【あつまるレークカントリークラブ】2016年3月27日、曇り、肌寒。昔の会社の後輩達とあつまるレークカントリークラブに行ってきた。この日はメイングリーンで結構長めの6565ヤード。ショットの方向性、飛距離は格段に良くなったんだけど・・・100ヤード以内のアプローチがド下手!特にトップ多発でせっかくのティーショットが台無し・・・(涙)。

 

我々アベレージゴルファーにとって

距離の長いコースは強敵である。

 

6000ヤードちょっとのコースと6500ヤードのコースでは

500ヤードも違うのであり、

18で割ると1ホールあたり27ヤード近く長くなる計算である。

 

27ヤード長くなると、

150ヤードのショートが180ヤード近くになるのであり、

難易度は遥かに上がるよねー。

 

(私の友人の中には、後ろから回りたがるゴルフバカがいるんだが、断固拒否する。笑)

 

冒頭言い訳から入ったが(笑)、

あつまるレークカントリークラブに行ってきたぜ!

 

あつまるレークCC2016画像

注、誰だおまえは!(笑)

 

ここ「あつまるレークカントリークラブ」は昔在籍していた会社所有のゴルフ場。全組キャディ付きであり、熊本のゴルフ場の中ではハイクラスのサービス(クラブハウスは超豪華、自動販売機、茶店はフリードリンク、食事は安くて美味い、お風呂はサウナ付き)で、ちょっと料金も高め。この日は日曜日というともあって12,800円(飯別)であった。

 

で、この日は遠い方のメイングリーン。

OUTは3380ヤード、INは3185ヤードで、計6565ヤードであった。

 

あつまるレークCC2016画像2

 

名物の5番ロングは590ヤード。

12番ショートは上のティーグランドからだと・・・超打ち下ろしの崖超えである。

(グリーンショート=崖真っ逆さま)

 

グリーンは超キレイだったぜー!速い上にアンジュレーションが厳しくて面白い。特に受けグリーンで奥につけたら最悪で、どうやっても寄らない(笑)。手前からが鉄則ですな。

 

フェアウェイもキレイだし、アップダウンもあるし、非常に戦略的な、良いコースである。

 

ただ、名前の通り、池が多いんだよね。ココ。

(吸い込まれるように池に行くのである笑)

 

で、スコアがどうだったかというと、

 

あつまるレークCC20160327スコア

 

OUT45、IN49の94!

 

今日はOBなし。

ドライバー、アイアンとも方向性はとても良かった。

もちろん曲がることはあるのだが、球の出だしが思った通りの方向なのである。

方向性プログラムに取り組んだおかげである)

 

ただ、アイアンがちょっとだけドローして左へ。

フェードを想定して左めを狙っているだけに・・・逆に曲がると

ラフやバンカーに捕まってしまうわけだ。

 

それから・・・

ペナルティ回数ってのは池に入れた数である(笑)。

まあ、ゴルフに池ポチャはツキモノであるからして、

しょうがないっちゃしょうがないのであるが、

17番の2回池ポチャは反省やな。あつまる17番は左厳禁だわ(笑)。

 

んで、

 

ドライバーやアイアンが良かったのに、

なぜスコアがイマイチだったかというと・・・

アプローチがズブズブだったからである!

 

特に100ヤード以内のショットがトップ気味に入ってグリーンオーバーすること数回。せっかくのナイスティーショットも・・・セカンドでトップしてドモナラズ。またグリーン周りからトップしてオーバーすること数回。そしてあつまるレークは大概、グリーン奥からは最悪なのである・・・

 

これは後半14番ロングで撮ったドライバーショット。

 

 

まだまだ頭のツッコミが治っていないが、アライメントを注意するようにし、左肩を左足の真上にスライドさせることで方向性は抜群にアップ。このショットは軽いフェードでフェアウェイど真ん中へ。ダウンスロープに落ちたらしく延々と転がって下の段まで。残りは160ヤードであったので(セカンドは6番アイアンで打ったが乗らなかった)・・・単純計算で370ヤード。もちろん。ランが140ヤードくらい出たんだろうけど(笑)。

 

浅次郎アドレス201603027

なんかボールの位置が真ん中っぽいな。真ん中より左足寄りに置いてるはずなんだけど(笑)。右サイドを狙っているので(右ドックホール)・・・角度の問題だと思う。

 

浅次郎トップ201603027

トップは悪くないんだが・・・いや、ちょっと深いか?

 

浅次郎切り返し201603027

切り返しでの頭ツッコミはなかなか治らん。本人残してるつもりなんだが(笑)。

 

浅次郎インパクト201603027

インパクトは悪くないと思うが、もっと左にカベを作りたいな・・・。頭ももっと右だ。

 

浅次郎フォロー201603027

フォローで手首を返せてないのは課題だな。まあ、フェードを打つ分にはこのくらいでもいいのかもしれんが、これだとフェースが開く可能性があるけんな。

 

浅次郎フィニッシュ201603027

左足の裏がめくれている・・・。これはアカン。超ナイスショットだったのはタマタマだな。

 

ドライバーが良くても、アイアンが良くても・・・

 

結局スコアは、

アプローチとパターである。

 

ベタッと寄らんでもいいけど、

最低限ミスしてダボを打たないようにせんといかん。

 

というわけで、

 

ドライバーやアイアン重視の練習から

アプローチ重視に移す!

 

まずは、

 

トップ・ダフリ撲滅だな!

 

 

なるほど!

 

・左足に体重を乗せる!
・大きく丸く!
・フォローでグリップエンドはポケット!
・ボールの前に置いたコインを打つ感じ!

 

(φ(..)iPhoneにメモメモ)

 

特に・・・「左足に体重を乗せる」は忘れがちである!フルショットならまあ出来るんだが、アプローチだと体重移動が出来ずに止まってしまうんだよなあ(ダフリ、トップの原因はまさにこれである)。ボールの前のコインを打つってイメージはいいな!本番でもその感覚で打ちたい。あとフォローのグリップの位置も気をつけようっと!

 

 

球をフェースに乗せる・・・?

これはちょっとまだ難しいなぁ・・・。

 

頭・右肩を平行移動させて押しこむ?

手首の角度を変えない?

あ、アプローチでは頭を後ろに残さなくていいのか?

 

球を乗せるアプローチのフォロー

このフォロー・・・難しいぞ・・・?

 

今後の練習は、

アプローチ60%、ドライバー10%、アイアン20%にするぜっ!

 

 

・・・とか言いつつ、

 

ドライバー打ち出すと・・・

 

かっぱえびせんなんだよなー。

 

スコア分析20160327

 

今年平均が91に・・・ヤバイ。

 

そろそろ短いコースに行くか(笑)。

 

 

【ドライバー試打キャロウェイXR16】自分に合ったドライバーを探し求めて三千里。今日も元気に練習場で試打っす!今回はテレサ・ルーが使ってるキャロウェイXRシリーズの最新モデル「キャロウェイXR16ドライバー」を試打してみたぞ!ボーイング社と一緒に開発した空力ギアの性能やいかに・・・?本当にヘッドスピードが上がる?

 

私が現在使っているドライバーは、

タイトリスト913D3である。

 

タイトリスト913D2とD3

 

試打しまくって・・・迷った末に913D3にしたのだが(その時の記事はこちら)、

 

現状満足している。

(左のミスが殆ど出ないので)

 

だけんどもしかし!

 

だけんどもしかし!

 

竹村真琴みたいな

 

プリプリな女子ゴルファーがいれば、

 

竹村真琴画像1

 

ズキィィン!と、

 

ズキィィン

 

なって自然とプリプリに目が行くのが男のサガ!

 

であるのと同じように、

 

やっぱり新しいドライバーがあれば打ってみたいのが、

ゴルファーのサガなのである。

 

もっと飛んで、

曲がらないドライバーが、

あるかもしれんじゃないか!

 

というわけで、

 

ドライバーの試打をしてきたぞ。

(我が行きつけの練習場には、ゴルフパートナーが隣接してるので試打し放題なのだ!)

 

今回試打したのは、

 

テレサ・ルー優勝2016

 

テレサ・ルーが使ってる

キャロウェイXRドライバーの最新モデル・・・

テレサ・ルーのセッティングはこちら

 

キャロウェイXR16ドライバーである。

 

キャロウェイXR16ヘッド

ヘッドはこんな感じ。この何本も入ったラインが航空力学を応用したという空力ギア。ヘッドが空気抵抗を減らし、空気の流れを操作することでヘッドスピードが上がる?

 

キャロウェイXR16セッティング

セッティングはよく分からんが、NとSになってるな。これがノーマルポジションかな?

 

キャロウェイXR16シャフト

シャフトはFujikuraの純正XR。フレックスはS。長さは45.5インチ。先調子。重量は53g。軽めで先調子のシャフトが好きな私にはいい感じ。

 

キャロウェイXR16アドレス

構えた時の顔はこんな感じ。フェースは結構オープンであるな。フックフェースに慣れている人は違和感あるかも。私は全く違和感なし。

 

んで、打ってみたのだが・・・

 

あ、その前に私のスイングはこんな感じである。

→スイング悪い点、良い点などの細かい分析は前回の記事を。

 

分かる人は分かると思うが、基本的にフックにはならないスイングである。若干アウトサイドから入ってるのでキレイにヒットすればフェード球が。タイミングがずれるとコスってスライスが出る感じ。長年フック・チーピンに悩んでたのだが、ドライバーをタイトリスト913D3に変えてからフックの悩みは無くなった。

 

スポンサードリンク

 

んで、打ってみたのだが、

 

・ヘッドが軽い!

・球が上がる!

・直進性が高い!

 

と感じたぞ。ヘッドはスリーブなしで188.6g。ヘッド自体が軽めなのであるが、その感じがスイングでハッキリ分かるのである。正直、ヘッドスピードが上がったかどうかは分からんが、ヒュン!って感じで軽く振り切れるのである。

 

たしかに・・・空気抵抗が少ない感じ。

 

しかし、そのせいかどうかは分からんが、私のスイングだと左に抜けてしまうのだ。で、真っ直ぐ。フックもスライスも掛からず真っ直ぐ行く感じ。スピンが少ないのか直進性がかなり高い。

 

そしてかなり高く球が上がる。いや、上がり過ぎる。この日は2階から打ったのだが、上のネットに当たること数回。

 

託麻インターゴルフ練習場2

 

で、あまり飛距離は伸びない感じである。球質が軽い感じであるな。

 

「浅次郎よ、それはアンタのスイングに問題があるのでは?」

 

うむ。そうかもしれん。

 

しかしタイトリスト913D3だとビシッとネット中段に突き刺さるのだよ・・・どうもこのキャロウェイXR16だと上手く体重が乗らないというか、クラブヘッドが先に行く感じがして・・・どうも合わないんだよね。もっと溜めが利けばいいのかもしれんが。

 

でも、このクラブの直進性は見事であるな。オープンフェースであるが、スライスする感じは全くなかった。マーク金井の試打インプレッションはこんな感じ。

 

キャロウェイXR16ドライバー_マーク金井

マーク金井の試打インプレッション

 

マーク金井曰く「左が気になるフッカー向け」とあるな。なるほど、フック持ちの方からするとかなりフックが軽減されるだろうからいいかもしれん。しかしスライサーの方はかなり打ちにくいと思うなー(笑)。

 

あと、クラブ性能でヘッドスピードを上げたい人、ドライバーの重さが気になる方は手にとって見るといいかもしれん。このドライバーの一番の特徴は、

 

その軽さ!

 

だと思うぞ。結構みんな重いクラブを使っていると思うが・・・体や年齢にあったドライバーを選びたいものであるな。劇的に変わるかもしれんぞ?しかし、マーク金井も「コスト感:3.5点」をつけている通り・・・お買い得って感じじゃないな。ま、買うにしても・・・中古でいいのが出るのを待った方がいいかも。

 

さて、また気が向いたらドライバーの試打をしたいと思う。

 

次は何にすっかなー!

 

 

スイングを変えずに上手くなる?10日間ゴルフ講座。

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e4%b8%80%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

【熊本空港カントリークラブ】2016年3月8日、晴れ、微風、絶好のゴルフ日和。4月にKKT杯バンテリンレディスが開催される熊本空港CC。熊本有数の名門クラブである!今日は、シングルゴルファーの方向性安定プログラムを初実践!結果は?方向性を安定させたら飛距離も伸びた?アイアンの精度は?ロングで生まれて初めてのツーオン成功!

 

プレイ料金も高いのだが、

敷居が高くて滅多にラウンド出来ない熊本空港カントリークラブ

 

4月15~17日には、女子プロツアーの

KKT杯バンテリンレディスが行われるコースである。

 

バンテリンレディス2016

バンテリンレディス開催ホームページ

 

この日は、セルフデーということで一般予約。

なんとプレイ料金7,000円(飯別)。

平日料金にしても激安・・・

そして空いてることも少ないのだが・・・。

 

しかし、行ってみてちょっと納得。

グリーンが高麗のサブグリーンだったのだ。

 

メインのベントグリーンはトーナメント開催に向け

仕上げている途中だったのだと思う。

(ところどころで作業していた)

 

せっかくだから、メイングリーンでやりたかったけどなー(笑)。

(アンジュレーションが凄まじい)

 

ま、サブグリーンでも難関コースであることは間違いない。

ゴルフバカの鬼ヤンベに

 

「心して掛かれ!」

 

と言われて毎日練習・・・

ゴルフプログラムを購入して我がヘボスイングを改良。

 

結果は・・・

 

熊本空港CC20160308スコア

 

IN44、OUT46の90!

 

高麗グリーンが全く読めなかった!

(高麗グリーンなんて超久しぶりだもんよー曲がると思ったら曲がらんし、下りでも伸びないし、途中で急ブレーキ掛かるし、ガツンと打てればいいんだけど打てないし←だよね)

 

とか、

 

アプローチが下手過ぎた!

(チャックリしたり、大オーバーしたり・・・叩いたダボはほとんどアプローチのミス!)

 

とか色々と言いたいことはあるのだが(笑)、

 

この日のハイライトは、

 

INの18番!

 

女子プロファンのアナタなら、

もしかして熊本空港CCの難関18番はご存知かもしれん。

(再春館レディスやバンテリンレディスの最終ホールである)

 

これは2017年のバンテリンレディスの映像。

 

10:00過ぎからご覧頂くと18番が分かると思う。

 

18番セカンド地点からのアングルはこんな感じ。

 

真ん中のでっかい池は恐怖以外のナニモノでもない(笑)。

 

今回はサブグリーンなので左グリーンであったが・・・

手前から転がしてグリーンに乗っけるのはほぼ不可能。

 

さらにグリーンはバンカーに囲まれているため・・・

真上からズドンと落とす必要があるのだ。

 

この日は白ティーからで452ヤード。

ティーショット次第で2オンが狙えるわけだが、

それでも最低250ヤードは飛ばさねばならん。

 

私のドライバーの平均飛距離は220~230位であり、

メイチでマン振りしても250ヤードがやっとである。

 

しかし、この日は飛距離のことは一切考えてなかった。

 

方向性のみを考えてラウンドしていたので、

飛べばラッキー位に考えていたのだ。

 

この18番のティーショットも

まあナイスショットではあったが会心の当たりではなかった。

 

そしたら・・・

セカンド地点に立ってみて驚き。

セミラフではあったが、ピンまで残り180ヤード。

 

単純計算で270ヤードくらい飛んだことになるわけで、

格段に飛距離が伸びているわけだ。

(鬼ヤンベーはさらに20ヤードほど先だったが。笑)

 

スポンサードリンク

 

んで、

 

エッジまで170ヤード、

ピンまで残り180ヤードで5番アイアンを選択

 

私の最近のアイアンの飛距離は

5番アイアンがきっちり当たってキャリー170ヤード。

 

ちょっとでも当たりが薄ければ届かないし、

ちょっとでもフェースが開けば池まっしぐら。

それを恐れて引っ掛ければ木に当たるようなシチュエーション。

 

この時気をつけたのは、

・絶対フェースを開かない(シャット)。

・トップから左肩を目標方向へ&頭は残す。

 

するとまるでプロが放ったかのようなストレートの糸が伸びて、

真上からグリーンに着弾。

鬼ヤンベも驚きのツーオン成功であった。

 

熊本空港CC18番ツーオン成功

ピン横約5mのツーオン成功。

 

何を隠そう・・・

 

ゴルフ歴20年にもなろうというのに、

今まで、ロングホールのツーオン童貞であったのだ。

 

誠に持って、

 

嬉しい(\(^o^)/)

 

やはり、アマチュアのエンジョイゴルフは、

飛距離よりも方向性が大事である。

 

方向性が安定すれば、

ドライバーの飛距離も伸びるし、

180ヤードを5番アイアンで狙えるのだ!

 

これが今回の浅次郎のスイング。OUT2番のドライバーショット。

 

 

時間がある方は前回のスイングと見比べて欲しいのだが、

 

私の中では全く別物のスイングである。

 

トップからのツッコミ癖が課題だったのだが・・・

浅次郎トップ20160308

 

静止画像を見ても数cmしかツッコんでない!(でも完全には治ってない。笑)

浅次郎トップ20160308-2

 

ポイントは左サイド!

浅次郎ダウン20160308

 

インパクトで頭が残ってカベが出来てれば・・・そう曲がらない!

浅次郎インパクト20160308

 

肘が伸びてるのはいいんだけど、フェースが閉じてないなー

浅次郎フォロースルー20160308

 

フィニッシュはなかなか良いのでは?

浅次郎フィニッシュ20160308

 

真芯でヒットすれば、方向性重視でも飛距離が出る!

浅次郎ナイスショット20160308

 

もちろんまだまだ改良の余地はある。

 

しかし、かなり良くなったと思う。

(自画自賛)

 

実際、この日はOBが一発あったものの(これはプッシュスライスの大OBであったが、打ち直した後にアイアンでベタピンに寄せ・・・バーディOBのボギーであった。モッタイナイ!)、その他はほとんど狙ったラインに打てたのである。

 

これはスイングだけではなく、アライメント(アドレスの体の向き)の取り方を変えたのが大きい!今までは、ドライバーもアイアンも「スパット」を見つけてその方向に打つようにしていたのだが・・・これが大きな間違いであった。これだと多くの場合・・・右を向いてしまうのである。

クラブフェースはスパット方向だけど、体は右向き。そうすると当然真っ直ぐのナイスショットが右に行ってしまうし、次はそれを防ごうと体が勝手に反応して引っ掛けフックが出てしまうのである。フェースが開いてスライスが出たらもう・・・OB一直線であるな。いつのまにか右を向いている・・・これは思い当たる節がある方多いのではないだろうか。

 

今回、プログラムの効果絶大。

ショットの方向性はとても良かった。

 

ただ、難関コースというのは、そういうところに木が生えてたり、バンカーがあったりするもので(笑)、もう一つ上の方向性が求められるな!今回は何となく一打、また一打とやられてしまったのである(特にフェアウェイバンカーにやれらたー!)。80台で回る予定だったんだけどな・・・

 

しかし70台の手応え出てきたぞ・・・

 

「浅次郎よ、あんた今回も90切れなかったくせによく70台とか言えるな!」

 

いや!

70台を目指し、

それを公言し、

そのために努力をしないと、

 

70台は出ないと思うのである。

(それが例え夢のまた夢だとしても)

 

次のゴルフはいつだー!

 

あ、文中で紹介した「飛距離アッププログラム」の記事はこちら!

ゴルフの常識が覆ったぞな。全くもって安い買い物であった・・・

 

2016年の成績!

スコア分析20160308