上達に悩む40代、50代のアマゴルファーに無料プレゼント!

インサイドイン軌道スイングのコツは左脇と左肘。

【80切りを目指すゴルフ】スイングの基本はインサイドイン軌道。しかし多くのアマチュアがアウトサイドインもしくはインサイドアウトになっててインサイドインで綺麗にスイング出来ている人は少ない。インサイドインでスイングするためのコツは?左脇を締めるべし!左肘を伸ばすべし!頭を残すべし!

 

もし、

 

自分のスイング軌道に自信がないのなら、

 

「俺、インサイドインでスイング出来てる?」

 

 

と親しいゴルフ仲間に聞いてみよう!

 

「いや、インサイドアウトになってるよ」

「いや、アウトサイドインになってるよ」

 

という返答があったら話は簡単だ。

 

おそらく極端なインサイドアウト・・・

もしくは極端なアウトサイドインになってるはずで、

その軌道を直すべく努力すればよろしい。

 

問題は、

 

「うーん。わかんない」

「なってると思うけど・・・」

 

って返答の場合である。

 

この場合、

 

・インサイドストレート

・アウトサイドストレート

 

になってることが多いと思うが、

 

多くの場合、

 

「理想的なインサイドイン」

 

のスイング軌道にはなってないのである。

 

そう、

 

「私ちょっとポッチャリなのよねー」

 

って言う女性の9割が、

 

 

実際はポッチャリどころではなく、

限りなく渡辺直美に近い豊満オッパイなのと同じように、

 

「おれ、インサイドイン出来てるんじゃね?」

 

と思ってるアマチュアの多くも、

 

理想のインサイドインのスイング

 

なんて・・・全然出来ていないのである。

 

理想のスイング(ムリだけど笑)。

 

きっと、

 

これを見ているあなたも出来ていない(笑)。

(上級者はこのブログ見てないよね)

 

ゴルフスイングの基本はインサイドイン。

 

 

まず、これをマスターせねばならんのであるが、

難しいのはインパクト後の「イン」である。

 

はじめに言っておくが、

 

「アウトサイドイン」の「イン」

「インサイドイン」の「イン」

 

全く質が違うのである。

 

同じ巨パイでも、

 

渡辺直美のパイと杉原杏璃のパイくらい違うのである。

 

 

ごくり(笑)。

 

か、簡単に言えば、

 

アウトサイド「イン」はフェースが開いている。

インサイド「イン」はフェースが閉じている。

 

というわけ。

 

つまり、同じ「イン」でもスイング的には全く違うのだ。

今日はこの件について詳しく解説しようと思う。

 

ちなみに、

「インサイドイン」の「イン」が出来ないと、

「インサイドストレート軌道」となる。

 

これは、上手くフェースが閉じれば飛ぶけど、

フェースが閉じきれない場合は薄い球、

あるいはスライス球となる。

 

これは、

 

何を隠そう・・・

 

私のことである(笑)。

 

 

これは私のスイングのフォローであるが、

微妙に、

フォローで左脇が開き、

左肘が外側に曲がり、

右手甲が下になってますな。

 

ということは、

クラブヘッドはイン側に抜けずに

インサイドイン軌道の外側に抜けているってこと。

 

これが私のフェースが開く原因であり、

スライスの原因である。

 

このスライスを防ごうと手首を返したり

アウトサイドからヘッドを入れてしまう・・・

これが、

引っ掛けの原因である。

 

人間って器用ですなあ・・・

 

スライスが酷いとアウトサイドイン軌道に、

フックが酷いとインサイドアウト軌道に、

勝手に反応してスイングしてしまうのである。

 

ま、安定してフェードを打ちたいのであれば、

「インサイドストレート」でもいいのだが、

この軌道はプッシュの危険性もあり(←これがOBの原因)、

捕まらない時は全く飛ばないのだ・・・。

 

で、

 

考えたのである。

 

新しいエロDVDの隠し場所を!

 

じゃなかった(笑)、

 

どうやったら、

理想のインサイドインが

出来るようになるかを!

 

スポンサードリンク

 

まず、

私の友人のスイングをチェックしてみた。

 

 

これは典型的なスライス持ちの友人・・・

デリタンク3号のスイングである。

(ちょっと前のものである。平均スコアは100くらい)

 

さて、この動画を見て、

スライスの原因はわかるだろうか?

(分からん人は何度か見てみるべし)

 

以前は極端なアウトサイドイン軌道のカット打ちだったのだが、

現在はかなり改善されている。

少なくとも球の出は真っ直ぐで、

真っ直ぐ出た後に大きく右にスライスしていくのである。

 

スイングは一瞬なので、

打った本人はもちろん、見てる方も良く分からん(笑)。

 

なので、

 

スローでもう一回見てみよう。

 

 

分かっただろうか?

 

インパクトからフォローに掛けて、

左脇が開き、

左肘が大きく外に曲がっているのである。

 

 

この動きはフェースを閉じるインサイド「イン」の動きと真逆で、

アウトサイド「イン」のフェースを開く動き。

 

つまりこのスイングは・・・

常にインパクトの瞬間フェースが開くわけで、

何発打ってもスライスにしかならないのである。

(タイミングが合えば真っ直ぐ行くこともある)

 

もうひとり、

飛ばし屋ガッちゃん(スライス持ち)のフォローも見てみよう。

 

 

体型が違い過ぎるのでアレだが(笑)、

デリタンク3号のフォローと驚くほどそっくりである。

 

ちなみにガッチャンは、

真っ直ぐ飛べば300ヤード近く飛ぶハンパなしの飛ばし屋である。

しかし毎度スライスしてしまうのが悩みのタネ。

このスライスはどうやったら治る?

 

・・・

 

もしかしてだけどー

 

もしかしてだけどー

 

アマチュアのスライスの原因は・・・

コレが一番多いんじゃないの?

 

コレ!

 

多くのアマチュアは、

バックスイング

切り返し

ダウンスイングは細かくチェックするのであるが、

 

インパクト~フォローのチェックは全然しない!

(私もほとんどしない!)

 

というか、

一瞬のことなので自分ではよく分からないのである。

 

スライスの原因は確かに色々ある。

 

・アウトサイドインのカット軌道

・ヘッドアップ

・上体のツッコミ

 

しかし、実は・・・

 

 

「左脇・左肘」の方が

大事なのではないだろうか?

 

卵と鶏とどっちが先?って話だが、

 

左脇が開いて肘が曲がればフェースが開く。

フェースが開けばスライスになる。

スライスになるからボールは左サイドに出さねばならん。

結果アウトサイドインのスイングになる!

 

そして、

 

アウトサイドインのスイングが固まれば、

左脇を開けたスイングでスライスを打つしかなく、

もう左脇を閉じたスイングは出来なくなるわけ。

左脇を閉じると豪快に引っ掛けちゃうからね。

 

デリタンク3号が陥ってる状態はコレだな。

アウトサイドインでスイングしてた時代の名残で、

左脇を閉じて打てないのである。

 

じゃあ、どうすればいいか?

 

 

徹底して、

左脇を締めるべし!

左肘を伸ばすべし!

 

そして・・・

 

フォローでは自然と右手の甲が上を向くのが、

本物のインサイド「イン」!

 

是非その場でフォローを作ってみてほしいのだが、

左脇が締まると自然と右手甲が上を向くのである。

 

(しかし松山英樹のフォローはかっこええな!)

 

インサイドに振り抜こうとか思わなくていい。

 

とにかくフォローの3時まで

左脇を締めて左肘を伸ばすこと。

 

これだけで相当

インサイド「イン」

が出来るようになると思うぞ。

 

スポンサードリンク

 

「浅次郎さん、私、典型的なアウトサイドイン型スイングなのですが、やはり左脇を締めた方がいいですか?」

 

ふむ。

 

アウトサイドイン型スイングの方は、

ムリに左脇を締めると

「捕まった引っ掛け」になるわな。

 

ただ、

私はそれでいいと思う。

 

なぜなら、「捕まった引っ掛け」を

徐々に正面方向の打球に変えて行けばいいわけで、

そうするにはインサイドから降ろさないとムリなわけで、

そうして行く内に

「アウトサイドイン」も改善して行くはず!

だからである。

 

「アウトサイドイン」では永久に捕まった球は打てない。

上手くなりたいのであれば、スイングを改造するべきである。

 

このフォローを頭に叩き込め!

 

■インサイドインまとめ

・インサイド「イン」が大事(難しい)

・徹底して左脇を締めろ!

・左肘を伸ばせ!

 

 

というわけで、

 

インサイドインを意識して回って来たぜ!

 

これは今回のスイング。

 

自分的にはかなり良くなったと思うのだが、

 

これが以前のスイングのフォロー。

 

これが今回のスイングのフォロー。

 

まだ脇が甘いし、左肘も若干曲がってるが、

右手甲が上を向いてるってことは、

以前より脇が締まっている証拠である。

 

美しいスイングは、

必ず脇が締まっている!

 

 

みなも参考にされたし。

 

さて、

 

スコアはどうだっかというと・・・

 

 

out47、in46の93。

 

ドライバーの感触はとても良かったのである。

しかしインサイドインを意識したラウンドは今回が初めてであり、

当たるとドローでかっ飛んで行くもんだから、

結構振り回しちゃったのよ(笑)。

で、結構右に左にバラけてしまったのだ。

 

アイアンは相変わらず、

ハーフショット、クォーターショットである。

掴んできた感はあるがもうちょいだな。

 

私のチンコの余った皮が、

完全にムケそうな予感はあるんだが(笑)、

 

スコアに繋がらないのが悔しい・・・。

 

精進あるのみ。

 

 

ここんとこ90台が多い・・・

平均86の目標が霞んでいくわ・・・(涙目)。

 

 

スイングを変えずに上手くなる?10日間で学ぶゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

    スポンサードリンク

    一緒に読みたい関連記事

    ■練習しても全然上手くならない40代、50代のアマゴルファーへ!

    コメントを残す