上達に悩む40代、50代のアマゴルファーに無料プレゼント!

ダフリ・原因不明の不調を一瞬で簡単に直す方法!

【ゴルフ練習】アマチュアゴルファーでも、一瞬で、簡単に「ダフリ」を解決する方法があるとしたら、あなたは素直に試してみるだろうか?実際私が試してみて驚いたその方法とは・・・?超シンプルな方法で「顎を1cmだけ上げる!」。簡単な上に即刻効果がある非常にナイスな裏技である。ダフリに悩んでいる方はお試しあれ!

 

セックスレスで悩んでいる中年が多いように、

ハゲやデブや腰痛で悩んでいるオヤジが多いように、

ダフリに悩んでいるアマチュアゴルファーは多いと思う。

 

大風原野ダフリショット1

 

かく言う私も、

 

セックスレ・・・ダフりに悩んでおり・・・

 

絶好のライからダフってしまうことなんぞ日常茶飯事、

時にティーアップした球ですらダフリ、

たまにパットでもダフってしまう有様(笑)。

 

特に、クリークとか池とかあると

 

大風原野ダフリショット2

 

一段とダフリやすいよね~(笑)。

 

なんで、ダフるんだ?

 

ま、力が入ったり、打ち急いだり、頭や軸がブレたりするのが原因なわけだが、そう簡単に直らないのがダフリ癖なのである。

 

で!

 

今日は!

 

簡単に!即効で!魔法のごとく!

ダフリ癖を直してしまう方法

 

をお話しようと思う。

 

本当に簡単なんで、ダフリ癖のある方は早速試して頂きたい!

 

その方法とは・・・

 

アドレスで顎を1cmだけ上げる

 

アドレスで、顎を1cm上げるだけ!

 

あ、もちろん顎はそのままキープよ!

スイング途中で下げたりしたら意味ないけんな!

 

アイアン猫背

 

顎を引くんじゃなくて、

 

顎を上げたアドレス

 

こんな感じで、顎を上げて若干のスペースを作るのだ。

 

そうすると下目使いでボールを見るような感じになるんだが、

それでオッケイ!スイングは同じで構わん!

 

簡単でしょー?

 

私も初めて気づいたんだが・・・

アマチュアゴルファーはボールをガン見するあまり

顎を引いてしまっていることが多いのだ!

 

顎を引くとどうなるのか?

・猫背になりやすい

・左肩と顎がぶつかってしまう

・軸がブレる

 

その結果、ダフる(ことが多い)のだ!

 

では、

 

顎を1cm上げるとどうなるのか?

・背筋が伸びる

・スムーズに左肩が回る

・軸がブレないのでヘッドが走る

 

驚きの効果なのである。顎を1cm上げるだけで左肩は顎に当たらなくなる。するとスムーズに左肩が回って軸が安定し、トップで溜めが効いて、ヘッドが走るのだ。後は打ち急がないようにゆっくりダウンスイングすると・・・ビシっと球を捕らえることが出来るのだ!

 

あ、これはあくまでダフリに悩んでいる人の話だけんな!顎を引いたままでも、背筋が伸びて軸がブレない人はそのままでいいと思うぞ。イ・ボミのアドレスだと顎の位置はこのくらい。

 

イ・ボミ_アイアンアドレス

イ・ボミ_アイアントップ2

 

ついでだ。イ・ボミのアイアンショット見ておくか!

 

 

我々アマチュアはプロのような深い捻転を行うのは難しい。特にアイアンだと手打ちになる方も多いはずだ(私もそうだ。笑)。手打ちで顎を引いてると、猫背になりやすく、かなりの確率で左肩と顎がぶつかってしまい、軸がぶれてしまうのだ。

 

是非、今、その場で、

 

・顎を引いた状態

・顎を1cm上げた状態

 

この2つで、シャドースイングをしてみて欲しい!

 

顎を1cm上げるとスムーズにバックスイング出来るはずだ!

(元から顎の位置が正しい人は関係ないっすよ)

 

さらに、ボールと頭を一定の距離に保つ効果もあり、ダフリが激減するぞ!

(ゼロにはならないけど。笑)

 

ご存知のように、ダフリの原因

「スイングの最下点」がボールの手前になることである。

 

ダフリの原因、ナイスショットの原因

 

②より手前に入るとダフり。

①と②の間に入ればナイスショット。

①より上だとトップである。

 

1cmでも②より手前に入るとダフってしまうわけだ。

この1cmが顎を上げることで劇的に解消されるのである。

 

その変化、ビフォーアフターの如しである。

 

ビフォーアフター2

(いや、これは別人だろ!)

 

ちなみに、練習場では少々手前に入っても、

見た目ナイスショットが出る。人工芝は滑るからだ。

しかし、ダフったか、ダフってないかは

「音」や「感触」で分かるよな。

 

ダフリの悩みがある方は

是非試してみてくれ!

 

スポンサードリンク

 

もう一つちなみに!

 

この「顎を1cm上げる」であるが、

ドライバーでも効果的である!

 

みんなも

 

「原因不明の不調」

「いきなり飛ばなくなった」

「ダックフックが出る」

「ひどいスライスが出る」

 

なんて経験あるかと思うが、私もしょっちゅうなのである。

開眼した!と思った次の日に、閉眼すること風の如しである(笑)。

 

「昨日練習した時は絶好調で(練習場の)250ヤードの看板にバシバシ行ってたのに、今日は何故か220ヤードくらいしか飛ばない・・・」「しかもヘナチョコスライス」「ドローを打とうとすると低空ライナーフック」「球も全然上がらない」という不調状態。スイングを変えてるつもり全くないのに!である。

 

この原因不明の不調・・・主な原因は「軸のブレ」である可能性が高い。何か些細な原因で回転軸がズレているのだ。この状態の時はバックスイングが気持ち悪く、グリップにも違和感があり、トップで「なんかオカシイ・・・」と止めてしまったりするのだ。

 

先日もそういう状態に陥っていたのであるが・・・「顎を1cm上げる」ようにしたら、あっさりと問題解決。スムーズにバックスイング出来るようになり、高い確率で芯にヒットするようになり、ビシバシストレートで(練習場の)250ヤード付近にボールが行くようになったのだ!

 

あと、今気をつけているのは、ダウンスイングはゆっくり(女子プロと同じくらいでいい)。それからインパクトに掛けての下半身と右肘の同調である。

 

イ・ボミのインパクト2

 

芯でヒット出来て、頭が残って、下半身と同調出来るようになると、びっくりするくらい飛距離が伸びるぞ。300ヤード飛ばしたい人は別だが、240~250ヤード位ならヘッドスピードはあんまり関係ないと思う。

 

「顎を1cm上げる」だけ。

 

ダフリに困った時、

原因不明の不調に陥った時には是非思い出して頂きたい。

 

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

    スポンサードリンク

    一緒に読みたい関連記事

    ■練習しても全然上手くならない40代、50代のアマゴルファーへ!

    コメントを残す