【80切りを目指すゴルフ】アベレージゴルファーが苦手とするショット1位は「バンカーショット」じゃないかと思う。というわけで、アマチュアゴルファー用の簡単なバンカーショットの打ち方をおさらいしておこう。バンカーでのフェースの開き方は?距離感の出し方は?打つ時のイメージは?これが出来れば簡単にバンカーを脱出出来る!

 

「バンカーなんて嫌いだァ!」

 

というヘッポコなアマチュアゴルファーは多いと思う。

 

特に、

 

こういう状況だともうお手上げだよね。

 

 

ブッカケコースケ:「見てよカッキーこれぇ!」

浅次郎(カッキー):「ぶほっ!それはムリ!アンプレアブルした方がいいかも」

ブッカケコースケ:「いや、出ないだろうけど、打ったら後ろに転がるんじゃね?」

浅次郎:「う、埋まるかもよ???」

 

これ、画像だと分かりにくいが、

2mくらいある鬼高アゴバンカーの頂上付近なのである。

 

当然出ずに大叩き。

 

チーン。

 

これは別のシーンでのブッカケコースケのバンカーショット。

 

 

コースケにとってバンカーは2打罰のハザードである(笑)。

 

まあ、浅次郎も以前はバンカー大嫌いだったのだが、

 

今はむしろバンカー得意である。

 

何故得意かと言えば、

一定期間バンカーの練習をしたからであり、

 

何故バンカーが苦手な人が多いかと言えば、

バンカーの練習をほとんどしてない

からである(確信)。

 

そう、練習さえすれば

バンカーからの脱出はたいして難しくないのだ。

(ピンに寄せるのはまた別の話ね。笑)

 

もちろん、

 

「バンカーの打ち方を知らないから」

 

という方も多くいる。

 

バンカーの打ち方を知らずに練習するのは、

北斗神拳の修行から逃げ出したジャギがケンシロウの名を騙るようなもので、

 

 

闇雲に練習したって

決してケンシロウは倒せないのである。

 

というわけで、

基本的なバンカーの打ち方

をおさらいしておこう。

(その上で練習に行こう!)

 

コースケ君、ちゃんと見ておくように(笑)。

 

なお、この場合のバンカーショットとは、グリーン周りのガードバンカーからのエクスプロージョンショットのことを指し、フェアウェイバンカーや目玉からの打ち方じゃないけん注意してくれな。

 

■バンカーショットの簡単な打ち方ポイント。

・正しくフェースを開く。

・距離感は1/3。

・ダフらせて、振り抜く。

 

まあ、他にも、荷重位置とか、ボールの位置とか、スタンスとか、打ち方とか・・・色々とポイントはあるんだが、とりあえずヘッポコアマチュア用のポイントはこの3つ。

 

まず、バンカーショットが成功するか否かは、

アドレスが9割!

だと思っておいていい。

 

そして多くのアマチュアが勘違いしているのが、

フェースの開き方である。

 

「浅次郎さん!私、ちゃんとフェース開いてます!」

 

という方も沢山いると思うが、

 

それなのにバンカーが苦手って方の場合は、

「正しくフェースを開いていない」

可能性がヒジョーに高い。

 

ええと・・・この動画が分かりやすいかな。

 

 

そう、

グリップしてからフェースを開くのではなく、

フェースが開いた状態でグリップするのである。

 

グリップしてからフェースを開くと、自然と・・・

 

 

こんな感じのハンドファーストになってしまうのだが、

 

これじゃダメぇ!!

 

 

いや、普通のアプローチならこれでもオッケーよ?

基本直接ボールを打つわけだからね?

 

でもバンカーショットでこのアドレスはダメ!

 

このままだと・・・

 

・直接ボールに当たる(大オーバー)!

・ヘッドが抜けずに全然飛ばない(もう一回バンカー)!

 

ということになりがち。

 

もちろん偶然上手く行くこともあるよ。

でも上手く行かないことの方が圧倒的に多いのは間違いない。

高さも出ないしコントロールも全然出来ないからね。

 

バンカーでこういうアドレスになってるアマチュアがどんだけ多いか・・・。

 

じゃあ、具体的にどうやったらいいのか?

 

ってのはこの動画が分かりやすいね。

 

 

もちろん、バンカーではヘッドを地面にソール出来ないからね。

実際のラウンドではこの手順でアドレスは出来ないわけだが・・・

練習場でなら全然オッケーだからね。

 

是非この流れに沿って

バンカーでのフェースの開き方をマスターしよう。

 

慣れてくるとね。わざわざこの手順を踏まずとも、

サッとフェースを開けるようになるよ。

 

 

正しくフェースを開くとこんな感じのアドレスになる。

 

さっきのアドレスと比べてみて欲しいのだが、

 

 

正しいバンカーショットのアドレスは、

 

「ハンドスクエア(あるいはハンドレイト)」

 

で、フェースが開いている状態でなければならない。

 

真上から見るともっと分かりやすいかな?

 

これは、私の部屋で、今撮った画像だが・・・

 

これがバンカーでNGなフェースの開き方。

 

これがバンカーで正解のフェースの開き方。

 

ね、全然違うっしょ?

 

やってみると分かるが、この開き方だとバンスが立って

リーディングエッジが浮くのである。

 

この状態じゃないと、バンスは上手く使えないのだ!

 

あとは、

 

・膝を若干落とす(重心を落とす)

・左足に多く体重を掛ける

・ボール位置は左足寄り

 

ってところに注意すればよく(個人差があるので程度は一概に言えないが)、

 

このアドレスが出来れば・・・

バンカーショットは成功したも同然!

 

次回ラウンドする時にね。

同伴者のバンカーショットを注目して見てみて欲しい。

 

上手い人と下手な人の差はアドレスを見れば一目瞭然だぞ。

(下手な人はハンドファーストになってしまってる人がとても多い)

(雨で固く締まったバンカーや目玉の時はまた別)

 

あ、あとスタンスの向きだが・・・

オープン目でもスクエア目でもどっちでもいいと思うぞ。

 

フェースが開ける人はオープンでいいし、

あまり開かない人はスクエア気味でいいし・・・

スイングによっても変わるんでね。

これは練習で確認した方がいいと思う。

 

ちなみに私はちょっとだけオープン派。

 

スポンサードリンク

 

次に、バンカーショットで大事なのが

 

距離感

 

「バンカーから出したい!」

 

という一心で、

 

オーバー気味にバックスイングするアマチュアはとても多い。

 

あるいは、

 

「どんだけ飛ぶかサッパリ分からん!」

 

というアマチュアも多いだろう。

(だからビビって緩むんだが、緩むとまず出ない)

 

そういう方に簡単な距離の測り方を教えておこう。

 

「バンカーショットの距離感は1/3!」

 

例えば、SWのフルショットが75ヤードの人は、

75÷3=25

つまりバンカーショットのフルショットが25ヤードってこと。

 

例えば、SWのハーフショットが50ヤードって人は、

50÷3=16~17

つまり、バンカーショットのハーフショットは16~17ヤードってこと。

 

これは大体の目安であるが、

(フェースの開き方、砂の取り方、スピン量、スイングスピードなどで変わる)

 

これを知っておくだけで、

自信を持って振り幅を決められるだろ?

 

まあ、バンカーの距離感なんて大体でオッケイなんだけどね。

普通のグリーン周りのアプローチみたいに、

1~2ヤード単位で打ち分けるなんて無理だし。

 

しかしアマチュアの多くが陥ってしまうのが、

距離感が分からずビビってインパクトで緩むパターン。

バンカーでインパクトが緩んだら絶対ダメだからね。

 

 

あと、個人的には、フルショットで打つのはヤメた方がいいと思う(距離を出したいのならAWやPWを使えばいい)。なぜなら、フルショットにはミスが付き物。フルショットでホームランが出たら大惨事だしね。

 

我らはヘッポコなアマチュア。

バンカーは脱出が最優先である。

 

スポンサードリンク

 

そして、

 

バンカーショットで最もシンプルな打ち方がこれ。

 

「ダフッて、振り抜くこと」である。

 

リーディングエッジを砂に突き刺すのではなく、

バンスを砂に落とすイメージ。

 

打ち急ぐ必要は全く無い。

むしろゆ~~ったりでOK。

 

私の場合、

ボールの下にティーが埋まってるとイメージしてね。

そのティーを打ち抜く感じで打つようにしている。

 

ボールの5cm手前を打て!

 

とか言われても難しいと思うのよ。

しかも打って終わりになりがちなんだよこれ。

「5cm手前を打つ!」のが目的になっちゃうからね。

 

しかし、

ボールの下のティーを撃ち抜くイメージだと狙いが明確。

必ずダフる感じになるし、フォロースルーも取れるのである。

 

そう、バンカーショットで大事なのはフォロースルー。

振り抜くことが大事なのだ!

 

振り抜かないと砂は爆発しないし、球は上がらないのである。

(その際、フェースは返さないように注意)

 

フルショットなら最後まで。

9時まで上げたら3時まででいい。

 

スイングはゆったりでも、

必ず振り抜くようにしよう。

 

最後に。

 

バンカーショットで一番大事なことは、

 

ケンシロウの名を騙ることではなく、

 

 

バンカーショットの練習をすることである。

 

バンカーショットが上手くなる為には、

何度も何度もバンカーから打ってみるしかないのである。

 

以上、今回は「バンカーショットの基本」の話をしたが、

これを元にバンカーの練習に励んでくれたら嬉しい。

 

ちなみに、練習場にバンカーがない場合は、

ボールを1~2cmティーアップしてね。

ボールじゃなく、ティーをSWで打つ!

という練習が効果的だぜ!

 

バンカーから上手く打てるようになれば、

ダボピンチが一転パーチャンスになったりするからね。

1ラウンドに付き2~3打は簡単に縮まると思うぞ!

 

いつか、

 

バンカーショット上級編をやろうと思う。

 

(上級者になってから言えや!)

 

スポンサードリンク

 

さて、今回は2日連続でゴルフに行って来たので、

まとめてスコアを公開しておく。

 

OUT44、IN46の90。

 

この日の阿蘇大津GCは、

グリーン鬼速グリーン鬼固で。

 

直接グリーンに落ちたら

コーンと跳ねてグリーン奥までこぼれるハード設定。

(凍ってんのか!と思うくらい)

 

だから花道狙いに徹してたんだが、

 

グリーンに乗らないからチャンスもなく・・・

寄せワンのパーを取るのが精一杯。

 

鬼ヤンベが78で「上出来だった」って言ってたからね。

スコアはイマイチだったが、内容は悪くなかったんだと思う。

最後のトリトリがハラニエだったけど(笑)。

 

喜代ちゃん、遠くから有難うございましたー!

 

翌日はグラチャン。

 

OUT44、IN43の87。

 

このコース・・・

平日はいつも厳しい位置にピンが切られるんだが、

この日も「1番奥」or「バンカーの真上」ってピン位置ばっかり。

(しかも打ち上げのホールが多くマジで難しい)

 

こうなるとね。

 

「バンカーに入るのを覚悟でピンを狙うか?」

「バンカーを徹底して避けるか?」

 

の2択になるわけだけど、

バンカーの苦手意識がないとピンを狙って行けるわけでね。

 

で、バンカー上等!の私は

今回都合7回バンカーに入れたわけだが(アイアンが下手なだけだが)、

 

この内の4発はグリーン周りのガードバンカーで。

そのうち・・・ビタッと1m以内に寄せてバンイチパーが2発。

 

こういうのが増えてくるといいなあ。

 

 

うへえ。借金だらけやー。

(平均スコア84を目指しているのに現在の平均スコア88)

 

借金を返すには・・・

80台前半とか70台を連発するしかない!

 

現状難しいけどね。

 

決して諦めないぜ!

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【80切りを目指すゴルフ】OBに悩むアマチュアゴルファーは多いと思う。スライスOB、どフックOB、あるいはプッシュアウト、引っ掛け・・・打ってはならぬ方に曲がって行くOBは、アマチュアゴルフの天敵である。さて、アマチュアがOBを打たぬ為に必要な一番大事なポイントってナニ?それは「アドレスの前傾角度をキープ」すること。

 

私のOB率は、

 

4.8%。

 

 

約20ホールに1回・・・つまり、

 

1ラウンドに1回の割合でOBが出る計算。

 

まあね。

プロだってたまにOB打つし、

鬼ヤンベだってたまーにOB打つし、

ナイスショットがOBになることもあるさ。

 

だけんどもしかし。

 

 

出したらダメな時にナニを出したらダメなのと同じで(ナニが)、

絶対打ってはならぬOBは、

絶対打ってはならぬし、

注意することで防げるOBは、

ちゃんと防がないといけないのである。

 

例えば、

・220ヤード先にOBゾーン

・右側はずっと崖OB

・砲台グリーンで、奥は即OB

 

こういう時は「クラブ選択」や「考え方」でOBを防げるのであり、

徹底してOBを避けるのはゴルフマネジメントの基本である。

 

まあ、OBを怖がり過ぎるのも問題だけどね。

(ビビり過ぎて逆球が出てしまう)

 

で、今日はマネジメントの話ではなく、

 

技術面での話である。

 

「OB球を出さない方法は?」

 

って話。OB球ってのは鬼スライス、鬼フック、プッシュアウト、引っ掛けなどの・・・極端な球のこと。もちろん、球筋・飛距離は人それぞれだし、曲がりやすい人もいれば、あんまり曲がらない人もいるだろう(私は曲がりやすい人だ。笑)。あんまり曲がらない人はこの記事を読む必要ないんだが、そもそもあんまり曲がらない人はこのブログを読んでいないよねー・・・と推察しつつ筆を進める。

 

「OB球を出さない方法は?」

 

もちろん、

こんなもんは沢山の答えがあるし、

その答えも人によりけりであるが、

 

一番重要なポイントを

一つだけ教えて!

 

と聞かれれば、

 

・前傾姿勢を最後までキープせよ!

 

と私は答えるだろう。

(最後までってのはフォローまでの意味。フィニッシュでは自然と起き上がる)

 

「はぁ?そんな当たり前のこと?」

 

って思ったそこのアナタにあたたたたーーーっ!!

 

 

よろしいか?

 

「前傾角度のキープ」は

ゴルフの奥義である。

 

これが出来ているアマチュアは、

本当に、本当に少ないぞ!

 

多くのアマチュアがスイングの途中で前傾姿勢を崩し、

突っ込んだり、伸び上がったり、

身体が開いたり、閉じたりしているのだ。

 

ティーアップしているドライバーでダフってしまう!

テンプラしてしまう!

あるいはトップしてしまう!

こういう方は結構いると思うが、

これらのミスの原因は、十中八九「前傾角度の崩れ」である。

 

また「前傾角度の崩れ」は、

上下動とともに「身体の開き」や「回転不足」を生み、

大スライスや大フックをも生み出すのである。

 

良いことは一つもない。

 

しかし、

前傾角度を最後までキープ出来ればどうなるか?

 

・芯でヒットする確率が格段に上がる!

・左右のミスが極端に減る!

・多少曲がっても許容範囲内!

 

と良いことずくめなのだ!

 

しかしこの「前傾を最後までキープする」ってのは、

我々が考えてるより遥かに難しい。

 

前傾をキープするのはとてもキツい。

しかし人間の筋肉はラクをしようとするので、

油断すると前傾はすぐに崩れるのだ。

 

「前傾が出来ているか」は、ドライバーの打球痕を見ると一目瞭然。

 

 

このように上下左右にブレている場合は、

前傾も崩れていると見ていい。

 

安定したゴルフをしたいなら、

「前傾は最後まで絶対キープ」

これを意識してスイングするべし。

 

実は、

 

「頭を動かすな」より

 

コッチが大事だと思うな・・・・。

 

さて、

 

この動画は、

今回の浅次郎のドライバーショット(後方から)である。

 

アドレスを大幅に変えたのだが、

お分かりになるだろうか?

 

 

(分かるかボケェェェぇ!)

 

という心の声がジョージア微糖の空き缶に乗って聞こえてくるが、

 

まあ、分かるわけないわな!

 

(じゃあ聞くなぁぁぁあ!)

 

今回のアドレスはこう。

 

 

ちょっと逆光で見にくいが、

わかりやすく変わったところに線を入れ、

以前のアドレスと比べてみよう。

 

今回

 

前回

 

膝の角度が浅くなったことによって、

より前傾姿勢が美しくなり、

ベルトのラインとシャフトがほぼ一直線上に。

そして左腕もほぼ真下。

 

これが・・・

 

ほぼほぼ「私の理想のアドレス」。

 

 

 

松山くんと較べる意味はないかもしれんが、

とても良くなったと思う。

出来れば、もうちょっとだけハンドダウンかな。

 

あとは、この記事でも書いた通り、

「前傾角度を最後までキープ」である。

 

以前のアドレスより前傾が若干深くなったため、

今まで以上に態勢を維持するのがツライ。

(油断すると身体が起きてしまう)

 

しかし懐が深くなった分、

今までより身体の近くを通せるようになり、

安定感も増してきたように思う。

 

自分に言い聞かせるためにももう一回言っておくか!

 

「前傾角度は最後まで絶対キープ」

 

皆も忘れないように。

 

スポンサードリンク

 

さて、今回はグランドチャンピオンGCへ。

誕生日月の特別料金で、なんと4,900円。

(ご飯はバイキングで別途1,000円)

 

このレベルのゴルフ場がこの料金でプレイ出来るなんて・・・

(アベレージゴルファーにとって最高レベルのゴルフ場だと思う)

 

あちし、幸せ。

 

 

さて、スコアの方は・・・?

 

 

OUT40、IN43の83!

 

平日のグラチャンは最奥とかバンカーの真上とか・・・プロのトーナメントかい!と突っ込みたくなるようなピン位置であることが多いんだけれども、この日は比較的真ん中が多く、さらにグリーンは柔らかく、イージーカムイージーゴー。

 

前半はヒョイヒョイとピンに寄り、

ショートホールで5mと2mを沈めてバーディ2個。

 

いえーい。

 

ボギボギボギでの上がりはちょっとアカンかったが、

ドライバーの調子はいいし、アイアンは切れてるし、

 

「今日は70台出るわ!」

 

と今日もまた心の中で思ったのである(笑)。

 

しかしそうは問屋がオロナミンZ。

 

落とし穴はハンデキャップ16の簡単な11番。この日はティーが前で距離は490ヤードくらいの短いロング。ティーショットさえフェアウェイに置いておけばなんてことないホールである。

 

私はこの日調子の良かったドライバーではなく、

3Wでのティーショットを選択。

ドライバーだと正面突き抜ける可能性があったからだ。

 

しかし・・・結果は、

最悪の右プッシュスライスOB。

 

あう・・・こんなことならドライバー打ちゃ良かった。

 

と思わんでもないが、

3Wを握った選択は間違っていない。

 

間違っていたのは、スイング。

おそらく前傾角度がブレ、

手打ちになったんだと思う(笑)。

 

反省。

 

 

いつの間にやら「平均スコア87.1」まで来ているな。

今年の目標「平均スコア86」は、途中で諦めかけていたが、

クリアが現実のものとなってきたぜ~。

 

とりあえず、今のアドレスを固めねば!

 

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

 

【80切りを目指すゴルフ】絶好のライからトップやダフリのミスが多い、薄い当たりが多く飛距離が一定しない・・・という方はアイアンで「低いドロー」を打つ練習をすべし!ティーアップして、スイング幅は腰から腰(肩から肩でもOK)。インサイドインを意識し、脇を締めたまま身体を回転。低く長くクラブヘッドを出す練習が効果的。

 

絶好のライからゴロゴロトップした私に、

 

「おまえ、練習場と本番で全然スイングが違うな!」

 

と鬼ヤンベが言ったのである。

 

「ぐへえ・・・」(何も言い返せねえ)

 

ボールのライが違うとか、

傾斜があるからとか、そういう問題ではない。

 

 

もちろん技術的な問題もあるんだが、

 

おそらくは、

「ミスしたくない」

というメンタルの問題である。

 

絶好のライからトップしたりダフったり、

ティーアップした時でさえ・・・いやティーアップした時ほど、

ミスが出るのである。

 

 

泣き出しそう…イ・ボミ「どうしたらいいか、分からない」

 

「1Wはアッパーブローで打つから気持ち悪いことはない。アイアンはダウンブローに打てなくて、打ちたくてもミスショットをしてしまう。ちょっとだけのミスでも、それがすごく大きく感じる。18ホールが長く感じます…」

 

分かる!分かるぞボミちゃん!

(私のミスはちょっとのミスじゃないけど!)

 

ドライバーは例えOBを打ったとしても、

特段気持ち悪いことないのである。

ミスの原因がハッキリしているからだ。

 

しかしアイアンのミスはとても気持ち悪い。

 

そしてミスは続く。

 

次のホールも。

 

次のホールも。

 

そのまた次のホールも。

 

私の場合、むしろ「深いラフ」とか

「つま先上がりのライ」とか

難易度の高いライの時ほどナイスショットが出る。

(干からび王ほどではないが。笑)

 

多分、難しいライの時は

 

「ミスって当然」

「どうせグリーンにゃ乗らねえし」

「ハーフショットでいいや」

 

という気持ちになるから、

気楽に打てるんだろうね(笑)。

 

で、続けて鬼ヤンベにこう言われたのである。

 

「ハーフショットで低いドローを打つ練習しよったやん」

 

ああ、あれか・・・!

 

 

あと、これね。

 

 

スイング幅は「肩から肩」あるいは「腰から腰」。

左右の脇を締めてインサイドイン。

身体を使って低い球を打つイメージ。

 

そうするとキレイなドローが掛かって飛んでいくのである。

(アイアンは低い球のイメージでもちゃんと上がる)

 

わ、わ、忘れてた!

 

最近は、切り返しの「腰の動き」や

ダウンスイングでの「タメ」や

フォローの「左脇」に心を奪われていて、

 

忘れていたぞな!

 

ほんとゴルフは

「何かを得ようとする」「何かを忘れる」

スポーツであるな。

 

で、再度「低いドロー」を打つイメージで練習を開始。

 

するとビシバシ当たるではないか!

 

ま・・・

 

本番になったらまた当たらなくなるんだろうけど(笑)。

 

ゴルフはこの繰り返しやね。

 

ま、「トップ」「ダフリ」など縦のミスで悩んでいる方は、

是非「低いドロー」を打つイメージで

練習することをおすすめする。

 

低い球を打つイメージでも十分球は上がるし、

(球はロフトが上げてくれる)

 

キッチリ捕まるので、

肩から肩のスイングでも十分飛距離も出るぞ!

 

練習あるのみだな。

 

スポンサードリンク

 

さて、今回は、

 

グランドチャンピオンゴルフクラブに行ってきたぜ!

 

熊本地震の激震地「南阿蘇の西原村」にある山岳コースである。

しかしコースはあまり被害がなかったらしく、

震災後もきれいな状態を保っている。

グリーン鬼速のコースだ。

 

このコース・・・

平日に行くとピン位置が最奥か最手前のどっちかなんだよね~。

せめてもうちょっと真ん中寄りに切ってくれよ~~~。

 

さて、スコアは、

 

 

IN50、OUT44の94。

 

もんげー。

 

前半は20パット、OB1発、ダボ6つ・・・というヒドイ内容。

グラチャンはいっつも鬼速グリーンなんだけど、

この日は重くて重くて・・・

下りが転がらずに止まると1mでも厳しいわー。

 

後半は持ち直したけど、

ドライバーが良くてもアイアンが悪くてスダボ・・・

ってのが悪パターンなんだよね。

 

こんな調子じゃ平均スコア86なんぞ夢のまた夢である。

 

だけんどもしかし。

 

ゴルフの道は険しいから楽しい。

 

倦まず弛まず、精進していく。

 

 

次は、つい先日バンテリンレディースが開催された

「熊本空港カントリークラブ」

でプレイする予定。

 

練習しとかんと大叩きするぞ・・・(笑)。

 

【80切りを目指すゴルフ】グリップをストロンググリップに変えてみたら・・・ヒッカケ地獄!グリップを直すのはスイングを直すより難しい!ヒッカケ癖を改善する方法は?インサイドアウト?インサイドイン?グリップを変えたらスイングも変える必要がある?右手は使っちゃダメ?元のグリップに戻した方がいいの?

 

もっと早く、

 

グリップを矯正しておけば良かった・・・

 

と思う今日このごろ。

 

グリップ直すのはスイング直すより難しいわ。

 

 

これは今回の浅次郎のドライバーショット。

 

私のグリップは、

 

左手スクエア、右手ストロングなのだが、

 

%e5%b7%a6%e6%89%8b%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%80%81%e5%8f%b3%e6%89%8b%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%973

 

これを

 

左手ストロングに変えようとしたのだ。

 

%e6%ad%a3%e3%81%97%e3%81%84%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%972

左手のシワも右肩を向くように・・・これで一般的なストロンググリップの完成。

 

すると・・・

 

どうなったかというと・・・

 

ヒッカケ地獄!

 

jigoku3

 

に陥ったのだ!

 

ゴルフにはいろんな地獄があるが、

 

ヒッカケ地獄シャンク地獄と同じくらい関わりたくない地獄である。

(他に、ダフリ地獄、砂地獄、プッシュ地獄などがある。笑)

 

なぜなら、

捕まったヒッカケは即OB・即林の上に、

ウッドでもアイアンでも容赦なく出るからだ。

さらに・・・左を怖がれば怖がるほどヒッカケは酷くなる。

 

今回の引っ掛けの原因は簡単である。

 

左手グリップがストロングになったため、

今までよりフェースが被ってしまった!

 

わけだ。つまり、左手ストロングで今までと同じスイングをすれば、自動的に今までよりフェースが返った状態でインパクトしてしまい・・・捕まったヒッカケ球が出てしまうのである。

 

グリップを変えたら、

スイングも変えなければならない。

 

どうすればいいかというと、

 

・右肘を畳みインサイドからヘッドを入れてインサイドに振り抜く。

・左を怖がらずに体を回転させる。

 

ヒッカケが酷くなると、「インサイドアウト」で振りたくなってしまう人が多いと思う。ボールが左に行くんだから、右に出せばいいんじゃね?って考えだ。しかしこれは逆効果であることが多い。人によっては上手く行くかもしれんが・・・大概はプッシュ球になったり、ダックフック気味になったり、ヒッカケがもっと酷くなったりするのだ。

 

そうではない。ヒッカケを改善にするには「インサイドイン」が正解である。左を怖がらず、体の回転とともに振り抜くことが大事。ヒッカケの原因の多くは「身体の回転より手が先行してしまう」あるいは「身体の回転が止まってしまう」のが原因である(。つまり、

 

・ゆっくりクラブを降ろす(振り遅れるイメージ)。

・身体の回転を意識する。

 

ことで解決することが多いのだ。この際、意識的に手首を返す必要はない。頭が残って身体が回れば、ヘッドは勝手に返るのだ。

 

しかし、口で言うのは簡単だが、実際やるのは難しい。

 

ハマれば凄まじいドローボールがぶっ飛んでいくのであるが・・・

ミスの方が圧倒的に多いのだ。

 

というわけで、試行錯誤の末、

グリップは元の「左手スクエア、右手ストロング」に戻すことに(笑)。

 

%e5%b7%a6%e6%89%8b%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%80%81%e5%8f%b3%e6%89%8b%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%973

 

左手グリップはちょっとずつちょっとずつ変えて行くことにする(笑)。

 

いきなりはマジ難しいわ。

 

・・・

 

さて、今回は熊本のグランドチャンピオンGCへ。

 

曇り、微風。暑くも寒くもない絶好のゴルフコンディション。ただ、この日はピン位置が全てのホールで大奥。ゴルフはピン位置で大きく変わるよな~。特に手前と大奥では大違いやわ。

 

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3gc20161118%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%82%a2

 

スコアはIN44、OUT45の89・・・。

 

ティーショットはまあまあだったのだが、アイアンに切れがなくミスも多かった。IN11番のトリプルボギーはセカンドを林に打ち込んでアンプレアブルから乗らず寄らずの3パット。OUT4番のダブルパーは絶好の位置から2打目をトップさせて痛恨OB。グリーンの真ん中に乗ってもピンまで10m以上・・・ってことも多く、なかなかスコアを伸ばすことが出来なかった。

 

しかし、ピン位置が奥の場合・・・

ピンを直接狙ったらアカン。

 

例えば、グリーンエッジまでの距離が100ヤード。

ピンが大奥で+30ヤード。

ピンまで合計130ヤードの距離が残ったとする。

 

多くのアマチュアは

 

「130ヤードか!なら9Iでピッタリやな!」

 

という感じでクラブ選択をしてしまう(私もそうやって計算してしまう。笑)。しかしそのピッタリ!の多くは「キャリー」の距離であり、仮にその距離をきっちり打てたとしても・・・我々アマチュアはスピンが掛からずにオーバーしてしまうことが多いわけだ。ラフからのショットや下り傾斜からのショットなら尚更である。

 

そんな時にグリーン奥で待ち構えているのは・・・

 

最悪の下り傾斜バンカーである。

 

%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e5%a5%a5%e3%81%ae%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%81%af%e6%9c%80%e6%82%aa

(セカンド地点からは見えないグリーン奥のバンカー)

 

もしくは、すぐ崖のOBゾーン

 

私の今回の4番のOBも「グリーン奥はすぐOB」のパターンであった。

 

%e7%86%8a%e6%9c%ac%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b34%e7%95%aa%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%ab

(第2打は小さめのクラブでって書いてあるがなー!)

 

これはゴルフマネジメント話になるが、

 

■ピンが奥の場合・・・

・グリーン奥のOBやバンカーを必ず確認する。

・リスクがある場合はグリーンセンター狙い。

・リスクがない場合は突っ込んで良し。

 

皆、残り距離ばかりを考え、グリーン周りのリスクなどほとんど考えていない。また、グリーン手前のバンカーは気にするが、横や奥のバンカーはほとんど気にしない。これは出来る限り避けなければならんリスクであるからして、ティーショットを打つ前に必ず確認しておきたいところである。

 

つまり・・・

 

グリーン奥にOBやバンカーがある場合・・・

奥のピンまで130ヤードなら120ヤード打つ感覚でOKである。

例え多少ブレたとしても・・・グリーン上にトラップはないけんな!

 

さてと。

 

%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%82%a2%e5%88%86%e6%9e%9020161118

 

最近大叩きでスコアを崩すパターンが多い。

OBなし、ダボなしゴルフが出来るようになりたいもんである。

 

今年中の80切りは難しいか・・・(笑)

 

 

スイングを変えずに上手くなる?甘ゴルファーが10日間で学ぶゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

【グランドチャンピオンゴルフクラブ】2016年6月18日、晴れ、微風。熊本西原村にあるグランドチャンピオンGCに行って来たぜ!何とこの日はパーオン9回、ワンピン以内のバーディチャンス5回!アマチュアがパーオンするために必要なのは「だいたいドライバー」と「キレキレアイアン!」アイアンを曲げずに真っ直ぐ飛ばす簡単なおまじないは?

 

久しぶりにグラチャンに行ってきたのだが、

(熊本地震の影響はほとんどなかったようである)

 

な、な、な、なんと!

 

パーオン9回だったのである!

 

はーっっはっはっは2!

 

いや、マジっすよベジータさん。

 

確かにこの日のグラチャンはフロントティー。

トータル6101ヤードと短かったのであるが、

熊本でも有数の難関ハイレベル山岳コース。

 

この日はドライバーの調子がよく、

アイアンがキレにキレ・・・

打つ球打つ球ビシィッッ!とグリーンを捉えたのである。

 

はーっっはっはっは2!

 

いや、マジだって!ベジータさん!

 

さらに!

 

グリーンの端っこにちょんと乗ったわけではなく、

ワンピン以内のバーディチャンスが5回

ほどあったのである!

 

な、なんだと?

 

はっはっは!さすがのベジータもこれには驚いたようだな!

 

ま、その絶好チャンス、全部外したけど(笑)。

 

結果、

 

パー7個にバーディ1個。

(ロングパットが一個まぐれで入った)

(3パットボギーが1回。寄せワンのパーはなし)

 

さて、先週98を打った時はパーオン2回だったが・・・

私の何が変わったのであろうか?

 

スイングはほとんど変えていない。

 

意識したのは、

ドライバーで1点、

アイアンで1点のみである。

 

順番に見ていこう。

 

グランドチャンピオンゴルフクラブ20160618スコア

 

スコアはIN43、OUT41の84であった。

ご覧の通り、パットは全然入っていない(笑)。

いや、パット良かったんだけどね。

なんかボール一個ハズレて入らない感じがずっと続いたのだ。

 

勿体無かったのは終盤の連続3パット。

ハーフ30台出るか?

というプレッシャーの中、ファーストパットで果敢に狙いに行ったのだが・・・結局オーバーして返しも外して・・・というパターンでスコアを崩してしまった。特に8番は3mほどのバーディチャンスだっただけに・・・チキショー・・・30台出したかったなあ。

 

しかし、後半は19パットで41なので(ショットは22)、

いかにショットが良かったのかが分かると思う。

 

この日の浅次郎スイング。OUT4番。

 

 

 

アドレス・・・なかなかいいな!

カート道の先の木を狙っているのだが、アライメントもなかなか良さそう。

浅次郎20160618アドレス1

 

バックスイング。もう少し外目に大きく上げたいのだが(右肘を伸ばす感じで)、癖がついてしまって治すのが難しい。

浅次郎20160618バックスイング

 

トップ。うん、いいんじゃね?

浅次郎20160618トップ

 

ダウンスイング!ここで気をつけている点が下半身である!切り返しから下半身が止まってしまうと手打ちになってボールにパワーが伝わらない!手打ちになると右に出たりスライスになったりコネてチーピンが出たりして目標方向にボールが飛んでいかない・・・ので。思い切り下半身を回転させる意識でやってるのだが・・・見た目は全然腰回ってないな(笑)。でも、意識の中では下半身と腕を同調させているのである!

浅次郎2016061ダウンスイング

 

インパクト。ベタ足なのはいいが、下半身は回ってないなー

浅次郎20160618インパクト

 

イ・ボミのインパクト2

 

何度も何度も例に出すが、イ・ボミのインパクトが理想である。軸(頭、首)を残したまま体を回転させる!右肘は脇にくっつけてに回す感じ。腕、クラブは回転からワンテンポ遅れてボールをヒット。腕力でクラブを振るのではなく、体の回転で打つのだ!

 

これが出来れば体全体のパワーがボールに伝わり、驚くほど飛んで行くのである。非力で体の小さい女子プロでも我々より飛距離が出るのはそういうわけなのだ。

 

と、口で言うのは簡単だが、実践するのは非常に難しい。

 

スイングは一瞬。

 

その間3つも4つも注意するのは不可能であるからして、

 

この日の私は、

 

「下半身(腰)と右肘の同調」

だけに注意することにしたのだ。

 

よく、「腰を切る」という表現を使うこともあるが、私の場合、このイメージだと振り遅れてしまう。・・・ので、右肘と一緒に下半身(腰)を回すイメージの方がしっくりくるのである(実際は、下半身の方が先行して回転し、後から肘、腕が降りてくる感じである)

 

すると効果てきめん!

ドライバーがガチッと安定したのだ!

 

浅次郎20160618フィニッシュ

 

みんなも、

 

色々とチェックしながらドライバーを振ってると思うが、

考えすぎるとドレもコレも実践出来なくなってしまう。

 

これだ!というのを1個か2個注意する。

の方がいいと思うぞ!

 

それから、

この日のアイアンがキレにキレたのも理由がある!

 

練習場では真っ直ぐ行くのに・・・

本番だと右に左に曲がる!

 

という方は多いと思う。

本番で戦闘力が上がらない・・・

どころか戦闘力が落ちる逆スーパーサイヤ人タイプ。

 

ナッパ切れる

 

私もそうなのだが(笑)、

 

その理由はだいたい2つで、

 

・ライが悪い

・ヘッドアップ

 

この2つである。練習場と本番でライが違うのは当然なのでしょうがないのであるが・・・気をつけないといかんのは、

 

ヘッドアップである(軸のズレ)。

 

本番だとどうしても・・・ボールの行方が気になり、

ついつい追いかけてしまうのだ!

 

これが・・・

絶好のライからトップしたり、ダフったり、

フックしたり、スライスしたりする原因1位である!

 

どうやって防ぐのか?

 

ボールがあった場所を最後まで見る!とか

右肩に唇が触れるイメージ!とか

色々と方法があるんだが、

 

この日私が取った方法は、

「頭を残す!打った後も頭は右!」

と唱えながらスイング!

 

これである。

これだけに集中するのだ!

 

特に打った後が重要で、

「打った後も頭は右!」が実践出来ると、

ボールはターゲット方向にストレートで飛び出して行くのだ!

(曲がったとしてもちょびっとである)

 

「浅次郎さん、そんなことも知らなかったのですか?」

 

や、やかましわ!

 

もちろん知識としては知ってるわ!

 

でも、本番で「頭を残す」を実践し続けるのは言葉で言うよりずっと難しいのである!

 

なぜなら・・・

 

「打った球が気になる!」というのは、

「コンビニのエロ本コーナーが気になる!」

 

エロ本コーナー

 

という私の人間の欲求と同じで、

本質に訴えてくる大欲望だからだ。

 

言葉で言うよりずっと難しい・・・だから、それだけに集中するのだ!

 

後はアイアンでフルショットをしないことやな。フルショットするとこれまたロクなことにならん。実は・・・ちゃんと芯に当たれば8割スイングでも飛距離はほとんど変わらんのである。花道でOKって感じのスイングで十分。むしろフルスイングしてガチ当たりしてしまった場合、飛びすぎてしまうことが多い。

 

ま、しかし。

 

ドライバーショットがフェアウェイにあって、

 

ドライバーはだいたい

 

アイアンが真っ直ぐ行けば、

 

アイアンは振りすぎない

 

アマチュアのセッティング(レギュラーティーやフロントティー)なら

 

パーオンは決して難しくない!

 

ということだ。

 

あとは・・・多くのアマチュアゴルファーが練習しない、

 

・グリーン周り

・パター

 

である。これが上手くなって寄せワンが増えれば・・・70台も夢じゃない!

 

パターは置いておいて(置くなや!練習しろや!)、

まずはグリーン周りやな。

 

練習場の打席でボールを打つのはもうちょびっとにしよう。

人工芝から打ってもアプローチの練習にはならんわ。

 

託麻インターゴルフのアプローチ練習場

幸い、私が通っている託麻インターゴルフ練習場には、ネットの横にアプローチ、バンカーの練習場がある。ここで練習だ!

 

 

 

しかし・・・今度こそ・・・開眼したと思う(笑)。

 

次のゴルフはいつだ!

 

スコア分析20160618

パーオン率が、ボギーオン率を超えたのは多分初めてだと思う。

しかし、バーディ3個は取れたなー!チキショー!

 

 

2015年最後に80台を出すべく、熊本でも難関のゴルフ場・・・グランドチャンピオンゴルフクラブに行ってきました(もっと簡単なところにすれば良かった)。結果は・・・今年ワーストの大叩き。良い所もあったんだけど、何となくダボトリを沢山叩いてしまったなあ・・・アベレージゴルファーなんだからボギーを基本に考えないと・・・。

 

最後のラウンドで、

絶対80台を出してやる!

 

・・・と、

週3の練習を週4に増やし、

前日の飲み会ではチビチビ飲みに徹し、

嫁さんの「大掃除手伝ってよ剛掌波」をトキの如く受け流し、

 

トキの受け流し

 

行ってきましたグランドチャピオンゴルフクラブ

 

いや、このゴルフ場、熊本でもちょっと敷居の高いゴルフ場でして、「玉名カントリー」「空港カントリー」「くまもと中央ゴルフ倶楽部」の次くらいにランクされる難しいゴルフコースなのです。料金もちょっと高めでして、ビジターで土日だと15,000円くらいするわけですよ(キャディ付きで)。熊本はゴルフ場に恵まれていまして、10,000円前後でいくらでも良いコースがあるのであまりこういった敷居の高いゴルフ場には行かないのですが、

 

行ってきましたグランドチャンピオンゴルフクラブ!

 

この日は平日料金。セルフで7,800円(飯付き)と激安。ただ、冬の阿蘇は大概地面が凍結してまして、この日もグリーンはカチコチ。特に午前中はグリーンで跳ねて奥のOBまで行っちゃった・・・なんてこともありました。天気が良かったので日の当たるところは良かったんですけどねえ。日陰はずっと凍結したまんまでした。グリーンは落ちると弾くのですが、転がすと重くて・・・

 

え?

 

言い訳はいいから、

 

スコアはどうだったかって?

 

言いたくない。

 

けど、私もブロガーのはしくれ。

 

どんなスコアでも報告せねばなるまい!

 

グランドチャンピオンGC20151230スコア

 

50、55の105!

 

いい気持ちだー

(3秒後に爆発します)

 

 

 

・・・まあね、

 

そんな時もありますよ。

 

だけんどもしかし!

 

だけんどもしかし!

 

OB連発したわけでもなく、

ショットがメチャクチャ悪かったわけでもなし、

パターもまあ普通だったし(グリーンは超重かったっす)、

大叩きつっても18番の9くらいだし、

パーが取れなかったというとそうでもないし、

なんとなくダボトリを沢山叩いちゃったんですよね。

 

いや、

ボギーが取れなかった!

というべきか。

 

ボギーが基本であるはずのアベレージゴルファーなのに、

ボギーがわずかに2個・・・。

 

これはアカン、

自分のゴルフを見失ってたわー。

 

ま、いいや。

アドレスをチェックしてみよう。

 

これは前回のアドレス。

あつまる阿蘇赤水GC杵島コース1番

 

これが今回のアドレス。

グランドチャンピオンGC20151230浅次郎1

 

うーむ。もうちょい前傾&ハンドダウンで良いのか。

 

ハンドダウン

 

アドレス変えるのは難しいわー!

 

ここでちょっと今日のドライバーショット動画を公開。

 

グランドチャンピオンGC、インの11番。

 

この日は

へなちょこスライスとナイスフェードの繰り返しで、

全く安定しませんでした。

 

この動画の時はナイスショットでしたけどね~。

 

今日も色々と課題が見つかりました。

 

・リリースポイントは右足の前

・ダウンスイングの時のフェースの向き(シャット)

・ビハインドザボール(分かっちゃいるんだけど!)

 

ビハインド・ザ・ボール

頭はボールの後ろ。手が一番伸びるのはこの位置。

 

ビハインド・ザ・ボール2

インパクトの時はむしろ頭は右ですな。

 

そして、

 

フィニッシュはこれだ!

 

ビハインド・ザ・ボール3

 

弓ィィィィィ!

 

よし、今度は前から動画を撮ろう。

 

スコア分析20151230

 

2015年一年間の成績はこんな感じでした!

 

平均スコア94・・・。

これを80台にするのが2016年の目標だー!

そのためにもダボトリを減らさんとなー!

 

来年もゴルフやるぜー!