上達に悩む40代、50代のアマゴルファーに無料プレゼント!

ドライバー、アイアンのリリースポイントについて

【80切りを目指すゴルフ】ほとんどのアマチュアゴルファーは「アーリーリリース」でタメが解けた状態でボールにインパクトしている。だから飛ばないし、薄いスライス球になる。タメを維持する方法は?リリースのポイントは?ドライバーとアイアンでリリースポイントは変わる?リリースポイントを理解して捕まった球を打つべし!

 

今回の話は、

劇的に球筋を変えたい!

って方にとって必見の記事である。

 

特に、

・スライス系の球筋

・薄い球筋(飛ばない)

 

の方にとって必見である。

 

ただし、劇的に球筋を変える場合、

副作用があるので

スイングを一回ぶっ壊すくらいの覚悟が必要である。

(まあ、劇的に球筋を変えるんだから当たり前だけど)

 

さて、

9割以上のアマチュアゴルファーは(私も含めて)、

ドライバーであれアイアンであれ、

タメが出来ていない。

 

タメってなに?

 

 

この「L字」を見よ。

 

これがタメである。

 

このタメをキープしたままダウンスイング。

 

 

1:25秒くらいの所を見て欲しい。

 

 

 

この地点でもまだ「L字」を保ったまんまである。

 

 

グリップが右腰に来た辺りでコックが解けつつ・・・

 

 

インパクトでは左腕とシャフトが真っ直ぐに。

 

これが理想のタメ。理想のリリースである。

 

自分のスイングと比べて見ると、

どんだけ「タメ」が出来てないかがよく分かる。

 

 

 

うげぇ!

カッコ悪っ!誰だコレ?

 

(あんただ!笑)

 

まあ、理想の話はとりあえず置いておこう(遠い目)。

 

いきなり松山君みたいな「タメ」が出来るわけない。

(私も取り組んでいるが、一朝一夕にはムリである)

(「タメ」は意識してするもんじゃない!という話もある)

 

今日の話は、

松山くんのタメの話ではなく、

私のチンコのタメの話でもなく、

鬼ヨメのリリースタイミングの話でもなく、

スイングの「リリースポイント」の話である。

 

多くのアマチュアは、

タメが解けた状態でボールにヒットするから

当たりが薄くて飛ばない!あるいは、

スライスする!のである。

 

じゃあ、どうすればいいのか?

 

まず考えて欲しいのは、

タメを解く(リリース)意識である。

 

良くゴルフ雑誌などには、

 

「コックを右腰前までキープせよ」

「グリップエンドを球に向けて降ろせ!」

「右脇を締めながらダウン!」

 

などと書いてある。

 

しかし、これは、

このまま実践するのは非常に難しい。

 

プロのスイングがそうなってるからといって、

ヘッポコアマチュアがそれをマネ出来るかって、

 

そりゃ・・・

 

ムーリー!

 

 

なのである。

 

なぜならプロは無意識下でそれをやっているから。

 

そしてレッスン(プロ)によって、

 

言ってることも微妙に変わるのだ。

 

 

 

うーむ。

 

理論的には分かるんだけどねー(笑)。

 

長年染み付いたヘッポコスイングで、

いきなり「タメを作る」のも「タメをキープ」するのも

とても難しいのである。

(スイングがバラバラになってしまう)

 

だから、まだ「タメ」は作らなくていい。

 

「タメ」は今のままで、

「リリースポイント」だけ意識するのだ。

 

多くのアマチュアは、

「リリースポイント」など考えることなくスイングしている。

あるいはインパクトの直前に「リリース」もんだと思っている。

 

しかし、実際は違う。

 

 

この位置がリリースポイントである(目安)。

 

タメはちょっとでもいい。

この位置でリリースするイメージを持ってスイング。

 

※リリースするにはタメが必要なので、

リリースを意識すると自然とタメが出来るのだ。

 

すると、

ヘッドがビュン!と走って・・・

球が捕まるのである。

 

球が捕まるとどうなるのか?

弾道が分厚くなってドローあるいはフェード系の球筋になるのだ!

(へなちょこスライス球じゃなくなるのである)

(アイアンであればスピンの効いたカッコイイ球筋になる)

 

しかし難しいのが「リリースの意識」

 

なんせスイングは一瞬のことであり、

その一瞬の間に「リリース」せんといかんのである。

(無意識で出来るようになるのが理想である)

(意識し過ぎると引っ掛ける)

 

この「リリースの意識」は人それぞれである。

 

「コックを解く」って人もいるだろうし、

「右手首を返し始める」って人もいるだろうけど、

 

私の意識は、

「グリップを止める」である。

もちろん実際に止まるわけじゃないぞ(笑)。

コンマ数秒の中の一瞬のイメージ。

でんでん太鼓をイメージすると分かりやすい。

 

でんでん太鼓は回転が止まるとビュンと加速して「でん!」と音が鳴る。ヒモの先端のタマを「ヘッド」、ヒモを「シャフト」、棒を「グリップ」と考えるとイメージしやすい。棒の回転を止めるイメージ。

 

具体的には

「グリップを止めて左拳を地面に向ける」感じである。

 

何とも表現が難しいな(笑)。

 

まあ、「リリースのイメージ」人それぞれ。

あなたの「リリースのイメージ」は練習の中で見つけて欲しい。

 

しかし、この「リリースのイメージ」は威力半端ないぞ!

 

「松山君のタメ」が「10」だとして、

「我々のタメ」は「1」かもしれん。

 

しかしタメが「1」だとしても・・・

リリースすることによってヘッドが5cmでも加速すれば、

球筋は大幅に変わるのだ。

 

是非「リリースを意識したスイングの練習」をしてみて欲しい。

 

※最初は、極端に早めのリリースで練習しよう。

 

ただし、この副作用として、

「引っ掛け」「フックボール」が多発するようになる。

 

この原因は

スイング自体が「アウトサイドイン」だったり、

リリースポイントが早過ぎたりするわけだが、

これは練習にて微調整・矯正していく他なし。

(人によっては大幅なスイング改造が必要)

 

とにかく、ゴルフは「捕まった球」を打つのが第一であり、

「薄い球」「スライス球」を打ってる内は上達しないのである。

90切りまでは行けても、80切りは難しいのである。

 

それから

リリースポイントをどこにするか?

ドライバーとアイアンでリリースポイントは違うのか?

って疑問があると思うが、

これはボールの位置やスイングプレーンによって変わるのである。

 

 

目安として「右腰の前」を挙げておくが、ドライバーだとボールの位置が左足寄りになるのでその分遅らせる必要があるし、アイアンで右足寄りにボールを置く方はもう少し早い方がいいのかもしれない。タメの量によっても変わるし、スイングスピードやスイングプレーンによっても変わるので一概に言えない。こればっかりは練習して感覚を掴むしかないと思う。

 

ドライバーとアイアンのリリースポイントの違いについて。

クラブによってボール位置が変わらない人は、リリースポイントも変わらないので楽であるが・・・多くの人はクラブによってボール位置が変わると思う。特にドライバーとアイアンではボール位置が違う!という方は多いだろう。その点は気をつけなければならない。

 

・・・

 

以上、

今回は「リリースポイント」について書いたが、

鬼ヤンベからの私へのアドバイスが元ネタである(笑)。

 

鬼やんべのスイングを解析してみよう。

 

 

松山くんよりLの角度が鋭角・・・ま、これはトップの深さによるもんだろうけど。

 

松山くんはこの地点でも「L字」を保ってたけどな(笑)。ま、比べるのはあんまりか。ここからリリースするわけだが・・・

 

これでも十分タメが効いてると思うが・・・やっぱ松山くんはすげえな。

 

手首の角度を見れば一目瞭然。まだ完全に解放されていない。

 

 

ふう。

 

松山くんの「タメ」が「10」とすると

鬼ヤンベの「タメ」は「7」くらいか。

 

しかしゴルフ道の道のりは長いな~~~~(笑)

 

今回は久しぶりに南阿蘇CCで練習ラウンド。

 

熊本地震の影響でなかなか行けなかったが、

俵山トンネルも開通したし、

寒さも和らいできたし、

ガラガラだし、

安いしね(2バックで飯付き6000円くらい)。

 

 

IN45、OUT45の90。

 

前半は難しいIN。

我慢のゴルフが出来ていたのだが、

最後の18番で左ドローOBを打ってしまい痛恨のトリプルボギー。

 

結構なナイスショットがOBになってしまったのであるが、

これはマネジメントミスであるからして反省である。

(ドライバーを使うべきじゃなかった)

 

後半のOUT。

1番でいきなり4パットのトリ。

2番では木の裏から出したボールが池にコロコロと落ちてダボ。

だけんどもしかし、

鬼やんべから「リリース」のアドバイスを受けてから

アイアンが切れに切れて・・・なんとか45。

最終9番はOB打ってボギー。もったいなかったな。

 

・・・

 

ある程度のところでスイングを固めれば

スコアも固定されるかもしれん。

 

しかしそれでは「先」がない。

 

私が目指しているのは「80の向こう側」であり、

そのためには、

今のスイングが壊れるのも辞さず!

である。

 

しかし、スコア借金が膨らむ一方であるな(笑)。

(今年の目標は「平均スコア86」なのである)

 

 

しかし、「タメ」は難しいわ・・・。

 

 

    スポンサードリンク

    一緒に読みたい関連記事

    ■練習しても全然上手くならない40代、50代のアマゴルファーへ!

    コメントを残す