【80切りを目指すゴルフ】シャンクは何故、10~30ヤードといった短いアプローチでも出るのだろうか?フルスイングだと出ないのになんで?その原因は「手打ち」である。手打ちのせいで脇が空き、スイング軌道が2cmほどズレるのだ!アプローチシャンクの対処法は、脇を締め、肘をくっつけて身体で打て!である。

 

最近、

 

練習場で、

 

アプローチシャンクが出るのである。

 

 

カツーーーン!(右斜め45度)

 

うげえ・・・!

 

またか!

 

(多分アドレスを変えたせいである)

 

本番で出ないのが救いであるが、

 

いつ出るか・・・

いつ出るか・・・

いつ出るか・・・

 

私のチンコと同じで、

いつ出るのか、いつも不安で一杯である(笑)。

 

以前にシャンクの原因についての記事を書いたが、

(→シャンクの原因は何?直し方・改善方法は?

今回は短いグリーン周りアプローチでのシャンクの話。

 

以前の記事で、シャンクの主な原因は

「右肩or右膝。あるいはその両方」と書いた。

 

だけんどもしかし、

体重移動やバックスイングがほとんどない

10~30ヤードのアプローチの場合、

なんでシャンクするのだろう?

ちょこっとスイングなのになぜシャンクするのだろう?

 

右肩や右膝が前に出ないように注意してもシャンク・・・

 

真っ直ぐ引いて真っ直ぐ戻す感じでもシャンカー・・・

 

「オレってばもしかしてシャンケスト?」

 

と思ってしまうよな(笑)。

 

しかし、別にあなたが生まれつきのシャンケストなわけなく、

これは誰にでも起こり得ることである。

 

アプローチシャンクの原因は、

単純な話で、

アドレスした位置にクラブヘッドが戻っておらず、

アドレスから2~3cm離れたポイントにヘッドが降りているせいである。

(2cmずれるとシャンクする)

 

では、

 

なんでヘッドが身体から離れて行くのか?

 

それは、

 

「手打ち」が原因である。

 

バックスイングが小さいアプローチの場合、

例えばキャリーで10ヤード、20ヤード、30ヤードを打つ場合・・・ってのは

 

「手打ち」でも十分だし、

「手打ち」になりがちである。

 

要はパターのような打ち方でも

経験と練習によって上手く打てちゃうのだ!

 

これはパッティングの画像であるが、多少の違いはあれどこんな感じでアプローチするアマチュアはとても多い。あなたも是非自分のアプローチをチェックしてみるといい。

 

これでも結構上手く打てるもんだから、

「グリーン周りは、手打ちアプローチ」

ってヘッポコなアマゴルファーは非常に多いわけだがしかし、

(浅次郎含む。笑)

 

これは初心者、

あるいは中級者のアプローチであり、

さらに上に行くためには、

 

「短いアプローチも身体で打つ」

 

を身に着けなければならん。

 

手打ちだと

ダフリ・トップのミスが発生しやすく、

さらにはラフや傾斜に負けやすく、

そしてシャンクのミスも出やすいのである。

 

 

これはちょっと極端な手打ちの例だが(笑)、

今にもシャンクが出そうなバックスイングだよね?

 

手打ちだと、

・右脇が空いてアウトサイドイン軌道

・左脇が空いてインサイドアウト軌道

になりやすいのである。

 

どちらもアプローチシャンクの原因。

わずか2cmずれればシャンクしてしまうぞ。

 

 

直し方は至って簡単。

・右肘を右脇に付けたままバック→ダウンスイング。

・左肘を左脇に付けたままフォロースイング。

・そして、身体で打つ。

 

肘が脇に付いている限り、

クラブヘッドが遠くに行けるはずもなし。

 

肘が脇から離れるから、

クラブヘッドも遠くに行くのである。

 

ちなみに、

浅次郎のシャンクの場合は、

右脇が空いていたのが原因であった。

 

右肘をくっつける感じで降ろすと・・・

あっと言う間にシャンク直ったアルヨ!

