上達に悩む40代、50代のアマゴルファーに無料プレゼント!

ゴルフはアドレスの見た目が8割?悪いアドレスの見本は?

【80切りを目指すゴルフ】ゴルフにおいてアドレスは非常に大事!ってのは皆知ってるけど、ヘッポコアマチュアの多くが変則的なアドレスであり、皆それを放置して練習している。これでは上手くなるはずもないぞ!まずは自分のアドレスの写真や動画を取ろう!そして前傾角度、背筋、お尻、頭、膝、腕などをチェックするのだ!

 

「アドレスを見れば、上手いか下手か分かる」

「アドレスでスイングの8割が決まる」

 

と言われている通り、

ゴルフにおいて、

アドレスは最も重要なポイントである。

 

練習場に行ったら、是非周りの人達を見て欲しい。

アドレスがカッコイイ人は大概美しいスイングであるし、

アドレスがカッコ悪い人は大概スイングもヘッポコである。

 

前傾が出来ておらず、上半身が立っている人はとても多い。

 

背中が丸まっている人も多い。

 

がに股の人も結構いるよね。

 

腕とシャフトがほぼ一直線の人。

 

まあ、例外的な人もいるが、

 

美しいスイングは美しいアドレスに宿る!

 

と言っても過言ではないと思う。

 

だけんどもしかし!

 

 

多くのヘッポコなアマチュアゴルファーは、

自分のアドレスがどんな形なのかを知らない。

 

写真や動画を撮り、客観的に見てみればいいだけだが、

 

ショックを受けるのが嫌なのか?

それとも面倒臭いのか?

多くの人はヘッポコアドレスのまま、黙々と練習している。

 

ヘッポコアドレスのままで、

上手くなるはずがない。

上手くなるはずがないんだジョー!

 

 

やることは簡単である。

今時は誰だってスマホや携帯を持っているだろう。

そしたら、スマホを固定するためのフレキシブルアームを買って来よう。

 

私の経験上、このタイプが使いやすい。

 

これを、打席後方の椅子などに設置し、

タイマーで写真を撮るなり、

動画を撮るなりして、

自分のアドレスをチェックすれば良い。

 

あるいは、

 

コースに出た時に、

同伴者に写真や動画を撮ってもらう。

 

今時のスマホはスロー再生なんかも出来るし、

アプリを使えば、

プロのスイングとの比較や、

過去スイングとの比較なんかも出来る。

 

この一手間だけで、

ゴルフ上達スピードが全然違ってくると思うぜー!

 

で、

 

これは前回、熊本空港カントリークラブで

早朝ラウンドした時のスイング動画。

 

 

久しぶりに後ろからのアングルで動画を撮ったのだが、

(最近は正面からばかり撮っていた)

 

これを見て、

 

一大決心。

 

アドレスを大幅に弄ることにしたのである。

 

最近の調子は決して悪くなく、生まれて初めての70台も出たし、80台前半を連発しているので・・・ここでアドレスを弄るのは嫁に嘘を付く時と同じくらい勇気がいるわけだが、

 

チェンジなくして上達なし。

 

 

多少スコアを落としたとしても、

更に上を目指すために私はチェンジを続けていく!

 

さて、

アドレスのどこを直すか?

であるが、ちょっと色々とチェックしてみよう。

 

フェアウェイセンター狙い。画像の通り、アライメントはばっちりですな。

 

前傾角度・・・いいんじゃないの?

ケツプリ感・・・いいと思う。

背筋の伸び・・・真っ直ぐ。

頭の位置、視線の高さ・・・悪くないと思う。

 

イ・ボミのアドレスと比べて見よう。

 

 

ふむ。こうやって改めて見ると気づくことが多いな。

 

さて、

 

直した方がいいのはどこかというと・・・

 

 

・腕とシャフトの角度!

・膝の角度!

 

まず腕とシャフトの角度。

私の場合、いわゆる「ハンドアップ」である。

ハンドアップの弊害についてはこちら)

 

以前より大分マシになっているが・・・

 

あ、これはちょうど一年前のアドレス。

 

うおっ・・・こうやって見ると1年前とは全然違うな~。

 

理想のアドレスは左腕が真下。

 

これである。

 

 

こうなるとどうなるのか?

 

・グリップが、より身体の近くを通るようになる。

・脇が締まり、スイングが安定する。

・インサイドインの理想的なスイングが出来る!

 

なんか良いことづくめに見えるが・・・

これが実際やるとなると難しいのである。

 

窮屈なところを通す必要があるし、

リリースが早いとダフってしまうし、

なにより引っ掛け気味にヒットすることが多くなるのである。

(だからインサイドアタックが大事)

 

今までとは全く違うタイトなスイングプレーンが要求されるのであり、

ダフリや引っ掛けといった大きいミスに繋がる・・・

 

だから今まで、この課題はスルーしていたのだが(笑)、

 

直すことに決めた。

 

これは今回撮ったアドレス。幾分良くなったように見えるが・・・あんまり変わらんか(笑)。

 

あ、あと膝の角度は

この記事を書くまで気付かなかったが、

 

 

ボミちゃんのアドレスを見る限り、

足首から膝まではほぼ垂直だな。

 

 

でも、松山英樹のアドレスを見ると多少曲がっている。

プロによって違うのかな?

いずれにせよ、ちょっと私の場合は曲げ過ぎのようだ。

 

膝の角度はちょっと研究材料だな。

 

ま、アドレスをいきなり変えるのはムリ。

 

徐々に変えて行き、

 

一年後にまた

 

「うおっ・・・こうやって見ると1年前とは全然違うな~」

 

と書けるように取り組んで行きたいと思う。

 

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

今回は高遊原カントリークラブの早朝ラウンドに行って来たぜ!

 

スコアは、

 

 

43、44の87。

 

この日はドライバーが全部左。ミスショットではなく、ナイスショットが左に真っ直ぐ・・・あるいはドローしながら飛んでいく感じ。こうなると、2打目を深いラフや林の中から打つ羽目になるわけで・・・パーオンするのはとても難しくなるわな。11番のOBもショット的にはナイスだったんだが・・・方向悪く、球が見つからずにOBとなってしまった。

 

左に抜けてしまう理由はただ一つ。

 

アウトサイドイン軌道である。

 

おそらく、アドレスを弄ったがために、

ダウンスイングが窮屈になり、

ヘッドが外から降りて来てしまったのだろう。

 

まあ、しょうがねえよジョー。

 

アドレスの問題は、

 

いずれ乗り越えねばならん壁だ。

 

窮屈なところを通し、インサイドから振り抜く・・・

非常に難しいのはわかっているが、

 

 

あしたのために、私はやるぜ。

 

 

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

 

    スポンサードリンク

    一緒に読みたい関連記事

    ■練習しても全然上手くならない40代、50代のアマゴルファーへ!

    2件のコメント

    • 喜代ちゃん

      拝承。 常にスイングチェックですか!
      努力してますね〜。
      浅さんの動画→ふ〜ん… 小生は良いと思いますがね〜!

      理由→軸の安定感、フォロースルーが良い。何と言っても先月スコアー76を出すスイングである。これは難度ハイレベル

      タイミング→ボールを捉えるタイミング
      しかないと思いま〜す。
      ※鬼ヤンベさん→スゴイと思う、天性かな! こう言うタイプはなかなかマネできません。

      0.1秒の世界は理論では無理、練習あるのみ? あれっ 競馬みたい?

      高スコア祈る!

      • どもども。いやー努力して作ってきたスイングを褒められるととても嬉しい~!(笑)
        でも、自分の中では直したいところがまだ沢山あるんですよ。
        切り返し時の突っ込み、ダウンでのタメ、フォロースルーでの左脇、左足首・・・
        スイングもアドレスもいきなり激変させるのは難しいですからね。
        チョットずつ、チョットずつだと思って練習してます。

        ちなみに鬼ヤンベの野郎・・・今回は1オーバーでした。
        飛距離も半端ないのですが、方向性がスゴイですね。ほとんどフェアウェイ。

    コメントを残す