上達に悩む40代、50代のアマゴルファーに無料プレゼント!

引っ掛けの原因は右肩に?インサイドインの秘訣は?

【80切りを目指すゴルフ】ゴルフ中級者に多い悩み「引っ掛け」「チーピン」だが、この原因は何?アウトサイドイン軌道でフェースが閉じてるのが原因なのだが、じゃあ、そもそも何故アマチュアは「アウトサイドイン」になりやすく「インサイドイン」のスイングが出来ないのか?その秘密は右肩にあった?右肩は下に落とせ?

 

スライスが直ったあとの段階で・・・

引っ掛け!

で悩むアマチュアゴルファーは多いと思う。

 

あるいは、

 

ナイスショット連発していたのに、

急に引っ掛けが止まらなくなった!

という中級者も多いと思う。

(私もよくそうなってしまう。笑)

 

その原因は、

「アウトサイドイン軌道」+「シャットフェース」

なのであるが、

 

もちろん、捕まった球を打つためには

「シャットフェース(閉じたフェース)」は必須である。

 

「インサイドイン軌道」+「シャットフェース」

 

がゴルフの理想なのであり、

球が捕まるようになってやっと

ゴルフの面白さが分かってくるのである。

 

なので引っ掛けの原因は、

「アウトサイドイン軌道」にあるわけだが・・・

 

では何故、我々のスイングは

 

「アウトサイドイン軌道」

 

になってしまうのだろうか?

 

もちろんこれには色んな原因があるわけだが、

 

もしかしたら、

 

この動画があなたの役に立つかもしれない。

 

 

この動画は「飛ばすための秘訣」というコンセプトであるが、

インサイドイン軌道のスイングを作る上で、

非常に大事なことを教えてくれる。

 

そう、アウトサイドイン軌道になる大きな原因が・・・

 

「右肩」

 

にあるのだ。

 

え?

 

マジっすか?

 

マジっす。

 

多くのアマチュアは、

 

・頭を動かさない

・脇を締める

・スイング軌道

 

といったことには気をつけるが、

切り返しの「右肩の動き」には

全く無頓着である。

(私もこの動画を見るまで無頓着であった。笑)

 

しかし考えてみれば当然の話で、

 

切り返しで右肩が先に前に出てしまえば、

当たり前のように

クラブも「アウトサイド」から降りてしまうのである。

 

 

だから、

右肩は前に出すべからず!

 

 

右肩は下に落とすべし!

 

である。

 

は、はうあ!

 

 

と叫んだゴルフオヤジ多数だと思うが(笑)、

 

これは「頭を動かさない」というポイントと似て非なるもので、

仮に頭が動かなくても

右肩が前に出ればアウトサイドインになっちゃうのだ。

 

いや・・・おそらくだが、

右肩が前に出るスイングで、

頭を動かさないってのは無理なんじゃないか?

 

また、「上半身のツッコミ」と

「右肩」も連動しているような気がするな。

 

つまり、

 

右肩を前に出さず、下に落とせば、

自動的に頭も残りやすいし、

上半身のツッコミも改善されるのではないかと。

 

もしかしたら、

私の長年のスイングの懸念である・・・

「切り返し時の若干のツッコミ」

もこれが原因かもしれん。

 

じゃあ、具体的にどうすればいいか・・・?

 

動画でもあった通り、

 

胸の真ん中が、右足首の上にあるイメージで切り返す!

 

右肩は前じゃなく下へ!ゆっくりでOK!

 

この2つを意識して練習するべし。

 

そう言えば2年ほど前、松山くんのスイングを見ていて、

 

「右向いたままスイング!」

 

という技?を編み出したのだが(→その時の記事はこちら)、

理論的にはこれと物凄く近いものがあるな。

 

ただ「右向いたまま」というイメージだけだと、

右肩が前に出た場合にどうしようもなく・・・

引っ掛けが出てしまったわけだ。

 

今回の話は、

スライス脱却したばかりの中級者や

謎の引っ掛けに悩む諸兄にとって

「復活の呪文」になるかもしれんぞ。

 

まとめておこう。

 

■引っ掛けを直す方法

・インサイドイン軌道をマスターすべし!

・右肩は前に出すべからず!

・胸は右足の上!右肩は下へ!

 

あ、一応言っておくが、胸は右に残したままだとダメだよん。そのままだと右に体重が残っちゃうからね。グリップと同調してクルンと回してやろう(グリップは常に胸の前の意識)。また、「右肩は下へ」というのはイメージの問題であり、実際に右肩をガクンと落とすわけではない。これをやってしまうとクラブが落ちてダフってしまうぞ。

 

しかしこれ・・・難しいわ・・・。

半年~1年レベルで取り組まんといかんな。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

今回は、高遊原カントリークラブに行ってきたぞ!

 

スコアの方は・・・

 

 

IN44、OUT41の85。

 

相変わらず出鼻ホールでトラブってしまうんだが(笑)、

この日のミスは全部引っ掛けで。

 

しかも運が悪いことに、

木の真下が3回ほどあったのである。

 

普通、どんなにアンラッキーでも

「ちょいと出すだけでも超むず!」という状態は少ないわけだけど、

最初のトラブルがまさにこれで。

パターを使って10ヤード打つのが精一杯。

結局乗らず寄らずでダボ。

 

次のホールも全く同じ状況で大木の真下。

 

右打ちではどうやっても無理だったので、

左打ちにチャレンジ(笑)。

7番アイアンをひっくり返してチョン。

15ヤードほどコロコロと転がって大成功。

おお、意外と上手く行くもんだな~。

しかしこれも練習しておいた方がいいな。

左打ちで30ヤード飛ばせればトラブル時の武器になり得る。

 

前半は初っ端のダボダボが響いて44。

 

後半の3番でもまたもや木の根元に打ち込み・・・

出すだけ→乗らず→寄らず→3パットでストリ。

まあこれはこれでしょうがないんだが、

成長したのはその後をまとめて41で上がったことやな。

 

この日の圧巻は5番ショート。

175ヤードと長め。

左は崖下即OBの難ホールである。

いつもなら手前にショートするか、

右のサブグリーンにナイスオンしちゃうのであるが・・・(笑)

5番アイアンで放ったショットは

カシュッ!という心地いいインパクト音と共に

軽いドローでピンと重なり・・・

 

根本に着弾!

 

右チクビから左チクビまでの距離。

 

いわゆる、オッパイバーディであった。

 

 

いや、このショットに限らず、

この日はアイアンが好調で・・・パーオン9回。

惜しいバーディーパットも結構あったのである。

 

アイアンは6割ショット。

喜代ちゃん実践してまっせー!

 

 

 

優作、賞金王おめでとう。

読売で8アンダーって・・・最終日強かったなあ。

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

    スポンサードリンク

    一緒に読みたい関連記事

    ■練習しても全然上手くならない40代、50代のアマゴルファーへ!

    10件のコメント

    • 喜代ちゃん

      浅さん、いや…師匠おはようございます。
      引っ掛け防止の究極アドバイスですねー
      右肩は下がっては いけんッ!とは、よく考えれば「初心者」の頃の話しで…
      マジで はうあ!でした。すぐ取り組みます。
      あっ、SW帝王さん これ凄くない?

      • どもども!初心者に対する
        「右肩を下げたらダメ!肩はレベルで回せ!」
        という教え方も正しいと思います。
        右肩が下がるとダフったり、アッパーになりますからね。

        しかしこの考え方だけだと右肩が前に出やすいので、
        アウトサイドからクラブが降りやすいのでは・・・?
        (だから初心者はアウトサイドインのスライスが多い?)

        ちょっとでもアウトサイドから入れば引っ掛けになるのがゴルフ。
        常にインサイドアタックが出来るようになりたいっす!

    • マンダム

      浅次郎さん、こんにちは!
      いつもこっちは読むだけ読者だったのですが、今回の記事が余りにもタイムリーだったので
      コメントさせて貰います!

      ちょうど先々週まで完璧だったドライバーとロングアイアンが
      先週いきなり引っ掛けが止まらなくなって、次にラウンド行くのが怖くなってた所で
      天啓のような記事でした(>_<)
      確かに右肩を下げるなとは教わってきているので、いきなり改造は難しいですが
      次のラウンドの時は右肩を意識してみます!!

      今年の夏に初めて79を出しまして、その再現に向かって努力有るのみ!
      後はパターが改善されれば・・・パター・・・パターが・・・(T_T)

      • あれ?マンダムさん?ゴルフもされるんですね!
        しかも79とか・・・めちゃくちゃ上手いじゃないですか!

        引っ掛けの原因は色々とありますが、
        完璧だったドライバーが引っ掛けになるのは

        ・微妙に体の回転が止まっている(右に体重が残っている?)
        ・微妙にアウトサイドインから降りている

        のドッチか・・・ではないかと。
        で、アウトサイドインから降りている場合は、
        右肩が微妙に前に出ている可能性があるのかもしれません。

        「右肩は下」はイメージだけでも効果あると思います・・・私も練習中です(笑)。

        • マンダム

          70台はそれ一回限りで、その時は「ついに自分のゴルフを手に入れてしまった(キリ」
          なんて調子に乗ったらこのザマですw

          ご指摘の部分注意して年内後2ラウンド予定なので修正したいと思います!

          • あ、引っ掛けはタイミングの問題もあるかもです。
            どこまで行ってもゴルフは悩みが尽きません(笑)

    • SWの帝王

      朝次郎~、難しい..(ToT)
      右肩下げようとすると、アッパーになりすぎてテンプラするわ、ダブルスわで..
      まだまだ俺には難しいと思われる

      喜代ちゃん、6割ショットは素晴らしい!
      ミスの確立が全く違います!
      考察するに、抽象的にゆっくり振ろうじゃなくて、6割で!って具体的な数字を頭に浮かべる事で打ち急ぎがなくなるんじゃないかと..
      ゆっくり振った方が良いってのは誰でもわかってはいるものの中々できないわけで..
      それを数字を明確にする事で体現できるんじよないかと思います!
      朝次郎、26日の今年最後のプレー見ておけよ(^.^)

      • 右肩の動きはほんと難しいねー。
        ただ、右肩が前に出ると確実にアウトサイドインになっちゃうからねー。
        6割ショットはほんと素晴らしいわ。
        6割って思ってても実際8割位になっちゃうからちょうどいいんだと思う。
        練習するべし!

    • 喜代ちゃん

      SM帝王さんへ
      ドライバーにヘッドカバーを付けたままでいきなりインパクトの形をとってゆっくり(超スロー)フォロースルー:フィニッシュして下さい。これを3回、但しヘッドの向きは全く無視してOK。この時、顔を残し左脇と心臓の間を意識して回転する。

      どこに一番力が入りましたか?
      握力では!帝王さんは野球をなされてますので通常の方より力が入り、手首も使いやすいと想像します。浅さんがよく女子プロを例に挙げ、あの握力で250Y近く飛びます。

      小生からはここまで!
      帝王さんは何か気づくと思いますが!
      あと、アプローチはしっかりと!
      26日頑張れ〜!

      • SWの帝王

        喜代ちゃん、
        ありがとうございます!
        やってみますね!

    コメントを残す