上達に悩む40代、50代のアマゴルファーに無料プレゼント!

八女上陽ゴルフ倶楽部でゴルフコンペに参加して来た!

【八女上陽ゴルフ倶楽部】今回は福岡の八女に遠征。マキトゴルフガーデン主催の創立24周年記念コンペに参加して来ました(全く部外者なのですが笑)。会場の八女上陽ゴルフ倶楽部は前から行ってみたかった名門ゴルフ場。さて結果は・・・55位でブリヂストンのキャディバッグが当たりました!

 

楽しみにしていた

八女上陽ゴルフ倶楽部に行ってきました!

 

八女上陽ゴルフ倶楽部画像2

 

最近ゴルフ友達の輪が広がってまして、

前の会社の時の先輩・・・の友人(面識なし)が参加している

ゴルフ練習場のゴルフコンペ。

 

しかも他県(笑)。

 

と言っても、熊本から八女(福岡県)は結構近く、

我が家から高速に乗って八女インターまで40分位。

八女インター降りて30分位なので、

都市圏の方からすれば、近いじゃん!と思われるでしょうね。

 

マキトゴルフガーデンゴルフコンペ

 

料金は、キャディ付き、食事券付きで10,300円(平日)。

コンペ参加費は2,000円です。

20組×4で約80人のコンペ。

 

賞品はこんな感じ。

 

マキトゴルフガーデンコンペ賞品

 

優勝のVISA商品券50000円。

(大昌園ってのは地元で有名な焼肉屋さんみたいです)

 

ダブルペリアなんで平均スコア94の私にもチャンスあります(笑)。

目標は50,000円でドライバー新調だ!

 

さて、

 

初めてのコースでしたが、

それはそれは面白いコースでした。

 

フロントティーだったので(助かった~)、

そんなに距離はないのですが(6115ヤード)、

ドッグレッグや高低差の有るホールが多く、

フェアウェイはうねっており、超狭かったり広かったり。

 

かなり戦略性を求められるコースです。

 

八女上陽ゴルフ倶楽部画像

 

もう、狭い所に打っていったら絶対NGなコースです。

 

また、グリーンのうねりがすごく、

傾斜や芝目にかなり左右されるのですよ。

(しかも鬼速い)

 

日頃、芝目なんぞほとんど見ない(見えないだろ!)私は、

 

「つ、強い?なんで?」

「な、な、なんでフックする!」

「真っ直ぐかよぉぉぉ!」

 

とホールごとに叫んでおりましたよ(トホホ)。

 

バカにされていい

 

特に、受けグリーンが多いので・・・上からはもう最悪でした。

グリーン奥につけるくらいなら花道の方がマシ。

勉強になりましたよ。

 

しかし、とても面白かったです。

 

さて、スコアの方は・・・

 

八女上陽ゴルフ倶楽部20151029

 

out45、in48の93でした!

 

パットは、スリーパット5回の37パット。

ボール一個ラインが違う・・・ってのが何回もあって、

特に前半は「パットが入ってりゃ40前半出たかも」という上出来の内容でした。

入れてから言え

 

ドライバーはいつもより2~3cmほど短く持って方向性重視。

大きなミスはなく調子良かったのですが・・・

打ち方をフェード気味に変えてからあまり飛距離が出なくなりました。

 

「今日イチの当たり!」

 

と思ってても実際あんまり飛んでないのです。

こすった球が飛ばないのはいいのですが、

しっかり芯で捉えた(つもりの)球もあんまり飛んでないのです。

(230ヤードくらい?)

キャリーは出てると思うんですが転がってないのかなあ。

ま、事故がないのが一番ですからね。これでヨカ。

 

inの10番でつま先下がりのライから

6番アイアンで引っ掛けOB打ったのが反省点(笑)。

 

極端な「つま先下がり」とか「つま先上がり」の場合、

距離を稼ごうと思ったらいかんですね。

 

極端な傾斜に打ち込んだ時点でワンペナ。

・・・と思ってボギーオン狙いに切り替えないと。

(プロじゃないんだから)

 

スコア分析20151029

 

ボギーオン率が上がって来たのはいい感じ。

パーオン率16%か・・・これをもうちょい上げたいよなあ。

 

ちなみに、ご一緒したKさん(私の先輩の友達)は、

39、35という鬼スコアでホールアウトしました。

バーディー5個、OB2発のオマケ付きです。

(後半もOB1発打ってます)

 

あ、そうそう。

 

コンペの結果ですが、

 

55位でブリヂストンのキャディバッグが当たりました。

どうすっかな~これ。ヤフオクで売るか(笑)。

 

 

    スポンサードリンク

    一緒に読みたい関連記事

    ■練習しても全然上手くならない40代、50代のアマゴルファーへ!

    コメントを残す