【80切りを目指すゴルフ】グリップを変え、スイングリズムを変えた浅次郎。片方だけでも大変なのに、両方一度にやればそりゃスイングもスコアもガタガタになるのが当たり前。しかしそれでいいのである。魔法のようにあっという間に上手くなる方法なんてありゃしない。1年後、2年後を見据えて今はモクモクと練習あるのみ。

 

グリップを変えた話は前々回にしたし、

スイングリズムを変えた話は前回したんだけど、

 

不思議なことに、

グリップの違和感は、もうほとんどない。

 

 

最初は「無理無理無理!」って思ってたんだけどね。

今はもうウッドもアイアンもウェッジも普通に振れる。

ほとんど問題ない。

 

しかしやっぱりまだ慣れてないからね・・・

たまに「振り遅れ」や「引っ掛け」が発生しちゃうわけ。

あとアプローチで強く入ってしまうんだよなあ。

 

まあ、違和感さえ無くなればあとは慣れの問題だろう。。。

 

もっと致命的に大変なのは

スイングリズムの方で。

 

 

これを意識するともう・・・

「手打ち」になったり、思い切り「ダフっ」たり・・・。

 

無意識レベルで出来るようにならんとダメだこれは。

 

・・・

 

というわけで、

 

一旦、スコアはボロボロになると思う。

 

でも、

 

それでいいのだ。

 

 

簡単にゴルフが上手くなる方法なんてないし、

簡単にスコアが縮まる方法なんてない。

 

スコアを落とさずに劇的にスイングを変える!

なんて都合のいい話はないし、

 

スイングを変えずに70台を目指すのは至難である。

(そういう道もあるんだろうけどね)

 

私の思うようになんてならない。

 

でも、

 

だからこそ努力し甲斐があるのであり、

 

だからこそゴルフは面白いのである。

 

私のゴルフ人生はあと40年ある。

(80過ぎてもやるつもりだ!)

 

目先のスコアなんて

1㍉も見ちゃいないぜ!

 

スポンサードリンク

 

「浅次郎さん、今回は言い訳が長かったですね。スコア、悪かったんでしょ?」

 

ば、

 

ば、

 

ばれた?

 

男が、聞いてもねえことを必要以上にべらべら喋る時は、

 

大概・・・

 

後ろめたいことがある時である。

(女性は覚えておくと役に立つかも笑)

 

ここんとこ90打つことは滅多になかったんだけどなあ・・・

 

これで3回連続か。

 

ま、しゃーない。

 

今回は一回更新サボったので(スコアが悪かったので笑)

 

2ラウンド分だ!

 

 

OUT43、IN48の91。

 

ティーショットはことごとく左~~~!

良くてラフ~、多くは林の中~~~!

スダボを連発してるのはアプローチのミスが重なって~~~!

 

きびしー!

 

 

OUT45、IN48の93。

 

この日もティーショットは左へ~~~♪

飛距離は出てたし、球は悪くなかったんだけど方向性がダメダメー!

(OB3発打っちゃった!てへぺろ!)

 

ボール位置の問題か、スイング軌道の問題か、アライメントの問題か・・・

いずれにせよ微調整&スイング固めが必要である。

 

しかし、ちょっとずつ良くなってきた感はあるぜ!

 

あと、アイアンの距離感が合わず・・・

15~20ヤードほどオーバーしてグリーン奥ってのが結構あったのよ。

(こりゃナイスオンだろ!って思ったのが奥の逆目のラフだと悲しいよね)

 

その時たまたまなのか?

上空の風の影響か?(この日は強風だった)

スイングが良くなったからなのか?

 

・・・は分からんが、

 

全てを我が金玉袋に詰め込み、

放出される日を夢見つつ、前に進んで行く。

 

 

あれ?平均スコアが88.3まで落ちたよ?

今年の目標「平均スコア84」はもう不可能か?

 

7月19日には、

「空港周辺地区オープンゴルフ大会」に出る予定なんだが・・・

予選突破、厳しそうだなあ・・・(笑)

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【80切りを目指すゴルフ】手打ちを防止するには、体の回転で打つ!インサイドインのスイング軌道で打つ!なんてのは分かってるけど難しい!そんな貴方に簡単に出来る秘策を一つ。それは「肩甲骨を意識してスイングする」である。バックスイングでは右肩甲骨を後ろに引っ張り、フォローでは左肩甲骨を後ろに引っ張るのだ!

 

アマチュアのスイングの多くは、

 

「手打ち」である。

 

「いやいや、浅次郎さん、私は手打ちじゃないですよ」

 

という90前後の中級レベルの人も

9割方は「手打ち」である。

 

あるいは、全部がそうじゃなくても、

ミスショットの大半は「手打ち」のミスである。

 

偉そうなことを言ってる私も「手打ち」のミスが多く、

激しくOB打ったり(左も右も出る笑)、

深々と林に突き刺したり、

豪快に地面を掘ったりしている(笑)。

 

軽く振って250ヤード以上飛ばせる方は(成人男子)、

ちゃんと体の回転を使ってスイングが出来てると思うが、

そうじゃない方は・・・実はほとんどが「手打ち」なのだ。

 

で、手打ちを改善するために必要なのが、

体を使った「回転スイング」「インサイドイン軌道」なのだが、

これがまた難しいんですな。

 

体で打て!

 

と言っても手を使ってしまうのが

オナ好き人間のサガで(え)。

その結果、

スイング軸がブルブルとブレて逝ってしまうのである。

 

特に難しいのが、

回転した後にインサイドに振り抜く点だ。

 

 

これは去年の春に撮った私のフォロー画像だが、フォローでインサイドに振り抜けない(左肘が外側に曲がる)・・・というのは、今も抱えているゴルフ3大悩みの一つである。

 

外側に振り抜いてしまうとインサイドアウトになってプッシュアウトを誘発するし、インサイドストレート気味だとフェースが開いてスライスになりやすい(これはフェースがちゃんと返れば真っ直ぐ飛ぶ)。

 

そう。上手く回転出来たとしても

「インサイドイン軌道」

じゃないとボールは真っ直ぐ飛ばないのである。

 

だからと言って「手首をコネて」フェースを返そうとしちゃダメ。これをやり始めると一気にゴルフが難しくなるし、それこそ手打ちになりやすい。あくまで、スイングの結果、自動的に、フェースが返ってインパクトしなければならんのだ。

 

じゃあ、どうすればいいか?

 

簡単な方法はないのか?

 

左脇を閉めればいいのでは?

 

それはそうなんだが、これは実際なかなか上手く行かない。

(脇に意識が行くと何故か手打ちになってしまうのだ)

 

で、

 

思いついたのが、

 

肩甲骨!

 

である。

 

はァ?肩甲骨?

 

 

と渋川先生の顔になったそこのアナタ!

 

いいからその場で立ってアドレスしてみるべし。

立ったらクラブを持った姿をイメージをして。

 

そしたら、手とか肩とか無視してね。

右肩甲骨を後ろに引っ張るようなイメージ

ゆっくりバックスイングしてみて。

 

そして、これ以上、

右肩甲骨が動かない!

ってところがMAXのトップである。

 

 

そうするとこのくらいのトップになると思う。

(トップでは右肘が真下になるようにね)

 

 

正面から見ると左手が10時の位置。

 

ここからさらにグリップを持ち上げると

オーバースイングだと思って良し。

しかし9割のアマチュアはここからさらに手を上げてしまうのだ!

(これも手打ちになる大きな原因である)

 

このオーバースイングを防ぐ意味でも

肩甲骨を意識することは有効で・・・

コンパクトで脇の締まったトップが作れるのである。

 

参考・・・丸山茂樹のアイアンスイング。

 

コンパクトトップから切り返してインパクトするわけだが、

今度はフォローの意識だ。

 

左肩甲骨を後ろに引っ張るようなイメージ

クルッと回転して振り抜くのだ!

 

うおっ!美しいなあ・・・こんなに右手甲が上になるんだ・・・。

 

この時、

「肩を回す」とか「脇を締める」とか考えなくてよろしい。

考えるのは肩甲骨だけ!

とにかく左肩甲骨を後ろに引っ張るイメージで振り切るのだ!

 

そうすることで自動的に左脇も締まるし、

インサイドに振り抜けるようになるし、

丸い回転スイングとなって、

軸もブレなくなる。

 

多くのアマチュアはインパクト前後に上半身が突っ込んでしまうのだが、

(飛球線方向に飛ばしたい気持ちは良く分かる。笑)

肩甲骨を意識することで背骨を軸とした回転スイングになり、

しかも脇も締まる・・・全てを解決することが出来るのだ!

 

ただし!

 

そもそもがアウトサイドイン型のスイングプレーンの方や、

バックスイング時にスウェーしてしまう方や、

下半身の体重移動が出来てない方がこれをやると、

 

盛大に引っ掛けてしまうぞ。

 

しかし引っ掛けになったとしても、

「体の回転で打つ」というその感覚は分かると思う。

(今までとは全く違った球になると思う)

 

是非、今から練習場に行って試して頂きたい。

(いきなり本番でやっちゃダメよ。笑)

(個人によって合う、合わないがあるけんな)

 

しかし・・・

ゴルフは、改善せねばならんこと、

練習せねばならんことが多くて大変だわい。

 

ま、逆に言えば、

まだまだ伸び代があるってことだけど!

 

待ってろよ鬼ヤンベ!

 

スポンサードリンク

 

さて、実は、

2018年になってすでに2回ゴルフに行ったのだが、

打ち初めがひどいスコアで(笑)。

 

言い訳をすると、

最高気温0.6度、最低気温-3度の雪がチラつく極寒で、

(当然、午前中はグリーン凍結していた。溶けた後はジュクジュクの激重)

ブ厚いネックウォーマーをしつつ、

カイロを背中に3個貼りつつ、

凍りそうな指にハァっと息を吐きかけつつ、

精一杯頑張ったのだがドモナラズだったのだ。

 

で、単発でスコアをアップするのが恥ずかしく(笑)、

今回は2回目のラウンドと一緒にアップするな。

 

 

OUT47、IN52の99。

 

あ、あぶねえ!

 

あやうく100打つとこだった(笑)。

 

寒さのせいかは分からんが、前回絶好調だったドライバーが右に左に曲がってね。毎ホールのように林に打ち込んでしまったのである。さらにはアイアンも全く捕まらずにククッとスライスが掛かってバンカーに入れること7回(ぐえ)!

 

ま、全部言い訳だけどな。

 

しかし今年は「平均スコア84」という大目標を掲げたばかりだったのに、

 

大借金!

 

を背負ってしまったぜよ・・・とほほ。

 

次。

 

 

OUT42、IN45の87。

 

この日は逆に最高気温15度のポカポカで。

 

絶好のゴルフ日和。

 

気温のせいかはわからんが、

打って変わってこの日はドライバーが好調で。

 

え?

OB3発

も打って好調ってどういうこと?

 

と思うかもしれんが、

3番のOBは最高の当たりだったんだが、

チョットだけ左に飛んで飛び過ぎOB。

(普通ならOBにならない)

 

IN12番のOBは、セカンド3Wの飛び過ぎOB(2オン狙い失敗。笑)。

IN18番のOBは、3WのスライスOB。

 

というわけでこの日は内容はそんなに悪くなかったんだが、

結果が伴わなかった感じである。

 

こんな日もあるよね。

 

※これは過去30回のデータである。

 

あまり意識してなかったのだが、

 

ゴルフって「冬は成績落ちる」のかな?

 

このグラフを見ると・・・

やっぱ寒い時期はスコア落ちるような気がするね。

飛距離も気温によって落ちるって言うしね。

 

ま、ヘボスコアは全て己のせい、

OBも4パットも全部、己の肥やしじゃ。

 

頑張って行くべい。

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

【80切りを目指すゴルフ】今日は、ゴルフ初心者による大爆笑おもしろゴルフスイング動画をお届けしよう!人生初のラウンド、人生初のティーショット。OBだった!チョロだった!空振りだった!という人は沢山いると思うが・・・驚愕の結末はいかに?尚、スインガーは管理人のリアル同級生。ああ、ゴルフって面白い!

 

この動画に映っているのは、

 

管理人のリアル友達である。

 

人生初ラウンド、初ティーショット。

 

その時、奇跡が起きた。

 

 

な、

 

何度観ても・・・奇跡(爆)。

 

モジモジ・・・モジモジ・・・から始まって、

 

 

ドライバーのフルスイングであわや自打球。

 

「チーン!」

 

ってオチまでついて、

 

42秒の完璧な物語が完成(爆)。

 

 

何回観ても面白いわ~~~

 

と思ったら、

 

あなたのゴルフ友達にも見せて上げてねー(笑)。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

今回は、

 

楽天GORA一人予約で、

菊池カントリークラブに行って来たぜ!

 

 

スコアはIN42、OUT42の84。

 

スタートホールのOBを防ぐには、

ラウンド前の練習・・・。

 

分かっちゃいるけどやらないんだよね(笑)。

 

それとも・・・喜代ちゃんみたいに

6割ショットの練習するか。

 

バーディ取った15番はね・・・打ち下ろしだけど、

ドッグレッグの上に404ヤードと長い距離のPAR4。

ドライバーがかっ飛んで残りはPW。

乗ったのは左の端っこだったんだけど・・・

長いパットがマグレで入ってバーディーいえーい!

 

それからドライバー、アイアン共に好調で。

3番ロングではツーオンチャンスだったんだけど・・・

セカンドの5Wが当たり過ぎてグリーンオーバー。

うーむ。惜しかったなあ。

 

6番のミスは

グリーン手前ガードバンカーからのホームラン。

グリーン奥に打ち込んで(OBの方がマシ)、大トラブル。

ま、しょうがない。

 

それより、2~3m前後のバーディパットを

何度か外したのが痛かった。

 

ショットが好調な時はハイスコア出すチャンスなんだけどなあ。

 

 

さて、今年中に、

もう一回70台出したいー!

 

あ、鬼ヤンベ先生、

熊本県アマ20位タイおめでとさん。

あんたスゴイよ。

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【80切りを目指すゴルフ】スイングにおける切り返しのタイミングは人それぞれであり、正解はない。ただ、人によっては間違ったタイミングで切り返してる場合があり、その場合は直した方がいいと思われる。あなたは「1.2.3!」?それとも「1.2の3!」?多くのアマチュアは切り返しのタイミングが遅すぎる?

 

あなたの切り返しのタイミングは、

 

「イチ、ニッ、サン!」

 

それとも・・・

 

「イチ、ニーの、サン!」

 

どっち?

 

 

もちろんどっちだって正解なのだが、

人には「合う」「合わない」があると同時に、

「間違ったままスイングしている」可能性がある。

 

例えば、ずっと

「イチ、ニーの、サン!」

で切り替えしてたんだけど、

実は、

「イチ、ニッ、サン!」

の方が自分に合ってた!と言うパターンである。

 

これは、

フォトショップでチョチョイと修正するだけで、

劇的に顔が変わるのと同じで(ぇ)、

 

 

切り返しのタイミングを変えるだけで

劇的にスイングが変わる!

というパターンであるぞ。

 

特に・・・ヘッポコアマチュアの多くは

「オーバースイング」「イチ、ニーの、サン!」

であることが多く、

「コンパクト」「イチ、ニッ、サン!」

にするだけで劇的にスイングが変わる人は多いんだぜ~~!

 

切り返しのタイミングを変えるのは・・・

難しそうであるが、

実はそんなに難しくない。

 

グリップやアドレスを変える方がよっぽど難しく、

何度かスイングすれば

結構簡単にアジャスト出来るのである。

 

コツは一つだけ。

「手」で切り返すのではなく、

「体」で切り返すこと。

(下半身、膝を意識してもいいかもしれない)

 

是非一度試してみて貰いたい。

 

ちなみに、

 

浅次郎は以前

「イチ、ニーの、サン!」

でスイングしていたが・・・

 

えーーーーと、

 

これは約2年前のスイングだな。懐かしい。

 

「イチ、ニーの、サン!」

トップで一つ「間」を取ってスイングしているのが分かるな。

 

しかし、今は

「イチ、ニッ、サン!」

のイメージでスイングしている。

 

これは今回のラウンドで撮影したスイング。

 

比べると・・・我ながら上達ぶりが際立つね。

 

アドレス。いいんじゃないの?

 

トップで頭が突っ込む悪癖は今もそのまま(笑)。

 

もうちょいクラブが立って降りてくるといいんだけどね。

 

インパクト。ビハインド・ザ・ボール。

 

だいぶアームローテーションが出来るようになってきた。左肘も曲がってないし、腕が伸びるようになってきたし、ちょっとずつ良くなってきたと思うんだけど、もうちょい自然と手首が返るようになりたいね。

 

首に巻き付くようにフィニッシュ。一本足で立ててるし。あとは左足首だねー。

 

良くなってきたけど、

 

色々ともうちょいやね。

 

切り返しのタイミングの件は、

是非貴方も色々と試してみて欲しい。

 

総じて切り返しのタイミングが早い方が、

球筋が安定し、強い球が打てるようになるぞ。

(最大飛距離は落ちるかもしれんが、平均飛距離は伸びる!)

 

まあ、タイミングは人それぞれだけんな。

合わないと思ったら元に戻せばよろしい。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

最近は天気が悪かったり、

めちゃくちゃ忙しかったりで、

なかなかゴルフに行けなかったのだが、

 

無理やり時間を作って、

菊池CCの午後スルーに行ってきたぜ~~~!

 

 

OUT42、IN39の81!

 

スタート1番のティーショットを左に曲げてOB。

2番のティーショットは慎重に5Wを選んだんだけど、

なんか変なとこに当って右崖OB。

(アイアンがベタッと寄ってボギーで済んだけど)

 

いや~~~面目次第もない。

 

その後、ドライバーはすぐに復活し、

ナイスショット連発。

パターがこれまたコロコロと良く入って42。

 

後半は難しい11番でミスが出て素ダボを打ったが、

14番からは5ホール連続パーオン。

しかも全てバーディトライ。

結果入ったのは1個だけだったけど、

他はすべてタップインパー。

 

特に15番は404ヤードと長いパー4。

ドライバーでフェアウェイ真ん中に270ヤード飛ばし、

8番アイアンでピン横2mズドンの完璧な内容であった。

 

ゾーンに入るとミスが無くなり、

簡単にパーが取れるようなる・・・

 

これは76で回った時もそうだったなあ・・・。

こういう状態を長く継続出来るようになりたいなあ。

 

 

とうとう平均スコアが85.6まで来た。

FWキープ率も52%まで来たし、

パーオン率も32%まで来た。

 

今年の目標(平均スコア86)はもう達成しそうだけども、

ついでだから、

平均スコア85切りを目指そうっと。

 

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

【80切りを目指すゴルフ】1m以内のショートパットをハズして悶絶しているアマチュアゴルファーは多いと思う。傾斜のキツイ下りのパットやフック・スライスがきついラインなら仕方ないかもしれんが、真っ直ぐ平坦なラインの1mのパッティングはほぼ100%の確率で入れたいよな!コツはインパクトの集中にあり?

 

スコアの決め手はパターである。

 

まさに、

 

オッパイイズマネー。

 

 

じゃなかった(パターの先でぷにっとしたい)、

 

パットイズマネー。

 

プロはもちろん、

アマチュアのスコアもパット次第。

そんなことは百も承知!

 

だけど・・・

 

全くパターの練習しないでーす(てへっ)!

 

ってアマチュアゴルファーは多いだろう。

 

かくいう私も

パターの練習は全くしない(練習しろっ!)。

 

ちなみに、私のパターは名器「オデッセイ WhiteHot#3」である。

 

 

浮気をしたことは一度もなく・・・

もう22~3年くらい一途に愛し続けている。

嫁より長い付き合いであるな(笑)。

 

で、

 

今日の話は「パターで1mをビシッと入れる方法」である。

 

「え?浅次郎さん、そんな方法があるんですか?」

 

と思ったそこのアナタ。

 

今日はこのブログを見て・・・

心の底から良かったと思うはずだ。

 

なんせ、この方法には「才能」も「練習」も必要ない。

 

どんなパターでもいいし、

どんなグリップでもいいし、

どんなストロークでもいい。

 

技術的な話ではなく、

ちょっとした「コツ」の話であるが、

知ってるか知らないかで大違いの話である。

 

どんな方法かというと・・・

ラインを確認し、素振りをし、アドレスに入ったら、

 

「インパクトだけに集中する!」

 

である。

 

「は?」

 

 

と思ったそこのアナタ!

 

アン・シネがなぜあんなに人気があるのか?

 

 

真面目に考えたことがあるだろか?

 

オッパイが揺れる所を見たいからだ。

 

・・・じゃなかった(笑)、

 

1m以内のショートパットが何故入らないのか・・・

真面目に考えたことはあるだろうか?

 

その多くは、

 

・インパクトの瞬間にフェースが閉じてしまう。

・インパクトの瞬間にフェースが開いてしまう。

 

から入らないのだ。

 

良く分かってないアマチュアが多いのだが、

例えパターを真っ直ぐ振ったとしても・・・

 

真ん中よりヒール側に当たればフェースは閉じるし

真ん中よりトゥ側に当たればフェースは開くのである。

 

 

この図は極端であるが、

ちょっとでも芯からハズれればフェースが開閉すると思っていい。

その開閉の度合いが2度を超えたら1mのパットは入らないのである。

 

もちろん、

そもそも打ち出し方向が間違ってる場合や

チビリパットの場合や

大きく曲がるラインの場合は別だぞ?

 

 

特に大きな傾斜のない1mのラインが入らないのは、

インパクト時のフェースの向きに問題があるのであり、

その問題を解決してやれば、

打ち出した方向に真っ直ぐ転がるわけで

そうすりゃ高い確率でスコスコとオッパイインするのである。

 

だろ???

 

であれば、

アドレスに入ったら、

フェースが開閉しないように、

 

「インパクトだけに集中!」

 

すればいいのであり、この意識を強く持つことで、

パッティングの致命的なミスである・・・

 

・ヘッドアップ

 

を防げるのである。

 

1mのパットの何が難しいって、

すぐそこにカップが見えてるわけで、

打った瞬間、

無意識にボールの行方を追ってしまうことなのだ。

 

そりゃ入るもんも入らんわな。

 

更に言えば、

インパクトに集中すると

パターフェースの「真芯」で打てる可能性が飛躍的に上がる為、

順回転の伸びるボールになり、

 

・チビリパット

 

も防げるのである。

 

 

「あとひと転がりィィィ!」

 

ってのも防げるのである。

 

私のイメージだと、

順回転のボールは、110~130%転がる距離が伸びる。

 

そして芝目や傾斜の影響を受けにくく、

真っ直ぐズンズンと転がるのである。

 

ちなみにこれは2m・3mのパットでも有効であり、

どうしても入れたいパットを打つ時は

「インパクトに集中して順回転のボールを打つ」

といいと思うぞ。

 

 

ただし、

下りの傾斜が強い場合や、

大きく曲がるようなラインの場合は別。

 

こういう時に順回転のボールを打つと

ズンドコとオーバーしてしまうし、

曲がらずにカップの横をすり抜けてしまうけんな。

 

まあ、1mのパットはそんなことを気にする必要なし。

「インパクトのみに集中」すればよろしい。

 

これが出来れば3パット激減するぜ!

 

さて、

 

今回は、菊池カントリークラブ(熊本県)に行って来たぜ!

 

距離が短く、比較的イージーなコース。

スコア出そうと思って張り切って行ってきたんだが・・・

今年2回目の80切りなるか?

 

 

out39、in43の82!

 

前半はボギー3つの3オーバー。

1パットが異常に多いのは、単にパーオン出来なかったからである。

 

アイアンが悪かったわけではないのだが、

連日の猛暑でグリーンがカチカチで・・・

直接グリーンに落とすと跳ねて奥まで行っちゃうのである。

あるいはそれを警戒しすぎてショートとか、

ちょっとタイミングがずれてグリーン横のカラーとかね。

まあそれでもハーフ12パットはスゴイよね。

 

後半も悪くはなかったのだが、

ティーショットのミスが多くボギー行進となってしまった。

17番ショートのOBはPWでの引っ掛けである。

またヤッちゃったよトホホ(涙)。

 

まあしかし、最近はハーフ30台がちょくちょく出るようになったし、

82で回って「ちょっと今日はミスが多かったな」と思えるあたり

随分成長していると思う。

 

 

■過去30回のスコア分析

 

 

平均スコア88.5まで来た。目標の86まであと2.5。この調子で行けば・・・!

 

※GDOアプリの仕様が変わって「2017年」という括りでデータが見れなくなったため、今後は「過去30回」のデータで見ることにする。

 

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

【80切りを目指すゴルフ】2016年12月17日、曇りのち晴れ。弱風。午前中グリーン凍結。熊本菊池カントリークラブに行ってきた。この日は朝からアイアンの調子が最悪で、トップ球を連発。原因はヘッドアップ。ボールが当たる前に頭が上がっちゃうわけ。ハンドダウンに構えるとどうしてもダフりそうなイメージあるんだよなー。

 

熊本のゴルフ場の中でも菊池CCは標高が高く・・・

冬はあんまり行きたくないゴルフ場であるが、

この日は前日の冷え込みで、

 

グリーンがカチンコチンに凍結。

(私の股間はフニャフニャ)

 

グリーンに球が落ちると、

 

「コーン!」

 

という音とともに弾かれてグリーンの外に出るという・・・

なんとも難しい状況でのゴルフとなった。

 

ま、後半は暖かくなってグリーンも普通の状態だったし、

全部言い訳だけどな(笑)。

 

 

OUT47、IN47の94!

 

前半は・・・グリーンに乗ったはずのボールが乗らず、

パーオンは至難。ボギーオンがやっと!という状況で素ダボが4つ。

なんとか上がり2ホールでパーを取って面目を保ったが、

ほんとグリーンが凍ってると難しいな。

 

マスターズが行われるオーガスタは「ガラスのグリーン」って言われているけど、

あんな感じなんだろうか(笑)。

いや、オーガスタでもボールが弾かれるわけじゃないけんな。

手前から行くしかないけど、

手前過ぎるとラフで止まるし、

ワンクッションくらいじゃ滑って奥まで行っちゃうし、

凍ってるグリーンに乗せるのは至難だわ。

 

後半は太陽が出てきて気温も上がり、グリーンも普通の状態に。

しかし後半一発目のドライバーで引っ掛けOBを打ち、

アプローチが寄らず、パットが入らず・・・

17番のショートではバンカーにハマってトリプルボギー。

 

なかなか上手くならんもんであるな(笑)。

 

しかし、今年始めのスイング今のスイングを見比べると。。。

 

今回のスイング(2016年12月)

 

今年始めのスイング(2016年1月)

 

トップからの切り返しでかなり突っ込んでるし、

軸がブレブレで安定してないなあ。

体重移動が大きくて頭が残ってないわ・・・。

 

随分と成長したよな気がする42の冬。

 

うーむ。こうやって昔のスイングを見るのも面白いな。

 

で、この日はドライバーの調子はまあまあ良かったのだが(OB打ったけど)、

 

アイアンの調子が最悪。

 

特に9~6アイアンが全く当たらず、

全部・・・薄トップしてしまうのだ。

 

原因はね。

 

まあアレずらよ。

 

インパクト時に頭が上がるヤツ。

 

俗に言う・・・

ヘッドアップですな。

 

練習場では普通に当たるのに、

本番でトップする原因の9割はヘッドアップであるからして、

私のトップの原因の9割もヘッドアップである。

(本番だとボールの行先が気になってしょーがない。笑)

 

私が初級者にゴルフを教える場合、

「ヘッドアップすんなオラァ!」

と口をスタープラチナにして言うのだが、

 

 

自分にも

「ヘッドアップすんなオラァ!」

と口をスタープラチナにして言いたいところである。

 

 

頭を残すのはゴルフの鉄則である。

頭を残すのはゴルフの鉄則である。

頭を残すのはゴルフの鉄則である。

(自分に言い聞かせている)

 

しかしアドレスをハンドダウンにしたことによって(→ハンドアップの弊害)、

ボールとの距離前傾の角度が劇的に変わり、

より一層トップし易いスイングになったのだろう。

 

ハンドダウンにすると・・・

今までよりグリップが地面と近くなるからダフるのが怖いんだよなあ(笑)。

実際はダフらずにトップしてるんだから、

そのまま軸と頭を固定して振り抜けばいい。

 

わかっちゃいるけど、

難しい。

 

世の中もゴルフもナニもアレも・・・なかなか上手くいかん。

 

ま、今のアドレスと距離感で練習あるのみである。

 

 

うげえ。今回パーオン5%ってことは・・・

パーオンしたの1回だけだったんだぁぁぁ!

さすがにちょっと情けないなあ。

 

今年はあと一回行けるかどうか・・・80切りは無理かもしれが、

80代前半を出して終わりたいな。

 

あ、現時点で2016年の平均スコアは89.7。

なんとか平均90切りは達成出来そうである。