【80切りを目指すゴルフ】前傾を保ったままスイングしなさい!と良く言われるわけだが、この意識が強すぎて極端な「つま先体重」になっているアマチュアは多い。これを「踵体重」にするとスライスが治る?飛距離が伸びる?つま先体重がダフリ・トップの原因だった?疲れにも関係?体重比率は?空港周辺地区オープンゴルフ大会の練習ラウンド!

 

「前傾を保ったままスイングしなちゃい」

 

きっとこれを見てるアナタも、

偉そうな誰かにそう言われたことがあると思う。

 

あるいは、

 

ゴルフ雑誌やレッスン書などで

こういう記事を見たことがあるかと思う。

 

 

もちろん、

 

夫婦生活においてセックスが大事なのと同じように、

 

ゴルフにおいて、

前傾角度は大事である。

 

スイングは前傾姿勢をキープしたまま

遂行しなければならない。

 

だけんどもしかし!

 

 

前傾姿勢をキープするために、

極端な「つま先体重」

になっていないだろうか?

 

フィニッシュで我慢が出来ず・・・

間違って出したりしてないだろうか?

 

じゃなかった(笑)、

 

フィニッシュで前傾が保てず・・・

フラッとして右足が一歩出たりしてないだろうか?

 

偉そうなことを言っている私も実は、

 

つい先日まで極端な「つま先体重」になっていたのである。

 

(おまえもか!)

 

■極端なつま先体重の弊害

・体を回転させにくい

・アウトサイドインになりやすい

・前傾角度が変わりやすい(シャンク・トップ・ダフリの原因)

 

一応最初に言っておくが、

つま先体重が良いか?踵体重が良いか?というのは、

人それぞれである。

 

そして、完全にどっちかに体重を乗せることは不可能なので、

「5:5」とか「4:6」とか「3:7」・・・

といった配分で荷重することになる。

 

この配分も人それぞれ。

体格や筋肉量や足の長さや手の位置や頭のデカさで変わるのだ。

 

(頭のデカさでは変わらんわ!笑)

 

おし!

 

今、クラブを握れる方は、

是非その場で、普通にアドレスを取ってみて欲しい。

 

そして、体重を・・・

つま先~~~踵~~~

配分を変えながら移動させてみてくれ!

 

その際、手の位置や前傾角度は変えちゃダメだぜ?

 

そうすると・・・

 

クラブヘッドの位置が

10cm以上動くはずだ。

 

これは8:2でつま先側に体重を乗せた場合。足の指にギュっと力が入っているのが分かると思う。

 

これは2:8で踵側に体重を乗せた場合。前傾や手の位置は全く変えていない。足の重心の位置でこんなにヘッドの位置が変わるのだ。

 

つまり・・・重心の位置で、

クラブヘッドの軌道は変わるのである。

 

スイング中に重心位置が変わり、

ヘッドの落下点が大きく変わったらどうなるのか?

 

ネックに当たってシャンクしたり、

トゥ側に当たって薄~い当たりとなるのである。

つま先体重の人はシャンクしやすい

 

「浅次郎さん、スイング中に重心位置が変わることなんてありません」

 

いやいや、練習場ではそうかもしれんが、

実際のコースでは「まっ平らなライ」なんてないからね?

 

本番ではティーグラウンドでさえ微妙な傾斜があるのである。

メンタルが作用することもあるし、

障害物が気になることもある。

スイング中に重心位置が変わるのは普通に良くある話だ。

 

そして・・・

 

重心位置を変えていると気づくと思うが、

 

力が入る場所も変わるよな?

 

つま先体重だとふくらはぎ。

踵体重だと太ももの内側。

 

これも非常に大事な点で。

 

つま先体重だとふくらはぎを使ってスイングすることになり、

踵体重だと太ももを使ってスイングすることになるのである。

 

ラウンド終盤でふくらはぎが攣りやすい人は、

つま先体重である可能性が高い(はっ・・・そう言われれば!)。

つま先体重のスイングは疲れやすいのである。

 

・・・以上を踏まえた上で、

 

つま先体重の弊害のところに戻ろう。

 

まず、つま先体重だと、

体を回転させにくいのである。

なぜなら、足首とつま先には距離があるから。

このズレによって回転が阻害され・・・

スイングプレーンは丸くならずに・・・直線的になりがちなのだ。

 

しかし踵体重だとどうか?

足首と踵に距離はなく、

背骨を中心にして丸ーく回転することが出来るわけだ。

 

ハンマー投げと同じ要領である。踵体重だと回転しやすく、またハムストリング(大腿筋)を使えるのでパワーも出るのだ。

 

次に、

これがあまり知られていない事実。

つま先体重だと・・・器用になんでも出来るのである。

 

え?

 

と思った方は実際にやってみるといい。

 

つま先体重だと、

アウトにクラブを上げる事もできるし、

ストレートに上げる事もできるし、

インに上げる事もできる。

これが必要な時もあるのだが(カットに打ちたい時など)、

 

普段のスイングをする上で、この器用さは邪魔である。

 

試しに、踵体重でアウトサイドに上げてみて欲しい。

体からドンドン遠ざかって行くためスイング出来ないのである。

 

踵体重だとインサイド側にしかクラブが上がらないのだ。

 

ってことは???

 

・・・極端なつま先体重が、

あなたのアウトサイドインの原因かもしれない。

 

ちなみに、踵体重にすると、

「半強制的にインサイドイン」になるため、

ドロー系の球が出やすくなるぞ。

 

そして、つま先体重は常に前方に体重が行く感じなので、

キツイ。

(ふくらはぎが攣りそうになる)

 

これを懸命にキープしようとすれば・・・

当然疲れとともに前傾角度が変わってしまうわけで、

前傾角度が変われば・・・当然トップ・ダフリの元。

フェースが開いたり(スライス)する原因にもなるわな。

 

ラウンド前半はまだいいかもしれない。

しかしラウンド後半になると球が荒れる・・・

という方は「つま先体重スイング」をしている可能性大。

 

プロの重心位置を見てみよう。

 

これはイ・ボミのドライバーのアドレス。足に注目して欲しいのだが、膝はほとんど曲がっておらず、踵よりの重心である。4:6くらいで踵重心?

 

松山秀樹は膝の位置が結構前ですな。かと言ってつま先側に体重が乗っている感じでもない。5:5くらい?

 

石川遼は・・・スッて感じだよね。完全に踵寄り。これは3:7くらいか?

 

もちろん、プロだって千差万別である。

つま先寄りのプロだっているし、踵寄りのプロもいる。

(しかしPGAのトップ選手も踵寄りの方が多い)

 

アマチュアも然りだが、

基本的にアマチュアは「踵寄りの重心」の方がいいと思うぜ!

(個人によるけどな!筋力ある人はつま先寄りでもいいかも)

 

最低でも「5:5」かな。

 

私は今「3:7」で踵寄り配分で練習しているぞ!

 

で、右の太ももの内側を意識して、

スイングするようにすると。。。何かが変わるかもしれない。

 

アウトサイドインで悩んでるスライサーや

後半疲れて球が荒れる方は是非参考にしてくれぇい。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

来週7月19日に開催される

空港周辺地区オープンゴルフ大会

に出場することにしたんでね。

 

早速練習ラウンドに行って来たぜ!

 

場所は・・・熊本空港カントリークラブ

 

バンテリンレディースが毎年開催されるコースなんで、

ご存知の方も多いと思う。

 

ティーは試合仕様でフルバック

(数ホールだけ一つ前のティー)

 

マジ長えよ~~~。

 

 

OUT45、IN46の91。

 

トータル7091ヤード・・・

(数ホール短いから実質は7000ヤード位)

 

ご覧の通り、

ショートホールはほとんど180ヤード以上だし、

ミドルホールはほとんど400ヤード以上だし、

600ヤード超えのロングもあるし・・・

 

・・・こんだけ距離があるとね。

まあパーオンしないわけ。

 

ショートホールはほとんど5番アイアンかユーティリティ。

ミドルのセカンドもほとんど6番アイアン以上。

ショートアイアンを持てるのは短いロングの3打目だけ。

 

10番のバーディーは

ドライバーがナイスショットで180ヤード残し。

4番ユーティリティがクリーンヒットでまぐれでピンに寄ってのもの。

 

こうなると・・・

 

いかに寄せワンが取れるか?

いかにダボを打たないか?

 

ってゴルフになるわけよ。

(沢山ダボ打ったけど)

 

難しいぜ全く!

 

で、

 

懲りずに連続で行ってきた!(笑)

 

 

OUT45、IN46の91。

 

もうオッパイが一杯~~~。

 

ボギーオンが精一杯にょろ。

 

まぐれでパーオンした610ヤードの11番なんて、

 

ドライバー250ヤード

4番ユーティリティ180ヤード

4番ユーティリティ180ヤード

 

全部ナイスショットでやっとこさ乗った感じだったしね。

532ヤードの18番とかなんか短く感じたわ(笑)。

 

スコア91・・・これで予選通るかな???

 

 

フルバックの90台は仕方ない。

出来ればフルバックからでも80台中くらいで回りたいけど。

パーチャンスさえなかなか来ないけんな~~。難しい!

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

【80切りを目指すゴルフ】体重移動について勘違いしているアマチュアゴルファーはとても多い。バックスイングで大きく右に動く人、切り返しから大きく左に移動する人がそうで、その多くは飛距離不足やスライスに悩んでいると思う。正しい体重移動はどうしたらいいの?マッスルパガタのスイングを見ながら分析してみよう。

 

今日は、

潜在能力は鬼ヤンベをも凌駕するかという・・・

アスリート系マッチョゴルファー、

マッスルパガタの話をしようと思う。

 

 

マッスルパガタは齢30代中盤にして

100mを11秒フラットで走ってしまいそうな

強靭な肉体と堅固なチンコを持つ私のゴルフ仲間である。

 

スライス系のライナー球で300ヤード近く飛ばす!

という必殺技「スライスレーザービーム」を持っており、

そのポテンシャルはホントに羨ましい限りである。

 

「マッスル」はいいとして・・・

なんで「パガタ」?

 

というのが気になる毒者もいるかもしれんが、

 

それはまあ今回は置いておいて(え)、

 

今日はこのマッスルパガタの

1ヶ月前のスイングを見てみることにしよう。

 

 

マッスルパガタのスイングは、典型的な

「体重移動スイング」であり、

 

体の回転ではなく、

右→左の体重移動

によって飛ばそうとするスイングである。

 

もちろん、スイングもチンコも人それぞれ。

真っ直ぐ飛べば何だっていいのであるが(え)、

この右→左の体重移動スイングで真っ直ぐ飛ばすのは非常に難しい。

 

シャフトが重く短く、ヘッドが小さいパーシモン・メタルの時代は

「体重移動スイング」が主流だったという。

 

私はその時代を知らんので何とも言えんが、

現代のクラブはシャフトが長く軽く、剛性良くしなり、

ヘッドはチタンで大きく高反発である。

 

現代のクラブに合ったスイング理論からすると、

「体重移動スイング」はベクトルが逆。

 

現代のクラブに合うスイング理論は・・・

 

左右の体重移動は極力控え、

体の回転(捻転力・遠心力)によって飛ばす

「回転スイング」が正解なのだ。

 

ちなみにこれはアマチュアの回転スイングの見本。

ブッカケコースケのスイング。

 

 

もちろん、体重は右から左に移動するよ。

 

ただ、それはスイングの結果そうなるのであって、

体重移動をエンジンにして

ボールを飛ばすわけではないのである。

 

「(左に)体重を移動させてから、ボールを打つんだと思ってました」

 

マッスルパガタが先日のラウンドでこう言ったのが、

この言葉こそ

「アマチュアが陥る大いなる勘違い」

を表してますな。

 

かくいう私も、

以前はパガタと同じ様に考えていたのである(笑)。

 

そう、これはマッスルパガタだけの問題ではない。

 

飛距離不足スライスに悩むアマチュアの多くは、

多かれ少なかれ「体重移動の勘違い」をしているのである。

(あるいは無意識の内にそうなっている)

 

あなたがもし、

飛距離不足やスライスで悩んでいるなら・・・

その可能性は、ヒジョーに高いぞ。

 

■アマチュアが陥りやすい2つの勘違い。

・バックスイング時、大きく右サイドに体重移動する。

・切り返し以降、左サイドに体重移動する。

 

もちろんこれでもタイミングが合えば真っ直ぐ飛ぶこともある。しかし、これだと・・・基本的にヘッドスピードは上がらないし、フェースは開きやすいし、芯に当たる確率も非常に低くなる。つまり、飛ばないし、スライスしやすい。

ただし、バックスイング時の右への体重移動は、多少は問題ない(やり過ぎると戻すのが大変なので出来るだけ少ない方がいい)。それより問題なのは、切り返してからの左へ突っ込みで。知らず知らずの内に、上半身が左に移動してから・・・あるいは移動しつつ・・・スイングしてしまうアマチュアは本当に多いのである。

 

偉そうなことを言ってる私も、切り返しで若干左に突っ込んでしまう癖が中々直らず・・・ずっと苦労しているのだ。

 

これはイ・ボミのスロー動画だが・・・

オッパイやフトモモに目が行くのは我慢しつつ、

体重移動に注目して見て欲しい。

 

 

ね。右サイドへの体重移動なんてほとんどないし、

切り返しからも上半身はほとんど移動してないでしょ?

(頭の位置そのまま)。

 

もちろん、下半身はちょっとずつ左に体重移動するんだけど、

(下半身が右サイドに残ると、ギッタンバッコンになる)

 

完全に左足に体重が乗るのは打ってしまったあと!

あくまでも結果的に、左足の上に体重が乗るのである。

 

是非あなたも自分のスイングを動画で撮って、

確認してみて欲しい。

 

そうそう。

 

今日紹介したのはマッスルパガタの1ヶ月前のスイングでね。

 

ゴルフを初めて10年・・・

やっとこの大いなる勘違いに気づいたらしく、

現在は色々と修正しているところである。

 

進化したスイングはいずれまた記事にしたいと思うんで楽しみにしておいてくれ。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

今回は、高遊原カントリークラブに行ってきたぞ。

 

絶好の天気・絶好のコンディションだったんだが、

だからスコアが出るとは限らないんだよなあ(笑)。

 

 

OUT48、IN41の89。

 

OUT・・・5番までは悪くないゴルフしてたんだが、

6番、7番で連続素トリ。

 

ティーショットのミスで林に入れたんだが、

やっぱボギーで上がりたい!

って欲が出るんでしょうな(笑)。

 

フェアウェイに出すショットは問題なかったのだが、

サードショット、アプローチでミス。

さらにパターも入らず・・・。

 

やはり、「リカバーしたい!」って気持ちが強いと

ミスが重なるんでね。

 

「林に入れたらダボでOK」

 

の基本を忘れないようにしようっと。

(結果的にボギーで上がれたらラッキー)

 

9番の簡単なロングでもダボ打って前半48・・・。

 

こりゃ90打ってしまうかも・・・

と密かに思いながら後半スタート。

 

いきなり3mについてバーディスタート。

しかし14番でまた林に入れて素トリ。

崩れかけたが16番でチップインバーディ。

18番では3mのバーディパットを見事に沈めて41。

 

うーむ。

 

バーディ3個取って89・・・。

 

何とも情けない(笑)。

 

ちなみにマッスルパガタはこの日覚醒したかのようにナイスショットを連発して86。グロスで初敗北を喫したナリよ・・・とほほ。

 

 

このままだと、今年の目標(平均84)どころか、

去年の平均(86)も危ういな!

 

まあしかし良くなって来てる予感はあるんでね。

そろそろ爆発的なスコア連発するだろ!

と思ったり、

思わなかったりしつつ、

女子ゴルフ見ながらオークス観戦だ!

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【80切りを目指すゴルフ】典型的なアウトサイドインのアマチュアスライサーだったデリタンク3号が、劇的な上達を見せてスライスを克服!捕まったストレート系の球が打てるように!さらに飛距離もグンと伸び・・・楽々250ヤード飛ぶように!その秘密はスイング軌道ではなく、右足にあった?巷のスライサー必見。スライスは直る!

 

今日の記事は、

全国368万人のスライスオヤジ必見。

あなたのヘッポコスライスは・・・

 

直る!(かも。笑)

 

今までスライスを治そうとして色々やって来たことだと思う。

 

・アウトサイドイン軌道を修正する。

・グリップをストロングにする。

・クラブをシャット気味に上げる。

・前傾を深くする。

・ボールの位置を修正する。

・頭を残す。

・クローズドスタンスにする。

・フックフェースのドライバーを買う(笑)。

 

もちろん、スライスには色んな原因があって、

その原因も人それぞれ。

 

色々と試して、それでスライスが治ったのであれば、

この記事は読まなくてよろしい。

そんなヒマがあったら嫁さんのオッパイでも触って来なせい。

 

だけんどもしかし、

 

嫁さんがオッパイを触らせてくれない!って方は、

 

じゃなかった(笑)、

 

「色々やったけどやっぱりスライス治らん!」

「一瞬直ったと思ったけどやっぱりスライス!」

「もう、俺一生スライスでいいや!」

 

って方は、

 

是非最後まで今回の記事を見て欲しい。

 

ココに一人、

 

典型的ヘッポコスライサーがいる。

 

いや、

 

典型的ヘッポコスライサーだった!(過去形)

 

このブログでもお馴染み、

 

デリタンク3号である。

 

 

デリタンク3号は私と同じアラフォーオヤジ。この画像は2017年の2月に撮ったものだが、その名の通り、タンク体型のデリバリー好きである。あ、ピザね。デリバリーピザ(笑)。

 

このデリタンク3号のこれまでの軌跡を

動画を見ながら振り返ってみよう。オモロイぞ。

 

 

 

左脇・左肘を矯正し、捕まったボールを打てるようになったデリタンク3号だが・・・

長年のスイングで染み付いた「アウトサイドイン」は、

グリップをいじっても、スイングをいじっても、

どうしても克服出来なかったのである。

 

 

それもそのはず。

 

アウトサイドインの原因は上半身に非ず。

下半身(特に右膝)にあったのだ!

 

ダウンスイングからインパクトに掛けて、

右膝が前に出て左膝が伸びると・・・

どうやったって

アウトサイドイン軌道にしかならないのである。

 

つまり、スイングの土台である下半身の動きが間違っていたのだ。

 

そして、これが今回のスイング。

 

 

どう?これ!

 

最初のヘッポコ動画と見比べるともう別人じゃね?

 

以前がこう。

 

今回がこう!

 

たったこれだけの違いだが、

スイングをこれだけ変えるのは・・・とても大変なのだ!

 

この日のデリタンク3号は、ほぼストレート系のボール。

まだ多少右に曲がることがあるが、

以前のようなヘッポコスライスではなく、

真っ直ぐ飛んで右ラフに行く程度。

この「真っ直ぐ飛んで」ってのが、どんだけ大きいか?

 

そして、

当たれば私より飛距離が出ていたのである!

(なんてこったい!)

 

そして「アウトサイドイン矯正」の恩恵は

アイアンの方が大きく、

ショートホールではビシバシとワンオンさせておったのだ。

この日のデリタンク3号は47、44の91。

雨で条件が悪かったことを考えるとナイススコアだと思う。

 

というわけで、

 

もしあなたが、

 

どうやっても直らないヘッポコスライスに悩んでいたら、

 

それはグリップのせいでもなく、

スイングプレーンのせいでもなく、

ドライバーのせいでもなく(笑)、

 

あなたのてぃんこのせいかもしれない。

 

じゃなかった(笑)

 

あなたの下半身(特に右膝)のせいかもしれない。

 

一度チェックしてみるべし。

 

スポンサードリンク

 

さて、今回のラウンドは、あつまるレークCC

 

私のスコアはどうだったかというと・・・

 

 

OUT40、IN46の86。

 

この日は遠い方のメイングリーン。

上記GDOの表記よりはるかに距離が長かったのである。

3番のロングなんてスネークコースのくせに570ヤード近くあるしね。

 

(その代わりティーは前目だったけど)

 

トータルは6565ヤード。

レギュラーティーにしては結構長いよね。

 

前半OUTは、1mくらいの短いパットを2度外して40。

ドライバーもアイアンも上々の調子で、

 

「こりゃ、今日は70台出るな!」

 

なんて心の奥で思ってたのである。

 

しかし・・・

 

後半になって雨足が強くなり・・・

ずぶ濡れ状態でのラウンド。

 

言い訳であるが、

靴の中はぐちゃぐちゃだわ、グリップは滑るわ、

バンカーは重いわ、グリーンは転がらないわ・・・

 

でミス連発。結局46叩いてもーた。

 

ぐえ。

 

 

実は、今回から「アドレス」を変えたんだけど、

思いのほか上手く行ったな。

 

でも、ハーフトップ気味のミスもあった。

もうちょっと固めないとな。

 

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

【80切りを目指すゴルフ】チキンウイング(フォローで左肘が外に折れる)の癖を矯正し、左サイドに体重が乗るようになってきたデリタンク3号のスイングが激変!典型的なスライサーだったのだが、厚いストレート系の球が打てるようになったのである!飛距離も激的にアップ!最強のコツは「身体で打つ」こと。

 

このブログに、たまーに登場する、

 

デリタンク3号って男がいる。

 

 

この男、

 

典型的なアウトサイドインのヘッポコスライサー・・・

 

だったのだが!

 

左肘のチキンウイングを直し、

スライスを改善したのが前回の話。

(美人歯科衛生士っていいよね→前回のデリタンクの記事

 

そして、今回。

アウトサイドインを矯正してきたのである!

 

一応、時系列に並べておくか!

 

これがスライスで悩んでいる時のスイング。

 

左肘(チキンウイング)を矯正したスイング。

 

そしてこれが今回のスイング。

 

前回のラウンドでは、

極端なチキンウイングを矯正してスライスは治ったものの・・・

アウトサイドイン軌道がそのまま残ったため、

 

左に真っ直ぐ!

 

ばっかりだったデリタンク。

 

アウトサイドインの原因は色々あるが、

大きな原因は、

左腰が引け、体重が右に残ったままになってたこと。

 

 

これが今回どうなったのか?

 

 

あ、あんまり変わらないやんけ!

 

と思うなかれ。

完全に腰が引けていた前回より、

かなり体重が左サイドに乗るようになっているのである。

 

そのおかげか、クラブもインサイドから降りるようになり、

 

(この画像だけ見ると、上級者に見えるな)

 

スイング軌道(アウトサイドイン)がかなり改善されたのである。

もうちょっと右脇を締め、

右肘は右脇に突き刺すような感じで降ろしていいけどな。

 

しかし、まだ怖いんだろうね。

 

長年のスライサーのクセが抜けず、

 

 

インパクトでまだ腰が引けちゃうのだ。

アジャストするために左肘で調整しちゃってるんだと思う。

(私自身にも思い当たるフシあり。笑)

 

もっとドーン!と左足方向に腰を乗せていっていい。

もっとドーン!と左腰軸で身体を回していい。

その際、右肘は畳んで、右脇にくっつけて。

 

もうちょい左腰が左足の上に来て、

もうちょい左肘が伸びれば・・・

かなりカッコよくなるんじゃね?

 

 

この日のデリタンクは、

序盤にチーピンを連発して計5発のOBを打ったが

それでも52、47。

 

多くのドライバーは捕まったストレート系で、

飛距離、方向性ともに文句なし。

会心の当たりが出た15番などは

多分260~270ヤードくらい飛んでたと思う。

以前は・・・飛んでも220ヤードくらいだったのに。

 

ちなみに、

インパクトで左腰を左足の上に乗せる為に一番大事なことは、

「身体で打つ」ことである。

腰が回らないと手打ちになって引っ掛けてしまうのだ。

 

だから、本番ではスイングの細かいことを色々と考えるより、

「身体で打つ!」

これだけ注意すればよろしい。

 

もちろん、練習では色々と考えねばならんが、

本番のスイング中にチェック出来ることは一つか二つ。

いや、二つだと中途半端になるので

 

「一つ」がいい。

 

であれば、

スイング中は「身体で打つ」だけに集中すればいい。

これは大変オススメの思考術なので是非実戦で試して頂きたい。

 

デリタンクの金玉の中で、

激的に何かが変わってきているような気がする(ゴム使えよ)。

 

次のラウンドが楽しみだな(練習しとけよ)。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

私のスコアはというと、

 

 

OUT40、IN44の84!

 

あつまるレークCCのレギュラーティーからである。

 

前半OUTはパーパットが入らずのボギーを続けていたが、

6番、7番でワンピンからの連続バーディ。

 

3パットのボギーが勿体なかったが、

手応えアリのハーフ40。

 

後半10番で飛び過ぎOB、13番ではセカンドでOBを打ち(これはマネジメントミス。木の根っこからは刻むべきだった)、崩れそうになったが・・・

 

なんとか耐えて44。

 

OBはしょうがないとしても、

バーディチャンスで決めきれなかったことと、

16番の3パットが悔しいなあ。

(短いところから3パットしちゃった。テヘ)

 

80切りのビッグチャンスであったが、

まあ、今の実力だとまだこんなもんだろ。

 

 

スイングを改造した場合、

一旦スコアが落ちるのはしょうがない。

 

しかし、改造を終えたら、

飛躍的にスコアが伸びなければならない。

 

良くなってきた感があるぜぇ~~~。

 

80切り達成なるか?

 

次のゴルフはいつだー!

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【80切りを目指すゴルフ】アマチュアゴルファーのスライスの原因はアウトサイドイン?ヘッドアップ?体のツッコミ?振り遅れ?いや・・・根本的な原因はフォローの「左脇」と「左肘」にあり?アウトサイドイン軌道の真性スライサーが左脇と左肘を直したらどうなる?スライスは治るのか?球筋はどうなるの?引っ掛けは出ない?

 

今回の記事は、

 

スライスに悩む全国180万人のヘッポコアマチュアに、

 

美人歯科衛生士のオッパイをジロロと見るが如く、

 

 

ガン見して欲しい内容である。

 

いやー、隠れ巨乳的な美人の歯科衛生士さんだとドキドキするわねー。

 

きゃー顔近い~~~!みたいな?(←バカ)

な、なんか頭に当たってるんですけど?みたいな?(←大バカ)

 

・・・・なんの話してんだ!

(ゴルフの話をしろ!)

 

ゲフン。

 

よ、

 

よく、スライスの原因は、

 

・アウトサイドイン軌道

・ヘッドアップ

・体のツッコミ

 

などと言われますな。

(他にも、グリップ、スタンス、トップ、振り遅れなど原因は沢山ある)

 

確かにこれらはスライスの大きな原因の1つである。

 

特に、

 

「アウトサイドイン」のカット軌道

俺のスライスの元凶である!

 

 

と思っている人が多いと思う。

 

では、

 

これを直せばスライスは治るのであろうか?

あなたのスライスは治っただろうか?

 

否、その多くは治らなかったはずだ!

(もちろん治った人もいるだろうけど)

 

むしろ・・・

アウトサイドインを矯正し、

インサイドから降ろしてきたら・・・

最悪のプッシュスライスになった!

という方が多いのではなかろうか?

 

なぜ、そうなるのか?

 

答えは簡単。

 

インパクト時にフェースが開いているからである。

そしてインサイドからクラブが降りてくると、

右方向に球が飛び出しちゃうわけ。

 

 

アウトサイドインであれ、

インサイドアウトであれ、

インサイドインであれ、

どんなスイング軌道であれ、

スライスする理由は「フェースの開き」。

 

これ一点のみである。

 

つまり

アウトサイドインのカット打ちはフェースが開く一因に過ぎず、

インサイドから降ろしても・・・

フェースが開いてりゃスライスするのだ!

(そして右OB一直線)

 

じゃあ、

 

なぜ、フェースが開くのか?

 

というのを、

 

美人歯科衛生士から歯磨きのやり方を優し~~~く聞く感じで、

 

 

聞いて頂ければ幸いである。

 

まずは予備知識として、この記事を読んで頂きたい。

インサイドイン軌道スイングのコツは左脇と左肘。

 

この記事に出てくる友人のデリタンク3号は、

典型的な真性スライサーである。

 

左に飛び出したボールがフェアウェイを横切って右のラフに行くことなどザラ。真っ直ぐ出れば曲がりに曲がって右の林。ちょっとでも右に出れば即OB。その曲がり幅は平均30ヤードを超えるだろう(笑)。こうなるとティーショットでフェアウェイをキープするのは難しいわな。

 

このデリタンク3号に、

 

左脇が開き、

左肘が極端に曲がっていることを指摘。

 

 

そしたら・・・なんと、

一生懸命練習して

左脇と左肘を直して来たのである!

 

以前のスイング動画をもう一回見ておくか。

 

そしてこれが今回のスイング動画である。

 

画像で見てみよう。

 

これが以前のインパクト後のフォロー。

 

これが今回のフォロー。

 

おおっ!見違えるな!

(体型は変わってないけど!)

 

左脇が締まって、左肘が伸びたせいか・・・

頭も残って、上体のツッコミもなくなっている!

力強いスイングになってるではないか!

 

ただ、アウトサイドインが強烈過ぎるのか・・・

左腰が引け、

体重が右に残ったままになってしまっているな。

(体重は結果的に左に移動しなければならない)

 

このイ・ボミの画像のように、左腰は打球方向にちょびっとだけ動かした後にグッと我慢しなければならない。左腰(左股関節)は回転軸。ここを固定出来ると体が開かなくなり、フェースも開かなくなるのである。

 

で、

 

左脇と左肘を矯正した

デリタンク3号の球がどうなったかというと・・・

 

 

真っ直ぐ左!

に飛んでいくようになったのである。

 

もちろんスライスがゼロになったわけではない。

若干のスライスは残る。

 

しかし、平均30ヤードの鬼スライスは無くなり、

曲がっても許容範囲内。

そして、これだけアウトサイドインで左肘を伸ばしても、

「引っ掛け」は出なかったのである。

 

測ったわけじゃないが、飛距離も大幅に伸びたと思う。

 

スライスが軽減した分もあるが・・・

なにより球が捕まり出したのである。

 

最初に、

 

「美人な歯科衛生士さんは好きか?」

 

 

と聞いた。

 

(聞いてね~わ!)

 

(好きだけど!)

 

「アウトサイドインを直せば、スライスは治るか?」

 

と聞いた。

 

「治るんじゃね?」

 

と思った方が多くいると思うがしかし!

 

今回のデリタンク3号のスイングは

「アウトサイドイン」そのままである。

 

つまり、デリタンク3号の鬼スライスは、

「アウトサイドイン」が一番の原因ではなく、

「左脇、左肘」であったのだ。

 

どういうことかと言うと、

 

あなたのスライスも

「アウトサイドイン」が原因ではなく、

「左脇、左肘」が原因なのかもしれない。。。

 

ということである。

 

この画像を見て、

 

 

カッコ悪ッ!

 

と思ったかもしれんが、

 

あなたが結構なスライス持ちなら、

あなたの左脇・左肘も「カッコ悪ッ!」になってる可能性アリアリなのだ!

(もちろん程度の差はあるけどな)

 

デリタンク3号のような極端なスライスじゃなくても、

「持ち球はスライス」

「どう打ってもフックにはならない」

という方は一度自分の「左脇、左肘」をチェックしてみるといいだろう。

 

偉そうなことを言ってる私も、

フォローで若干左肘が曲がってしまうのである(笑)。

 

これは今回のドライバースイング動画。

 

全体的にはナイスなスイングに見えるが・・・

 

 

やっぱり左肘が曲がり、

右手の甲が上を向いていないのである。

 

ま・・・やってみると分かるが、

これを矯正するのはとても難しい。

 

言うは易く行うは難し・・・である。

 

 

■左脇、左肘を改善する方法

最も簡単かつ誰でも出来る改善ドリルは、

「左脇」にヘッドカバーを挟んだままハーフスイング。

これを延々と繰り返すこと。

 

ヘッドカバーが落ちてしまう方や

違和感アリアリの方は左脇が開いている証拠。

 

ヘッドカバーを左脇に挟んだまま

スムーズに打てるようになるまで練習すべし。

 

それから、インパクト時に、

左腕を旋回させ(ローテーション)

左手の甲を目標方向に向ける意識を持つこと。

 

 

決して、

右手首をコネて被せようとしちゃダメ。

これはタイミングが非常に難しく、

その多くは引っ掛けチーピンとなる。

 

左腕が旋回出来るようになると・・・

 

左肘も改善される。

 

・・・はずであるが、

 

これがなかなか難しいのだ・・・(笑)。

 

 

デリタンク3号の今後であるが、左脇と左肘が改善出来て球が捕まるようになったら話は早い。後は左方向に球が出ないように、ちょっとずつバックスイングとダウンスイングをイジれば良い(理想はインサイドインだが、急に変えるのはムリだからちょっとずつね)。もちろん他にも直すところは一杯あるが、まず「フェースが開く」のを直すのが先決。

この順番を逆にして「バックスイングがどうの・・・」「グリップがどうの・・・」とやっても無駄である。左脇・左肘が開けば、どう打ったってフェースが開くのだから。スライスは「フォローから直すべき」だったのである。

 

まとめよう。

 

■アマチュアのスライスの原因・改善法

・アウトサイドイン軌道はスライスの一因に過ぎない。

・スライスの根本的原因は「フェースの開き」である。

・フェースの開きを劇的に改善するのは「左脇と左肘」。

・まず「左脇と左肘」を直せ!

 

20年来のスライス・・・治るかもよ?

その後、デリタンク3号のスイングはどうなった?

 

さて!

 

今回は司ロイヤルゴルフクラブに行って来たぜ!

完全セルフデーだと5,700円という意味不明の安さ(メシ代は500円)。

 

それでいてグリーンはポテトチップスで非常に面白く、

フェアウェイやラフの状態もいい。

非常にコスパの高いゴルフ場である。

 

さて、スコアの方は・・・

 

 

IN45、OUT45の90・・・

 

いやー・・・ドライバーは10/14でフェアウェイをキープしてたし、

アイアンの調子も良くなってきてパーオン6回だったし、

内容的には決して悪くなかったんだけど、

 

なんかスコアにならんかったなー。

(ショットの内容からすると85くらいで回った気分なんだけど)

 

まあ、パット数が38なんでこんなもんか(笑)。

(いや、ホントにグリーン難しいのよ!)

 

トラブルに見舞われた6番のストリと、

最終9番のティーショットOBが大きな反省点。

 

しかし、ハーフショットの練習の甲斐があったのか・・・

アイアンが良くなって来たぜー!

 

 

今年の平均は91・・・

 

目標(平均86)が霞んで行く・・・(笑)

 

けど

 

諦めずに頑張るぜ!

 

浅次郎と一緒に上手くなろう!10日間で学ぶゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

 

【80切りを目指すゴルフ】スイングの基本はインサイドイン軌道。しかし多くのアマチュアがアウトサイドインもしくはインサイドアウトになっててインサイドインで綺麗にスイング出来ている人は少ない。インサイドインでスイングするためのコツは?左脇を締めるべし!左肘を伸ばすべし!頭を残すべし!

 

もし、

 

自分のスイング軌道に自信がないのなら、

 

「俺、インサイドインでスイング出来てる?」

 

 

と親しいゴルフ仲間に聞いてみよう!

 

「いや、インサイドアウトになってるよ」

「いや、アウトサイドインになってるよ」

 

という返答があったら話は簡単だ。

 

おそらく極端なインサイドアウト・・・

もしくは極端なアウトサイドインになってるはずで、

その軌道を直すべく努力すればよろしい。

 

問題は、

 

「うーん。わかんない」

「なってると思うけど・・・」

 

って返答の場合である。

 

この場合、

 

・インサイドストレート

・アウトサイドストレート

 

になってることが多いと思うが、

 

多くの場合、

 

「理想的なインサイドイン」

 

のスイング軌道にはなってないのである。

 

そう、

 

「私ちょっとポッチャリなのよねー」

 

って言う女性の9割が、

 

 

実際はポッチャリどころではなく、

限りなく渡辺直美に近い豊満オッパイなのと同じように、

 

「おれ、インサイドイン出来てるんじゃね?」

 

と思ってるアマチュアの多くも、

 

理想のインサイドインのスイング

 

なんて・・・全然出来ていないのである。

 

理想のスイング(ムリだけど笑)。

 

きっと、

 

これを見ているあなたも出来ていない(笑)。

(上級者はこのブログ見てないよね)

 

ゴルフスイングの基本はインサイドイン。

 

 

まず、これをマスターせねばならんのであるが、

難しいのはインパクト後の「イン」である。

 

はじめに言っておくが、

 

「アウトサイドイン」の「イン」

「インサイドイン」の「イン」

 

全く質が違うのである。

 

同じ巨パイでも、

 

渡辺直美のパイと杉原杏璃のパイくらい違うのである。

 

 

ごくり(笑)。

 

か、簡単に言えば、

 

アウトサイド「イン」はフェースが開いている。

インサイド「イン」はフェースが閉じている。

 

というわけ。

 

つまり、同じ「イン」でもスイング的には全く違うのだ。

今日はこの件について詳しく解説しようと思う。

 

ちなみに、

「インサイドイン」の「イン」が出来ないと、

「インサイドストレート軌道」となる。

 

これは、上手くフェースが閉じれば飛ぶけど、

フェースが閉じきれない場合は薄い球、

あるいはスライス球となる。

 

これは、

 

何を隠そう・・・

 

私のことである(笑)。

 

 

これは私のスイングのフォローであるが、

微妙に、

フォローで左脇が開き、

左肘が外側に曲がり、

右手甲が下になってますな。

 

ということは、

クラブヘッドはイン側に抜けずに

インサイドイン軌道の外側に抜けているってこと。

 

これが私のフェースが開く原因であり、

スライスの原因である。

 

このスライスを防ごうと手首を返したり

アウトサイドからヘッドを入れてしまう・・・

これが、

引っ掛けの原因である。

 

人間って器用ですなあ・・・

 

スライスが酷いとアウトサイドイン軌道に、

フックが酷いとインサイドアウト軌道に、

勝手に反応してスイングしてしまうのである。

 

ま、安定してフェードを打ちたいのであれば、

「インサイドストレート」でもいいのだが、

この軌道はプッシュの危険性もあり(←これがOBの原因)、

捕まらない時は全く飛ばないのだ・・・。

 

で、

 

考えたのである。

 

新しいエロDVDの隠し場所を!

 

じゃなかった(笑)、

 

どうやったら、

理想のインサイドインが

出来るようになるかを!

 

スポンサードリンク

 

まず、

私の友人のスイングをチェックしてみた。

 

 

これは典型的なスライス持ちの友人・・・

デリタンク3号のスイングである。

(ちょっと前のものである。平均スコアは100くらい)

 

さて、この動画を見て、

スライスの原因はわかるだろうか?

(分からん人は何度か見てみるべし)

 

以前は極端なアウトサイドイン軌道のカット打ちだったのだが、

現在はかなり改善されている。

少なくとも球の出は真っ直ぐで、

真っ直ぐ出た後に大きく右にスライスしていくのである。

 

スイングは一瞬なので、

打った本人はもちろん、見てる方も良く分からん(笑)。

 

なので、

 

スローでもう一回見てみよう。

 

 

分かっただろうか?

 

インパクトからフォローに掛けて、

左脇が開き、

左肘が大きく外に曲がっているのである。

 

 

この動きはフェースを閉じるインサイド「イン」の動きと真逆で、

アウトサイド「イン」のフェースを開く動き。

 

つまりこのスイングは・・・

常にインパクトの瞬間フェースが開くわけで、

何発打ってもスライスにしかならないのである。

(タイミングが合えば真っ直ぐ行くこともある)

 

もうひとり、

飛ばし屋ガッちゃん(スライス持ち)のフォローも見てみよう。

 

 

体型が違い過ぎるのでアレだが(笑)、

デリタンク3号のフォローと驚くほどそっくりである。

 

ちなみにガッチャンは、

真っ直ぐ飛べば300ヤード近く飛ぶハンパなしの飛ばし屋である。

しかし毎度スライスしてしまうのが悩みのタネ。

このスライスはどうやったら治る?

 

・・・

 

もしかしてだけどー

 

もしかしてだけどー

 

アマチュアのスライスの原因は・・・

コレが一番多いんじゃないの?

 

コレ!

 

多くのアマチュアは、

バックスイング

切り返し

ダウンスイングは細かくチェックするのであるが、

 

インパクト~フォローのチェックは全然しない!

(私もほとんどしない!)

 

というか、

一瞬のことなので自分ではよく分からないのである。

 

スライスの原因は確かに色々ある。

 

・アウトサイドインのカット軌道

・ヘッドアップ

・上体のツッコミ

 

しかし、実は・・・

 

 

「左脇・左肘」の方が

大事なのではないだろうか?

 

卵と鶏とどっちが先?って話だが、

 

左脇が開いて肘が曲がればフェースが開く。

フェースが開けばスライスになる。

スライスになるからボールは左サイドに出さねばならん。

結果アウトサイドインのスイングになる!

 

そして、

 

アウトサイドインのスイングが固まれば、

左脇を開けたスイングでスライスを打つしかなく、

もう左脇を閉じたスイングは出来なくなるわけ。

左脇を閉じると豪快に引っ掛けちゃうからね。

 

デリタンク3号が陥ってる状態はコレだな。

アウトサイドインでスイングしてた時代の名残で、

左脇を閉じて打てないのである。

 

じゃあ、どうすればいいか?

 

 

徹底して、

左脇を締めるべし!

左肘を伸ばすべし!

 

そして・・・

 

フォローでは自然と右手の甲が上を向くのが、

本物のインサイド「イン」!

 

是非その場でフォローを作ってみてほしいのだが、

左脇が締まると自然と右手甲が上を向くのである。

 

(しかし松山英樹のフォローはかっこええな!)

 

インサイドに振り抜こうとか思わなくていい。

 

とにかくフォローの3時まで

左脇を締めて左肘を伸ばすこと。

 

これだけで相当

インサイド「イン」

が出来るようになると思うぞ。

 

スポンサードリンク

 

「浅次郎さん、私、典型的なアウトサイドイン型スイングなのですが、やはり左脇を締めた方がいいですか?」

 

ふむ。

 

アウトサイドイン型スイングの方は、

ムリに左脇を締めると

「捕まった引っ掛け」になるわな。

 

ただ、

私はそれでいいと思う。

 

なぜなら、「捕まった引っ掛け」を

徐々に正面方向の打球に変えて行けばいいわけで、

そうするにはインサイドから降ろさないとムリなわけで、

そうして行く内に

「アウトサイドイン」も改善して行くはず!

だからである。

 

「アウトサイドイン」では永久に捕まった球は打てない。

上手くなりたいのであれば、スイングを改造するべきである。

 

このフォローを頭に叩き込め!

 

■インサイドインまとめ

・インサイド「イン」が大事(難しい)

・徹底して左脇を締めろ!

・左肘を伸ばせ!

 

 

というわけで、

 

インサイドインを意識して回って来たぜ!

 

これは今回のスイング。

 

自分的にはかなり良くなったと思うのだが、

 

これが以前のスイングのフォロー。

 

これが今回のスイングのフォロー。

 

まだ脇が甘いし、左肘も若干曲がってるが、

右手甲が上を向いてるってことは、

以前より脇が締まっている証拠である。

 

美しいスイングは、

必ず脇が締まっている!

 

 

みなも参考にされたし。

 

さて、

 

スコアはどうだっかというと・・・

 

 

out47、in46の93。

 

ドライバーの感触はとても良かったのである。

しかしインサイドインを意識したラウンドは今回が初めてであり、

当たるとドローでかっ飛んで行くもんだから、

結構振り回しちゃったのよ(笑)。

で、結構右に左にバラけてしまったのだ。

 

アイアンは相変わらず、

ハーフショット、クォーターショットである。

掴んできた感はあるがもうちょいだな。

 

私のチンコの余った皮が、

完全にムケそうな予感はあるんだが(笑)、

 

スコアに繋がらないのが悔しい・・・。

 

精進あるのみ。

 

 

ここんとこ90台が多い・・・

平均86の目標が霞んでいくわ・・・(涙目)。

 

 

スイングを変えずに上手くなる?10日間で学ぶゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc