上達に悩む40代、50代のアマゴルファーに無料プレゼント!

第15回空港周辺地区オープンゴルフ大会予選(熊本)に出場して来たぜ!

【80切りを目指すゴルフ】2018年7月19日、第15回空港周辺地区オープンゴルフ大会、一般男子予選(熊本空港カントリークラブ)に参加して来たぜ!熊本の強豪アマチュアが参加するオープンゴルフ大会(参加人数約250人)だが、浅次郎の結果はどうだった?予選通った?ギリギリの87位(1会場あたり90位まで)で予選突破じゃ!

 

表題の通り、

「第15回空港周辺地区オープンゴルフ大会」

に出場して来たのである。

 

 

浅次郎は今までエンジョイゴルフしかやったことがなく・・・

 

これで、競技ゴルフ童貞喪失である。

 

場所は「熊本空港カントリークラブ」。

 

毎年女子ゴルフのバンテリンレディースが行われている名門コース。

ぶっ倒れそうなくらいの猛暑快晴(気温は36~37度)。微風。

ティーはフルバック(数ホールは一つ前のティー)。

総距離は約6,980ヤード。

 

いつも6200~6500位のレギュラーティでプレイしている私にとって、

これはとてつもなく長い距離である。

 

ラッキー?なことに一組目でティーオフ。

 

緊張した面持ちの浅次郎(笑)。

 

大勢のギャラリー(後続組)が見つめる中、

記念すべき最初のティーショットはフェアウェイど真ん中。

 

いえーい!

 

良かった~~~!

 

さて、

 

結果は・・・

 

 

OUT49、IN44の93!

 

この日は完全に試合仕様のゴルフでね。

 

ドライバーはもうハーフショットのイメージで方向重視。

(絶対に林に入れない気持ちで!)

 

基本的にボギーオン狙い。

(ライが良く、距離的に狙える時のみパーオンを狙う)

 

そして、林、バンカー、池などを徹底して避ける戦略で臨んだのである。

 

全体的にその戦略で問題なかったのであるが、

 

誤算があった。

 

パターである。

 

打てないのである。

 

いつもならズコン!と打てる1~2mの距離も、

ペチっ・・・となってショートしてしまうのである。

 

今回のグリーンの速さは9フィート。

いつもとそう変わらん速さであり、

いつも通りに打てば問題なかったのであるが・・・

 

なんか・・・

打てないのである。

 

どうしても弱くなってしまうのだ。

これはきっと試合ならではの副作用でしょうなあ。

 

パット数33で悪くないように見えるが、

この日は最初からパーオンを狙ってないからね。

簡単な真っ直ぐ上りのショートパットを3回ほど外したのがヒジョーに痛かった。

 

それから・・・

これは誤算というよりアンラッキー

6番のOBは、

実はOBではなくロストボールである。

 

今回キャディ付きの試合でね。

「大丈夫じゃね?」という球でも、

OBやロストボールの可能性がちょっとでもある場合は、

 

「すみません。暫定球をお願いしまーす!」

 

と言われて打ち直しするわけだ。

(試合なのでロストボールは打ち直しである。もちろんプレイング4もないし、ペナルティを払ってその辺から打つ!なんてことも出来ない。エンジョイゴルフなら進行優先でいいんだけどね)

 

この6番ホール・・・

危険なのは右の林のOB。そしてバンカー。深いラフ。

左のラフは窪んではいるものの、

広く開けていて落ちてしまえばフラット。

だから、

このホールは出来るだけ右を避けたいホールなのである。

 

 

・・・という心理が働いたのか・・・私の球は左に真っ直ぐ。

 

短いホールなんでね。

フェアウェイならパーオンを狙うつもりだったが、

左のラフなら打ち上げになるし、ラフが深いし、

こりゃ3オン狙いだな!

 

なんて考えていたのである。

 

もちろんキャディさんも怪しむ素振りなし。

ボールが失くなることなど全く想定してなかったのだ。

 

しかし、

 

ボールは見つからなかった。

 

キャディさんはもちろん同伴者も懸命に探してくれたんだが、

多分7~8分くらいは探したと思うんだが、

 

ボールはロストしてしまったのだ。

 

うん。

 

それはいい。

 

ゴルフやってりゃ・・・

 

「なんでボールねえんだよ!」

 

なんてよくある話である。

 

問題は、

 

ティーグラウンドに戻って、

打ち直しをせねばならんことである。

 

当然後ろの組は、

「まだかよ~」という感じで待っているのである。

(すでに2組待っていたのである)

 

きっと、

 

「まだ探してるよー」

「暫定球打ってねーのかよー」

「無いなら無いで早く打ち直せよー」

 

と思って待っているに違いないのだ(私だってそう思う)。

 

そんな重い空気の中、

謝罪と言い訳をしながら、

息を切らした状態で、

なんでボールねえんだ!と思いつつ、

すんませんすんません!と思いつつ、

厳しい目にさらされながら、

打ち直しをせねばならん私の精神状態を推し量って頂きたい。

(親切にも「ごゆっくりどうぞ」と言って頂いたが)

 

「絶対にミス出来ないショット」

 

とはこういうショットのことを言うのだろう。

 

だって、その状態でボールひん曲げたりしてみ?

 

「ざ、暫定球お願いしまーす!」

 

って言われるわけで(ヒィィィ!)、

 

後続の方々には、

 

「おまえ、打ち直しがそれかよ!」

 

って思われるに決まっとるし、

 

打ち直しがOBとかなったらさすがにもう・・・

 

試合終了だけんな。

 

(いや、さすがに無理。笑)

 

幸いにも、

打ち直しのボールは見えるところに飛び・・・3オンの2パット。

このホールはトリプルボギーで済んだ。

 

しかし、初めての試合で・・・

ロストボールでトリプルボギーを叩いたダメージは大きく、

 

「何とか取り返さなければ!」

 

と思ってしまったのである。

 

ギャンブルでもスポーツでも仕事でもそうだが・・・

 

「無理して取り返そう」

 

とするとロクなことにならないのが世の常である(笑)。

 

 

攻め気は忘れちゃならんが、

攻めに気を取られると・・・

ベルギーの高速カウンターを食らうのである。

 

私の場合、

 

「7番は打ち上げ+ドッグレッグの難関ホールで無理。8番のショートも199ヤードと長いからここもボギーが精一杯だろう。9番は590ヤードと長いロングだが・・・ここでパーを取るしかない」

 

と考えたのだ。

 

そして、予定通り、

7番ボギー8番ボギーで来て・・・9番ホールの3打目。

 

 

こんな感じで残りは180~190ヤードくらいであった。

 

幸いフェアウェイだったのでライは良かったのであるが、

 

問題は・・・せり出した右の林。

 

グリーンを狙うにはギリギリのところを狙わねばならんのだ。

ちょっとでも右に出れば林に捕まる角度。

そしてグリーンの周りはバンカーだらけ。

 

普通に考えれば、

こんな条件の185ヤードショットがグリーンに乗る訳がなく、

仮にナイスショットが出たとしても、

ガードバンカーに捕まるのがオチである。

 

徹底してボギーオン狙いで行けば良かったのであるが、

私はここでパーを取って、

さっきのトリプルボギーを取り返せねばならん!と思っていたのだ。

 

そしてユーティリティで放ったショットは、

お約束のように、

バサァハァ!

と音を立てて林に捕まり、

深いラフからの4打目はダフって飛ばず、

さらに深いラフからの5打目はショート。

6打目でやっと乗って2パット・・・致命的なトリプルボギー。

 

トリプルボギーを取り返そうとして、

トリプルボギーを打つという悪循環。

 

いやね、

 

反省しましたよ(笑)。

 

どんな結果であろうとそれを受け入れ、

「その場の最善を尽くす」

ことが大事ですな。

 

 

そう。

 

18ホールかけて取り返す!

 

という気持ちでやれば良かったのだ。

 

決して、出来ないことをしてはいかん。

 

ゴルフに奇跡は起こらない。

 

これは休憩中の会話。

 

鬼ヤンベ「諦めるんじゃねえぞ!」

浅次郎「全然諦めてねえわ!しかし、厳しいなぁ!」

鬼ヤンベ「40台前半出せばイケる」

浅次郎「43目標で行く!パー3つにダボ1つ(笑)」

 

 

で、

 

後半はさらに徹底して、

ボギーオン狙いに切り替えたわけ。

 

そしたら、

寄せワンのパーが2つ、

ナイスオンからのパーが1つ来て、予定通りパーが3つ。

 

最後の3パットダボが痛恨であったが、

 

なんとか44。

 

トータルスコアは93・・・。

 

「予選通るかな?」

「厳しいんじゃね?」

「せめてあと1つ伸ばしてれば・・・」

 

私達がクラブハウスを後にする時、

すでに6組ほどがホールアウトしてたんだが・・・

私のスコア93はビリケツであった。

 

「レ、レベル高え・・・こりゃ無理だ・・・(しょんぼり)」

 

夕方・・・

熊本空港カントリークラブのホームページで結果を確認。

 

結果は・・・

 

 

ん???

 

どこだどこだ?

 

(浅次郎の本名は蠣原和生)

 

 

は、87位!

 

予選通過は90位までだから・・・

 

ギリギリ通った!

 

しかも93の同スコアは6名おり、

その内2名はカットされているのである。

(マッチング方式なので、同スコアの場合INの成績で決まる)

 

マジでギリギリ!

 

最後まで諦めなくて良かったよ安西先生!

 

ちなみに、

 

鬼ヤンベは37、40の77で・・・予選4位通過。

 

あんた・・・上手い上手いとは思っていたが、

 

マジでスゴイ人なのね(敬礼)。

 

というわけで・・・

 

予選通過おめでとう浅次郎!

 

喜び勇んで我が家の奥様に報告したのだが、

 

「ふーん。良かったね」

 

で終わり。

 

なんか寂しいので、

 

自分で自分におめでとうと言っておく(笑)。

 

 

決勝は8月10日(菊池CC)と9月7日(高遊原CC)。

なので・・・それまではバックティーからの練習ラウンドが増えるだろうから、

平均スコア・パーオン率等はかなり落ちると思われる。

 

しかし、バックティーからの経験は、

確実にレベルアップに繋がるだろう・・・。

これで一皮剥けるか?

 

バックティーからでも普通に80台で回れるようになりたいね~。

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

    スポンサードリンク

    一緒に読みたい関連記事

    ■練習しても全然上手くならない40代、50代のアマゴルファーへ!

    4件のコメント

    • 喜代ちゃん

      見ている方は楽しいですが 大変でしたねー ロスト、戻って打ち直し!くぉっ。
      その中で……本当におめでとうございます! いや 男 浅次郎ー大健闘です。いきなり決勝ですね!頑張って欲しいです。
      あれま、鬼ヤンベさん…えっ、よ、4位?別格と思ってましたが! スゲェ 是非 優勝して頂きたいです。よし、また美味い物を持っていくべ!決勝頑張ってー!

      • ロストボールで戻って打ち直しは辛かったっす(笑)。
        でも、良い経験になりました。
        もう一度同じ目に遭ってたとしても・・・もうちょっと余裕が出るでしょう。
        決勝頑張ります!

    • 本田慶太

      結果報告、楽しみに待っていました。

      予選通過、おめでとーございます!(^^)!

      ロストの打ち直しはキツかったですね~
      恥ずかしいやら、申し訳ないやら、打ち直しでのヘマはできないやら・・・
      心境をお察しします。
      が、これも経験です!
      やっていると、そのうちなれていきます。

      決勝、頑張ってくださいね~

      • 有難うございます~!
        不甲斐ない結果で申し訳ないですが、なんとか予選通ったんで良かったです!
        おっしゃるように、打ち直しも経験ですね。
        次同じことになったらやっぱり緊張すると思いますが(笑)。
        決勝頑張るぜー!

    コメントを残す