【80切りを目指すゴルフ】パターは強く打った方がいいのか?弱く打った方がいいのか?これは当然その状況による!強くパッティングした方がいい状況。弱めに打った方がいい状況は?上り、下り、ショートパット(1m以内)、ロングパット(10m以上)、ミドルパット(5m前後)・・・そして曲がるラインの時のパットの強さは?

 

今日はペッティングの強弱について考えてみる。

 

もちろん個人差はあると思うが、

女性の体を触る場合、

触れるか触れないか・・・

くらいの力加減が大事だと私は考えている。

 

・・・じゃなかった(笑)、

 

今日はパッティングの強弱によって考えてみる。

 

 

パットは・・・

強くオーバーで打った方がいいのか?

 

それとも

弱めジャストタッチで打った方がいいのか?

 

当たり前の話だが・・・

完璧にラインを読んで、ジャストタッチで打ち、

最後の一転がりでカップインするのが理想である。

 

しかし現実のグリーンの起伏や芝目を

完璧に読むのは不可能だし、

読めたところでジャストタッチで打つのは至難の技だ。

 

ましてやアマチュアゴルフのグリーンは

トーナメントや競技で使われるグリーンと比べて格段に遅いし、

直されてないボールマークやスパイクマークや

見えない凸凹があるわけで、

(特にカップ周りは踏まれて荒れる)

 

いつも最後の一転がりでカップインなんて

そんなの無理だよね。

 

 

だから、アマチュアは基本的に強めに打った方がいい。

 

3パットが増えるかもしれんが、

その分1パットを増やせばいいのである。

 

大事なことだからもう一回言おう。

 

アマチュアは基本的に強めにパッティングすべきである。

3パットが増えるかもしれんが、

その分1パットを増やせばよろしい。

(こっちの方が上手くなる)

 

しかし、当然のことながら、

「いつも強め」じゃダメだよね(笑)。

 

 

あるあるある!(連打)

 

状況によって、

パッティングの強さは変えなければならない。

 

というわけで今回は、

 

強く打つべきケース

弱く打つべきケース

アマチュア的に考えてみよう。

 

※なお、ココで言う「強く」とはカップをオーバーさせるか否か?という意味であり、パンチを入れて「ガツンと打つ!」という意味ではない。また、ここで言う「弱く」とは「ぎりぎりカップまでの距離で打つ」という意味であり(打てれば苦労しないんだけど。笑)、ショートさせるという意味ではない。

 

■強くパッティングするべきケース(カップオーバー)

・ショートパット(傾斜関係なく1.0m以内)
・上りのミドルパット(5m以内)
・下りのロングパット(10m以上)

 

■弱くパッティングするべきケース(ジャストタッチ)

・大きく曲がるライン(傾斜関係なし。特に横から)
・下りのミドルパット(5m以内)
・上りのロングパット(5m以上)

 

※◯mは個人差による。

 

簡単に言うと、

 

カップイン出来そうなパットはオーバー!

カップイン無理って時はジャストタッチ!

 

である。

 

こう書いてしまうと

「そんなん当たり前だろ!」

と言われるかもしれんが、

 

実際にこれを実践するのは難しい。

 

 

例えば、

ここに6mの上りのパットがあるとする。

 

ラインを確認すると、ほとんど真っ直ぐに見える。

 

こんな時・・・

強気のパットをするアマチュアのなんと多いことか。

(私もそのタイプだ。笑)

 

 

そこに穴があればすぐに入れたいの男のサガ。

 

6mってそそられる距離だしねー。

 

だけんどもしかし!

 

 

6mの距離は、

PGAツアーのプロでも1パットの確率15%である。

我々アマチュアなら10回に一回入るか入らないかだろう。

 

そして6mも距離があれば、

真っ直ぐに見えても・・・

ちょびっと曲がることが多いのである。

 

つまり6mを1パットで沈める確率はものすごく低いのであり、

ポコポコと入る距離ではない。

(バーディパットなら狙っていいけどー笑)

 

そして上りのパットでなにより怖いのは・・・

オーバーした時の返しのパットである。

 

1~2mの下りの返し・・・これは恐怖だよね。

 

(怖い)

 

だから距離のある上りのパットは(5m以上)、

ジャストタッチ(幾分弱め)で打つべきである。

2mショートより1mオーバーの方が怖いからだ。

 

上記には5mと書いたが、これは3mでも4mでもいい。

個人の力量によって

「1パットを狙う距離の境目」を決めるべきである。

(ジャストタッチで打っても入る時は入るしね)

 

スポンサードリンク

 

んで、議論になりそうなのが、

下りのパットですな。

 

・下りのロングパットは強く(オーバー)

・下りのミドルパットは弱く(ジャストタッチ)

 

と書いているので「どっちやねん!」と思うよな。

 

もちろん下りのパットはジャストタッチが一番いい。

カップ周り50cm以内に止まるのがベストである。

 

だけんどもしかし!

 

 

10m以上の下りは距離感が難しい。

ピタッと寄せる自信がある人はいいかもしれんが、

私にはそんな距離感はない(笑)。

(同じ下りでも傾斜角によって変わるしね)

 

そして長い下りのパットで最も恐怖なのは・・・

セカンドパットも下りを残すことだ。

 

(怖えええ)

 

これまた1mの下りより2mの上りの方がずっと楽。

 

なので、下りのロングパットは

多少オーバーに打った方がいい・・・と考える。

 

と言っても・・・大オーバーしないように。

目安は1~2mオーバーである。

 

例えば、12mの下りを打つ時、

50%(6m)の強さでジャストタッチなら・・・

7mの強さで打つ感じですな。

(もちろん傾斜角やグリーンの速さによって変わるぞ)

 

この場合2mオーバーとなってしまうが・・・

上に止まるより10倍良し。

下りオーバーの返しはほとんど真っ直ぐだしな!

 

ほんのちょっとだけ。強く。

 

これがチクビを触る時のコツである。

 

・・・じゃなかった(笑)、

 

これが下りのロングパットを打つコツである。

 

しかし・・・

10m以上の下りのロングパットとは違い、

5m以内の下りは、

ジャストタッチで打つことをオススメする。

 

5m以内の下りで

1m以上ショートすることはほとんどないし、

例えショートしたとしても

下りの50cmとかならあまり問題ないからだ(嫌だけど)。

5~10mの間は・・・個人の力量次第だね。

 

 

それから、

これも多くの人が実戦でヤッちゃうパターン。

曲がるラインの場合である。

 

曲がるラインをカップインさせるのは非常に難しい。

これは皆も激しく同意してくれるよな?

 

曲がり幅、強さが完全に一致しないと入らないわけで。

真っ直ぐのラインが「線」で入るのに対し、

曲がるラインは「点」じゃないと入らない。

 

この・・・曲がるラインを入れてしまおうと、

強く打ってしまうアマチュアはめちゃくちゃ多い!

(私もそのタイプである。笑)

 

世の中のパッティング理論には、

曲がるラインは

「プロラインで打て」というのがあって、

 

 

これを信奉しているアマチュアはとても多い。

 

もちろんそれはそれで間違いないんだが、

(アマラインだと先に切れるので絶対入らない)

 

プロラインで打つのと、

強く打つのは全く別の話である。

 

大事なことなので、もう一回言おう。

 

プロラインで打つのと、

強く打つのは全く別の話である。

 

これを同じことだと捉え、

強く打ってしまうアマチュアがとても多いのだ。

 

もちろん、強く打てば曲がり幅は狭くなるし、

カップインする確率は上がるだろう。

 

1m以内のパットなら私もそうする。

 

しかし入らなかったら?

 

 

返しが上りであれ下りであれ・・・

もう一回曲がるラインを打つ羽目になるのだ!

(大きく曲がるラインでオーバーすると高確率で返しも曲がるライン)

 

これ、

 

嫌だよね?

 

最初にも言った通り、ただでさえ、

大きく曲がるラインを入れるのは至難の技

 

たとえそれが1mでも難しいのである。

 

だから、曲がるラインの時は、

カップを大きく使うべきで。

 

強い球はカップの縁で蹴られたり弾かれたりするが、

 

 

緩い球はカップの縁に触れると吸い込まれるのである。

 

 

そう・・・

ジャストタッチだと、

カップの大きさが1.2倍くらいになるのである。

 

フックラインの時はカップの右縁から、

スライスラインの時はカップの左縁から

最後の一転がりでカップに落ちるイメージで打つべし。

 

そしてこれも肝心な点だが・・・

大きく曲がるラインの場合、

ショートした方がセカンドパットが楽なケースが多い。

オーバーすると返しも曲がるライン・・・ってことが多いのだ。

 

 

これは真横からのラインだと顕著で。

 

パッティング文字盤についてはこちら

 

真横から強く打ってオーバーしてしまうと・・・かなり難しいパットが残ってしまうのである。

 

さっきの画像をもう一回見てみよう。

 

 

感覚的に見て、プロラインとアマライン・・・

セカンドパットが楽そうなのはドッチに見える?

 

アマラインだよねー(返しはほぼ真っすぐ)。

 

というわけで、

いつでもプロラインが正解ってわけじゃない。

状況によってはアマラインの方がいいケースもある。

 

そして、

曲がるラインは強気パット厳禁。

ジャストタッチで、

カップを大きく使うべしである。

(もちろん短い場合は曲がりを消して強気で打つべしだぞ!)

 

参考にされたし。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

今回は楽天GORAの一人予約で阿蘇大津ゴルフクラブに行ってきたぞ。

 

難しい方のAグリーンで

レギュラーティからでも距離は長めの6602ヤード。

ただ、ホールによってはティーが前目だったので、

6400~6500ヤードくらいだったと思う。

 

スコアの方は・・・

 

 

IN41、OUT45の86。

 

前半調子良かったんだけどね。

18番のティーショット3WでOB打ってダボ。

後半は色々と細かいミスが重なって崩れてもうた。

 

ドライバーの調子がかなり良くなって来てるんだが、

この日はチョットだけ左に行く感じで。

ほとんどラフからセカンドになったんだけど・・・

こうなるとパーオンは難しいよね。

もうちょっとインサイドから降ろすことが出来れば・・・

ってところかなー。

 

しかし、パターの研究・練習をするようになって、

パターが安定して来たような気がするな。

目指せ平均32パット!

 

 

今年の目標は「平均スコア84」。

すでに借金まみれなのであるが(笑)、

一歩ずつ前進あるのみ。

 

そろそろ70台出るような気がするんだがさて・・・

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

 

【80切りを目指すゴルフ】パッティングにおいて「フックかスライスか分からない」「どのくらい曲がるかわからない」「曲がると思ったら真っ直ぐだった」というアマチュアゴルファーは多いと思う。そんな方に考えて欲しいのが「パッティング文字盤(フォールライン)」と「他人のパッティングライン」。これで自分のラインが分かる?

 

グリーンに乗ったはいいけども・・・

 

フックするのかスライスするのか分からん!」

どのくらい曲がるか分からん!」

 

という方はとても多いと思う。

 

まあ、曲がり幅なんてのは

パッティングの強さによっても変わるわけで、

一概には言えないわけだが、

 

ヘッポコなアマチュアでも・・・だいたいの

ラインが分かってしまう方法

があるとすればどうだろう?

 

知りたくないだろうか?

 

利用するのは、

前々回の記事で紹介した

パッティング文字盤

 

パッティング文字盤の基本はこちら

 

グリーン上にこのパッティング文字盤をイメージ出来れば、

 

ドッチに曲がるのか?

どのくらい曲がるのか?

 

が、簡単に分かってしまうのだ!

(もちろんグリーン形状や芝目にもよるので一概には言えない)

(真っ平らなグリーンはない。そう見えても必ず微妙な傾斜がある)

 

だけんどもしかし!

 

 

このパッティング文字盤には重大な問題がひとつあってね。それは・・・

 

ライン読みの基本となる、

フォールライン(12時→6時のライン)

を見つけるのは難しい!

 

という大問題があるのだ。

 

これはグリーンに立って見れば分かるが、

正確にフォールラインを読むのはとても難しいのである。

 

「アッチからコッチかな?」

「いや、コッチに流れるか・・・」

 

試しにボールを転がしてみれば簡単に分かるのだが、

(真っ直ぐカップに転がるラインがフォールライン)

 

ラウンド中にそれをやったらペナルティである(笑)。

 

しかし、一つだけ、合法的に、

フォールラインを発見する方法がありますな。

 

そう。

同伴者のパットを観察すれば良いのだ!

(先に打つ場合は自分のパットを観察)

 

例えば!

 

同伴者が下りの10mのパットを打ったとしますな。

で、全然曲がらずにコロコロとカップに向かって転がったとする。

すると。。。

 

 

そのラインは当然フォールラインなのである。

 

であれば・・・

自分のボールがフォールラインに対して、

1~5時サイドにあればフックライン。

7~11時サイドにあればスライスライン。

であることが理論付け出来るよね?

 

曲がり幅は3時や9時(真横)に近づくほど大きくなり、

上りより下りの方が大きくなる・・・である。

 

これは非常に分かりやすい例だが、

真っ直ぐ転がる=フォールライン

だと認識するのとしないのとでは大違いである。

 

次、

 

同伴者の下りのパットが、フックした場合。

 

 

下りのラインでフックした場合、そのボールは1~2時付近から打ったことになる。曲がり幅によって何時から打ったかイメージ出来るわけだが、

 

・チョットしか曲がらない→1時くらい

・結構曲がった→2時くらい

 

といった判断が出来るわけ。つまり、フォールラインは打つ方から見てその右側。12時の方向にあるのだ。

 

この判断が出来れば、自分のボールが大体「何時」にあるのか分かるわけで、「何時」にあるのかが分かれば、フックするのかスライスするのか、曲がり幅はどのくらいか・・・もイメージ出来るよな。

 

次、同伴者のパットが、かなりフックした場合。そしてカップ回りで急激に切れたりした場合は・・

 

これは真横からのパットだった可能性が高く、3時付近から(逆からなら9時)のパットだったことが分かるな。そうなると・・・フォールラインはその位置から約90度の方向である。

 

自分のボールが反対側ならスライスだし、90度下なら上りの真っ直ぐである。

 

次、上りの場合。

 

あ、そうそう。他人のパットが上りか下りかを判断するのは難しいよね(微妙な傾斜の場合は特に)。でも、球の転がり・伸びを見ると大概分かるわけで、カップ回りでギュッとブレーキが掛かる場合は大概上りである。逆に止まりそうで止まらない場合は大概下りである(もちろんボールの回転にもよる)。

 

で、上りで、フックの場合は・・

 

 

4~5時付近である可能性が高い。

上りだとあまり曲がらないので注意が必要。

 

この時のフォールラインは打つ方から見て左側。

 

最後に、上り真っ直ぐだった場合、

 

 

これも当然フォールライン確定である。

 

ただ、上りの5時や7時でも・・・そもそもそんなに切れないので、

(切れてもボール半個~カップ1個くらい)

 

そのままフォールラインを確定してしまうと、

1時間ほどズレが生じるかもしれないので注意が必要だ。

 

わかりやすいのは、

「ラインは真っ直ぐだが、球の勢いが失くなってからクイッとフック」

みたいな時で、

 

 

このケースは、ほぼフォールライン上だが、ちょいと5時寄り・・・ってことがわかる。この場合のフォールラインは打つ方から見てチョイ左である。

 

例えばこの時、自分のボールが右側(黄色のライン)にあれば更にフックするわけだし、左側(水色のライン)にあれば、真っ直ぐのラインであると理詰めで判断出来るよね。

 

 

ほとんど同じような位置からのパッティングでも

右側と左側で違うってわけ。

 

この理詰めで判断出来る!ってのが大事で。

 

これを知らないと、

 

「真っ直ぐだと思うんだけど、同伴者はカップ際でフックしたからなあ・・・同じようなラインのはずだし、俺もフックで打とうっと!」

 

と思いつつフックで打つと・・・全然曲がらずに

カップ横を通り過ぎるのである。

 

あるあるあるある!

 

 

(カップ回りにだけ傾斜がある場合は別だけどね)

 

フックラインをメインに説明してきたけど、

スライスラインも考え方は一緒。

 

実は、多くのアマチュアは(きっとあなたも)、この辺のことを

 

「勘」「経験」

 

である程度は分かっているのである。

 

「だいたいこのくらい曲がるだろ!」

 

ってね。

 

しかし理論で分かってるわけではないので、

スライスとフックを間違えてしまったり、

曲がり幅を読めなかったり、

曲がると思っても曲がらなかったりするのである。

 

勘や経験は、錯覚や視覚情報(他人のパット)によって簡単に狂うからだ。

 

今回言いたいことは一つ!

 

「同伴者のパットは注視すべし!」

 

である。

 

同伴者のパットを見れば

大体のフォールラインの位置がイメージ出来るのだ。

 

 

そうすれば勘に頼らずとも大体の曲がり幅が分かるわけで、

(あるいは曲がらないこともね)

曲がり幅が分かれば自信を持って打てるようになるのだ。

 

もちろんこれもトライアンドエラーの繰り返しで。

読んでは間違え、間違えては修正しながら、

上達して行くものだと思う。

 

参考になれば幸いだ。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

実は、

 

最近のスコアが酷いんだが、

 

 

言い訳をさせて貰うならこれはスイング改造の副作用であり、

一言で言えばスランプだと本人は考えている。

(スイングのどこかが狂っている)

(パターの打ち方も変えた)

 

それはそれでしょうがないことであり、

そもそも劇的に右肩上がりでスコアが良くなって行くはずもなく、

1歩進んで2歩下がるのがチン生なので

全く問題ないと考えているのであるが・・・

 

ただ、スコアが酷いと・・・

ブログに載せるのが非常に恥ずかしいんだよね。

(出来ることなら悪いスコアは黙っておきたいものである。笑)

 

ま、

スケベ心は隠すからイヤラシくなるのであって、

悪いところも包み隠さずにいれば逆に爽快なもんである。

 

ってわけで、今回のスコアは・・・(2回分ね)。

 

 

OUT47、IN48の95。

 

てへっ。

 

面倒なので言い訳しない。

 

次。

 

 

IN48、OUT49。

 

てへっ。

 

OB4発も打っちゃった(笑)。

 

右に左に大荒れ。

 

チョロも2発あったし、池にも入れちゃったし、

 

ドモナラズ。

 

でも、この日はブログ毒者の喜代ちゃんが熊本に来てくれて。

わざわざゴルフのために時間作ってくれて、

スコアはひどかったけど楽しかったな。

 

また行こう。

 

 

もう宇宙空間に飛び出たカーズばりに

考えるをヤメたいのであるが、

 

 

今年の目標達成(平均スコア84)は

もうムリ筋かもしれない(笑)。

 

諦めないけどね。

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【80切りを目指すゴルフ】3パットを防ぐ為に、まず必要なのはファーストパットの距離感と傾斜の読みでいかにカップに近づけるか?であるが、最も結果を左右するのは1m前後のショートパットが決まるかどうか?である。アマチュアのショートパット3か条はオーバーで打つ!真っ直ぐ打つ!順回転で打つ!である。そのための方法・考え方は?

 

どもども。

 

3パット撲滅委員会会長の浅次郎でっす。

 

 

え?

 

女子プロパンチラパパラッチ委員会会長じゃなくて?

 

3パット撲滅委員会なんてあるの?

 

もちろん

 

そんなもんはない

(女子プロパンチラパパラッチ委員会もない。笑)

 

浅次郎一人のエア委員会である。

 

参加したい方は

前々回のロングパットの距離感の話と、

前回のグリーン傾斜の読み方の話を見ておくように!

 

さて、今日は3パット撲滅運動のブッカケフィニッシュ的な話。

 

そう。

 

ショートパットの話である。

 

アマチュアゴルフで、

 

楽々タップインだイエーイ!

 

 

なんてのは滅多になく、

大概はプレッシャーの掛かる・・・

1m前後のパットが残ることになるのである。

 

「うっ・・・打ちたくねえ!」

「あと30cm寄ってろよ・・・」

 

って距離。

 

入れて当然、

入らなかったら残念!

 

 

ってパットが実は一番プレッシャー掛かるのである。

 

例え15m以上のロングパットを上手く1mに寄せても、

その1mをハズしたら台無しなわけで。

 

女性に告白する時と同じですな(え)。

 

なんとか最後の1mを確実に決めれるようになりたい!

 

というのが本稿の趣旨である。

(この記事でのショートパットの定義は1m前後の距離とする)

 

ちなみに、

PGAプロは90cmの距離は96%の確率で入れる。

120cmだと88%の確率。

 

 

コレと比較するとアマチュアの数字は劇的に落ちるんだろうなあ・・・

と思ってしまうのだが、

 

実はアマチュアも

短いパットはあんまり外さないのである!

 

まあアマチュアの場合、

平均80の人と平均100の人で大きく違うので一概に言えないが、

 

1mの距離なら70~90%の確率で決めちゃうのである。

(上手い人は特に・・・滅多に外さないよね)

 

しかしこの70%と90%は大違いで、

 

1ラウンドに1mのパットを10回と打つとして、

2打も変わってくるのだ!

 

是非、10回に9回、

ショートパットを決められるようになりたいものである。

 

あ、そうそう。

1m前後のショートパットをハズして、

めちゃくちゃ不機嫌になったり、

パターを叩きつけたりして悔しがるお方がたまにいるが、

 

 

そんな人には、

 

「あんたそんなに上手いのか?」

 

と問いたい。

 

プロだって1mは慎重に慎重に打つわけで、

それでも外す時はハズすじゃないか。

 

私らアマチュアは10回中8回入れば御の字である。

そうやって考えれば、

1mも気楽に打てるってもんである。

 

 

50cmをハズしたらパター投げたくなるけどね(やめなさい)。

 

で、

 

ロングパットとショートパットには

大きな違いがありますな。

 

ココで改めて書く必要はないのだが、

特にゴルフ初心者は勘違いをしているケースがあるので、

改めて言っておく。

 

ロングパットはカップに近づけるためのパット。

ショートパットはカップに入れるためのパット。

 

なのである。

 

全てのパットを入れようと考えると酷い目に遭うので、

(そう思ってた人ー!はーい!)

 

ロングパットとショートパットは

役割が別だと思っておいた方がいい。

 

狙って入るのは4~5mくらいまで。

PGAプロだって5mが入るのは約20%しかないのであり、

それ以上の距離は「入ったらラッキー!」でOKだ。

 

 

以上を踏まえ、

ヘッポコアマチュアが、

1mのショートパットで気をつけるべきは、この3つ!

 

■ショートパット3か条。

・オーバーする強さで打つ!

・真っ直ぐ打つ!(絶対カップ内)

・順回転で転がす!

 

当たり前の話だが、

ショートパットは強く打たねばならん。

正確に言うなら、

カップに届く距離よりちょっと強く打たねばならん。

 

届かないと、入らないからだ!

(ネバーアップ・ネバーイン)

 

これが、ロングパットとショートパットの決定的な違いである。

さっきも書いた通り、ショートパットは

「カップに入れるためのパット」。

だからカップに届かないのは問題外。

 

ロングパットはショートしたっていいのだが、

(むしろショートさせた方がいいケースも多々ある)

 

ショートパットはショート厳禁。

 

ダメ。ゼッタイ。

 

 

そして、ピッタリの距離感で打つのもNG!

 

ピッタリで打ったら

芝目傾斜やスパイクマークなどで

止まったり曲がったりする可能性が高いからだ。

 

短い距離でも強く打つ!

というのは簡単なようでとても難しいわけだが、

私は1.0m前後の距離は、

1.5mの強さで打つようにしている。

(下りの場合は別だけどね。笑)

 

1.0mの距離を1.5mで打てば、

どんな上りでもショートすることはないし、

仮にオーバーしたとて50cm以内である。

 

そしてこの強さで打てば、

傾斜や芝目の影響はほとんど受けない。

ショートパットが曲がるのは、

球の勢いが失くなった最後の10~30cmだからだ。

 

なので本当は1.0mの距離を

1.2~1.3mの距離感で打つことが理想なのであるが、

これはちょっとでも緩むと1.0mになってしまうのである。

(チョイオーバーで打てる人はそっちの方がいい)

 

だから私は、

約1mのショートパットは全部1.5mの強さで打つ。

 

こう決めておけば、

練習時も1.5mの距離感だけ重点的にやればいいわけで、

この距離感をつかめば、他の距離感は必要ないのだ。

80cmの距離感とか、110cmの距離感とかは必要ないのである。

 

そして、

1m以内のショートパットは真っ直ぐ打つのが基本!

どんなに曲がりそうなラインであっても・・・

 

カップを外しちゃダメ!ゼッタイ!

 

 

どんなに切れると読んでもカップ内!である。

 

もちろん、真横からのラインや、

傾斜が強い場合に想定以上に曲がってしまうこともある!

 

だけんどもしかし!

 

 

それはそれでいいのである!

カップの大きさ以上曲がってハズレたらショウガナシ!

 

それよりも・・・

 

「ほあ!曲がらんのかい!」

 

というケースの方が圧倒的に多いのだ!

 

さっきも書いたが、

ショートパットが曲がるのは

最後の10~30cmである。

1mのショートパットを1.5mの強さで打てば、

カップまではほとんど曲がらないのだ!

 

特にファーストパットが最後に切れて行くのを見てしまうと・・・

どうしても「曲がる」と思ってしまうよね。

 

しかし1mのショートパットは曲がりを読む必要なし!

カップ内真っ直ぐが絶対的基本だ!

(もちろん例外もあるから鵜呑みにしないでね)

 

そのために一番重要なのは何か?

それはパターの芯で打つことである。

コレも簡単そうで難しいぞ。

チョットでも芯を外すと真っ直ぐ転がらないのがパター。

(トゥ側に当たると右に行きやすく、ヒール側に当たると左に行きやすい)

 

芯で打つためのオススメの方法は、

「インパクトに集中する」だ。

 

え?そんだけ?と思うかもしれんが、

多くのアマチュアは

インパクト時にストロークがブレてフェースが被ったり、

頭が上がって芯からズレたりしてしまうのである。

 

「インパクトに集中する」

 

これだけで簡単に芯で打てるようになるぞ!

(ヘッドアップもしなくなる)

 

 

最後に、

ショートパットの奥義を伝えておく。

 

それは順回転で転がす!だ。

 

順回転と言うと・・・左手で擦り上げて意図的にボールに回転を加えることをイメージする方がいると思うが(私も最初はそう思っていたが)、それはちょっと違う。それだと確かに順回転は掛かるが芯を撃ち抜いてないので球足が伸びないのである。そうではなく、

 

芯を撃ち抜いた後に、

低く長く押す!イメージだ。

 

この動画が分かりやすいね。

 

 

1.5mの振り幅も10cmくらい。

 

切り返しではシャフトがたわむのを意識、

後は低く長く押しながら芯を撃ち抜いて転がすイメージ。

 

これで上手く打てるようになると・・・

 

スーッと球が伸びる上に

曲がらないのである。

 

この「曲がらない」というのがショートパットではホントに重要で。

曲がらなければ、多少の傾斜があっても真っ直ぐ狙って行けるのだ。

 

最悪なショートパットは、

大きく振り上げて・・・

ボールにヒットする瞬間に緩む打ち方。

この打ち方だとカップの前でビタッ!と止まったり、

右や左にブレること仮想通貨のごとし。

 

芯を撃ち抜いて押す!のを忘れないように。

 

というわけで、

 

1mのショートパットが上手くなりたければ、

1.5mの順回転の球

が打てるように練習するべし。

 

練習マットの上で練習するのもいいが、

それよりも本物のグリーン上の傾斜のあるところで

練習することをオススメする。

 

例えば強めのフックラインにて、

1.0mの距離にカップがあると想定しマークを刺す。

そして1.5m先にティーを刺して、

延々と順回転パットの練習をするのである。

(本当にカップがあると入ってしまって距離感がつかめないので邪魔)

 

2~3mの強さで打てばそりゃ曲がらないよね。

でも1.5mの強さで曲がらない球を打つのは結構難しいよ。

マークの位置のチョイ先までほぼ真っ直ぐ転がるようになればオッケイ。

(マークを過ぎたら曲がってもいい)

 

これが出来るようになったら、

曲がるラインでも真っ直ぐ打つイメージが出来るわけ。

 

カップに入れる練習をするのではない。

順回転で1.5m転がす練習をするのだ。

(その途中にカップがあるのだ)

 

あとロングパットも順回転で打てるようになるといいね。

これがまた難しいんだけど(笑)。

 

尚、真っ直ぐ、強めで、順回転の球を打ちたいなら、

「振り子パット」をマスターすることをオススメする。

(→パターも手打ち厳禁!振り子パットで打つべし!

 

3パット撲滅委員会はこれで終了である。

 

また忘れた頃にやるかもしれんけど(笑)。

 

スポンサードリンク

 

さて、今回はあつまるレークCCに行ってきたぜ!

 

この日も朝から氷点下で。

 

グリーンはシートが被せてあったとこ以外

カチンコチンであった。

ま、幸い天気もよく、

後半からは普通のグリーンになったけどね。

 

 

OUT47、IN40の87。

 

スタートホールから凍ったグリーンに弾かれてパーオン逃し。

2番では3Wで打ったティーショットを引っ掛けてOB。

(寒い時は体が回らずに引っ掛けになりやすいぞ!)

難しい3番ロングでもダボを叩いてズタズタのスタート。

その後盛り返したかったんだが、噛み合わずに47。

 

後半は非常に良いゴルフでね。

 

12番ショートはティーが後ろで超打ち下ろしの谷超え165ヤード。

(打ち下ろしを入れると150ヤードくらい?)

 

この時強いアゲインスト風で、キャディさん曰く。

 

「この風なら170~180ヤード打っていいです」

 

ど、どうすべ。

5番アイアンだとMAX170ヤード。

この寒さで飛距離は落ちるだろうしちょいと足りねえか。

7Wだとオーバーしそうだし・・・

というわけで最近練習している4番アイアンを選択。

これが稀に見るナイスショットでピン横2mにズドン。

いやあ、4番アイアン使えるようになって来たぞな。

バーディパットは入らなかったけどね(笑)。

 

悔やまれるのは16番ショートの3パットボギーだが、

ダボなし4ボギーの40はナイスだったね。

 

 

なんか・・・ショートホールの成績が良くなって来たなあ。

これはアイアンが良くなって来た証拠だろう。

あとはやっぱり3パットを撲滅したいね!

 

さて、パットの練習に行こうっと!

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

【80切りを目指すゴルフ】3パットを防ぐ為には、「距離感」とともに「傾斜の読み」が必要。上りか下りか?フックするのかスライスするのか?そして、その曲がり幅は?パッティング文字盤を使ってグリーンを読め!下りはオーバー!横からはカップ下狙い!上りはショートさせるべし!返しのパットが曲がるか真っ直ぐかも考慮して打つべし!

 

前回、3パット撲滅のためには、

ロングパットの距離感を磨くべし!

という話をしたが(→記事はこちら)、

 

今回はグリーンの傾斜の読み方の話をしようと思う。

 

フックするかスライスするのか?

どのくらい曲がるのか?

上りと下りでの違いは?

 

といった話である。

 

しかし、

グリーンの傾斜の読み方

ってのは人それぞれですな!

 

ほとんど読まないでビタッと寄せる人もいれば、

念入りに読んで読んで読んで・・・

アサッテの方向に行く人もいる(笑)。

 

私も以前は全て勘で打っていたので、

アサッテの方に行くことも多々あったのであるが、

 

いつまでも勘では上達しないことを思い知り、

現在は念入りに傾斜を読むようにしている。

 

■浅次郎のグリーン上ルーティン

1、全体の傾斜を観察しながらグリーンに上がる。

2、まず歩測してボールからカップまでの距離を測る。

3、カップ側から傾斜を読む(曲がり幅を計算)。

4、ラインの横から上り下りの傾斜を読む(振り幅を計算)。

5、最後にボール側から傾斜を読む(確認)。

 

という流れである。

 

 

こんな感じですな。

 

大事なのは、具体的な数字を出しながら傾斜を読むこと。

 

例えば、

歩測して12歩

カップ3個分のフックライン・・・

下り傾斜だから振り幅は6歩くらい・・・(50%読み)

下り傾斜だからさらに2個分切れるか・・・

(最終的には振り幅6歩、カップ5個のフックライン)

 

ということを計算しながら傾斜を読む。

 

アドレスに入ったら余計なことを考えず、

最終的なジャッジを信じて打つだけ。

 

で、ラインの読み方は、

 

 

高低差が基本。

 

基本的には傾斜しか読まない(読めない)。

 

もちろん芝目も読めるなら読んだ方がいい。

 

芝目って何?

 

という方はこちら。

 

でも芝目を読むのは難しいよなー。

 

特に冬芝や天気が良くない日なんかは、

順目と逆目を判断するのも難しい。

 

そして・・・曲がり幅は

芝目より高低差の方が影響大きいからね。

 

これはグリーンにまつわるトリビア。

 

なるほど、

グリーンの外周は逆目なんだ・・・知らんかった。

確かに・・・グリーンの外から転がすと、

外周でブレーキ掛かる感じあるな。

 

あとカップの中を見てみるってのもやったことなかったなあ。

 

 

でもこれ、実戦だと・・・

よっぽどジロジロ見ないと分かんないけどね。

 

さて、

 

以上のことは・・・

 

「知っとるわ!」

「俺もやっとるわ!」

 

という方も多かったと思うが、

 

この記事を見に来てもらったみんなに

是非知っておいてもらいたいことがある。それは・・・

 

パッティング文字盤だ!

 

ゴルフデータ革命より抜粋

 

フックかスライスかは分かった!

上りか下りかも分かった!

 

でも・・・

どのくらい曲がるのか全然分からない!

って方は大勢いると思う。

 

偉そうなことを言ってる私も、

 

「え?そんなに曲がるんかい!」

「全然曲がらんやないかい!」

 

ってことはしょっちゅうである(笑)。

 

そこで非常に参考になるのが、

このパッティング文字盤。

 

 

基本は12時から6時の

「フォールライン」を見つけること。

(フォールライン:ボールを転がした時に真っ直ぐ落ちるライン)

 

フォールラインが見つかったら、

自分のボールが文字盤の何時にあるかを確認。

 

右半分(0~6時)ならフックライン

左半分(6~12時)ならスライスライン

 

・・・である。

(もちろん基本的な話であり、マウンドなどがあったら変わるぞ)

 

そして、ボールの曲がり幅は、

1時、2時・・・と大きくなり、

3時で最大となる(反対側は9時ね)。

 

この図は5フィート(約1.5m)の曲がり幅を示しているんだが、2%の傾斜であれば、真横の3時からは1.5mの距離でもボール2~3個は切れるってこと。これが3mになれば4~6個分は切れるわけで・・・もし傾斜の角度が分かるのであれば、曲がり幅も厳密に計算出来るわけだ。

 

もちろん、どのくらいの傾斜の時にどのくらい曲がるか?

なんて実戦で厳密に計算出来るはずもなく、

経験と練習で培う他ない。

 

しかしパッティング文字盤を使い、

ボールの位置が「何時」なのか?を把握することで、

 

・メチャクチャ曲がるのか?

・ちょっとしか曲がらないのか?

 

なんてことが分かって来ると思う。

 

で、次に注目してもらいたいのが、

 

下りのラインが大きく曲がるのに対して、

上りのラインはあんまり切れないってこと。

 

 

もう一度パッティング文字盤を見て頂きたい。

上りと下りでは球の曲がり方が全然違うと思う。

 

下りのパットが大きく曲がったから・・・

「思ったより曲がるな~~~!」

と考えながら返しのパットでも曲がりを計算して打つのは3パットの元。

 

そもそも、

球足が遅くなってから大きく曲がるのであり、

上りのラインはあまり傾斜の影響を受けないからだ。

 

「返しは真っ直ぐ」

 

というパッティング格言があるが、

これを厳密に言うと、

「カップ近くを通った下りのパットの返しは真っ直ぐ」

ということ。

 

なぜなら下りのパットは重力に従って曲がって行くのであり、

カップ近くを通ったのであれば、

ほぼフォールライン上にボールがあるからだ。

 

※下図は分かりやすくするために多少極端にしている。

 

5~7時のゾーンの上りのラインはほぼ真っ直ぐである。

よほどの傾斜じゃない限り、

切れたとしてもボール半個~1個程度。

 

なので5~7時の間に落ちた上りの返しは・・・

決してカップを外さないこと。

 

だから下りのラインは

出来るだけカップをオーバーさせることを心がけよう。

オーバーさせれば返しはほぼ真っすぐだ。

(ショートするともう一回曲がるラインを打たなければならない)

 

一方、難しいのは横からのパットで。

 

 

横からのパットがオーバーすると

フォールラインから外れやすいのである。

当然次も曲がるラインで打たねばならない。

 

 

距離が短くても難しいパットが残る。

真横からの1mのパットとか打ちたくないよね(笑)。

 

だから、

 

真横からのラインは、弱めに打って、

最初からカップの下を狙うことをオススメする。

(具体的にはカップの下30~50cmくらいに止めるイメージ)

 

 

カップの下5~7時の間なら・・・

1mだろうが2mだろうが真っ直ぐのライン。

真横からの1mのパットとは難易度が全く違うわな。

 

もちろん、

パットに自信があるならジャストタッチで打つべし。

タップイン出来るくらい寄せるのが一番いい。

 

しかし、

そもそも真横からのラインをカップインさせるのは至難の業である。

曲がり幅と強さが完全に一致しないと入らないからだ。

距離が3m以上ともなれば尚更で・・・

こういうケースでは最初から弱気の2パット狙いもアリだと思う。

 

パットがショートすると

「アマラインじゃん!」

「届かないと入らないよ!」

と言って小馬鹿にするやつがいるが、

 

 

こんなもんは

セックスする時にコンドームを使うか使わないか?

という話と同じで(え)、

ケースバイケースなのである。

 

真横からのラインはプロラインではなく

アマラインで打つべし!

 

最後に上りの場合。

 

 

キャディさんに

「どのくらい曲がりますかね?」と聞くと、

「ほとんど曲がりません」

という答えが返ってくることって多いよね。

 

その多くは「5~7時の上りのライン」で。

実際打ってみるとやっぱりほとんど真っ直ぐのことが多い。

 

パッティング文字盤でも7時からの曲がり幅は、

ボール半個程度(1.5mの距離)である。

 

大体の目安を書いておくか。

 

1.5m・・・ボール半個

3.0m・・・ボール1個

4.5m・・・ボール1.5個

6.0m・・・ボール2個

7.5m・・・ボール2.5個

9.0m・・・ボール3個

15.0m・・・ボール5個

21.0m・・・ボール7個

 

ね。仮に10mくらいあっても

カップ一個くらいの曲がり幅なのだ。

 

つまり、5~7時の上りのパットは

 

ほとんど曲がらない!

と思っておいていい。

(もちろん傾斜角やマウンドによって変わるぞ)

 

で、この場合は多少オーバーしたとしても・・・

 

 

大きく曲がることはないし、ほとんどフォールライン上。

つまり返しは下りでもほとんど曲がらないのだ。

 

ただし、アマラインで

大オーバーした場合は一転ピンチになるぞ。

 

 

下りの曲がるラインが残ってしまう。

 

逆にショートしたらどうなる?

 

 

これは、真っ直ぐの上りラインになりますな。

 

つまり、上りのロングパットは、

 

・プロラインでオーバーさせる(2ndパットは下りの真っ直ぐ)

・アマラインでショートさせる(2ndパットは上りの真っ直ぐ)

 

このドッチかがいいね。

 

強気で行くならプロライン、

大事に行くならアマライン。

 

こういう選択肢があると、

ロングパットの打ち方が変わって来ると思う。

 

これが・・・7時~8時(4~5時)になるとどうなる?

 

 

もうちょっと切れるんですな。目安としては、

1.5m・・・ボール1個

3.0m・・・ボール2個

4.5m・・・ボール3個

6.0m・・・ボール4個

7.5m・・・ボール5個

9.0m・・・ボール6個

15.0m・・・ボール10個

21.0m・・・ボール14個

 

こうなると1.5mでも強さによっては結構曲がるね。

オーバーした時の理屈はさっきと同じだが、

更にきつくなる感じで。

 

プロラインでオーバーすると、

 

 

下りの曲がるラインが残る。

 

アマラインでオーバーすると・・・

 

 

返しはほとんど真横からのラインとなり、

激ムズなパットを打つ羽目になる。

 

ショートすると?

 

 

真っ直ぐのフォールラインに寄って行くので、

2ndパットはやっぱりイージーになるね。

 

つまり、3パットを防ぐには・・・

上りのパットショートさせた方がいいのである。

 

もちろんフォールライン上(5~7時)の上りなら

多少強気で狙っても良い。

 

しかし7~9時、3~5時の上りは、

1mオーバーするだけで激ムズのパットが残ってしまう。

 

入れに行きたいのは重々分かる!

 

しかし、3パットを防ぐためには敢えてショートさせる・・・

という考え方も必要かもしれない。

(一応言っておくが、入れなければならないショートパットは別の話よ)

 

まとめよう。

 

■3パットを防ぐ傾斜攻略法

・パッティング文字盤を思い浮かべるべし。

・下りのパットはオーバーさせるべし。

・横からのパットは30~50cm下を狙うべし。

・上りのパットはショートさせるべし。

(ただし、5~7時はほとんど曲がらないので狙ってよし)

 

これを実践したとて、3パットが無くなるわけではない。

ただ少なからず3パットは減ると思う。

 

なお、パッティング文字盤は、

他人のパットを注意深く見ることで、

よりハッキリと浮かび上がって来るぞ!

(→同伴者のパッティングを見て自分のラインを見つけろ!

 

それから、パットの強弱は状況によっても変わるけんな。

(→パターは強め?弱め?状況によって変わる!

 

参考になれば嬉しい。

 

スポンサードリンク

 

さて、

今回は、くまもと中央CCに行ってきたぜ!

前回極寒で99叩いたんで・・・

リベンジじゃい!

 

 

IN42 OUT44の86。

 

この日も寒かったんだが、極寒というわけではなく、

グリーンも前半は多少凍っていたんだが、

後半は普通のコンディション。

 

くまもと中央CCはそもそもグリーンが広く、

この日はかなりデッドな位置にピンが切られていたのはあるんだが、

それにしてもパット38はアカンぜよ。

 

3パット撲滅は至上命題だな(笑)。

 

 

じわじわと平均スコアが落ちて来たなあ。

でも1月は寒いし、仕方ないよね(笑)。

これから挽回するぜー!

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【80切りを目指すゴルフ】今まで、パターで悩んだことはほとんどないのだが、最近3パットが多いのである。パーオンして3パットボギー、ボギーオンして3パットダボ・・・これらを減らさないと上には行けぬ。というわけで、3パット撲滅シリーズ!第一回は「ロングパットの距離感を磨く」である。そのための練習法は?

 

せっかくパーオンしたのに・・・

3パットでボギー!

 

あるいは、

 

必死でボギーオンしたのに

3パットでダボ・・・

 

これは、

 

「俺んとこ・・・来ないの?」

 

って気分になりますな?

 

 

元ネタ

 

パーオン率が上がるということは、

グリーンの端っこに乗る確率も上がるわけで、

比例してロングパットを打つことも多くなるわけだが、

 

巧いヤツはそのロングパットを

確実に1m以内につけてパーを取る。

 

私みたいなヘッポコなアマチュアは

2~3m残して3パットしてしまう(笑)。

 

ちなみに、

 

PGAツアープロが、

約1mを決める確率は約95%

約2mを決める確率は約60%

 

※1フィートは約30cm。

 

え?

 

1mと2mでこんなに違うの?

 

と思ったことだろう。

 

 

そう。こんなに違うのだ。

 

もちろん我々ヘッポコアマチュアは

プロに比べてもっと数字が落ちるわけだが、

(1mを決める確率は70~90%と言われている)

 

この1mと2mの関係性はプロと一緒で。

 

1m→2mになるとガクンと入る確率が落ちるのである。

 

もちろんショートパットはとても大事だが、

それよりもまず・・・

 

ファーストパット

できるだけ近くに寄せること!

 

がとってもとってもとっても大事なのだ。

入れてから1分以内に逝かないのと同じくらい大事だよマイダーリン。

 

そのために必要なのは何よりまず

ロングパットの距離感!

極端な上り下りがない限り10m以内はそう外れることもあるまい。

大事なのは10m以上、15m以上、20m以上の距離感である。

 

 

さっきの表と同じものだが、今度は長い距離を見てみよう。30フィート(約9m)を超えると急激に1パットの確率が落ち、3パットの確率が増える。PGAプロでも15mを超えると5回に一回は3パットしちゃうんだね。

 

今まで私は、

「パターはで大事なのはショートパットっしょ!」

という考えであったため、

パッティング練習場でも

ショートパットの練習ばかりしていた。

もちろんショートパットも重要である!

 

「いかにして穴に入れるか?」

 

というスケベなことばかり考えて練習していたのである。

(モテないわけだ。笑)

 

そして思い返せば、

10m以上の距離感の練習なんぞしたことがない。

一応10m、15m、20mの基準は持っているが、

じゃあ「17mは?」と言われるとほとんど勘・・・

「25mは?」と言われるともうサッパリである。

 

で、

 

ロングパットの練習法だが、

・10歩、15歩、20歩といった距離の目印を作る。

・芯で打つことを心掛ける。

・距離感を掴むまでひたすら練習。

 

 

距離感の出し方は、ストロークの振り幅でも、インパクトの強弱でもどっちでもいい(2つを併せてもいい)。個人的にはストロークの振り幅で調節した方がいいと思うが(→振り幅で打つ方法はこちら)、勘で打つ青木タイプの人は強弱の方がいいだろう。

 

最初は、平らなラインで。

次に、上りと下りで。

 

特に距離感が狂うのは傾斜がある場合であるが、一般的に上りの場合は110~130%増し。下りの場合は30~70%で打つ感じでいいと思う(グリーンの速さや芝目や傾斜の角度によって変わる)。

 

10歩、15歩、20歩の距離感が分かって来たら、その中間もやる。つまり12.5歩、17.5歩・・・といった具合だ。あと、打つ機会は少ないが25歩や30歩もやっておく。この距離を2m以内に寄せられると大きい。

 

後は、延々と繰り返しである。

 

残念ながら、パターの距離感ばかりは、

反復練習によって掴むしかない。

 

ロングパットは経験である程度までは寄せられるが、

1~2m以内に寄せるには+努力が必要である。

 

今年はパターの練習を重点的にしたいと思う。

 

(お、遅いわ!)

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

今回は不知火カントリークラブに行ってきた。

 

距離は短いが非常に狭くてアップダウンが激しいコース。

名物の9番ショートホールは、

なんと高低差100ヤードの打ち下ろし(日本一らしい)。

 

海岸沿いのコースで風も強く・・・

コースを知っとかないと結構難しいんだよねココ。

 

 

OUT43、IN47の90。

 

この日は暖かくて美風。

言い訳出来ないコンディションだったけど、

OB3発も打っちゃった(テヘペロ)。

 

後半のINは何かを企画している友人が

私の全てのショットを撮影したので、

後日動画で公開するかもしれん。

スコア的にもショット的にもイマイチだったので恥ずかしいのだけど(笑)。

 

 

借金が増えていくなぁ(笑)

 

しかしこれは上に行くための必要経費。

 

絶対諦めないぜ!

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【80切りを目指すゴルフ】アマチュアゴルファーのスイングはインパクトの瞬間に両肘が伸び切ってることが多いのだが、それではインパクトが点になり安定しない。フックもスライスも出る。だからインパクトでは「肘ゆるインパクト」が大事。肘が伸び切るのはインパクトのはるか先!これで点が線になり、飛距離・方向性ともに伸びる。

 

今日は、

 

まず、

 

この動画を見て欲しい。

 

 

この男にならヤラれてもいいかもランキング堂々1位(浅次郎調べ)、

ジェイソン・デイのスイング動画であるが、

 

このインパクトの瞬間を見てみよう。

 

 

長い足、ぶっとい腕、体重配分、前傾角度、

ビハインド・ザ・ボールでグリップは胸の中心、

力強いのに力みがない!

 

もう惚れ惚れするようなインパクトだが、

 

私が注目したのは・・・

 

である。

 

画像はインパクト直後を捉えたものだが、

肘が緩やかに曲がったままなのが分かると思う。

 

 

右手だけじゃなく、左手も・・・である。

 

明らかにまだ伸び切ってないのだ・・・

私はこの事実を発見した時に衝撃を受けた。

 

あれれ?

 

左肘って・・・

曲げたらダメ!

って教わらなかったけ?

 

これは11月に撮った私のスイングであるが・・・

 

 

インパクトを見てみると・・・

 

 

右肘もほとんど曲がっていないわけだが、

左肘はさらにもうガチガチで・・・

ピーンと伸びてますな。

 

しかし私はずっと・・・これでいいのだと思っていたのだ。

 

これは松山英樹のインパクト。

 

 

ジェイソン・デイに比べれば左肘は真っ直ぐ目であるが、

私のようにピーンと伸びてはおらず・・・

肘の内側がハッキリと見えている。

左右の肘ともに余裕があるのが分かると思う。

 

 

これはイ・ボミのインパクト。

やっぱり左肘は真っ直ぐ目だが、ぴーんと伸びてはおらず、

体に巻き付くような感じ。

右肘はもう明らかに曲がっているのが分かると思う。

(ほとんど体にくっついている)

 

私を含め、

 

多くのアマチュアは・・・

 

・インパクトはアドレスの腕の形に戻す!

・インパクトで両肘が伸びた形になる!

 

といった勘違いをしているのだ!

 

しかしプロの画像を見れば分かる通り、

アドレスの形とインパクトの形は全然違うし、

インパクトで両肘は伸びていないのである。

 

じゃあ、どこで伸びるのか?

 

 

 

 

ここだ!

 

なんと両肘が完全に伸びてしまうのは、

 

インパクトのはるか先!

 

なのだ。つまり、

 

ゴルフのスイングは・・・

インパクトのはるか先で

両肘が伸びるように、

振らなければならない!

 

のである。

 

 

多くの男子プロ、

女子プロのスイングをチェックしたが、

 

例外はない!(私が見た限り)

 

インパクトの時は両肘に余裕があり(左右に差はあるけど)、

肘が伸びきるのはインパクト後!である。

 

これを、

 

「肘ゆるインパクト」

 

と勝手に名付ける。

 

なんか馬の名前みたいだな(笑)

 

肘ゆるインパクトが出来る様になるとどうなるか?

 

・インパクトを線で捕らえられるようになる!

・加速しながらインパクト出来る!

・方向性が抜群に良くなる!

 

といった素晴らしい効果が期待出来るのだ!

 

アマチュアの球が散らばって安定しないのは、「インパクトが点」だからであり、「インパクトを線」にすれば飛距離も方向性も抜群に良くなるわけだが、そのためには「フォローを長く出せ!」と教わって来たと思う(あるいはゴルフ雑誌にそう書いてあると思う)。

 

しかし「フォローを長く出せ」って・・・

どうやって???

 

アマチュアがフォローを長く出そうとすると・・・手打ちになったり、インサイドアウト(あるいはアウトサイドイン)になったり、体が突っ込んだりしてしまうのだ。なぜなら、インパクトの瞬間に腕が伸び切ってしまっているから。

 

伸び切った後に

さらに伸ばす事はできないよね?

 

つまり・・・

 

「インパクト後に長くフォローを出す」

 

のではなく、

 

「インパクトのはるか先で打つ!」

(インパクトの先で肘を伸ばす)

 

というイメージが正解なのだ。

 

こうすることで、ヘッドが加速しながらインパクトすることが出来るし、方向性も格段に良くなるのである。

 

ただし!

 

肘ゆるインパクトは、難しい!

 

特に・・・今まで肘を伸ばしてスイングしてきた

 

ヘッポコオヤジにとって(浅次郎含む。笑)、

 

巨熊赤カブトに単身で挑む・・・

リキの心境である。

(スイングが一度壊れてしまう)

 

 

個人的見解だが、プロのスイングとアマチュアのスイングの一番の違いだと思う(これが出来るから女子プロは飛距離が出る)。プロのフォロースルーが長いのは、インパクトでまだ肘が伸び切ってないからであり、アマチュアのフォロースルーが短いのはインパクトで肘が伸び切っているからなのだ。

 

肘ゆるインパクトが出来る様になるためには、

 

・インサイドイン

・切り返しストン

・シフトウェイト

・回転スイング

・ビハインド・ザ・ボール

 

といったことを組み合わせる必要がある上に、

緩み過ぎてもダメなのである。

 

私の最近のスコアが崩れている原因はこれであるが(言い訳)、

 

絶対に諦めないぜ!

 

一年でも二年でも掛けてでもマスターしようと思っている。

 

これが出来ねば鬼ヤンベとは戦えぬ。

そして、競技の道へ行くためにも絶対必要だと思うのだ!

 

「え?浅次郎さん、競技始めるんですか?」

 

うむ。すぐにという話ではないが、

将来的な目標の一つである。

 

なんでもそうだが・・・

目標は大きく高い方がいい!

 

さて、

 

今回は予告もしていたことだし、

 

デリタンク3号改めSWマスター3号のスイング動画を載せておこう。

(本人の希望により改名。ちなみにSWはサンドウェッジの略ではない)

 

このSWマスター3号は、典型的な中年太りのオッサンで、頭のデカさと態度のデカさとチンコのデカさはトランプ大統領並み。どこにでもいるアマチュアのヘッポコスライサー・・・だったのであるが、最近は球が捕まるようになって飛距離もグンと伸びた(この日のスコアは48・43であった。80台近し)。

 

このスイングのインパクトを見てみよう。

 

 

うん。前に比べりゃメチャクチャ良くなった!

しかしやっぱり右肘が完全に伸び切ってますなぁ。

 

 

ここでは左肘が伸びないとイケないルナ先生なんだが、

外側に折れてしまっている。

 

それじゃあルナ先生も満足しない。

 

ま、どっちもスライサー時代の名残だが、

こういうインパクトになっているアマチュアはとても多いと思うぞ。

あと・・・下半身の体重がもっと左足に乗るといいね。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

今回はあつまるレークCCに行ってきたぜ!

 

 

OUT47、IN40の87。

 

前半のダボ行進はほとんどアプローチのミスで。

距離感が合わずにショートしてズブズブ。

後半持ち直したんだが、

パーオンからの3パットがもったいなかったね。

30台出せたなあ・・・。

 

※この数字は「過去30回」のものである。

 

さて、

 

今から、

 

今年最後のラウンドに行って来るぜ!

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc