ヘッドスピードを劇的に上げる方法!

 

もっとドライバーの飛距離が欲しい?

ドライバーで友達より飛ばしたい?

若い頃の飛距離を取り戻したい?

真っ直ぐ力強いドロー球を打ちたい?

 

・・・これらの思いは、

 

オッパイが、好きだ!

 

(竹村真琴ちゃんのオッパイが特に好きだ!)

 

という男の本能と同じ。

 

ゴルファーの本能偽らざる本音である。

 

何故かと言えば・・・

 

「ナイスショット!」

「かー!飛びますねー!」

「飛距離が出て羨ましい!」

 

 

とティーグラウンドで、

みんなに褒められたいからである。

(あるいは「こいつ飛ぶなあ!」と思わせたい。笑)

 

スコアの為には飛距離より方向性・・・

そんなことは言われるまでもなく百も承知。でも・・・

 

ドライバーをかっ飛ばした上で、

良いスコアを出す!

 

これが私の・・・いや、

アマチュアゴルファーの心の叫び。

 

出来ることならば、

 

250ヤード以上気持ちよく飛ばしたいのである!

(出来れば、おんどれショットで300ヤードくらい飛ばせるようになりたい)

 

※以下、平均飛距離230ヤード以下の方が対象。

 

だけんどもしかし!

 

果たして・・・

 

自己流で練習してて

飛距離が伸びるのだろうか?

 

今のヘッドスピードで

250ヤード以上飛ぶようになるだろうか?

 

もしかしてだけど・・・

もしかしてだけど・・・

 

どんだけ練習しても、

「飛ばないスイング」が染み付くだけなのでは?

 

ヘッドスピードを上げない限り、

「飛距離は伸びない」のではなかろうか?

 

・・・

 

そう・・・!

 

今のまま、どんだけ練習しても・・・

 

ヘッドスピードは上がらないし、

飛距離は伸びないのである。

 

確かに、

たくさん練習したら方向性は良くなる。

でも、飛距離が劇的に伸びることは・・・ないのだ。

 

 

なぜなら・・・

 

あなたの

スイング理論が、

間違っているからである。

 

健康な成人男性(60歳ちょっとくらいまで)で

 

ヘッドスピードが43m/s以下の方は

スイング理論が間違っている!

 

と思っていい。

 

「え?やっぱそうなの?」

 

薄々感づいていたかもしれんが、

 

スイング理論が間違っているから、

あなたのヘッドスピードは遅いのである!

 

腕力のせいでも

体格のせいでも

年齢のせいでも

鬼嫁のせいでもない(笑)。

 

大事なことだからもう一度言う。

 

あなたのヘッドスピードが遅いのは、

あなたのスイングが根本的に間違っているからである。

 

 

例えば・・・

 

・速く振れば振るだけヘッドスピードが上がる!

・ヘッドスピードを上げるには深い捻転が必要である!

・体重移動で飛ばす!

 

などと考えていないだろうか?

 

もちろん、

スイングスピードが速いほど飛距離は出るし、

捻転差があればあるほど飛距離は出るし、

結果的には体重移動も必要である。

 

ただ、

グリップスピードとヘッドスピードは違うのであり、

捻転は軸が中心になってないと意味がないのであり、

現代のクラブで体重移動の意識は必要ないのである。

 

上の図のような体重移動スイングではヘッドスピードは上がらない!

 

・・・

 

逆に言えば、

 

『ヘッドスピードを上げるためのスイング理論』

 

を身につければ・・・

 

ヘッドスピードは自動的に上がるのである!

 

特別なトレーニングをする必要もないし、

今まで以上に速くスイングする必要もない。

スイングスピードは今までと同じでいい。

 

「え?スイングスピードは一緒でいいの?」

 

うむ。今までと一緒でOK。

 

それでも3~8m/sは上がる!

(元々のヘッドスピード、シャフトの硬さなどで大きく変わる)

 

「は?どういうことだよ?」

 

イメージは釣り竿である。

 

同じスピードで釣り竿を振ったとしても、

竿の使い方一つで竿先のスピードは全然変わるし、

ウキ(ルアー)の飛距離も全然変わるだろ?

 

ゴルフクラブも一緒で、

使い方一つでヘッドスピードは大きく変わるのだ。

 

「な、なるほど!」

 

実際、

浅次郎のヘッドスピードは42.0m/sから47.5m/sへ。

あっという間に5.5m/s上がった。

(普通に250ヤード以上飛ぶようになった)

 

 

ど、

 

ど、

 

どうやったらええの?

 

浅次郎が実践したのは・・・

 

これだ!

 

方向性を失わない飛距離アッププログラム

 

ヘッドスピードが40.9から48.9に・・・?

ナチュラルアンコックが13.9から25.9に・・・?

(※ナチュラルアンコック:グリップスピードの減速率)

 

 

想像してみてほしい。

 

ヘッドスピードが

40.9から48.9になったスイングを!

 

飛距離が、

210ヤードから260ヤードに変わったゴルフを!

(280~300ヤードだって夢じゃない)

 

なぜ、

 

こんなにヘッドスピードが劇的に変わるのか?

 

・あなたのスイング軸はどこにある?

・前傾を維持する秘訣は?

・ゴルフスイングは空手と同じ?

・あなたのアドレスは右を向いてる?

・足裏の重心位置は?

・正しい肩の入れ方は?

・ヘッドスピードを上げるにはグリップスピードを落とす?

・ナチュラルアンコックの数値を上げる方法は?

・ヒップターンスイングとは?

 

・・・私たちは、ゴルフの正しい理論を知る必要がある。

 

確認してほしい。

 

いつも読んでるゴルフ雑誌に

「ヘッドスピードを上げる方法」

が書いてあるだろうか?

 

脇を閉めろ!

フェースを閉じろ!

頭を動かすな!

 

などと書いてあるが、

ヘッドスピードをどうやって上げるのか?

は、教えてくれないのである。

 

しかし、よくよく考えれば、

 

飛距離を出すにはヘッドスピードが絶対的に必要で、

ヘッドスピードはクラブの使い方次第ですぐ上がるのである。

まずはそのことを知る必要があるのだ。

 

間違った知識のまま

どんだけ練習しても・・・無駄であるぞ。

 

無駄無駄

 

間違ったスイングでどれだけ練習しても

間違ったスイングが身につくだけ。

 

さっきも書いたが、

浅次郎のヘッドスピードは42.0から47.5に上がった。

 

 

ヘッドスピードが上がるとどうなるか?

 

これは、

 

プログラムを実践した後の浅次郎のスイング。

 

 

このドライバーショットは軽いドローでフェアウェイど真ん中。

推定飛距離は280ヤード

方向性・飛距離ともに文句なし。

最近は安定して240~250ヤード飛ぶようになってきた。

 

ご覧の通り、浅次郎は中肉中背、短足・腰痛持ちのデカヘッド。

運動神経並のアラフォーオヤジである。

それでも真っ直ぐ280ヤード飛ぶようになるのだ。

 

方向性よく飛距離も出る!

 

これが理想。

 

以前、ヘッドスピードが42.0~43.0しかなかった頃・・・

 

私のドライバーは、

 

MAX飛んでも220~230ヤードくらいだった。

 

200~230ヤードしか飛ばなかった

 

しかも、フック時々プッシュアウト(笑)。

 

しかし今は、

 

250ヤードの看板の上に

 

250ヤードの看板より上にビシバシ行く。

ストレート系の球で、である。

 

スイングスピードは全く変わっていないと思う。

それでもヘッドスピードは劇的に上がるのだ。

 

これは最近の練習風景。

 

 

隣の席の同年代のオヤジが、

心の中でハンカチを噛みつつ、

浅次郎のスイングを見ているのである(笑)。

 

ハンカチを噛んで悔しがる

 

「チキショー・・・飛ぶなあ」

 

と、多分思っているのである(笑)。

 

はっはっは!

 

この背中に刺さる妬み視線の痛快なこと!

 

練習場で250ヤードのナイスショットを連発する!

 

これは昔の私には夢のような話であった。

 

そして、プログラム購入後、スコアもJOJOに伸び・・・

平均スコア、目標の90切りを達成!

 

(2015年の平均スコア94.0→2016年の平均スコア89.7。夏場のスコアがイイみたいだな)

 

よく「スコア110が92に!」なんて書いてあるが、

スコアは最大瞬間スコアではなく、

数ヶ月単位の平均スコアで見なければならん。

誰だって、いい時もあれば悪い時もあるからだ。

 

そしてアベレージゴルファーにとって

平均スコア94→89というスコアの変化がどれだけ大きいか?

 

ちなみに今年は平均スコア86を目指したいと思っている。

そして数年以内に「シングルゴルファー」になる!と決めている。

困難な道だが多分行けると思う。

(ブログは延々と更新していくので楽しみにしててくれ!)

 

2017年6月、ベストスコア76をマーク。平均スコア86行けるか?

 

2017年の平均85.7!

 

あ、それから・・・

ヘッドスピードが上がることのデメリットを一つ。

それは「飛び過ぎ」によるOBやトラブルが増えること。

飛距離が出ると曲がり幅も大きくなるのだ・・・

 

しかし、これから先こそ

「練習」がモノを言うのである。

 

「正しい知識」「正しい理論」を得た上で練習すれば、

「正しいスイング」が身につくのだ!

 

 

ゴルフの正しい知識は、

一生の宝になるぞ!

 

ヘッドスピードを5.0m/s上げたい!

そして、

250ヤード以上かっ飛ばしたい!

 

というゴルフオヤジは、

 

今すぐ実践するべし。価格はわずかにゴルフ一回分程度である。

te-002

 

 

 

で!

 

今!購入しようなかなあ・・・と迷ってるあなたに大チャンス!

 

【浅次郎ゴルフ奥義】のプレゼントだ!

 

イ・ボミ、ドライバーのトップ2

 

「そんなの要らねえ!」

「イ・ボミの秘蔵画像ならくれ!」

 

そ、そんなこと言わずに、

 

2分だけ話を聞いてくれ!

 

この特典は、アベレージゴルファーである浅次郎が、

 

「これが飛ばないアマチュアにとって最も重要!」

「さらに、こうやれば激的に飛距離が伸びるやんけ!」

 

と確信した方法を、

ヘッポコなアマチュアにも出来るように

シンプルにまとめたのがこの特典である。

 

奥義の名前は、

 

『無想回転』

 

である。

 

(特典から一部抜粋)

 

イ・ボミ、ドライバーのインパクト4

 

これは平均スコア89の腰痛持ちのアマチュア浅次郎が、

悩めるアマチュアゴルファーである・・・

あなたのタメに書き下ろした珍ゴル記である。

 

トラのパンツ見つけた

 

その心は・・・

下手でも分かりやすく、面白い。

(多分、アライメントや回転についてこれだけ分かりやすく解説されたものはないと思う)

 

プロの理論は難しい。

プロの理論通りにスイング出来れば苦労しないのである(笑)。

 

出来るか!

 

太郎にも出来るように教えてくれ!

 

を実現したのがこの浅次郎ゴルフ奥義。

 

小難しい理論は置いておいて、

とりあえず簡単に、

あなたの「方向性」と「飛距離」を変えてみせるぜ!

(スイングは、ちょっとは変わるけど)

 

あ、そうそう。

 

特典には、「奥義」だけじゃなく、「オマケ」もついている。

このオマケ・・・冴羽獠におけるモッコリくらい大事なポイントである。

 

モッコリ

 

この特典を見れば、大げさじゃなく、

あなたのゴルフ人生が変わるかもしれん。

 

いつも練習場に来ている・・・

隣のオヤジにハンカチ噛ませようぜ!

 

浅次郎の特典【ゴルフ奥義】付きでプログラムを購入!

te-002

 

 

 

購入の際は、以下の表記があることを確認してくれな!

 

 

特典はインフォトップの購入者ページ「注文履歴」よりダウンロード出来るぞ!