上達に悩む40代、50代のアマゴルファーに無料プレゼント!

ユルユルグリップは、左小指だけで握るべし!

【80切りを目指すゴルフ】グリップは軽く握るべし!ユルユルグリップで!と教えられた方は多いと思う。その方が「ヘッドが走るから」と。しかし実際「ソフトグリップ」でスイングすると引っ掛けたり、スライスしたりないだろうか?実は、ゆるゆるグリップで飛ばすためには「遠心力スイング」がセットで必要だったのだ。

 

「グリップは軽く握りなさい!」

 

と教えられたゴルフオヤジは多いと思う。

あるいはゴルフ雑誌を見れば必ずそう書いてありますな。

 

どんだけ軽く握るかといえば、

 

「小鳥を生かさず殺さず握るように」とか

「クラブを引っ張られてもギリギリ抜けない程度」とか

「チンコを握る時のように」と・・・

 

言われたり、書かれたりしますな。

グリップ「ユルユル」or「ギュッ」、どっち?/教えて武藤俊憲編

(最後のはあんたのブログだけだろ!)

 

これはこれで間違いない。

 

グリップはギチギチに握るより、

ゆるゆるに握った方が良い。

 

だけんどもしかし!

 

 

果たして、

 

そんな「ちんこゆるゆるグリップ」で、

 

ちゃんと真っ直ぐ飛ぶだろうか?

引っ掛けたり、スライスしたりしないだろうか?

ダフったり、トップしたりしないだろうか?

 

いつの間にか、

 

元のチン痛グリップに戻ってないだろうか?

 

普通にしっかり握ったグリップの方が、

球筋は安定するんじゃないだろうか?

 

確かに、

「グリップゆるゆる」だと飛ぶ。

 

ヘッドが走るから、

当たるとメチャクチャ気持ちいい。

 

 

上級者はそれで問題ない。

 

しかし、問題は

スイングが安定してない初級者・中級者であり、

そのグリップがゆるゆるだと、

テイクバック時や切り返しのタイミングが安定せず、

またインパクトのタイミングがずれたりして、

 

ミスも多くなるのである。

 

特にフックやスライスのミスが多発して、

 

「ゆるゆるチンコグリップ・・・もうやーめた」

 

となるゴルフオヤジがヒジョーに多いのだ。

(あるいは無意識の内に元のチンポジに戻ってしまう)

 

・・・かくいう私もその一人である(笑)。

 

しかしこれには、

 

実は裏があったのだ。

 

誰も教えてくれないが、

「グリップゆるゆる」だけじゃダメだったのである。

 

前回書いた・・・

「遠心力を利用したスイング」「グリップゆるゆる」

をセットにしないとダメだったのだ。

 

遠心力を利用したスイングの話はこちら

 

考えてみりゃ当たり前の話で、

何のためにグリップをゆるゆるにするかといえば、

クラブの遠心力を最大限に高めるため!

なのである。

 

つまり、

ヘッドが走るのは、

「遠心力」のおかげであり、

「グリップゆるゆる」のおかげではない。

 

「グリップゆるゆる」は加速装置のような存在であり、

まずは「遠心力」を上手く使ったスイングが必要なのだ。

 

しかし多くのレッスンでは、

とにかく「グリップゆるゆるにしなさい」と言う。

 

これは順番が逆で、

先に遠心力を活かすスイングを身につけるべきだと思うのだ。

 

アウトサイドイン軌道の人がグリップゆるゆるにして、

ヘッドが走るようになったらどうなるか?

そりゃ引っ掛けが多発するわな。

 

インサイドアウトでフックを打ってた人は

ドンピシャで当たると凄い球が行くようになるだろう。

しかしチョットでもフェースが開けばプッシュスライスOB一直線。

あるいは鬼フック。

 

極端な話、

「手打ちスイング」の人にとっては、

「グリップゆるゆる」は弊害でしかないと思う。

 

「遠心力スイング」なしで

「グリップゆるゆる」にすると・・・

飛距離は出るけど、大きなミスにつながりやすいのだ。

 

プロのグリップにも「緩め」「キツめ」の差はあれど、ギチギチグリップは一人もいない。

 

「遠心力スイング」と「ゆるゆるグリップ」はセット。

 

そのことに気付いた私は、

今までチンコが圧死するかの如く握りしめていた指を解き、

色々と試してみたのである。

 

しかし、

 

返す返す、

「ゆるゆるグリップ」は難しい。

 

いつの間にか力が入ってしまうのである。

スイングの途中でムギュっと握りしめてしまうのだ。

 

そこで、

 

ちょっと考え方を変えた。

 

「グリップをオッパイだと思え!」

 

 

じゃなかった(笑)、

 

「力を入れる指を限定する」

 

・・・これだ。

 

この効果は絶大で、

一瞬で「ゆるゆるグリップ」が完成。

 

力を入れるその指は・・・

 

「左手、小指一本」

 

「左手指3本(2本)」という人もいるかと思うが、私の場合「左手小指一本」で十分。つか「左手指3本」じゃ力が入りすぎる。アドレス、テイクバック、切り返し、ダウンスイング、インパクト、フォロー(←大事)・・・全てのシーンで、

 

「左手、小指一本」

 

にだけ力を入れてスイングするのだ。

 

そうするとどうだ!

 

驚くほど力が抜けて、

ヘッドが走るじゃないか!

 

なるほど・・・

遠心力を活かすには、ゆるゆるグリップが必須。

そうするとヘッドが走るから、

頭を残したままスイングが出来るわけだ・・・。

(頭とグリップが引っ張り合うようなイメージになる)

 

皆も一度、

「左手小指一本」スイングを試してみて欲しい。

インサイドから振り抜くと・・・

ヘッドが走って気持ちええぞ~!

 

次回、スイングが変わったかどうか

動画でチェックしてみようと思う。

 

さて、

今回は先週と同じく阿蘇大津ゴルフクラブへ。

 

スポンサードリンク

 

今回は無風快晴の上、距離が短い方のBグリーン。

 

言い訳は出来ん(笑)。

 

 

OUT41、IN40の81!

 

パーオンからの3パット4発が情けない限りだが、

OBなく、

大きなミスなく、

久しぶりのダボなしラウンド。

 

ドライバーは曲がっても左右の浅いラフまで。

アイアンのダフリ、トップといったイージーミスもなし。

 

5m程度のバーディチャンスも結構あったし、

ほんとパターさえもうちょい入れば・・・

というナイスラウンドであった。

 

37パットで81は嬉しいな。

 

 

なんと・・・平均スコア86.2まで前進。

こりゃ今年の目標(平均スコア86)は達成出来そうだな!

フェアウェイキープ率、

パーオン率もじわじわ上がってきているし!

 

しかし、私の野望はもっと先である。

まず「遠心力スイング」+「ゆるゆるグリップ」を完成させねば!

(パッティングの練習もしなさい!)

 

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

    スポンサードリンク

    一緒に読みたい関連記事

    ■練習しても全然上手くならない40代、50代のアマゴルファーへ!

    4件のコメント

    • 喜代ちゃん

      ほ〜、3パターが4回とは? 浅さんにしては珍しい。バーディ後はプロもよくある現象ですよ!
      今後はバーディ後は意識した方が…

      しかし、浅さんは4パターしないよね!
      私はよくやります(だったら偉そうに言うな)

      • 喜代ちゃん~~~忙しくてゴルフ行けなかったんですが、
        やっと行ってきました~。ですが、
        忙しくて記事が書けない~~~(涙)。

        バーディ後の3パットか・・・なるほど強気になっちゃうのかな(笑)。
        普通のグリーンなら4パットは滅多にないかな~
        でもたまにやりますよ!

    • 喜代ちゃん

      浅さん、夢であった「モッコリ万馬券倶楽部」を立上げて大変なのは承知です。

      ブログの内容、情報回数共にありぁ凄いですよ。

      [二兎追うものは一兎も得ず]
      頑張ってくださいね、応援してます。

      • 有難うございます!でも私、二兎どころか五兎ほど追う質でして(笑)、
        他にも色々やってるんですよ。もちろんゴルフも手抜きませんよー!

    コメントを残す