上達に悩む40代、50代のアマゴルファーに無料プレゼント!

アイアンのハーフショットでピンを狙う方法とは?

【80切りを目指すゴルフ】ハーフショット(ハーフスイング)でピンを狙う方法って?ハーフショットの飛距離は?スピンは掛かるの?ランの計算は?ハーフショットがキレイに打てるようになれば・・・ピンをデッドに狙って行ける!ピンを狙えればバーディを狙える!90切りには必要ないが・・・80切りには絶対的に必要なテクニックである!

 

ずっと、

 

ずっと勘違いをしていたのである。

 

「ハーフショットは飛ばない」

「ハーフショットは球が低い」

「ハーフショットは止まらない」

 

 

あなたもそう思ってないだろうか?

 

しかし、このところずっと

「ハーフショット」の練習をしていて気付いたのだ。

 

浅次郎のハーフショット練習風景。

 

「ハーフショットでもそう飛距離は落ちない」

「ハーフショットは方向性が抜群にいい」

「ハーフショットはグリーンで止まりやすい」

 

え?

 

マジっすか浅次郎さん?

 

という声が聞こえてくるので解説しよう。

 

■ハーフショットでも飛距離はそんなに落ちない。

私の場合、7Iのフルショットの飛距離は150ヤード位である。で、ハーフショットの飛距離がどのくらいになるかというと・・・120~125ヤードである。つまり、落ちるのは2~3番手であり、そこまで大きく飛距離が落ちるわけではないのだ。

まあ・・・実際25~30ヤード飛距離が落ちるわけだが、「150ヤード」は真芯ヒットした時の飛距離であって、実際はダフったり、薄かったりして120~140ヤード位しか飛ばない。さらに言えば、トップしたらオーバーしてしまうし、左右に大きく曲がることもしばしばである。

 

つまり、

25~30ヤード落ちるのは「MAX飛距離」であって、

「平均飛距離」で言えばあまり変わらない!

と言っても過言ではない。

 

そして・・・これが肝心の話だが、

飛距離を上げたければ

番手を上げればいい!のである。

 

ちなみに・・・私のハーフショットのキャリー飛距離はこうだ。

4I・・・150~155ヤード
5I・・・140~145ヤード
6I・・・130~135ヤード
7I・・・120~125ヤード
8I・・・110~115ヤード
9I・・・100~105ヤード
PW・・・80~85ヤード
52度・・・65~70ヤード
58度・・・50ヤード

150ヤード打ちたければ、5アイアンや4アイアンでハーフショットをすればいいのである(ロングアイアンは多少ランが出やすい)。ハッキリ言って、7番のフルショットより5番のハーフショットの方が簡単である。

 

 

■ハーフショットは方向性が抜群にいい。

で、方向性の話である。ハーフショットはフルショットに較べて方向性が抜群にいい。これはあなたも激しく同意してくれると思うが、これがハーフショットの最大のメリットである。当たり前の話であるのに・・・ほとんどのアマチュアは気付いていない(だからみんなフルショット)!

 

左右のブレが少ないほど・・・

ピンに絡みやすいのである!

 

「ラインが出しやすい」と言えば分かりやすいな!ハーフショットだとピンと球のラインが重なりやすいのである。仮に左右にブレたとしても大スライス、大フックが掛かることはない。チョイスラ、チョイフックで済む。だから大事故に繋がることもない。

 

正直言って、

アマチュアがフルスイングでピンを狙うのはヒジョーに難しいと思う。

 

もちろん、ナイスショットでピンに寄ることもある。

 

しかしそれは・・・

確率的にとても低く・・・

「偶然」であることが多いように思う。

 

しかし、自分が思ってるよりずっと・・・バックスイングは上がってるもんである(笑)。

 

 

■ハーフショットはグリーンで止まりやすい!

「スピンコントロール」という言葉を聞いたことがあると思う。プロやトップアマは回転数をコントロールしてスピンで戻したり、あまりスピンを掛けずに転がしたりするわけだが、

アマチュアには無理な話だろ!

と私も思っていたのだ。

 

アマチュアにとってスピンが掛かるかどうか?

なんてのは運次第であり、

スピンが掛かったとしてもコントロールなんて出来ない!

と思っていたのだ。

 

しかし、

ハーフショットでクリーンにヒットするとどうなると思う?

 

適度なスピンが掛かって・・・

グリーン上でビタ止まり!

 

するのである。文字通り、落ちた場所にピタッと止まる。

意外とランは出ないのである。

 

あなたも見たことがあるはずだ!

上級者が低面の球でビタっと止める姿を!

 

確かに球はフルショットより低目に出やすい。

しかし、ほとんどランは出ずに(番手や傾斜やグリーンの硬さにもよるが)、

その場で止まりやすいのである。

 

つまり、ハーフショットは

縦の距離が非常に合わせやすいのだ!

 

もちろんクラブが長くなればなるほどスピンは掛かりにくく、

ランが出やすくなる。しかし、

ショートアイアン以下であればほとんどランは出ないと思っていい。

ウェッジであればほぼキャリー=飛距離である。

 

なぜ、

ハーフショットはスピンが掛かりやすいか?

それはフルショットに比べて、

「球にクリーンにヒットしやすいから」である。

 

ダフったりトップしたりというミスが少ないハーフショットであるが、

実は、スピンが掛かりやすい!

というメリットもあるのだ!

 

さっき・・・私のハーフショットの距離を書いたが、

4I・・・150~155ヤード
5I・・・140~145ヤード
6I・・・130~135ヤード
7I・・・120~125ヤード
8I・・・110~115ヤード
9I・・・100~105ヤード
PW・・・80~85ヤード
52度・・・65~70ヤード
58度・・・50ヤード

 

例えば・・・ピンまでの距離が120~125ヤードなら

7Iのハーフショットでキャリー120~125ヤード。

 

ランで出ずにビタ止まりすると仮定すれば・・・

文字通りピッタリ!

 

つまり、

クリーンなハーフショットなら、

何も考えずにピンまでビシッと打てる!

のである。

 

(もちろん、クリーンに当たらないとビタ止まりしない。また、グリーンの硬さや傾斜にもよるし、マネジメント的に避けねばならんもんは避けなければならんぞ!)

 

フォォォ!浅次郎さんマジっすか?

 

 

■ハーフショットまとめ

・ミスが少なく、横のブレが非常に少ない。

・スピンが掛かりやすく縦の距離が合わせやすい。

・デメリットはMAX距離が落ちるだけ。

 

時々・・・鬼ヤンベが、

「ハーフトップみたいな棒球でビタッと止める球」

を打っていたのだが、これがその正体だったのか・・・?

 

 

いや、また他に違う打ち方があるのかもしれんな(笑)。

 

・・・

 

さて、

ハーフショットの基本的な打ち方

を記載しておこう。

 

あなたのスイングはそのままいい。

9時から3時のスイングをすればOK。

 

 

練習方法。

 

ただし!

 

単なる9時~3時スイングだとビタ止まりスピンは掛からない。

 

腰のキレ(回転)でスパン!と打つのが大事!

 

腰のキレでハーフショット。

 

その際、ダウンブローとか体重移動とか難しいことは考えなくていい。

 

左足体重で、

頭が突っ込まないようにしつつ、

腰の回転で打てばOK。

 

もう一回、浅次郎の7番アイアンハーフショット動画。

 

これはウェッジでのハーフショット動画。

 

全ての番手でハーフショットが使えるようになれば・・・

今の3倍緻密なゴルフが出来るようになる!

 

 

と思うぞ。

 

ちなみに・・・

 

グリップの位置を「10時」まで上げると

「スリークォーターショット」となるわな。

 

この場合、多少ミスが増えるが、

MAX距離は10~15ヤードほど伸びるので使い分けるといいだろう。

(これもキレイに当たればビタ止まりする)

 

 

もう・・・フルショットで打つのは止めようと思っている。

(前にも書いた気がするが今度こそ。笑)

 

で、今回のスコアは・・・

 

 

IN45、OUT41の86!

 

この日はハーフショットアイアンがキレッキレで・・・

パーオンなんと8回!

 

ワンピン以内のバーディチャンスも4回ほどあったんだが、

どれも決めれず(笑)。

気分的にはバーディ3つくらい取った感じなんだけどな~。

 

ゴルフ的にはココ最近で一番内容が良かったんだが、

13番の素ダブルパーが痛かった。

グリーン周りで行ったり来たり・・・トホホ。

 

ま、しかし手応え十分。

 

後はハーフショット・スリークォーターショットの精度を上げること。

それからやっぱりアプローチとパターだな(笑)。

 

 

今年の目標は平均スコア86!そして80切り!

 

 

スイングを変えずに上手くなる?甘ゴルファーが10日間で学ぶゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

    スポンサードリンク

    一緒に読みたい関連記事

    ■練習しても全然上手くならない40代、50代のアマゴルファーへ!

    コメントを残す