【80切りを目指すゴルフ】スイングにおける切り返しのタイミングは人それぞれであり、正解はない。ただ、人によっては間違ったタイミングで切り返してる場合があり、その場合は直した方がいいと思われる。あなたは「1.2.3!」?それとも「1.2の3!」?多くのアマチュアは切り返しのタイミングが遅すぎる?

 

あなたの切り返しのタイミングは、

 

「イチ、ニッ、サン!」

 

それとも・・・

 

「イチ、ニーの、サン!」

 

どっち?

 

 

もちろんどっちだって正解なのだが、

人には「合う」「合わない」があると同時に、

「間違ったままスイングしている」可能性がある。

 

例えば、ずっと

「イチ、ニーの、サン!」

で切り替えしてたんだけど、

実は、

「イチ、ニッ、サン!」

の方が自分に合ってた!と言うパターンである。

 

これは、

フォトショップでチョチョイと修正するだけで、

劇的に顔が変わるのと同じで(ぇ)、

 

 

切り返しのタイミングを変えるだけで

劇的にスイングが変わる!

というパターンであるぞ。

 

特に・・・ヘッポコアマチュアの多くは

「オーバースイング」「イチ、ニーの、サン!」

であることが多く、

「コンパクト」「イチ、ニッ、サン!」

にするだけで劇的にスイングが変わる人は多いんだぜ~~!

 

切り返しのタイミングを変えるのは・・・

難しそうであるが、

実はそんなに難しくない。

 

グリップやアドレスを変える方がよっぽど難しく、

何度かスイングすれば

結構簡単にアジャスト出来るのである。

 

コツは一つだけ。

「手」で切り返すのではなく、

「体」で切り返すこと。

(下半身、膝を意識してもいいかもしれない)

 

是非一度試してみて貰いたい。

 

ちなみに、

 

浅次郎は以前

「イチ、ニーの、サン!」

でスイングしていたが・・・

 

えーーーーと、

 

これは約2年前のスイングだな。懐かしい。

 

「イチ、ニーの、サン!」

トップで一つ「間」を取ってスイングしているのが分かるな。

 

しかし、今は

「イチ、ニッ、サン!」

のイメージでスイングしている。

 

これは今回のラウンドで撮影したスイング。

 

比べると・・・我ながら上達ぶりが際立つね。

 

アドレス。いいんじゃないの?

 

トップで頭が突っ込む悪癖は今もそのまま(笑)。

 

もうちょいクラブが立って降りてくるといいんだけどね。

 

インパクト。ビハインド・ザ・ボール。

 

だいぶアームローテーションが出来るようになってきた。左肘も曲がってないし、腕が伸びるようになってきたし、ちょっとずつ良くなってきたと思うんだけど、もうちょい自然と手首が返るようになりたいね。

 

首に巻き付くようにフィニッシュ。一本足で立ててるし。あとは左足首だねー。

 

良くなってきたけど、

 

色々ともうちょいやね。

 

切り返しのタイミングの件は、

是非貴方も色々と試してみて欲しい。

 

総じて切り返しのタイミングが早い方が、

球筋が安定し、強い球が打てるようになるぞ。

(最大飛距離は落ちるかもしれんが、平均飛距離は伸びる!)

 

まあ、タイミングは人それぞれだけんな。

合わないと思ったら元に戻せばよろしい。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

最近は天気が悪かったり、

めちゃくちゃ忙しかったりで、

なかなかゴルフに行けなかったのだが、

 

無理やり時間を作って、

菊池CCの午後スルーに行ってきたぜ~~~!

 

 

OUT42、IN39の81!

 

スタート1番のティーショットを左に曲げてOB。

2番のティーショットは慎重に5Wを選んだんだけど、

なんか変なとこに当って右崖OB。

(アイアンがベタッと寄ってボギーで済んだけど)

 

いや~~~面目次第もない。

 

その後、ドライバーはすぐに復活し、

ナイスショット連発。

パターがこれまたコロコロと良く入って42。

 

後半は難しい11番でミスが出て素ダボを打ったが、

14番からは5ホール連続パーオン。

しかも全てバーディトライ。

結果入ったのは1個だけだったけど、

他はすべてタップインパー。

 

特に15番は404ヤードと長いパー4。

ドライバーでフェアウェイ真ん中に270ヤード飛ばし、

8番アイアンでピン横2mズドンの完璧な内容であった。

 

ゾーンに入るとミスが無くなり、

簡単にパーが取れるようなる・・・

 

これは76で回った時もそうだったなあ・・・。

こういう状態を長く継続出来るようになりたいなあ。

 

 

とうとう平均スコアが85.6まで来た。

FWキープ率も52%まで来たし、

パーオン率も32%まで来た。

 

今年の目標(平均スコア86)はもう達成しそうだけども、

ついでだから、

平均スコア85切りを目指そうっと。

 

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

【80切りを目指すゴルフ】スコアを手っ取り早く縮めるには、ドライバーの練習よりアプローチの練習をするべし!アプローチの極意は距離感・ライ読み・リズム。距離感はまず30ヤードを会得しよう!それから実はアプローチで大事なのはスイングリズムとルーティン。素振りをしたらそのまま間をおかずにスパン!と打ってしまえ!

 

ゴルフの上級者は、

 

ドライバー・アイアンの練習はそこそこで、

 

アプローチ・パターの練習ばっかりやっているのである。

 

茜ちゃん、これは難しいわ(笑)。

 

言うまでもないが、

 

家庭平和の肝は、お金とセックスと許す心。

ゴルフのスコアの肝は、アプローチとパター。

 

パーオン2パットのゴルフはそりゃ理想であるが、

現実にはセックスレスの仮面夫婦が沢山いるのであって、

子供が独立したら熟年離婚・・・

なんてケースは今からどんどん増えていくと思う。

 

何の話かって?

 

例えグリーンをハズしたとしても、

例えカチカチのバンカーに入れてしまったとしても、

寄せワンパーを取りに行くが如く、

 

奥様にもアプローチしなさい!

 

って話である。

 

家庭が平和じゃないとゴルフにも行けないしね(笑)。

 

スポンサードリンク

 

・・・というわけで(どんなわけだ)、

 

今日は、

 

アプローチの極意。

 

について話をしようと思う。

 

寄せワンパー、

寄せワンボギー、

無難に乗せて2パットのボギー・・・

 

これが出来るようになれば、

スコアは大幅にアップするのだ!

 

極意と書いたが、アプローチを極めるには膨大な練習と、膨大な実戦での経験が必要であり、そう簡単に上手くなるもんではない。理想は、

 

「手で投げるが如く、感覚で打てる」

 

ようになることである。手でボールを投げる時に「このくらいの強さだな!」とか「このくらいの振り幅だな!」とか考える人はいない。どんな距離だろうと、どんな高低差があろうと、ある程度「勘」で投げることが出来るはずである。

 

アプローチもこういう状態で打てるようになるが理想であるが、実際問題ココまで到達するのは難しい。なぜなら、手とボールとの間には「クラブ」があるのであり、ボールは複雑な「ライ」の上に載っているのであり、人間には「欲」が発生するからである。

 

寄せたい・・・

 

寄せたい・・・

 

寄せて入れたい・・・

 

穴に入れたい!

 

その気持が、

 

浮気心を呼ぶ!

 

・・・じゃなかった(笑)、

 

ザックリを呼ぶのだ!

 

以下は管理人が考える

「アプローチの極意」である。

 

尚、今回の話はグリーン周りの短い10~20ヤードの話ではなく、

ある程度距離がある30~50ヤードのアプローチの話。

 

アプローチの基本を知りたい方はコチラを見てね。

 

参考になれば幸いだ。

 

■アプローチの極意

・距離感(キャリー&ラン)

・ライ読み

・リズム

 

大事なのはこの3つである。もちろん、ヘッドアップするな!とか、スウェー厳禁!とか、グリップは固定せよ!とか、体重移動は極力するな!とか、ボールの位置!とか、フェースの開き方とか・・・注意せねばならんことや技術的なことは山ほどある。それらは置いておいて、まず練習場でやるべきことは「距離感の軸を持つこと」である。

 

【距離感(キャリー&ラン)】

30~50ヤードのアプローチは難しい。フルショットとは違い中途半端なスイングしか出来ないわけで、スピンは掛かりにくいし、高さも出しにくいし、まさに「手で投げる」ような微妙なサジ加減が必要となる。ゴルフ勘で打てればそれが一番いいが、その域に達していないのであれば、やはり距離感の軸を持っておくべきである。

 

・キャリー30ヤード

 

まず、オススメなのが「キャリー30ヤード」の距離感(他に軸となる距離があれば30ヤードじゃなくてもいいが、30ヤードがオススメである)。使うクラブはSWかAWかPW。人によって打ち方も違うし、コックの入れ方も違うし、スイングスピードも違うから一概には言えないが、例えば、

 

・AW、左腕7時の振り幅→キャリー30ヤード

 

 

といった距離感を一つだけ作っておくのである。もちろんSWでもいいし、PWでもいい。スイング幅の基準は、左腕の位置ではなく、シャフトの位置でもいいが、実際に打つ時にシャフトが何時方向を向いてるなんて分からんから、左腕の位置で加減することをおすすめする。左腕ってのはスイング中も視界の中にあるから分かりやすいのである。アマチュアのアプローチのミスの大半は「オーバースイング→打つ時に緩む」のが原因。振り幅を決めてしっかり身体で打つようにしよう。

 

で、この「キャリー30ヤード」の練習を徹底的にする。練習場には大概30ヤードのフラッグがあると思うが、その30ヤードにキャリーするように練習を重ねるのだ。ランの計算はとりあえずしなくていい。とにかく「キャリー30ヤード」。これをキッチリ打てるようになるまで練習しよう。

 

「キャリー30ヤード」が正確に打てるようになれば後はそう難しくない。

 

同じ振り幅でAW→PWにすればキャリーが伸びるし、

同じ振り幅でAW→SWにすればキャリーは落ちる。

フェースを開けば止まりやすくなるし、

フェースを立て気味にするとランが出やすくなる。

 

ボールの位置でも変わるぞ。

 

要は、「30~50ヤード」の距離は、

同じ振り幅・同じ打ち方で、打ち分けが可能だってこと。

 

例えば、エッジまで23ヤード、ピンまで7ヤードなんてケースでは

同じ振り幅、SW、フェースを若干開く・・・打ち方は一緒。

と言った感じで対応出来るのである。

 

もちろん、同じクラブで

振り幅を変えて打ち分けしてもオッケー。

(この練習も平行してやった方がいい)

 

しかし、まずは、

軸となる距離感を持っておくのが第一である。

 

【ライ読み】

距離感とともに大事なのが「ライ読み」である。まずボールのある場所のライ。それからボールを落とす場所のライ。同じフェアウェイでも花道からのアプローチとバンカー超えのアプローチでは全く違うわけで、同じラフからでもその深さによって使うクラブを変えなければならないし、ランの距離も変わるし、落とし場所の傾斜によっても全く違うアプローチになるよね。

しかしこれは千差万別で、全てのパターンをココで記載するのはムリ。こればっかりは経験を積み、そのパターンを一つ一つインプットしていく他なし。大事なのは「考える」ということである。アプローチがなかなか上手くならない人は、どんなライでも、同じアプローチをし、同じミスを繰り返し、反省することがない。

 

ミスしてもいい。

反省して次に活かせばいいのである。

 

ポイントは「落とし所」。30~50ヤードのアプローチでは、ピンの位置や傾斜を大体において把握出来るわけだから、落とす場所を明確にイメージしておこう。そして球の高さや落ちてからの転がりまでイメージして打つといいぞ。

 

【リズム】

実は、アプローチで最も大事なのはリズムである。距離感オッケー!ライの確認オッケー!あとは素振りと同じように打つだけ・・・ってところで、

 

チラッとピンを見る・・・

目線をボールに戻す・・・

そしてアドレスを確認して・・・

もう一回ワッグル・・・

 

多くのアマチュアはこうやって打つわけだが、そうすると多くの人が素振りよりもオーバースイングになってピンをオーバーしてしまうのである。あるいは、インパクト時に緩んで大ショート。あるいは、手前に突き刺さって痛恨ザックリ。あるいは、カツン!と当ってしまって涙のドトップ。

 

これらの多くは・・・「リズムがおかしくなった」せいで起きるミスである。ある程度バックスイング出来るドライバーやアイアンのショットはリズムが取りやすいのであるが、ちょっとしかバックスイングできないアプローチは、実はリズムを取るのがヒジョーに難しく、手打ちになりやすいのである。さらには「寄せなければ・・・寄せたい・・・」という欲が発生するため、素振りよりもバックスイングが大きくなりやすいのだ。

 

「そ、そう言われれば・・・」

 

と思ったゴルフオヤジ多数だと思うが、

 

ココでおすすめなのが、

 

 

素振りをしたら、

 

 

何も考えずにさっさと打つ!

 

という黄金のラフ的思考方法である。2~3回シュッ!シュッ!と素振りをするわな?そしたらもうピンは見ずに、そのままボールの前に立ち、素振りのイメージのまま、迷わずスパン!と打ってしまうのである。

 

「シュッ!シュッ!(構えて)スパン!」

 

イチ、にぃ、の~(構えて)、さん!って感じのリズムね。アドレスに入るまでは時間を掛けてもいいけど、アドレスして素振りをしたら、素振りの残像が消えない内にさっさと打つのだ。この方法だと素振りと同じようにスイング出来るので、ダフったり、トップしたり・・・ってミスはほぼ出ない。もし、これで距離が合わなかったら距離感のミスだし、方向が違えばアライメントのミス。このリズムで打つと、致命的なミスは出ない。おすすめの方法である(一応言っておくが、ミスしない人は普通のルーティンで打っていいからね)。

 

一旦、間をおくから

素振りと違うリズム・違う振り幅になってしまうのである。

 

素振りのイメージのまま、

リズムよく打つように心がけよう。

 

アプローチのルーティンは決まっているから変えられない!って方もいると思うが、是非一度試して見て欲しい。

 

というわけで、

 

アプローチの極意は、

 

・距離感(キャリー&ラン)

・ライ読み

・リズム

 

である。距離感とライ読みは練習と経験が必要であるが、リズムの取り方はすぐにでも実践出来る方法である。まずは練習場で試してみてくれ。

 

それから、

 

奥さんへのアプローチも忘れずに(笑)。

 

 

さて、

 

今回は熊本空港カントリークラブの早朝ラウンドに行って来たぜ!

毎年バンテリンレディースが開催されてるトーナメントコースだが、

夏の早朝は格安ウッシッシ!でラウンド出来るのである。

(ロッカーなし、セルフで6,700円)

 

この日はスタートしてすぐ雷+大雨。

サイレンが鳴ったので中断し、クラブハウスに戻る。

もうダメかと思ったが30分後に回復し再開。

 

ものすごい雨だったが、さすがは熊本空港CC・・・

水はけ最高でグリーン上はほぼ雨の影響なしであった。

ラフやバンカーはヌレヌレのグチョグチョだったけどね。

 

 

OUT43、IN42の85。

 

今回も高麗グリーン。前回は剛毛激遅であったが、この日はジュニアの大会があったため、多少速めの設定だったようである。個人的にはちょうどよい速さ。打った分だけキレイに転がる感じでパット数は27は我ながらスゴイ(セカンドが乗らなかっただけとも言えるが。笑)。アプローチも非常に良くて寄せワンパーが6発。

 

反省は14番の素トリ。水たまり際のバンカーショットを2回ミスしたんだが(バンカーの多くは水たまりになっていた)、こういうミスは出来るだけ減らしていかねばならんな。締まった固いバンカーは普通にフェース開いて打つと跳ねちゃうな。しかしピン近かったからなあ・・・いずれにせよ脱出優先で打つべきだった。

 

名物18番はティーが前で、実質460ヤードくらいの短いPAR5。ドライバーがナイスショットだったため、ツーオンチャレンジ。残りはエッジまで170ヤード、ピンま190ヤードちょい。ただしグリーンの手前には池。7Wを振り抜いたのだが・・・ベントグリーンの奥にナイスオン。そっちじゃねーし(笑)。

 

まあ、空港で85なら上出来か。

 

 

アプローチは結果に直結するけんな。

練習の半分くらいアプローチで良いと思うぞ。

(自分に言い聞かせる。笑)

 

しかし、目標平均スコア(86)まであと少しのところまで来たな・・・

 

モウチョイ。頑張ろう。

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

【80切りを目指すゴルフ】男は哀しい生き物である。若くてカワイイゴルフ女子と一緒にラウンドすると、「いいところを見せよう」と知らず知らずに力が入ってしまうのだ!結果、ドライバーは曲がり、アイアンはオーバーし、アプローチはダフリ、強気のパットは入らず3パット(笑)。まあ、最高に楽しかったけど!

 

久しぶりに、

 

久しぶりに、

 

若くてカワイイゴルフ女子と一緒にラウンドしてきたのだ。

 

 

マジで、楽しかった!

(ありがとう~)

 

いつもはよ、

脂ぎったエロオヤジや

キャバ好きオヤジや

外人パブ好きオヤジや

ブッカケ好きなムサイスケベ野郎ども・・・

 

とばっかり回ってるけんなあ(笑)。

 

今回は、

よく行くゴルフ場の仲の良いキャディさん達とのコンペ。

 

一緒に回ったミッチーは、

キャピキャピ系ゴルフ女子ではなく、

趣味系ゴルフ女子でもなく、

セミアスリート系ゴルフ女子である。

 

カワイイだけじゃなく、

真っ白な生足が眩しいだけじゃなく・・・

ゴルフも上手いのだ!

(つい生足チラ見してしまう)

 

ドライバーは飛ぶし、

アイアンは真っ直ぐ飛ぶし、

ライン読みは正確だし、

なにより決断・行動がめちゃ早いのである。

(素振りしないし、ライン読みも一瞬。私の倍以上早い)

 

オ、

 

オ、

 

オジサン、いいところ見せなくっちゃ!

 

 

と思ったつもりはなかったのだが、

 

きっと私のチンコは敏感に反応してしまったのだろう(笑)。

 

ドライバーは全引っ掛け。

スプーンを持てばフック。

アイアンも左ズレ。

アプローチはダフるし、

パットは入らねーわで、

 

久しぶりに叩いちゃったよトホホ。

 

 

OUT48、IN46の94。

 

前半・・・朝イチのティーショットを左に引っ掛けた時点で悪い予感がしてたんだが・・・ティーショットがフェアウェイを捕らえたのは2番だけ。後は左曲がりのダンディーよろしく全弾左へ左へ。当然深いラフからセカンドを打つ羽目に。まあ、それでも上手くリカバーせんといかんのだが、アイアンがこれまた左に行ってしまい、グリーンを捕らえきれず。さらに、前後の距離感も合わずにショートしたりオーバーしたりの繰り返し(最近アイアンの飛距離がよく分からん・・・)。

5番のショートホールは145ヤードを8番で打ったのだが、捕まり過ぎてグリーンオーバーのOB。打ち直しを軽めに打ったら手前のバンカーへ。そこから寄らず、入らず、返しも入らずで3パット。痛恨の7点。最近この手の大叩きを良くやっちゃうわ~(涙)。

 

後半はいきなり右プッシュOBを打ってしまい、チンコ消沈・・・じゃなかった意気消沈。ティーショットをドライバーから3W中心に変えて延命してたんだが・・・ミッチーの生足を見つめながら、はたと気づく。

 

「あ、もしかしたら・・・ずっとスウェーしてたかも」

 

バックスイングでの右膝ロックを意識すると全体的にショットが復活。なるほどね・・・「いいとこ見せたい」「飛ばしたい」って気持ちがスウェーを生み、オーバースイング気味になり、そしてインサイドから下ろせずにずっと外から入ってたんだ・・・。ダフリ気味だったのもスウェーが原因だなきっと。

 

最終18番は、大きな池がグリーン手前までせり出している超難ホール。

 

ピン位置は手前。エッジから10ヤード。

 

今日イチのドライバーショット(遅えわ!)でピンまで残り125ヤード地点に付けた私は、セカンドに9番アイアンでのコントロールショットを選択。感覚的にはPWのフルショット・・・キャリー120ヤードでピッタリだったんだけど、ちょっとでも噛んだり、右に曲げたりしたら池。9番だとオーバーしちゃうかもしれんので(奥からは超下り)、スリークォーター気味で打ったわけさ。

 

 

「あ、ちょっと噛んだかも?」と思ったのだが、それもほんのチョットの話で、いい感じのストレートボールが真っ直ぐピン方向へ。隣で見ていたミッチーも「ナイスショット!」の掛け声。池を超えればナイスオン・・・と思ったのだが、無情にも途中で失速し、ギリギリのところに落ちて・・・

 

池ポチャ。

 

あと2ヤード足らんかったな(笑)。

結局4打目はグリーンオーバーして、寄らず、入らずの5オン2パット。

 

「浅次郎さん、池が手前の時は大きめに打つ・・・あるいは池を避けて左から攻めるのがマネジメントの基本でしょ!」

 

う、

 

う、

 

うるせい!

 

いいところ、見せたかったんだい!

 

 

男が見栄張らねえで

何張るんだ。

テントか?

 

byマイト竿崎

 

私はこの名言が大好きである。

 

今後も堂々と

 

テントを張って生きて行きたいと思う。

 

スポンサードリンク

 

今日の教訓。

・カワイイゴルフ女子と回るとスコアが落ちる。

・男は見栄を張るべからず。テントを張るべし。

 

ちゃんちゃん。

 

次回は挽回しないとね。

 

 

遠ざかったなー。目標。

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

 

 

 

【80切りを目指すゴルフ】ついに出た70台!今年の目標の一つである80切りを達成したぜ!しかも一気に突き抜けてベストスコア大幅更新の76!友人から「80のメンタルブロック」を指摘されていたが、これでクリア出来たかな?アマチュアに必要なのは技術面より精神面?今回得た教訓は「良いスコアを出そうとするな。良いゴルフをせよ」。

 

フォオオオオオ!

 

 

ついに出たぜ!70台!

 

いやー最近はずっと80台前半が続いてたんで、

そろそろ来るんじゃないかと思ってたが、本当に来たな。

 

いえーい!

 

(18ホール終わった後で自撮り。笑)

 

「80切り」はこのブログの目的でもあるし、

私自身が立てた2017年の最大目標でもあるからして、

 

まっこと嬉しい。

 

今回行ってきたのはくまもと中央カントリークラブ

 

現在、九州サーキット(オープンゴルフ)が行われている熊本でも指折りの名門コース。今はそんなに敷居が高くないが、以前はビジターだとなかなか回れなかったコースである。

レギュラーティからだと6427ヤード。比較的距離が長く、多数のバンカーが待ち構えており、ピン位置によっては非常に難しくなるのであるが、OBは少なく、プレッシャーの掛かるホールも少なく、個人的には大好きなコースである。

天気は曇り。風はほとんどなく、連日の雨の影響かグリーンは40代のオッパイの如き柔らかさ。ちょっとグリーンが重かったが、スコアを出すにはモッテコイの条件である(最近、早朝ラウンドばっかりなんで重いグリーンに慣れてるし)。

 

さて、スコアの方は・・・

 

 

OUT39、IN37の76!

 

我ながら、スゴイ。

 

 

そっちはスゴくないんだけど(笑)。

 

76・・・スコア的には出来過ぎと言っていいくらいだが、

「もっとイケたんじゃね?」

というのが内なる感想。

 

ラッキーショットやチップインは一度もなく、

マグレの超ロングパットが入った!なんてこともなく、

むしろやっちゃいかんミスが何度があったんだよね。

 

5連続パーで迎えた6番。

1~5番まで・・・別にドライバーが絶好調だったわけでもなく、

アイアンがキレキレだったわけでもないのだが、

普通にグリーンの真ん中に乗って2パット。

あるいはグリーン回りからのアプローチがベタッと寄って寄せワン。

 

淡々とパーが取れていたのだ。

 

6番もパーオン。そんで、

70cmくらいの上りのパーパットが残ったわけ。

 

普通ならこんなもんズドンと打って終わりなんだけど、

 

なんかこの時、

 

「あれ?これで6連続パー?北斗揃いレインボー入った??」

 

 

と思っちゃったわけよ。

 

んで、急にフワフワしちゃって、

 

インパクトが緩んでショート(笑)。

 

この辺が経験のなさというか、

 

いわゆる

 

「メンタルブロック」

 

私の場合は「80ブロック」。

 

無意識下で

「80切りがイケそうになるとブレーキを掛けてしまう」

のである。

 

もしかしたらこれを読んで、

「自分にもブロックあるかも?」

と思ったゴルフオヤジもいるかもしれんな。

 

で、前半最後の9番でまたブロック発動。

8番までボギー1つのみの1オーバーだったわけで、

ここでまた

「ここをパーで上がれば37?ボギーでも38?マジで?」

と思っちゃったわけ。

 

欲が出たんでしょうなあ・・・

ティーショットがプッシュスライスして林の中へ。

 

ボールを見つけて回りを見渡す。

 

斜め後方に出すのが最も安全なんだけど、

その場合まだ160~170ヤードくらい残りそう。

しかもそんなに広いわけではなく、

打ち過ぎると遠くなるし、ショートしたら右ラフだし・・・

 

そして斜め前を見ると、

そそられる胸チラレベルの空間が。

 

 

せ、狭い!

 

でも、谷間から目が離れない!

 

みたいな(笑)。

 

「木と木の間を抜ければ残りは120ヤードくらい・・・パーもイケるかも?」

 

後ろに打っても出るか分からんし・・・

出たとしてもかなり距離が残る・・・

じゃあちょっと無理して前を狙うか・・・

80切りのためにも最低ボギー(39と38は大違い)が欲しいし・・・

と思ってしまったのである。

 

「ウオラッ!胸チラショット!」

「カコーン!」

 

ま、そんな助平ショットが都合よく胸の谷間を抜けるはずもなく、

左の木にコーン!と当って後方のラフへ。

 

結局深いラフから残り170ヤードくらいを打つ羽目になり、

(しかもピンが林に掛かって全然狙えない)

 

これがグリーン左のガードバンカーにぐさり。

(ココでまた無理してしまった)

 

これがまた左足下がりの難しいライで4オンもならず。

 

寄せてワンパットでなんとかダボで上がったが・・・

やはり素直に後ろに出して3オンボギーを目指すべきであった。

 

反省。

 

 

結局OUTは39。

 

まあ、上出来と言えば、上出来なのだが、

6番と9番のミスがもったいなかったのである。

あ、いや、9番はしょうがないとしても

6番の3パットは絶対やってはならんミスであった。

 

そしてIN。いきなりボギー3連発。

いや、別に普通の3オン2パットのボギーなら問題ないのだが、

10番、11番は絶好の位置からセカンドを引っ掛け、

わざわざ難しいバンカーに入れるミス。

12番は80cmくらいのショートパットをハズしてボギー・・・と

前半の9番の悪い流れが断ち切れず・・・

ズルズルとボギー行進になりそうな感じだったのだ。

 

もう、ずっと頭の中で計算してるわけ(笑)。

 

「70台を出すために、後半許されるのは4オーバーまで(40まで)。もうここはボギーは打てない!絶対入れなあかん!あああ、ハズしてもーた・・・後ボギー1個しか打てんやんか・・・絶好のチャンスなのに今日もまたダメなのか・・・」

 

みたいなことをぐるぐると。

 

だけんどもしかし!

 

13番で下りの5mをねじ込んで起死回生のバーディ。

 

おおおおっしぁあ!

 

もう・・・優勝パットをねじ込んだウッズばりに吠えたね。

 

 

ほんと、ゴルフはメンタルスポーツである。

 

このバーディでチンコビンビンになった私は、

その後パーオン2パットの我ながら素晴らしいゴルフを展開。

 

そしてそのまま2オーバーで迎えた最終18番・・・

ダボでも40(80切り達成)という楽なシチュエーションであったが、

 

この時はもう「良いゴルフをするだけ!」と考えていて、

「80のメンタルブロック」はもう無かったと思う。

 

ティーショットはフェアウェイど真ん中。

セカンドはピン手前にナイスオン。

上りの真っ直ぐ5mをオラッ!と打ち切ってバーディフィニッシュ。

 

上がってみれば、

INは2バーディ3ボギーの37であった。

 

スポンサードリンク

 

今回得た教訓は、

 

良いスコアを出そうとするな、

良いゴルフを心がけよ。

さればスコアもついてくる。

 

である。

 

良いスコアを出そう!と考えるのは欲。

そして、

欲は、球を曲げ、無理を強い、パットを乱すのだ。

 

このブログをご覧になってる人の中には、

 

100切り、

90切り、

80切り、

 

を目指して頑張っている方が多くいると思うが、

スイングと一緒に

メンタルも鍛えて行って欲しいと思う。

 

胸チラに惑わされぬように(笑)。

 

 

当然だが、パーオン率、パー率共に過去最高。

 

これで今年の目標の一つである

「一回でいいから70台を出す」は見事にクリア!

 

しかし79とか78とかを飛び越えて一気に76ってスゴイね。

ちなみに今までの生涯ベストスコアが81。

一気に5打も縮まったんだけど、

突き抜ける時ってのはそんなもんかもしれんな。

 

あと、もう一つの今年の目標「平均スコア86」であるが、

この調子で80前後で回ればあるいは可能かもしれん。

 

諦めずに頑張るぜ!

 

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

【80切りを目指すゴルフ】アマチュアが間違うアイアンのトップ位置。本当のアイアンのトップの位置ってどこ?正しいトップの位置は「左手10時」。本番では2割増しスイングになる場合「左手9時」でOK。飛距離はほとんど落ちないし、ミスは激減する、方向性も安定するぞ!あなたのアイアンはオーバースイングになってない?

 

『アイアンは飛ばす為のクラブではない。

狙った距離を出すためのクラブであり、

アイアンで飛ばそうとするのは無意味である』

 

・・・と、よく言われますな。

 

もちろん、この記事を見ておるあなたも

 

「そんなことは百も承知だわ!」

 

と思っていることだろう。

 

私だって、

 

そんなことは百も承知である。

 

だけんどもしかし!

 

 

「百も承知である」と言いつつ、

 

フルスイング!

 

してしまうのが我々ヘッポコアマチュアの哀しいサガ。

 

特に、ラウンド中・・・

特に特に、池超えやバンカー超え・・・

特に特に特に、みんなが見てるショートホールのティーショットでは、

 

「届かせたい!」

「グリーンに乗せたい!」

「いいカッコしたい!」

 

という思いが、

2割増しスイングにしてしまうのだ。

 

2割増しなのはチンコの持続時間にして欲しい所だが、

残念ながら私のチンコはいつもギリギリである(何の話だ!)。

 

 

丸ちゃんのスイングを見てみよう。

 

 

こ、このイメージ動画はめっちゃ参考になるな!

 

7番アイアンのトップの位置がどこかというと・・・

 

 

ここである!

 

グリップは耳のチョイ上!

左腕の指してる方向は「10時」!

シャフトは地面と平行ではなく「2時」方向!

 

後ろから見てみよう!

 

 

左腕は真っ直ぐ!左手首も真っ直ぐ!

注目は右脇!

ほぼほぼ締まったまんまではないか!

 

藤田のトップを見てみよう。

 

 

丸ちゃんより多少トップは深いが、

シャフトの角度はほとんど一緒。

 

ボミちゃんを見てみよう。

 

 

女子プロは基本的に深いトップになることが多いんだが、

それでもこの程度。

アイアンのシャフトの角度は殆ど一緒である。

 

是非、他のプロのアイアンのトップも見て貰いたい。

特にショートアイアンなんてのは

我々が思っている以上にトップが浅いのである。

 

アイアンのトップの位置は・・・

 

 

10時でいいのである!

ここがアイアンのフルショットポジション!

 

このポジションは、

我々ヘッポコアマチュアからすると、

「スリークォーター」のポジション。

左腕が10時ってことは地面と平行(9時)よりチョイ上なのだ。

 

左腕は平行よりチョイ上!

言い換えればスリークォーターの位置!

これがフルショットのトップ!

 

 

しかし、

 

「平行よりチョイ上がフルショット」

 

だけではダメ!

 

さっきも言ったが、

我々ヘッポコは本番になると2割増しになるわけだから、

「左腕は9時」くらいの意識でオッケー。

それで勝手に10時くらいまで行くんだから(笑)。

 

是非、自分のアイアンの動画を撮って見て欲しい。

 

11時どころか12時になってる人・・・

シャフトが地面平行以上になってる人も多いはずだ。

 

 

「うげ!オレってこんなに振ってたの?」

 

という方多数だろうと思う。

 

スポンサードリンク

 

で、冒頭に戻る。

 

『アイアンは飛ばすためのクラブではない。

狙った距離を出すためのクラブである』

 

至極ごもっともである。

 

しかし、ヘッポコアマチュアは打つたびに距離が変わる。

 

何故か?

 

もう分かるよな。

 

オーバースイングになると、

 

 

まともにヒットせず、ミスが多発するからである。

 

つまり、

 

アイアンで、

大きくトップを取る必要は、

全くない!

 

大事なことだからもう一度言おう。

 

アイアンで、

大きくトップを取る必要は、

全くない!

 

のであり、

 

中途半端に「スリークォーター」でさえ振り過ぎで、

(気付かぬ内に2割増しになってしまうけんな)

 

我々ヘッポコは

「トップは9時」スイング

でオッケーなのである。

 

実際に、

このトップのイメージ(トップは9時)で

ビジネスゾーンを意識しながらコンパクトに打つとどうなるか?

(大事→ビジネスゾーン

 

今までのマン振りフルショットと、

ほとんど飛距離は変わらないのである。

落ちても5~10ヤードくらい?

 

そして、圧倒的にミスが減って、

キレイにヒットする確率が格段に増える。

 

圧倒的に、

本当に圧倒的にミスが減るので

平均飛距離は格段に伸びるのである。

 

もちろん人によっては

大幅に距離が落ちてしまうケースもあるだろう。

 

例えば今まで7番アイアンで150ヤード飛んでいた人が、

130ヤードしか飛ばなくなるかもしれない。

 

しかし、それでいいのである。

 

 

アイアンはなにより正確性が大事なのであり、

飛ばない分は番手を上げればいいだけじゃないか。

そのために沢山のアイアンがキャディバックに入っているのである。

 

私の現在の平均飛距離はこんな感じ。

4番アイアン 170~180ヤード
5番アイアン 160~170ヤード
6番アイアン 150~160ヤード
7番アイアン 140~150ヤード
8番アイアン 130~140ヤード
9番アイアン 120~130ヤード
PW 110~120ヤード
AW(52度) 100ヤード前後
SW(58度) 70ヤード前後

※練習場でのキャリーの飛距離

 

以前は練習場では打てるけれども、

本番ではミスをする!ということが多かったのだ。

(球が薄く、ショートすることが多かった)

 

しかしコンパクトに9時で打つのを心掛けるようになってから、

かなり正確に上記の飛距離が出るようになった。

 

チンコの皮が剥けた気分である。

 

これを見てるみんなも、

まずはアイアンのトップを10時(意識は9時)にして

練習してみるべし。

 

 

まとめよう。

 

・アイアンのフルショットは左腕10時。

・我々がスリークォーターと思ってる位置がフルショット!

・実際は2割増しになるから9時の意識でオッケー!

 

オーバースイングでの練習は・・・

百害あって一利なしだぜ~。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

肥後サンバレーカントリークラブに行ってきたぜ。

 

スコアの方は・・・

 

 

OUT42、IN46の88。

 

前半はOBを一発打ってしまったが・・・

ショートホールのバーディが1個あって42のナイスラウンド。

 

後半も悪くなかったんだが・・・

降り出した雨が激しくなってドロドロ馬場。グリーン重重に。

パーオンして3パットってのはストレスが溜まるわー。

 

あ、ヤード表示おかしいな。これはレディースティかな?

 

まあしかし、アイアンが良くなって、

ショートホールでパーが取れるようになったのは大きい。

 

そろそろ巻き返すぜー!

 

 

もう、今年の平均スコア86はほぼほぼムリであるが、

もう一つの目標「1回でいいから80を切る」は必ず達成してやる!

 

見てろよこんちきしょー!

 

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

【80切りを目指すゴルフ】ゴルフでは「腰から腰のビジネスゾーン(インパクトゾーン)」が大事って言うが・・・この練習をしているアマチュアはほとんどいない。皆フルスイングの練習ばかりである。なぜ、「腰から腰のビジネスゾーン」が大事なのか?大事なポイントは?腰から腰!両脇は締めたまま!身体の回転で打つ!

 

ビジネスゾーンの名前の由来は、

 

「この範囲さえ完璧ならゴルフでビジネス出来る(飯が食える)」

 

という意味から来ている。

 

 

右の腰から・・・

 

 

左の腰まで。

 

 

これがゴルフにおけるビジネスゾーンであり、

 

簡単に言えば、

 

このビジネスゾーン以外は、

どんなに変則でもオッケーなのである。

 

もちろん、

アドレスも大事だし、トップも大事だし、フォローも大事。

 

しかしビジネスゾーンさえシッカリしていれば、

きっちり分厚くインパクト出来るのであり、

強い球を真っ直ぐ打てるゴルファーは

例外なくこのビジネスゾーンのスイングがシッカリしているのだ。

 

我々アマチュアは・・・

 

練習のほとんどを「フルスイング」の練習に費やすが、

 

本当は、

 

練習のほとんどを「ビジネスゾーン」の練習に費やさねばならない。

 

では、どうやって練習したらいいのか・・・

 

最重要ポイントを3つ挙げておく。

 

・腰から腰のスイング!

・両脇は締めたまま!

・身体の回転で打つ!

 

アドレスの前傾を保て!とか・・・腕の三角形を意識しろ!とか・・・頭を動かすな!とか・・・フェースの向きはこうだ!とか・・・シャフトの位置はこうだ!とか、細かいポイントは沢山あるんだが、大事なのは上の3つである。

 

とにかく両脇を締めて、腰から腰。

そして手で打つのではなく、身体の回転で打つのだ。

小さく鋭くズバッ!と回す感じ。

 

最初はPWやショートアイアンでオッケー。

(上手く打てるようになったらロングアイアンやウッドも打ってみるといい)

 

すると、

最初はミスも出るだろうけど、

ナイスなストレートボールがたまに出るはずだ。

 

この球を毎回打てるようになるまで、

色々と微調整しつつ、

 

練習。

 

練習。

 

練習。

 

これが出来るようになると、

 

劇的に、手打ちが直るゾ!

 

そして驚きなのが飛距離。

腰から腰だと飛ばないでしょ?と思うかもしれんが、

これが意外と飛ぶのである。

 

私の場合、

腰から腰のPWで100~110ヤード位飛ぶ。

 

私のPWのフルショットは120ヤードくらい。

(最近はもうフルショットで打つことないけど)

 

つまり、腰から腰できっちり打てるようになれば、

フルショットどころか

スリークォーターショットも必要なくなるのだ。

 

(ずっと勘違いしていたが、腰から腰が本当のハーフショットだな)

(で、我々がスリークォーターと思ってるスイングが・・・実はフルショット)

 

ゴルフは、

トップの位置を上げれば上げるほどミスが出るスポーツ。

トップの位置を下げれば下げるほど確実性が増すぞ!

 

まあ、これを見てるテウチーナゴルファーは、

騙されたと思って、

ビジネスゾーンの練習を徹底してやってみてくれ。

 

きっと変わる。劇的に。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

バンテリンレディースの余韻が残る・・・

熊本空港カントリークラブに行って来たぜ!

 

熊本空港CCのキャディさんと写真撮影。

 

プロのトーナメントが行われた直後とあって、

グリーンはキレキレの鬼速。

まるでツルツルのオッパイグリーン。

 

さらに晴天が続いたのもあってかグリーン鬼固。

まるでカチカチの10代チンコグリーン。

 

直接グリーン面にボールに落ちると

 

「なつみーーーッ!!」

 

 

という声がして逝ってしまうのである。

 

じゃなかった(笑)、

 

コーンという音がして奥まで転がって行くのである。

 

なるほどプロの球は、

グリーンに落ちてもスピンが効いてるから止まるのであって、

(そう言えば、プロの球でも結構弾かれていたな)

我々のへなちょこボールが止まるわけないのである。

 

さて、スコアの方は・・・

 

 

IN45、OUT45の90。

 

まあしかし・・・グリーンにゃ乗らねー乗らねー(笑)。

これは乗ったろー!ってナイスショットも

グリーンに行ってみると奥にこぼれているのである。

 

先日のバンテリンレディースで桃子が池ポチャした18番ロング。

ドライバーがフェアウェイど真ん中に飛んで、

エッジまで残り190ヤード、ピンまで205ヤード。

(このロングは456ヤードと短い)

 

果敢に7Wを振り抜き、

ピン一直線に飛んでいったのだが・・・

 

無残にもグリーンオーバーして難しい左足下がりのラフ。

グリーンは手前の池に向かって鬼速である。

3打目はチョロって4打目も寄らず・・・2パットのボギー。

 

桃子ー!仇取れなかったぞなー!

 

しかし、やっぱキレキレのオッパイグリーンは面白いな!

3パットも沢山したが、

寄せワンが結構取れたし、

パーが7個も取れたし、

なかなか良いラウンドだったと思う。

 

反省は2発のドライバーOBとアウト6番のストリ。

 

なんだかちょっとずつ良くなってきた気がする。

 

マイレボリューションはまだか?(笑)

 

 

 

アプローチが良くなって寄せワンが取れるようになってきた。

パーオン率も大事だが、

寄せワンの確率を上げるのはもっと大事だな。

 

ちなみに、ビジネスゾーンの練習をすると、

アプローチも良くなると思う。

アプローチのミスは大概「手打ち」だけんな!

 

松山英樹がルール誤認でペナルティ パー3で「8」も

松山くんでも8打つのである。我々が打ったとしても嘆くことはない。それもゴルフである。

 

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc