【80切りを目指すゴルフ】現代の最先端のスイング理論は、極力フェースローテーションを押さえ、体の回転でスイングする!というものである。その際大事なのは体と腕を同調させること。グリップは常に胸の前、グリップエンドは常にヘソを指し、三角形を崩さず、シャフトと手首の角度も固定。フェースローテーションは考えなくていい。

 

今日は、

 

今まで当ブログであまり触れなかった、

 

ティンコーローションの話をしようと思う。

 

 

・・・じゃなかった(笑)、

 

フェースローテーションの話をしようと思う。

 

今まで、

 

スイングは体の回転で行うべし。

 

という話は何度もして来たんだけど、

 

多くのアマチュアゴルファーは、

体を回すと同時に、

ボールめがけて手を振り下ろしているのである。

 

なるべくクリーンに当たるように。

なるべくフェースの真ん中に当たるように。

 

しかし、これだと・・・自分の思惑とは裏腹に、

 

ダフったり、

トップしたり、

スライスしたり、

フックしたり、

我慢出来ずに出てしまったりする(なにが)。

 

いわゆるこれが、ソー・・・

 

・・・じゃなかった(まじめにやれ!)、

 

いわゆるこれが「手打ち」

 

これは無意識レベルの話なので、

 

「いやいや、俺は手打ちじゃねーし!」

 

と思ってるアマチュアの9割が手打ちなのである。

(これを読んでる毒者の9割が手打ち。私も手打ち。笑)

 

良かったら一度、

目をつぶって、

グリップや腕の力を一切抜き、

体の回転だけでスイングをしてみて欲しい。

 

それが、本当の「手に力が入ってない状態」である。

(ボールが見えると誰しも手に力が入ってしまうのである)

 

理想を言うなら、その状態でスイングせねばならんのだ。

 

これは度々紹介しているブッカケコースケのスイング。

 

 

コースケのスイングは、

アマチュアの回転スイングの見本。

 

あまり力感を感じないと思うが、

これで230~250ヤード飛ぶのである(しかも曲がらない)。

 

「浅次郎サン、そんなこと言っても力を抜いたら飛びません」

 

という意見もあると思う。

 

そう、力を抜いたら飛ばない。

 

それは何故か?

 

手で打ってるからである。

 

じゃあ・・・力を抜いて飛ばすにはどうしたらいいのか?

 

答えは至ってシンプル。

 

手を体の回転に同調させるべし!

 

である。

 

イメージとしては、

 

スイング中のグリップは常に胸の中心の前。

グリップエンドは常にヘソを指す。

 

という感じ。

 

その際のビジネスゾーン(9時~3時)は、

アドレスで作った「両肩とグリップを結んだ三角形」を崩さず、

シャフトと手首の角度も変えないことが大事。

(もちろん完全に崩さないのは無理。そういうイメージ)

 

バックスイング、ダウンスイング、フォロー・・・

全てそのイメージである。

 

何故ボールは曲がるのか?

何故ボールが飛ばないのか?

 

色んな理由があるわけだが、その根本的な理由は、

体の回転と腕が同調してないからである。

 

手が遅れればフェースが開いてスライスするのであり、

手が早くなればフェースが閉じて引っ掛けフックが出るのだ。

 

そのズレが大きいほど大きく曲がるのであり、

手打ちだとそのズレが大きくなりやすいのだ。

(手打ちでも・・・タイミングがピッタリ合えばちゃんと飛ぶ)

 

体の回転と腕が同調していれば、・・・

手は他に何にもする必要なし。

 

つまり、

 

意図的なフェースローテーションは一切不要。

 

 

この画像のような・・・

手首を返すようなイメージは一切必要ないのである。

(手首は、結果的に、自然と返るのである)

 

「いや、私はフェースを返していません!」

 

というアマチュアの9割が、

フェースを返すか・・・あるいは

逆にフェースを開く動きをしているのである。

 

私もね。

 

頭じゃ分かってるのよ。

 

だけんどもしかし・・・

 

実際ボールを目の前にすると・・・

どうしても「打ちに行ってしまう」わけ。

無意識レベルで手を使っちゃうんだよ。

 

これは多くのアマチュアがそうだと思う。

(ミスショットのほとんどは手打ちが原因)

 

というわけで、

 

現在は「手打ち脱却スイング」修得に向け、

 

鋭意練習中である。

 

練習は腰から腰のビジネスゾーンのみ。

ココが上手く行かないとスイング全体も絶対上手く行かないのである。

 

 

こんな感じねー。

 

参考まで。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

このところずっと、

試合の練習を兼ねてバックティーから回っていたんだが、

今回は久しぶりにレギュラーティーからのラウンド。

 

行ってきたのは阿蘇のグランヴィリオホテルゴルフ場

 

熊本地震以来である。

 

結果は・・・

 

 

OUT41、IN43の87。

 

いやー、白ティーからだと楽ですなー。

 

この日はドライバーが左へ~~~左へ~~~で。

さらに1~2mのショートパットが全然入らなくてスコアが伸びず・・・。

後半のINなんて20パットだもんなあ。

アプローチがヒジョーに良かっただけに勿体無いわ~~。

 

そんなこんなで

 

あんまり内容は良くなかったんだけど、

 

スコアは上々。

 

これはOUT7番165ヤードのショートホールで思わず撮影。

 

 

5番アイアンで打ったんだが、

 

ピンの根本に落ちてビタリ。

 

惜しい!

 

しかしホールインワンってなかなか出ないもんやね(笑)。

 

 

このままレギュラーティーで回れば・・・

平均スコアは上がるかもしれん。

 

しかし、それでは上に行けぬし、

決勝に向けての練習もせなあかんし、

今後はバックティーからのラウンドが増えると思う。

 

(今年の目標を達成出来なかった時の言い訳にちょうどいい)

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【80切りを目指すゴルフ】2018年7月19日、第15回空港周辺地区オープンゴルフ大会、一般男子予選(熊本空港カントリークラブ)に参加して来たぜ!熊本の強豪アマチュアが参加するオープンゴルフ大会(参加人数約250人)だが、浅次郎の結果はどうだった?予選通った?ギリギリの87位(1会場あたり90位まで)で予選突破じゃ!

 

表題の通り、

「第15回空港周辺地区オープンゴルフ大会」

に出場して来たのである。

 

 

浅次郎は今までエンジョイゴルフしかやったことがなく・・・

 

これで、競技ゴルフ童貞喪失である。

 

場所は「熊本空港カントリークラブ」。

 

毎年女子ゴルフのバンテリンレディースが行われている名門コース。

ぶっ倒れそうなくらいの猛暑快晴(気温は36~37度)。微風。

ティーはフルバック(数ホールは一つ前のティー)。

総距離は約6,980ヤード。

 

いつも6200~6500位のレギュラーティでプレイしている私にとって、

これはとてつもなく長い距離である。

 

ラッキー?なことに一組目でティーオフ。

 

緊張した面持ちの浅次郎(笑)。

 

大勢のギャラリー(後続組)が見つめる中、

記念すべき最初のティーショットはフェアウェイど真ん中。

 

いえーい!

 

良かった~~~!

 

さて、

 

結果は・・・

 

 

OUT49、IN44の93!

 

この日は完全に試合仕様のゴルフでね。

 

ドライバーはもうハーフショットのイメージで方向重視。

(絶対に林に入れない気持ちで!)

 

基本的にボギーオン狙い。

(ライが良く、距離的に狙える時のみパーオンを狙う)

 

そして、林、バンカー、池などを徹底して避ける戦略で臨んだのである。

 

全体的にその戦略で問題なかったのであるが、

 

誤算があった。

 

パターである。

 

打てないのである。

 

いつもならズコン!と打てる1~2mの距離も、

ペチっ・・・となってショートしてしまうのである。

 

今回のグリーンの速さは9フィート。

いつもとそう変わらん速さであり、

いつも通りに打てば問題なかったのであるが・・・

 

なんか・・・

打てないのである。

 

どうしても弱くなってしまうのだ。

これはきっと試合ならではの副作用でしょうなあ。

 

パット数33で悪くないように見えるが、

この日は最初からパーオンを狙ってないからね。

簡単な真っ直ぐ上りのショートパットを3回ほど外したのがヒジョーに痛かった。

 

それから・・・

これは誤算というよりアンラッキー

6番のOBは、

実はOBではなくロストボールである。

 

今回キャディ付きの試合でね。

「大丈夫じゃね?」という球でも、

OBやロストボールの可能性がちょっとでもある場合は、

 

「すみません。暫定球をお願いしまーす!」

 

と言われて打ち直しするわけだ。

(試合なのでロストボールは打ち直しである。もちろんプレイング4もないし、ペナルティを払ってその辺から打つ!なんてことも出来ない。エンジョイゴルフなら進行優先でいいんだけどね)

 

この6番ホール・・・

危険なのは右の林のOB。そしてバンカー。深いラフ。

左のラフは窪んではいるものの、

広く開けていて落ちてしまえばフラット。

だから、

このホールは出来るだけ右を避けたいホールなのである。

 

 

・・・という心理が働いたのか・・・私の球は左に真っ直ぐ。

 

短いホールなんでね。

フェアウェイならパーオンを狙うつもりだったが、

左のラフなら打ち上げになるし、ラフが深いし、

こりゃ3オン狙いだな!

 

なんて考えていたのである。

 

もちろんキャディさんも怪しむ素振りなし。

ボールが失くなることなど全く想定してなかったのだ。

 

しかし、

 

ボールは見つからなかった。

 

キャディさんはもちろん同伴者も懸命に探してくれたんだが、

多分7~8分くらいは探したと思うんだが、

 

ボールはロストしてしまったのだ。

 

うん。

 

それはいい。

 

ゴルフやってりゃ・・・

 

「なんでボールねえんだよ!」

 

なんてよくある話である。

 

問題は、

 

ティーグラウンドに戻って、

打ち直しをせねばならんことである。

 

当然後ろの組は、

「まだかよ~」という感じで待っているのである。

(すでに2組待っていたのである)

 

きっと、

 

「まだ探してるよー」

「暫定球打ってねーのかよー」

「無いなら無いで早く打ち直せよー」

 

と思って待っているに違いないのだ(私だってそう思う)。

 

そんな重い空気の中、

謝罪と言い訳をしながら、

息を切らした状態で、

なんでボールねえんだ!と思いつつ、

すんませんすんません!と思いつつ、

厳しい目にさらされながら、

打ち直しをせねばならん私の精神状態を推し量って頂きたい。

(親切にも「ごゆっくりどうぞ」と言って頂いたが)

 

「絶対にミス出来ないショット」

 

とはこういうショットのことを言うのだろう。

 

だって、その状態でボールひん曲げたりしてみ?

 

「ざ、暫定球お願いしまーす!」

 

って言われるわけで(ヒィィィ!)、

 

後続の方々には、

 

「おまえ、打ち直しがそれかよ!」

 

って思われるに決まっとるし、

 

打ち直しがOBとかなったらさすがにもう・・・

 

試合終了だけんな。

 

(いや、さすがに無理。笑)

 

幸いにも、

打ち直しのボールは見えるところに飛び・・・3オンの2パット。

このホールはトリプルボギーで済んだ。

 

しかし、初めての試合で・・・

ロストボールでトリプルボギーを叩いたダメージは大きく、

 

「何とか取り返さなければ!」

 

と思ってしまったのである。

 

ギャンブルでもスポーツでも仕事でもそうだが・・・

 

「無理して取り返そう」

 

とするとロクなことにならないのが世の常である(笑)。

 

 

攻め気は忘れちゃならんが、

攻めに気を取られると・・・

ベルギーの高速カウンターを食らうのである。

 

私の場合、

 

「7番は打ち上げ+ドッグレッグの難関ホールで無理。8番のショートも199ヤードと長いからここもボギーが精一杯だろう。9番は590ヤードと長いロングだが・・・ここでパーを取るしかない」

 

と考えたのだ。

 

そして、予定通り、

7番ボギー8番ボギーで来て・・・9番ホールの3打目。

 

 

こんな感じで残りは180~190ヤードくらいであった。

 

幸いフェアウェイだったのでライは良かったのであるが、

 

問題は・・・せり出した右の林。

 

グリーンを狙うにはギリギリのところを狙わねばならんのだ。

ちょっとでも右に出れば林に捕まる角度。

そしてグリーンの周りはバンカーだらけ。

 

普通に考えれば、

こんな条件の185ヤードショットがグリーンに乗る訳がなく、

仮にナイスショットが出たとしても、

ガードバンカーに捕まるのがオチである。

 

徹底してボギーオン狙いで行けば良かったのであるが、

私はここでパーを取って、

さっきのトリプルボギーを取り返せねばならん!と思っていたのだ。

 

そしてユーティリティで放ったショットは、

お約束のように、

バサァハァ!

と音を立てて林に捕まり、

深いラフからの4打目はダフって飛ばず、

さらに深いラフからの5打目はショート。

6打目でやっと乗って2パット・・・致命的なトリプルボギー。

 

トリプルボギーを取り返そうとして、

トリプルボギーを打つという悪循環。

 

いやね、

 

反省しましたよ(笑)。

 

どんな結果であろうとそれを受け入れ、

「その場の最善を尽くす」

ことが大事ですな。

 

 

そう。

 

18ホールかけて取り返す!

 

という気持ちでやれば良かったのだ。

 

決して、出来ないことをしてはいかん。

 

ゴルフに奇跡は起こらない。

 

これは休憩中の会話。

 

鬼ヤンベ「諦めるんじゃねえぞ!」

浅次郎「全然諦めてねえわ!しかし、厳しいなぁ!」

鬼ヤンベ「40台前半出せばイケる」

浅次郎「43目標で行く!パー3つにダボ1つ(笑)」

 

 

で、

 

後半はさらに徹底して、

ボギーオン狙いに切り替えたわけ。

 

そしたら、

寄せワンのパーが2つ、

ナイスオンからのパーが1つ来て、予定通りパーが3つ。

 

最後の3パットダボが痛恨であったが、

 

なんとか44。

 

トータルスコアは93・・・。

 

「予選通るかな?」

「厳しいんじゃね?」

「せめてあと1つ伸ばしてれば・・・」

 

私達がクラブハウスを後にする時、

すでに6組ほどがホールアウトしてたんだが・・・

私のスコア93はビリケツであった。

 

「レ、レベル高え・・・こりゃ無理だ・・・(しょんぼり)」

 

夕方・・・

熊本空港カントリークラブのホームページで結果を確認。

 

結果は・・・

 

 

ん???

 

どこだどこだ?

 

(浅次郎の本名は蠣原和生)

 

 

は、87位!

 

予選通過は90位までだから・・・

 

ギリギリ通った!

 

しかも93の同スコアは6名おり、

その内2名はカットされているのである。

(マッチング方式なので、同スコアの場合INの成績で決まる)

 

マジでギリギリ!

 

最後まで諦めなくて良かったよ安西先生!

 

ちなみに、

 

鬼ヤンベは37、40の77で・・・予選4位通過。

 

あんた・・・上手い上手いとは思っていたが、

 

マジでスゴイ人なのね(敬礼)。

 

というわけで・・・

 

予選通過おめでとう浅次郎!

 

喜び勇んで我が家の奥様に報告したのだが、

 

「ふーん。良かったね」

 

で終わり。

 

なんか寂しいので、

 

自分で自分におめでとうと言っておく(笑)。

 

 

決勝は8月10日(菊池CC)と9月7日(高遊原CC)。

なので・・・それまではバックティーからの練習ラウンドが増えるだろうから、

平均スコア・パーオン率等はかなり落ちると思われる。

 

しかし、バックティーからの経験は、

確実にレベルアップに繋がるだろう・・・。

これで一皮剥けるか?

 

バックティーからでも普通に80台で回れるようになりたいね~。

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

【80切りを目指すゴルフ】前傾を保ったままスイングしなさい!と良く言われるわけだが、この意識が強すぎて極端な「つま先体重」になっているアマチュアは多い。これを「踵体重」にするとスライスが治る?飛距離が伸びる?つま先体重がダフリ・トップの原因だった?疲れにも関係?体重比率は?空港周辺地区オープンゴルフ大会の練習ラウンド!

 

「前傾を保ったままスイングしなちゃい」

 

きっとこれを見てるアナタも、

偉そうな誰かにそう言われたことがあると思う。

 

あるいは、

 

ゴルフ雑誌やレッスン書などで

こういう記事を見たことがあるかと思う。

 

 

もちろん、

 

夫婦生活においてセックスが大事なのと同じように、

 

ゴルフにおいて、

前傾角度は大事である。

 

スイングは前傾姿勢をキープしたまま

遂行しなければならない。

 

だけんどもしかし!

 

 

前傾姿勢をキープするために、

極端な「つま先体重」

になっていないだろうか?

 

フィニッシュで我慢が出来ず・・・

間違って出したりしてないだろうか?

 

じゃなかった(笑)、

 

フィニッシュで前傾が保てず・・・

フラッとして右足が一歩出たりしてないだろうか?

 

偉そうなことを言っている私も実は、

 

つい先日まで極端な「つま先体重」になっていたのである。

 

(おまえもか!)

 

■極端なつま先体重の弊害

・体を回転させにくい

・アウトサイドインになりやすい

・前傾角度が変わりやすい(シャンク・トップ・ダフリの原因)

 

一応最初に言っておくが、

つま先体重が良いか?踵体重が良いか?というのは、

人それぞれである。

 

そして、完全にどっちかに体重を乗せることは不可能なので、

「5:5」とか「4:6」とか「3:7」・・・

といった配分で荷重することになる。

 

この配分も人それぞれ。

体格や筋肉量や足の長さや手の位置や頭のデカさで変わるのだ。

 

(頭のデカさでは変わらんわ!笑)

 

おし!

 

今、クラブを握れる方は、

是非その場で、普通にアドレスを取ってみて欲しい。

 

そして、体重を・・・

つま先~~~踵~~~

配分を変えながら移動させてみてくれ!

 

その際、手の位置や前傾角度は変えちゃダメだぜ?

 

そうすると・・・

 

クラブヘッドの位置が

10cm以上動くはずだ。

 

これは8:2でつま先側に体重を乗せた場合。足の指にギュっと力が入っているのが分かると思う。

 

これは2:8で踵側に体重を乗せた場合。前傾や手の位置は全く変えていない。足の重心の位置でこんなにヘッドの位置が変わるのだ。

 

つまり・・・重心の位置で、

クラブヘッドの軌道は変わるのである。

 

スイング中に重心位置が変わり、

ヘッドの落下点が大きく変わったらどうなるのか?

 

ネックに当たってシャンクしたり、

トゥ側に当たって薄~い当たりとなるのである。

つま先体重の人はシャンクしやすい

 

「浅次郎さん、スイング中に重心位置が変わることなんてありません」

 

いやいや、練習場ではそうかもしれんが、

実際のコースでは「まっ平らなライ」なんてないからね?

 

本番ではティーグラウンドでさえ微妙な傾斜があるのである。

メンタルが作用することもあるし、

障害物が気になることもある。

スイング中に重心位置が変わるのは普通に良くある話だ。

 

そして・・・

 

重心位置を変えていると気づくと思うが、

 

力が入る場所も変わるよな?

 

つま先体重だとふくらはぎ。

踵体重だと太ももの内側。

 

これも非常に大事な点で。

 

つま先体重だとふくらはぎを使ってスイングすることになり、

踵体重だと太ももを使ってスイングすることになるのである。

 

ラウンド終盤でふくらはぎが攣りやすい人は、

つま先体重である可能性が高い(はっ・・・そう言われれば!)。

つま先体重のスイングは疲れやすいのである。

 

・・・以上を踏まえた上で、

 

つま先体重の弊害のところに戻ろう。

 

まず、つま先体重だと、

体を回転させにくいのである。

なぜなら、足首とつま先には距離があるから。

このズレによって回転が阻害され・・・

スイングプレーンは丸くならずに・・・直線的になりがちなのだ。

 

しかし踵体重だとどうか?

足首と踵に距離はなく、

背骨を中心にして丸ーく回転することが出来るわけだ。

 

ハンマー投げと同じ要領である。踵体重だと回転しやすく、またハムストリング(大腿筋)を使えるのでパワーも出るのだ。

 

次に、

これがあまり知られていない事実。

つま先体重だと・・・器用になんでも出来るのである。

 

え?

 

と思った方は実際にやってみるといい。

 

つま先体重だと、

アウトにクラブを上げる事もできるし、

ストレートに上げる事もできるし、

インに上げる事もできる。

これが必要な時もあるのだが(カットに打ちたい時など)、

 

普段のスイングをする上で、この器用さは邪魔である。

 

試しに、踵体重でアウトサイドに上げてみて欲しい。

体からドンドン遠ざかって行くためスイング出来ないのである。

 

踵体重だとインサイド側にしかクラブが上がらないのだ。

 

ってことは???

 

・・・極端なつま先体重が、

あなたのアウトサイドインの原因かもしれない。

 

ちなみに、踵体重にすると、

「半強制的にインサイドイン」になるため、

ドロー系の球が出やすくなるぞ。

 

そして、つま先体重は常に前方に体重が行く感じなので、

キツイ。

(ふくらはぎが攣りそうになる)

 

これを懸命にキープしようとすれば・・・

当然疲れとともに前傾角度が変わってしまうわけで、

前傾角度が変われば・・・当然トップ・ダフリの元。

フェースが開いたり(スライス)する原因にもなるわな。

 

ラウンド前半はまだいいかもしれない。

しかしラウンド後半になると球が荒れる・・・

という方は「つま先体重スイング」をしている可能性大。

 

プロの重心位置を見てみよう。

 

これはイ・ボミのドライバーのアドレス。足に注目して欲しいのだが、膝はほとんど曲がっておらず、踵よりの重心である。4:6くらいで踵重心?

 

松山秀樹は膝の位置が結構前ですな。かと言ってつま先側に体重が乗っている感じでもない。5:5くらい?

 

石川遼は・・・スッて感じだよね。完全に踵寄り。これは3:7くらいか?

 

もちろん、プロだって千差万別である。

つま先寄りのプロだっているし、踵寄りのプロもいる。

(しかしPGAのトップ選手も踵寄りの方が多い)

 

アマチュアも然りだが、

基本的にアマチュアは「踵寄りの重心」の方がいいと思うぜ!

(個人によるけどな!筋力ある人はつま先寄りでもいいかも)

 

最低でも「5:5」かな。

 

私は今「3:7」で踵寄り配分で練習しているぞ!

 

で、右の太ももの内側を意識して、

スイングするようにすると。。。何かが変わるかもしれない。

 

アウトサイドインで悩んでるスライサーや

後半疲れて球が荒れる方は是非参考にしてくれぇい。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

来週7月19日に開催される

空港周辺地区オープンゴルフ大会

に出場することにしたんでね。

 

早速練習ラウンドに行って来たぜ!

 

場所は・・・熊本空港カントリークラブ

 

バンテリンレディースが毎年開催されるコースなんで、

ご存知の方も多いと思う。

 

ティーは試合仕様でフルバック

(数ホールだけ一つ前のティー)

 

マジ長えよ~~~。

 

 

OUT45、IN46の91。

 

トータル7091ヤード・・・

(数ホール短いから実質は7000ヤード位)

 

ご覧の通り、

ショートホールはほとんど180ヤード以上だし、

ミドルホールはほとんど400ヤード以上だし、

600ヤード超えのロングもあるし・・・

 

・・・こんだけ距離があるとね。

まあパーオンしないわけ。

 

ショートホールはほとんど5番アイアンかユーティリティ。

ミドルのセカンドもほとんど6番アイアン以上。

ショートアイアンを持てるのは短いロングの3打目だけ。

 

10番のバーディーは

ドライバーがナイスショットで180ヤード残し。

4番ユーティリティがクリーンヒットでまぐれでピンに寄ってのもの。

 

こうなると・・・

 

いかに寄せワンが取れるか?

いかにダボを打たないか?

 

ってゴルフになるわけよ。

(沢山ダボ打ったけど)

 

難しいぜ全く!

 

で、

 

懲りずに連続で行ってきた!(笑)

 

 

OUT45、IN46の91。

 

もうオッパイが一杯~~~。

 

ボギーオンが精一杯にょろ。

 

まぐれでパーオンした610ヤードの11番なんて、

 

ドライバー250ヤード

4番ユーティリティ180ヤード

4番ユーティリティ180ヤード

 

全部ナイスショットでやっとこさ乗った感じだったしね。

532ヤードの18番とかなんか短く感じたわ(笑)。

 

スコア91・・・これで予選通るかな???

 

 

フルバックの90台は仕方ない。

出来ればフルバックからでも80台中くらいで回りたいけど。

パーチャンスさえなかなか来ないけんな~~。難しい!

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc