【80切りを目指すゴルフ】2017年2月9日、前日の雨で芝がグチャグチャの上に寒風吹きすさぶ中での極寒ラウンド。今日のテーマは「アイアンのトップ」。アマチュアがトップする原因は何?改善するためにはどうしたらいい?ダウンブローで打つイメージより左主導の回転で払い打つイメージの方がいい?

 

今日のお題は

 

アイアンの「トップ」である。

 

 

あなたも絶好のライから鬼トップして・・・

 

涙したことがあるはずだ。

(私はしょっちゅうである。笑)

 

干からび王ならいざしらず、

多くのアマチュアにとってトップは避けたいミスだわな。

 

さて、

ではあなたのトップの原因はなんなのか?

真面目に考えたことはあるだろうか?

 

 

一般的には、

①と②の間をヒットするのがナイスショットで、

 

①の上だとトップ。

②の下だとダフリ。

 

みたいなイメージのアマチュアゴルファーが多いと思う。

私もそう思っていたのだが・・・

 

本当にそうなのだろうか?

 

ティーアップしたドライバーやウッドならそうかもしれんが、

地面のボールをアイアンで打つ場合に、

①の上にヘッドを落とせるアマチュアが果たしている???

 

 

いや、いない!

 

そう・・・実は、

アマチュアアイアンのトップのほとんどは・・・

ダフリと同じ原因だったのだ!

 

 

黄緑のラインがダフってしまう軌道。

青のラインがトップしてしまう軌道。

 

どちらもヘッドの最下点がボールの手前

ダフリとトップの違いは、

地面に当たるか?当たらないか?だけである。

(その多くは「ヘッドアップ」が原因である)

 

つまり、

いつもダフリ気味の人ほどトップしやすいのであり、

トップ気味の人がトップしないように打ち込もうとすると・・・

大ダフリするのである。

 

ほらほら!

 

そこのあなた!

 

身に覚えがあるんじゃねいかい?

 

目から鱗が落ちてるぜ!

 

 

なので、

トップ球を改善するためには、

まずヘッドの最下点を改善せねばならん。

 

 

最下点はボールの先。いわゆるダウンブローの軌道。

 

しかし「ダウンブロー」という言葉はあまり気にしない方がいい。

あまり気にすると「鋭角」に打ち込んでしまうからだ。

 

そうではなく、

・左肩支点、左サイドのスイング

・左軸(左腰、左股関節)の回転

を意識した方がいい。

 

ダウンブローを意識して打ち込むのではなく、

左サイド主導でクルッと回転して払い打つイメージ。

 

その際大事なのは、

頭は残すこと(ビハインドザボール)。

下半身は左に移動しても上半身は残す!

ヘッドアップは当然厳禁である!

 

最後に、

松山英樹プロのスイングを見てみよう。

 

 

テイクバックからトップまで・・・

ほとんど下半身(特に右膝)は動いていない!

しかしトップからの切り返しで

若干左腰が左に動いているのが分かると思う。

 

これが理想。

 

これが出来ればスイングの最下点がボールの先になり、

トップやダフリとはオサラバ出来るはず・・・である。

(簡単にできたら苦労せんわ!)

 

ダフりやすい方、トップしやすい方は、

是非参考にしてもらいたい。

 

さて、

 

偉そうなことを色々と書いたが、

 

今回のラウンドは・・・

 

トップしまくりであった!

(わはは!)

 

 

OUT45、IN44の89!

 

前日の雨でフェアウェイもラフもグッチョリのユルユル。

そんな女の子の知り合いが居ればいいのだが、

残念ながらそんな女の子は知らない(笑)。

 

そんなわけでランはほとんど出ない状態の上、

(フェアウェイにボールが埋まる。笑)

この冬一番の寒気が舞い降りてて強風極寒厚着ラウンド。

 

それでもドライバーはまあまあだったのだが、

アイアンのハーフショットが手打ちになってて、

 

ハーフトップ連発・・・

 

まさに「アイアンがトップ」する原因であるところの

ヘッドの最下点が手前になってしまっていたのだ。

 

こうなると距離が合わずにとても苦労する。

(ショートやオーバーが多かった・・とほほ)

(後半、クルッと回転で打つようにして復活した)

 

この日のパーオンはたったの1回・・・(ぐえー)

 

その代わり、グリーン周りのアプローチがキレキレで、

なんとパット数26。

 

決してパットが良かったわけじゃないけど・・・

こんな日もあるんやねえ。

 

しかし「トップの原因」は理解したぜ~!

 

クルッと回転して、ビシっと打てばいい!

 

絶対次に活かす!

 

 

目標である平均86から遠ざかるばかりだが、

気にせず練習と研究に励む。

いつか蝶になる時が来ると信じて。

 

 

スイングを変えずに上手くなる?甘ゴルファーが10日間で学ぶゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【80切りを目指すゴルフ】ハーフショット(ハーフスイング)でピンを狙う方法って?ハーフショットの飛距離は?スピンは掛かるの?ランの計算は?ハーフショットがキレイに打てるようになれば・・・ピンをデッドに狙って行ける!ピンを狙えればバーディを狙える!90切りには必要ないが・・・80切りには絶対的に必要なテクニックである!

 

ずっと、

 

ずっと勘違いをしていたのである。

 

「ハーフショットは飛ばない」

「ハーフショットは球が低い」

「ハーフショットは止まらない」

 

 

あなたもそう思ってないだろうか?

 

しかし、このところずっと

「ハーフショット」の練習をしていて気付いたのだ。

 

浅次郎のハーフショット練習風景。

 

「ハーフショットでもそう飛距離は落ちない」

「ハーフショットは方向性が抜群にいい」

「ハーフショットはグリーンで止まりやすい」

 

え?

 

マジっすか浅次郎さん?

 

という声が聞こえてくるので解説しよう。

 

■ハーフショットでも飛距離はそんなに落ちない。

私の場合、7Iのフルショットの飛距離は150ヤード位である。で、ハーフショットの飛距離がどのくらいになるかというと・・・120~125ヤードである。つまり、落ちるのは2~3番手であり、そこまで大きく飛距離が落ちるわけではないのだ。

まあ・・・実際25~30ヤード飛距離が落ちるわけだが、「150ヤード」は真芯ヒットした時の飛距離であって、実際はダフったり、薄かったりして120~140ヤード位しか飛ばない。さらに言えば、トップしたらオーバーしてしまうし、左右に大きく曲がることもしばしばである。

 

つまり、

25~30ヤード落ちるのは「MAX飛距離」であって、

「平均飛距離」で言えばあまり変わらない!

と言っても過言ではない。

 

そして・・・これが肝心の話だが、

飛距離を上げたければ

番手を上げればいい!のである。

 

ちなみに・・・私のハーフショットのキャリー飛距離はこうだ。

4I・・・150~155ヤード
5I・・・140~145ヤード
6I・・・130~135ヤード
7I・・・120~125ヤード
8I・・・110~115ヤード
9I・・・100~105ヤード
PW・・・80~85ヤード
52度・・・65~70ヤード
58度・・・50ヤード

150ヤード打ちたければ、5アイアンや4アイアンでハーフショットをすればいいのである(ロングアイアンは多少ランが出やすい)。ハッキリ言って、7番のフルショットより5番のハーフショットの方が簡単である。

 

 

■ハーフショットは方向性が抜群にいい。

で、方向性の話である。ハーフショットはフルショットに較べて方向性が抜群にいい。これはあなたも激しく同意してくれると思うが、これがハーフショットの最大のメリットである。当たり前の話であるのに・・・ほとんどのアマチュアは気付いていない(だからみんなフルショット)!

 

左右のブレが少ないほど・・・

ピンに絡みやすいのである!

 

「ラインが出しやすい」と言えば分かりやすいな!ハーフショットだとピンと球のラインが重なりやすいのである。仮に左右にブレたとしても大スライス、大フックが掛かることはない。チョイスラ、チョイフックで済む。だから大事故に繋がることもない。

 

正直言って、

アマチュアがフルスイングでピンを狙うのはヒジョーに難しいと思う。

 

もちろん、ナイスショットでピンに寄ることもある。

 

しかしそれは・・・

確率的にとても低く・・・

「偶然」であることが多いように思う。

 

しかし、自分が思ってるよりずっと・・・バックスイングは上がってるもんである(笑)。

 

 

■ハーフショットはグリーンで止まりやすい!

「スピンコントロール」という言葉を聞いたことがあると思う。プロやトップアマは回転数をコントロールしてスピンで戻したり、あまりスピンを掛けずに転がしたりするわけだが、

アマチュアには無理な話だろ!

と私も思っていたのだ。

 

アマチュアにとってスピンが掛かるかどうか?

なんてのは運次第であり、

スピンが掛かったとしてもコントロールなんて出来ない!

と思っていたのだ。

 

しかし、

ハーフショットでクリーンにヒットするとどうなると思う?

 

適度なスピンが掛かって・・・

グリーン上でビタ止まり!

 

するのである。文字通り、落ちた場所にピタッと止まる。

意外とランは出ないのである。

 

あなたも見たことがあるはずだ!

上級者が低面の球でビタっと止める姿を!

 

確かに球はフルショットより低目に出やすい。

しかし、ほとんどランは出ずに(番手や傾斜やグリーンの硬さにもよるが)、

その場で止まりやすいのである。

 

つまり、ハーフショットは

縦の距離が非常に合わせやすいのだ!

 

もちろんクラブが長くなればなるほどスピンは掛かりにくく、

ランが出やすくなる。しかし、

ショートアイアン以下であればほとんどランは出ないと思っていい。

ウェッジであればほぼキャリー=飛距離である。

 

なぜ、

ハーフショットはスピンが掛かりやすいか?

それはフルショットに比べて、

「球にクリーンにヒットしやすいから」である。

 

ダフったりトップしたりというミスが少ないハーフショットであるが、

実は、スピンが掛かりやすい!

というメリットもあるのだ!

 

さっき・・・私のハーフショットの距離を書いたが、

4I・・・150~155ヤード
5I・・・140~145ヤード
6I・・・130~135ヤード
7I・・・120~125ヤード
8I・・・110~115ヤード
9I・・・100~105ヤード
PW・・・80~85ヤード
52度・・・65~70ヤード
58度・・・50ヤード

 

例えば・・・ピンまでの距離が120~125ヤードなら

7Iのハーフショットでキャリー120~125ヤード。

 

ランで出ずにビタ止まりすると仮定すれば・・・

文字通りピッタリ!

 

つまり、

クリーンなハーフショットなら、

何も考えずにピンまでビシッと打てる!

のである。

 

(もちろん、クリーンに当たらないとビタ止まりしない。また、グリーンの硬さや傾斜にもよるし、マネジメント的に避けねばならんもんは避けなければならんぞ!)

 

フォォォ!浅次郎さんマジっすか?

 

 

■ハーフショットまとめ

・ミスが少なく、横のブレが非常に少ない。

・スピンが掛かりやすく縦の距離が合わせやすい。

・デメリットはMAX距離が落ちるだけ。

 

時々・・・鬼ヤンベが、

「ハーフトップみたいな棒球でビタッと止める球」

を打っていたのだが、これがその正体だったのか・・・?

 

 

いや、また他に違う打ち方があるのかもしれんな(笑)。

 

・・・

 

さて、

ハーフショットの基本的な打ち方

を記載しておこう。

 

あなたのスイングはそのままいい。

9時から3時のスイングをすればOK。

 

 

練習方法。

 

ただし!

 

単なる9時~3時スイングだとビタ止まりスピンは掛からない。

 

腰のキレ(回転)でスパン!と打つのが大事!

 

腰のキレでハーフショット。

 

その際、ダウンブローとか体重移動とか難しいことは考えなくていい。

 

左足体重で、

頭が突っ込まないようにしつつ、

腰の回転で打てばOK。

 

もう一回、浅次郎の7番アイアンハーフショット動画。

 

これはウェッジでのハーフショット動画。

 

全ての番手でハーフショットが使えるようになれば・・・

今の3倍緻密なゴルフが出来るようになる!

 

 

と思うぞ。

 

ちなみに・・・

 

グリップの位置を「10時」まで上げると

「スリークォーターショット」となるわな。

 

この場合、多少ミスが増えるが、

MAX距離は10~15ヤードほど伸びるので使い分けるといいだろう。

(これもキレイに当たればビタ止まりする)

 

 

もう・・・フルショットで打つのは止めようと思っている。

(前にも書いた気がするが今度こそ。笑)

 

で、今回のスコアは・・・

 

 

IN45、OUT41の86!

 

この日はハーフショットアイアンがキレッキレで・・・

パーオンなんと8回!

 

ワンピン以内のバーディチャンスも4回ほどあったんだが、

どれも決めれず(笑)。

気分的にはバーディ3つくらい取った感じなんだけどな~。

 

ゴルフ的にはココ最近で一番内容が良かったんだが、

13番の素ダブルパーが痛かった。

グリーン周りで行ったり来たり・・・トホホ。

 

ま、しかし手応え十分。

 

後はハーフショット・スリークォーターショットの精度を上げること。

それからやっぱりアプローチとパターだな(笑)。

 

 

今年の目標は平均スコア86!そして80切り!

 

 

スイングを変えずに上手くなる?甘ゴルファーが10日間で学ぶゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

【チサンカントリー御船でラウンド】今年2回目のチサンカントリー御船。梅雨の時期だけに天気を心配したのですが、快晴微風のベストコンディション。ドライバーはいい!しかしアイアンが当たらん・・・ダフリトップのオンパレードでドモナラン・・・かったのですが、途中で「左手主導」を思い出し、最下点をズラすと・・・ビシバシと行くように!遅いわ!

 

こんにちは。管理人の浅次郎です。

 

私の最近の悩みはアイアンでして、

 

・ダウンブロー

・ボールの位置

・体の開き

 

などをチェックしながら練習してるわけです。

アイアン不調の記事はこちら)

 

で、結構練習ではいい球が行くのですよ。

 

飛距離は8Iで140~150くらい。

高ーーーく上がって止まる感じ。

 

「よしよし、これで次のラウンドは80台だぜ!」

 

と思っていたのですが・・・

 

チサンカントリー御船20150604

 

最近お気に入りのチサンカントリー御船。

 

in49、out45の94でした。

 

ドライバーの調子は良く、
(と言いながらOB3発打ちましたが。笑)

アプローチのミスもほとんどなく、
(ベタピンとかはないですけど)

パターはいつも通り。

 

何が悪いってアイアンが悪かったのです。

 

ほぼ全ての球が、
ハーフトップ。時々ダフリ。

 

もう・・・

 

勘弁してくれ!

 

勘弁してくれ

 

どうにかしたいんだけど、どもならず。

なんとかかんとかスコアはまとめてたんだけど、

結局前半は気持ち悪いまま。

 

「何があかんのやろ・・・」

 

と秘密のメモを見てみると・・・
(スマホにメモしている)

 

「左手主導」

 

目についたのはこれ。

 

あ、これって前にブログの記事で書いてるやないですか!

 

私の場合、
右手がかなり強すぎまして、
そのままだと右手寄り(体の中心付近)に
クラブの最下点が来てしまうのです。

 

つまりこういうことだ!

 

トップの原因

 

 

こりゃ分かりやすい(笑)。

 

こうなるとアイアンはトップとダフリしか出ません。
(つまり、トップとダフリは同類なのだ!)

 

で、私はずっとこの青のラインでクラブを振ってたわけ。

 

これを簡単に矯正するのが

 

左手主導。

 

つまりこういうことだ!

 

左手主導

 

左肩を支点にしてクラブを振れば、
自然と最下点も左足寄りになりますよ。

 

この日も、
たったこれだけのことで、
トップ病があっという間に解消しました。

 

スポンサードリンク

 

しかし・・・気づいたのは後半の3ホール目。

 

遅いわ!

 

ちなみに、これは私のアイアンのトップ。

 

DSC_1937

 

まあまあじゃね?

 

と思いましたが、

 

これは石川遼のトップと比べてみると・・・

 

石川遼アイアントップ

 

ぜ、全然ちゃうやん・・・

 

グリップの位置は頭のはるか上!

下半身はほとんど正面!

私の場合、右膝が伸び切ってて下半身のタメが効いてませんよ。

 

まあ、ちょっとずつ上達すればいいのです。

 

とにかく左肩支点、左主導。

右は力を抜いて、突っ込まないように!

 

多分ダウンブローの意識が強過ぎたんだろうな・・・

で、右が強くなってしまったんだと思います。

 

次こそ80台!

 

スコア分析20150604

 

スイングを変えずに上手くなる?10日間ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc