上達に悩む40代、50代のアマゴルファーに無料プレゼント!

トゥダウン現象とスライスとダフリと薄い当たりの関係性

【80切りを目指すゴルフ】「トゥダウン現象」って何?トゥダウン(インパクト時クラブの先が下がる)すると何が起きるの?どんなミスが?スライス?ダフリ?球が捕まらない?アイアンが薄い当たりになる?全部ハンドアップが原因?ハンドアップを直す練習方法は?その時の注意点は?ハンドアップを矯正してダフリ・薄い当たりを撲滅しよう!

 

鬼ヤンベ(先日3アンダーを出したらしい)から、

 

「おまえさ、もうちょっとハンドダウンにして近くに立った方がええよ」

 

と言われたのである。

 

うむ。自分のアドレスが・・・

「ハンドアップ」

気味なのはよーく分かってたのである。

 

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e7%94%bb%e5%83%8f5

腕とシャフトの角度が一直線に近い、ハンドアップの状態。

 

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e7%94%bb%e5%83%8f6

正しい腕とシャフトの角度はこう!

 

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e7%94%bb%e5%83%8f7

前傾した際の腰のベルトのラインの延長線上にシャフトが来るのが理想。この線より下になるとハンドダウンになるので注意。

 

うーむ。以前よりはマシになったとはいえ、

かなりハンドアップである。

 

正しいアドレスは・・・

ボミちゃんに登場していただこう。

 

%e3%82%a4%e3%83%bb%e3%83%9c%e3%83%9f%e3%80%81%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%89%e3%83%ac%e3%82%b93

 

左手はほぼ垂直に真下。右手はクロスするためチョイ斜め。

シャフトのラインは腰のベルトのラインの延長線上。

 

う、美しいアドレスだなあ・・・。

 

ハンドアップは、

直したいとは思っていたが、

直さねばならん他の部分も多々あるのであり、

直そうとすると違和感タップリなので、

後回しにしていたのである。

 

そして、なにより・・・

ハンドアップによる弊害

よく理解していなかったのである。

 

奥様がなんとなく怒っているけど原因が分からない・・・

そんなアナタは要注意(笑)。

 

■実は怖い!ハンドアップによって出る3大ミス!

・ダフリ

・球が捕まらない

・スライス

特にダフリのミスが出易いのはアイアンである。それも思いっきりダフるのではなく、なんとなくダフリ気味・・・なんとなく薄い球になる・・・というパターン。そしてこれは練習場ではあまり出ないが、本番で多発する(練習場の人工マットは滑るのでダフリが軽減される)。ドライバーの場合はティーアップするのでダフルことはないが、球が捕まらずにスライス系の弱い球になりやすい。

 

「こ、心当たりがある!」

 

って方は今すぐ奥様に謝りに行こう!

 

じゃなかった(笑)、

 

今すぐ自分のアドレスをチェックしよう!

何を隠そう私も非常に心当たりがある(笑)。

 

・アイアンはいつもダフリ気味。

・ペチッという感じで薄い当たりが多い。

・番手通りの距離が出ない。

 

捕まったキレイな球を打ちたい。番手通りの距離を出したい・・・

しかしその確率は非常に低い。

 

なぜ「ハンドアップ」だと

こういうミスが多く出るのか?

 

・・・解説しよう。

 

そのためにはまず、

「トゥダウン」

という現象を理解せねばならん。

 

%e3%83%88%e3%82%a5%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e7%94%bb%e5%83%8f4

 

ゴルフのスイングには必ず遠心力が働く。どんな人のスイングでも遠心力が働くのだ。そうすると上の図のようにシャフトがしなってインパクト時にトゥ(先っぽ)が下がるのである。これはドライバーでもアイアンでも必ず起きる現象であるが、当然シャフトが長いドライバーが最も影響を受ける。逆にシャフトが短く重いウェッジなどは影響が少ない。

 

なので、ドライバーもアイアンも

「トゥダウン」が起きることを想定してアドレスしなければならんわけだ。

 

%e3%82%a4%e3%83%bb%e3%83%9c%e3%83%9f%e3%80%81%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%89%e3%83%ac%e3%82%b94

ドライバーだとこのくらいトゥ側を浮かせてちょうどいいのだ!

 

しかし、

 

私のようにハンドアップだと、

アドレス時ですでにトゥ側が下がった状態(フラットに近い状態)。

 

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e7%94%bb%e5%83%8f8

トゥ側が浮いていない。ほぼフラットである。

 

これがドライバーだとティーアップするのであまり問題ないが、

 

これがウッドやアイアンだとどうなるのか?

 

そう・・・!

 

インパクトの瞬間、

トゥ側が落ちてダフルのである!

 

そして、ダフってトゥ側だけブレーキが掛かるとフェースが開く!

当然スライスになりやすいのだ!

 

力のない弱々しい球が右に飛んだり、

球が捕まらなかったりするのは、

このトゥダウンが原因

ダフっている可能性が高い!

 

また、これを嫌って手でこねるとヒッカケになる!

 

私は・・・ずっとドライバーの調子はまあ良かったのである。

しかしアイアンの精度がとても悪く、

常にダフリ気味だったのである。

 

ダウンブローで打ててないからだと決めつけていたが・・・

もしかしたらこのトゥダウンが原因じゃね?

 

と言うわけで、

 

早速練習に行って試したのであるが、

まさにビンゴォ!であった。

 

%e3%83%93%e3%83%b3%e3%82%b4%ef%bc%81

 

インパクト音が「ズン!」から「カシュッ!」に変わり、

ものすごく真っ直ぐ飛ぶようになったのだ。

 

スポンサードリンク

 

やり方は簡単。

 

アドレスとかスイングとか細かいことは置いておいて、

アイアンのトゥ側に10円玉があるイメージでアドレスするだけ。

 

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e7%9f%af%e6%ad%a3%e6%96%b9%e6%b3%951

7番アイアンで10円玉一枚分トゥ側を浮かせるイメージ。

 

こうすると、ハンドアップの状態ではアドレス出来ないので自然とグリップの位置が下がる(下げ過ぎるとハンドダウンになるので注意)。当然ボールとの距離感も変わるぞ。そのままバックスイングをコンパクトにして(3-9時くらいでOK)スイングするのだ。

 

人によっては500円玉をイメージした方がいいかもしれんし、紙一枚をイメージした方がいいかもしれん。また、ロングアイアンとショートアイアンではその度合も変わるぞ。ウェッジの場合はあまり気にしなくていいかもしれんが、これも人によりけりだろう。

 

トゥダウンによるダフリがなくなると・・・

インパクトの感触が劇的に変わるぞ!

 

ただ・・・やっぱり長年ハンドアップに慣れ親しんでいるわけで(笑)、油断するとすぐ元に戻ろうとするし、まだまだ練習不足でグリップやバックスイングの違和感アリアリである。

 

それから、グリップの位置が身体に近くなるため、

 

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e7%94%bb%e5%83%8f6

(グリップは拳一個半くらい身体に近くなる)

 

ダウンスイングでは今まで以上に身体の近くを通さねばならん。

今までと同じ軌道で降ろすと

アウトサイドインになってヒッカケやすいのだ。

 

意識としては

右肘を右脇につけたままインサイドから

降ろしてくる感じ。

 

ボミスイングの右肘に注目。

%e3%82%a4%e3%83%bb%e3%83%9c%e3%83%9f%e3%80%81%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%81%ae%e5%8f%b3%e8%82%98

%e3%82%a4%e3%83%bb%e3%83%9c%e3%83%9f%e3%80%81%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%81%ae%e5%8f%b3%e8%82%982

この右肘と左手の三角形が理想。

 

イ・ボミのオシリ集・・・じゃなかったスロースイング集。何度見ても飽きない。

 

また、一旦スコアを落とすかもしれんが、

上達するには避けて通れん。

 

しかし、課題が尽きんなあ・・・(笑)。

 

練習頑張ろうっと。

 

 

スイングを変えずに上手くなる?甘ゴルファーが10日間で学ぶゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

    スポンサードリンク

    一緒に読みたい関連記事

    ■練習しても全然上手くならない40代、50代のアマゴルファーへ!

    2件のコメント

    • かっちゃんさん

      浅次郎さん、はじめまして。

      ゴルフ初心者です。こちらの記事を読んで、トゥに当たる原因が判明しました。ありがとうございます。

      トゥを浮かせて少しハンドダウンで構えることと、テイクバックでコックを入れることは同じ意味でよろしいでしょうか?

      また、トゥダウン対策で、ヒール寄りで構えることは根本的解決にならないのでしょうか?ヒール寄りにセットすると、嘘のように芯に当たるようになりました。

      ヘッドスピードが速く、DGS200の重いクラブを使ってますので、トゥダウンの影響がより大きいのかなと考えました。

      よろしければ、教えてください。よろしくお願いします。

      • かっちゃんさんこんにちは!管理人の浅次郎です!

        ええと質問っすねー!

        >トゥを浮かせて少しハンドダウンで構えることと、テイクバックでコックを入れることは同じ意味でよろしいでしょうか?
        しょ、初心者とは思えないような質問ですね(笑)。確かにハンドダウン気味にするとアドレスした状態で若干コックが入ってるような形になり、テイクバック時に意識してコックを入れる必要がなくなる方もいると思います。しかし、私は、ハンドダウンだろうがなんだろうが、ちゃんとコックの意識も持った方がいいと思いますよ。

        >トゥダウン対策で、ヒール寄りで構えることは根本的解決にならないのでしょうか?
        一時的にはそれでいいかもしれませんが、根本的な解決にはならないのでヤメた方がいいです。私も一時期・・・「シャフトで打つ!」くらいの感じでセットしてスイングしていた時がありますよ(笑)。しかし、これはスイングが良くなって来た時に、致命的な「シャンク」の危険性が増します。ボールはフェースの真ん中にセットするのが基本です。手で打ちに行くのではなく、身体で打つことを意識してみて下さいね~

    コメントを残す