【80切りを目指すゴルフ】グリップをストロンググリップに変えてみたら・・・ヒッカケ地獄!グリップを直すのはスイングを直すより難しい!ヒッカケ癖を改善する方法は?インサイドアウト?インサイドイン?グリップを変えたらスイングも変える必要がある?右手は使っちゃダメ?元のグリップに戻した方がいいの?

 

もっと早く、

 

グリップを矯正しておけば良かった・・・

 

と思う今日このごろ。

 

グリップ直すのはスイング直すより難しいわ。

 

 

これは今回の浅次郎のドライバーショット。

 

私のグリップは、

 

左手スクエア、右手ストロングなのだが、

 

%e5%b7%a6%e6%89%8b%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%80%81%e5%8f%b3%e6%89%8b%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%973

 

これを

 

左手ストロングに変えようとしたのだ。

 

%e6%ad%a3%e3%81%97%e3%81%84%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%972

左手のシワも右肩を向くように・・・これで一般的なストロンググリップの完成。

 

すると・・・

 

どうなったかというと・・・

 

ヒッカケ地獄!

 

jigoku3

 

に陥ったのだ!

 

ゴルフにはいろんな地獄があるが、

 

ヒッカケ地獄シャンク地獄と同じくらい関わりたくない地獄である。

(他に、ダフリ地獄、砂地獄、プッシュ地獄などがある。笑)

 

なぜなら、

捕まったヒッカケは即OB・即林の上に、

ウッドでもアイアンでも容赦なく出るからだ。

さらに・・・左を怖がれば怖がるほどヒッカケは酷くなる。

 

今回の引っ掛けの原因は簡単である。

 

左手グリップがストロングになったため、

今までよりフェースが被ってしまった!

 

わけだ。つまり、左手ストロングで今までと同じスイングをすれば、自動的に今までよりフェースが返った状態でインパクトしてしまい・・・捕まったヒッカケ球が出てしまうのである。

 

グリップを変えたら、

スイングも変えなければならない。

 

どうすればいいかというと、

 

・右肘を畳みインサイドからヘッドを入れてインサイドに振り抜く。

・左を怖がらずに体を回転させる。

 

ヒッカケが酷くなると、「インサイドアウト」で振りたくなってしまう人が多いと思う。ボールが左に行くんだから、右に出せばいいんじゃね?って考えだ。しかしこれは逆効果であることが多い。人によっては上手く行くかもしれんが・・・大概はプッシュ球になったり、ダックフック気味になったり、ヒッカケがもっと酷くなったりするのだ。

 

そうではない。ヒッカケを改善にするには「インサイドイン」が正解である。左を怖がらず、体の回転とともに振り抜くことが大事。ヒッカケの原因の多くは「身体の回転より手が先行してしまう」あるいは「身体の回転が止まってしまう」のが原因である(。つまり、

 

・ゆっくりクラブを降ろす(振り遅れるイメージ)。

・身体の回転を意識する。

 

ことで解決することが多いのだ。この際、意識的に手首を返す必要はない。頭が残って身体が回れば、ヘッドは勝手に返るのだ。

 

しかし、口で言うのは簡単だが、実際やるのは難しい。

 

ハマれば凄まじいドローボールがぶっ飛んでいくのであるが・・・

ミスの方が圧倒的に多いのだ。

 

というわけで、試行錯誤の末、

グリップは元の「左手スクエア、右手ストロング」に戻すことに(笑)。

 

%e5%b7%a6%e6%89%8b%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%80%81%e5%8f%b3%e6%89%8b%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%973

 

左手グリップはちょっとずつちょっとずつ変えて行くことにする(笑)。

 

いきなりはマジ難しいわ。

 

・・・

 

さて、今回は熊本のグランドチャンピオンGCへ。

 

曇り、微風。暑くも寒くもない絶好のゴルフコンディション。ただ、この日はピン位置が全てのホールで大奥。ゴルフはピン位置で大きく変わるよな~。特に手前と大奥では大違いやわ。

 

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3gc20161118%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%82%a2

 

スコアはIN44、OUT45の89・・・。

 

ティーショットはまあまあだったのだが、アイアンに切れがなくミスも多かった。IN11番のトリプルボギーはセカンドを林に打ち込んでアンプレアブルから乗らず寄らずの3パット。OUT4番のダブルパーは絶好の位置から2打目をトップさせて痛恨OB。グリーンの真ん中に乗ってもピンまで10m以上・・・ってことも多く、なかなかスコアを伸ばすことが出来なかった。

 

しかし、ピン位置が奥の場合・・・

ピンを直接狙ったらアカン。

 

例えば、グリーンエッジまでの距離が100ヤード。

ピンが大奥で+30ヤード。

ピンまで合計130ヤードの距離が残ったとする。

 

多くのアマチュアは

 

「130ヤードか!なら9Iでピッタリやな!」

 

という感じでクラブ選択をしてしまう(私もそうやって計算してしまう。笑)。しかしそのピッタリ!の多くは「キャリー」の距離であり、仮にその距離をきっちり打てたとしても・・・我々アマチュアはスピンが掛からずにオーバーしてしまうことが多いわけだ。ラフからのショットや下り傾斜からのショットなら尚更である。

 

そんな時にグリーン奥で待ち構えているのは・・・

 

最悪の下り傾斜バンカーである。

 

%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e5%a5%a5%e3%81%ae%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%81%af%e6%9c%80%e6%82%aa

(セカンド地点からは見えないグリーン奥のバンカー)

 

もしくは、すぐ崖のOBゾーン

 

私の今回の4番のOBも「グリーン奥はすぐOB」のパターンであった。

 

%e7%86%8a%e6%9c%ac%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b34%e7%95%aa%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%ab

(第2打は小さめのクラブでって書いてあるがなー!)

 

これはゴルフマネジメント話になるが、

 

■ピンが奥の場合・・・

・グリーン奥のOBやバンカーを必ず確認する。

・リスクがある場合はグリーンセンター狙い。

・リスクがない場合は突っ込んで良し。

 

皆、残り距離ばかりを考え、グリーン周りのリスクなどほとんど考えていない。また、グリーン手前のバンカーは気にするが、横や奥のバンカーはほとんど気にしない。これは出来る限り避けなければならんリスクであるからして、ティーショットを打つ前に必ず確認しておきたいところである。

 

つまり・・・

 

グリーン奥にOBやバンカーがある場合・・・

奥のピンまで130ヤードなら120ヤード打つ感覚でOKである。

例え多少ブレたとしても・・・グリーン上にトラップはないけんな!

 

さてと。

 

%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%82%a2%e5%88%86%e6%9e%9020161118

 

最近大叩きでスコアを崩すパターンが多い。

OBなし、ダボなしゴルフが出来るようになりたいもんである。

 

今年中の80切りは難しいか・・・(笑)

 

 

スイングを変えずに上手くなる?甘ゴルファーが10日間で学ぶゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

【80切りを目指すゴルフ。グリップの悩み】イ・ボミのグリップは左手ストロングに右手スクエアだった!現在は道具の進化もあり、ストロンググリップが主流であるが、グリップに違和感がある諸兄も多いと思う(私は左手スクエアに右手ストロング)。スライス改善にはフックグリップ?グリップ違和感の原因は?グリップはスイングに合わせる?

 

あなたに、こんな経験はないだろうか?

 

アドレスでなんとなくグリップに違和感。

トップでもグリップで違和感・・・

そのまま打てば高い確率でミスショット。

 

この違和感はなかなか治らず、

ミスショットが延々続く・・・

 

最近、私もこれが多いのである。

 

「もしかしてグリップのせいか?」

 

今まで、あまりグリップで悩んだことはなかったのだが、

一度確認してみることにした。

 

まず一般的なグリップの形はこう。

 

%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%ae%e5%bd%a22

 

ただし、これは一昔前の感覚であり、

現代は「ストロンググリップ」が当たり前で(特にアマチュアは)、

画像のウィークグリップなんぞは絶滅危惧種である。

 

基本的にストロンググリップだとフェースが被りやすく捕まえやすい。フック系の球を打つためのグリップと思われがちであるが、実際はちょっと違う。「手首の動きを少なくし、フェースローテーションを極力押さえて」打つためのグリップである。要は「手首を使わず、そのまま身体の回転で打てばフェースが閉じて当たるよね」という現代のクラブに合ったグリップ。実は、ストロンググリップで意図的にドローを打とうと思ったらフックが強くなり過ぎるのだ・・・

 

だから、むしろストロンググリップはストレートやフェードを打つためのグリップと言える。ストロンググリップで自然とドローになるのがアマチュアにとって一つの理想ではあるが、実はストロンググリップならフェードを打つイメージの方がいいのである(言ってることが分からない方は「手打ち」である可能性が高い。手打ち、スライス、全然飛ばない・・・を直したい方はこちらを参考に)。

 

スライサーは「フックグリップ」にしてスライスを打開しようとするが、その多くは解決しない。確かにいくらかは緩和されるかもしれんし、上手くヒットすることもあるだろう。しかし、スライスの原因の多くはグリップではなくスイングにあるのだ。考え方としては逆で、むしろスライサーは「スクエアグリップ」にしてボールを捕まえるような感覚を養う練習をした方がいいのかもしれん(難しいけど)。

 

ストロンググリップが主流の現代においてはウィークグリップはほぼ絶滅(なので、スクエアグリップをウィークグリップと表現する場合もある)。ウィークグリップでボールを捕まえるには意図的にヘッドを返さねばならずとても難しい。今はクラブが進化しているから、シャフトに任せておけばヘッドは勝手に返る。選択としては「スクエア」か「ストロング」の2択。スクエアだと少なからずフェースを返す必要があり難しい。アマチュアは「ストロンググリップ」でシンプルな回転スイングで飛ばすのが一番楽であるな。

 

ただ、グリップの形は人それぞれ。

 

なぜなら、人によって手の形も違うし、腕や指の長さも違うし、関節の柔らかさも違うし、スイングや癖によっても大きく変わるからだ。どんなグリップでもその人にあったグリップであればそれでいい。極端な話・・・

 

真っ直ぐ飛ぶならどんなグリップでもいい。

 

色々とグリップについて調べたが・・・この記事が一番タメになったな。

握りを変えれば球筋も変わる 自分のスイング合ったグリップ見つけよう

 

%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%ae%e7%89%b9%e6%80%a71

この記事は「プロ目線」であり、「スクエア」を「ウィーク」と表現している。実は・・・グリップによって「特性」があったのだ!目からウロコだったのは「アイアンで振った場合」。ストロングだとターフが取りにくく、スクエアだと取りやすい?もしかして、飛距離を出すドライバーと正確性を求めるアイアンではグリップを微妙に変えた方がいい?もしかして、ショートアイアンやウェッジで引っ掛けが出やすいのはストロンググリップのせい?

 

ま、難しい話は置いておいて(私もよく分からんし笑)、

 

ボールが全く狙ったところに行かない方や

スライス地獄の方や

鬼フッカーの方や

飛距離が全く出ない方は・・・

 

「間違ったグリップ」である可能性が高い。

 

正確にいうと、

「スイングにあったグリップ」ではない可能性が高い。

 

これは必ず直す必要がある。

 

私もそうかもしれん・・・

 

私のグリップはこうである。正面からの画像。

 

%e5%b7%a6%e6%89%8b%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%80%81%e5%8f%b3%e6%89%8b%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97

 

一般的なストロンググリップ(フックグリップ)だと思っていたのだが、

鬼ヤンベに言わせると・・・

 

「左手はスクエア」

「右手はストロング」

 

なんだそうな。

 

なるほど、左手のシワ(親指と人差し指のシワ)は身体の中心方向だが、

右手のシワは右肩の方を向いている。

 

%e5%b7%a6%e6%89%8b%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%80%81%e5%8f%b3%e6%89%8b%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%972

 

先程も書いたが、

現代のグリップの主流はストロンググリップ。

(道具の進化により、手首を返す必要がなくなった)

 

私の場合、

左手はもっとストロング

にしてOKだと鬼やんべはいう。

 

ま、まじか!

 

もしかして、

この左手と右手のグリップのギャップが・・・違和感の正体か?

 

もしかして、

私がよく引っ掛けOBを打つのは・・・このグリップのせいか!

 

もしかして、

ゴルフに行ったら嫁さんの機嫌が悪くなるのも・・・

 

このグリップのせいか!

 

(それは違うわ!)

 

ちょっと矯正してみよう。左手に注目。

 

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%977

 

このくらい左手を被せてグリップするのが、

現代の正しいストロンググリップ!

 

左手のナックルが3個見えるか見えないかくらい。

右手のシワと左手のシワが右肩を向く状態。

 

%e6%ad%a3%e3%81%97%e3%81%84%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97

 

シワも右肩を指しているし、

右手と左手のシワも平行。

 

これで良かったのか!

 

ちなみに、イ・ボミのグリップはというと、

 

%e3%82%a4%e3%83%bb%e3%83%9c%e3%83%9f%e3%81%ae%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%af%e5%b7%a6%e6%89%8b%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%80%81%e5%8f%b3%e6%89%8b%e3%82%b9%e3%82%af

(キレイなフトモモに目が行く・・・)

 

こんな感じ(インターロッキング)。

 

イ・ボミ本人曰く、

 

「左手はストロング。右手はスクエア気味」

 

にグリップしているのだとか。

確かに・・・右手のシワは身体の中心方向である。

 

この「左手はストロング、右手はスクエア気味」というプロは多い。

(鬼やんべもこのタイプである)

 

左手グリップはパワーを生み出し、

右手グリップは方向性を出す!

 

右手グリップをスクエア気味にするのは方向性を出すためなのだろう。

 

参考になるわ~。

 

スポンサードリンク

 

よし、私もイ・ボミのように

右手をスクエア気味にしてみよう!

 

%e5%b7%a6%e6%89%8b%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%80%81%e5%8f%b3%e6%89%8b%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97

 

おお、見た目もカッコイイではないか!

 

これで引っ掛けも出なくなるかも!

 

(早速練習に行く)

 

・・・あれ?

 

あれれ?

 

URYYYYYYYY!

 

uuurrryyy

 

ダ、ダメ!

 

このグリップだともう・・・

違和感バリバリ伝説なのである。

 

しげの秀一×女子野球モノなんて違和感だらけ!

もう一度本格バイク漫画を書いて欲しい!

 

とヤンマガの立ち読みをしながら思う今日このごろであるが・・・

 

%e3%83%90%e3%83%aa%e3%83%90%e3%83%aa%e4%bc%9d%e8%aa%ac

 

バリバリ伝説の話はまた今度にするとして(しなくてええわ!)、

 

ボミグリップだと・・・

 

まずトップで違和感。

切り返しもヒジョーに気持ち悪く、スムーズにクラブが降りて来ない。

インパクトでは全くヘッドが返らずに・・・

フェースが開いてしまうのである。

 

何度打っても、何度打ってもダメ。

ヘッドが走らないし、抜けが悪く、芯にヒットしない。

 

本来、この違和感を克服せねばならんのだろうが・・・

 

どうやっても違和感が離れない。

 

ボミグリップ、ムリだ・・・・・・・。

(心、折れる)

 

%e3%82%80%e3%82%8a%e3%81%bd

 

グリップを直すのは、

スイングを直す以上に難しい!

 

ってことが判明(笑)。

 

おそらく、違和感の正体は「トップの位置(高さ)」「スイングプレーン」にあるんだと思う。右手のグリップの位置が変われば、トップでクラブの重心を支える位置も変わってしまうわけで・・・重心を支える位置が変われば、トップの位置やスイングプレーンも微妙に変えないとスムーズに切り返せないわけだ。

 

おそらく、ブログの冒頭で書いた「グリップ違和感」の原因もこれだと思う。「グリップ」は毎回同じように握ってるつもりで結構違うのであり、「トップの位置」も毎回同じようで結構違うのである。ひとそれぞれ、グリップによって気持ちいい「トップの位置」「スイングプレーン」があるのであり、これがズレると違和感が生じて気持ち悪くなるのだ(つまり・・・違和感がある時はアドレスを解いてグリップを握り直したり、トップの位置を変えたりするといい)。

 

私の場合、左手のストロングはまだしも、右手をスクエア気味にすると、クラブを縦に上げないとクラブの重心を支えられず切り返しもスムーズに行かない。将来的にはそういう方向にシフトして行こうと思うが、いきなりは絶対的にムリである。

 

じゃあどうすればいいかというと、

 

グリップはそのままでOK!

 

%e5%b7%a6%e6%89%8b%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%80%81%e5%8f%b3%e6%89%8b%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97

格好悪いけど、最初のグリップに戻す!左手のグリップは少しずつ矯正しようと思うが、右手スクエアはちょっとムリである。

 

大事なのは、

自分のグリップの形を知る!ということ。

 

要はインパクトの時にこのグリップの形であればいいわけ。

 

私の場合、

左手がスクエア右手がストロンググリップであるため、

インパクト時に右手を被せるような動きはNGである。

(かなりの確率で引っ掛けが出る)

かといって、全く右手の意識がないと球が捕まらず薄い球になる・・・。

 

フェースローテーションを極力押さえ、

身体の回転を意識し、

インサイドから降ろしてきて、

右手のシワがアドレス時の位置に戻ってくるようにイメージ。

(サジ加減が難しい)

 

フェードを打ちたい感じでインサイドに振り抜くといい球が行くぜ~~~!

 

託麻インターゴルフ練習場4

 

というわけで、

 

グリップに悩んでいる諸兄は多いと思うが、

まずは自分のグリップを知ることが第一歩だと思う。

 

そして、

グリップが自分のスイングに合っているのか?

をチェックするのだ!

 

球が捕まらないのは、

スイングのせいじゃなくグリップのせいかもしれない。

 

逆に、ストロンググリップなのに球が捕まらないのは

スイングのせいかもしれない(手打ちの可能性大)。

 

極端なアウトサイドインのスイングの人がストロンググリップにすれば

引っ掛けかスライスが多発するわけだし、、

 

インサイドアウトがキツイ人は、

むしろスクエアグリップにしてフェースをターンさせた方がいいのかもしれない。

(ストロンググリップだとフェースが返り切らずにプッシュアウトになりやすい。またストロングでフェースをターンさせると鬼フックになりやすい。この手のアマチュアはとても多い)

 

大事なのは、

グリップとスイングの関係性なのだ!

 

その際、

自分の目から見てチェックするのではなく、

正面から画像を撮った方がいい。

 

冒頭でも書いたが、

私自身も、

画像で見るまで、

 

自分は一般的なストロンググリップだと思っていたぞ!

 

%e5%b7%a6%e6%89%8b%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%80%81%e5%8f%b3%e6%89%8b%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97

 

自分が思ってるグリップと違う!

 

って方は結構いるかもしれんから気をつけて。

 

それから、どんなグリップであれ、

捕まえようと思って右手でスイングしないこと。

 

左手が主役、右手は脇役である。

 

%e5%8f%b3%e6%89%8b%e3%81%af%e6%b7%bb%e3%81%88%e3%82%8b%e3%81%a0%e3%81%91

バスケでは左手は添えるだけだが・・・ゴルフでは逆。

 

右手グリップは、

「方向性を出す」為にあるのだということを忘れないように。

 

もうひとつ、グリップは、

 

わしっ!と力を入れて握らないこと!

 

%e5%8f%b3%e6%89%8b%e3%81%af%e6%b7%bb%e3%81%88%e3%82%8b%e3%81%a0%e3%81%912

 

わしっ!とオッパイを掴んだら・・・女性に嫌われるのと同じである。

 

息子を握る時の如く、

ふんわり握るグリップが正解である。

 

と言っても・・・私もついつい握りしめてしまうけどな(笑)。

 

スポンサードリンク

 

さて、

 

今回は菊池高原カントリークラブへ。

 

%e8%8f%8a%e6%b1%a0%e9%ab%98%e5%8e%9fcc20161112%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%82%a2

IN47、OUT44の91。

 

アドレスを若干変えた(重心位置を変えた)せいか・・・

前回酷いスコアであったが、

今回もイマイチの内容。

ドライバーのOBを3発も打ってしまったぞな・・・(涙)。

 

さらにはアイアンもビシッと行かずにボギーオン行進。

まともなパーは最終9番だけであった。

 

しかしよく見ると今回スダボなし(OB打ったホールはトリだけど)。

ショットが良くなってくれば・・・という期待をしつつ、

今日も練習に励みたいと思う。

 

%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%82%a2%e5%88%86%e6%9e%9020161112

 

まだかろうじて平均スコア89台。しかし・・・

 

チェンジなくして上達なし。

多少スコアが落ちても、変わる道を行く。

 

とりあえず左手のグリップをストロングに変えようっと。

 

 

スイングを変えずに上手くなる?甘ゴルファーが10日間で学ぶゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【80切りを目指すゴルフ】アマチュアの勘違い!グリップ軌道とヘッド軌道は違う?正しいグリップの動き、右手の動きは?円軌道?直線軌道?石川遼のアイアンスイングを真上から解析!トップから右足甲に向けて直線的にグリップエンドを降ろすイメージが正解。グリップ軌道の最下点はボールの手前、身体の中心だった。

 

胸の谷間のチラリを

 

何度も何度も見る感じで、

 

マキロイの美しいスイングを

 

何度も何度も見ていたのである。

 

 

等速で見るとスイングが速すぎてよく分からんが(笑)、

 

ヘボアマゴルファーの誰もがウットリするようなスイングだと思う。

 

で、

 

超スロー解析を見て驚いたのだ。

 

驚いたのはグリップ軌道である。

 

%e3%83%9e%e3%82%ad%e3%83%ad%e3%82%a4%e3%81%ae%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%e8%a7%a3%e6%9e%901

マキロイのトップ。上半身と下半身の捻転差すげーな!ベルトのバックルなんてほとんど動いてないのに、胸は完全に後ろを向いている。右肘は真下。左手甲は真っ直ぐ。理想的なトップだな~。

 

%e3%83%9e%e3%82%ad%e3%83%ad%e3%82%a4%e3%81%ae%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%e8%a7%a3%e6%9e%902

 

驚いたのは、9時のこのシーンである!

 

グリップってこんなに身体の近くを通すの?

バックスイングの時と違うんじゃね?

 

バックスイング時と較べてみよう。

%e3%83%9e%e3%82%ad%e3%83%ad%e3%82%a4%e3%81%ae%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%e8%a7%a3%e6%9e%904

グリップの位置とヘッドの位置に注目して欲しい。バックスイング時は身体から離しながら真っ直ぐ外目に上げている。そしてダウンスイング時は、身体に巻き付くような感じでインサイドアタック。シャフトもかなりインサイドに寝ている。

 

アマチュアの大いなる勘違いの一つであるが、

多くのアマチュアはグリップ軌道とヘッド軌道は同じだと思っている。

簡単に言えば、

バックスイングと同じようなグリップとヘッドの軌道で

ダウンスイングしようとしている!

 

違う!違う!そうじゃない!

 

%e5%8b%98%e9%81%95%e3%81%842

 

グリップ軌道とヘッド軌道は全然違うのだ!

 

マキロイのインパクトはこんな感じ。

%e3%83%9e%e3%82%ad%e3%83%ad%e3%82%a4%e3%81%ae%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%e8%a7%a3%e6%9e%903

 

インパクト時に初めてグリップとヘッドが同調するのであり、

それまでの軌道は全く別なのである!

 

いやあ・・・・私も、

グリップ軌道なんて今まで考えたことなかったわ。

 

「ヘッドはどう動くのか?」

「スライスにならないためのヘッド軌道は?」

「引っ掛けないためのヘッド軌道は?」

 

なんて・・・ヘッドのことばっかり考えてたが、

 

よく考えればクラブを操っているのは「グリップ」である。

「グリップ軌道」が間違ってれば、

ヘッド軌道がおかしくなるのは当たり前ぞな。

 

じゃあ・・・どんな「グリップ軌道」が正解なのだろう?

 

この「グリップ軌道」の話は、

ゴルフ雑誌やゴルフレッスン動画でもほとんど語れることがない。

 

必見である。

 

まず、石川遼の真上からのスイング(7番アイアン)を見てみよう。

真後ろや真正面からのアングルでは「グリップ軌道」がわかりにくいのだ。

 

 

1分30秒過ぎをご覧頂きたい。

 

グリップの位置に注目!

 

%e7%9f%b3%e5%b7%9d%e9%81%bc%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%9c%9f%e4%b8%8a%e3%81%8b%e3%82%891

アドレス。

 

%e7%9f%b3%e5%b7%9d%e9%81%bc%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%9c%9f%e4%b8%8a%e3%81%8b%e3%82%891-5

始動。飛球線(黄色い線)に添って真っ直ぐ上げている。頭はちょいと右にズレる。

 

%e7%9f%b3%e5%b7%9d%e9%81%bc%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%9c%9f%e4%b8%8a%e3%81%8b%e3%82%892

ハーフバック。飛球線、グリップ、シャフトが平行に。

 

%e7%9f%b3%e5%b7%9d%e9%81%bc%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%9c%9f%e4%b8%8a%e3%81%8b%e3%82%893

バックスイング9時。身体から離れたところをグリップが通過。

 

%e7%9f%b3%e5%b7%9d%e9%81%bc%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%9c%9f%e4%b8%8a%e3%81%8b%e3%82%894

バックスイング10~11時。

 

%e7%9f%b3%e5%b7%9d%e9%81%bc%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%9c%9f%e4%b8%8a%e3%81%8b%e3%82%895

トップ。切り返しでアドレスの位置に頭が戻る。ここからである。

 

%e7%9f%b3%e5%b7%9d%e9%81%bc%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%9c%9f%e4%b8%8a%e3%81%8b%e3%82%896

ダウン開始。

 

%e7%9f%b3%e5%b7%9d%e9%81%bc%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%9c%9f%e4%b8%8a%e3%81%8b%e3%82%897

ダウンスイング9時。バックスイングとは違い、かなり内側を通過。右肘もかなり曲がっている。

 

%e7%9f%b3%e5%b7%9d%e9%81%bc%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%9c%9f%e4%b8%8a%e3%81%8b%e3%82%898

かなりインサイドから降りてきてるのが分かるだろうか?グリップは右足爪先の真上。右手甲はほぼ直角。

 

%e7%9f%b3%e5%b7%9d%e9%81%bc%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%9c%9f%e4%b8%8a%e3%81%8b%e3%82%899

インパクト前。よくインパクトは「ハンドファースト」というが、このグリップ位置でもまだインパクトしてないのである。

 

%e7%9f%b3%e5%b7%9d%e9%81%bc%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%9c%9f%e4%b8%8a%e3%81%8b%e3%82%8910

インパクト。グリップの位置を見て欲しい。左足爪先の上である。

 

%e7%9f%b3%e5%b7%9d%e9%81%bc%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%9c%9f%e4%b8%8a%e3%81%8b%e3%82%8911

フォロー。グリップの位置は身体の真横。

 

%e7%9f%b3%e5%b7%9d%e9%81%bc%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%9c%9f%e4%b8%8a%e3%81%8b%e3%82%8912

フィニッシュ!

 

グリップだけに注目すると分かりやすいぞ!

 

バックスイングでは飛球線に添って真っ直ぐ上げ・・・身体を軸に巻き込むようにインサイドからダウン。右足爪先の上を通り、左足爪先の上を通り、フォロー9時では身体の真横である。

 

「浅次郎さん、石川遼くんがスゴイのは分かりましたけど、結局どういう感じでグリップを移動させればいいんですか?」

 

そう。これが問題である。

理屈が分かったとしても・・・どうやればいいのかが分からんと意味がない。

 

超超シンプルに図解すると・・・こうだ!

 

%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e8%bb%8c%e9%81%931

 

身体を回転させながら・・・

トップから右足甲の上にグリップを落とす!

 

とりあえずこれだけOK。

 

イメージ的には、

グリップの軌道は直線軌道で、ヘッド軌道は円軌道である。

(もちろん実際の軌道は直線ではない)

 

グリップ軌道をヘッド軌道と同じような円軌道にしようとするから、ヘッドがアウトサイドイン軌道になってスライスや引っ掛けが出るのである。

 

%e7%9b%ae%e3%81%8b%e3%82%89%e3%82%a6%e3%83%ad%e3%82%b3

 

グリップ軌道は直線的なイメージでOK。

(身体が回転するので、実際は直線にはならない)

最短距離を通すイメージで出来るだけ身体の近くを通そう。

 

出来ることなら、コックを解かずにクラブを立てたまま落とす。

その後は身体の回転に合わせて巻き付くようにスイング。

インパクト後のグリップは左足甲の上を通るように。

(当然だが、頭はビハインド・ザ・ボール絶対維持)

 

今日書いたことを実践するのはハッキリ言って難しいのだが、

 

もっと難しい話をすると、

 

グリップとヘッドは・・・最下点も違う。

 

さっきの画像、不思議に感じた方もいると思う。

 

%e7%9f%b3%e5%b7%9d%e9%81%bc%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%9c%9f%e4%b8%8a%e3%81%8b%e3%82%899

%e7%9f%b3%e5%b7%9d%e9%81%bc%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%9c%9f%e4%b8%8a%e3%81%8b%e3%82%8910

 

大体であるが、

上の画像が「グリップの最下点」で、

下の画像は「ヘッドの最下点」である(ターフが取れる)。

 

ハンドファーストの形(グリップよりヘッドが遅れる形)でインパクトするわけだから、必然的にこのようなタイムラグが発生するわけ。

 

しかし、多くのアマチュアは「ダウンブロー」に打とうとするあまり・・・

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%bc3

 

この図の「最下点」「グリップの最下点」にしようとするわけだ。

グリップの下降軌道中でボールをヒットし、ボールの先のターフを取るイメージ。

 

まさにこの図のイメージである。

 

しかし、このグリップによるダウンブローのイメージは勘違い。

 

なぜならこの図の最下点は、

「グリップ」ではなく「ヘッド」の最下点だからである。

 

%e7%9f%b3%e5%b7%9d%e9%81%bc%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%9c%9f%e4%b8%8a%e3%81%8b%e3%82%8910

 

この図の状態をグリップの最下点にしようとすると・・・

身体が左に突っ込んだり、手打ちになったりして、

ダフリ・トップ・引っ掛け・スライス・・・とあらゆるミスが出るわけだ。

 

「浅次郎さん、もっと簡単にお願いしまっす」

 

おっす。

 

ボミちゃんのスイングで簡単に説明しよう。

 

 

%e3%82%a4%e3%83%bb%e3%83%9c%e3%83%9f%e3%80%81%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e8%bb%8c%e9%81%93%e3%81%ae%e6%9c%80%e4%b8%8b%e7%82%b9

ここがグリップ軌道の最下点(正確には、ここから左足の前まで最下点が続く)。ハンドファーストだからヘッドの最下点はまだまだ先だわな!

 

%e3%82%a4%e3%83%bb%e3%83%9c%e3%83%9f%e3%80%81%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%af%e3%83%883

ここがヘッドの最下点。ボールのチョイ先。ここをグリップの最下点にしようとするから、鋭角なダウンスイングとなってしまい・・・ダフリやトップ、引っ掛けなどのミスが多発するのだ!

 

・グリップとヘッドの最下点は違う。

・グリップ軌道でダウンブローに打ってはダメ!

 

インサイドから直線的にクラブを下ろせるようになれば、必然的にハンドファーストになり、ヘッドが走るようになる。グリップの最下点はアドレスの中心近くでいい。

 

そう、

 

グリップの最下点は、

身体の真ん中くらいでいいのだ!

 

%e3%82%a4%e3%83%bb%e3%83%9c%e3%83%9f%e3%80%81%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e8%bb%8c%e9%81%93%e3%81%ae%e6%9c%80%e4%b8%8b%e7%82%b9

 

グリップの最下点は、ここでOK。

 

ボールの頭を叩きに行く必要もないし、

必要以上にダウンブローを意識する必要もない。

 

ダウンブローは意図して打つものではなく、

自然にダウンブローになるものなのだ!

 

というわけで、

 

今、私も「グリップ軌道」を意識した練習中である。

 

かなり難しいが、

80台切りを目指すには

「インサイドアタック」「自然なダウンブロー」は必須のスキル。

 

練習に励むのみ。

 

ああ、我がゴルフ道の道険し。

 

 

スイングを変えずに上手くなる?甘ゴルファーが10日間で学ぶゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

【80切りを目指すゴルフ】【手打ちスイング解析】アマチュアゴルファーのほとんどが「手打ち」スイング。手打ちだと「スライス」「引っ掛け」「テンプラ」が出やすい上に・・・全然飛ばない!キャバキチ三平の体格、ヘッドスピードなら240~250ヤードくらい飛ぶはずだが・・・200ヤード前後しか飛ばないのである。手打ちを治す方法は?

 

今日はデカヘッド青春アミーゴとキャバキチ三平と

チサンカントリークラブ御船へ。

 

最近は80台を連発していたため、

 

「もうMAX打ったとしても・・・90だな!」

 

なんて・・・

 

大して面白くもないのに売れ始めた芸人の如く、

激しく思い上がっていたのであるが、

 

%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e3%81%ae%e7%a5%9e%e6%a7%98

 

ゴルフの神様は平等である。

 

なんとまあ、ズブズブなスコアを叩いてしまった・・・

(スコアの詳細はのちほど)

 

 

 

 

しかしね。

 

プロだってたまに80とか叩いたりするわけで、

鬼ヤンベだってたまにハーフ43とか叩くわけで、

去年まで100とか普通に打ってた浅次郎が大叩きしてもなんら不思議なし!

 

と、オナニーしていたのであるが、

 

悔しくて仕方ないので・・・ラウンド後に練習場に直行。

結局この日は練習場でもダメダメだったけど(笑)。

 

さて、私のヨタ話は置いておいて、

 

今日はキャバキチ三平のスイングである。

 

キャバキチ三平は、以前にも登場して手打ち見本ゴルファーとして嵐を呼んだ男。キャバクラTiaraを愛するアラサーのイケメンスポーツマンである。

 

ご覧の通り、三平のアドレスはとてもカッコイイのだ。

(私よりもよっぽどいい)

 

 

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%90%e3%82%ad%e3%83%81%e4%b8%89%e5%b9%b320161101%e3%82%a2%e3%83%89%e3%83%ac%e3%82%b91

背筋が伸びてケツプリ。ドッシリしてて前傾はガッチリとキープ。腕は真下でライ角もとてもいい。スイングスピードも速いのである。

 

だけんどもしかし!

 

全てのクラブで捕まりの薄いへなちょこ球。

その多くは引っ掛けスライスである。

 

その理由は・・・アマチュアの多くが陥る、

 

手打ち。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%90%e3%82%ad%e3%83%81%e4%b8%89%e5%b9%b320161101%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b03

ヒョイと手で上げるアマチュアは多いが、キャバキチ三平の場合はちゃんと肩が回っていて輪悪くないと思う。ただ、フェース面が上を向いて(開いて)いる。これでは球が捕まらないぞ。

 

はいはい。この画像も何度も登場したが、

 

%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%82%b9%e7%94%bb%e5%83%8f

 

三平はまさに右の人と同じタイプ。完全にフェースが開いているな!

フェースは閉じて上げるのが基本。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%90%e3%82%ad%e3%83%81%e4%b8%89%e5%b9%b320161101%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%972

トップではインサイドに引き過ぎて横振りになってんな。ま、これはさほど問題ないが(個人による)、左手の甲が折れているため完全にフェースが開いている。このまま降ろしても球は捕まらない。スライス球か引っ掛けかどっちかである。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%90%e3%82%ad%e3%83%81%e4%b8%89%e5%b9%b320161101%e5%88%87%e3%82%8a%e8%bf%94%e3%81%973

切り返しでは腕(手)が先に始動。下半身はドッシリしたまま全く微動だにせず。このままでは腕が身体の回転を追い越して、先にボールにヒットしてしまうな。

 

THE・手打ちだ(笑)。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%90%e3%82%ad%e3%83%81%e4%b8%89%e5%b9%b320161101%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b02

この地点でもほとんど下半身は止まったまま。まったく身体の大きい筋肉が使えていない。

 

イ・ボミのトップとダウンを見たらその差が一目瞭然である。

 

%e3%82%a4%e3%83%bb%e3%83%9c%e3%83%9f%e3%80%82%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0

%e3%82%a4%e3%83%bb%e3%83%9c%e3%83%9f%e3%80%82%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b02

これだけ下半身が回転しているのだ!

 

 

何度も見るべし。

 

 

そして手先でアジャストしようとすると・・・

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%90%e3%82%ad%e3%83%81%e4%b8%89%e5%b9%b320161101%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%af%e3%83%883

開いたフェースを右手で被せる動きをしつつ、右肘が伸びてアウトサイドインの軌道でインパクト。この球は引っ掛けテンプラ気味に左のバンカー方向に飛び出して行った(飛んでないのでOBにはならなかった。ちなみに私はストレートボールで正面の森に突き刺してしまった。笑)。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%90%e3%82%ad%e3%83%81%e4%b8%89%e5%b9%b320161101%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a52

フィニッシュはとてもいいので上級者と勘違いされやすい(笑)が、全然飛ばない。

 

角度を変えて前から見てみよう。

 

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%90%e3%82%ad%e3%83%81%e4%b8%89%e5%b9%b320161101%e3%82%a2%e3%83%89%e3%83%ac%e3%82%b9

アドレスはとてもいい。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%90%e3%82%ad%e3%83%81%e4%b8%89%e5%b9%b320161101%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0

やはりフェースが開いているな~。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%90%e3%82%ad%e3%83%81%e4%b8%89%e5%b9%b320161101%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97

フェースは開いているが、トップまではまあいい。問題はここから。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%90%e3%82%ad%e3%83%81%e4%b8%89%e5%b9%b320161101%e5%88%87%e3%82%8a%e8%bf%94%e3%81%97

トップの画像と比べてみて欲しいが、すでに切り返しているのに、まったく下半身が動いていない。順番が逆で、下半身を回し始めるのが先。腕は後から付いてこないといけない。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%90%e3%82%ad%e3%83%81%e4%b8%89%e5%b9%b320161101%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0

飛ぶ感じがしない(笑)。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%90%e3%82%ad%e3%83%81%e4%b8%89%e5%b9%b320161101%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%af%e3%83%88

インパクトでアジャストしようと、右手を被せている。上手く行けば真っ直ぐ飛ぶこともあるが、その確率は非常に低い。多くのアマチュアは、

 

この「非常に低い確率」ちょっとでも上げようとして練習している。

 

ハッキリ言って、くたびれ損である。

どんなに練習したって10%が20%になるだけの話で、

手打ちのままでは・・・・捕まった強い球なんて出やしないのだ。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%90%e3%82%ad%e3%83%81%e4%b8%89%e5%b9%b320161101%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%af%e3%83%882

順番が逆やね。頭が残ってるのは非常によろしい。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%90%e3%82%ad%e3%83%81%e4%b8%89%e5%b9%b320161101%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5

フィニッシュはとてもいい。左股関節が柔らかいのだろう。足の形が完全にTの字になっている。羨ましい。

 

さて、

 

では・・・どうやったら手打ちが直るのか?

 

そう簡単に直らないんだけど(笑)、

 

手打ちスイングの多くは

ゴルフスイングに関する勘違いから来ているわけで、

その勘違いを解いてやると・・・結構簡単かもしれん。

 

手打ち脱却を願うゴルファー必見動画!

 

 

腰の回転と両肘をリンクさせる!

 

 

ボールを使った練習が有効!

右手の使い方は野球のサイドスロー。

子供の時にやった水切り投げだ!

 

 

そして・・・右肘は伸ばさない!

(右肘が伸びるから手打ちになる!)

 

右肘は脇にくっつけたまま回転するイメージだ!

 

手打ちスイングのまま練習しても無駄。

手打ちスイングが身につくだけである(笑)。

 

頑張って回転スイングを身につけよう!

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

あ、忘れてた。

 

今回のスコアね・・・

 

%e3%83%81%e3%82%b5%e3%83%b3cc%e5%be%a1%e8%88%b920161101%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%82%a22

OUT51、IN49の100。

 

言い訳する気にもならんのでこれで終わる(涙)。

 

今年の成績は・・・

 

%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%82%a2%e5%88%86%e6%9e%9020161101

 

まだなんとか平均スコア89台。

 

思えば、最近はアプローチ練習などをサボリ気味であった・・・。

 

次は頑張る。