【80切りを目指すゴルフ】ナチュラルアンコックとは「ダウンスイングにおけるグリップの減速率」を表した数値。インパクトに掛けてヘッドを加速させるために必要な動き。すなわち、ヘッドスピードを上げ飛距離アップをするのに絶対不可欠な要素。ナチュラルアンコック値を上げるにはアンコックポイントを意識してスイング改造するべし。

 

今日は、

飛距離アップ・ドロー打ちの極意、

「ナチュラルアンコック」についての話をしようと思う。

 

なんだって・・・?

ナチュラルアンコックって何?

 

む、難しい話はヤダ!

 

 

っていうゴルフオヤジも沢山いると思うが、

 

あなたのゴルフのレベルをアップするのに

今回の話は避けて通れないのである。

 

盗撮で捕まった元シャネルズのあの人に(え)、

 

「なんで盗撮するんですか?」

 

と聞いた時に、

 

「そこにスカートパンツがあるからです」

 

と答える感じで(どんな感じだ!)、

 

話の続きを聞いてくれ(笑)。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

よく、

 

ゴルフの上級者や、

 

大して上手くもない会社の先輩から(笑)、

 

「もっと力を抜け!」

「手打ちだよ!」

「(頭が)突っ込んでるわ!」

 

などと注意されますな。

 

私もよく鬼ヤンベから言われるわけだが(笑)、

これは何のためのアドバイスかというと、

 

「ヘッドを走らせるため」

 

のアドバイスなんですな。

 

しかし、飛距離不足やスライスで悩む多くのヘッポコアマチュアは、

 

「力を抜いても飛ばんとです・・・」

「体で打つと引っ掛けるとです・・・」

「頭を残すとプッシュするとです・・・」

 

とヒロシになるわけだ。

 

 

つまり、

 

力を抜くだけじゃダメだし、

体で打つ意識だけでもダメだし、

頭を残すだけでもダメで・・・

 

+アルファで、

ヘッドを走らせる動き

絶対的に必要なわけ。

 

その際の超重要キーワードが、

「ナチュラルアンコック」。

 

簡単に言うと「グリップスピードの減速率」のことで、

この値が高ければ高いほど、

ヘッドスピードが上がる=飛距離も出るというわけ。

 

もっと簡単に言うと、

グリップスピードが落ちれば落ちるほど、

ヘッドが走り、

飛んで曲がらないってわけ。

 

何度も言うが、

我々に比べ小柄で非力な女子プロが250ヤード飛ばすのは、

ひとえにヘッドが走っているからであり、

スイングスピードが速いからではない。

 

つまりは、

この「ナチュラルアンコック値」が高いからである!

 

スポンサードリンク

 

このナチュラルアンコック・・・

名前に「アンコック」と入っている通り、

「コックを解くタイミング(アンコックポイント)」

が計測ポイント。

 

式で表すと、

 

【MAXグリップスピード】・・・最大GS

【コックを解いた時のグリップスピード】・・・アンコックGS

 

最大GS-アンコックGS/最大GS(%)

 

となるんだけど・・・

 

こんなもん見てもよく分からん!

 

って方が多いだろうから、

 

分かりやすい例を挙げよう。

 

 

毎度おなじみ、イ・ボミのスイング解析だが、

 

 

2:50秒くらいから

ナチュラルアンコックの解説がありますな。

 

注目して欲しいのはこの右下の部分で。

 

イ・ボミの最大グリップスピードは約9m/秒。

アンコック後・・・インパクト時のグリップスピードは約6m/秒。

 

式で表すと、

 

9m/秒-6m/秒/9m/秒(%)

=約33%

 

この計算はだいたいの数値だが・・・

実際のイ・ボミのナチュラルアンコック値は31.2%である。

 

つまり、イ・ボミのグリップスピードの減速率は31.2%。

MAX時から31.2%!

もグリップスピードが落ちてるんですな。

 

 

グリップスピードは落ちてるのに

ヘッドスピードがドーンと伸びている様子が良く分かるよね。

 

このナチュラルアンコック値・・・

プロだと30%~40%で、

アマチュアだと10~30%位なんだそうな。

 

つまり・・・

 

私も、

 

きっとあなたも、

 

多分良くても20%かそこらで・・・

 

全然グリップ減速出来てない!

 

ってことなんだと思う。

 

 

じゃあ、

 

どうやって

ナチュラルアンコック値を上げるか?

 

という話になるんだが、

 

方法は2つ。

 

・MAXグリップスピードを上げる!

・グリップスピードを落とす!

(あるいはこの両方)

 

なんだけどもしかし、

 

MAXグリップスピードを上げるのは困難!

 

・・・なわけだから、

 

いかにスイング中に

グリップを減速させるか?

 

 

が鍵になるわけだ。

 

この時、グリップを減速させる動きってのは、同時に、

コックを解く動きなわけで。

 

つまりは、

グリップを減速させながら、コックを解く動き!

ということになるのだ。

 

はぁ・・・

 

同時に???

 

どうやったらええのかサッパリ分からん!

 

このままだとピラフが神龍に願いを言ってしまう!

 

ギャルのパンティおくれーっ!

 

 

となってしまった元シャネルズの気持ちは分からんでもない(笑)。

 

しかし何度も言うが、

今回の話は、あなたのゴルフレベルを上げる上で

絶対的に欠かせない話である。

 

だから、

ナチュラルアンコック値を改善するために、

色々と考えつつ練習して欲しいと思う。

 

具体的にどうしたらいいのか?

 

なんてのは、

 

個人差があるので一概に言えないし、

(感覚による所が大きい)

 

私自身も色々と試行錯誤を重ねている段階であるからして、

これは今後のブログで書いていくつもりだが、

 

一つだけ今の段階で出来るアドバイスをしておこう。

 

それは、

 

「アンコック(リリース)ポイント」

 

を意識するってこと。

 

人によってアンコックポイントは違うわけだが、

多くのアマチュアはこのポイントがインパクト寄り。

 

つまり、アンコック(リリース)するのが遅いのである。

(あるいは「リリースする」という意識がほとんどない)

 

減速率の高いプロレベルの人なら遅くても問題ない。

しかし我々アマチュアの減速率は低いのであり、

ヘッドを走らせるには、

もっと余裕を持ったタイミングでリリースする必要があるのだ。

 

アンコックのタイミングが遅いから、

ヘッドが走る前にインパクトするのだ。

(スライス、薄い球の大きな要因)

 

アンコック(リリース)するのは

もっと手前からでOK。

 

グリップはもっともっと手前から減速させてOKなのだ。

 

イ・ボミの場合は・・・この位置から減速が始まり、インパクトで最もグリップスピードが遅くなる。

 

私のイメージだと右足の手前くらいから。

(人によってイメージは変わると思う)

 

ただし!

 

これをいきなりやると豪快に引っ掛ける人が多いだろう。

(外からクラブを降ろしている人は特に)

 

その場合は、

アンコックポイントを微調整したり、

もっとインサイドから降ろすといった工夫をしつつ、

 

スイングを変えて行けばOK。

 

これが、

 

カッコ良いドロー

安定して打つ・・・第一歩である。

 

ヘッドが走らないと、

決してカッコいいドロー球にはならないのだ。

 

今のスイングを変えるのは非常に勇気がいる話だが、

 

変化なくして進化なし。

 

練習は、

現状維持のためにやるんじゃなく、

もっと上手くなるためにやるんだぜ!

 

何かの参考になれば幸いだ。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

今回は熊本南CCに行ってきたぞ。

 

セルフデーだったんだけど、

飯付き5,600円という驚きの安さ(笑)。

 

グリーン激重、Bグリーンで距離は短め。

 

 

IN49、OUT40の89。

 

とにかく前半はティーショットが荒れてて。

右に左に、オーバーに・・・でOB3発(うげえ)。

 

後半は持ち直したんだけど、

最終ホールで豪快に引っ掛けてもう一発OB(笑)。

せめてハーフ30台出したかったなあ。

 

 

最近は、ドライバーの出来不出来が激しくてね。

 

調子が良い時は終日調子良いのだが、

調子が悪い時の修正がなかなかうまく行かない。

 

コースに出る前にちゃんと練習をするのが一番なのは分かってるんだが・・・

 

「じゃあちゃんと練習しろ!」

 

はひ・・・出来るだけそうします・・・。

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【80切りを目指すゴルフ】パターを一定の力で打つのは難しい。パンチが入って大オーバーしたり、インパクトで緩んで大ショート・・・なんてことは日常茶飯事だ。では、どうすれば改善出来るか?パターを一定の強さで転がす方法は?手の力を一切使わず、シャフトをしならぜ、慣性とパターの重さで打つ!これが「振り子パット」。

 

最初に言っておくが、

パターの打ち方は人それぞれである。

 

正解なんてものはない。

上手く打てればどんな打ち方でもいいと思う。

 

でも、

上手く打てないアマチュアがほとんど・・・

なのも事実なわけで。

 

今回の話は、

「ストローク幅で距離を合わせるタイプ」

 

 

のアマチュアゴルファーにとっては、

マジで役に立つ話である。

 

逆に、

「フィーリングで距離を合わせるタイプ」

の方には参考にならないと思うのでスルーして頂きたい。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

ストローク幅で距離を合わせる場合、

大事なのは当然・・・

「一定の強さでインパクトすること」である。

 

強さが変わったら振り幅で距離を合わせる意味がないからね(笑)。

 

そんで、「一定の強さでパットする」のが

簡単そうで難しいのはご存知の通り。

 

「パンチが入って大オーバー!」

「緩んで大ショート!」

 

なんてのはほんと日常茶飯事だわさ(笑)。

 

同じように打ってるつもりでも・・・

傾斜やグリーンの速さや、掛かるプレッシャーによって

力が入ったり緩んだりするのである。

 

にんげんだもの。

 

 

あれ?なんかちがう?

(はるをさんすんません)

 

だけんどもしかし!

 

 

もし・・・状況や条件やプレッシャーによらず、

一定の力でパターを打てたら?

 

「え?そんな方法あるの?」

 

うむ。

 

私も最近発見し、現在練習中なのであるが、

 

これはマジで大発見である。

(私が見つけたわけじゃないが)

 

「芯で打つ」とか「集中する」とかそういう話じゃないぞ?

(もちろん芯で打つのも集中するのも超大事な話だが)

 

ヒントはこの動画にあった。

 

 

「パターもシャフトをしならせて打つ」

 

はぁ?

 

 

と思ったそこのアナタ!

 

私も最初「はあ?」と思ったのでご安心を(笑)。

 

しかし実際やってみると分かるが、

パターのシャフトはしなるのである。

 

そして、この「しなり」をパッティングに利用するのだ。

パッティングも「手の力」で打つから毎回違う力加減になるのであり、

パッティングのミスに繋がるのである!

(無意識下で強く入ったり、緩んだりする)

 

では、具体的にどう利用するのか?

 

バックスイングの頂点(ストローク幅)で、

「しなり」を感じながら切り返す(←超大事)。

 

切り返した後は、

手の力を一切使わず、そのまま慣性に従って、

「振り子」のように打つ!

 

 

これを「振り子パット」と勝手に名付ける!

 

この「振り子パット」だと、毎回同じ力感で打てるのである。

 

なぜなら、

シャフトをしならせて切り返せば

ほとんど手を使わずに済むからだ(慣性で打てる)。

 

この「振り子パット」のエネルギーは、

「位置エネルギー」「ヘッドの重さ」。

 

もちろんヘッドの重さは常に一定であるからして、

 

純粋に、

「位置エネルギー(振り幅)」+「重力エネルギー」

だけでパッティング出来るのである。

 

再び登場、大風原野。

 

この「振り子パット」は、

スイングプレーンがブレることも少ないので、

狙った方向に真っ直ぐ出やすい!というメリットもあるぞ。

(手打ちだとどうしても開いたり閉じたりする)

 

ただし!

 

今まで手打ちで打って来た人がいきなり「振り子パット」をやると、

「距離が伸びてしまう(転がりが良くなる)」ので注意が必要。

 

「しなり」のパワーって結構強くてね。

今までとは距離感がちょっと変わって来ると思う。

(当たり前だけど練習が必要)

 

 

まあ、この辺は使ってるパターの重さ・形状によっても変わるし、

打ち方によっても変わるから人それぞれだろうけどね。

 

是非、実際にやってみて欲しい。

 

■「振り子パット」まとめ

・手打ち厳禁。シャフトのしなりを利用する。

・バックスイングの頂点でしなりを感じながら切り返す。

・切り返した後は、慣性に従って振り子のように打つ。

 

この打ち方をマスターすると、ロングパットの距離感(→ロングパットの距離感を磨け)はもちろん、ショートパットの確実性(→ショートパット3か条)も飛躍的に上がると思うぞ!

 

 

ちなみに、

この・・・しなりを感じながら打つ「振り子打法」は、

短いアプローチにも応用可能である。

 

キャリー5~15ヤードのアプローチなんてのは、

バックスイングがほとんど取れないから難しいよね?

手打ちになるとザックリしたりトップしたりするし(笑)。

 

キッチリ体を使って打てるといいんだけど、

そうなるとオーバースイングになって飛び過ぎたりしてね。

 

で、この「振り子」を利用するのである。

パターと同じように「しなり」と「慣性」を利用すると

手打ちを防げる上に軌道が安定してヘッドが走るんですな。

 

30ヤード、50ヤードのアプローチにも使えるので、

余裕がある人は是非やってみてくれい。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

今回はの降りしきる中、

ワールドカントリー倶楽部に行って来たぞ。

 

この日は気温が10度くらいまで上がり、

寒くなかったので助かったが・・・

冬の雨はやっぱり嫌だねえ。。。

 

このワールドCC、距離はそうないんだが、

バンカーと池が多い難コースで・・・

多くのトラウマを抱えてるコースである(笑)。

 

で、スコアは・・・

 

 

OUT36、IN46の82!

 

も、

 

も、

 

もったいねぇ!

 

 

前半はなんと2バーディ、2ボギー。

ドライバーは飛んで曲がらねえわ、

アイアンはキレキレだわ、

パターはスコスコ入るわ・・・でハーフ36。

 

1パット5発は全部2~4m前後の難しいパットで。

バーディはもちろんだけど、

寄せワンパーが3つも取れたのが大きかったね。

8番ショートで3パットしたのが唯一のミスだったか。

 

で、前半36ならそりゃ気合入るわな。

なんせ70台目前なわけだし、

ハイスコア(76)の更新も夢じゃないわけで。

 

しかし・・・ワールドCCのINは難しい。

特に16番、17番、18番は一歩間違えば大叩きの

難関ホールである。

 

終盤を迎える前に貯金が欲しい・・・

そんなスケベ心を持ちつつ後半をスタートしたのだが、

 

いきなり後半一発目のドライバーで

左引っ掛けOB(ヅガーン!)。

 

この一発目のドライバーで何かが狂ったのか・・・

前半ずっと真っ直ぐだったドライバーが

左へ左へ行くようになったのである。

 

体が回ってないのは分かってる!

だけどなかなか修正出来ない!

 

さらに、

朝から降り始めた雨はヌルヌルと地面を濡らし、

昼過ぎにはラフは激重になり、

フェアウェイもグリーンも全くランが出ない状況に。

 

最初からそうなら計算も出来るんだが、

後半から特にヌレヌレになって転がらなくなったのである。

 

こうなるとゴルフは難しいよねー。

 

で、前半とは打って変わって、

ボギーを取るのが精一杯のゴルフ・・・。

上がってみれば、やっとこさの46・・・。ぐえっ。

 

も、

 

も、

 

もったいねえ!

 

 

しかし、ま、それもこれもなんもかんもでゴルフ。

最後には辻褄が合うように出来てるんだよね。

 

ハーフ36を出せたのは自信になるし、

最近のスイング改造の成果が出てきてるんだと、

前向きに受け取っておく。

 

次のチャンスはいつ来るかな?

 

 

2018年の目標平均スコアが84なんだが、

これだと82を出しても借金が2しか減らないのね(借金だらけ)。

ツライわ~~~~。

 

気が遠くなるが、諦めない!

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【80切りを目指すゴルフ】3パットを防ぐ為に、まず必要なのはファーストパットの距離感と傾斜の読みでいかにカップに近づけるか?であるが、最も結果を左右するのは1m前後のショートパットが決まるかどうか?である。アマチュアのショートパット3か条はオーバーで打つ!真っ直ぐ打つ!順回転で打つ!である。そのための方法・考え方は?

 

どもども。

 

3パット撲滅委員会会長の浅次郎でっす。

 

 

え?

 

女子プロパンチラパパラッチ委員会会長じゃなくて?

 

3パット撲滅委員会なんてあるの?

 

もちろん

 

そんなもんはない

(女子プロパンチラパパラッチ委員会もない。笑)

 

浅次郎一人のエア委員会である。

 

参加したい方は

前々回のロングパットの距離感の話と、

前回のグリーン傾斜の読み方の話を見ておくように!

 

さて、今日は3パット撲滅運動のブッカケフィニッシュ的な話。

 

そう。

 

ショートパットの話である。

 

アマチュアゴルフで、

 

楽々タップインだイエーイ!

 

 

なんてのは滅多になく、

大概はプレッシャーの掛かる・・・

1m前後のパットが残ることになるのである。

 

「うっ・・・打ちたくねえ!」

「あと30cm寄ってろよ・・・」

 

って距離。

 

入れて当然、

入らなかったら残念!

 

 

ってパットが実は一番プレッシャー掛かるのである。

 

例え15m以上のロングパットを上手く1mに寄せても、

その1mをハズしたら台無しなわけで。

 

女性に告白する時と同じですな(え)。

 

なんとか最後の1mを確実に決めれるようになりたい!

 

というのが本稿の趣旨である。

(この記事でのショートパットの定義は1m前後の距離とする)

 

ちなみに、

PGAプロは90cmの距離は96%の確率で入れる。

120cmだと88%の確率。

 

 

コレと比較するとアマチュアの数字は劇的に落ちるんだろうなあ・・・

と思ってしまうのだが、

 

実はアマチュアも

短いパットはあんまり外さないのである!

 

まあアマチュアの場合、

平均80の人と平均100の人で大きく違うので一概に言えないが、

 

1mの距離なら70~90%の確率で決めちゃうのである。

(上手い人は特に・・・滅多に外さないよね)

 

しかしこの70%と90%は大違いで、

 

1ラウンドに1mのパットを10回と打つとして、

2打も変わってくるのだ!

 

是非、10回に9回、

ショートパットを決められるようになりたいものである。

 

あ、そうそう。

1m前後のショートパットをハズして、

めちゃくちゃ不機嫌になったり、

パターを叩きつけたりして悔しがるお方がたまにいるが、

 

 

そんな人には、

 

「あんたそんなに上手いのか?」

 

と問いたい。

 

プロだって1mは慎重に慎重に打つわけで、

それでも外す時はハズすじゃないか。

 

私らアマチュアは10回中8回入れば御の字である。

そうやって考えれば、

1mも気楽に打てるってもんである。

 

 

50cmをハズしたらパター投げたくなるけどね(やめなさい)。

 

で、

 

ロングパットとショートパットには

大きな違いがありますな。

 

ココで改めて書く必要はないのだが、

特にゴルフ初心者は勘違いをしているケースがあるので、

改めて言っておく。

 

ロングパットはカップに近づけるためのパット。

ショートパットはカップに入れるためのパット。

 

なのである。

 

全てのパットを入れようと考えると酷い目に遭うので、

(そう思ってた人ー!はーい!)

 

ロングパットとショートパットは

役割が別だと思っておいた方がいい。

 

狙って入るのは4~5mくらいまで。

PGAプロだって5mが入るのは約20%しかないのであり、

それ以上の距離は「入ったらラッキー!」でOKだ。

 

 

以上を踏まえ、

ヘッポコアマチュアが、

1mのショートパットで気をつけるべきは、この3つ!

 

■ショートパット3か条。

・オーバーする強さで打つ!

・真っ直ぐ打つ!(絶対カップ内)

・順回転で転がす!

 

当たり前の話だが、

ショートパットは強く打たねばならん。

正確に言うなら、

カップに届く距離よりちょっと強く打たねばならん。

 

届かないと、入らないからだ!

(ネバーアップ・ネバーイン)

 

これが、ロングパットとショートパットの決定的な違いである。

さっきも書いた通り、ショートパットは

「カップに入れるためのパット」。

だからカップに届かないのは問題外。

 

ロングパットはショートしたっていいのだが、

(むしろショートさせた方がいいケースも多々ある)

 

ショートパットはショート厳禁。

 

ダメ。ゼッタイ。

 

 

そして、ピッタリの距離感で打つのもNG!

 

ピッタリで打ったら

芝目傾斜やスパイクマークなどで

止まったり曲がったりする可能性が高いからだ。

 

短い距離でも強く打つ!

というのは簡単なようでとても難しいわけだが、

私は1.0m前後の距離は、

1.5mの強さで打つようにしている。

(下りの場合は別だけどね。笑)

 

1.0mの距離を1.5mで打てば、

どんな上りでもショートすることはないし、

仮にオーバーしたとて50cm以内である。

 

そしてこの強さで打てば、

傾斜や芝目の影響はほとんど受けない。

ショートパットが曲がるのは、

球の勢いが失くなった最後の10~30cmだからだ。

 

なので本当は1.0mの距離を

1.2~1.3mの距離感で打つことが理想なのであるが、

これはちょっとでも緩むと1.0mになってしまうのである。

(チョイオーバーで打てる人はそっちの方がいい)

 

だから私は、

約1mのショートパットは全部1.5mの強さで打つ。

 

こう決めておけば、

練習時も1.5mの距離感だけ重点的にやればいいわけで、

この距離感をつかめば、他の距離感は必要ないのだ。

80cmの距離感とか、110cmの距離感とかは必要ないのである。

 

そして、

1m以内のショートパットは真っ直ぐ打つのが基本!

どんなに曲がりそうなラインであっても・・・

 

カップを外しちゃダメ!ゼッタイ!

 

 

どんなに切れると読んでもカップ内!である。

 

もちろん、真横からのラインや、

傾斜が強い場合に想定以上に曲がってしまうこともある!

 

だけんどもしかし!

 

 

それはそれでいいのである!

カップの大きさ以上曲がってハズレたらショウガナシ!

 

それよりも・・・

 

「ほあ!曲がらんのかい!」

 

というケースの方が圧倒的に多いのだ!

 

さっきも書いたが、

ショートパットが曲がるのは

最後の10~30cmである。

1mのショートパットを1.5mの強さで打てば、

カップまではほとんど曲がらないのだ!

 

特にファーストパットが最後に切れて行くのを見てしまうと・・・

どうしても「曲がる」と思ってしまうよね。

 

しかし1mのショートパットは曲がりを読む必要なし!

カップ内真っ直ぐが絶対的基本だ!

(もちろん例外もあるから鵜呑みにしないでね)

 

そのために一番重要なのは何か?

それはパターの芯で打つことである。

コレも簡単そうで難しいぞ。

チョットでも芯を外すと真っ直ぐ転がらないのがパター。

(トゥ側に当たると右に行きやすく、ヒール側に当たると左に行きやすい)

 

芯で打つためのオススメの方法は、

「インパクトに集中する」だ。

 

え?そんだけ?と思うかもしれんが、

多くのアマチュアは

インパクト時にストロークがブレてフェースが被ったり、

頭が上がって芯からズレたりしてしまうのである。

 

「インパクトに集中する」

 

これだけで簡単に芯で打てるようになるぞ!

(ヘッドアップもしなくなる)

 

 

最後に、

ショートパットの奥義を伝えておく。

 

それは順回転で転がす!だ。

 

順回転と言うと・・・左手で擦り上げて意図的にボールに回転を加えることをイメージする方がいると思うが(私も最初はそう思っていたが)、それはちょっと違う。それだと確かに順回転は掛かるが芯を撃ち抜いてないので球足が伸びないのである。そうではなく、

 

芯を撃ち抜いた後に、

低く長く押す!イメージだ。

 

この動画が分かりやすいね。

 

 

1.5mの振り幅も10cmくらい。

 

切り返しではシャフトがたわむのを意識、

後は低く長く押しながら芯を撃ち抜いて転がすイメージ。

 

これで上手く打てるようになると・・・

 

スーッと球が伸びる上に

曲がらないのである。

 

この「曲がらない」というのがショートパットではホントに重要で。

曲がらなければ、多少の傾斜があっても真っ直ぐ狙って行けるのだ。

 

最悪なショートパットは、

大きく振り上げて・・・

ボールにヒットする瞬間に緩む打ち方。

この打ち方だとカップの前でビタッ!と止まったり、

右や左にブレること仮想通貨のごとし。

 

芯を撃ち抜いて押す!のを忘れないように。

 

というわけで、

 

1mのショートパットが上手くなりたければ、

1.5mの順回転の球

が打てるように練習するべし。

 

練習マットの上で練習するのもいいが、

それよりも本物のグリーン上の傾斜のあるところで

練習することをオススメする。

 

例えば強めのフックラインにて、

1.0mの距離にカップがあると想定しマークを刺す。

そして1.5m先にティーを刺して、

延々と順回転パットの練習をするのである。

(本当にカップがあると入ってしまって距離感がつかめないので邪魔)

 

2~3mの強さで打てばそりゃ曲がらないよね。

でも1.5mの強さで曲がらない球を打つのは結構難しいよ。

マークの位置のチョイ先までほぼ真っ直ぐ転がるようになればオッケイ。

(マークを過ぎたら曲がってもいい)

 

これが出来るようになったら、

曲がるラインでも真っ直ぐ打つイメージが出来るわけ。

 

カップに入れる練習をするのではない。

順回転で1.5m転がす練習をするのだ。

(その途中にカップがあるのだ)

 

あとロングパットも順回転で打てるようになるといいね。

これがまた難しいんだけど(笑)。

 

尚、真っ直ぐ、強めで、順回転の球を打ちたいなら、

「振り子パット」をマスターすることをオススメする。

(→パターも手打ち厳禁!振り子パットで打つべし!

 

3パット撲滅委員会はこれで終了である。

 

また忘れた頃にやるかもしれんけど(笑)。

 

スポンサードリンク

 

さて、今回はあつまるレークCCに行ってきたぜ!

 

この日も朝から氷点下で。

 

グリーンはシートが被せてあったとこ以外

カチンコチンであった。

ま、幸い天気もよく、

後半からは普通のグリーンになったけどね。

 

 

OUT47、IN40の87。

 

スタートホールから凍ったグリーンに弾かれてパーオン逃し。

2番では3Wで打ったティーショットを引っ掛けてOB。

(寒い時は体が回らずに引っ掛けになりやすいぞ!)

難しい3番ロングでもダボを叩いてズタズタのスタート。

その後盛り返したかったんだが、噛み合わずに47。

 

後半は非常に良いゴルフでね。

 

12番ショートはティーが後ろで超打ち下ろしの谷超え165ヤード。

(打ち下ろしを入れると150ヤードくらい?)

 

この時強いアゲインスト風で、キャディさん曰く。

 

「この風なら170~180ヤード打っていいです」

 

ど、どうすべ。

5番アイアンだとMAX170ヤード。

この寒さで飛距離は落ちるだろうしちょいと足りねえか。

7Wだとオーバーしそうだし・・・

というわけで最近練習している4番アイアンを選択。

これが稀に見るナイスショットでピン横2mにズドン。

いやあ、4番アイアン使えるようになって来たぞな。

バーディパットは入らなかったけどね(笑)。

 

悔やまれるのは16番ショートの3パットボギーだが、

ダボなし4ボギーの40はナイスだったね。

 

 

なんか・・・ショートホールの成績が良くなって来たなあ。

これはアイアンが良くなって来た証拠だろう。

あとはやっぱり3パットを撲滅したいね!

 

さて、パットの練習に行こうっと!

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

【80切りを目指すゴルフ】3パットを防ぐ為には、「距離感」とともに「傾斜の読み」が必要。上りか下りか?フックするのかスライスするのか?そして、その曲がり幅は?パッティング文字盤を使ってグリーンを読め!下りはオーバー!横からはカップ下狙い!上りはショートさせるべし!返しのパットが曲がるか真っ直ぐかも考慮して打つべし!

 

前回、3パット撲滅のためには、

ロングパットの距離感を磨くべし!

という話をしたが(→記事はこちら)、

 

今回はグリーンの傾斜の読み方の話をしようと思う。

 

フックするかスライスするのか?

どのくらい曲がるのか?

上りと下りでの違いは?

 

といった話である。

 

しかし、

グリーンの傾斜の読み方

ってのは人それぞれですな!

 

ほとんど読まないでビタッと寄せる人もいれば、

念入りに読んで読んで読んで・・・

アサッテの方向に行く人もいる(笑)。

 

私も以前は全て勘で打っていたので、

アサッテの方に行くことも多々あったのであるが、

 

いつまでも勘では上達しないことを思い知り、

現在は念入りに傾斜を読むようにしている。

 

■浅次郎のグリーン上ルーティン

1、全体の傾斜を観察しながらグリーンに上がる。

2、まず歩測してボールからカップまでの距離を測る。

3、カップ側から傾斜を読む(曲がり幅を計算)。

4、ラインの横から上り下りの傾斜を読む(振り幅を計算)。

5、最後にボール側から傾斜を読む(確認)。

 

という流れである。

 

 

こんな感じですな。

 

大事なのは、具体的な数字を出しながら傾斜を読むこと。

 

例えば、

歩測して12歩

カップ3個分のフックライン・・・

下り傾斜だから振り幅は6歩くらい・・・(50%読み)

下り傾斜だからさらに2個分切れるか・・・

(最終的には振り幅6歩、カップ5個のフックライン)

 

ということを計算しながら傾斜を読む。

 

アドレスに入ったら余計なことを考えず、

最終的なジャッジを信じて打つだけ。

 

で、ラインの読み方は、

 

 

高低差が基本。

 

基本的には傾斜しか読まない(読めない)。

 

もちろん芝目も読めるなら読んだ方がいい。

 

芝目って何?

 

という方はこちら。

 

でも芝目を読むのは難しいよなー。

 

特に冬芝や天気が良くない日なんかは、

順目と逆目を判断するのも難しい。

 

そして・・・曲がり幅は

芝目より高低差の方が影響大きいからね。

 

これはグリーンにまつわるトリビア。

 

なるほど、

グリーンの外周は逆目なんだ・・・知らんかった。

確かに・・・グリーンの外から転がすと、

外周でブレーキ掛かる感じあるな。

 

あとカップの中を見てみるってのもやったことなかったなあ。

 

 

でもこれ、実戦だと・・・

よっぽどジロジロ見ないと分かんないけどね。

 

さて、

 

以上のことは・・・

 

「知っとるわ!」

「俺もやっとるわ!」

 

という方も多かったと思うが、

 

この記事を見に来てもらったみんなに

是非知っておいてもらいたいことがある。それは・・・

 

パッティング文字盤だ!

 

ゴルフデータ革命より抜粋

 

フックかスライスかは分かった!

上りか下りかも分かった!

 

でも・・・

どのくらい曲がるのか全然分からない!

って方は大勢いると思う。

 

偉そうなことを言ってる私も、

 

「え?そんなに曲がるんかい!」

「全然曲がらんやないかい!」

 

ってことはしょっちゅうである(笑)。

 

そこで非常に参考になるのが、

このパッティング文字盤。

 

 

基本は12時から6時の

「フォールライン」を見つけること。

(フォールライン:ボールを転がした時に真っ直ぐ落ちるライン)

 

フォールラインが見つかったら、

自分のボールが文字盤の何時にあるかを確認。

 

右半分(0~6時)ならフックライン

左半分(6~12時)ならスライスライン

 

・・・である。

(もちろん基本的な話であり、マウンドなどがあったら変わるぞ)

 

そして、ボールの曲がり幅は、

1時、2時・・・と大きくなり、

3時で最大となる(反対側は9時ね)。

 

この図は5フィート(約1.5m)の曲がり幅を示しているんだが、2%の傾斜であれば、真横の3時からは1.5mの距離でもボール2~3個は切れるってこと。これが3mになれば4~6個分は切れるわけで・・・もし傾斜の角度が分かるのであれば、曲がり幅も厳密に計算出来るわけだ。

 

もちろん、どのくらいの傾斜の時にどのくらい曲がるか?

なんて実戦で厳密に計算出来るはずもなく、

経験と練習で培う他ない。

 

しかしパッティング文字盤を使い、

ボールの位置が「何時」なのか?を把握することで、

 

・メチャクチャ曲がるのか?

・ちょっとしか曲がらないのか?

 

なんてことが分かって来ると思う。

 

で、次に注目してもらいたいのが、

 

下りのラインが大きく曲がるのに対して、

上りのラインはあんまり切れないってこと。

 

 

もう一度パッティング文字盤を見て頂きたい。

上りと下りでは球の曲がり方が全然違うと思う。

 

下りのパットが大きく曲がったから・・・

「思ったより曲がるな~~~!」

と考えながら返しのパットでも曲がりを計算して打つのは3パットの元。

 

そもそも、

球足が遅くなってから大きく曲がるのであり、

上りのラインはあまり傾斜の影響を受けないからだ。

 

「返しは真っ直ぐ」

 

というパッティング格言があるが、

これを厳密に言うと、

「カップ近くを通った下りのパットの返しは真っ直ぐ」

ということ。

 

なぜなら下りのパットは重力に従って曲がって行くのであり、

カップ近くを通ったのであれば、

ほぼフォールライン上にボールがあるからだ。

 

※下図は分かりやすくするために多少極端にしている。

 

5~7時のゾーンの上りのラインはほぼ真っ直ぐである。

よほどの傾斜じゃない限り、

切れたとしてもボール半個~1個程度。

 

なので5~7時の間に落ちた上りの返しは・・・

決してカップを外さないこと。

 

だから下りのラインは

出来るだけカップをオーバーさせることを心がけよう。

オーバーさせれば返しはほぼ真っすぐだ。

(ショートするともう一回曲がるラインを打たなければならない)

 

一方、難しいのは横からのパットで。

 

 

横からのパットがオーバーすると

フォールラインから外れやすいのである。

当然次も曲がるラインで打たねばならない。

 

 

距離が短くても難しいパットが残る。

真横からの1mのパットとか打ちたくないよね(笑)。

 

だから、

 

真横からのラインは、弱めに打って、

最初からカップの下を狙うことをオススメする。

(具体的にはカップの下30~50cmくらいに止めるイメージ)

 

 

カップの下5~7時の間なら・・・

1mだろうが2mだろうが真っ直ぐのライン。

真横からの1mのパットとは難易度が全く違うわな。

 

もちろん、

パットに自信があるならジャストタッチで打つべし。

タップイン出来るくらい寄せるのが一番いい。

 

しかし、

そもそも真横からのラインをカップインさせるのは至難の業である。

曲がり幅と強さが完全に一致しないと入らないからだ。

距離が3m以上ともなれば尚更で・・・

こういうケースでは最初から弱気の2パット狙いもアリだと思う。

 

パットがショートすると

「アマラインじゃん!」

「届かないと入らないよ!」

と言って小馬鹿にするやつがいるが、

 

 

こんなもんは

セックスする時にコンドームを使うか使わないか?

という話と同じで(え)、

ケースバイケースなのである。

 

真横からのラインはプロラインではなく

アマラインで打つべし!

 

最後に上りの場合。

 

 

キャディさんに

「どのくらい曲がりますかね?」と聞くと、

「ほとんど曲がりません」

という答えが返ってくることって多いよね。

 

その多くは「5~7時の上りのライン」で。

実際打ってみるとやっぱりほとんど真っ直ぐのことが多い。

 

パッティング文字盤でも7時からの曲がり幅は、

ボール半個程度(1.5mの距離)である。

 

大体の目安を書いておくか。

 

1.5m・・・ボール半個

3.0m・・・ボール1個

4.5m・・・ボール1.5個

6.0m・・・ボール2個

7.5m・・・ボール2.5個

9.0m・・・ボール3個

15.0m・・・ボール5個

21.0m・・・ボール7個

 

ね。仮に10mくらいあっても

カップ一個くらいの曲がり幅なのだ。

 

つまり、5~7時の上りのパットは

 

ほとんど曲がらない!

と思っておいていい。

(もちろん傾斜角やマウンドによって変わるぞ)

 

で、この場合は多少オーバーしたとしても・・・

 

 

大きく曲がることはないし、ほとんどフォールライン上。

つまり返しは下りでもほとんど曲がらないのだ。

 

ただし、アマラインで

大オーバーした場合は一転ピンチになるぞ。

 

 

下りの曲がるラインが残ってしまう。

 

逆にショートしたらどうなる?

 

 

これは、真っ直ぐの上りラインになりますな。

 

つまり、上りのロングパットは、

 

・プロラインでオーバーさせる(2ndパットは下りの真っ直ぐ)

・アマラインでショートさせる(2ndパットは上りの真っ直ぐ)

 

このドッチかがいいね。

 

強気で行くならプロライン、

大事に行くならアマライン。

 

こういう選択肢があると、

ロングパットの打ち方が変わって来ると思う。

 

これが・・・7時~8時(4~5時)になるとどうなる?

 

 

もうちょっと切れるんですな。目安としては、

1.5m・・・ボール1個

3.0m・・・ボール2個

4.5m・・・ボール3個

6.0m・・・ボール4個

7.5m・・・ボール5個

9.0m・・・ボール6個

15.0m・・・ボール10個

21.0m・・・ボール14個

 

こうなると1.5mでも強さによっては結構曲がるね。

オーバーした時の理屈はさっきと同じだが、

更にきつくなる感じで。

 

プロラインでオーバーすると、

 

 

下りの曲がるラインが残る。

 

アマラインでオーバーすると・・・

 

 

返しはほとんど真横からのラインとなり、

激ムズなパットを打つ羽目になる。

 

ショートすると?

 

 

真っ直ぐのフォールラインに寄って行くので、

2ndパットはやっぱりイージーになるね。

 

つまり、3パットを防ぐには・・・

上りのパットショートさせた方がいいのである。

 

もちろんフォールライン上(5~7時)の上りなら

多少強気で狙っても良い。

 

しかし7~9時、3~5時の上りは、

1mオーバーするだけで激ムズのパットが残ってしまう。

 

入れに行きたいのは重々分かる!

 

しかし、3パットを防ぐためには敢えてショートさせる・・・

という考え方も必要かもしれない。

(一応言っておくが、入れなければならないショートパットは別の話よ)

 

まとめよう。

 

■3パットを防ぐ傾斜攻略法

・パッティング文字盤を思い浮かべるべし。

・下りのパットはオーバーさせるべし。

・横からのパットは30~50cm下を狙うべし。

・上りのパットはショートさせるべし。

(ただし、5~7時はほとんど曲がらないので狙ってよし)

 

これを実践したとて、3パットが無くなるわけではない。

ただ少なからず3パットは減ると思う。

 

なお、パッティング文字盤は、

他人のパットを注意深く見ることで、

よりハッキリと浮かび上がって来るぞ!

(→同伴者のパッティングを見て自分のラインを見つけろ!

 

それから、パットの強弱は状況によっても変わるけんな。

(→パターは強め?弱め?状況によって変わる!

 

参考になれば嬉しい。

 

スポンサードリンク

 

さて、

今回は、くまもと中央CCに行ってきたぜ!

前回極寒で99叩いたんで・・・

リベンジじゃい!

 

 

IN42 OUT44の86。

 

この日も寒かったんだが、極寒というわけではなく、

グリーンも前半は多少凍っていたんだが、

後半は普通のコンディション。

 

くまもと中央CCはそもそもグリーンが広く、

この日はかなりデッドな位置にピンが切られていたのはあるんだが、

それにしてもパット38はアカンぜよ。

 

3パット撲滅は至上命題だな(笑)。

 

 

じわじわと平均スコアが落ちて来たなあ。

でも1月は寒いし、仕方ないよね(笑)。

これから挽回するぜー!

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【80切りを目指すゴルフ】今まで、パターで悩んだことはほとんどないのだが、最近3パットが多いのである。パーオンして3パットボギー、ボギーオンして3パットダボ・・・これらを減らさないと上には行けぬ。というわけで、3パット撲滅シリーズ!第一回は「ロングパットの距離感を磨く」である。そのための練習法は?

 

せっかくパーオンしたのに・・・

3パットでボギー!

 

あるいは、

 

必死でボギーオンしたのに

3パットでダボ・・・

 

これは、

 

「俺んとこ・・・来ないの?」

 

って気分になりますな?

 

 

元ネタ

 

パーオン率が上がるということは、

グリーンの端っこに乗る確率も上がるわけで、

比例してロングパットを打つことも多くなるわけだが、

 

巧いヤツはそのロングパットを

確実に1m以内につけてパーを取る。

 

私みたいなヘッポコなアマチュアは

2~3m残して3パットしてしまう(笑)。

 

ちなみに、

 

PGAツアープロが、

約1mを決める確率は約95%

約2mを決める確率は約60%

 

※1フィートは約30cm。

 

え?

 

1mと2mでこんなに違うの?

 

と思ったことだろう。

 

 

そう。こんなに違うのだ。

 

もちろん我々ヘッポコアマチュアは

プロに比べてもっと数字が落ちるわけだが、

(1mを決める確率は70~90%と言われている)

 

この1mと2mの関係性はプロと一緒で。

 

1m→2mになるとガクンと入る確率が落ちるのである。

 

もちろんショートパットはとても大事だが、

それよりもまず・・・

 

ファーストパット

できるだけ近くに寄せること!

 

がとってもとってもとっても大事なのだ。

入れてから1分以内に逝かないのと同じくらい大事だよマイダーリン。

 

そのために必要なのは何よりまず

ロングパットの距離感!

極端な上り下りがない限り10m以内はそう外れることもあるまい。

大事なのは10m以上、15m以上、20m以上の距離感である。

 

 

さっきの表と同じものだが、今度は長い距離を見てみよう。30フィート(約9m)を超えると急激に1パットの確率が落ち、3パットの確率が増える。PGAプロでも15mを超えると5回に一回は3パットしちゃうんだね。

 

今まで私は、

「パターはで大事なのはショートパットっしょ!」

という考えであったため、

パッティング練習場でも

ショートパットの練習ばかりしていた。

もちろんショートパットも重要である!

 

「いかにして穴に入れるか?」

 

というスケベなことばかり考えて練習していたのである。

(モテないわけだ。笑)

 

そして思い返せば、

10m以上の距離感の練習なんぞしたことがない。

一応10m、15m、20mの基準は持っているが、

じゃあ「17mは?」と言われるとほとんど勘・・・

「25mは?」と言われるともうサッパリである。

 

で、

 

ロングパットの練習法だが、

・10歩、15歩、20歩といった距離の目印を作る。

・芯で打つことを心掛ける。

・距離感を掴むまでひたすら練習。

 

 

距離感の出し方は、ストロークの振り幅でも、インパクトの強弱でもどっちでもいい(2つを併せてもいい)。個人的にはストロークの振り幅で調節した方がいいと思うが(→振り幅で打つ方法はこちら)、勘で打つ青木タイプの人は強弱の方がいいだろう。

 

最初は、平らなラインで。

次に、上りと下りで。

 

特に距離感が狂うのは傾斜がある場合であるが、一般的に上りの場合は110~130%増し。下りの場合は30~70%で打つ感じでいいと思う(グリーンの速さや芝目や傾斜の角度によって変わる)。

 

10歩、15歩、20歩の距離感が分かって来たら、その中間もやる。つまり12.5歩、17.5歩・・・といった具合だ。あと、打つ機会は少ないが25歩や30歩もやっておく。この距離を2m以内に寄せられると大きい。

 

後は、延々と繰り返しである。

 

残念ながら、パターの距離感ばかりは、

反復練習によって掴むしかない。

 

ロングパットは経験である程度までは寄せられるが、

1~2m以内に寄せるには+努力が必要である。

 

今年はパターの練習を重点的にしたいと思う。

 

(お、遅いわ!)

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

今回は不知火カントリークラブに行ってきた。

 

距離は短いが非常に狭くてアップダウンが激しいコース。

名物の9番ショートホールは、

なんと高低差100ヤードの打ち下ろし(日本一らしい)。

 

海岸沿いのコースで風も強く・・・

コースを知っとかないと結構難しいんだよねココ。

 

 

OUT43、IN47の90。

 

この日は暖かくて美風。

言い訳出来ないコンディションだったけど、

OB3発も打っちゃった(テヘペロ)。

 

後半のINは何かを企画している友人が

私の全てのショットを撮影したので、

後日動画で公開するかもしれん。

スコア的にもショット的にもイマイチだったので恥ずかしいのだけど(笑)。

 

 

借金が増えていくなぁ(笑)

 

しかしこれは上に行くための必要経費。

 

絶対諦めないぜ!

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【80切りを目指すゴルフ】ゴルフでは「腰から腰のビジネスゾーン(インパクトゾーン)」が大事って言うが・・・この練習をしているアマチュアはほとんどいない。皆フルスイングの練習ばかりである。なぜ、「腰から腰のビジネスゾーン」が大事なのか?大事なポイントは?腰から腰!両脇は締めたまま!身体の回転で打つ!

 

ビジネスゾーンの名前の由来は、

 

「この範囲さえ完璧ならゴルフでビジネス出来る(飯が食える)」

 

という意味から来ている。

 

 

右の腰から・・・

 

 

左の腰まで。

 

 

これがゴルフにおけるビジネスゾーンであり、

 

簡単に言えば、

 

このビジネスゾーン以外は、

どんなに変則でもオッケーなのである。

 

もちろん、

アドレスも大事だし、トップも大事だし、フォローも大事。

 

しかしビジネスゾーンさえシッカリしていれば、

きっちり分厚くインパクト出来るのであり、

強い球を真っ直ぐ打てるゴルファーは

例外なくこのビジネスゾーンのスイングがシッカリしているのだ。

 

我々アマチュアは・・・

 

練習のほとんどを「フルスイング」の練習に費やすが、

 

本当は、

 

練習のほとんどを「ビジネスゾーン」の練習に費やさねばならない。

 

では、どうやって練習したらいいのか・・・

 

最重要ポイントを3つ挙げておく。

 

・腰から腰のスイング!

・両脇は締めたまま!

・身体の回転で打つ!

 

アドレスの前傾を保て!とか・・・腕の三角形を意識しろ!とか・・・頭を動かすな!とか・・・フェースの向きはこうだ!とか・・・シャフトの位置はこうだ!とか、細かいポイントは沢山あるんだが、大事なのは上の3つである。

 

とにかく両脇を締めて、腰から腰。

そして手で打つのではなく、身体の回転で打つのだ。

小さく鋭くズバッ!と回す感じ。

 

最初はPWやショートアイアンでオッケー。

(上手く打てるようになったらロングアイアンやウッドも打ってみるといい)

 

すると、

最初はミスも出るだろうけど、

ナイスなストレートボールがたまに出るはずだ。

 

この球を毎回打てるようになるまで、

色々と微調整しつつ、

 

練習。

 

練習。

 

練習。

 

これが出来るようになると、

 

劇的に、手打ちが直るゾ!

 

そして驚きなのが飛距離。

腰から腰だと飛ばないでしょ?と思うかもしれんが、

これが意外と飛ぶのである。

 

私の場合、

腰から腰のPWで100~110ヤード位飛ぶ。

 

私のPWのフルショットは120ヤードくらい。

(最近はもうフルショットで打つことないけど)

 

つまり、腰から腰できっちり打てるようになれば、

フルショットどころか

スリークォーターショットも必要なくなるのだ。

 

(ずっと勘違いしていたが、腰から腰が本当のハーフショットだな)

(で、我々がスリークォーターと思ってるスイングが・・・実はフルショット)

 

ゴルフは、

トップの位置を上げれば上げるほどミスが出るスポーツ。

トップの位置を下げれば下げるほど確実性が増すぞ!

 

まあ、これを見てるテウチーナゴルファーは、

騙されたと思って、

ビジネスゾーンの練習を徹底してやってみてくれ。

 

きっと変わる。劇的に。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

バンテリンレディースの余韻が残る・・・

熊本空港カントリークラブに行って来たぜ!

 

熊本空港CCのキャディさんと写真撮影。

 

プロのトーナメントが行われた直後とあって、

グリーンはキレキレの鬼速。

まるでツルツルのオッパイグリーン。

 

さらに晴天が続いたのもあってかグリーン鬼固。

まるでカチカチの10代チンコグリーン。

 

直接グリーン面にボールに落ちると

 

「なつみーーーッ!!」

 

 

という声がして逝ってしまうのである。

 

じゃなかった(笑)、

 

コーンという音がして奥まで転がって行くのである。

 

なるほどプロの球は、

グリーンに落ちてもスピンが効いてるから止まるのであって、

(そう言えば、プロの球でも結構弾かれていたな)

我々のへなちょこボールが止まるわけないのである。

 

さて、スコアの方は・・・

 

 

IN45、OUT45の90。

 

まあしかし・・・グリーンにゃ乗らねー乗らねー(笑)。

これは乗ったろー!ってナイスショットも

グリーンに行ってみると奥にこぼれているのである。

 

先日のバンテリンレディースで桃子が池ポチャした18番ロング。

ドライバーがフェアウェイど真ん中に飛んで、

エッジまで残り190ヤード、ピンまで205ヤード。

(このロングは456ヤードと短い)

 

果敢に7Wを振り抜き、

ピン一直線に飛んでいったのだが・・・

 

無残にもグリーンオーバーして難しい左足下がりのラフ。

グリーンは手前の池に向かって鬼速である。

3打目はチョロって4打目も寄らず・・・2パットのボギー。

 

桃子ー!仇取れなかったぞなー!

 

しかし、やっぱキレキレのオッパイグリーンは面白いな!

3パットも沢山したが、

寄せワンが結構取れたし、

パーが7個も取れたし、

なかなか良いラウンドだったと思う。

 

反省は2発のドライバーOBとアウト6番のストリ。

 

なんだかちょっとずつ良くなってきた気がする。

 

マイレボリューションはまだか?(笑)

 

 

 

アプローチが良くなって寄せワンが取れるようになってきた。

パーオン率も大事だが、

寄せワンの確率を上げるのはもっと大事だな。

 

ちなみに、ビジネスゾーンの練習をすると、

アプローチも良くなると思う。

アプローチのミスは大概「手打ち」だけんな!

 

松山英樹がルール誤認でペナルティ パー3で「8」も

松山くんでも8打つのである。我々が打ったとしても嘆くことはない。それもゴルフである。

 

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc