上達に悩む40代、50代のアマゴルファーに無料プレゼント!

パターは強め?弱め?状況によって変わる!

【80切りを目指すゴルフ】パターは強く打った方がいいのか?弱く打った方がいいのか?これは当然その状況による!強くパッティングした方がいい状況。弱めに打った方がいい状況は?上り、下り、ショートパット(1m以内)、ロングパット(10m以上)、ミドルパット(5m前後)・・・そして曲がるラインの時のパットの強さは?

 

今日はペッティングの強弱について考えてみる。

 

もちろん個人差はあると思うが、

女性の体を触る場合、

触れるか触れないか・・・

くらいの力加減が大事だと私は考えている。

 

・・・じゃなかった(笑)、

 

今日はパッティングの強弱によって考えてみる。

 

 

パットは・・・

強くオーバーで打った方がいいのか?

 

それとも

弱めジャストタッチで打った方がいいのか?

 

当たり前の話だが・・・

完璧にラインを読んで、ジャストタッチで打ち、

最後の一転がりでカップインするのが理想である。

 

しかし現実のグリーンの起伏や芝目を

完璧に読むのは不可能だし、

読めたところでジャストタッチで打つのは至難の技だ。

 

ましてやアマチュアゴルフのグリーンは

トーナメントや競技で使われるグリーンと比べて格段に遅いし、

直されてないボールマークやスパイクマークや

見えない凸凹があるわけで、

(特にカップ周りは踏まれて荒れる)

 

いつも最後の一転がりでカップインなんて

そんなの無理だよね。

 

 

だから、アマチュアは基本的に強めに打った方がいい。

 

3パットが増えるかもしれんが、

その分1パットを増やせばいいのである。

 

大事なことだからもう一回言おう。

 

アマチュアは基本的に強めにパッティングすべきである。

3パットが増えるかもしれんが、

その分1パットを増やせばよろしい。

(こっちの方が上手くなる)

 

しかし、当然のことながら、

「いつも強め」じゃダメだよね(笑)。

 

 

あるあるある!(連打)

 

状況によって、

パッティングの強さは変えなければならない。

 

というわけで今回は、

 

強く打つべきケース

弱く打つべきケース

アマチュア的に考えてみよう。

 

※なお、ココで言う「強く」とはカップをオーバーさせるか否か?という意味であり、パンチを入れて「ガツンと打つ!」という意味ではない。また、ここで言う「弱く」とは「ぎりぎりカップまでの距離で打つ」という意味であり(打てれば苦労しないんだけど。笑)、ショートさせるという意味ではない。

 

■強くパッティングするべきケース(カップオーバー)

・ショートパット(傾斜関係なく1.0m以内)
・上りのミドルパット(5m以内)
・下りのロングパット(10m以上)

 

■弱くパッティングするべきケース(ジャストタッチ)

・大きく曲がるライン(傾斜関係なし。特に横から)
・下りのミドルパット(5m以内)
・上りのロングパット(5m以上)

 

※◯mは個人差による。

 

簡単に言うと、

 

カップイン出来そうなパットはオーバー!

カップイン無理って時はジャストタッチ!

 

である。

 

こう書いてしまうと

「そんなん当たり前だろ!」

と言われるかもしれんが、

 

実際にこれを実践するのは難しい。

 

 

例えば、

ここに6mの上りのパットがあるとする。

 

ラインを確認すると、ほとんど真っ直ぐに見える。

 

こんな時・・・

強気のパットをするアマチュアのなんと多いことか。

(私もそのタイプだ。笑)

 

 

そこに穴があればすぐに入れたいの男のサガ。

 

6mってそそられる距離だしねー。

 

だけんどもしかし!

 

 

6mの距離は、

PGAツアーのプロでも1パットの確率15%である。

我々アマチュアなら10回に一回入るか入らないかだろう。

 

そして6mも距離があれば、

真っ直ぐに見えても・・・

ちょびっと曲がることが多いのである。

 

つまり6mを1パットで沈める確率はものすごく低いのであり、

ポコポコと入る距離ではない。

(バーディパットなら狙っていいけどー笑)

 

そして上りのパットでなにより怖いのは・・・

オーバーした時の返しのパットである。

 

1~2mの下りの返し・・・これは恐怖だよね。

 

(怖い)

 

だから距離のある上りのパットは(5m以上)、

ジャストタッチ(幾分弱め)で打つべきである。

2mショートより1mオーバーの方が怖いからだ。

 

上記には5mと書いたが、これは3mでも4mでもいい。

個人の力量によって

「1パットを狙う距離の境目」を決めるべきである。

(ジャストタッチで打っても入る時は入るしね)

 

スポンサードリンク

 

んで、議論になりそうなのが、

下りのパットですな。

 

・下りのロングパットは強く(オーバー)

・下りのミドルパットは弱く(ジャストタッチ)

 

と書いているので「どっちやねん!」と思うよな。

 

もちろん下りのパットはジャストタッチが一番いい。

カップ周り50cm以内に止まるのがベストである。

 

だけんどもしかし!

 

 

10m以上の下りは距離感が難しい。

ピタッと寄せる自信がある人はいいかもしれんが、

私にはそんな距離感はない(笑)。

(同じ下りでも傾斜角によって変わるしね)

 

そして長い下りのパットで最も恐怖なのは・・・

セカンドパットも下りを残すことだ。

 

(怖えええ)

 

これまた1mの下りより2mの上りの方がずっと楽。

 

なので、下りのロングパットは

多少オーバーに打った方がいい・・・と考える。

 

と言っても・・・大オーバーしないように。

目安は1~2mオーバーである。

 

例えば、12mの下りを打つ時、

50%(6m)の強さでジャストタッチなら・・・

7mの強さで打つ感じですな。

(もちろん傾斜角やグリーンの速さによって変わるぞ)

 

この場合2mオーバーとなってしまうが・・・

上に止まるより10倍良し。

下りオーバーの返しはほとんど真っ直ぐだしな!

 

ほんのちょっとだけ。強く。

 

これがチクビを触る時のコツである。

 

・・・じゃなかった(笑)、

 

これが下りのロングパットを打つコツである。

 

しかし・・・

10m以上の下りのロングパットとは違い、

5m以内の下りは、

ジャストタッチで打つことをオススメする。

 

5m以内の下りで

1m以上ショートすることはほとんどないし、

例えショートしたとしても

下りの50cmとかならあまり問題ないからだ(嫌だけど)。

5~10mの間は・・・個人の力量次第だね。

 

 

それから、

これも多くの人が実戦でヤッちゃうパターン。

曲がるラインの場合である。

 

曲がるラインをカップインさせるのは非常に難しい。

これは皆も激しく同意してくれるよな?

 

曲がり幅、強さが完全に一致しないと入らないわけで。

真っ直ぐのラインが「線」で入るのに対し、

曲がるラインは「点」じゃないと入らない。

 

この・・・曲がるラインを入れてしまおうと、

強く打ってしまうアマチュアはめちゃくちゃ多い!

(私もそのタイプである。笑)

 

世の中のパッティング理論には、

曲がるラインは

「プロラインで打て」というのがあって、

 

 

これを信奉しているアマチュアはとても多い。

 

もちろんそれはそれで間違いないんだが、

(アマラインだと先に切れるので絶対入らない)

 

プロラインで打つのと、

強く打つのは全く別の話である。

 

大事なことなので、もう一回言おう。

 

プロラインで打つのと、

強く打つのは全く別の話である。

 

これを同じことだと捉え、

強く打ってしまうアマチュアがとても多いのだ。

 

もちろん、強く打てば曲がり幅は狭くなるし、

カップインする確率は上がるだろう。

 

1m以内のパットなら私もそうする。

 

しかし入らなかったら?

 

 

返しが上りであれ下りであれ・・・

もう一回曲がるラインを打つ羽目になるのだ!

(大きく曲がるラインでオーバーすると高確率で返しも曲がるライン)

 

これ、

 

嫌だよね?

 

最初にも言った通り、ただでさえ、

大きく曲がるラインを入れるのは至難の技

 

たとえそれが1mでも難しいのである。

 

だから、曲がるラインの時は、

カップを大きく使うべきで。

 

強い球はカップの縁で蹴られたり弾かれたりするが、

 

 

緩い球はカップの縁に触れると吸い込まれるのである。

 

 

そう・・・

ジャストタッチだと、

カップの大きさが1.2倍くらいになるのである。

 

フックラインの時はカップの右縁から、

スライスラインの時はカップの左縁から

最後の一転がりでカップに落ちるイメージで打つべし。

 

そしてこれも肝心な点だが・・・

大きく曲がるラインの場合、

ショートした方がセカンドパットが楽なケースが多い。

オーバーすると返しも曲がるライン・・・ってことが多いのだ。

 

 

これは真横からのラインだと顕著で。

 

パッティング文字盤についてはこちら

 

真横から強く打ってオーバーしてしまうと・・・かなり難しいパットが残ってしまうのである。

 

さっきの画像をもう一回見てみよう。

 

 

感覚的に見て、プロラインとアマライン・・・

セカンドパットが楽そうなのはドッチに見える?

 

アマラインだよねー(返しはほぼ真っすぐ)。

 

というわけで、

いつでもプロラインが正解ってわけじゃない。

状況によってはアマラインの方がいいケースもある。

 

そして、

曲がるラインは強気パット厳禁。

ジャストタッチで、

カップを大きく使うべしである。

(もちろん短い場合は曲がりを消して強気で打つべしだぞ!)

 

参考にされたし。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

今回は楽天GORAの一人予約で阿蘇大津ゴルフクラブに行ってきたぞ。

 

難しい方のAグリーンで

レギュラーティからでも距離は長めの6602ヤード。

ただ、ホールによってはティーが前目だったので、

6400~6500ヤードくらいだったと思う。

 

スコアの方は・・・

 

 

IN41、OUT45の86。

 

前半調子良かったんだけどね。

18番のティーショット3WでOB打ってダボ。

後半は色々と細かいミスが重なって崩れてもうた。

 

ドライバーの調子がかなり良くなって来てるんだが、

この日はチョットだけ左に行く感じで。

ほとんどラフからセカンドになったんだけど・・・

こうなるとパーオンは難しいよね。

もうちょっとインサイドから降ろすことが出来れば・・・

ってところかなー。

 

しかし、パターの研究・練習をするようになって、

パターが安定して来たような気がするな。

目指せ平均32パット!

 

 

今年の目標は「平均スコア84」。

すでに借金まみれなのであるが(笑)、

一歩ずつ前進あるのみ。

 

そろそろ70台出るような気がするんだがさて・・・

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

 

    スポンサードリンク

    一緒に読みたい関連記事

    ■練習しても全然上手くならない40代、50代のアマゴルファーへ!

    4件のコメント

    • 喜代ちゃん

      1人予約して? あっ、その方が知り合いより気が散らず真剣にプレー出来る?
      パター→5連続シリーズこれで良し(えっ)
      2月に浅さんとプレーさせて頂き嬉しくて3月もお願いしてしまい……(๑˃̵ᴗ˂̵)
      会食も(授業料として)、すまねぇ師匠!

      あと、名古屋:洋菓子で一番推す店の土産を持参しまっせ!お子さんに宜しく!

      • いえいえ見知らぬ人と回るのも勉強になりますので(笑)。
        しかしパターは奥が深いですねえ・・・。

    • マンダム

      いや~最近のパター集中講座はグサグサ刺さってきますね~(笑)
      先週末のラウンドでも3パット7回やって89…ショットはすこぶるよかったのに(=_=)
      めちゃめちゃ久しぶりのコウライグリーンだったのも要因ですが
      ともかく自分の距離感が掴めない一日でした…パター変えたくなる~~(笑)

      • 3パット7回やって89なら実質80台前半じゃないですかー!
        ショットが良い時にパットが悪いと悔しいですよね(笑)。

    コメントを残す