上達に悩む40代、50代のアマゴルファーに無料プレゼント!

ゴルフは踵体重?つま先体重?ドッチがいいの?

【80切りを目指すゴルフ】前傾を保ったままスイングしなさい!と良く言われるわけだが、この意識が強すぎて極端な「つま先体重」になっているアマチュアは多い。これを「踵体重」にするとスライスが治る?飛距離が伸びる?つま先体重がダフリ・トップの原因だった?疲れにも関係?体重比率は?空港周辺地区オープンゴルフ大会の練習ラウンド!

 

「前傾を保ったままスイングしなちゃい」

 

きっとこれを見てるアナタも、

偉そうな誰かにそう言われたことがあると思う。

 

あるいは、

 

ゴルフ雑誌やレッスン書などで

こういう記事を見たことがあるかと思う。

 

 

もちろん、

 

夫婦生活においてセックスが大事なのと同じように、

 

ゴルフにおいて、

前傾角度は大事である。

 

スイングは前傾姿勢をキープしたまま

遂行しなければならない。

 

だけんどもしかし!

 

 

前傾姿勢をキープするために、

極端な「つま先体重」

になっていないだろうか?

 

フィニッシュで我慢が出来ず・・・

間違って出したりしてないだろうか?

 

じゃなかった(笑)、

 

フィニッシュで前傾が保てず・・・

フラッとして右足が一歩出たりしてないだろうか?

 

偉そうなことを言っている私も実は、

 

つい先日まで極端な「つま先体重」になっていたのである。

 

(おまえもか!)

 

■極端なつま先体重の弊害

・体を回転させにくい

・アウトサイドインになりやすい

・前傾角度が変わりやすい(シャンク・トップ・ダフリの原因)

 

一応最初に言っておくが、

つま先体重が良いか?踵体重が良いか?というのは、

人それぞれである。

 

そして、完全にどっちかに体重を乗せることは不可能なので、

「5:5」とか「4:6」とか「3:7」・・・

といった配分で荷重することになる。

 

この配分も人それぞれ。

体格や筋肉量や足の長さや手の位置や頭のデカさで変わるのだ。

 

(頭のデカさでは変わらんわ!笑)

 

おし!

 

今、クラブを握れる方は、

是非その場で、普通にアドレスを取ってみて欲しい。

 

そして、体重を・・・

つま先~~~踵~~~

配分を変えながら移動させてみてくれ!

 

その際、手の位置や前傾角度は変えちゃダメだぜ?

 

そうすると・・・

 

クラブヘッドの位置が

10cm以上動くはずだ。

 

これは8:2でつま先側に体重を乗せた場合。足の指にギュっと力が入っているのが分かると思う。

 

これは2:8で踵側に体重を乗せた場合。前傾や手の位置は全く変えていない。足の重心の位置でこんなにヘッドの位置が変わるのだ。

 

つまり・・・重心の位置で、

クラブヘッドの軌道は変わるのである。

 

スイング中に重心位置が変わり、

ヘッドの落下点が大きく変わったらどうなるのか?

 

ネックに当たってシャンクしたり、

トゥ側に当たって薄~い当たりとなるのである。

つま先体重の人はシャンクしやすい

 

「浅次郎さん、スイング中に重心位置が変わることなんてありません」

 

いやいや、練習場ではそうかもしれんが、

実際のコースでは「まっ平らなライ」なんてないからね?

 

本番ではティーグラウンドでさえ微妙な傾斜があるのである。

メンタルが作用することもあるし、

障害物が気になることもある。

スイング中に重心位置が変わるのは普通に良くある話だ。

 

そして・・・

 

重心位置を変えていると気づくと思うが、

 

力が入る場所も変わるよな?

 

つま先体重だとふくらはぎ。

踵体重だと太ももの内側。

 

これも非常に大事な点で。

 

つま先体重だとふくらはぎを使ってスイングすることになり、

踵体重だと太ももを使ってスイングすることになるのである。

 

ラウンド終盤でふくらはぎが攣りやすい人は、

つま先体重である可能性が高い(はっ・・・そう言われれば!)。

つま先体重のスイングは疲れやすいのである。

 

・・・以上を踏まえた上で、

 

つま先体重の弊害のところに戻ろう。

 

まず、つま先体重だと、

体を回転させにくいのである。

なぜなら、足首とつま先には距離があるから。

このズレによって回転が阻害され・・・

スイングプレーンは丸くならずに・・・直線的になりがちなのだ。

 

しかし踵体重だとどうか?

足首と踵に距離はなく、

背骨を中心にして丸ーく回転することが出来るわけだ。

 

ハンマー投げと同じ要領である。踵体重だと回転しやすく、またハムストリング(大腿筋)を使えるのでパワーも出るのだ。

 

次に、

これがあまり知られていない事実。

つま先体重だと・・・器用になんでも出来るのである。

 

え?

 

と思った方は実際にやってみるといい。

 

つま先体重だと、

アウトにクラブを上げる事もできるし、

ストレートに上げる事もできるし、

インに上げる事もできる。

これが必要な時もあるのだが(カットに打ちたい時など)、

 

普段のスイングをする上で、この器用さは邪魔である。

 

試しに、踵体重でアウトサイドに上げてみて欲しい。

体からドンドン遠ざかって行くためスイング出来ないのである。

 

踵体重だとインサイド側にしかクラブが上がらないのだ。

 

ってことは???

 

・・・極端なつま先体重が、

あなたのアウトサイドインの原因かもしれない。

 

ちなみに、踵体重にすると、

「半強制的にインサイドイン」になるため、

ドロー系の球が出やすくなるぞ。

 

そして、つま先体重は常に前方に体重が行く感じなので、

キツイ。

(ふくらはぎが攣りそうになる)

 

これを懸命にキープしようとすれば・・・

当然疲れとともに前傾角度が変わってしまうわけで、

前傾角度が変われば・・・当然トップ・ダフリの元。

フェースが開いたり(スライス)する原因にもなるわな。

 

ラウンド前半はまだいいかもしれない。

しかしラウンド後半になると球が荒れる・・・

という方は「つま先体重スイング」をしている可能性大。

 

プロの重心位置を見てみよう。

 

これはイ・ボミのドライバーのアドレス。足に注目して欲しいのだが、膝はほとんど曲がっておらず、踵よりの重心である。4:6くらいで踵重心?

 

松山秀樹は膝の位置が結構前ですな。かと言ってつま先側に体重が乗っている感じでもない。5:5くらい?

 

石川遼は・・・スッて感じだよね。完全に踵寄り。これは3:7くらいか?

 

もちろん、プロだって千差万別である。

つま先寄りのプロだっているし、踵寄りのプロもいる。

(しかしPGAのトップ選手も踵寄りの方が多い)

 

アマチュアも然りだが、

基本的にアマチュアは「踵寄りの重心」の方がいいと思うぜ!

(個人によるけどな!筋力ある人はつま先寄りでもいいかも)

 

最低でも「5:5」かな。

 

私は今「3:7」で踵寄り配分で練習しているぞ!

 

で、右の太ももの内側を意識して、

スイングするようにすると。。。何かが変わるかもしれない。

 

アウトサイドインで悩んでるスライサーや

後半疲れて球が荒れる方は是非参考にしてくれぇい。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

来週7月19日に開催される

空港周辺地区オープンゴルフ大会

に出場することにしたんでね。

 

早速練習ラウンドに行って来たぜ!

 

場所は・・・熊本空港カントリークラブ

 

バンテリンレディースが毎年開催されるコースなんで、

ご存知の方も多いと思う。

 

ティーは試合仕様でフルバック

(数ホールだけ一つ前のティー)

 

マジ長えよ~~~。

 

 

OUT45、IN46の91。

 

トータル7091ヤード・・・

(数ホール短いから実質は7000ヤード位)

 

ご覧の通り、

ショートホールはほとんど180ヤード以上だし、

ミドルホールはほとんど400ヤード以上だし、

600ヤード超えのロングもあるし・・・

 

・・・こんだけ距離があるとね。

まあパーオンしないわけ。

 

ショートホールはほとんど5番アイアンかユーティリティ。

ミドルのセカンドもほとんど6番アイアン以上。

ショートアイアンを持てるのは短いロングの3打目だけ。

 

10番のバーディーは

ドライバーがナイスショットで180ヤード残し。

4番ユーティリティがクリーンヒットでまぐれでピンに寄ってのもの。

 

こうなると・・・

 

いかに寄せワンが取れるか?

いかにダボを打たないか?

 

ってゴルフになるわけよ。

(沢山ダボ打ったけど)

 

難しいぜ全く!

 

で、

 

懲りずに連続で行ってきた!(笑)

 

 

OUT45、IN46の91。

 

もうオッパイが一杯~~~。

 

ボギーオンが精一杯にょろ。

 

まぐれでパーオンした610ヤードの11番なんて、

 

ドライバー250ヤード

4番ユーティリティ180ヤード

4番ユーティリティ180ヤード

 

全部ナイスショットでやっとこさ乗った感じだったしね。

532ヤードの18番とかなんか短く感じたわ(笑)。

 

スコア91・・・これで予選通るかな???

 

 

フルバックの90台は仕方ない。

出来ればフルバックからでも80台中くらいで回りたいけど。

パーチャンスさえなかなか来ないけんな~~。難しい!

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

    スポンサードリンク

    一緒に読みたい関連記事

    ■練習しても全然上手くならない40代、50代のアマゴルファーへ!

    5件のコメント

    • 本田 慶太

      浅次郎さん

      いつも楽しく拝見させて頂いております。

      フルバック・・・キツイですよね~

      自分もよくフルバックでやりますが、ロングしかパーオンは狙いません(笑)
      他ホールはドライバーの飛距離&ライ次第。

      飛距離がいまいちだったり、ライが悪けりゃ速攻ボギーオン狙いに切り替えてます。

      100y以内の寄せとパッティングでなんとか80台をキープしている次第です。

      大会の予選通過、期待しておりますので頑張ってくださいね!(^^)!

      • どもどもはじめまして~~~!
        いつも白から回ってるんでフルバックは相当キツイっす!
        ふむふむ。なるほど・・・。
        ライが悪けりゃ速攻ボギーオンに切り替える・・・と(φ(..)メモメモ)。
        こうなると100ヤード以内の精度が絶対的に必要になりますねー。
        これも練習せねばー!
        しかしなんかいい経験になるような気がします!
        結果報告楽しみにしておいて下さい!

    • 喜代ちゃん

      そうなんだ!小生はずっと母指球意識しておりました。以前 鬼ヤンベさんも確か違う事言ってましたね。ほー早速取り組みます。フルバックはキツイですね〜シニアですから もう勘弁してケロ!
      師匠は現役ですから…仕方ないっちゃ笑

      • 荷重位置は人それぞれですけどね。
        母指球意識するのも悪いことではないと思いますが、
        かかと側を意識する方が楽に飛ぶんじゃないかな・・・。

        試合が終わったらレギュラーに戻ります(笑)。

    • 喜代ちゃん

      ㊗️ 予選突破おめでとうございます!
      決勝 頑張って下さいね〜!
      いつですか?

    コメントを残す