 

「短いアプローチも身体で打つ!」

 

を体得するには・・・この動画が分かりやすい。

 

距離感は「時計」で。

 

手・腕で打つのではなく、

胸で打つのである。

(あるいは膝で打つ)

 

この際、手や腕をガチガチに固定してしまうより、

「身体と同調させて手も動かす」

というくらいのイメージの方がいいかもしれない。

(個人差あり)

 

ただし、

 

肘を脇にくっつける話は「短いアプローチ」の話。

 

まあ、フルスイングでもこのイメージを持っておいていいのだが、

このイメージが強過ぎると

ヒジョーに窮屈なスイングになるけんな。

 

 

適度な距離感が大事である。

 

アプローチの練習は家でも出来る。

練習マットとスポンジボールを買ってくればいい。

 

短いアプローチは、

肘を脇にくっつけて胸で打つ!

 

是非練習してみて欲しい。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

今回はチサンカントリークラブ御船に行って来たぞ。

 

このゴルフ場は、

 

レストランのウェイトレスが

揃いも揃ってスタイル抜群のミニスカ美人であることで有名であるが、

(ただし、年齢不詳である。笑)

面と向かっていうとセクハラになると思われるので、

いつも黙って後ろ姿を見つめている。

 

わざわざミニスカを履かせるのは

支配人の趣味なんだろうか?という疑問はさておき、

このゴルフ場がとてもナイスなゴルフ場であるのは確かである。

 

距離が短い割に、

ハマったら大叩きしてしまう難コース。

 

また・・・魔の5番ロングでハマってしまった(笑)。

 

 

OUT43、IN39の82。

 

終日パラパララと雨。

ただ、ゴルフに影響するレベルではなく、

フェアウェイもグリーンもとてもいい状態であった。

ただ、ラフとバンカーは重かったけどな。

 

大失敗したのは天敵ホールの5番ロング(509ヤード)。

ティーショットは打ち下ろし。フェアウェイ左サイドの220ヤード地点がえぐれており、ドライバー握ってちょっとでも左に行くと即OBである。

 

 

右が広いので、思い切り右を向いて打てばいいわけだが、右を向けば向くほどフックするのがアマチュアゴルファーの哀しいサガ。今まで幾度となく、このえぐれたOBゾーンに球を打ち込んできたのである(笑)。

 

なので、絶対OBゾーンに届かないように5Wを握ったわけだが(これは正解)、どトップして飛距離が出ず(これは下手なだけ)・・・残り340ヤード(しかも上り)近く残ってしまったのだ。この時点で選択肢は2つ。

 

・リスクを負ってFWを握り3オンを目指すか。

・アイアンで刻んで4オンで良しとするか。

 

ちなみにこのホール、セカンド地点からは右サイドが大きくエグレており、ずっとOBゾーン。しかし左サイドは広くて受けてるため、狭いわけではない。ボールはフェアウェイにあるが・・・左足下がりのライ。スライスしやすい。ここは3オンを諦め、4オン狙いに切り替えるべき。

 

・・・と思ったのもつかの間、

 

この日、比較的ショットの調子が良かった私は、

直前のティーショットでミスしたことも忘れ(←バカ)、

5Wを抜いてしまったのである。

 

結果は見るも無残なセカンドOB。

 

お約束のナイスショットが

右のOBゾーンにブシュー!と飛んで行ったわい(笑)。

 

猛省。

 

反省後のゴルフはなかなかに素晴らしく、

後半は6連続パーもあって39。

 

しかし、なかなか揃わないね~。

 

 

平均スコア86.7・・・目標まであとチョイ!

 

しかし、なかなか70台出ないなあ。

片方は39とか出るんだけどね~。

 

 

もうちょっと寄せワンを増やさねば・・・

 

アプローチの練習しようっと。

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

スポンサードリンク

 

 

【80切りを目指すゴルフ】OBに悩むアマチュアゴルファーは多いと思う。スライスOB、どフックOB、あるいはプッシュアウト、引っ掛け・・・打ってはならぬ方に曲がって行くOBは、アマチュアゴルフの天敵である。さて、アマチュアがOBを打たぬ為に必要な一番大事なポイントってナニ?それは「アドレスの前傾角度をキープ」すること。

 

私のOB率は、

 

4.8%。

 

 

約20ホールに1回・・・つまり、

 

1ラウンドに1回の割合でOBが出る計算。

 

まあね。

プロだってたまにOB打つし、

鬼ヤンベだってたまーにOB打つし、

ナイスショットがOBになることもあるさ。

 

だけんどもしかし。

 

 

出したらダメな時にナニを出したらダメなのと同じで(ナニが)、

絶対打ってはならぬOBは、

絶対打ってはならぬし、

注意することで防げるOBは、

ちゃんと防がないといけないのである。

 

例えば、

・220ヤード先にOBゾーン

・右側はずっと崖OB

・砲台グリーンで、奥は即OB

 

こういう時は「クラブ選択」や「考え方」でOBを防げるのであり、

徹底してOBを避けるのはゴルフマネジメントの基本である。

 

まあ、OBを怖がり過ぎるのも問題だけどね。

(ビビり過ぎて逆球が出てしまう)

 

で、今日はマネジメントの話ではなく、

 

技術面での話である。

 

「OB球を出さない方法は?」

 

って話。OB球ってのは鬼スライス、鬼フック、プッシュアウト、引っ掛けなどの・・・極端な球のこと。もちろん、球筋・飛距離は人それぞれだし、曲がりやすい人もいれば、あんまり曲がらない人もいるだろう(私は曲がりやすい人だ。笑)。あんまり曲がらない人はこの記事を読む必要ないんだが、そもそもあんまり曲がらない人はこのブログを読んでいないよねー・・・と推察しつつ筆を進める。

 

「OB球を出さない方法は?」

 

もちろん、

こんなもんは沢山の答えがあるし、

その答えも人によりけりであるが、

 

一番重要なポイントを

一つだけ教えて!

 

と聞かれれば、

 

・前傾姿勢を最後までキープせよ!

 

と私は答えるだろう。

(最後までってのはフォローまでの意味。フィニッシュでは自然と起き上がる)

 

「はぁ?そんな当たり前のこと?」

 

って思ったそこのアナタにあたたたたーーーっ!!

 

 

よろしいか?

 

「前傾角度のキープ」は

ゴルフの奥義である。

 

これが出来ているアマチュアは、

本当に、本当に少ないぞ!

 

多くのアマチュアがスイングの途中で前傾姿勢を崩し、

突っ込んだり、伸び上がったり、

身体が開いたり、閉じたりしているのだ。

 

ティーアップしているドライバーでダフってしまう!

テンプラしてしまう!

あるいはトップしてしまう!

こういう方は結構いると思うが、

これらのミスの原因は、十中八九「前傾角度の崩れ」である。

 

また「前傾角度の崩れ」は、

上下動とともに「身体の開き」や「回転不足」を生み、

大スライスや大フックをも生み出すのである。

 

良いことは一つもない。

 

しかし、

前傾角度を最後までキープ出来ればどうなるか?

 

・芯でヒットする確率が格段に上がる!

・左右のミスが極端に減る!

・多少曲がっても許容範囲内!

 

と良いことずくめなのだ!

 

しかしこの「前傾を最後までキープする」ってのは、

我々が考えてるより遥かに難しい。

 

前傾をキープするのはとてもキツい。

しかし人間の筋肉はラクをしようとするので、

油断すると前傾はすぐに崩れるのだ。

 

「前傾が出来ているか」は、ドライバーの打球痕を見ると一目瞭然。

 

 

このように上下左右にブレている場合は、

前傾も崩れていると見ていい。

 

安定したゴルフをしたいなら、

「前傾は最後まで絶対キープ」

これを意識してスイングするべし。

 

実は、

 

「頭を動かすな」より

 

コッチが大事だと思うな・・・・。

 

さて、

 

この動画は、

今回の浅次郎のドライバーショット(後方から)である。

 

アドレスを大幅に変えたのだが、

お分かりになるだろうか?

 

 

(分かるかボケェェェぇ!)

 

という心の声がジョージア微糖の空き缶に乗って聞こえてくるが、

 

まあ、分かるわけないわな!

 

(じゃあ聞くなぁぁぁあ!)

 

今回のアドレスはこう。

 

 

ちょっと逆光で見にくいが、

わかりやすく変わったところに線を入れ、

以前のアドレスと比べてみよう。

 

今回

 

前回

 

膝の角度が浅くなったことによって、

より前傾姿勢が美しくなり、

ベルトのラインとシャフトがほぼ一直線上に。

そして左腕もほぼ真下。

 

これが・・・

 

ほぼほぼ「私の理想のアドレス」。

 

 

 

松山くんと較べる意味はないかもしれんが、

とても良くなったと思う。

出来れば、もうちょっとだけハンドダウンかな。

 

あとは、この記事でも書いた通り、

「前傾角度を最後までキープ」である。

 

以前のアドレスより前傾が若干深くなったため、

今まで以上に態勢を維持するのがツライ。

(油断すると身体が起きてしまう)

 

しかし懐が深くなった分、

今までより身体の近くを通せるようになり、

安定感も増してきたように思う。

 

自分に言い聞かせるためにももう一回言っておくか!

 

「前傾角度は最後まで絶対キープ」

 

皆も忘れないように。

 

スポンサードリンク

 

さて、今回はグランドチャンピオンGCへ。

誕生日月の特別料金で、なんと4,900円。

(ご飯はバイキングで別途1,000円)

 

このレベルのゴルフ場がこの料金でプレイ出来るなんて・・・

(アベレージゴルファーにとって最高レベルのゴルフ場だと思う)

 

あちし、幸せ。

 

 

さて、スコアの方は・・・?

 

 

OUT40、IN43の83!

 

平日のグラチャンは最奥とかバンカーの真上とか・・・プロのトーナメントかい!と突っ込みたくなるようなピン位置であることが多いんだけれども、この日は比較的真ん中が多く、さらにグリーンは柔らかく、イージーカムイージーゴー。

 

前半はヒョイヒョイとピンに寄り、

ショートホールで5mと2mを沈めてバーディ2個。

 

いえーい。

 

ボギボギボギでの上がりはちょっとアカンかったが、

ドライバーの調子はいいし、アイアンは切れてるし、

 

「今日は70台出るわ!」

 

と今日もまた心の中で思ったのである(笑)。

 

しかしそうは問屋がオロナミンZ。

 

落とし穴はハンデキャップ16の簡単な11番。この日はティーが前で距離は490ヤードくらいの短いロング。ティーショットさえフェアウェイに置いておけばなんてことないホールである。

 

私はこの日調子の良かったドライバーではなく、

3Wでのティーショットを選択。

ドライバーだと正面突き抜ける可能性があったからだ。

 

しかし・・・結果は、

最悪の右プッシュスライスOB。

 

あう・・・こんなことならドライバー打ちゃ良かった。

 

と思わんでもないが、

3Wを握った選択は間違っていない。

 

間違っていたのは、スイング。

おそらく前傾角度がブレ、

手打ちになったんだと思う(笑)。

 

反省。

 

 

いつの間にやら「平均スコア87.1」まで来ているな。

今年の目標「平均スコア86」は、途中で諦めかけていたが、

クリアが現実のものとなってきたぜ~。

 

とりあえず、今のアドレスを固めねば!

 

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

 

【80切りを目指すゴルフ】典型的なアウトサイドインのアマチュアスライサーだったデリタンク3号が、劇的な上達を見せてスライスを克服!捕まったストレート系の球が打てるように!さらに飛距離もグンと伸び・・・楽々250ヤード飛ぶように!その秘密はスイング軌道ではなく、右足にあった?巷のスライサー必見。スライスは直る!

 

今日の記事は、

全国368万人のスライスオヤジ必見。

あなたのヘッポコスライスは・・・

 

直る!(かも。笑)

 

今までスライスを治そうとして色々やって来たことだと思う。

 

・アウトサイドイン軌道を修正する。

・グリップをストロングにする。

・クラブをシャット気味に上げる。

・前傾を深くする。

・ボールの位置を修正する。

・頭を残す。

・クローズドスタンスにする。

・フックフェースのドライバーを買う(笑)。

 

もちろん、スライスには色んな原因があって、

その原因も人それぞれ。

 

色々と試して、それでスライスが治ったのであれば、

この記事は読まなくてよろしい。

そんなヒマがあったら嫁さんのオッパイでも触って来なせい。

 

だけんどもしかし、

 

嫁さんがオッパイを触らせてくれない!って方は、

 

じゃなかった(笑)、

 

「色々やったけどやっぱりスライス治らん!」

「一瞬直ったと思ったけどやっぱりスライス!」

「もう、俺一生スライスでいいや!」

 

って方は、

 

是非最後まで今回の記事を見て欲しい。

 

ココに一人、

 

典型的ヘッポコスライサーがいる。

 

いや、

 

典型的ヘッポコスライサーだった!(過去形)

 

このブログでもお馴染み、

 

デリタンク3号である。

 

 

デリタンク3号は私と同じアラフォーオヤジ。この画像は2017年の2月に撮ったものだが、その名の通り、タンク体型のデリバリー好きである。あ、ピザね。デリバリーピザ(笑)。

 

このデリタンク3号のこれまでの軌跡を

動画を見ながら振り返ってみよう。オモロイぞ。

 

 

 

左脇・左肘を矯正し、捕まったボールを打てるようになったデリタンク3号だが・・・

長年のスイングで染み付いた「アウトサイドイン」は、

グリップをいじっても、スイングをいじっても、

どうしても克服出来なかったのである。

 

 

それもそのはず。

 

アウトサイドインの原因は上半身に非ず。

下半身(特に右膝)にあったのだ!

 

ダウンスイングからインパクトに掛けて、

右膝が前に出て左膝が伸びると・・・

どうやったって

アウトサイドイン軌道にしかならないのである。

 

つまり、スイングの土台である下半身の動きが間違っていたのだ。

 

そして、これが今回のスイング。

 

 

どう?これ!

 

最初のヘッポコ動画と見比べるともう別人じゃね?

 

以前がこう。

 

今回がこう!

 

たったこれだけの違いだが、

スイングをこれだけ変えるのは・・・とても大変なのだ!

 

この日のデリタンク3号は、ほぼストレート系のボール。

まだ多少右に曲がることがあるが、

以前のようなヘッポコスライスではなく、

真っ直ぐ飛んで右ラフに行く程度。

この「真っ直ぐ飛んで」ってのが、どんだけ大きいか?

 

そして、

当たれば私より飛距離が出ていたのである!

(なんてこったい!)

 

そして「アウトサイドイン矯正」の恩恵は

アイアンの方が大きく、

ショートホールではビシバシとワンオンさせておったのだ。

この日のデリタンク3号は47、44の91。

雨で条件が悪かったことを考えるとナイススコアだと思う。

 

というわけで、

 

もしあなたが、

 

どうやっても直らないヘッポコスライスに悩んでいたら、

 

それはグリップのせいでもなく、

スイングプレーンのせいでもなく、

ドライバーのせいでもなく(笑)、

 

あなたのてぃんこのせいかもしれない。

 

じゃなかった(笑)

 

あなたの下半身(特に右膝)のせいかもしれない。

 

一度チェックしてみるべし。

 

スポンサードリンク

 

さて、今回のラウンドは、あつまるレークCC

 

私のスコアはどうだったかというと・・・

 

 

OUT40、IN46の86。

 

この日は遠い方のメイングリーン。

上記GDOの表記よりはるかに距離が長かったのである。

3番のロングなんてスネークコースのくせに570ヤード近くあるしね。

 

(その代わりティーは前目だったけど)

 

トータルは6565ヤード。

レギュラーティーにしては結構長いよね。

 

前半OUTは、1mくらいの短いパットを2度外して40。

ドライバーもアイアンも上々の調子で、

 

「こりゃ、今日は70台出るな!」

 

なんて心の奥で思ってたのである。

 

しかし・・・

 

後半になって雨足が強くなり・・・

ずぶ濡れ状態でのラウンド。

 

言い訳であるが、

靴の中はぐちゃぐちゃだわ、グリップは滑るわ、

バンカーは重いわ、グリーンは転がらないわ・・・

 

でミス連発。結局46叩いてもーた。

 

ぐえ。

 

 

実は、今回から「アドレス」を変えたんだけど、

思いのほか上手く行ったな。

 

でも、ハーフトップ気味のミスもあった。

もうちょっと固めないとな。

 

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc