【80切りを目指すゴルフ】ゴルフの調子はいつも同じではない。原因不明の不調に陥ることだって多々ある。アドレスも、バックスイングも、トップの位置も問題ない・・・なのにトップしたりダフったり、引っ掛けたり、スライス球が出たり・・・そして変な球が出たり、一体何が原因なのだ?まず疑うのは「ヘッドアップ」と「上半身のツッコミ」である。

 

いつもと同じスイングをしているはず!

練習の時は調子良かった!

 

なのに、

 

ダフったりトップしたり・・・

引っ掛けたりスライスしたり・・・

はたまたシャンクしたり、「変な球」が出たり・・・

 

 

原因不明の不調に陥ることは誰にだってある。

原因がはっきりしてるミスはいいのだ。

原因を改善してやればいいのだから。

 

問題は、原因がわからない時である。

 

アドレスも問題ない。

グリップも問題ない。

テークバックもトップの位置も問題ない。

 

原因は一体なんなのだ?

 

私の経験上・・・その原因は大きく2つ!

 

・ヘッドアップ!

・上半身の突っ込み!

 

原因不明のミスが連発する時は、

大概このどっちかが原因であることが多い!

 

特に本コースに出て頻発するのが

ヘッドアップ。

練習場だと気にならないけど、

本番だとボールの行方がどうしても気になってしまう・・・

これが乙女心ならぬゴルフオヤジ心。

原因不明のトップ・スライスは、8~9割方ヘッドアップが原因である。

 

 

また、

意外と気付きにくい原因が、

上半身の突っ込み。

上半身が突っ込むと軸がブレてしまうんですなー。

特に、「球を捕まえよう」「体の回転」といった意識が強くなって

上半身が突っ込んで左にスライドしてしまうと。。。

全然飛ばないし、引っ掛けのミスが多くなる。

 

これは上半身が前に突っ込んだスイングの切り返し。

上半身が左にスライドすると回転軸が「くの字」になってしまい、巻き込む感じで引っ掛けが出やすくなる。そしてヘッドが走らないので全然飛ばない。それを嫌がってインパクト時に体重を右足に乗っけるとギッタンバッコンスイングになる。

 

上半身が残ったスイングの切り返し。

回転軸は左膝~左股関節~背骨~首の骨のイメージ。その回転軸を中心にして、でんでん太鼓みたいにクルッと回るのが正解。ちなみに、イボミは「背骨が軸」のイメージでスイングしているのだとか。「ビハインド・ザ・ボール」の形が出来ると、ヘッドが走って真っ直ぐ飛ぶ。下半身(左腰)は回転とともにちょっと左にスライドしてOK。ただし、左股関節で回転を受け止める必要有り。ドライバーの場合はこのくらいアッパーブロー気味でもOKだ。

 

イボミのスロー動画集。

 

 

いいケツ・・・

 

じゃなかった(笑)、

 

出来る限りマネしたいスイングである。

 

自分自身の最近のスイングをよくよく見直すと・・・

上半身が突っ込みはやはり要チェックですな。

 

 

この上半身の突っ込みがヒドイと、ミスショットが連発してしまうのだ。

 

ま、

 

ミスの原因、不調の原因なんてのは人それぞれではあるが、

 

どうしてもカミさんが怒っている理由が分からん!

 

 

じゃなかった(笑)、

 

どうしても不調の原因が分からん!

 

って時にはこの2つを疑ってみるのをオススメする。

 

さて、

 

今年最後のラウンドは高遊原CC

 

スコアは、

 

OUT45、IN44の89。

 

ドライバーの調子はそう悪くなかったのだが、

微妙に左に引っ掛けることが多く・・・

ラフやバンカー、林に打ち込み・・・ダボ行進の原因となってしまった。

 

それから相変わらずアイアンのキレが悪く、

パーオンしたのはわずか3回。

今回は相当「寄せワン」に助けられたなー。

 

もうちょいパーオン出来るようになりたいものである。

 

というわけで2016年も終わり。

 

総括はまた後日やるが・・・

 

とうとう目標であった80切りは達成出来ずじまいであった。

 

 

ただ、2016年の平均スコアは89.7!

もう一つの目標であった「平均スコア90切り」は達成出来たので良かったと思う。

 

来年の目標はどうすっかな~(笑)

 

 

 

【ドライバー試打】SASO(サソーグラインド)のRRR(トリプルアール)ドライバーを試打!このドライバーはマジで飛ぶ!空力革命でヘッドスピードが上がる!と言われて試打してみたのだが・・・このドライバーの飛距離性能は凄い!普通の当たりでも軽く250ヤード飛ぶ!アマチュアでも300ヤードも夢じゃないドライバーだ。ただし・・・

 

いつも世話になってるゴルフパートナーの店員に、

 

「このドライバーはマジでヤバイすよ。浅次郎さんなら300ヤード飛ぶかも!」

 

と小憎らしい顔でお世辞を言われて試打したみたのが、

 

この・・・

SASO RRR(サソートリプルアール)ドライバー

 

 

は、初めて見るんだけど・・・

 

なんだ?

 

このヘッドに張り巡らされた凸は?

 

なんでも「トンボの羽」を参考にして空気抵抗を少なくしてるのだとか。

 

SASOグラインドスポーツのHPより抜粋

 

ト、トンボの羽ってマジかいな?

 

空力革命ねえ・・・・。

 

ま、モノは試しだ!

 

早速試打じゃい!

 

ロフトは10.5度。ヘッドはディープで小ぶりに見えるが458cc。フェースはややオープン気味か。構えた感じはかなりアップライト(ライ角65度)!しかもシャフトの長さは46インチである!私が使ってるシャフト(タイトリスト・ランバックス55)のライ角は58.5度、長さは45.25インチであるから・・・違和感タップリである。

 

長さも2cmくらい違うし、ライ角は6.5度も違う・・・

ただでさえ足が短い私に振れるのだろうか?

 

シャフトはSASO RRR用の見たこと無いヤツ。フレックスはSRで、5SRは総重量300g。結構軽い。お店にSRしかなかったのでこれにしたが、「シャフトをしならせて飛ばすドラコン仕様」なのだとか。

 

ほんまかいな。

 

これは浅次郎本人の試打動画。

 

 

フォォォォ!

 

このドライバー・・・

 

マジで飛ぶわ!

 

素振りした時に

 

「ん?なんかシュッ!とヘッドが走る?」

 

という違和感があったが、

 

球を打ってみると・・・

「シュコッ!」という軽い打球音とともに

ライナー性のドロー球が飛んでいくではないか!

 

動画ではわかりにくいが、

250ヤードの看板付近にライナーでズドン!である。

 

しかもこの動画は一発勝負で撮ったので、

大した当たりではない。

 

真芯会心の当たりが出るとマジで

250ヤード看板のはるか上にズドン!

今まだかつて打ったことのない打球・・・

が飛んでいくのだ。

これはマジで300ヤードくらい飛んでるんではなかろうか?

 

・・・ただし、

 

このシャフトがSRであるためか、

私の腕がヘボなせいか(←こっちだろ笑)、

ミスショットが出るとかなりの確率で

豪快な引っ掛け球になってしまう。

 

シャフトが長く、かなりしなるので・・・

ゆったりと、タイミングを合わせて振らないと

ミスショットになってしまうのである。

 

フェースは「ややオープン気味」であるが、

スライスが出ることはほとんどない。

出るとしても捕まったフェード球。

 

球を捕まえる自信がある方や、

更なる飛距離アップを目指している方にとっては、

かなり面白いクラブだと思う。

 

ぜひ一度試打してみて欲しい。

(初心者には薦めない。笑)

 

値段は、

 

 

税込み97,200円でし。

 

ちーんこ。

 

そりゃたけーわ~。

 

中古で安いの見っけたら買いかも?

 

 

スイングを変えずに上手くなる?甘ゴルファーが10日間で学ぶゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

 

【80切りを目指すゴルフ】2016年12月17日、曇りのち晴れ。弱風。午前中グリーン凍結。熊本菊池カントリークラブに行ってきた。この日は朝からアイアンの調子が最悪で、トップ球を連発。原因はヘッドアップ。ボールが当たる前に頭が上がっちゃうわけ。ハンドダウンに構えるとどうしてもダフりそうなイメージあるんだよなー。

 

熊本のゴルフ場の中でも菊池CCは標高が高く・・・

冬はあんまり行きたくないゴルフ場であるが、

この日は前日の冷え込みで、

 

グリーンがカチンコチンに凍結。

(私の股間はフニャフニャ)

 

グリーンに球が落ちると、

 

「コーン!」

 

という音とともに弾かれてグリーンの外に出るという・・・

なんとも難しい状況でのゴルフとなった。

 

ま、後半は暖かくなってグリーンも普通の状態だったし、

全部言い訳だけどな(笑)。

 

 

OUT47、IN47の94!

 

前半は・・・グリーンに乗ったはずのボールが乗らず、

パーオンは至難。ボギーオンがやっと!という状況で素ダボが4つ。

なんとか上がり2ホールでパーを取って面目を保ったが、

ほんとグリーンが凍ってると難しいな。

 

マスターズが行われるオーガスタは「ガラスのグリーン」って言われているけど、

あんな感じなんだろうか(笑)。

いや、オーガスタでもボールが弾かれるわけじゃないけんな。

手前から行くしかないけど、

手前過ぎるとラフで止まるし、

ワンクッションくらいじゃ滑って奥まで行っちゃうし、

凍ってるグリーンに乗せるのは至難だわ。

 

後半は太陽が出てきて気温も上がり、グリーンも普通の状態に。

しかし後半一発目のドライバーで引っ掛けOBを打ち、

アプローチが寄らず、パットが入らず・・・

17番のショートではバンカーにハマってトリプルボギー。

 

なかなか上手くならんもんであるな(笑)。

 

しかし、今年始めのスイング今のスイングを見比べると。。。

 

今回のスイング(2016年12月)

 

今年始めのスイング(2016年1月)

 

トップからの切り返しでかなり突っ込んでるし、

軸がブレブレで安定してないなあ。

体重移動が大きくて頭が残ってないわ・・・。

 

随分と成長したよな気がする42の冬。

 

うーむ。こうやって昔のスイングを見るのも面白いな。

 

で、この日はドライバーの調子はまあまあ良かったのだが(OB打ったけど)、

 

アイアンの調子が最悪。

 

特に9~6アイアンが全く当たらず、

全部・・・薄トップしてしまうのだ。

 

原因はね。

 

まあアレずらよ。

 

インパクト時に頭が上がるヤツ。

 

俗に言う・・・

ヘッドアップですな。

 

練習場では普通に当たるのに、

本番でトップする原因の9割はヘッドアップであるからして、

私のトップの原因の9割もヘッドアップである。

(本番だとボールの行先が気になってしょーがない。笑)

 

私が初級者にゴルフを教える場合、

「ヘッドアップすんなオラァ!」

と口をスタープラチナにして言うのだが、

 

 

自分にも

「ヘッドアップすんなオラァ!」

と口をスタープラチナにして言いたいところである。

 

 

頭を残すのはゴルフの鉄則である。

頭を残すのはゴルフの鉄則である。

頭を残すのはゴルフの鉄則である。

(自分に言い聞かせている)

 

しかしアドレスをハンドダウンにしたことによって(→ハンドアップの弊害)、

ボールとの距離前傾の角度が劇的に変わり、

より一層トップし易いスイングになったのだろう。

 

ハンドダウンにすると・・・

今までよりグリップが地面と近くなるからダフるのが怖いんだよなあ(笑)。

実際はダフらずにトップしてるんだから、

そのまま軸と頭を固定して振り抜けばいい。

 

わかっちゃいるけど、

難しい。

 

世の中もゴルフもナニもアレも・・・なかなか上手くいかん。

 

ま、今のアドレスと距離感で練習あるのみである。

 

 

うげえ。今回パーオン5%ってことは・・・

パーオンしたの1回だけだったんだぁぁぁ!

さすがにちょっと情けないなあ。

 

今年はあと一回行けるかどうか・・・80切りは無理かもしれが、

80代前半を出して終わりたいな。

 

あ、現時点で2016年の平均スコアは89.7。

なんとか平均90切りは達成出来そうである。

 

【80切りを目指すゴルフ】熊本あつまるレークCC。晴れ、微風。美人キャディと楽しくラウンド。今日は、ハンドダウンとコンパクトスイングを重視。その結果・・・ダフリやヒッカケ・・・といったミスが非常に少ないラウンドであった。ところで、ゴルフのキャディは指名制にして指名料を取ったらどう?キャディ人口もゴルフ人口も増えると思うけど。

 

キャディが若くて美人だと・・・

 

股間が盛り上がる!

 

じゃなかった(笑)、

 

テンションが盛り上がる!

 

そんなオヤジゴルファーは私だけではないはずだ(←バカ)。

 

あつまるレークCC(熊本)のキャディは、オバサンベテランの方が多いのだが・・・今回のキャディは榎本加奈子似のノリノリのピチピチキャディであった(マスクは取ってくれなかった。笑)。念のために言っておくがキャディとしての腕前も確かであった。

 

今回はキャディ論について語る。

 

異論・反論もあるかもしれんが、

イチゴルファーの真摯な意見として聞いて頂ければ幸いである。

 

さて、

 

キャディが付いた方がスコアが伸びる!

 

かどうかは分からんが(笑)、

 

若くてノリがいいキャディが一緒だと、

ゴルフも楽しい!

 

これは間違いない!

 

特に、エロオヤジギャグに反応して笑ってくれるキャディや

嘘でも「飛びますね!」等とお世辞を言ってくれるキャディや

「今日のグリーンは毛深いですよ」などと冗談を言ってくれるキャディは・・・

 

貴重である。

 

今時は・・・

セルフプレーが多くて

キャディを付ける事は少ないと思うが(私もほとんどセルフである)、

 

若くて元気で腕がいいキャディが付くのなら、

プレイ料金が上がってもキャディ付きの方がいい!

 

 

と思うオヤジゴルファーは多いはず。

 

なぜ、我々がキャディを付けないかというと、

 

・どんなキャディが付くか分からない。

・最低限の仕事しかしないキャディなら要らない

・セルフでも十分楽しい。

 

大雑把にいってこういう理由からだと思う。

今はナビ付きカートだってあるし、

スマホのアプリでコースや残距離も大体分かるしね。

 

しかし、これを解決してやれば、

お金のことは気にしないゴルファーは多いと思うぞ!

 

すなわち、

 

・キャディを選べる。

・プラスアルファで仕事をしてくれる。

・キャディを付けた方が断然楽しい、スコアも上がる。

 

・・・こうなったら、私ならキャディ付きプレイを選ぶ。

 

念のため言っておくが、若いだけのキャディより、腕の確かなオバチャンキャディを選ぶし、愛想のない美人よりも愛嬌のある泉ピン子を選ぶ。つまり、ゴルフのキャディは若くて可愛いだけじゃダメなのであり、オバサンになっても、見た目が泉ピン子でも・・・キャラ次第、腕前次第でオヤジに好かれるナイスキャディになれるのだ。

 

もちろん、腕前が確かで愛嬌があって美人であれば言うことなし(笑)。

 

ここで、

ゴルフ場経営者に提案だが、

(エラソーだなあんた!)

 

キャディを指名制にしたらどうだろう?

予約する時にお気に入りのキャディを指名出来るようにするのだ。

(出来るかどうかは知らんけど)

 

キャバクラかよ!

 

と反論されるかもしれんが、

意外と・・・いやかなりニーズがあるのではなかろうか?

 

「◯◯ちゃんが付くならキャディ付きがいい!」

「スゴ腕キャディの◯◯サンが付くと5打は違う!」

 

というオヤジゴルファーは結構いるはず。

 

 

もちろん、

「指名料」はキャディフィーとは別料金。

その指名料は丸々キャディさんのお給料にする。

 

仮に・・・指名料を一人ハーフ500円とするなら、

4人プレイなら2000円。

一日4000円になる。

これはキャディさんにとっても大きいはずだ。

 

人気が上がると指名料が600円、700円と上がっていき・・・

ナンバーワンになると指名料が一人ハーフ5,000円!

(4人プレイならハーフで2万円!一日4万円)

 

とかなったら・・・

 

キャディになりたい女子が増える!

 

のではなかろうか?

 

ゴルフに興味を持つ女子が増える!

 

のではなかろうか?

 

キャディのレベルも必然的に上がる!

 

のではなかろうか?

 

さて・・・どこ子を指名しよう・・・(悩)。右の・・・

 

高い給料が出るところに人は集まり、

競争が発生するのだ。

 

頑張ってゴルフの知識を増やし、

コースを熟知し、

グリーン読みや風読みを鍛え、

トップキャディになれば月収50万円・・・

いや月収100万円も夢ではない!

 

地方のゴルフ場で名を挙げ・・・

有名なゴルフ場にスカウトされ・・・

どんどん給料が上がる。

さらにプロ専属キャディなどへの道も開けるかもしれん。

 

 

仮にそうなったら、

キャディが、女性にとって夢のある職業になる!

かもしれんではないか!

 

「私の将来の夢はトップキャディです。」

そしてお金持ちを見つけて結婚したいです

なんて女子が出て来るかもしれんじゃないか!

 

いやいや。マジな話で、ゴルフをやるお金持ちは多い。

そこら辺の中小企業に務めたって、

そこら辺の中小企業のサラリーマンと結婚するのがオチ。

医者や会社役員などの金持ちと知り合う機会なんぞない。

 

しかし、ゴルフのキャディなら・・・?

 

可愛さで売るキャディもいれば、

面白さで売るキャディもいれば、

グリーン読みが得意なキャディもいたり、

スイング指導してくれるキャディもいたり、

的確な指示でスコアを伸ばしてくれるキャディもいたりするわけ。

 

例えば、

 

ハリセンボンのデブの方!

 

「紅の豚じゃねーわ!」

 

・・・のモノマネが得意なキャディがいたら、

たとえおデブなキャディでも超人気キャディになると思うわけ。

(一緒に回ってみたいよね)

 

そして我々アマチュアゴルファーは、

その好みによってキャディを指名するのだ。

 

「いやー楽しかった!今度はアジャコングのモノマネやってよ!」

「キャディさん、今度いつが空いてる?」

 

こんな会話がラウンド後に交わされ、

その場で次の予約を入れる・・・

これはゴルフ場にとっても理想的なのではなかろうか?

 

キャディの質も上がるし、雇用も増える。

我々も楽しいゴルフが出来て満足。

そして落ちるお金も増える。

 

完璧にWIN-WINだと思うがどうだろう?

(意見があったら下のコメント欄にどうぞ)

 

 

これから人口減に伴いゴルフ人口も減っていく。

これは間違いない。

ゴルフ場経営は年々厳しくなっていくと思うが、

日本のゴルフ界のタメにも、

是非「キャディ指名制」を導入して頂きたい。

 

ゴルフ界にも規制緩和が必要だ!

 

・・・・・・

 

・・・なんて浅次郎のヨタ話は置いておいて、

 

あつまるレークCCに行ってきたぜ!

 

今日の課題は、

・アドレスで「ハンドダウン」にすること。

・9時-3時のコンパクトなスイングを心掛けること。

 

スコアは・・・

 

 

OUT41、IN46の87!

 

前半はほぼ納得のゴルフ。

パーオンこそ少なかったが、グリーン周りからのボギーオン。

パー外しのタップインボギーばかりで、ノーストレス。

もうちょいパターが入れば30台もあったかもしれん。

 

後半も悪くなかったんだが、

短いパットをことごとく外したのと、

16番ショートのOBが痛かった。悔しいィィ!

 

さて、

ハンドアップだったアドレスは直ったかな?

 

 

ちょっと逆光で見にくいが、これは17番でのティーショットである。

 

これが今回のアドレス。

 

これが以前のアドレス。

 

以前とは、劇的にアドレスが変わったのがお分かりいただけるだろうか?

 

手の位置とシャフトの角度を見て欲しい。

 

今回のアドレス。

 

以前のアドレス。

 

長年、ハンドアップでアドレスしていたため、

(ハンドアップの弊害は是非知っておこう!→詳しくはこちら

 

今回のアドレスにはまだあまり慣れてないのであるが、

今日のドライバーはまさしく絶好調。

ストレートボールでフェアウェイ真っ直ぐ!飛距離も結構出ていたと思う。

 

アイアンはキレキレというわけではなかったが、

ほとんどミスが無かった。

トップのミスが何回かあったが、ダフリ・ヒッカケは一切なし。

あとは縦の距離感と微妙な方向性。

 

確実にレベルアップした実感有り。

 

も、もっと早く直せば良かった・・・(笑)。

 

今年の成績。

 

今年は・・・ラウンド出来ても後1~2回だろう。

目標にしていた「80切り」はもうムリかもしれんが、

もう一つの目標「1年の平均スコア90切り」は達成出来そうである。

 

しかし、ゴルフには終わりがないな(笑)。

引き続き練習に励む。

 

 

 

 

【80切りを目指すゴルフ】「トゥダウン現象」って何?トゥダウン(インパクト時クラブの先が下がる)すると何が起きるの?どんなミスが?スライス?ダフリ?球が捕まらない?アイアンが薄い当たりになる?全部ハンドアップが原因?ハンドアップを直す練習方法は?その時の注意点は?ハンドアップを矯正してダフリ・薄い当たりを撲滅しよう!

 

鬼ヤンベ(先日3アンダーを出したらしい)から、

 

「おまえさ、もうちょっとハンドダウンにして近くに立った方がええよ」

 

と言われたのである。

 

うむ。自分のアドレスが・・・

「ハンドアップ」

気味なのはよーく分かってたのである。

 

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e7%94%bb%e5%83%8f5

腕とシャフトの角度が一直線に近い、ハンドアップの状態。

 

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e7%94%bb%e5%83%8f6

正しい腕とシャフトの角度はこう!

 

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e7%94%bb%e5%83%8f7

前傾した際の腰のベルトのラインの延長線上にシャフトが来るのが理想。この線より下になるとハンドダウンになるので注意。

 

うーむ。以前よりはマシになったとはいえ、

かなりハンドアップである。

 

正しいアドレスは・・・

ボミちゃんに登場していただこう。

 

%e3%82%a4%e3%83%bb%e3%83%9c%e3%83%9f%e3%80%81%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%89%e3%83%ac%e3%82%b93

 

左手はほぼ垂直に真下。右手はクロスするためチョイ斜め。

シャフトのラインは腰のベルトのラインの延長線上。

 

う、美しいアドレスだなあ・・・。

 

ハンドアップは、

直したいとは思っていたが、

直さねばならん他の部分も多々あるのであり、

直そうとすると違和感タップリなので、

後回しにしていたのである。

 

そして、なにより・・・

ハンドアップによる弊害

よく理解していなかったのである。

 

奥様がなんとなく怒っているけど原因が分からない・・・

そんなアナタは要注意(笑)。

 

■実は怖い!ハンドアップによって出る3大ミス!

・ダフリ

・球が捕まらない

・スライス

特にダフリのミスが出易いのはアイアンである。それも思いっきりダフるのではなく、なんとなくダフリ気味・・・なんとなく薄い球になる・・・というパターン。そしてこれは練習場ではあまり出ないが、本番で多発する(練習場の人工マットは滑るのでダフリが軽減される)。ドライバーの場合はティーアップするのでダフルことはないが、球が捕まらずにスライス系の弱い球になりやすい。

 

「こ、心当たりがある!」

 

って方は今すぐ奥様に謝りに行こう!

 

じゃなかった(笑)、

 

今すぐ自分のアドレスをチェックしよう!

何を隠そう私も非常に心当たりがある(笑)。

 

・アイアンはいつもダフリ気味。

・ペチッという感じで薄い当たりが多い。

・番手通りの距離が出ない。

 

捕まったキレイな球を打ちたい。番手通りの距離を出したい・・・

しかしその確率は非常に低い。

 

なぜ「ハンドアップ」だと

こういうミスが多く出るのか?

 

・・・解説しよう。

 

そのためにはまず、

「トゥダウン」

という現象を理解せねばならん。

 

%e3%83%88%e3%82%a5%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e7%94%bb%e5%83%8f4

 

ゴルフのスイングには必ず遠心力が働く。どんな人のスイングでも遠心力が働くのだ。そうすると上の図のようにシャフトがしなってインパクト時にトゥ(先っぽ)が下がるのである。これはドライバーでもアイアンでも必ず起きる現象であるが、当然シャフトが長いドライバーが最も影響を受ける。逆にシャフトが短く重いウェッジなどは影響が少ない。

 

なので、ドライバーもアイアンも

「トゥダウン」が起きることを想定してアドレスしなければならんわけだ。

 

%e3%82%a4%e3%83%bb%e3%83%9c%e3%83%9f%e3%80%81%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%89%e3%83%ac%e3%82%b94

ドライバーだとこのくらいトゥ側を浮かせてちょうどいいのだ!

 

しかし、

 

私のようにハンドアップだと、

アドレス時ですでにトゥ側が下がった状態(フラットに近い状態)。

 

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e7%94%bb%e5%83%8f8

トゥ側が浮いていない。ほぼフラットである。

 

これがドライバーだとティーアップするのであまり問題ないが、

 

これがウッドやアイアンだとどうなるのか?

 

そう・・・!

 

インパクトの瞬間、

トゥ側が落ちてダフルのである!

 

そして、ダフってトゥ側だけブレーキが掛かるとフェースが開く!

当然スライスになりやすいのだ!

 

力のない弱々しい球が右に飛んだり、

球が捕まらなかったりするのは、

このトゥダウンが原因

ダフっている可能性が高い!

 

また、これを嫌って手でこねるとヒッカケになる!

 

私は・・・ずっとドライバーの調子はまあ良かったのである。

しかしアイアンの精度がとても悪く、

常にダフリ気味だったのである。

 

ダウンブローで打ててないからだと決めつけていたが・・・

もしかしたらこのトゥダウンが原因じゃね?

 

と言うわけで、

 

早速練習に行って試したのであるが、

まさにビンゴォ!であった。

 

%e3%83%93%e3%83%b3%e3%82%b4%ef%bc%81

 

インパクト音が「ズン!」から「カシュッ!」に変わり、

ものすごく真っ直ぐ飛ぶようになったのだ。

 

スポンサードリンク

 

やり方は簡単。

 

アドレスとかスイングとか細かいことは置いておいて、

アイアンのトゥ側に10円玉があるイメージでアドレスするだけ。

 

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e7%9f%af%e6%ad%a3%e6%96%b9%e6%b3%951

7番アイアンで10円玉一枚分トゥ側を浮かせるイメージ。

 

こうすると、ハンドアップの状態ではアドレス出来ないので自然とグリップの位置が下がる(下げ過ぎるとハンドダウンになるので注意)。当然ボールとの距離感も変わるぞ。そのままバックスイングをコンパクトにして(3-9時くらいでOK)スイングするのだ。

 

人によっては500円玉をイメージした方がいいかもしれんし、紙一枚をイメージした方がいいかもしれん。また、ロングアイアンとショートアイアンではその度合も変わるぞ。ウェッジの場合はあまり気にしなくていいかもしれんが、これも人によりけりだろう。

 

トゥダウンによるダフリがなくなると・・・

インパクトの感触が劇的に変わるぞ!

 

ただ・・・やっぱり長年ハンドアップに慣れ親しんでいるわけで(笑)、油断するとすぐ元に戻ろうとするし、まだまだ練習不足でグリップやバックスイングの違和感アリアリである。

 

それから、グリップの位置が身体に近くなるため、

 

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e7%94%bb%e5%83%8f6

(グリップは拳一個半くらい身体に近くなる)

 

ダウンスイングでは今まで以上に身体の近くを通さねばならん。

今までと同じ軌道で降ろすと

アウトサイドインになってヒッカケやすいのだ。

 

意識としては

右肘を右脇につけたままインサイドから

降ろしてくる感じ。

 

ボミスイングの右肘に注目。

%e3%82%a4%e3%83%bb%e3%83%9c%e3%83%9f%e3%80%81%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%81%ae%e5%8f%b3%e8%82%98

%e3%82%a4%e3%83%bb%e3%83%9c%e3%83%9f%e3%80%81%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%81%ae%e5%8f%b3%e8%82%982

この右肘と左手の三角形が理想。

 

イ・ボミのオシリ集・・・じゃなかったスロースイング集。何度見ても飽きない。

 

また、一旦スコアを落とすかもしれんが、

上達するには避けて通れん。

 

しかし、課題が尽きんなあ・・・(笑)。

 

練習頑張ろうっと。

 

 

スイングを変えずに上手くなる?甘ゴルファーが10日間で学ぶゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc