【80切りを目指すゴルフ】3パットを防ぐ為に、まず必要なのはファーストパットの距離感と傾斜の読みでいかにカップに近づけるか?であるが、最も結果を左右するのは1m前後のショートパットが決まるかどうか?である。アマチュアのショートパット3か条はオーバーで打つ!真っ直ぐ打つ!順回転で打つ!である。そのための方法・考え方は?

 

どもども。

 

3パット撲滅委員会会長の浅次郎でっす。

 

 

え?

 

女子プロパンチラパパラッチ委員会会長じゃなくて?

 

3パット撲滅委員会なんてあるの?

 

もちろん

 

そんなもんはない

(女子プロパンチラパパラッチ委員会もない。笑)

 

浅次郎一人のエア委員会である。

 

参加したい方は

前々回のロングパットの距離感の話と、

前回のグリーン傾斜の読み方の話を見ておくように!

 

さて、今日は3パット撲滅運動のブッカケフィニッシュ的な話。

 

そう。

 

ショートパットの話である。

 

アマチュアゴルフで、

 

楽々タップインだイエーイ!

 

 

なんてのは滅多になく、

大概はプレッシャーの掛かる・・・

1m前後のパットが残ることになるのである。

 

「うっ・・・打ちたくねえ!」

「あと30cm寄ってろよ・・・」

 

って距離。

 

入れて当然、

入らなかったら残念!

 

 

ってパットが実は一番プレッシャー掛かるのである。

 

例え15m以上のロングパットを上手く1mに寄せても、

その1mをハズしたら台無しなわけで。

 

女性に告白する時と同じですな(え)。

 

なんとか最後の1mを確実に決めれるようになりたい!

 

というのが本稿の趣旨である。

(この記事でのショートパットの定義は1m前後の距離とする)

 

ちなみに、

PGAプロは90cmの距離は96%の確率で入れる。

120cmだと88%の確率。

 

 

コレと比較するとアマチュアの数字は劇的に落ちるんだろうなあ・・・

と思ってしまうのだが、

 

実はアマチュアも

短いパットはあんまり外さないのである!

 

まあアマチュアの場合、

平均80の人と平均100の人で大きく違うので一概に言えないが、

 

1mの距離なら70~90%の確率で決めちゃうのである。

(上手い人は特に・・・滅多に外さないよね)

 

しかしこの70%と90%は大違いで、

 

1ラウンドに1mのパットを10回と打つとして、

2打も変わってくるのだ!

 

是非、10回に9回、

ショートパットを決められるようになりたいものである。

 

あ、そうそう。

1m前後のショートパットをハズして、

めちゃくちゃ不機嫌になったり、

パターを叩きつけたりして悔しがるお方がたまにいるが、

 

 

そんな人には、

 

「あんたそんなに上手いのか?」

 

と問いたい。

 

プロだって1mは慎重に慎重に打つわけで、

それでも外す時はハズすじゃないか。

 

私らアマチュアは10回中8回入れば御の字である。

そうやって考えれば、

1mも気楽に打てるってもんである。

 

 

50cmをハズしたらパター投げたくなるけどね(やめなさい)。

 

で、

 

ロングパットとショートパットには

大きな違いがありますな。

 

ココで改めて書く必要はないのだが、

特にゴルフ初心者は勘違いをしているケースがあるので、

改めて言っておく。

 

ロングパットはカップに近づけるためのパット。

ショートパットはカップに入れるためのパット。

 

なのである。

 

全てのパットを入れようと考えると酷い目に遭うので、

(そう思ってた人ー!はーい!)

 

ロングパットとショートパットは

役割が別だと思っておいた方がいい。

 

狙って入るのは4~5mくらいまで。

PGAプロだって5mが入るのは約20%しかないのであり、

それ以上の距離は「入ったらラッキー!」でOKだ。

 

 

以上を踏まえ、

ヘッポコアマチュアが、

1mのショートパットで気をつけるべきは、この3つ!

 

■ショートパット3か条。

・オーバーする強さで打つ!

・真っ直ぐ打つ!(絶対カップ内)

・順回転で転がす!

 

当たり前の話だが、

ショートパットは強く打たねばならん。

正確に言うなら、

カップに届く距離よりちょっと強く打たねばならん。

 

届かないと、入らないからだ!

(ネバーアップ・ネバーイン)

 

これが、ロングパットとショートパットの決定的な違いである。

さっきも書いた通り、ショートパットは

「カップに入れるためのパット」。

だからカップに届かないのは問題外。

 

ロングパットはショートしたっていいのだが、

(むしろショートさせた方がいいケースも多々ある)

 

ショートパットはショート厳禁。

 

ダメ。ゼッタイ。

 

 

そして、ピッタリの距離感で打つのもNG!

 

ピッタリで打ったら

芝目傾斜やスパイクマークなどで

止まったり曲がったりする可能性が高いからだ。

 

短い距離でも強く打つ!

というのは簡単なようでとても難しいわけだが、

私は1.0m前後の距離は、

1.5mの強さで打つようにしている。

(下りの場合は別だけどね。笑)

 

1.0mの距離を1.5mで打てば、

どんな上りでもショートすることはないし、

仮にオーバーしたとて50cm以内である。

 

そしてこの強さで打てば、

傾斜や芝目の影響はほとんど受けない。

ショートパットが曲がるのは、

球の勢いが失くなった最後の10~30cmだからだ。

 

なので本当は1.0mの距離を

1.2~1.3mの距離感で打つことが理想なのであるが、

これはちょっとでも緩むと1.0mになってしまうのである。

(チョイオーバーで打てる人はそっちの方がいい)

 

だから私は、

約1mのショートパットは全部1.5mの強さで打つ。

 

こう決めておけば、

練習時も1.5mの距離感だけ重点的にやればいいわけで、

この距離感をつかめば、他の距離感は必要ないのだ。

80cmの距離感とか、110cmの距離感とかは必要ないのである。

 

そして、

1m以内のショートパットは真っ直ぐ打つのが基本!

どんなに曲がりそうなラインであっても・・・

 

カップを外しちゃダメ!ゼッタイ!

 

 

どんなに切れると読んでもカップ内!である。

 

もちろん、真横からのラインや、

傾斜が強い場合に想定以上に曲がってしまうこともある!

 

だけんどもしかし!

 

 

それはそれでいいのである!

カップの大きさ以上曲がってハズレたらショウガナシ!

 

それよりも・・・

 

「ほあ!曲がらんのかい!」

 

というケースの方が圧倒的に多いのだ!

 

さっきも書いたが、

ショートパットが曲がるのは

最後の10~30cmである。

1mのショートパットを1.5mの強さで打てば、

カップまではほとんど曲がらないのだ!

 

特にファーストパットが最後に切れて行くのを見てしまうと・・・

どうしても「曲がる」と思ってしまうよね。

 

しかし1mのショートパットは曲がりを読む必要なし!

カップ内真っ直ぐが絶対的基本だ!

(もちろん例外もあるから鵜呑みにしないでね)

 

そのために一番重要なのは何か?

それはパターの芯で打つことである。

コレも簡単そうで難しいぞ。

チョットでも芯を外すと真っ直ぐ転がらないのがパター。

(トゥ側に当たると右に行きやすく、ヒール側に当たると左に行きやすい)

 

芯で打つためのオススメの方法は、

「インパクトに集中する」だ。

 

え?そんだけ?と思うかもしれんが、

多くのアマチュアは

インパクト時にストロークがブレてフェースが被ったり、

頭が上がって芯からズレたりしてしまうのである。

 

「インパクトに集中する」

 

これだけで簡単に芯で打てるようになるぞ!

(ヘッドアップもしなくなる)

 

 

最後に、

ショートパットの奥義を伝えておく。

 

それは順回転で転がす!だ。

 

順回転と言うと・・・左手で擦り上げて意図的にボールに回転を加えることをイメージする方がいると思うが(私も最初はそう思っていたが)、それはちょっと違う。それだと確かに順回転は掛かるが芯を撃ち抜いてないので球足が伸びないのである。そうではなく、

 

芯を撃ち抜いた後に、

低く長く押す!イメージだ。

 

この動画が分かりやすいね。

 

 

1.5mの振り幅も10cmくらい。

 

切り返しではシャフトがたわむのを意識、

後は低く長く押しながら芯を撃ち抜いて転がすイメージ。

 

これで上手く打てるようになると・・・

 

スーッと球が伸びる上に

曲がらないのである。

 

この「曲がらない」というのがショートパットではホントに重要で。

曲がらなければ、多少の傾斜があっても真っ直ぐ狙って行けるのだ。

 

最悪なショートパットは、

大きく振り上げて・・・

ボールにヒットする瞬間に緩む打ち方。

この打ち方だとカップの前でビタッ!と止まったり、

右や左にブレること仮想通貨のごとし。

 

芯を撃ち抜いて押す!のを忘れないように。

 

というわけで、

 

1mのショートパットが上手くなりたければ、

1.5mの順回転の球

が打てるように練習するべし。

 

練習マットの上で練習するのもいいが、

それよりも本物のグリーン上の傾斜のあるところで

練習することをオススメする。

 

例えば強めのフックラインにて、

1.0mの距離にカップがあると想定しマークを刺す。

そして1.5m先にティーを刺して、

延々と順回転パットの練習をするのである。

(本当にカップがあると入ってしまって距離感がつかめないので邪魔)

 

2~3mの強さで打てばそりゃ曲がらないよね。

でも1.5mの強さで曲がらない球を打つのは結構難しいよ。

マークの位置のチョイ先までほぼ真っ直ぐ転がるようになればオッケイ。

(マークを過ぎたら曲がってもいい)

 

これが出来るようになったら、

曲がるラインでも真っ直ぐ打つイメージが出来るわけ。

 

カップに入れる練習をするのではない。

順回転で1.5m転がす練習をするのだ。

(その途中にカップがあるのだ)

 

あとロングパットも順回転で打てるようになるといいね。

これがまた難しいんだけど(笑)。

 

尚、真っ直ぐ、強めで、順回転の球を打ちたいなら、

「振り子パット」をマスターすることをオススメする。

(→パターも手打ち厳禁!振り子パットで打つべし!

 

3パット撲滅委員会はこれで終了である。

 

また忘れた頃にやるかもしれんけど(笑)。

 

スポンサードリンク

 

さて、今回はあつまるレークCCに行ってきたぜ!

 

この日も朝から氷点下で。

 

グリーンはシートが被せてあったとこ以外

カチンコチンであった。

ま、幸い天気もよく、

後半からは普通のグリーンになったけどね。

 

 

OUT47、IN40の87。

 

スタートホールから凍ったグリーンに弾かれてパーオン逃し。

2番では3Wで打ったティーショットを引っ掛けてOB。

(寒い時は体が回らずに引っ掛けになりやすいぞ!)

難しい3番ロングでもダボを叩いてズタズタのスタート。

その後盛り返したかったんだが、噛み合わずに47。

 

後半は非常に良いゴルフでね。

 

12番ショートはティーが後ろで超打ち下ろしの谷超え165ヤード。

(打ち下ろしを入れると150ヤードくらい?)

 

この時強いアゲインスト風で、キャディさん曰く。

 

「この風なら170~180ヤード打っていいです」

 

ど、どうすべ。

5番アイアンだとMAX170ヤード。

この寒さで飛距離は落ちるだろうしちょいと足りねえか。

7Wだとオーバーしそうだし・・・

というわけで最近練習している4番アイアンを選択。

これが稀に見るナイスショットでピン横2mにズドン。

いやあ、4番アイアン使えるようになって来たぞな。

バーディパットは入らなかったけどね(笑)。

 

悔やまれるのは16番ショートの3パットボギーだが、

ダボなし4ボギーの40はナイスだったね。

 

 

なんか・・・ショートホールの成績が良くなって来たなあ。

これはアイアンが良くなって来た証拠だろう。

あとはやっぱり3パットを撲滅したいね!

 

さて、パットの練習に行こうっと!

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

【80切りを目指すゴルフ】アマチュアゴルファーのスイングはインパクトの瞬間に両肘が伸び切ってることが多いのだが、それではインパクトが点になり安定しない。フックもスライスも出る。だからインパクトでは「肘ゆるインパクト」が大事。肘が伸び切るのはインパクトのはるか先!これで点が線になり、飛距離・方向性ともに伸びる。

 

今日は、

 

まず、

 

この動画を見て欲しい。

 

 

この男にならヤラれてもいいかもランキング堂々1位(浅次郎調べ)、

ジェイソン・デイのスイング動画であるが、

 

このインパクトの瞬間を見てみよう。

 

 

長い足、ぶっとい腕、体重配分、前傾角度、

ビハインド・ザ・ボールでグリップは胸の中心、

力強いのに力みがない!

 

もう惚れ惚れするようなインパクトだが、

 

私が注目したのは・・・

 

である。

 

画像はインパクト直後を捉えたものだが、

肘が緩やかに曲がったままなのが分かると思う。

 

 

右手だけじゃなく、左手も・・・である。

 

明らかにまだ伸び切ってないのだ・・・

私はこの事実を発見した時に衝撃を受けた。

 

あれれ?

 

左肘って・・・

曲げたらダメ!

って教わらなかったけ?

 

これは11月に撮った私のスイングであるが・・・

 

 

インパクトを見てみると・・・

 

 

右肘もほとんど曲がっていないわけだが、

左肘はさらにもうガチガチで・・・

ピーンと伸びてますな。

 

しかし私はずっと・・・これでいいのだと思っていたのだ。

 

これは松山英樹のインパクト。

 

 

ジェイソン・デイに比べれば左肘は真っ直ぐ目であるが、

私のようにピーンと伸びてはおらず・・・

肘の内側がハッキリと見えている。

左右の肘ともに余裕があるのが分かると思う。

 

 

これはイ・ボミのインパクト。

やっぱり左肘は真っ直ぐ目だが、ぴーんと伸びてはおらず、

体に巻き付くような感じ。

右肘はもう明らかに曲がっているのが分かると思う。

(ほとんど体にくっついている)

 

私を含め、

 

多くのアマチュアは・・・

 

・インパクトはアドレスの腕の形に戻す!

・インパクトで両肘が伸びた形になる!

 

といった勘違いをしているのだ!

 

しかしプロの画像を見れば分かる通り、

アドレスの形とインパクトの形は全然違うし、

インパクトで両肘は伸びていないのである。

 

じゃあ、どこで伸びるのか?

 

 

 

 

ここだ!

 

なんと両肘が完全に伸びてしまうのは、

 

インパクトのはるか先!

 

なのだ。つまり、

 

ゴルフのスイングは・・・

インパクトのはるか先で

両肘が伸びるように、

振らなければならない!

 

のである。

 

 

多くの男子プロ、

女子プロのスイングをチェックしたが、

 

例外はない!(私が見た限り)

 

インパクトの時は両肘に余裕があり(左右に差はあるけど)、

肘が伸びきるのはインパクト後!である。

 

これを、

 

「肘ゆるインパクト」

 

と勝手に名付ける。

 

なんか馬の名前みたいだな(笑)

 

肘ゆるインパクトが出来る様になるとどうなるか?

 

・インパクトを線で捕らえられるようになる!

・加速しながらインパクト出来る!

・方向性が抜群に良くなる!

 

といった素晴らしい効果が期待出来るのだ!

 

アマチュアの球が散らばって安定しないのは、「インパクトが点」だからであり、「インパクトを線」にすれば飛距離も方向性も抜群に良くなるわけだが、そのためには「フォローを長く出せ!」と教わって来たと思う(あるいはゴルフ雑誌にそう書いてあると思う)。

 

しかし「フォローを長く出せ」って・・・

どうやって???

 

アマチュアがフォローを長く出そうとすると・・・手打ちになったり、インサイドアウト(あるいはアウトサイドイン)になったり、体が突っ込んだりしてしまうのだ。なぜなら、インパクトの瞬間に腕が伸び切ってしまっているから。

 

伸び切った後に

さらに伸ばす事はできないよね?

 

つまり・・・

 

「インパクト後に長くフォローを出す」

 

のではなく、

 

「インパクトのはるか先で打つ!」

(インパクトの先で肘を伸ばす)

 

というイメージが正解なのだ。

 

こうすることで、ヘッドが加速しながらインパクトすることが出来るし、方向性も格段に良くなるのである。

 

ただし!

 

肘ゆるインパクトは、難しい!

 

特に・・・今まで肘を伸ばしてスイングしてきた

 

ヘッポコオヤジにとって(浅次郎含む。笑)、

 

巨熊赤カブトに単身で挑む・・・

リキの心境である。

(スイングが一度壊れてしまう)

 

 

個人的見解だが、プロのスイングとアマチュアのスイングの一番の違いだと思う(これが出来るから女子プロは飛距離が出る)。プロのフォロースルーが長いのは、インパクトでまだ肘が伸び切ってないからであり、アマチュアのフォロースルーが短いのはインパクトで肘が伸び切っているからなのだ。

 

肘ゆるインパクトが出来る様になるためには、

 

・インサイドイン

・切り返しストン

・シフトウェイト

・回転スイング

・ビハインド・ザ・ボール

 

といったことを組み合わせる必要がある上に、

緩み過ぎてもダメなのである。

 

私の最近のスコアが崩れている原因はこれであるが(言い訳)、

 

絶対に諦めないぜ!

 

一年でも二年でも掛けてでもマスターしようと思っている。

 

これが出来ねば鬼ヤンベとは戦えぬ。

そして、競技の道へ行くためにも絶対必要だと思うのだ!

 

「え?浅次郎さん、競技始めるんですか?」

 

うむ。すぐにという話ではないが、

将来的な目標の一つである。

 

なんでもそうだが・・・

目標は大きく高い方がいい!

 

さて、

 

今回は予告もしていたことだし、

 

デリタンク3号改めSWマスター3号のスイング動画を載せておこう。

(本人の希望により改名。ちなみにSWはサンドウェッジの略ではない)

 

このSWマスター3号は、典型的な中年太りのオッサンで、頭のデカさと態度のデカさとチンコのデカさはトランプ大統領並み。どこにでもいるアマチュアのヘッポコスライサー・・・だったのであるが、最近は球が捕まるようになって飛距離もグンと伸びた(この日のスコアは48・43であった。80台近し)。

 

このスイングのインパクトを見てみよう。

 

 

うん。前に比べりゃメチャクチャ良くなった!

しかしやっぱり右肘が完全に伸び切ってますなぁ。

 

 

ここでは左肘が伸びないとイケないルナ先生なんだが、

外側に折れてしまっている。

 

それじゃあルナ先生も満足しない。

 

ま、どっちもスライサー時代の名残だが、

こういうインパクトになっているアマチュアはとても多いと思うぞ。

あと・・・下半身の体重がもっと左足に乗るといいね。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

今回はあつまるレークCCに行ってきたぜ!

 

 

OUT47、IN40の87。

 

前半のダボ行進はほとんどアプローチのミスで。

距離感が合わずにショートしてズブズブ。

後半持ち直したんだが、

パーオンからの3パットがもったいなかったね。

30台出せたなあ・・・。

 

※この数字は「過去30回」のものである。

 

さて、

 

今から、

 

今年最後のラウンドに行って来るぜ!

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【80切りを目指すゴルフ】典型的なアウトサイドインのアマチュアスライサーだったデリタンク3号が、劇的な上達を見せてスライスを克服!捕まったストレート系の球が打てるように!さらに飛距離もグンと伸び・・・楽々250ヤード飛ぶように!その秘密はスイング軌道ではなく、右足にあった?巷のスライサー必見。スライスは直る!

 

今日の記事は、

全国368万人のスライスオヤジ必見。

あなたのヘッポコスライスは・・・

 

直る!(かも。笑)

 

今までスライスを治そうとして色々やって来たことだと思う。

 

・アウトサイドイン軌道を修正する。

・グリップをストロングにする。

・クラブをシャット気味に上げる。

・前傾を深くする。

・ボールの位置を修正する。

・頭を残す。

・クローズドスタンスにする。

・フックフェースのドライバーを買う(笑)。

 

もちろん、スライスには色んな原因があって、

その原因も人それぞれ。

 

色々と試して、それでスライスが治ったのであれば、

この記事は読まなくてよろしい。

そんなヒマがあったら嫁さんのオッパイでも触って来なせい。

 

だけんどもしかし、

 

嫁さんがオッパイを触らせてくれない!って方は、

 

じゃなかった(笑)、

 

「色々やったけどやっぱりスライス治らん!」

「一瞬直ったと思ったけどやっぱりスライス!」

「もう、俺一生スライスでいいや!」

 

って方は、

 

是非最後まで今回の記事を見て欲しい。

 

ココに一人、

 

典型的ヘッポコスライサーがいる。

 

いや、

 

典型的ヘッポコスライサーだった!(過去形)

 

このブログでもお馴染み、

 

デリタンク3号である。

 

 

デリタンク3号は私と同じアラフォーオヤジ。この画像は2017年の2月に撮ったものだが、その名の通り、タンク体型のデリバリー好きである。あ、ピザね。デリバリーピザ(笑)。

 

このデリタンク3号のこれまでの軌跡を

動画を見ながら振り返ってみよう。オモロイぞ。

 

 

 

左脇・左肘を矯正し、捕まったボールを打てるようになったデリタンク3号だが・・・

長年のスイングで染み付いた「アウトサイドイン」は、

グリップをいじっても、スイングをいじっても、

どうしても克服出来なかったのである。

 

 

それもそのはず。

 

アウトサイドインの原因は上半身に非ず。

下半身(特に右膝)にあったのだ!

 

ダウンスイングからインパクトに掛けて、

右膝が前に出て左膝が伸びると・・・

どうやったって

アウトサイドイン軌道にしかならないのである。

 

つまり、スイングの土台である下半身の動きが間違っていたのだ。

 

そして、これが今回のスイング。

 

 

どう?これ!

 

最初のヘッポコ動画と見比べるともう別人じゃね?

 

以前がこう。

 

今回がこう!

 

たったこれだけの違いだが、

スイングをこれだけ変えるのは・・・とても大変なのだ!

 

この日のデリタンク3号は、ほぼストレート系のボール。

まだ多少右に曲がることがあるが、

以前のようなヘッポコスライスではなく、

真っ直ぐ飛んで右ラフに行く程度。

この「真っ直ぐ飛んで」ってのが、どんだけ大きいか?

 

そして、

当たれば私より飛距離が出ていたのである!

(なんてこったい!)

 

そして「アウトサイドイン矯正」の恩恵は

アイアンの方が大きく、

ショートホールではビシバシとワンオンさせておったのだ。

この日のデリタンク3号は47、44の91。

雨で条件が悪かったことを考えるとナイススコアだと思う。

 

というわけで、

 

もしあなたが、

 

どうやっても直らないヘッポコスライスに悩んでいたら、

 

それはグリップのせいでもなく、

スイングプレーンのせいでもなく、

ドライバーのせいでもなく(笑)、

 

あなたのてぃんこのせいかもしれない。

 

じゃなかった(笑)

 

あなたの下半身(特に右膝)のせいかもしれない。

 

一度チェックしてみるべし。

 

スポンサードリンク

 

さて、今回のラウンドは、あつまるレークCC

 

私のスコアはどうだったかというと・・・

 

 

OUT40、IN46の86。

 

この日は遠い方のメイングリーン。

上記GDOの表記よりはるかに距離が長かったのである。

3番のロングなんてスネークコースのくせに570ヤード近くあるしね。

 

(その代わりティーは前目だったけど)

 

トータルは6565ヤード。

レギュラーティーにしては結構長いよね。

 

前半OUTは、1mくらいの短いパットを2度外して40。

ドライバーもアイアンも上々の調子で、

 

「こりゃ、今日は70台出るな!」

 

なんて心の奥で思ってたのである。

 

しかし・・・

 

後半になって雨足が強くなり・・・

ずぶ濡れ状態でのラウンド。

 

言い訳であるが、

靴の中はぐちゃぐちゃだわ、グリップは滑るわ、

バンカーは重いわ、グリーンは転がらないわ・・・

 

でミス連発。結局46叩いてもーた。

 

ぐえ。

 

 

実は、今回から「アドレス」を変えたんだけど、

思いのほか上手く行ったな。

 

でも、ハーフトップ気味のミスもあった。

もうちょっと固めないとな。

 

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

【80切りを目指すゴルフ】チキンウイング(フォローで左肘が外に折れる)の癖を矯正し、左サイドに体重が乗るようになってきたデリタンク3号のスイングが激変!典型的なスライサーだったのだが、厚いストレート系の球が打てるようになったのである!飛距離も激的にアップ!最強のコツは「身体で打つ」こと。

 

このブログに、たまーに登場する、

 

デリタンク3号って男がいる。

 

 

この男、

 

典型的なアウトサイドインのヘッポコスライサー・・・

 

だったのだが!

 

左肘のチキンウイングを直し、

スライスを改善したのが前回の話。

(美人歯科衛生士っていいよね→前回のデリタンクの記事

 

そして、今回。

アウトサイドインを矯正してきたのである!

 

一応、時系列に並べておくか!

 

これがスライスで悩んでいる時のスイング。

 

左肘(チキンウイング)を矯正したスイング。

 

そしてこれが今回のスイング。

 

前回のラウンドでは、

極端なチキンウイングを矯正してスライスは治ったものの・・・

アウトサイドイン軌道がそのまま残ったため、

 

左に真っ直ぐ!

 

ばっかりだったデリタンク。

 

アウトサイドインの原因は色々あるが、

大きな原因は、

左腰が引け、体重が右に残ったままになってたこと。

 

 

これが今回どうなったのか?

 

 

あ、あんまり変わらないやんけ!

 

と思うなかれ。

完全に腰が引けていた前回より、

かなり体重が左サイドに乗るようになっているのである。

 

そのおかげか、クラブもインサイドから降りるようになり、

 

(この画像だけ見ると、上級者に見えるな)

 

スイング軌道(アウトサイドイン)がかなり改善されたのである。

もうちょっと右脇を締め、

右肘は右脇に突き刺すような感じで降ろしていいけどな。

 

しかし、まだ怖いんだろうね。

 

長年のスライサーのクセが抜けず、

 

 

インパクトでまだ腰が引けちゃうのだ。

アジャストするために左肘で調整しちゃってるんだと思う。

(私自身にも思い当たるフシあり。笑)

 

もっとドーン!と左足方向に腰を乗せていっていい。

もっとドーン!と左腰軸で身体を回していい。

その際、右肘は畳んで、右脇にくっつけて。

 

もうちょい左腰が左足の上に来て、

もうちょい左肘が伸びれば・・・

かなりカッコよくなるんじゃね?

 

 

この日のデリタンクは、

序盤にチーピンを連発して計5発のOBを打ったが

それでも52、47。

 

多くのドライバーは捕まったストレート系で、

飛距離、方向性ともに文句なし。

会心の当たりが出た15番などは

多分260~270ヤードくらい飛んでたと思う。

以前は・・・飛んでも220ヤードくらいだったのに。

 

ちなみに、

インパクトで左腰を左足の上に乗せる為に一番大事なことは、

「身体で打つ」ことである。

腰が回らないと手打ちになって引っ掛けてしまうのだ。

 

だから、本番ではスイングの細かいことを色々と考えるより、

「身体で打つ!」

これだけ注意すればよろしい。

 

もちろん、練習では色々と考えねばならんが、

本番のスイング中にチェック出来ることは一つか二つ。

いや、二つだと中途半端になるので

 

「一つ」がいい。

 

であれば、

スイング中は「身体で打つ」だけに集中すればいい。

これは大変オススメの思考術なので是非実戦で試して頂きたい。

 

デリタンクの金玉の中で、

激的に何かが変わってきているような気がする(ゴム使えよ)。

 

次のラウンドが楽しみだな(練習しとけよ)。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

私のスコアはというと、

 

 

OUT40、IN44の84!

 

あつまるレークCCのレギュラーティーからである。

 

前半OUTはパーパットが入らずのボギーを続けていたが、

6番、7番でワンピンからの連続バーディ。

 

3パットのボギーが勿体なかったが、

手応えアリのハーフ40。

 

後半10番で飛び過ぎOB、13番ではセカンドでOBを打ち(これはマネジメントミス。木の根っこからは刻むべきだった)、崩れそうになったが・・・

 

なんとか耐えて44。

 

OBはしょうがないとしても、

バーディチャンスで決めきれなかったことと、

16番の3パットが悔しいなあ。

(短いところから3パットしちゃった。テヘ)

 

80切りのビッグチャンスであったが、

まあ、今の実力だとまだこんなもんだろ。

 

 

スイングを改造した場合、

一旦スコアが落ちるのはしょうがない。

 

しかし、改造を終えたら、

飛躍的にスコアが伸びなければならない。

 

良くなってきた感があるぜぇ~~~。

 

80切り達成なるか?

 

次のゴルフはいつだー!

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【80切りを目指すゴルフ】ハーフショット(ハーフスイング)でピンを狙う方法って?ハーフショットの飛距離は?スピンは掛かるの?ランの計算は?ハーフショットがキレイに打てるようになれば・・・ピンをデッドに狙って行ける!ピンを狙えればバーディを狙える!90切りには必要ないが・・・80切りには絶対的に必要なテクニックである!

 

ずっと、

 

ずっと勘違いをしていたのである。

 

「ハーフショットは飛ばない」

「ハーフショットは球が低い」

「ハーフショットは止まらない」

 

 

あなたもそう思ってないだろうか?

 

しかし、このところずっと

「ハーフショット」の練習をしていて気付いたのだ。

 

浅次郎のハーフショット練習風景。

 

「ハーフショットでもそう飛距離は落ちない」

「ハーフショットは方向性が抜群にいい」

「ハーフショットはグリーンで止まりやすい」

 

え?

 

マジっすか浅次郎さん?

 

という声が聞こえてくるので解説しよう。

 

■ハーフショットでも飛距離はそんなに落ちない。

私の場合、7Iのフルショットの飛距離は150ヤード位である。で、ハーフショットの飛距離がどのくらいになるかというと・・・120~125ヤードである。つまり、落ちるのは2~3番手であり、そこまで大きく飛距離が落ちるわけではないのだ。

まあ・・・実際25~30ヤード飛距離が落ちるわけだが、「150ヤード」は真芯ヒットした時の飛距離であって、実際はダフったり、薄かったりして120~140ヤード位しか飛ばない。さらに言えば、トップしたらオーバーしてしまうし、左右に大きく曲がることもしばしばである。

 

つまり、

25~30ヤード落ちるのは「MAX飛距離」であって、

「平均飛距離」で言えばあまり変わらない!

と言っても過言ではない。

 

そして・・・これが肝心の話だが、

飛距離を上げたければ

番手を上げればいい!のである。

 

ちなみに・・・私のハーフショットのキャリー飛距離はこうだ。

4I・・・150~155ヤード
5I・・・140~145ヤード
6I・・・130~135ヤード
7I・・・120~125ヤード
8I・・・110~115ヤード
9I・・・100~105ヤード
PW・・・80~85ヤード
52度・・・65~70ヤード
58度・・・50ヤード

150ヤード打ちたければ、5アイアンや4アイアンでハーフショットをすればいいのである(ロングアイアンは多少ランが出やすい)。ハッキリ言って、7番のフルショットより5番のハーフショットの方が簡単である。

 

 

■ハーフショットは方向性が抜群にいい。

で、方向性の話である。ハーフショットはフルショットに較べて方向性が抜群にいい。これはあなたも激しく同意してくれると思うが、これがハーフショットの最大のメリットである。当たり前の話であるのに・・・ほとんどのアマチュアは気付いていない(だからみんなフルショット)!

 

左右のブレが少ないほど・・・

ピンに絡みやすいのである!

 

「ラインが出しやすい」と言えば分かりやすいな!ハーフショットだとピンと球のラインが重なりやすいのである。仮に左右にブレたとしても大スライス、大フックが掛かることはない。チョイスラ、チョイフックで済む。だから大事故に繋がることもない。

 

正直言って、

アマチュアがフルスイングでピンを狙うのはヒジョーに難しいと思う。

 

もちろん、ナイスショットでピンに寄ることもある。

 

しかしそれは・・・

確率的にとても低く・・・

「偶然」であることが多いように思う。

 

しかし、自分が思ってるよりずっと・・・バックスイングは上がってるもんである(笑)。

 

 

■ハーフショットはグリーンで止まりやすい!

「スピンコントロール」という言葉を聞いたことがあると思う。プロやトップアマは回転数をコントロールしてスピンで戻したり、あまりスピンを掛けずに転がしたりするわけだが、

アマチュアには無理な話だろ!

と私も思っていたのだ。

 

アマチュアにとってスピンが掛かるかどうか?

なんてのは運次第であり、

スピンが掛かったとしてもコントロールなんて出来ない!

と思っていたのだ。

 

しかし、

ハーフショットでクリーンにヒットするとどうなると思う?

 

適度なスピンが掛かって・・・

グリーン上でビタ止まり!

 

するのである。文字通り、落ちた場所にピタッと止まる。

意外とランは出ないのである。

 

あなたも見たことがあるはずだ!

上級者が低面の球でビタっと止める姿を!

 

確かに球はフルショットより低目に出やすい。

しかし、ほとんどランは出ずに(番手や傾斜やグリーンの硬さにもよるが)、

その場で止まりやすいのである。

 

つまり、ハーフショットは

縦の距離が非常に合わせやすいのだ!

 

もちろんクラブが長くなればなるほどスピンは掛かりにくく、

ランが出やすくなる。しかし、

ショートアイアン以下であればほとんどランは出ないと思っていい。

ウェッジであればほぼキャリー=飛距離である。

 

なぜ、

ハーフショットはスピンが掛かりやすいか?

それはフルショットに比べて、

「球にクリーンにヒットしやすいから」である。

 

ダフったりトップしたりというミスが少ないハーフショットであるが、

実は、スピンが掛かりやすい!

というメリットもあるのだ!

 

さっき・・・私のハーフショットの距離を書いたが、

4I・・・150~155ヤード
5I・・・140~145ヤード
6I・・・130~135ヤード
7I・・・120~125ヤード
8I・・・110~115ヤード
9I・・・100~105ヤード
PW・・・80~85ヤード
52度・・・65~70ヤード
58度・・・50ヤード

 

例えば・・・ピンまでの距離が120~125ヤードなら

7Iのハーフショットでキャリー120~125ヤード。

 

ランで出ずにビタ止まりすると仮定すれば・・・

文字通りピッタリ!

 

つまり、

クリーンなハーフショットなら、

何も考えずにピンまでビシッと打てる!

のである。

 

(もちろん、クリーンに当たらないとビタ止まりしない。また、グリーンの硬さや傾斜にもよるし、マネジメント的に避けねばならんもんは避けなければならんぞ!)

 

フォォォ!浅次郎さんマジっすか?

 

 

■ハーフショットまとめ

・ミスが少なく、横のブレが非常に少ない。

・スピンが掛かりやすく縦の距離が合わせやすい。

・デメリットはMAX距離が落ちるだけ。

 

時々・・・鬼ヤンベが、

「ハーフトップみたいな棒球でビタッと止める球」

を打っていたのだが、これがその正体だったのか・・・?

 

 

いや、また他に違う打ち方があるのかもしれんな(笑)。

 

・・・

 

さて、

ハーフショットの基本的な打ち方

を記載しておこう。

 

あなたのスイングはそのままいい。

9時から3時のスイングをすればOK。

 

 

練習方法。

 

ただし!

 

単なる9時~3時スイングだとビタ止まりスピンは掛からない。

 

腰のキレ(回転)でスパン!と打つのが大事!

 

腰のキレでハーフショット。

 

その際、ダウンブローとか体重移動とか難しいことは考えなくていい。

 

左足体重で、

頭が突っ込まないようにしつつ、

腰の回転で打てばOK。

 

もう一回、浅次郎の7番アイアンハーフショット動画。

 

これはウェッジでのハーフショット動画。

 

全ての番手でハーフショットが使えるようになれば・・・

今の3倍緻密なゴルフが出来るようになる!

 

 

と思うぞ。

 

ちなみに・・・

 

グリップの位置を「10時」まで上げると

「スリークォーターショット」となるわな。

 

この場合、多少ミスが増えるが、

MAX距離は10~15ヤードほど伸びるので使い分けるといいだろう。

(これもキレイに当たればビタ止まりする)

 

 

もう・・・フルショットで打つのは止めようと思っている。

(前にも書いた気がするが今度こそ。笑)

 

で、今回のスコアは・・・

 

 

IN45、OUT41の86!

 

この日はハーフショットアイアンがキレッキレで・・・

パーオンなんと8回!

 

ワンピン以内のバーディチャンスも4回ほどあったんだが、

どれも決めれず(笑)。

気分的にはバーディ3つくらい取った感じなんだけどな~。

 

ゴルフ的にはココ最近で一番内容が良かったんだが、

13番の素ダブルパーが痛かった。

グリーン周りで行ったり来たり・・・トホホ。

 

ま、しかし手応え十分。

 

後はハーフショット・スリークォーターショットの精度を上げること。

それからやっぱりアプローチとパターだな(笑)。

 

 

今年の目標は平均スコア86!そして80切り!

 

 

スイングを変えずに上手くなる?甘ゴルファーが10日間で学ぶゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

【80切りを目指すゴルフ】熊本あつまるレークCC。晴れ、微風。美人キャディと楽しくラウンド。今日は、ハンドダウンとコンパクトスイングを重視。その結果・・・ダフリやヒッカケ・・・といったミスが非常に少ないラウンドであった。ところで、ゴルフのキャディは指名制にして指名料を取ったらどう?キャディ人口もゴルフ人口も増えると思うけど。

 

キャディが若くて美人だと・・・

 

股間が盛り上がる!

 

じゃなかった(笑)、

 

テンションが盛り上がる!

 

そんなオヤジゴルファーは私だけではないはずだ(←バカ)。

 

あつまるレークCC(熊本)のキャディは、オバサンベテランの方が多いのだが・・・今回のキャディは榎本加奈子似のノリノリのピチピチキャディであった(マスクは取ってくれなかった。笑)。念のために言っておくがキャディとしての腕前も確かであった。

 

今回はキャディ論について語る。

 

異論・反論もあるかもしれんが、

イチゴルファーの真摯な意見として聞いて頂ければ幸いである。

 

さて、

 

キャディが付いた方がスコアが伸びる!

 

かどうかは分からんが(笑)、

 

若くてノリがいいキャディが一緒だと、

ゴルフも楽しい!

 

これは間違いない!

 

特に、エロオヤジギャグに反応して笑ってくれるキャディや

嘘でも「飛びますね!」等とお世辞を言ってくれるキャディや

「今日のグリーンは毛深いですよ」などと冗談を言ってくれるキャディは・・・

 

貴重である。

 

今時は・・・

セルフプレーが多くて

キャディを付ける事は少ないと思うが(私もほとんどセルフである)、

 

若くて元気で腕がいいキャディが付くのなら、

プレイ料金が上がってもキャディ付きの方がいい!

 

 

と思うオヤジゴルファーは多いはず。

 

なぜ、我々がキャディを付けないかというと、

 

・どんなキャディが付くか分からない。

・最低限の仕事しかしないキャディなら要らない

・セルフでも十分楽しい。

 

大雑把にいってこういう理由からだと思う。

今はナビ付きカートだってあるし、

スマホのアプリでコースや残距離も大体分かるしね。

 

しかし、これを解決してやれば、

お金のことは気にしないゴルファーは多いと思うぞ!

 

すなわち、

 

・キャディを選べる。

・プラスアルファで仕事をしてくれる。

・キャディを付けた方が断然楽しい、スコアも上がる。

 

・・・こうなったら、私ならキャディ付きプレイを選ぶ。

 

念のため言っておくが、若いだけのキャディより、腕の確かなオバチャンキャディを選ぶし、愛想のない美人よりも愛嬌のある泉ピン子を選ぶ。つまり、ゴルフのキャディは若くて可愛いだけじゃダメなのであり、オバサンになっても、見た目が泉ピン子でも・・・キャラ次第、腕前次第でオヤジに好かれるナイスキャディになれるのだ。

 

もちろん、腕前が確かで愛嬌があって美人であれば言うことなし(笑)。

 

ここで、

ゴルフ場経営者に提案だが、

(エラソーだなあんた!)

 

キャディを指名制にしたらどうだろう?

予約する時にお気に入りのキャディを指名出来るようにするのだ。

(出来るかどうかは知らんけど)

 

キャバクラかよ!

 

と反論されるかもしれんが、

意外と・・・いやかなりニーズがあるのではなかろうか?

 

「◯◯ちゃんが付くならキャディ付きがいい!」

「スゴ腕キャディの◯◯サンが付くと5打は違う!」

 

というオヤジゴルファーは結構いるはず。

 

 

もちろん、

「指名料」はキャディフィーとは別料金。

その指名料は丸々キャディさんのお給料にする。

 

仮に・・・指名料を一人ハーフ500円とするなら、

4人プレイなら2000円。

一日4000円になる。

これはキャディさんにとっても大きいはずだ。

 

人気が上がると指名料が600円、700円と上がっていき・・・

ナンバーワンになると指名料が一人ハーフ5,000円!

(4人プレイならハーフで2万円!一日4万円)

 

とかなったら・・・

 

キャディになりたい女子が増える!

 

のではなかろうか?

 

ゴルフに興味を持つ女子が増える!

 

のではなかろうか?

 

キャディのレベルも必然的に上がる!

 

のではなかろうか?

 

さて・・・どこ子を指名しよう・・・(悩)。右の・・・

 

高い給料が出るところに人は集まり、

競争が発生するのだ。

 

頑張ってゴルフの知識を増やし、

コースを熟知し、

グリーン読みや風読みを鍛え、

トップキャディになれば月収50万円・・・

いや月収100万円も夢ではない!

 

地方のゴルフ場で名を挙げ・・・

有名なゴルフ場にスカウトされ・・・

どんどん給料が上がる。

さらにプロ専属キャディなどへの道も開けるかもしれん。

 

 

仮にそうなったら、

キャディが、女性にとって夢のある職業になる!

かもしれんではないか!

 

「私の将来の夢はトップキャディです。」

そしてお金持ちを見つけて結婚したいです

なんて女子が出て来るかもしれんじゃないか!

 

いやいや。マジな話で、ゴルフをやるお金持ちは多い。

そこら辺の中小企業に務めたって、

そこら辺の中小企業のサラリーマンと結婚するのがオチ。

医者や会社役員などの金持ちと知り合う機会なんぞない。

 

しかし、ゴルフのキャディなら・・・?

 

可愛さで売るキャディもいれば、

面白さで売るキャディもいれば、

グリーン読みが得意なキャディもいたり、

スイング指導してくれるキャディもいたり、

的確な指示でスコアを伸ばしてくれるキャディもいたりするわけ。

 

例えば、

 

ハリセンボンのデブの方!

 

「紅の豚じゃねーわ!」

 

・・・のモノマネが得意なキャディがいたら、

たとえおデブなキャディでも超人気キャディになると思うわけ。

(一緒に回ってみたいよね)

 

そして我々アマチュアゴルファーは、

その好みによってキャディを指名するのだ。

 

「いやー楽しかった!今度はアジャコングのモノマネやってよ!」

「キャディさん、今度いつが空いてる?」

 

こんな会話がラウンド後に交わされ、

その場で次の予約を入れる・・・

これはゴルフ場にとっても理想的なのではなかろうか?

 

キャディの質も上がるし、雇用も増える。

我々も楽しいゴルフが出来て満足。

そして落ちるお金も増える。

 

完璧にWIN-WINだと思うがどうだろう?

(意見があったら下のコメント欄にどうぞ)

 

 

これから人口減に伴いゴルフ人口も減っていく。

これは間違いない。

ゴルフ場経営は年々厳しくなっていくと思うが、

日本のゴルフ界のタメにも、

是非「キャディ指名制」を導入して頂きたい。

 

ゴルフ界にも規制緩和が必要だ!

 

・・・・・・

 

・・・なんて浅次郎のヨタ話は置いておいて、

 

あつまるレークCCに行ってきたぜ!

 

今日の課題は、

・アドレスで「ハンドダウン」にすること。

・9時-3時のコンパクトなスイングを心掛けること。

 

スコアは・・・

 

 

OUT41、IN46の87!

 

前半はほぼ納得のゴルフ。

パーオンこそ少なかったが、グリーン周りからのボギーオン。

パー外しのタップインボギーばかりで、ノーストレス。

もうちょいパターが入れば30台もあったかもしれん。

 

後半も悪くなかったんだが、

短いパットをことごとく外したのと、

16番ショートのOBが痛かった。悔しいィィ!

 

さて、

ハンドアップだったアドレスは直ったかな?

 

 

ちょっと逆光で見にくいが、これは17番でのティーショットである。

 

これが今回のアドレス。

 

これが以前のアドレス。

 

以前とは、劇的にアドレスが変わったのがお分かりいただけるだろうか?

 

手の位置とシャフトの角度を見て欲しい。

 

今回のアドレス。

 

以前のアドレス。

 

長年、ハンドアップでアドレスしていたため、

(ハンドアップの弊害は是非知っておこう!→詳しくはこちら

 

今回のアドレスにはまだあまり慣れてないのであるが、

今日のドライバーはまさしく絶好調。

ストレートボールでフェアウェイ真っ直ぐ!飛距離も結構出ていたと思う。

 

アイアンはキレキレというわけではなかったが、

ほとんどミスが無かった。

トップのミスが何回かあったが、ダフリ・ヒッカケは一切なし。

あとは縦の距離感と微妙な方向性。

 

確実にレベルアップした実感有り。

 

も、もっと早く直せば良かった・・・(笑)。

 

今年の成績。

 

今年は・・・ラウンド出来ても後1~2回だろう。

目標にしていた「80切り」はもうムリかもしれんが、

もう一つの目標「1年の平均スコア90切り」は達成出来そうである。

 

しかし、ゴルフには終わりがないな(笑)。

引き続き練習に励む。