【80切りを目指すゴルフ】ついに出た70台!今年の目標の一つである80切りを達成したぜ!しかも一気に突き抜けてベストスコア大幅更新の76!友人から「80のメンタルブロック」を指摘されていたが、これでクリア出来たかな?アマチュアに必要なのは技術面より精神面?今回得た教訓は「良いスコアを出そうとするな。良いゴルフをせよ」。

 

フォオオオオオ!

 

 

ついに出たぜ!70台!

 

いやー最近はずっと80台前半が続いてたんで、

そろそろ来るんじゃないかと思ってたが、本当に来たな。

 

いえーい!

 

(18ホール終わった後で自撮り。笑)

 

「80切り」はこのブログの目的でもあるし、

私自身が立てた2017年の最大目標でもあるからして、

 

まっこと嬉しい。

 

今回行ってきたのはくまもと中央カントリークラブ

 

現在、九州サーキット(オープンゴルフ)が行われている熊本でも指折りの名門コース。今はそんなに敷居が高くないが、以前はビジターだとなかなか回れなかったコースである。

レギュラーティからだと6427ヤード。比較的距離が長く、多数のバンカーが待ち構えており、ピン位置によっては非常に難しくなるのであるが、OBは少なく、プレッシャーの掛かるホールも少なく、個人的には大好きなコースである。

天気は曇り。風はほとんどなく、連日の雨の影響かグリーンは40代のオッパイの如き柔らかさ。ちょっとグリーンが重かったが、スコアを出すにはモッテコイの条件である(最近、早朝ラウンドばっかりなんで重いグリーンに慣れてるし)。

 

さて、スコアの方は・・・

 

 

OUT39、IN37の76!

 

我ながら、スゴイ。

 

 

そっちはスゴくないんだけど(笑)。

 

76・・・スコア的には出来過ぎと言っていいくらいだが、

「もっとイケたんじゃね?」

というのが内なる感想。

 

ラッキーショットやチップインは一度もなく、

マグレの超ロングパットが入った!なんてこともなく、

むしろやっちゃいかんミスが何度があったんだよね。

 

5連続パーで迎えた6番。

1~5番まで・・・別にドライバーが絶好調だったわけでもなく、

アイアンがキレキレだったわけでもないのだが、

普通にグリーンの真ん中に乗って2パット。

あるいはグリーン回りからのアプローチがベタッと寄って寄せワン。

 

淡々とパーが取れていたのだ。

 

6番もパーオン。そんで、

70cmくらいの上りのパーパットが残ったわけ。

 

普通ならこんなもんズドンと打って終わりなんだけど、

 

なんかこの時、

 

「あれ?これで6連続パー?北斗揃いレインボー入った??」

 

 

と思っちゃったわけよ。

 

んで、急にフワフワしちゃって、

 

インパクトが緩んでショート(笑)。

 

この辺が経験のなさというか、

 

いわゆる

 

「メンタルブロック」

 

私の場合は「80ブロック」。

 

無意識下で

「80切りがイケそうになるとブレーキを掛けてしまう」

のである。

 

もしかしたらこれを読んで、

「自分にもブロックあるかも?」

と思ったゴルフオヤジもいるかもしれんな。

 

で、前半最後の9番でまたブロック発動。

8番までボギー1つのみの1オーバーだったわけで、

ここでまた

「ここをパーで上がれば37?ボギーでも38?マジで?」

と思っちゃったわけ。

 

欲が出たんでしょうなあ・・・

ティーショットがプッシュスライスして林の中へ。

 

ボールを見つけて回りを見渡す。

 

斜め後方に出すのが最も安全なんだけど、

その場合まだ160~170ヤードくらい残りそう。

しかもそんなに広いわけではなく、

打ち過ぎると遠くなるし、ショートしたら右ラフだし・・・

 

そして斜め前を見ると、

そそられる胸チラレベルの空間が。

 

 

せ、狭い!

 

でも、谷間から目が離れない!

 

みたいな(笑)。

 

「木と木の間を抜ければ残りは120ヤードくらい・・・パーもイケるかも?」

 

後ろに打っても出るか分からんし・・・

出たとしてもかなり距離が残る・・・

じゃあちょっと無理して前を狙うか・・・

80切りのためにも最低ボギー(39と38は大違い)が欲しいし・・・

と思ってしまったのである。

 

「ウオラッ!胸チラショット!」

「カコーン!」

 

ま、そんな助平ショットが都合よく胸の谷間を抜けるはずもなく、

左の木にコーン!と当って後方のラフへ。

 

結局深いラフから残り170ヤードくらいを打つ羽目になり、

(しかもピンが林に掛かって全然狙えない)

 

これがグリーン左のガードバンカーにぐさり。

(ココでまた無理してしまった)

 

これがまた左足下がりの難しいライで4オンもならず。

 

寄せてワンパットでなんとかダボで上がったが・・・

やはり素直に後ろに出して3オンボギーを目指すべきであった。

 

反省。

 

 

結局OUTは39。

 

まあ、上出来と言えば、上出来なのだが、

6番と9番のミスがもったいなかったのである。

あ、いや、9番はしょうがないとしても

6番の3パットは絶対やってはならんミスであった。

 

そしてIN。いきなりボギー3連発。

いや、別に普通の3オン2パットのボギーなら問題ないのだが、

10番、11番は絶好の位置からセカンドを引っ掛け、

わざわざ難しいバンカーに入れるミス。

12番は80cmくらいのショートパットをハズしてボギー・・・と

前半の9番の悪い流れが断ち切れず・・・

ズルズルとボギー行進になりそうな感じだったのだ。

 

もう、ずっと頭の中で計算してるわけ(笑)。

 

「70台を出すために、後半許されるのは4オーバーまで(40まで)。もうここはボギーは打てない!絶対入れなあかん!あああ、ハズしてもーた・・・後ボギー1個しか打てんやんか・・・絶好のチャンスなのに今日もまたダメなのか・・・」

 

みたいなことをぐるぐると。

 

だけんどもしかし!

 

13番で下りの5mをねじ込んで起死回生のバーディ。

 

おおおおっしぁあ!

 

もう・・・優勝パットをねじ込んだウッズばりに吠えたね。

 

 

ほんと、ゴルフはメンタルスポーツである。

 

このバーディでチンコビンビンになった私は、

その後パーオン2パットの我ながら素晴らしいゴルフを展開。

 

そしてそのまま2オーバーで迎えた最終18番・・・

ダボでも40(80切り達成)という楽なシチュエーションであったが、

 

この時はもう「良いゴルフをするだけ!」と考えていて、

「80のメンタルブロック」はもう無かったと思う。

 

ティーショットはフェアウェイど真ん中。

セカンドはピン手前にナイスオン。

上りの真っ直ぐ5mをオラッ!と打ち切ってバーディフィニッシュ。

 

上がってみれば、

INは2バーディ3ボギーの37であった。

 

スポンサードリンク

 

今回得た教訓は、

 

良いスコアを出そうとするな、

良いゴルフを心がけよ。

さればスコアもついてくる。

 

である。

 

良いスコアを出そう!と考えるのは欲。

そして、

欲は、球を曲げ、無理を強い、パットを乱すのだ。

 

このブログをご覧になってる人の中には、

 

100切り、

90切り、

80切り、

 

を目指して頑張っている方が多くいると思うが、

スイングと一緒に

メンタルも鍛えて行って欲しいと思う。

 

胸チラに惑わされぬように(笑)。

 

 

当然だが、パーオン率、パー率共に過去最高。

 

これで今年の目標の一つである

「一回でいいから70台を出す」は見事にクリア!

 

しかし79とか78とかを飛び越えて一気に76ってスゴイね。

ちなみに今までの生涯ベストスコアが81。

一気に5打も縮まったんだけど、

突き抜ける時ってのはそんなもんかもしれんな。

 

あと、もう一つの今年の目標「平均スコア86」であるが、

この調子で80前後で回ればあるいは可能かもしれん。

 

諦めずに頑張るぜ!

 

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

【80切りを目指すゴルフ】いきつけのゴルフパートナーの美人店員とスプーン相談(笑)。ドライバーの飛距離が伸びて困るのが、左右が狭くOBが浅いホールとドッグレッグホール。そんな時に重宝するのが3Wや5Wであるが、私が欲しいのは飛ばなくていいから真っ直ぐ飛ぶ安定したスプーン。色んなスプーンを試打したんだけど・・・

 

先日もちょっと書いたのだが、

我が行きつけのゴルフパートナー熊本託麻インター店に、

とても笑顔がカワユイ・・・

新人の女の子(推定19歳)が入社したのである。

 

ゴルフの知識はほとんどないのだが(新人だからね)、

オジサンはもうぜ~~~~~~んぶ許しちゃうね。

 

なんせ笑顔がカワイイから(笑)。

 

「いい感じのスプーンを探してるんだけどね」

 

「スプーンはココです(ニッコリ)」

(それは知ってるよ!)

 

「今使ってるのがタイトリストの913FD、シャフトはアッタス3のSなんだけど、ちょっと難しくてねー。当たれば飛ぶんだけど、引っ掛けが酷くてティーアップしたら怖くて打てないのよ。もうちょっと簡単に打てるヤツでオススメある?」

 

「???えーと、ちょっと聞いてきます!」

 

私が喋った単語の全てが理解出来なかったらしい(笑)。

しかし、全部許すね。

 

なんせ笑顔がかわいいから(笑)。

 

そんで色々と持ってきて貰い、

適当に試打したんだけど、

その中から一本中古スプーンをお買上げ。

 

 

これが君の成績になるのかは知らんけどね。

 

なんせ笑顔がかわいいから(笑)。

 

改めて思うが女は愛嬌である。カワユサが大事。

次は5Wかな(笑)。

 

このスプーン・・・

普通は選ばない感じのメーカーで。

値段も叩き売りな感じ。

試打して「めっちゃ良かった」から買ったのだが・・・・

 

この話はまた今度。

 

さて、

 

3週連続で高遊原CCの早朝へ・・・(笑)。

 

だって・・・安いし(5,900円)、

近いし(車で15分)、

18ホールスルーで上がりが10時。

私のようなフリーチンコにはもってこいなのである。

 

で、スコアの方は、

 

 

OUT44、IN39の83!

 

久しぶりにハーフ30台が出たんだけど、

良いスコアが出ておいて言うのもなんだけど、

この日はドライバーもアイアンもあまり調子が良くなかったのだ。

 

ご覧の通り、ティーショットは左に右に外しまくり。

OBすれすれのボールもあったし、

林の中に突っ込んだボールも多々あった。

(1番ホールは左に引っ掛けてボールロスト)

 

その状態で粘れたのは全体的なレベルが上がっている証拠だと思う。

寄せワンが取れるようになったことと、

フェアウェイに行った時はちゃんとパーが取れているのが良い。

 

なんか・・・80切りイケるような気がしてきたゼ!

 

 

今年の目標の一つである「年間平均スコア86」はもう半分諦めていたんだが・・・

この調子で80台前半が続けばイケるかもなあ。

 

とか言ってると、

 

90打つことになるんだよね(笑)。

 

次は中央CCか・・・。

 

ビッグスコアが欲しいなー。

 

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【80切りを目指すゴルフ】「身体で打て!」「スイングは回転で!」と言われても、どうしても手打ちになり、スライス・引っ掛けに悩むアマチュゴルファーは多いと思う。そんな手打ちゴルファー必見!方向性を劇的に改善し、手打ちを防ぐゴルフ理論が、この「心臓打ち」。心臓で打つってどうやって打つの?コツは?

 

今日の話は、

「手打ち」に悩む全国88万人

ヘッポコアマチュアゴルファーに聞いて貰いたい。

 

多分、聞いたことも見たこともない

ゴルフ理論だと思う。

 

その名も

 

「心臓打ち」。

 

は?

 

 

何言ってんだこいつ?

 

と、思った方多数だろうけれども、

 

当たると血が出そうな石コロはこのババアに投げつつ、

 

是非私の話を聞いて頂きたい。

 

この「心臓打ち理論」

 

当たり前だが、

本当に心臓で打つわけではない(笑)。

 

心臓で打つようなイメージで打つのである。

 

まず、スイングする時に心臓だけを意識すること!

バックスイングで心臓を右に(右利きの場合ね)、

そしてダウンスイングで心臓を左に動かし、

インパクトでは、実際に、

心臓をボールにぶつけるつもりで身体を回す!

フォローでは心臓を思い切り左に引っ張る!

 

この一連のイメージで打つと・・・

全く「手」に意識が行かないのである。

 

結果、身体の回転でスイング出来るようになり、

「手打ち」が矯正される!

ってわけ。

 

いやね。

 

「身体で打て!」

「回転スイングをしろ!」

 

と言われて「出来る」人はいいのだよ。

しかし、実際には「出来ない」人がほとんどだと思うのだ。

 

(成人男性で、ドライバーが210~220ヤード程度しか飛ばない人はみんな手打ちだと思っていい。※高齢の方は除く)

 

特に・・・

 

・トップで脇が開いていないか?

・右膝はスウェーしていないか?

・アウトサイドイン軌道になってないか?

・フォローで肘が伸びてるか?

・頭は残っているか?

 

なんてことを複数同時に考えていると・・・

高確率で手打ちになるのだ。

 

女性アマチュアゴルファーの98%は手打ちである(女性でも身体が使えれば200ヤード以上簡単に飛ぶ)。

 

 

・・・偉そうなこと言ってる私も同じでね。

 

いまだにプッシュスライスや引っ掛けなどのミスが出るんだが、

そのミスの原因はほぼ「考え過ぎの手打ち」が原因なのだ。

 

これは前回ラウンド時のスイング。だいぶん良くなってきたと思う。

 

で、

 

どうやって

 

「手打ち」のミスを防いだらいいのか?

 

を考えたのだ。

 

「身体で打て」と言ってもイメージが大き過ぎる・・・具体性がないし・・・逆に身体が突っ込む危険もある。何をイメージしたらいいのか分かりにくいのである。

 

「身体を回す」も同じでイメージしにくいわな。読者から「身体を回すことを意識すると振り遅れてしまう」なんて相談もあったし、回し過ぎると引っ掛けてしまうしね。

 

で、色々と試した挙句、

 

「心臓で打つイメージ」

 

が一番しっくり来たわけ。

 

このスイング理論の最も優れた点は、

 

人間、心臓は意識しやすい!

 

ということである。

 

言うまでもなく、心臓は人間の核。

常に鼓動しているので本当に意識しやすいのである。

 

「身体」「心臓」

 

どっちが意識しやすいかは考えるまでもないだろう。

 

さらに言えば、「心臓は左側にある」ってのがミソで・・・自然と左サイドの壁が出来るし、打つまで身体が起きないし、左脇も締まるので、

 

マジで曲がりにくい球になるのだ。

 

 

「心臓打ち」のコツは、

・「頭」と「心臓」が離れて行くようなイメージでスイング!

・心臓で「小さい半円を描く」ようなイメージでスイング!

 

これだけ。

 

マジで簡単なので、

 

手打ちに悩むヘッポコゴルファーは全員、

 

次の練習で試して頂きたい。

(ダメだったら元に戻せばいい。笑)

 

スポンサードリンク

 

さて、

先週に引き続き、高遊原GCの早朝ラウンドに行ってきたぜ!

 

 

OUT41、IN41の82!

 

上がってきた時は41、42の83だと思ってたんだが、

GDOにスコアを入力したら41、41の82だった(笑)。

 

この「心臓打ち理論」は、

今回のラウンドでOBを2発も打ってしまった反省から産まれたんだが(笑)、

最近マジでドライバーのOBが多いのである。

全体的にはとてもいいのに・・・いきなり乱れる感じだ。

(大概、OBはプッシュスライスである。笑)

 

この日はOBを打った14番、15番ともにセカンドがベタピンでマジ助かったが、80切りを目指すのであれば限りなくOBは減らさねばなるまい。

 

今後、狭いホールやプレッシャーの掛かるホールは特に、

「心臓打ち」を意識して行きたいと思う。

 

あと、言い訳であるが、

現在、高遊原CCのグリーン大改装中なのである。

 

ちょうどこの日、今まで使っていたメイングリーンをトラクターでバリバリと剥いでいた。綺麗だったのになあ・・・まあ、震災以降ずっとこのグリーンだったからそろそろ限界だったのかな?

 

んで、新しいグリーンが激柔の激重(芝丈が長い)。

 

早朝ってこともあって朝露がボールに絡んで全く転がらないのである。

 

んで、前半のOUTは3パット3回の21パット・・・ぎゃふん。

 

あ!

 

3番~9番まで7ホール連続パーオンしてんじゃん!

(今気付いた)

 

うおお、もったいねえ・・・。

 

そしてもう一つもったいなかったのが、最終18番。

打ち上げだが短い距離のサービスロング。

(この日はティーが前で、435ヤードくらい)

 

ティーショットが280ヤードくらい飛んでフェアウェイど真ん中。

残りは160ヤードくらいの打ち上げ。

5Iのスリークォーターを選択してバシッとクリーンヒット。

 

 

グリーンに行ってみると見事にツーオンしているではないか(嬉)。

距離は10mくらいの登りで若干フック。

 

楽々2パットバーディかと思いきや・・・

 

涙のリクエスト。

 

 

俺の贈った銀のロケット

今では違う誰かの写真

いいさ、そいつと抱き合いながら

悲しい恋を笑ってくれよ。

 

も、

 

も、

 

もう一回イーグルパットから打たせてくれー!

 

 

フェアウェイキープ率71%

パーオン率55%

 

いずれも素晴らしい数字であったが、

もう一つ上に行きたいな。

 

あ、そうそう。

 

この4日間、

朝からテレビ漬けだったんだが、

 

 

全米オープン、松山くん惜しかったなぁぁぁ!

 

松山英樹、猛追届かずも…自身メジャー最高2位タイ!

 

勝ったケプカは最終日のパット神懸ってたし、

これはもう相手を褒めるしかない。

返す返す初日の74が痛かった。

 

しっかし、マジで松山くんはメジャー狙える位置まで来てる。

 

次のメジャーは7月20~23日の全英オープン。

 

楽しみやな。

 

ブックメーカーのオッズは・・・

 

 

松山くん21.0倍。

 

当然、松山くんの優勝と5位以内に賭けておく。

(今回の全米オープンも5位以内が的中!ちょびっと儲けた)

 

ブックメーカーの利用方法

宮里藍バナー

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

【80切りを目指すゴルフ】飛距離に悩むアマチュアゴルファーは多いと思うが、その多くが「打って終わり」のスイングになってしまっている。そうではなく、左手をフォロー3時の位置まで押し込む意識を持つと・・・左肘が伸び、ヘッドが加速し、飛躍的に飛距離が伸びるぞ!スイングはフォローが大事!ただし、頭はビハインドザボール。

 

やっと・・・・

 

やっとフォローで

 

左肘が伸びるようになってきたのである。

 

これは今回の浅次郎のドライバーショット。

 

 

以前のフォローと見比べてみよう。

 

これは約2ヶ月前のフォロー3時。

左肘が若干外側に曲がっているのが分ると思う。そんなに酷くはないが、いわゆる「チキンウイング」になってますな。こうなると当然フェースが開くわけであるが・・・「フェースが開く」「飛距離ロスの原因」である。私の場合、ドライバーが薄い当たりになる原因であり、スライスする原因でもある。

 

これが今回撮ったスイングのフォロー。

かなり改善されているのがお分かりだろうか?もう見た目からして「格好良さ」が違いますな。左脇が締り、左肘が伸びるとこんなに格好良くなるんやな!後は、この3時の地点で手首が返って右手が上になればいいんだけどね。これを意識してしまうと引っ掛けが出てしまうので、現状はこれで仕方なし。

 

松山くんのフォロー3時。

これが理想。しかし、一般ピーポーには無理チンコだろこれ(笑)。

 

この・・・

 

「チキンウイングを矯正する」

「フォローで左肘を伸ばす」

 

という課題は私にとって大変困難であった。

 

どのくらい大変かというと、

 

我が行きつけのゴルフパートナーに最近入社した、

超プリチーな女子店員(推定22歳)に、

 

「一緒にゴルフ行かんね?」

 

と声を掛けるのと同じくらいの難関である(何の話だ!)。

 

なので、

 

まずは、

 

「(ブログに載せるので)写真を撮ってもいいですか?」

 

と聞いてみたいと思っている(何の話だ!)。

 

(成功するか分からんが、楽しみにしておいてくれ。笑)

 

いやあ・・・

 

こんな感じのかわいいゴルフ女子と

 

 

一緒に回ったら逝ってしまうだろうなあ・・・

 

・・・

 

そろそろ戻ろう(笑)。

 

左肘は、私の長年のクセである。

 

左肘を伸ばそうとすると左脇が開くのであり、

左脇を締めるのを意識し過ぎると引っ掛けが出てしまうのだ。

 

どうしたらいいもんやら・・・

 

と悩んでいたのであるが、

 

ふとしたキッカケで意識が変わり、

簡単に矯正することが出来た。

 

どう意識を変えたのかというと、

 

「左肘を伸ばす」

「フォロー3時まで左手を押し込む」

 

という風に変えたのだ。

 

要は「左肘」というパーツから離れ、

フォロー全体の意識を変えたのである。

 

バイバイ藍ちゃん。

 

よく、

 

「女は愛嬌」

 

だと言われますな。

 

ブスッとした美人キャディーより、

ニコニコして褒めてくれるブキャディーの方が

一緒に回ってて楽しいのであるが、

美人な上に愛嬌がある藍ちゃんみたいな子を見つけたら、

何が何でも捕まえて一生大事にしなければならない。

 

それと同じで(なにが)、

 

「スイングはフォロー」

 

なのである。

 

誰しもがどこかで聞いたことがある言葉だと思うが、

 

多くのヘッポコアマチュアは(これを見てるアナタもきっと)、

 

「インパクトで終わり」

 

になっている。

 

「いやいや!俺はそんなことないわ!」

 

と思ってる大多数のアマチュアが、

 

「インパクトで終わり」

 

のスイングになっているのである。

(ハイレベルなアマチュアは別よ!)

 

今、偉そうなことを言ってるこの私も・・・

実は、そうだったのである(笑)。

 

分かりやすくスイングの力加減を強弱で例えると、

 

トップからダウンスイングにかけてが「強」。

インパクトが「中」。

そしてフォローが「弱」。

 

多くのアマチュアがこうなっているのだ。

 

だから飛ばない。

 

しかし、本質は逆で、

 

トップからダウンスイングにかけてが「弱」。

インパクトが「中」。

そしてフォローが「強」。

 

とならなければならない。

 

ダウンスイングなんてのは、

身体の回転とともにクラブの重さで降りてくればいいわけで、

力は殆ど要らないのである。

 

大事なのは「最下点」を過ぎたインパクト後。

ココがパワー「MAX」。

 

と言っても仕事をするのはシャフトとヘッドなので、

馬鹿力を入れるわけではない。

 

位置エネルギー回転エネルギーは、

放っておけばインパクトで消滅してしまう。

 

これを消滅させないように

インパクトから3時まで左手を押し込む感覚で

「グググッ」と左手を遠くまで伸ばしてやるのである。

 

 

インパクトの後に力を入れるような感じ

 

この時、

両脇は締まっている必要があり、

頭は必ずビハインドザボールである。

 

 

頭とグリップは、互いに引っ張り合うようなイメージ。

 

頭(首の付け根)が、ちょっとでも突っ込んでしまうと、

大きくパワーダウンしてしまうけんな。

(スライスの原因にもなる)

 

これが完璧に出来るようになると・・・

 

マジで300ヤードも夢物語じゃない。

 

みんなも、今まで「マグレでバカ当たりした!」って経験あると思うが、この「左手の押し込み」が出来るようになると、マジでシャレにならんような球が飛んでいくのだ。私が通っている託麻インター練習場には250ヤードの看板があるのだが、ガチ当たりすると・・・

 

 

そのはるか上にズドン!と突き刺さるのである。もちろん、調子が良い時の話だし、10球に1~2球くらいの確率だし、練習場ならではであるけれども(ノープレッシャーだし調整出来るしね)、真芯会心の一撃が出れば・・・

 

「これ、300ヤード行ったんじゃね?」

 

と思うような打球が飛んでいくのである。

 

隣のオヤジが、ポカン・・・

 

と口を開け、

私の打球を見つめているのが分かって気持ちいいのである(笑)。

 

ま、私の目標は300ヤード飛ばすことではなく、

真っ直ぐ250~260ヤード飛ばすことである。

(本番でマン振りすることはない)

 

しかし、まだまだ飛距離が出る!

ってのが分かると練習にも身が入るってもんで、

これを見てる皆も是非、

 

「インパクト後の左手押し込み」

 

を試してみて欲しい。

球の捕まりが段違いに良くなるぞ!

 

さて、

 

今回は熊本・高遊原CCの早朝ラウンドに行ってきたぜ。

 

スコアの方は・・・

 

 

IN40、OUT43の83。

 

IN14番のOBはティーショットのOBではなく、

林の中から木に当てて跳ね返ってのOB。

(自分を殴りたい)

 

確かに酷いライではあったが、

後方に打つべきだったか、

いや・・・安全にパターで打つべきだったか・・・

 

しかし、前半のミスはこれだけ。

 

ドライバーもアイアンも好調で、

 

「こりゃ80切りの大チャンスやー!」

 

と思ったが、

後半はドライバーが曲がりだして苦戦。

なかなかパーオン出来ずにボギーを取るのが精一杯。

 

結局チャンス活かせずに83。

 

ちきしょ。

 

 

しかしパーオン率上がってきたような気がするな。

 

80切りを達成するには

最低でもパーを11個取らねばならんのだ。

 

寄せワンを3~4回取るとしても・・・

パーオンして3パットすることもあるし・・・

 

パーオン率50%くらい欲しい(笑)。

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【80切りを目指すゴルフ】チキンウイング(フォローで左肘が外に折れる)の癖を矯正し、左サイドに体重が乗るようになってきたデリタンク3号のスイングが激変!典型的なスライサーだったのだが、厚いストレート系の球が打てるようになったのである!飛距離も激的にアップ!最強のコツは「身体で打つ」こと。

 

このブログに、たまーに登場する、

 

デリタンク3号って男がいる。

 

 

この男、

 

典型的なアウトサイドインのヘッポコスライサー・・・

 

だったのだが!

 

左肘のチキンウイングを直し、

スライスを改善したのが前回の話。

(美人歯科衛生士っていいよね→前回のデリタンクの記事

 

そして、今回。

アウトサイドインを矯正してきたのである!

 

一応、時系列に並べておくか!

 

これがスライスで悩んでいる時のスイング。

 

左肘(チキンウイング)を矯正したスイング。

 

そしてこれが今回のスイング。

 

前回のラウンドでは、

極端なチキンウイングを矯正してスライスは治ったものの・・・

アウトサイドイン軌道がそのまま残ったため、

 

左に真っ直ぐ!

 

ばっかりだったデリタンク。

 

アウトサイドインの原因は色々あるが、

大きな原因は、

左腰が引け、体重が右に残ったままになってたこと。

 

 

これが今回どうなったのか?

 

 

あ、あんまり変わらないやんけ!

 

と思うなかれ。

完全に腰が引けていた前回より、

かなり体重が左サイドに乗るようになっているのである。

 

そのおかげか、クラブもインサイドから降りるようになり、

 

(この画像だけ見ると、上級者に見えるな)

 

スイング軌道(アウトサイドイン)がかなり改善されたのである。

もうちょっと右脇を締め、

右肘は右脇に突き刺すような感じで降ろしていいけどな。

 

しかし、まだ怖いんだろうね。

 

長年のスライサーのクセが抜けず、

 

 

インパクトでまだ腰が引けちゃうのだ。

アジャストするために左肘で調整しちゃってるんだと思う。

(私自身にも思い当たるフシあり。笑)

 

もっとドーン!と左足方向に腰を乗せていっていい。

もっとドーン!と左腰軸で身体を回していい。

その際、右肘は畳んで、右脇にくっつけて。

 

もうちょい左腰が左足の上に来て、

もうちょい左肘が伸びれば・・・

かなりカッコよくなるんじゃね?

 

 

この日のデリタンクは、

序盤にチーピンを連発して計5発のOBを打ったが

それでも52、47。

 

多くのドライバーは捕まったストレート系で、

飛距離、方向性ともに文句なし。

会心の当たりが出た15番などは

多分260~270ヤードくらい飛んでたと思う。

以前は・・・飛んでも220ヤードくらいだったのに。

 

ちなみに、

インパクトで左腰を左足の上に乗せる為に一番大事なことは、

「身体で打つ」ことである。

腰が回らないと手打ちになって引っ掛けてしまうのだ。

 

だから、本番ではスイングの細かいことを色々と考えるより、

「身体で打つ!」

これだけ注意すればよろしい。

 

もちろん、練習では色々と考えねばならんが、

本番のスイング中にチェック出来ることは一つか二つ。

いや、二つだと中途半端になるので

 

「一つ」がいい。

 

であれば、

スイング中は「身体で打つ」だけに集中すればいい。

これは大変オススメの思考術なので是非実戦で試して頂きたい。

 

デリタンクの金玉の中で、

激的に何かが変わってきているような気がする(ゴム使えよ)。

 

次のラウンドが楽しみだな(練習しとけよ)。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

私のスコアはというと、

 

 

OUT40、IN44の84!

 

あつまるレークCCのレギュラーティーからである。

 

前半OUTはパーパットが入らずのボギーを続けていたが、

6番、7番でワンピンからの連続バーディ。

 

3パットのボギーが勿体なかったが、

手応えアリのハーフ40。

 

後半10番で飛び過ぎOB、13番ではセカンドでOBを打ち(これはマネジメントミス。木の根っこからは刻むべきだった)、崩れそうになったが・・・

 

なんとか耐えて44。

 

OBはしょうがないとしても、

バーディチャンスで決めきれなかったことと、

16番の3パットが悔しいなあ。

(短いところから3パットしちゃった。テヘ)

 

80切りのビッグチャンスであったが、

まあ、今の実力だとまだこんなもんだろ。

 

 

スイングを改造した場合、

一旦スコアが落ちるのはしょうがない。

 

しかし、改造を終えたら、

飛躍的にスコアが伸びなければならない。

 

良くなってきた感があるぜぇ~~~。

 

80切り達成なるか?

 

次のゴルフはいつだー!

 

10日間で学ぶヘッポコアマチュア用ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc