 

 

【目標80切りゴルフ】ビハインドザボール!頭を残せ!と言われても、ついついヘッドアップしちゃうのがアマチュアゴルファーのサガ。正しいビハインドザボールの方法、頭を残す効果的な方法は?その時の体の回転は?左股関節を軸に右腰を回転!左膝、左足首はベッタリ我慢汁!これが出来たら飛距離・方向性ともに格段にアップするぞ!

 

今はスマホで簡単に動画が取れるから、

是非、自分のスイングを撮って、じっくり見て欲しい。

 

そして頭の動きを見て欲しいのだが、

95%のアマチュアゴルファー(管理人含む)は、

 

スイング中に頭が動いているのだ!

 

頭を残せ!ビハインドザボール!

そんなことは重々分かっているんだけど、

やっぱり私のデカイ頭は動いてしまうのだ・・・。

 

 

切り返しで前にツッコム2

これは2016年2月頃(半年前)のスイングだが・・・今、見るとヒドイな(笑)

 

この記事を真面目に見てる貴方の頭も

くわわわっ!と動いてしまってるのだと思う。

 

で、どうやっても頭が残らないアマチュアゴルファーに

是非試して貰いたいのが、

 

・右を向いたままスイング。

・インパクトの瞬間に右を向く(という意識)。

 

という方法である。

これは、ヒジョーに簡単かつ効果的なのであるが、

この意識だけだと体重が右に残ったままになり、

プッシュアウトやチーピンのミスが出やすいのである。

 

じゃあどうすればいいのか?

この動画がとても分かりやすいのでご覧頂きたい。

 

 

何度見ても、ナイスな太ももである。

 

何度見ても、ナイスなスイングである。

 

スイング中の正しい頭の残り方と軸回転

 

「スイング中の正しい頭の残り方と回転軸の関係について」

まさしく私の為の動画であるなー。

 

スイング中の正しい頭の残り方と軸回転5

 

アゴを上げて、右足の踵を見ながら左肩を回すと・・・

 

スイング中の正しい頭の残り方と軸回転4

 

左の首筋がピーーーン!と伸びるのが分かる。

 

この感覚がヒジョーに大事!

 

トップからダウンに掛けて、

頭を残しつつ、

左の首筋をピーン!と伸ばすのだ!

 

頭が残らないと首筋は伸びない!

首筋を伸ばす意識が、頭を残すのだ!

 

ドリルとしては、動画にあったとおり、

 

・頭を誰かに押さえてもらう。

・壁に頭を付けてシャドースイングする。

 

のが効果的だ!

 

これは片山晋呉のリオ五輪での練習風景。

 

リオ五輪片山晋呉の練習風景

 

見よ!

 

トッププロだって、

頭を残す練習をしているのだ!

 

ガーン・・・

 

そう、プロのスイングは頭が残ってて滅茶苦茶かっこいいが、

あれは練習に練習を重ねて体得したものであり、

油断すればプロだって頭が上がってしまうのである!

 

頭が上がる癖はなかなか治らない。

私も未だに治らない。

 

しかし、ビハインドザボールはゴルフの極意である。

首筋が伸びる感覚を是非体に覚えこませよう!

 

スポンサードリンク

 

次、

 

これも非常に大事なポイントである。

 

スイング中の正しい頭の残り方と軸回転2

 

左脇を締めて、右腰を回す!

 

これが大事。

何故かと言うと、頭が残っただけだと・・・

右足に体重が残ってしまいやすいからだ!

 

上手く体重移動が出来ればいいのだが、

回転を伴わない体重移動は

プッシュアウトや引掛けチーピンの大きな原因である。

(手首を上手く使えれば、それでもいいのだけど)

 

当たりはいいのに、プッシュ!チーピン!

という経験は誰しもあると思うが・・・

その原因は「回転不足」「回転停止」であることが多い。

 

この「左脇を締めて、右腰を回す」という感覚は、

 

・野球のアンダースロー

・水切り(石投げ)

 

を意識するといいかもしれん。

 

■正しいビハインドザボール(頭を残す)まとめ。

・頭を残したまま、左の首筋を伸ばす!

・左脇を締めて、右腰を回す!

 

是非、練習の時に試して頂きたい。

(本番でいきなりやらないでね。笑)

 

スイング中の正しい頭の残り方と軸回転3

 

以下、補足である。

 

右腰を回転させるときに大事なのが、回転の軸となる左腰(左股関節)である。これがブレると回転軸もブレるの球が荒れる。上の画像のように、左腰を軸にして回った後、左足は地面ベッタリ(直角)、左足一本で立てるフィニッシュが理想であるな。

 

私の場合は、

 

浅次郎アドレス20160504フィニッシュ

 

股関節が鬼固のため、

左足首は進行方向に向いてしまい、足裏がめくれてしまう。

(じゃないと体が回らない)

 

今、この矯正に励んでいるのであるが・・・

 

今日のスイングを見てみよう。

 

 

おお、我ながらナイスボール。

 

今回からガラッとスイングの考え方を変えたみた。どう変えたかというと、上半身の意識を捨てたのである。上半身は脱力。そしてバックスイングでは右膝(右股関節)を意識。そしてダウンスイングでは左膝(左股関節)を意識。単純に、

 

右膝→左膝

 

スイング中は、これだけを意識してみたのだ。

 

下半身がブレなきゃ、

真っ直ぐ飛ぶんじゃね?

 

という単純な理論である。

 

あとは今回記事にしたビハインドザボールの正しい方法だけ。

(これはスイング前のルーティン時にチェック)

 

で、どうなったかというと・・・

 

浅次郎20160808アドレス1

アドレス。前傾、アライメント(体の向き)もかなり良くなったような気がする。もうちょっとグリップを真下に持ってきたいが・・・今は無理ぽ。

 

浅次郎20160808バックスイング2

バックスイング9時。右膝、我慢汁。

膝が流れたら・・・ママ友の会で「ウチノダンナ早漏なの」って言われるぜぇぇぇ!

 

浅次郎20160808トップ

トップ。かなり浅くなった。前回と較べてみよう。

 

浅次郎20160804トップ

画像でみると微妙な差だが、本人からすると大違いである。今まではトップの「間」とか「タメ」とか「切り返しのタイミング」とか色々と意識していたが・・・今回は何も考えていない。

 

浅次郎20160808インパクト

インパクト。もうちょい左ケツが見えるように右腰を回転させたいが・・・これが限界なのかなあ。ダウンに掛けては左股関節を中心に右腰を回転。左膝で我慢。左足首も我慢。ベタ足で我慢。ココで逝ったら今までの頑張りが台無し。「あれ?イッタの?」と言われてしまうぞ!

 

浅次郎20160808フォロー1

フォロー。まだ左膝、左足首ともに我慢!ケツは締める!

 

浅次郎20160808フォロー2

男は我慢。

 

浅次郎20160808フィニッシュ

逝ってよし(笑)。左足裏はめくれず、ほぼベタ足。前回のフィニッシュと比較してみよう。

 

浅次郎20160804フィニッシュ

べ、別人のようだな(わずか4日前である)。前回は左足裏がめくれ、つま先は45度以上進行方向にズレている。ケツの締り・・・悪し。これは左膝で我慢出来ていない証拠である。

 

スポンサードリンク

 

というわけで、

 

今回ドライバーは絶好調。8割方フェアウェイを捉え、ミスショットもラフ止まり。飛距離も230~250ヤードは飛んでいたと思う。しかし、ドライバーが良くてもアイアンが悪いとまとまらないのが・・・ゴルフなんだよねえ・・・(笑)。

 

チサンカントリー御船20160808スコア

 

OUT43、IN44の87!

 

ドライバーは絶好調。

残りはウェッジ、ショートアイアンの距離。

 

なのに・・・

 

グリーンを外したり、

グリーンに乗っても端っこの方だったりで、

ビッグスコアにはならず。

 

うーむ、せめて80前半で回りたかったが・・・しょうがなし。

あと・・・短いパットをどげんかせんば(笑)。

もう短いパットは全部真っ直ぐで打つか!

 

■今後の課題

・アイアンの精度を上げる。

・寄せワンアプローチ。

・ショートパットを確実に入れる。

 

スコア分析20160808

 

これで4連続80台。

ついに、2016年の平均スコアが90.1まで来た。

 

この調子で行けば、

「平均スコア80台!」の目標は達成できそうだが・・・

問題は「70台を出す!」の目標だなあ。この目標は辛すぎたか・・・。

 

とりあえず、

上半身の意識を捨てた膝膝スイングで、

アイアンの練習に励もう。

 

(パターの練習をしろ!)

 

 

おまけ動画。

 

 

アプローチで悩んでいる方は多いと思うが・・・

 

この動画で言ってる通り、

アプローチも体の回転で打たねばならん。

手打ちはミスの元である。

 

この件はまた次回にでも。

 

 

 

スイングを変えずに上手くなる?10日間ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

【80切りを目指すゴルフ】2016年8月4日、熊本地震の被害にあった肥後サンバレーゴルフクラブに行ってきた。プッシュスライスの原因はインサイドアウト?ビハインドザボール(頭を残せ)が出来ていない?回転不足?左の壁(左股関節)で受け止めていない?それとも手首の返し?フォローを変えれば弾道も変わる?

 

最近、ドライバーの調子が良く、

強いドロー球が打てるようになり、飛距離がグンと伸びてきた。

 

と同時に、ミスが大怪我になることも増えてきた。

飛距離が出ると曲がり幅も大きいんだよねー。

 

これはしょうがない話なんだけど、

もちろん直す努力をせねばならん。

 

で、

 

ゴルフ打球の種類は大きく分けてこの9種類である。

 

ゴルフ打球の種類

 

これを読んでる貴方も、自分がどのタイプか確認して頂きたい。

 

私は「インサイドアウト」「フック系」である。

(グリップはスクエア、ドライバーはややオープン→タイトリスト913D3

 

ただ、その曲がり幅はフェアウェイセンターを狙って左の浅いラフに行く程度であり、目標に向かってストレートボールで飛んで行く事も多い(半々くらいである)。つまり、そこまで極端なインサイドアウト軌道ではなくスクエア寄りである。

 

これは本日の浅次郎のスイング。

 

 

フェアウェイやや右サイドからドローで回す予定だったのだが、ドローが掛からずにストレートボール。右奥のバンカーをキャリーで超えて右ラフへ。推定250ヤードドライブ。

 

インサイドアウト系のドローヒッターであれば

通常この狙い方で問題ないのであるが、

問題はスライスが出た時である。

 

そう・・・未だにプッシュスライスが出るのだ!

(この日も3発ほど出た。OBにはならなかったけど)

 

プッシュスライスの原因は、

「インサイドアウト」+「フェースの開き」。

 

スライスの原因は

「インパクト時にフェースが開いているから」である。

 

よく、

 

アウトサイドイン軌道だとスライス。

インサイドアウト軌道だとフック。

 

と誤解しているアマチュアが多いな。

(もちろんそういう傾向が強いが、100%原因ではない)

 

練習場でよく聞く会話の一つがこれだ。

 

「サトーさん、アウトサイドから入ってるよ。だからスライスになるんだよ」

 

しかし、このサトーさんがインサイドから振ってもスライスは治らない。

プッシュスライスになるだけである。

 

なぜなら、

クラブの軌道は球の曲がりとはほとんど関係ないからだ。

 

ゴルフ打球の種類

 

インパクト時に

フェースが閉じていればフックになり、

フェースが開いていればスライスになるのである。

 

で、

 

アマチュアの多くはフェースが開いてインパクトしてしまうため、

アウトサイドインの軌道にして調整したり、

大きく左を向いて立つことになるのだ。

 

つまり、アウトサイドインだからスライスになるのではなく、

スライスが出るからアウトサイドインにスイングするアマチュアが多いのである。

 

だから、アマチュア用のドライバーは、

その多くが「フックフェース」になっているのだ。

 

じゃあ、何故フェースが開いてしまうかというと、

 

・頭が前に突っ込んでしまう(ビハインドザボールが出来ていない)

・回転でスイング出来ていない(体重移動でスイングしている)

 

からである。もちろん、アドレスに一番の問題があり、グリップやコックやバックスイング、力の入れ過ぎや打ち急ぎ等にも問題があるのだが、基本的にはダウンスイングでの突っ込み、体の回転に問題があるのである。

 

で、私がスライス球を打つ時も同じ話で、

インパクト時に突っ込んだり、回転不足でスライス球が出るのであり、

 

私の場合はインサイドアウトの軌道であるからして、

右に出た球がスライス・・・プッシュスライスとなるのだ。

 

じゃあどうすればいいか?

 

方法は2つ。

 

1、インサイドアウト軌道をスクエア軌道に修正する。

2、インサイドアウト軌道のまま、スライスが出ないようにする。

 

うーむ。どっちがいいのやら・・・(笑)。

 

まず、スクエア軌道になるよう日々改善に取り組んでいるのであるが、

これが非常に難しいのだ・・・。

 

浅次郎20160804アドレス1

アライメントは良いな。フェアウェイ真ん中やや右を狙う。

 

浅次郎20160804バックスイング

私の場合、まずバックスイングに問題がある。インサイドに上げているのだ。もう少し大きく外に上げてスクエアに持って行きたいのだが・・・難しい。

 

浅次郎20160804トップ

左手甲の角度。右肘の角度。いずれも問題ないと思う。

 

浅次郎20160804インパクト

インパクト。左ケツがもうちょっと見えるくらいまで回転させたいのだが・・・これもなかなか難しい。やり過ぎるとフェースが開いてしまうしな。

 

浅次郎20160804フォロー

フォロー。きっちり頭が残って、クルっと回転出来れば自然と手首は返る。・・・・はずなのだが、このスイングは甘いなあ。ボールは右奥のバンカー方向へ。強いストレートボールで飛距離は250ヤードくらい?よく飛んでる。ドローがかかれば完璧だったんだけど。

 

浅次郎20160804フォロー2

手首が返り切っていないし、低い。スイングが終わってしまっている。

 

浅次郎20160804フィニッシュ

フィニッシュ。やはり手の位置が低い。

 

現状、インサイドアウト軌道をスクエア軌道にするのは難しい。

(外に上げようとするとスイングがぐちゃぐちゃになる)

 

なので、

 

2、インサイドアウト軌道のまま、スライスが出ないようにする。

 

の道を行こうと思う。その為にはビハインドザボールと体の回転を徹底するのが一番。そして肝心なのが、体の回転を左の壁(左の内側、左股関節)で受け止めることである。

 

GDOのアマチュア大会で熊本予選を2位で通過した・・・鬼ヤンベのスイングを見てみよう。

 

 

羨ましくなるスイングである。

 

私のスイングと比べてみよう。

 

鬼やんべ20160804インパクト

浅次郎20160804インパクト

インパクトの形は・・・まあ似ているな!

 

しかし・・・

 

鬼やんべ20160804フォロー

浅次郎20160804フォロー2

 

フォローの形が全然違うわ!

 

腕の角度も手首の返りも全然違うけど・・・注目すべきは下半身。

特に左足とケツ。

私のスイングは締りがなく、回転力が逃げている印象。

 

鬼やんべ20160804フィニッシュ

浅次郎20160804フィニッシュ

 

フィニッシュも全然違う。

足の長さも全然違うが、ケツの締まり具合が全然違うわ。

ジゴのスゆるゆるだし、左足の裏めくれてるし。

あと手の位置も違うわな~。

 

まあ、体バリ固の私にこのフィニッシュを体現するのは難しいが、

 

左の壁(股関節)で回転力を受け止めることが出来れば、

もっとヘッドが走って、

もっとヘッドが返り、スライスは出にくくなる!

 

ストレッチと練習あるのみ。

 

スポンサードリンク

 

で、

 

今日は熊本地震で甚大な被害を受けた

肥後サンバレーゴルフクラブに行って来た!

 

カート道はボロボロだし、修理地だらけだし、

割れてるグリーンとかあって復旧に時間がありそうであったが、

問題なくラウンドすることが出来るのは幸せなことだ。

(平日セルフは5,000円である・・・安い)

 

出来る限り、被害のあったゴルフ場に足を運びたい。

 

肥後サンバレーCC20160804スコア

 

OUT41、IN42の83!

 

これで3連続80台である。しかも、「なんとか80台」という感じではなく、ショートパットを何度もハズしての83である(パット37)。特に上がり3Hは全部パーで行けたよな~~~。パットのミスがなければ70台行けたんじゃね?と思わんでもないが、勝負の世界にタラレバはない。全部含めて実力である。

 

ただ、パーオン8回でパーが9個。2つのダボも3パットによるもの。ショットやアプローチのレベルは格段に上がってきていると思う(この日はアイアンがピンに絡むこと無く、グリーンの端っこに乗る事が多かった)。

 

・左の壁(左股関節)で回転を受け止める練習

・アプローチ練習

 

を引き続き重点的にやって行くぜ!

(パターの練習をしろ!)

 

スコア分析20160804

 

とうとう2016年の平均スコアが90.2まで来た。

もうちょいで80台である。

パター・・・変えてみるかなあ・・・。

 

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc