上達に悩む40代、50代のアマゴルファーに無料プレゼント!

アイアンで低いドローを打つ練習をするべし。

【80切りを目指すゴルフ】絶好のライからトップやダフリのミスが多い、薄い当たりが多く飛距離が一定しない・・・という方はアイアンで「低いドロー」を打つ練習をすべし!ティーアップして、スイング幅は腰から腰(肩から肩でもOK)。インサイドインを意識し、脇を締めたまま身体を回転。低く長くクラブヘッドを出す練習が効果的。

 

絶好のライからゴロゴロトップした私に、

 

「おまえ、練習場と本番で全然スイングが違うな!」

 

と鬼ヤンベが言ったのである。

 

「ぐへえ・・・」(何も言い返せねえ)

 

ボールのライが違うとか、

傾斜があるからとか、そういう問題ではない。

 

 

もちろん技術的な問題もあるんだが、

 

おそらくは、

「ミスしたくない」

というメンタルの問題である。

 

絶好のライからトップしたりダフったり、

ティーアップした時でさえ・・・いやティーアップした時ほど、

ミスが出るのである。

 

 

泣き出しそう…イ・ボミ「どうしたらいいか、分からない」

 

「1Wはアッパーブローで打つから気持ち悪いことはない。アイアンはダウンブローに打てなくて、打ちたくてもミスショットをしてしまう。ちょっとだけのミスでも、それがすごく大きく感じる。18ホールが長く感じます…」

 

分かる!分かるぞボミちゃん!

(私のミスはちょっとのミスじゃないけど!)

 

ドライバーは例えOBを打ったとしても、

特段気持ち悪いことないのである。

ミスの原因がハッキリしているからだ。

 

しかしアイアンのミスはとても気持ち悪い。

 

そしてミスは続く。

 

次のホールも。

 

次のホールも。

 

そのまた次のホールも。

 

私の場合、むしろ「深いラフ」とか

「つま先上がりのライ」とか

難易度の高いライの時ほどナイスショットが出る。

(干からび王ほどではないが。笑)

 

多分、難しいライの時は

 

「ミスって当然」

「どうせグリーンにゃ乗らねえし」

「ハーフショットでいいや」

 

という気持ちになるから、

気楽に打てるんだろうね(笑)。

 

で、続けて鬼ヤンベにこう言われたのである。

 

「ハーフショットで低いドローを打つ練習しよったやん」

 

ああ、あれか・・・!

 

 

あと、これね。

 

 

スイング幅は「肩から肩」あるいは「腰から腰」。

左右の脇を締めてインサイドイン。

身体を使って低い球を打つイメージ。

 

そうするとキレイなドローが掛かって飛んでいくのである。

(アイアンは低い球のイメージでもちゃんと上がる)

 

わ、わ、忘れてた!

 

最近は、切り返しの「腰の動き」や

ダウンスイングでの「タメ」や

フォローの「左脇」に心を奪われていて、

 

忘れていたぞな!

 

ほんとゴルフは

「何かを得ようとする」「何かを忘れる」

スポーツであるな。

 

で、再度「低いドロー」を打つイメージで練習を開始。

 

するとビシバシ当たるではないか!

 

ま・・・

 

本番になったらまた当たらなくなるんだろうけど(笑)。

 

ゴルフはこの繰り返しやね。

 

ま、「トップ」「ダフリ」など縦のミスで悩んでいる方は、

是非「低いドロー」を打つイメージで

練習することをおすすめする。

 

低い球を打つイメージでも十分球は上がるし、

(球はロフトが上げてくれる)

 

キッチリ捕まるので、

肩から肩のスイングでも十分飛距離も出るぞ!

 

練習あるのみだな。

 

スポンサードリンク

 

さて、今回は、

 

グランドチャンピオンゴルフクラブに行ってきたぜ!

 

熊本地震の激震地「南阿蘇の西原村」にある山岳コースである。

しかしコースはあまり被害がなかったらしく、

震災後もきれいな状態を保っている。

グリーン鬼速のコースだ。

 

このコース・・・

平日に行くとピン位置が最奥か最手前のどっちかなんだよね~。

せめてもうちょっと真ん中寄りに切ってくれよ~~~。

 

さて、スコアは、

 

 

IN50、OUT44の94。

 

もんげー。

 

前半は20パット、OB1発、ダボ6つ・・・というヒドイ内容。

グラチャンはいっつも鬼速グリーンなんだけど、

この日は重くて重くて・・・

下りが転がらずに止まると1mでも厳しいわー。

 

後半は持ち直したけど、

ドライバーが良くてもアイアンが悪くてスダボ・・・

ってのが悪パターンなんだよね。

 

こんな調子じゃ平均スコア86なんぞ夢のまた夢である。

 

だけんどもしかし。

 

ゴルフの道は険しいから楽しい。

 

倦まず弛まず、精進していく。

 

 

次は、つい先日バンテリンレディースが開催された

「熊本空港カントリークラブ」

でプレイする予定。

 

練習しとかんと大叩きするぞ・・・(笑)。

 

    スポンサードリンク

    一緒に読みたい関連記事

    ■練習しても全然上手くならない40代、50代のアマゴルファーへ!

    4件のコメント

    • 金ちゃん

      たまたまこのサイトにたどり着いたのですが、とても楽しく為になるブログですね。
      ここ数年、アベレージ90台前半で伸び悩み、レッスンに通い始めたところです。アイアンがアッパーブロー《すくい打ち》、ドライバーがダウンブローとセオリーと逆のスイング、軸が右に傾くという悪癖を指摘され、目下矯正中です。
      レッスンの先生の指導では、ボールがあるとボールを打ちに行って癖が治らないようなので、素振りを沢山して、たまにボールを打つという練習をして下さいとのこと。記事を楽しみにしてますので、よろしくお願いします。

      • 金ちゃんさんコメント有難うございますー管理人の浅次郎でっす。

        私もアイアンがアッパーブローになる癖が抜けず、
        よくトップしちゃいますよ(笑)。
        ボールがあるとボールを打ちに行くのも一緒ですね~。
        特にショートホールのティーショットで(笑)。
        私も素振りをするようにしまーす!

    • 喜代ちゃん

      初コメントです。
      なるほど!でも小生はアイアンの捕える練習をする方法は、ドライバーの玉置く位置(左足の前)でPW〜4アイアンを打ち込みます。ダフリはもちろんトップも解消し易く。本番では通常の玉位置に戻して打ち込みます。
      ヘッドを下す位置を常に左足前にする事でインサイドスイングを作ります。
      アウトスイングでは左へ引っ掛けとなります。あと脇の締め付けに注意 飛距離減!

      • あれ?喜代ちゃんさん?こっちにも来て頂けました?
        ゴルフブログの方も是非宜しくです!

        アイアンの練習法・・・マジで参考になりました。
        なるほどなあ~ドライバーの位置に球を置いて打つんだ・・・
        ヘッドが手前に落ちるミス・・・激減出来そうですね!
        明日早速やってみまっす!

    コメントを残す