上達に悩む40代、50代のアマゴルファーに無料プレゼント!

同伴者のパットを見て、自分のラインを読む方法。

【80切りを目指すゴルフ】パッティングにおいて「フックかスライスか分からない」「どのくらい曲がるかわからない」「曲がると思ったら真っ直ぐだった」というアマチュアゴルファーは多いと思う。そんな方に考えて欲しいのが「パッティング文字盤(フォールライン)」と「他人のパッティングライン」。これで自分のラインが分かる?

 

グリーンに乗ったはいいけども・・・

 

フックするのかスライスするのか分からん!」

どのくらい曲がるか分からん!」

 

という方はとても多いと思う。

 

まあ、曲がり幅なんてのは

パッティングの強さによっても変わるわけで、

一概には言えないわけだが、

 

ヘッポコなアマチュアでも・・・だいたいの

ラインが分かってしまう方法

があるとすればどうだろう?

 

知りたくないだろうか?

 

利用するのは、

前々回の記事で紹介した

パッティング文字盤

 

パッティング文字盤の基本はこちら

 

グリーン上にこのパッティング文字盤をイメージ出来れば、

 

ドッチに曲がるのか?

どのくらい曲がるのか?

 

が、簡単に分かってしまうのだ!

(もちろんグリーン形状や芝目にもよるので一概には言えない)

(真っ平らなグリーンはない。そう見えても必ず微妙な傾斜がある)

 

だけんどもしかし!

 

 

このパッティング文字盤には重大な問題がひとつあってね。それは・・・

 

ライン読みの基本となる、

フォールライン(12時→6時のライン)

を見つけるのは難しい!

 

という大問題があるのだ。

 

これはグリーンに立って見れば分かるが、

正確にフォールラインを読むのはとても難しいのである。

 

「アッチからコッチかな?」

「いや、コッチに流れるか・・・」

 

試しにボールを転がしてみれば簡単に分かるのだが、

(真っ直ぐカップに転がるラインがフォールライン)

 

ラウンド中にそれをやったらペナルティである(笑)。

 

しかし、一つだけ、合法的に、

フォールラインを発見する方法がありますな。

 

そう。

同伴者のパットを観察すれば良いのだ!

(先に打つ場合は自分のパットを観察)

 

例えば!

 

同伴者が下りの10mのパットを打ったとしますな。

で、全然曲がらずにコロコロとカップに向かって転がったとする。

すると。。。

 

 

そのラインは当然フォールラインなのである。

 

であれば・・・

自分のボールがフォールラインに対して、

1~5時サイドにあればフックライン。

7~11時サイドにあればスライスライン。

であることが理論付け出来るよね?

 

曲がり幅は3時や9時(真横)に近づくほど大きくなり、

上りより下りの方が大きくなる・・・である。

 

これは非常に分かりやすい例だが、

真っ直ぐ転がる=フォールライン

だと認識するのとしないのとでは大違いである。

 

次、

 

同伴者の下りのパットが、フックした場合。

 

 

下りのラインでフックした場合、そのボールは1~2時付近から打ったことになる。曲がり幅によって何時から打ったかイメージ出来るわけだが、

 

・チョットしか曲がらない→1時くらい

・結構曲がった→2時くらい

 

といった判断が出来るわけ。つまり、フォールラインは打つ方から見てその右側。12時の方向にあるのだ。

 

この判断が出来れば、自分のボールが大体「何時」にあるのか分かるわけで、「何時」にあるのかが分かれば、フックするのかスライスするのか、曲がり幅はどのくらいか・・・もイメージ出来るよな。

 

次、同伴者のパットが、かなりフックした場合。そしてカップ回りで急激に切れたりした場合は・・

 

これは真横からのパットだった可能性が高く、3時付近から(逆からなら9時)のパットだったことが分かるな。そうなると・・・フォールラインはその位置から約90度の方向である。

 

自分のボールが反対側ならスライスだし、90度下なら上りの真っ直ぐである。

 

次、上りの場合。

 

あ、そうそう。他人のパットが上りか下りかを判断するのは難しいよね(微妙な傾斜の場合は特に)。でも、球の転がり・伸びを見ると大概分かるわけで、カップ回りでギュッとブレーキが掛かる場合は大概上りである。逆に止まりそうで止まらない場合は大概下りである(もちろんボールの回転にもよる)。

 

で、上りで、フックの場合は・・

 

 

4~5時付近である可能性が高い。

上りだとあまり曲がらないので注意が必要。

 

この時のフォールラインは打つ方から見て左側。

 

最後に、上り真っ直ぐだった場合、

 

 

これも当然フォールライン確定である。

 

ただ、上りの5時や7時でも・・・そもそもそんなに切れないので、

(切れてもボール半個~カップ1個くらい)

 

そのままフォールラインを確定してしまうと、

1時間ほどズレが生じるかもしれないので注意が必要だ。

 

わかりやすいのは、

「ラインは真っ直ぐだが、球の勢いが失くなってからクイッとフック」

みたいな時で、

 

 

このケースは、ほぼフォールライン上だが、ちょいと5時寄り・・・ってことがわかる。この場合のフォールラインは打つ方から見てチョイ左である。

 

例えばこの時、自分のボールが右側(黄色のライン)にあれば更にフックするわけだし、左側(水色のライン)にあれば、真っ直ぐのラインであると理詰めで判断出来るよね。

 

 

ほとんど同じような位置からのパッティングでも

右側と左側で違うってわけ。

 

この理詰めで判断出来る!ってのが大事で。

 

これを知らないと、

 

「真っ直ぐだと思うんだけど、同伴者はカップ際でフックしたからなあ・・・同じようなラインのはずだし、俺もフックで打とうっと!」

 

と思いつつフックで打つと・・・全然曲がらずに

カップ横を通り過ぎるのである。

 

あるあるあるある!

 

 

(カップ回りにだけ傾斜がある場合は別だけどね)

 

フックラインをメインに説明してきたけど、

スライスラインも考え方は一緒。

 

実は、多くのアマチュアは(きっとあなたも)、この辺のことを

 

「勘」「経験」

 

である程度は分かっているのである。

 

「だいたいこのくらい曲がるだろ!」

 

ってね。

 

しかし理論で分かってるわけではないので、

スライスとフックを間違えてしまったり、

曲がり幅を読めなかったり、

曲がると思っても曲がらなかったりするのである。

 

勘や経験は、錯覚や視覚情報(他人のパット)によって簡単に狂うからだ。

 

今回言いたいことは一つ!

 

「同伴者のパットは注視すべし!」

 

である。

 

同伴者のパットを見れば

大体のフォールラインの位置がイメージ出来るのだ。

 

 

そうすれば勘に頼らずとも大体の曲がり幅が分かるわけで、

(あるいは曲がらないこともね)

曲がり幅が分かれば自信を持って打てるようになるのだ。

 

もちろんこれもトライアンドエラーの繰り返しで。

読んでは間違え、間違えては修正しながら、

上達して行くものだと思う。

 

参考になれば幸いだ。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

実は、

 

最近のスコアが酷いんだが、

 

 

言い訳をさせて貰うならこれはスイング改造の副作用であり、

一言で言えばスランプだと本人は考えている。

(スイングのどこかが狂っている)

(パターの打ち方も変えた)

 

それはそれでしょうがないことであり、

そもそも劇的に右肩上がりでスコアが良くなって行くはずもなく、

1歩進んで2歩下がるのがチン生なので

全く問題ないと考えているのであるが・・・

 

ただ、スコアが酷いと・・・

ブログに載せるのが非常に恥ずかしいんだよね。

(出来ることなら悪いスコアは黙っておきたいものである。笑)

 

ま、

スケベ心は隠すからイヤラシくなるのであって、

悪いところも包み隠さずにいれば逆に爽快なもんである。

 

ってわけで、今回のスコアは・・・(2回分ね)。

 

 

OUT47、IN48の95。

 

てへっ。

 

面倒なので言い訳しない。

 

次。

 

 

IN48、OUT49。

 

てへっ。

 

OB4発も打っちゃった(笑)。

 

右に左に大荒れ。

 

チョロも2発あったし、池にも入れちゃったし、

 

ドモナラズ。

 

でも、この日はブログ毒者の喜代ちゃんが熊本に来てくれて。

わざわざゴルフのために時間作ってくれて、

スコアはひどかったけど楽しかったな。

 

また行こう。

 

 

もう宇宙空間に飛び出たカーズばりに

考えるをヤメたいのであるが、

 

 

今年の目標達成(平均スコア84)は

もうムリ筋かもしれない(笑)。

 

諦めないけどね。

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

    スポンサードリンク

    一緒に読みたい関連記事

    ■練習しても全然上手くならない40代、50代のアマゴルファーへ!

    4件のコメント

    • 喜代ちゃん

      浅さん、帝王さん 先日はありがとうございました。スコアー(恥っ)は無しとして浅さんのドライバー凄いね!スイング改良中の事ですが極寒ショットで250Yは素晴らしい。暖かくなればもっと飛びますね
      しかし、小生と浅さんがトラブってる時に帝王さんが澄ました顔でパープレーを! 参りました!4月見参しまっせ〜!

      • いえいえ~こちらこそ有難うございました~!
        「当たれば飛ぶ」じゃなくて「飛んで当たり前!」を目指して頑張りまっす!
        4月・・・また楽しみにしてます!

        • 喜代ちゃん

          ただ今、小生は調教中(馬か!)
          マジ、腰の調子が良い!すこぶる良い。
          帝王さん、あのゆったりスイングで飛ばしまっせ!

    • SWの帝王

      先日はありがとうございました(^.^)
      4月までにアプローチとパット、磨いておきます!

    コメントを残す